CoCoSiA(ココシア)

おばさん顔の5個の特徴と原因!改善方法を知って若返ろう


最近、「おばさん顔」に悩む女性がとても増えています。

いつもなぜか実年齢より上に見られる!と嘆いているそこのあなた。

もしかしたら、日常の何げないクセが、おばさん顔を作り出してしまっているかもしれませんよ。

おばさん顔から抜け出すには、なってしまう原因をちゃんと理解して、その改善方法を知ることが大切です。

この記事を読んで、長年悩み続けたおばさん顔から卒業して幸せなビューティフルライフを楽しんじゃってくださいね!

実際のおばさんって何歳からなの?

実際、おばさんと呼ばれる年齢はどこが分岐点だと思いますか?

多い意見は、三十路と呼ばれる30歳が、おねえさんとおばさんの境目だということです。

しかし、年齢や人によって、おばさんの定義はそれぞれ異なるというのが現実です。

おばさんのイメージ

では、そんな定義しづらい「おばさん」ですが、皆様はどんなイメージをお持ちでしょうか?

これもさまざまな意見があると思います。

例えば、「どっこいしょ」「よっこいせ」など、まるでどこかの土方のおじさんのような声を出している人を見ると「あ〜おばさんだな」と感じるという意見があります。

実はこの意見は女性の夫から得たもので、「嫁がおばさんに感じた瞬間」というテーマの一つの項目なのです。

たしかに、昔は重い荷物を持てなかったか弱い女性が、徐々にたくましくなっていくのを見ると、おばさんと感じるのかもしれません。

他には、やたらと健康食品やサプリメントに頼り始めたり、30代からの化粧品と謳う某化粧品会社の商品を使い始めると、おばさんなんだな〜と思う人もいるようです。

しかし、そんなことより何よりおばさん認定されてしまう特徴があります。

年齢じゃなくて見た目?!


それは、何を隠そうスバリ見た目です。

見た目が老けて見えると、年齢に関係なくおばさんというイメージを持たれてしまうのです。

見た目なんて生まれつきだからどうしようもないように思えますよね。

20年以上この見た目で変わらなかったから無理だ!と絶望された方、落ち込まないでください。

おばさん顔にはその原因と改善方法があるのです!

まずは、おばさん顔と呼ばれる原因・特徴をよく理解しましょう。

おばさん顔の5個の特徴

おばさん顔、老け顔と呼ばれるのには原因があります。

そして、それは努力次第でいくらでも改善できる問題なのです。

生まれつきの顔の雰囲気というものはありますが、それ以上に改善できる箇所は多いはずです!

私はもう手遅れだ、、なんて諦めずに、頑張っていきましょう!

1.シワ

まずは、皆様の予想の範疇であろう特徴、シワです。

シワがあるだけで一気に老け込んだ顔になってしまうのですね。

いつも特に気にしないような場所のシワが、実はおばさん顔に繋がっていることだってあるのです。

目元

目元や目尻にできるシワ、歳を取るにつれて知らないうちに増えてしまっているシワの代表的なものです。

目元にできるシワは笑いジワなんて言われるほど、自然にできてしまうシワなのです。

特に、優しい顔でにっこりするおばあちゃんやおじいちゃんの印象が強い目元のシワは、うっすらあるだけで老けた印象を与えてしまうのですね。

ほうれい線

ほうれい線は、常に美容サロンに通っている芸能人でさえ頭を抱える頑固なシワとして、常に改善方法が模索されています。

ほうれい線は、よく笑う人ができやすいと思われていますが、実は逆だという声も上がっています。

あまり笑わないような人が、口の筋肉や皮膚を使っていないために、その辺りが老化してシワができてしまうという説もあるようです。

どちらにしろ女性の敵となるほうれい線、最近ではモデルの中でもその改善方法がいろいろと流行っているようです。

若い女子に絶大なる人気を誇るローラさんは、暇さえあれば舌で口内からほうれい線がある部分の皮膚を伸ばすことで、ほうれい線を無くす努力をされているそうです。

トップモデルをも悩ませるほうれい線、恐るべしですね。

マリオネットライン

マリオネットラインというのは、あまり聞いたことがない人もいるかもしれません。

その名の通り、マリオネットのように口の両脇にできてしまうシワのことを」マリオネットライン」と呼びます。

よくほうれい線と間違われますが、ほうれい線は鼻の両脇にできるシワであり、実際に図でほうれい線とマリオネットラインを比べて見ると一目瞭然です。

マリオネットラインは、シワの中でも年齢を重ねた方によく見られるもので、30代を過ぎてから徐々に女性の敵となってくるのです。