CoCoSiA(ココシア)

さりげない気遣いができる人の19個の習慣や特徴


気遣いができる人は周りから好印象を抱かれやすく、そのような人がいてくれることで人間関係が円滑にいくこともありますよね。

自分もそんな人になりたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、さりげない気遣いができる人の習慣や特徴をご紹介します。

気遣い上手になりたい人はこれらのことを意識してみてください。

また気配りしすぎるとどうなるのかも見ていきましょう。

気遣い上手な人の19個の特徴や習慣

気遣いの上手い人は、いつも人間関係が良好ですし、世渡り上手です。

では、気遣いの上手い人にはどんな特徴があるのか19個の特徴を見ていきましょう。

1. 相手の気持ちを推し量るのが得意

気遣い上手な人は、基本的に相手の気持ちを大切にします。

純粋に『この人のために協力してあげよう。』、『相手に寄り添い悩みを解決してあげたい )など、親切心を持って誠実に接することが出来ます。

それも、普段からそのような考えをもって行動しているので、親切心の押しつけではなく、常に相手の気持ちを考える力が身につき、相手の気持に合わせて行動することが得意です。

相手が一体何に困り、何に悩んでいるのかを聞き出しながら相手の気持に寄り添います。

周囲の人はそんな心優しき人のことを気遣いの上手い人というのです。

2. 自分よりも人を優先する

皆さんは人を思いやるとはどういう行動だと思いますか?

ただ、○○してあげたという恩着せがましい親切心を見せる行動ではなく、さり気なくスマートに道を譲ってあげることではないでしょうか。

例えば、コンビニエンスストアの入り口で他の人とぶつかりそうになった時にドアを開けて道を譲ってあげる。

それだけでもさりげない気遣いであり、優しさに通じる行動ということが出来るでしょう。

別に優しさと言ってもそんなに大げさなことではなく、何気ないちょっとした行動が優しさに直結するわけです。

自然と相手を思いやりながら道を優先させてあげることが気遣いにつながっていくのです。

3. 見返りを求めない

気遣いの出来る優しい人は、『ありがとう』と言ってもらわなくても親切にしてあげることが出来ます。

決して、親切心の押し売りというか恩着せがましい行動を取ることはせず、さり気なく相手を手助けしてくれます。

優しさというのは、相手が困っているからこそ手を差し伸べる事にあり、自分本位の優しさはただのおせっかいと受け取られてしまいます。

気遣いができる人たちはその事をしっかり理解された上で行動が出来ます。

相手が何に困っているのかを感じ取り、そっと寄り添い手助けするからこそ、気遣いができる優しい人達と受け取られるのでしょう。

ただ、いくら見返りを求めずなにかやましい魂胆などが無いからといって、その気遣いが当たり前にあるものと思うのは厳禁。

やはり、素直に感謝する気持ちを相手も持ってこそ、気遣いは生まれるものと思いますよ。

4. 相手のことをよく知ろうと努力する

本当に気遣いができる人というのは、相手が何に困って、どう助けてほしいのかをちゃんと考えられる人のことを指します。

間違っても、良い人と思われたいとか、何かしらの見返りを求めるなどの理由で、親切心を押し付けた行動を取ることはありません。

相手が、何かに困って助けてほしいと思っていることを感じ取った時に、見返りを一切求めず、さり気なくそっと手を差し伸べられるのです。

その姿に人は感謝し、気遣いができる人と感じることが出来るのだと思います。

5. 相手の変化を敏感に感じ取ることが出来る

気遣い上手な人が相手の変化を敏感に感じ取っている

気遣い上手な人は、相手の困っていることを感じ取り、さり気なく手を差し伸べることができます。

そのようなことが出来るのは、自分本位で物事を考えず、常に相手の立場で物事を考えている人でなければ不可能です。

その上で、良くも悪くも感受性が強く、相手の喜びをまるで自分の喜びのように感じ取れるような人であってこそはじめて相手の立場に立つことができます。

そして、つぶさに困っていること・助けてほしいことを感じ取り、さり気なく手を差し伸べることが出来るのだと筆者は考えます。

当然、感受性というのは日々の生活習慣の中で身につくもので一長一短で身につくものではありません。

常に相手の変化を見逃さず、敏感にキャッチできるように心がけ、何かあった時は助けに入ろうとする気持ちがあってこそ、初めて気遣いは生まれるのかもしれません。

6. 頭の回転が速い