子育ては自分の思うどおりに行かないものです。

例え、どんなに優秀な人が育てた子供であったとしても、その子もまた同じように優秀な子になるとは限りません。

もしかしたら、問題児になってしまう事だってあるのです。

それは例え兄弟だったとしても、どう育つかは分からない物です。

同じように育てているつもりであっても、全く違う性格に育つ事もあるでしょう。

一人はとても大人しいのに、もう一人は元気まんてんで手に負えないなんて事もあるかもしれません。

子供は元気が一番です。

活発に行動する事が出来る子は、のびのびと生きている証拠です。

だからこそ、それは悪い事では無くむしろ良い事だと捉える事が出来ます。

ですが、そうは言ってもその元気さで周りに迷惑をかけているのであれば、話は別です。

自分たちは良いと思っているその子供の姿も、世間からみれば非常識だという事もあるでしょう。

その為、わんぱくと呼ばれる子供たちの中には、他の人から歓迎されるものもあれば嫌がられれしまう恐れもあります。

だからこそ、わんぱくな子供を育てる為にはコツが要ります。

メリハリのある生活の為にも、しかる時はちゃんとしつけるなど、基本的な事が大事になってくる事でしょう。

子育てには正解がありません。

だからこそ、自分に合った方法を探す為にも沢山の方法を試してみる事が必要です。

自分の事だけでは無く、子供の事も考え様々な方法を検討してみてください。

わんぱくな子供ってどんな特徴?!育て方は?

一口に『子供』と言っても、その性格はマチマチです。

外で元気に遊びまわるような子もいれば部屋の中で静かにしている事が好きな子もいます。

どちらが正しいと言う事は無く、それも個性の一つです。

自分の中にある個性を大事にして行けば良いのです。

ですが、一般的に見ると、子供は外で元気に走りまわるようなこの方が良いと言われる傾向にあります。

『わんぱく』と言われるくらいが理想だとも言えるでしょう。

ですが『わんぱく』と聞くと、人によってイメージは少々異なります。

人によっては『ワガママな子』と考えるかもしれません。

それ以上にしつけがなっていない子供だと思う事もあるかもしれません。

子供を育てた事が無い人にとって、子供は未知の存在でしょう。

そんな中で、元気満天な子がいればどう対処たら良いのか分からなくなってしまう事もあります。

その中で『わんぱく』というただその一言でまとめた内容を理解して貰う事は難しい部分も多々あるでしょう。

わんぱくってどういう意味?

わんぱくとは、いたずら盛りで大人の言う事を聞かない子供の事を指します。

その為、『わんぱくな子だね』というと、元気で良いと褒めて居る様にも感じますが、実際にはそんな事は無くいたずらばかりしている迷惑な子などという印象を持たれていると言う事にもなりかねません。

日本語は、実際の意味と世間に広がっている言葉のイメージにギャップがある場合が多々あります。

その為、本当の言葉の意味を知っていないと勘違いしたまま恥ずかしい思いをする事になってしまうかもしれません。

自分の子供が『わんぱくなこだね』と言われたら、褒めてくれているかもしれないという可能性も感じつつも相手に迷惑をかけてしまっているのでは無いかと、冷静に考え直す事も重要です。

『子供のやる事だから仕方ない』そんな風に割り切る事も出来ますが、それは自分が決める事ではありません。

あくまでも相手が決める事なのです。

だからこそ、自分の物差しで出来事を測る事を辞めましょう。

やんちゃとわんぱくの違い

『わんぱく』という言葉の類義語の中に『やんちゃ』という言葉があります。

どちらもおなじような意味として使われる事が多々あります。

ですが、これか二つには明確な差があります。

それは、対象年齢の違いです。

『わんぱく』というと、子供に使用する事が殆どです。

きちんとした定義は無いものの、小学生位までの子供に使われる言葉です。

一方で、『やんちゃ』とは子供のようないたずらなどをして楽しむ大人に対して使用される言葉となっております。

その為、似ているようで実はこの二つには明確な違いがあるのです。

言葉には、このように明確な差がいくつもあります。

しかしながら、その差を知らないとただなんとなく曖昧に使用してしまい、ホントの言葉の意味を知らないままに過ごしてしまう事も多々ある事でしょう。

この言葉の意味は何だろう。

この二つの違いはどこにあるんだろう。

その疑問一つ一つが、大きな発見に繋がる事もあるでしょう。

疑問を持つ事はとても素晴らしい事です。

一つ疑問を持つ事によって、それを知る為に自ら行動する事もで居るでしょう。

その結果得られた知識は、いつか必ずあなたの役にたってくれる事もあるはずです。

わんぱくな子供の11個の特徴

それではここからは『わんぱくな子』と言われ特徴についてご説明させて頂居ます。

そもそも、わんぱく子というのはいい意味で使われる事があまり無くどちらかというと、手を焼く厄介な子にたして使われるケースが多々あります。

そのせいで、周りの人が迷惑している事もあるでしょう。

本当であれば、それはすぐにでも直す必要があります。

ですが、自分自身が、迷惑をかけているという自覚が無い場合もあるのです。

子供であればそれでも大きな問題になることもなく、許されるケースも多々あることでしょう。

ですが、子供はいつか大きくなります。

その時に、いままでと同じように行動しているせいでさほど悪気がないのにもかかわらず相手から嫌われたり疎まれてしまうことにもつながりかねません。

そうなってしまわないためにも、自分の行動をしっかりと振り返ることも大切でしょう。

1、女の子より男の子が多い


わんぱくと聞くとどうしても男の子のイメージが強くなってしまいます。

勿論、女の子の中にもわんぱくで元気いっぱいに思われている人はいることでしょう。

ですが、その比率は、どうしても男の子のほうが多くなってしまうものなのです。

その違いはどこにあるのでしょうか。

そもそも、男と女では脳の作りが違うものです。

だからこそ、考える前に行動に出やすい男の子と頭で考えがちな女子とではそもそもの行動力に差があることは明白です。

そこに個人の個性が加わったとしても基本的な性格はそこまで変わることがないのでしょう。

だからこそ、わんぱくな子が男の子に多いのは、もはや男のこの性質上仕方のないことなのかもしれません。

ですが、男の子性質だからと言って何をしてもいいということではありません。

そのせいで迷惑している人がいるのであれば、をつけなければならないはずです。

『こどもだから』『男の子だから』という理由で、なんとなく許されると思っていてもそう思っているのはあなただけかもしれません。

周りの人が嫌な気持ちになる前に、大人として多くのことを教えることはとても大切なことです。

2、落ち着きがない

わんぱくという事はそれだけ行動力があるということです。

裏を返せば、落ち着きがないということにもつながるはずです。

小さな子供のうちは、大人のように何時間も座っていることなど出来ないはずです。

ですが、それもいつの間にか成長とともに出来るようになていくものです。

ですが、男の子などわんぱくと言われやすい人の場合はある程度の年齢になっても落ち着きがないといわれることも多々あるでしょう。

そのせいで『わんぱく』という言い方をされるのです。

言い方を変えれば、それは周りの人に迷惑を与えているという事にもなりかねません。

落ち着きがない人の場合、注意力が散漫になったり失敗が多くなってしまったりしてしまうこともあるでしょう。

そうなってしまわないためにも、自分が落ち着きがないことに気が付いてそこを気を付けなければなりません。

自分自身が意識することによって、行動を抑制することが出来るようになることでしょう。

子供のうちは、なかなか自分ではできないこともあるでしょう。

だからこそ、そうなってしまわない為には大人がそれを注意してげなければなりません。

根気強く意識させることによって、落ち着いた生活にすることができるようになるかもしれません。

まずは努力すること・意識することが必要です。

3、運動神経がいい

運動神経は、もともと持って生まれたものが多くなります。

それがあること位よって体を動かすことが上手になったり、人より早く走ることが出来るようになるのです。

長い目で見れば、運動ができるかどうかは大した問題ではありません。

例え走ることが遅かったとしても、生きていくうえで困ることは無いはずです。

ですが、子供のうちはそうとも言えません。

運動神経がいいだけで、クラスの人気者になることだってできるのです。

だからこそ、運動神経がいいことは子供にとって特別なことなのです。

運動神経がいいこの中には、わんぱくな子も多くいます。

これは、体を動かすことが好きだということもあり、つい必要以上に動き回ってしまう結果なのかもしれません。

そのせいでやりすぎてしまい、時に周りの人を困らせたりといったことにもつながることもあるのかもしれません。

それだけ動くことができるということは、ある意味ではいいことだともいえます。

ですが、な何時でも人の話を聞かずに動き回っていれば、やはりそれは批判されることは避けられないでしょう。

4、よくものを壊したり投げたりする

わんぱくといわれる人の場合、落ち着きがありません。

何かしたくてうずうずしてしまっているのです。

だからこそ、注意力が足りなかったり必要以上に動いてしまうこともあるでしょう。

そのせいで、ものを壊したりしてしまうこともあるかもしれません。

わざとでなければ、ものを壊したとしてもそうそう怒られることはないでしょう。

それだけきちんと反省すればいいのです。

ですが、ふざけて壊してしまった場合怒られたとしても仕方がないことではあります。

自分の不注意によって壊してしまったんであれば、自分の過ちを認めるべきです。

子供の場合、家族は迷惑と感じることもあるでしょう。

何をするかわからないので、目が離せないなんてこともあるかもしれません。

そんな時こそ、ものの大切さなどをわんぱくな子供に教えるべきです。

最初は全く聞いていなかったとしても、根気強く続けることによっていつか理解を示してくれることもあるかもしれません。

『子供だから仕方ない』と教えることをやめるのではなく、どうしたらよかったのかを一緒に考えてあげてください。

5、好きな人はいじめたがる

わんぱくな子供の場合、自分の心の中を示すことが苦手です。

本当は言いたいことがあるのにもかかわらず、うまく伝えることができない。

そんなもどかしさから、より一層そのストレスを外に出そうと激しく動くようになってしまうのです。

その一つに好きな人はいじめたがるというものがあります。

好きな人をいじめることによって、接点を持ちたいのです。

ですが、残念ながらこの行動は褒められたものではありません。

人を好きになることは素敵な人ですが、そのせいで相手に迷惑をかけてはいけません。

6、元気いっぱいで活発


わんぱくと言われるような子供の場合、大抵が元気いっぱいで活発です。

むしろ、そういった子供に向けての言葉が『わんぱく』という言葉なので、それが無ければわんぱくと呼ばれることはないでしょう。

わんぱくと言われているのにもかかわらず、大人しく静かにしている子はそれだけメリハリがしっかりと出来ている子供のなのかもしれません。

それであれば、それはそれで大変素晴らしい事でしょう。

7、片付けが苦手

片付けは、持って生まれた才能もあります。

片付けが苦手な人の中には、一種の発達障がいを持っている人もいます。

その方々は、自分の努力だけでは片付けが出来るようにならない場合もあります。

勿論、全ての人がそうだとは限りません。

ただ単に、ズボラで片付けが苦手な人だって居るのですから。

片付けをする為には、何を何処にしまったらいいのか。

どうしたら使いやすくなるのかなどを考えることが必要になります。

何でもかんでも適当に詰め込んでしまっては、結局何処に何があるが分からなくなってしまうからです。

だからこそ、ゆっくり考える事が必要なのです。

ですが、わんぱくな人の場合そのゆっくりと考える時間を持つ事が出来ません。

特に子供の場合には、そうした時間を持つことは難しい場合も多々あることでしょう、だからこそわんぱくと呼ばれる子供達の場合には片付けが出来ない子供達が多く居ます。

8、クラスの人気者

幼い頃は、クラスの人気者になる為には目立つ事が必要でした。

足が速いなど、運動神経がある事が何よりも高い評価に繋がる事もあったでしょう。

だからこそ、わんぱくな子供達はクラスの人気者になる可能性が多くあります。

大人になってしまえば、どうってことはない差だったとしても、子供の頃には大きな差に感じる事もあります。

そのせいで悩んだり落ち込んだりする事もあるかもしれません。

もし、クラスの人気者になりたければとにかく目立つ行動を取ることが必要です。