最近、「おばさん顔」に悩む女性がとても増えています。

いつもなぜか実年齢より上に見られる!と嘆いているそこのあなた。

もしかしたら、日常の何げないクセが、おばさん顔を作り出してしまっているかもしれませんよ。

おばさん顔から抜け出すには、なってしまう原因をちゃんと理解して、その改善方法を知ることが大切です。

この記事を読んで、長年悩み続けたおばさん顔から卒業して幸せなビューティフルライフを楽しんじゃってくださいね!

実際のおばさんって何歳からなの?

実際、おばさんと呼ばれる年齢はどこが分岐点だと思いますか?

多い意見は、三十路と呼ばれる30歳が、おねえさんとおばさんの境目だということです。

しかし、年齢や人によって、おばさんの定義はそれぞれ異なるというのが現実です。

おばさんのイメージ

では、そんな定義しづらい「おばさん」ですが、皆様はどんなイメージをお持ちでしょうか?これもさまざまな意見があると思います。

例えば、「どっこいしょ」「よっこいせ」など、まるでどこかの土方のおじさんのような声を出している人を見ると「あ〜おばさんだな」と感じるという意見があります。

実はこの意見は女性の夫から得たもので、「嫁がおばさんに感じた瞬間」というテーマの一つの項目なのです。

たしかに、昔は重い荷物を持てなかったか弱い女性が、徐々にたくましくなっていくのを見ると、おばさんと感じるのかもしれません。

他には、やたらと健康食品やサプリメントに頼り始めたり、30代からの化粧品と謳う某化粧品会社の商品を使い始めると、おばさんなんだな〜と思う人もいるようです。

しかし、そんなことより何よりおばさん認定されてしまう特徴があります。

年齢じゃなくて見た目?!


それは、何を隠そうスバリ見た目です。

見た目が老けて見えると、年齢に関係なくおばさんというイメージを持たれてしまうのです。

見た目なんて生まれつきだからどうしようもないように思えますよね。

20年以上この見た目で変わらなかったから無理だ!と絶望された方、落ち込まないでください。

おばさん顔にはその原因と改善方法があるのです!

まずは、おばさん顔と呼ばれる原因・特徴をよく理解しましょう。

おばさん顔の5個の特徴

おばさん顔、老け顔と呼ばれるのには原因があります。

そして、それは努力次第でいくらでも改善できる問題なのです。

生まれつきの顔の雰囲気というものはありますが、それ以上に改善できる箇所は多いはずです!
私はもう手遅れだ、、なんて諦めずに、頑張っていきましょう!

1.シワ

まずは、皆様の予想の範疇であろう特徴、シワです。

シワがあるだけで一気に老け込んだ顔になってしまうのですね。

いつも特に気にしないような場所のシワが、実はおばさん顔に繋がっていることだってあるのです。

目元

目元や目尻にできるシワ、歳を取るにつれて知らないうちに増えてしまっているシワの代表的なものです。

目元にできるシワは笑いジワなんて言われるほど、自然にできてしまうシワなのです。

特に、優しい顔でにっこりするおばあちゃんやおじいちゃんの印象が強い目元のシワは、うっすらあるだけで老けた印象を与えてしまうのですね。

ほうれい線

ほうれい線は、常に美容サロンに通っている芸能人でさえ頭を抱える頑固なシワとして、常に改善方法が模索されています。

ほうれい線は、よく笑う人ができやすいと思われていますが、実は逆だという声も上がっています。

あまり笑わないような人が、口の筋肉や皮膚を使っていないために、その辺りが老化してシワができてしまうという説もあるようです。

どちらにしろ女性の敵となるほうれい線、最近ではモデルの中でもその改善方法がいろいろと流行っているようです。

若い女子に絶大なる人気を誇るローラさんは、暇さえあれば舌で口内からほうれい線がある部分の皮膚を伸ばすことで、ほうれい線を無くす努力をされているそうです。

トップモデルをも悩ませるほうれい線、恐るべしですね。

マリオネットライン

マリオネットラインというのは、あまり聞いたことがない人もいるかもしれません。

その名の通り、マリオネットのように口の両脇にできてしまうシワのことを」マリオネットライン」と呼びます。

よくほうれい線と間違われますが、ほうれい線は鼻の両脇にできるシワであり、実際に図でほうれい線とマリオネットラインを比べて見ると一目瞭然です。

マリオネットラインは、シワの中でも年齢を重ねた方によく見られるもので、30代を過ぎてから徐々に女性の敵となってくるのです。

それまではほうれい線だけだったのに!と悩む女性はかなり多いようです。

おでこ

最後は、おでこにできるシワです。

普通に生活してきただけなのに、気づいたらできているおでこのシワ。

しかも、おでこは年齢に関係なく誰にでもできてしまうシワのため、早い人は大学生、高校生の頃から悩んでいる女性も少なくないのです。

おでこのシワの特徴は、横向きに長い線が入り、目を開いた時や上目遣いをした時にできてしまいうということです。

おでこのシワは、おでこの広い人に多くできそうなイメージですが、実は逆です。

おでこが狭い人の方が多くの細かいシワが密集してしまい、最終的に大きな一本の線ができてしまうのです。

おでこの狭い人は、その分おでこを見せることも少ないので気づくのも遅れてしまうのかもしれませんね。

2.たるみ

シワの原因となる最大の要因の一つに、肌・皮膚のたるみが挙げられます。

また、通称「スマホたるみ」という現代特有のたるみも最近問題視されており、女子にとって最大の敵になりつつあるのです。

自然とも言える皮膚のたるみですが、具体的にはどのような部分にたるみができやすいのか、詳しくご紹介いたします。

目元

シワと同様、目元のたるみはやはり逃れられないものなのかもしれません。

先にも述べましたが、シワができる元はたるみです。

なので、シワが目立つ部分はたるみも出やすいと考えて良いでしょう。

目元のたるみは年齢とともに避けられない箇所の一つですが、特に目がぱっちりしている人、涙袋が大きい人などはたるみがより目立ち、隠しにくいそうです。

逆に、目の小さい人は目元がたるんでもそこまで目立つことはなく、老け顔に見られることも少ないです。

また、なぜ目元のたるみが目立ってしまうのかでしょうか?それは、人が会話をするときに相手の目を一番よく見るからです。

目を見て話す人間の文化上、目元のたるみを紛らわす方法はないということですね。

口元

口元もたるみやすい箇所のひとつです。

目元よりも厄介なのは、現代特有のスマホたるみで一番影響を受けやすいのが、この口元ということです。

というのも、下を向いて長時間スマホをいじっている時、ふと自分の口を動かして見ると、予想外に口がへの字になっていた、なんてこと経験したことはありませんか?

体験のない人は、是非スマホの画面を暗くして、自分の顔を下から見てみてください。

とんでもなく曲がった口の自分が写っているはずです。

その顔のままずっと気づかずにスマホを触り続けていると、いつしか口元がその形にたるんでしまい、スマホたるみができてしまうということですね。

スマホたるみの中でも、特に顔が老け込んでしまう原因は頬のたるみです。

高齢者の方々が優しい笑顔で笑っているのを思い出してください。

頬がたるんでいてマリオネットラインが非常にはっきりと見えているのが想像できますよね。

そう、頬のたるみは頑固なマリオネットラインやほうれい線の原因となり、一度できてしまうともう元に戻すことはかなり難しくなってしまうのです。

おばさん顔にならないためにも絶対に避けたい口元、頬のたるみ、甘くみないようにしましょう。

3.くすみ

おばさん顔にしてしまう原因3つ目は、よく化粧品のコマーシャルなどでも耳にする言葉「くすみ」です。

実は意外にもどんなものなのか知らない人が多いそうです。

特にまだくすみが目立たない段階の20代前半の女性には、そこまで認知もされておらず気にしていない方が多いです。

くすみとは、一言で言うと肌の色が良くない状態のことを言います。

例えば、今までは綺麗な肌色だったのに、最近顔色が健康色ではなくなったなと感じる時。

または、今まで色白で透明感があったのに、最近では黄土色、褐色のような感じになってしまったなと言う時。

そんな風に思うようになったら、それは肌がくすんでしまっていると言うことなのです。

肌のくすみは最初の頃は化粧下地で隠すことができますが、すっぴんが途端におばさん顔になってしまうという怖いデメリットがあります。

くすみもなんとしてでも対策を練りたい一つということですね。

4.シミ

シミは昔から女性が悩まされている問題の一つですよね。

シミとは、皆さんもご存知の通り、普段から浴びている紫外線が影響しています。

紫外線が直接人の肌に当たると、メラニンという物質が過剰にできてしまいます。

これが色素沈着して、点々と自分の肌よりも黒い色に変色してしまった部分のことをシミと呼ぶのです。

若い頃から海やプールが大好きで、日焼け止めを塗らずに遊びまくっていた女性なんかは、20代後半くらいからこのシミに悩まされることとなります。

顔中に黒い斑点ができるのは嬉しいことではないですよね。

しっかりと普段のケアを徹底することが、シミのない綺麗な肌を保つ秘訣と言えます。

5.髪の毛

最後の要因、それは髪の毛です。

どんな髪型にしようと、その質が保たれていないと老けて見られてしまうのです。

ボリューム

例えば、髪の毛のボリュームが少ない人は、老けた印象に取られることが多いです。

髪の毛は年齢とともに量も少なくなっていくのが通常ですが、30代など若いうちから髪の量が減ってしまう人も少なくはありません。

高齢の方向けに、髪の量を増やすサービスなどがよく宣伝をしていますよね。

実はあれ、若い女性も結構利用していたりするのです。

病気や心的ストレスなどではなく、単純に量が減ってしまうということは、誰にでも起こりうることなのですね。

また、髪の毛の艶感もその人の印象をかなり左右するポイントとなります。

芸能人やモデルが一般人より綺麗に若々しく見えるのはなぜだと思いますか?もちろん、シワ伸ばしやエステ通いなど、お金をかけているからこそ若くいられるという理由もあります。

しかし、彼女たちが一番気をつけていることは、実は肌のお手入れと同じくらい髪の毛のケアをすることだったりするのです。

いつも髪のお手入れを適当にしていませんか?

肌よりも何よりも、まずは髪の毛にツヤを持たせることを意識するようにしましょう。

白髪

言うまでもなく、白髪は年齢を重ねているように見られてしまいます。

綺麗な白髪でいつまでも美しい女性はたくさんいます。

また、黒髪だから綺麗、白髪はいけないというわけではありません。

しかし、老けて見るかどうかで判断すると、白髪が目立ってしまうのは完全にアウトです。

また、白髪は30代、早ければ20代から出てきてしまう人もいるのです。

苦労している人には白髪が多いと言いますが、これはあながち間違いではなく、仕事で追い込まれてストレスを溜めっきりになってしまったり、寝る暇もないほど忙しければ、白髪が増えてしまう可能性は他人よりも高くなります。

特に、睡眠不足や栄養不足の女性には、早い段階で白髪が出てしまうと言われています。

やはり、綺麗でいるためには、まずは健康が第一なのかもしれませんね。

おばさん顔になる原因


おばさん顔に見えてしまう特徴、たくさんありましたね。

挙げただけでも当てはまる女性は多いのではないでしょうか?

では、そんなおばさん顔の要因たちですが、実際どのようにしてシワやたるみなどができてしまうのかは、ご存知ない方も多いかと思います。

ここからは、おばさん顔になる原因を一からご説明いたします。

想像しているよりももっと多く、意外な原因がそのシワなどを作り出しているのかもしれませんよ。

1.シワは老化現象だけではない

実は、他にもシワを作り出してしまう原因はたくさんあるのです。

自分に当てはまるものがある方、全て当てはまってしまった方、今日からでも遅くはありません!

しっかり反省して、今後の生活を気をつけるようにしましょう!

乾燥

乾燥は肌の敵です。

乾燥肌さんだけでなく、どの女性に対しても共通して言えることです。

そんな乾燥ですが、実はこれが若いうちからのシワの原因になってしまうのです。

乾燥肌の方はお分かりいただけるかと思いますが、冬場に手が乾燥してアカギレしたり、カサカサになってしまったりしますよね。

あの状態は、言わば肌が再生能力を一時的に失ってしまっている状態と言えます。

そんな状態が一定期間続き、なんのケアもせずそのまま放置してしまうと、徐々に同じ場所にシワが何度も刻まれてしまい、その後潤いを取り戻したとしても一生物のシワとなって残ってしまうのです。

特に乾燥しやすいお風呂あがりに、保湿クリームを塗ることを心がけましょう。

全身、または毎日とは言いませんが、自分の気になるところや気になった時だけケアするのでも全然違います。

乾燥から肌をしっかり守ってあげてくださいね。

表情の癖

シワの原因として、その人の表情の癖もあると言えます。

人にはさまざまな癖がありますが、それは表情にも当てはまることです。

他人と話している時に、顔をクシャッとして笑う癖や、目をぎゅっと瞑る癖など、この人これが癖なのかな〜なんてぼんやり思ったことはありませんか?

よくモノマネの対象にもされやすい、あの感じですね。

まさにあれが表情の癖です。

同じ癖を毎日永遠と繰り返しているのですから、そこに痕がついてしまい、最終的にシワになってしまうのは納得できますよね。

今もし何か表情の癖がある女性は、意識してあまりしないようにしましょう。

それだけで、顔のシワが少し減ってくれるかもしれませんよ。

表情筋の衰え

表情筋を鍛えろとはよく耳にする言葉ですが、これは事実です。

表情の筋力が衰えてしまうと、そこの肌がたるんでしまい、そこからシワができてしまうのです。

よく、大爆笑してしまった後に「表情筋鍛えられたね」なんて言っている人がいますが、あれも間違いではありません。

よく笑う人や表情を動かす人は、普段から表情筋が鍛えられていると考えることができます。

特に、大爆笑した時なんかは、両頬が痛くなってしまったりしますよね。

あれは、笑うことで表情筋を通常以上に使ったがために、顔の筋肉が痛くなっている状態なのです。

普段から意識して表情を動かすことも大切ですが、笑うこともシワ改善に繋がるということですね。

2.たるみは重力だけではない

シワの種になる皮膚のたるみ、その原因は重力だけではありません。

スマホたるみなんかは特に重力が原因と考えられていますが、重力にも負けない細胞を作り出せていれば、顔がたるんでしまうのを防ぐこともできるのです。

コラーゲンの減少

コラーゲンとは、最近よく聞く単語ですよね。

コラーゲンがたっぷりのドリンク剤やサプリメントなどは、どこの薬局でも見受けられますね。

このコラーゲンですが、実は肌が元から持っているものなのです。

コラーゲンがあることによって、肌のハリを保つことができるのです。

しかし、紫外線など肌に有害な物質を浴び続けると、コラーゲンが減少してしまい、徐々に肌のハリや艶感がなくなってしまうのです。

肌にハリがなくなるということは、弾力性に乏しくなってしまうということ、つまりたるみに繋がってしまうのです。

表情筋の衰え

シワのところでも触れましたが、表情筋の衰えは直接肌のたるみを引き起こしてしまいます。

シワをなくすには、まずその原因であるたるみを根本から潰していく必要があります。

たるみを改善するための表情筋のトレーニングは、今ではグッズなども販売されるほどさまざまな方法がありますが、基本的にシワの時と同じです。

まずは、普段から多くの表情を作る努力をすること、特にたくさん笑うことがおすすめです。

笑いながらたるみを退治できるなんて、幸せな人生ですよね。

嘘だと思って、とにかく表情筋を使うようにしてくださいね。

3.くすみは透明感の問題だけではない

今や30代の最大の敵とも言える肌のくすみですが、何も透明感がなくなるという問題だけではありません。

もちろん、色白で昔は透明感に溢れていた女性が、ある時から顔色の悪い不健康そうな顔になっていたらかなりショックですよね。

本人が一番ショックだと思います。

そんなくすみに比例して起こっている問題が他にもあるのです。

古い角質

くすみの原因の1つは、肌の表面に溜まってしまった古い角質だと言われています。

自分の肌を触った時、昔よりもゴワゴワしたり、なんだかぶつぶつしていると感じる時がありますよね。

それは、上手く代謝し切れなかった古い角質が肌に溜まっている状態なのです。

古い角質は、ジェルやテープなど専門のピーリンググッズがたくさん販売されてることもあり、人によってはいくつか合わせて使っているという人も多いのではないでしょうか?

しかし、実はこれは非常に危険な使い方なのです。

鼻の頭などの角質を爪で取ってみると、なんとなく鼻がピリピリしてきます。

これは、角質を取りすぎたために、肌に相当な負荷がかかってしまっているのです。

古い角質は頑固なものが多いですが、無理やり取ろうとしないように注意してケアしましょう。

潤い不足

くすみの原因の2つ目は、潤いが足りていない乾燥した状態にあることです。

水分が足りていない肌では、角質が頑張って肌を守ろうと頑丈になるため、ゴワゴワの肌触りになってしまうのですね。

しかしそれだけでなく、潤い不足は単純に肌の透明感をなくしてしまうのです。

この記事を読んでいる女性の中には、女性芸能人のダイエット法を調べたことがある方も多いと思います。

そこで、水をたくさん飲むという文章を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

元AKBの小嶋陽菜さんは、1日2リットルの水を飲むそうですが、細いだけではなくてお肌もとても綺麗で透明感がありますよね。

水分をとり潤いを与えることで、肌の透明感が増して綺麗な肌になるのです。

2リットルとまでは言いませんが、できるだけジュースやコーヒーをやめて、水をたくさん飲むようにしましょう。

4.シミは紫外線だけではない

前は気にならなかったシミ、ある時から急に気になり始めてもうファンデーション無しでは人前に出られない!なんて人も多いですよね。

シミの原因は、先程も述べたようにほとんどが紫外線によるメラニンの色素沈着だと言われています。

夏だけでなく、冬の太陽からも紫外線はガンガン出ていますので、シミに悩まされている方は、冬場の紫外線対策を忘れていたのかもしれません。

そんな中、紫外線の影響以外にも、実はシミの原因となってしまう要因があるのです。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーという言葉を聞いたことはありますか?簡単に言うと、ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことです。

紫外線に当たりメラニンが生成されたとしても、一定期間を過ぎると、古い肌はアカとなって消え、新しい綺麗な肌がまた生まれてくるのです。

お風呂で体を洗っている時に、タオルで肌をこすると消しゴムのカスのようなものが体から出てくることがありますよね。

あれがいわゆるアカで、古くなった表皮が新しい皮膚に押し出されて出てきているのです。

アカは出てくると汚いと思いがちですが、ちゃんと肌がターンオーバーしている証拠なので、出さないように軽く洗ってしまわないように気をつけてください。

ターンオーバーの乱れとは、この肌の生まれ変わりが上手く機能せず、メラニン
どんどん溜まってしまうことを指します。

メラニンが溜まった部分は、そのままシミとなって肌に残ってしまうのです。

ニキビ跡などの炎症

シミの原因として考えられるもうひとつの理由、それはニキビ跡などの炎症です。

ニキビができてしまったとき、ちゃんとしたケアをして自然に治るのが一番です。

しかし、多くの人がかいてしまったりニキビを潰してしまったりして、そこが炎症を起こして跡が残ってしまうのです。

ニキビはできる人とできない人がいます。

一般的には、割と脂っこい肌の方はニキビができやすく、乾燥肌の方はあまりニキビはできません。

しかし、年齢を重ねていくうちに、乾燥肌なのに肌がベタつくなどの症状が出てくることがあります。

そのような場合は、乾燥肌の人もニキビができてしまうことがあるのです。

ニキビができた時は、まずかいたり潰したりしないで、ちゃんとした薬でケアすることが一番大切だと言えます。

5.髪の毛は高齢化だけではない

髪の毛がパサついたり抜けたりするのは、高齢化だけが原因ではありません。

髪の毛にもちゃんと十分な栄養が必要であり、その栄養が足りなくなれば髪の毛の潤いが失われてしまいます。

そこから、抜け毛やパサつき、髪の毛のゴワゴワ感に繋がってしまうのです。

地肌のケア

髪の毛だけでなく地肌自体のケアも必要となってきます。

つい髪の毛だけを頑張って洗ってしまいがちですが、髪の毛が生えてくる元の毛根部分がしっかりケアされていないと、髪の毛に悪い影響が出てしまいます。

一番近道で手軽なケアとしては、定期的に美容院へ通って地肌トリートメントや地肌マッサージなどのケアをしっかり行うことです。

地肌は人間の体の中でも非常に柔らかく傷つきやすい皮膚ですので、自分で選んで適当なものでケアするのは危険です。

まずはプロに自分に合うケア製品を教えてもらい、ちゃんとした地肌を保つことが大切なのです。

食べ物

髪の毛を綺麗に保つには、食べ物からの栄養が必要不可欠となります。

いつもジャンクフードやコンビニなど栄養価の低い食材ばかり摂取していたら、髪の毛まで栄養が行き届かずに、髪のトラブルに繋がってしまうのです。

髪の毛に必要な栄養素は、ビタミンや亜鉛、タンパク質などが主となります。

ビタミンなんかは、女性の美容サプリメントの名前にもよく目にしますので、髪も綺麗にしてくれるのはなんとなく分かりますよね。

いつでも取れる食材の中では、卵がおすすめです。

一番重要なタンパク質からミネラルなども豊富に含んでおり、色々な料理にも使えるので最も摂取しやすいのではないでしょうか。

おばさん顔が若返るための改善方法

おばさん顔になってしまう原因は様々です。

しかし、おばさん顔になってしまった後も、ちゃんとした段階を踏めば改善することは可能です。

ということで、おばさん顔とおさらばするためのおすすめの改善方法を6つ一気にご紹介いたします!

自分に合うものを見つけてくださいね!

1.視力を正確に把握

目元のたるみやシワを改善するためには、自分の視力を正確に把握することが大切です。

自分の今の視力、知らない人も多いのではないでしょうか?

目を見開いて力をいれすぎているのもシワの原因

目の視力が悪い人は、はっきりと見ようとして目を大きく見開いたり目を細めたりします。

その際に目の周りに力を入れすぎているため、その辺りの皮膚に負担をかけてしまっているのです。

負担のかかった皮膚はたるんでいき、最終的にシワとなってしまうのです。

コンタクトや眼鏡を合うものに変える

目元の負担を減らしてシワをなくすには、自分の視力に合ったコンタクトやメガネを使用することをおすすめします。

自分の視力に合ったものをつけていれば、目を無理矢理見開いたりすることがなくなりますので、シワの原因であるたるみを防ぐことができます。

長いこと視力を測っていないという方は、一度再検査をして新しいメガネやコンタクトを使用するようにしましょう。

2.表情筋を鍛える

表情筋を鍛えることも、おばさん顔の改善に大きく貢献することでしょう。

表情筋が衰えてしまうことで、皮膚がたるんでしまってシワが増えてしまいます。

表情を動かすことで、皮膚を支える筋肉が鍛えられて、しっかりとしたハリのある肌を保つことができるのです。

まずはよく笑うこと、口角を上げることが挑戦していきましょう。

3.規則正しい生活

規則正しい生活を送り、体内から健康になることも大事です。

皮膚の問題は外的要因が多いですが、新しい皮膚を作るのは体内であり、体内の細胞が活発であれば何度でも改善することができるのです。

規則正しい生活を送ることで、身体の中から健康に綺麗になれば、ダメージを受けた皮膚も再生して綺麗になるのです。

不摂生をしがちな方、思い当たる節がある方は、早寝早起きやバランスの取れた食事など、すぐにできることから始めていきましょう。

4.水分をしっかりとる

水分をしっかりとることで、肌の透明感を保ち新陳代謝を促すことができます。

人間の体の9割は水分でできていると言われるほど、人間にとって水分とは大切な要素なのです。

そして、体重のおよそ4割ほどは1日に老廃物となり外に出すべきものであるのです。

水分を多く摂取することで、溜まった老廃物を外に出してその新しい水分を体内に取り入れることができるのです。

そして、綺麗な水分は肌の新陳代謝を促して、肌を張りのある透明な状態に保てるのです。

自分が思っている以上の水分を毎日取るように心がけてみましょう。

5.過剰にケアしすぎない

肌を綺麗にしたい一心から、過剰にケアしすぎないように気を付けましょう。

クリームや道具などで過剰に肌を刺激してしまうと、綺麗にするどころか逆に肌に負担をかけてしまうことになります。

あくまでも、肌の自然なターンオーバーを促進するために、肌クリームなどが販売されています。

決められた量を守って、あとは自分の皮膚自身の再生能力を上げるためにマッサージをしたり水分を摂取したりするようにしましょう。

何事もやりすぎは禁物です。

ゆっくりと、長期間かけて肌を元気な状態に戻してあげるようにしましょう。

6.継続して行う

そして最も大切なこと、それは継続して行うことです。

自分に合った肌のケアが分かれば、それをしっかりと毎日続けていくことで、徐々に肌が生き返ってきてハリのある美しい顔になるのです。

皮膚の入れ替わりには最低でも6週間必要となりますので、その間手を抜かずにケアすることが大切ります。

そうすることで、万全の状態で新しい皮膚を迎え入れてあげることができて、綺麗な皮膚をずっと保つことができるのです。

自分に合ったものを選ぶ

また、無理なく継続できるように、自分に合ったケア方法を選ぶというのは一番大事です。

自分に合っていない無茶なケアは、必ず面倒になって中途半端にやめてしまうことでしょう。

まずは自分が続けていけそうな方法を一つずつ潰していきましょう。

そして、長い時間をかけて美しい肌を手に入れるようにしましょう!

こつこつケアして若返ろう

おばさん顔に悩む女性は非常に多くいます。

一度なってしまったらもう戻せないと思ってしまいますよね。

しかし、肌は何度でも生まれ変わりますので、何度でも改善するチャンスはあります。

まずは自分が肌のことをよく理解して、どう改善していくのかを知ることが第一歩となります。

しっかり自分の肌を知ってあげて、毎日労ってあげるようにすることが一番です。

美しい顔を手に入れて、人生を謳歌させてくださいね!