意気地」と書いて「いくじ」と読みます。

若い頃に、優柔不断になってしまい何事にも前向きには行動することができなくなると、「なんだ、いくじなし!」と捨て台詞で馬鹿にされたことはなかったですか?

しかし、意気地がない人でも、先輩や親から言われても平気なくせに、好意を寄せている女性からこの言葉を投げつけられると、本当に落ち込んでしまうのです。

「いくじなし」という言葉の意味は、困難に立ち向かっていく気力がない人のことで、弱虫とか腰抜けという言葉と同じような意味なのです。

だから、好きな女性に「意気地なし」言われようものなら、女性から「腰抜け!」と言われているのと同じことで、男性にとっては不名誉な言葉そのものです。

「お前に言われたくない!」と反発する人と、「それもそうだなあ」と納得する人がいるのです。

「いくじなし!」と言う時は、だいたいが女性から男性に向かって言うことが多いようです。

最近では女性の社会進出も増えてきて、責任ある仕事を任されているキャリアウーマンも多いのです。

優柔不断な男性にとっては、脅威とも感じられるのです。

しかも、TVドラマでも優しい思いやりのある男性が主役となるストーリーも多く、いわゆる「草食系男子」が目立ちます。

現実にも、優しすぎる男性が多いので、自分の意見は引っ込めてしまって、誰かの言いなりになってしまっている時もあるのです。

好きな女性を誘ってデートに出かけても、「どこに行こうか?」「何を食べようか?」「どの店にしようか?」などと相手に相談ばかりすることがあります。

彼女のご機嫌を取ろうと必死なのですが、だんだんとストレスが溜まっていきます。

そして何かのキッカケで、ここという時に自分で決めることができない男に向かって「このいくじなし!」と叫んでしまうのです。

でも、「いくじなし!」と言われる方が、「腰抜け!」とか「弱虫!」と言われるよりもまだ優しさがこもっているとは思います。

ちょっと甘ったれた声で「いくじなしね!」なんて言われると、「何よ、もう少ししっかりしなさいよ!」と激励しているようにも感じるのです。

「なら、頑張ろう」と決心すれば汚名挽回になるのです。

いずれにせよ、男性にとっては「いくじなし」と言われることは不名誉なことでもあり、言われないように頑張るしかないと思います。

今回は、「意気地」に関してまとめてみました。

意気地とは?

「意気地」とは「いきじ」と読むのですが、これが音変化して「いくじ」と発音するようになりました。

「意気地」の意味は、他人と張り合ってでも自分の思うことをやり遂げようという気構え、気力、意地のことです。

このように、物事をやり通す気力がない人を「意気地なし」と呼ぶのです。

逆に、良くない意地を張ること、意地が悪いことを「意気地が悪い」とも表現します。

ともかく、自分の思うことをやり通す気力がない時に言われる言葉が「いくじなし」なのです。

読み方

「意気地」の読み方は「いきじ」と「いくじ」があります。

本来は「いきじ」と呼んでいたのですが、「いくじ」の方が発音がしやすい事から音変化によって「いくじ」に変わっていったようです。

辞書には「いきじ」と発音することが書いてありますが、最近では「いくじ」と読む人が増えてきて、辞書にも「いくじ」(いきじの転)と併記されています。

何事も自分の思うことをやり通す気力がない人のことを「いくじなし」と呼び、「いきじなし」などとは言わなくなったことから「いきじなし」の言葉が廃れて来たようです。

ただし、「気」の漢字は「く」という読み方はないようです。

不思議な読み方ですが、今では「いくじなし」が常用されているようです。

演歌の世界では、古い話ですが1975年にデビューした森雄二とサザンクロスというグループのヒット曲が「意気地なし」です。

男と女の純愛物語で、男に惚れてしまった女が別れ話を切り出した男に対して、「別れるなんて言わないで。

あなたは馬鹿ね、あなたほんとに意気地なし」という歌詞なのです。

女性を守り通すという気がない、つまり意気地がないことを表現しています。

古い歌なのですが、最近でもいろんな歌手がカバーしているのです。

それほど、日本人の心には「意気地」は不可欠のような言葉でもあるのです。

それでは、「意気地」の読み方について解説します。

いきじ

「意気地」の漢字の読み方は、本来「いきじ」なのです。

自分自身や他人に対する面目から、自分の思ったことを押し通そうとする気構え、意地のことです。

「意気(いき)」という言葉は、自分が思ったことを成し遂げようとする積極的な気持ちのことで、気概、意気込みとも言われます。

他人が頑張っている姿を見て「その意気で頑張れ」と激励したりします。

また、頑張っている人を見た時には、「あの人の意気を感じる」と評価をしたりするのです。

また、気立てや気性、気前、意地という意味もあります。

お互いの気持ちが通じ合った時には「意気投合する」とも言います。

そして、みんなの気持ちが集まると「今回はみんなの意気込みが違う」などと表現するのです。

このような「意気」を感じることを「意気地」というのです。

いくじ(音変化)

「意気地(いきじ)」の音変化によって「いくじ」と発音するようになったのです。

その意味は「いきじ」と同じです。

やり遂げようと頑張る気力の意味です。

この言葉は、「意気地なし(いくじなし)」という表現で、気力が失せて役に立たないさまを表します。

いろんな場面でよく使われるフレーズでもあります。

「いきじなし」よりも「いくじなし」の方が発音しやすいこともあって好まれたようです。

意味

「意気地」とはどのような場面で考えさせられる言葉かと思い起こしてみますと、以外にも非常に多くの場面で登場します。

多くの場合には「意気地なし」という表現で使用されます。

例えば、これをやった方がよいのかやらない方がいいのかと迷ってしまう時です。

いわゆる優柔不断になった時です。

「どちらかに決めなさい」と促されても決められない性格なのです。

そして、失敗しそうになった時とか負けそうになった時とかに、言い訳や弱音を吐くのです。

「すぐに弱音を吐いて、いくじなしね!」と言われてしまいます。

そして、失敗を恐れて怖がったり、行動を起こす前から諦めてしまうのです。

そして「やる前に逃げてしまうなんて、彼はいくじなしだね」などと揶揄されてしまいます。

大学の受験の時に、かなりの実力があるにも関わらず、第一志望校は難易度の低い大学を選んだ息子に対して親が「いくじないね」と嘆いたのでした。

失敗を恐れずに上を目指すという向上心がない時にも「いくじなし」と表現するのです。

困難に果敢に立ち向かう気力のことを「意気地」と表現するのです。

男性にとっては、意気地がないと言われることは男性としての価値が疑われることでもあり、辛い言葉でもあるのです

他人と張り合ってでも自分の思う事をやりとげようという気構え


「意気地」とは、どんなに抵抗されようとも、非難されようとも、自分が決めたことをしっかりとやり遂げようという気構え、気力のことです。

しかし、この考え方というものは、他人と張り合ってでもというだけでなく、自分の生きざまを崩さない武士道という概念でもあるのです。

どんなに生活に窮乏していても、満足に食べることができなくても楊枝をくわえている姿は、「武士は食わねど高楊枝」なのです。

自分は痩せても枯れても武士なのだという姿を見せつける気力なのです。

惨めな姿を見せて後ろ指を差されないという気持ち、これも「意気地」なのです。

自分が間違っているとわかっていても、意地を張ってそれを貫き通すことを「意固地」と表現します。

「意固地」も自分の意思を貫き通すという点では「意気地」と似ていますが、意地が悪いようなニュアンスであり、悪い意味に取られてしまいます。

「意」と「地」の間にある漢字が「気」か「固」の違いですが、「固」の方は気持ちを固めてしまってほぐれない状態を表しているようです。

固まってしまうと、にっちもさっちもいかない状態で、ひとを困らせるような頑固な性格にも聞こえます。

それに対して「気」の方は、「気配り」とか「元気」などと前向きでポジティブな表現に使われるために、「意気地」の方が役に立つように思われます。

だから、意気地がなくなると困ってしまうのです。

自分の思うことをやり遂げる気力を持ってほしいと願うのです。

気力

「気力」とは、何かを行おうとする気持ち、精神力のことです。

その時には、困難や障害にも負けないという強い気持ちの張りが重要なのです。

物理的なものを乗り越えた、精神力のことを指しているのです。

スポーツの世界で、長時間の競技になればなるほど、実況しているアナウンサーの言葉にこの「気力」という言葉が飛び出してくるのです。

マラソンの競技でも、駅伝の実況でも、ゴール間近になって競り合っている時には「あとは気力の勝負になります」などと表現します。

肉体的な体力よりも、精神的な気力を重要視するのです。

勝者のインタビューでも「最後は気力で走りました」とコメントするのです。

体力がなくなっても気力があればやり遂げられるという精神論なのです。

気力はそんな不思議な力なのです。

意地

「意地」という言葉は、ふたつの意味があります。

一つは、根性、気立てのことです。

「あの人は意地が悪い」というと根性が曲がっているとか自分に不利なことを平気で行うという時に言います。

二つ目は、自分の思うことを無理に押し通そうとする気持ちです。

「あの人は意地でも首を横に振るよ」などと批判めいたことを言います。

ほんとうはOKを出したいのだけれども、ある些細な理由があってウンとは言えないのです。

そのちょっとした理由にこだわるために、頑としてOKしない心なのです。

また、特に理由がないにも関わらず、あるものをむやみに欲しがる気持ちもあります。

そんな態度を「意地汚い」とか、食べ物にこだわることを「食い意地が強い」などと、その性格をけなすことがあります。

意地は道理では解決しないのです。

意地っ張りですから、理由に関係なく反発するのです。

長い間恋愛をしてきた二人ですが、ある理由から女性が別れ話を切り出したところ、男性の方は絶対に別れない。

「意地でも別れない」と突っぱねます。

この時の「意地」は、理由を説明しようが関係なく別れたくないと拒否するのです。

自分の気持ちを押し通すのです。

意地を通すのです。

意気地の類語や関連語

「意気地」とは、自分の思ったことをやり遂げようという気構えや気力のことですが、同じような意味の言葉はたくさんあります。

決めたことに対し、それをやり通そうとする強い気持ち

自分が決めたことをやり通そうとする強い気持ちは、「負けず嫌い」「負けん気」「意気込み」「不屈の精神」「剛直」「気骨がある」「我慢強い」「気構え」などの表現があります。

強い気構え


「気構え」とは、予測できることに対する心の用意の事です。

何かをしようと思った時に、こんな場合はどうしよう、こうならないと次はどうしようとか、起こるであろう事態をあらかじめ予測して心で準備する心の持ち方のことです。

事態が進展してから、こんなことではなかったと嘆いても後の祭りです。

心の中で覚悟して置いて、心の持ち方を確認しておくのです。

悪いことが起こらないように、不幸な目に遭わないように、心の持ち方を用意しておくのです。

「さあ来い!」と構えて待っている状態なのです。

決めたことを実行するにあたって、心に一点の曇りも焦りもないのです。

連想される言葉

「意気地」の言葉で連想される言葉は、下記のようなものです。

心意気

「心意気」というのは、ものごとに積極的に取り組もうとする気構えのことです。

真剣に取り組もうとする姿を見て「あいつは、心意気がすごい」などと表現します。

積極的に取り組む姿勢が見えているのです。

もしも、不真面目に仕事をしているのなら上司から「もっと、心意気を示してみろ」などと叱咤激励を受けるのです。

つまり、真剣にやろうという気構えを見せろということです。

言い換えると、やりたいという意気地を見せてみろという訳です。

高校野球の試合をTVで見ていると、どのチームもメンバーの顔つきは鋭くて、絶対に勝ってやるという気力がみなぎっています。

勝ちたいという心意気が強いのです。

逆に心意気がないということは、何が何でもやり遂げようという気持ちがない事であって、いくじなしなのです。

負けを認めてしまった時には、意気地もなくなるようです。

気持の張り

「気持ちが張る」とは、気持ちが引き締まっていることを表します。

張るという言葉で、力強いこととピンと張りつめた緊張感が感じられます。

気持ちが緊張で引き締まっている状態です。

集中力も高く、どんなことでも対応してやるという不退転の心を感じることができます。

「意気地」の言葉の通り、何があっても決めたことをやり遂げるという気力があるのです。

人生の岐路に差しかかった時や、仕事の途中で難問にぶつかってしまった時に、気持ちが張り詰めるのです。

自分の意志でそれを押し通そうとする時に、意気地が必要なのです。

諦めてしまうと、いくじなしなのです。

気持ちの張りもなくなるのです。