モットーとはどういう意味?Myモットーを作ってよりよい人生を!のイメージ写真

自分の人生は、自分のものです。

誰かの為に生きる物でもないし、誰かから評価される為に生きる物でもありません。

しかし、人はどうしても他人の意見を気にしてしまいます。

自分の人生何だから、自分が思うように生きたらいい!!

そんな風に強く思えたら素敵だとは思いませんか?

そこで今回は、「モットー」をテーマにして、自分の人生をより良くする為のヒントをご紹介します。

日々同じように過ぎてしまう時間でも、考え方を変えて行動して行くだけで楽しい毎日を得る事ができるかもしれません。

例え、人に評価されなかったとしても、自分自身が納得できる毎日を過ごすのが一番の幸せではないでしょうか。

モットーを持って生きていますか?

人生は、一度きりです。

その人生をどのようにして過ごすかどうかは、その自分自身の気持ちによって大きく変わってきます。

例えば、毎日をただ何となく過ごしてしまっている方は、日々の生活に張り合いがなく、楽しいと感じる事が少ないでしょう。

反対に、何か目標を持って行動している人は、日々の生活において楽しみを見つけながら過ごしていると思います。

より張り合いのある日々を過ごす事ができる様になります。

例え、はたからみれば同じような人生の人に出会ったとしても、それを自らがの望んで行っているのと、相手に与えられるがままに行っているのとでは、全く意味合いが変わってきます。

自分の意思で選んでいる人は、それだけ自分の人生に納得して生きているので、より楽しいと感じているでしょう。

人生に張り合いを持つ為には、モット―を持って生きる事が重要です。

モットーとは標語とも言われており、いわば自分自身で決める目標のようなものです。

内容は何だって構いません。

何か挑戦しようという気持ちが大事なのです。

普段なかなかチャレンジする機会がない方も、今回を機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Myモットーとしておすすめのこと20個

モットーとは元々は英語の言葉です。

和訳にすると、表題などの意味があり主に自分自身が持つ目標のようなものを指します。

この目標がある事によって、日々の人生に張り合いをだす事ができるでしょう。

モットーにする内容は何だって構いません。

自分の思うままに決めていけば良いのです。

しかし、中なにはどんな目標にすれば良いのか悩んでしまう方もいるでしょう。

そこで、お勧めのモットーをご紹介していきますよ。

『こんな人生が良いな』と思うものを選んでみてはいかがでしょうか。

最初は人が決めた言葉であっても、時間が経つに連れてそれはあなた自身の言葉になっていくでしょう。

1. 人に優しく自分に厳しく

モット―とは、自分の人生の中で指針になる言葉です。

そのため、自分だけの事を考えて決めるだけではなく、自分に関わる全ての人に対して考える事もできるのです。

例えば、この『人に優しく自分に厳しく』は、昔から伝えられてきた言葉です。

勤勉を美徳とする日本人にとって、自分自身い対しては常に厳しく接してきました。

その反面、他人に優しく接する事によって、友好な人間関係を築く為の努力を行ってきたのです。

他人に優しくする事は、一見相手の為だけに行う行為の様に感じます。

しかし、実際はその行為によって、相手から優しくしてもらえることに繋がるのです。

そのため、自分の為と言う考え方もあります。

人の為に働く事は、いつか自分自身に返ってくるので、100%相手の為とも言えないのです。

自分に厳しい姿勢を取っている事で、話や行動に説得力がうまれます。

そのため、より円滑に物事を運ぶ事ができる様になるかもしれません。

こんなモットーを持ち、生きていく事で、より対人関係を良好にできるでしょう。

2. 人生、七転び八起き

人生、七転び八起きをモットーにする人

人生に失敗はつきものです。

失敗は、新しい物事に挑戦してみようと思い、行動するからこそ発生するのです。

そのため、失敗は全く悪い事ではありません。

しかし、中には1度失敗しただけで、全てを諦めてしまう人がいます。

失敗を自分の糧にする事ができない人は、その後の成長も見込む事ができないでしょう。

失敗は何度したって構わないのです。

問題は、そこからいかに立ち上がる事ができるかどうかにかかっています。

ことわざにある『七転び八起き』とある様に、転んだら転んだ分だけ立ち上がればいいのです。

その経験がいつしかあなたの為になる時がやってくるでしょう。

3. 悪い経験を必ずプラスに活かす

人は、悪い記憶程頭に残ってしまうものです。

その為、一度失敗してしまうとどうしても新しい事にチャレンジできなくなってしまいます。

しかし、一度失敗したからいってそこで全て諦めてしまっては何の意味もありません。

そこからいかに立ち上がれるかどうかでその後の人生は大きく変わっていきます。

新しい事に挑戦する為には失敗がつきものです。

一度や二度の失敗は恥ずかしくも何ともありません。

むしろ、その失敗した記憶に囚われて動けなくなっている方がよっぽど恥ずかしのではないでしょうか。

悪い経験をプラスに変えられるかどうかは、その後のあなたの行動にかかっています。

自分の行動をしっかりを見つめ直し改善する事ができれば、様々な経験を自分の糧にして成長できるでしょう。

4. 一日一善

人は一人では生きていけません。

どんなに自立して生活していると思っても、多くの人たちの支えが合ってこそ、今を生きる事ができていると言う事を忘れてはいけません。

多くの人々に支えられ、それぞれが生きているのです。

日々の生活を支えてくれる人は、世界中にいます。

食べる物を作ってくれた人・着る物を作ってくれた人・面白い本を書いてくれた人。

その人たち全てがいてくれたからこそ、私たちの世界は成り立っているのです。

そんな人々に直接お礼を伝えにいくことはできません。

しかし、一日一善を目標に行動していれば、いつかあなたのした親切が巡り巡って、あなたの感謝している誰かに届ける事ができるかもしれません。

その結果、直接ではなかったにしろ、感謝を伝えられるでしょう。

人はそれぞれ支え合って生きています。

その事を忘れてはいけません。

感謝しながら生きていくことが重要なのではないでしょうか。

5. 一期一会を大切にする

一期一会を大切にをモットーにする人
日本には様々なことわざ四文字熟語があります。

その中には、良い教えを伝えてくれている物が数多く存在しています。

例えば『一期一会』がその一つです。

一期一会とは、元々は、茶道に由来する言葉です。

茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返される事がない。

一生に一度の出会いだからこそ大事にしようというものです。

これを日々の生活に当てはめると、自分の人生で起こる出会いはその時に起こる一瞬のでき事である。

その出会いを大事にしていこうという考え方です。

日々を何気なく過ごしてしまっている方は、人との出会いがあった事にすら気が付いていないかもしれません。

あなたが何気なく過ごしているその時々の出会いが、いつか役立つ時がやってくるかもしれません。

そのため、自分の出会いを大切にする必要があるのです。

出会いを大切にする事ができる人は、それだけ人との繋がりを大事にする事ができるとも言えるでしょう。

6. どんなことでも真剣にやる

どんなことでも真剣にやることをモットーにする女性

人生において、時に自分が希望していなかったような現実に見舞われてしまう事もあるでしょう。

そんな時、つい現状を嘆き投げ出したくなってしまいます。

しかし、何の役にも立たないと思うようなその内容も、いつか自分の人生に役に立つ時がやってくるかもしれません。

自分の人生に役立てる事ができるかどうかは、その時自分自身が頑張る事ができていたかどうかにかかっています。

置かれた現状を理解し、その場で努力をする事ができた人にだけ、その後得る物があるのです。

その当時、頑張る事ができなかった人は、結局何も得る事はできないでしょう。

その為、自分が望んだ事かどうかは考えず、とにかく目の前にあるものに対して一生懸命行動しましょう。

努力は人を裏切りません。

その時に何の結果も得る事ができなかったとしても、いつか必ずあなたの役に立ってくれる日が来るでしょう。

7. 時間を無駄にしない

人間の人生には、必ず終わりがあります。

その為、どんなに素晴らしい人間も、お金持ちの人も平等にいつか終わる時がやってくるのです。

その限られた人生を、いかに大事に生きるかどうかが、後悔のない人生をおくる為には大事なポイントとなっていきます。

日々、何も考えず、周りに言われるがままに生きている人もいるでしょう。

そんな人は、人生に対して充実感や達成感を味わう事ができません。

せっかく素晴らしい人生を生きるチャンスがあるにも関わらず、その時間を棒に振っているのです。

自分の人生をどう生きていきたいのか。

それを考えるだけでも、日々の生活はがらりと変わっていきます。

いつもと変わらない人生を『マンネリ化している』『つまらない人生だ』と嘆いている人はいませんか?

自分の人生を決めるのは自分自身です。

自分でその人生に納得できていないのであれば、自分から行動していくしかないのです。

自分で、考え努力する事ができた人にのみ、素晴らしい人生はやってきます。

8. 人間関係を大切にする

当たり前の事ですが、人は一人では生きていけません。

例え、どんなに他人との接触を拒んだ所で、たった一人では生活するのは不可能です。

自分では一人で生活する事ができていると思っていても、食材は勿論、衣服や住いなど、様々な物が人の手によって作りだされています。

そのため、全く一人で生きていく事は不可能なのです。

必ず人と関わって生きていかなければならないのであれば、是非他人との関りを大事にしていってください。

人間関係は、時としてその人の人生を変えてしまう程、面倒なものです。

そのため、避けている方も多いかもしれません。

しかし、人間関係を円滑に進める事ができれば、あなたの人生はそれだけ豊かな物になっていくでしょう。

ついつい面倒に感じてしまう人間関係も、一つ一つ丁寧に構築していく事で自分にとって大事な人との関係のみを大事にする事ができるようになります。

何も出会った全ての人たちと親しくなる必要はないのです。

まずは、自分の周りにいる方や自分自身が大事にしたいと思う人との関係だけを大事にして行けば良いのです。

9. 常に自分磨きをする

自分に自信のある人は、周りから見ても充実しており、人生を楽しんでいる様に見えます。

ですから、自分に自信を持つ事はとても素晴らしいのです。

自分に自信を持つ事ができる人は、それだけ努力をしている人でもあります。

努力をしているからこそ、にじみ出る自信があるのです。

努力もせずに自信だけ持っている人は、単なる勘違いです。

本人はそれに気が付いていなかったとしても、そういう場合は大概周りの人が気が付いています。

自分に自信満々の人をみて失笑しているかもしれません。

そうならない為にも、努力をする姿勢はとても重要です。

女性の場合は、美しくなる為に努力をする事自体が、意識を変え美に繋がる場合もあります。

産まれながらにして美を手に入れている人も中にはいますが、多くの方は日々の努力によってそれを手に入れているのです。

楽していい思いをする事などありえないのです。

10. 人のためになることをする

人のためになることをモットーにする人
自分の人生は、自分が作るものです。

ですが、全てを一人で作る事はできません。

必ず誰かの助けが合ってこそ、素晴らしい人生を過ごせます。

その為、素晴らしい人生を過ごす為にも、周りの方との人間関係を大事にして行く必要があるでしょう。

そのためには、まず人に親切にしていきましょう。

人から親切にされて嫌な気持ちになる人は殆どいないでしょう。

優しくされた事で、今度は相手に優しくしてあげようと考える様になるかもしれません。

そのため、人に優しくする事は結局は自分自身の為に行う行為とも言えるのです。

人に優しくする為には、押し付けにならないよう、相手の気持ちを考え行動する必要があります。

そのため、相手の気持ちを考えようと努力する様になります。

その行為は、今後新たな人間関係を築いていく際にも大変重要なポイントとなるでしょう。

自分の人生を大事にしたいと考えるのであれば、まずは他人を大事にする事を学びましょう。

11. 人の迷惑になることは絶対にしない

幼い頃、先生や両親に『人が嫌がる事をしては行けない』と教えられてきた人は多いのではないでしょうか。

自分はさほど気にしていないようなでき事であったとしても、時として相手は物凄く傷ついている場合があります。

自分に悪気は無かったとしても、相手にとって不快な思いをさせてしまったのであれば、それは謝らなければなりません。

相手にとって不快な行動をとらない様にする為には、相手がどんな事をされたら嫌だと感じるのかをしっかりと学んでおかなければなりません。

それは、相手の事を深く考え理解する事に繋がります。

相手の気持ちを考える事ができる様になれば、円滑な人間関係を作ることにも繋がるでしょう。

相手にとって不快な思いをさせてしまった事に気が付かず、その行為を繰り返していると、いつか必ずそれは自分に返ってきます。

その時に後悔しても、それはもう遅いのです。

自分自身にかえってこない様にする為にも、自分の行動をしっかりと振り返り、他人に迷惑をかけないように生きていきましょう。

12. 自分と人を比べない

『隣の芝生は青い』という言葉がある程、人間はどうしても他人と自分とを比べてしまう生き物です。

はたからみれば、どちらも変わらないどんぐりの背比べのような関係であったとしても、本人はその小さな差を気にします。

相手にライバル心を燃やす事もあるでしょう。

自分の人生は自分の物です。

他人と比べる必要は全くありません。

例え他人からつまらない人生だと言われてしまったとしても、本人が納得しているのであれば全く問題ないのです。

他人と比べ、自分自身の人生を卑下する事はとても無駄な行為です。

自分が選んだ人生なのであれば、自信を持って生きていきましょう。

そのためには、自分の人生のモットーをしっかりと持つ必要があります。

それができるかどうかで、自信が持てるかどうかが大きく変わってきます。

13. 継続は力なり

人は、何か他人に誇る事ができる物を持っている時、自分自身を誇りに思うことができます。

そのためにはまず、何か継続して続けてみてはいかがでしょうか。

続けるものは何だって構いません。

自分の中で、何かやってみたい事でも仕事や育児・家事の中で見つけたルーティンでも構いません。

何か一つ自分の中で継続し、他人に誇れる物ができればそれだけでも大きな自信が持てます。

自信がある人は、それだけ美しく魅力的に見えるものです。

自分の人生を豊かにする事ができるのは自分次第です。

他人の意見は気にせず、自分の気持ちを大事にしていきましょう。

そもそもモットーって?

そもそもモットーって何か説明している
『モットー』という言葉は、今では当たり前にいろいろな場面で利用されています。

しかし、いざ意味をしっかりと理解しているかと聞かれれば、しどろもどろになってしまう方も少なくないでしょう。

この様に、日本語の中にはニュアンスで使われているけれど、実際には意味があまり分かっていないような言葉も多く存在しています。

ご自身が普段何気なく利用しているような言葉でも、実は使い方が間違っている事だって考えられるのです。

日本語は歴史が深く、奥深いものです。

もし、自分が普段から使っている言葉の意味や使用方法が気になった方は、是非一度調べてみてはいかがでしょうか。

意外と知られていない語源や意味などを学ぶきっかけになるかもしれません。

モットーは、実は英語です。

そのため、正式に書くと「motto」となります。

この事さえ、知っている人は実はかなり少ないのではないでしょうか。

文章を書く際に、知らず知らずのうちに間違った書き方をしてしまっている場合もあります。

知っている人からみれば、それは恥ずかしいかもしれません。

是非多くの事を学び、恥ずかしくない日々を送ってみてください。

元々は英語です

普段から、日常的に利用されている『モットー』という言葉は、元々は英語です。

英語で書くと、mottoと表記されます。

この読み方がそのまま日本語に定着した為に『もっとー』と使われる様になりました。

モットーを和訳してみると、標語となります。

これはつまり、基本となる考え方等を簡潔に表した言葉と言えるでしょう。

自分の座右の名などを語る際に、『座右に名は~』と語るよりも『モットーとしていることは~』と話し出した方が優しい印象になります。

この様に英語がそのまま日本語の中に溶け込んでいるものを利用する事で、より軽く優しい表現にできるのです。

普段何気なく利用している言葉でも、意味をしっかりと理解して使う事で、より的確な表現として利用できるでしょう。

今まで曖昧な使い方だった方は、これを機に、日本語としてしっかりと活用してみてはいかがでしょうか。

英語の辞書を見てみると

もはや、日本語として定着しつつあるモットーですが、これは本来英語です。

その英語の読み方がそのまま日本語に根付いているのです。

英語で書くと、mottoと書きます。

この言葉を、英語の辞書で調べて見ると

「行動の目標・指針として心がけているもの・またその言葉」と言うように出てきます。

つまりは、日本語でいう所の標語のような意味合いの言葉です。

自分の人生では、どんな事を理念としてやっているのか。

自分の志している物は何なのか。

そんな事を表現する際に使えば、この言葉の本当の意味を伝える事ができるでしょう。

自分の思いを英語にして伝えようと思う時。

英語が苦手な方は、『標語』という言葉が出てきた段階でどうしたら良いのか分からなくなってしまうかもしれません。

しかし、実はその言葉は、私たちが普段から当たり前の様に利用している言葉の一つなのです。

この様に、日本語の中には多くの英語が紛れ込んでいます。

苦手意思にのある方は、『英語』と聞くだけですぐに耳を塞いでしまいます。

しかし、視野を大きくしていけば、もっと気軽に英語を話せるかもしれません。

「スローガン」とはどう違うの?

私たちの周りには、ニュアンスで利用されているような言葉が多く存在します。

なんとなくの意味は分かるけれど、具体的に聞かれると上手く説明ができない。

そんな言葉も数多く存在しています。

例えば、自分の考えを表す時に利用される言葉の中に、モットーやスローガンという言葉があります。

どちらも当たり前の様に私たちの生活の中で利用されている言葉です。

では、この言葉の意味をしっかりと理解している人はどれほどいるでしょうか?

同じような意味として使われるこれらの言葉ですが、それぞれニュアンスの違いがあります。

簡単に表現すると、英語では「slogan」と表記される『スローガン』

この言葉は、戦略的な意味に使われる場合が多いと言われています。

広告などの宣伝の際に使われる言葉としてのイメージが強く、それをもとに利益を得たり多くの人の心に届ける為に使われています。

反対に、英語で表記するとmottoと書かれる『モットー』は、もっと個人的な考えからです。

自分自身の考えを表現する際に利用される場合が多く、『私が理念としている物は~』などと言うように、気持ちを表現する際に利用されています。

この様に、大まかな意味合いは同じ二つの言葉ですが、掘り下げて行くとその内容は微妙に違いがあります。

これらの違いを知っているかどうかで、その人の言葉の重みもまた大きく変わっていく事でしょう。

日本語は奥が深く、他の言語と比べてもとても複雑です。

そんな言葉を使う日本と言う国に住んでいるからこそ、言葉の面白さを感じてみてはいかがでしょうか。

「座右の銘」とどう違うの?

座右の名と言うと、どうしても硬い印象になりがちです。

その為、最近では『モットー』という言葉を利用して、その考えを伝える機会が増えています。

モットーとは、元々英語の言葉です。

mottoと表記される言葉で和訳にすると『標語』というような意味になります。

そのため、座右の名の変わりの言葉として利用するには適当な言葉と言えるでしょう。

しかし、中には違う解釈を持っている人もいます。

座右の名は個人の考え方であり、モット―は集団の考え方だという主張です。

この解釈の仕方は諸説あり、どれが正しくてどれが間違っていると言う正式な回答はありません。

そのため、利用する方によって使い方が間違っている様に感じる事があるかもしれません。

言葉は生き物です。

昔は正しいとされていた言葉が、数十年経つと違った意味として利用されている場合があります。

そのため、一度覚えたからと言って学ぶ姿勢を忘れては行けません。

常に前向きな気持ちで、多くの事に向き合う事によって時代に順応した日々をおくる事ができるでしょう。

言葉を学ぶ事に終わりはありません。

自分の言葉の使い方は合っているのかどうか。

常に考え、行動する事で、様々な知識を身に付ける事ができるでしょう。

モットーを持つと人生がより豊かに

モット―とは、自分の考えや指針となるものです。

そのため、それを通して様々な目標を立てる事ができるでしょう。

ただ何となく生きているより、目標に向かって頑張っている人の方が有意義な時間を過ごす事ができます。

例え、その目標が叶わなかったとしても、その目標に向かって努力する事自体が大切なのです。

そのためには、まずモット―を持たなければなりません。

自分の人生は自分のものです。

どんな考えを持ち、どんな人生を選びたいかはあなたの自由です。

自分の人生に自信が持てないと言う人は、それだけモット―が足りていないのかもしれません。

時には、じっくりと時間を取って自分の人生について考える事も必要です。

なかなか自分では良いアイディアが浮かばないと言う人は、本を読んだり、テレビなどのメディアを活用してみてはいかがでしょうか。

多くの考えの中から、自分にあった物を探しそれを真似てみるのです。

初めは単なる真似でしかないかもしれません。

しかし、それを続けていくことができれば、その考えはいつしかあなたの考えになるのです。

まずは、行動してみる事が重要です。

モットーを持って生きている人は約5割?!

小さな頃、多くの人が『夢』を持ちそれに向かって努力していました。

しかし、大人になるに連れて、その考えは薄れていってしまいます。

現実をみて、生活していると言えば確かにその通りです。

しかし、だからと言って自分の考えや希望を全て捨てる必要はありません。

自分の考えを表現する言葉の一つに『モット―』という言葉があります。

この言葉は、元々英語であり、和訳にすると標語などの意味があります。

座右の名や考え方を表す際に使用される事が多く、これを使って自分の考えを伝えるのです。

最近では、このモットーを持って生きている人は、全体の約5割しかいないと言われています。

つまり、半数の人が自分の考えを持たずただ何となく生きているという事です。

それはとても悲しく、残念なことです。

自分の人生を決めるのは自分次第です。

その自分の人生において、最も大切な考えであるモットーを持たずに生活しているという事は、それだけ適当に日々を過ごしてしまっているのです。

人生は、一度しかありません。

後から後悔した所で、今に日々は2度と戻ってこないのです。

そのため、当たり前に過ぎている時間をもっと大事にして生きていかなければならないのです。

早速モットーを決めて生きよう!

自分の人生を良いものにするのも、悪いものにするのもあなた次第です。

後悔のない人生をおくる為には、それだけ自分の人生についてしっかりと考えを持つ事が重要です。

自分の人生の考え方を示した言葉に『モットー』というものがあります。

この考えをしっかり持っているかどうかで、その語の人生は大きく変わっていきます。

もし、同じような人生を過ごしていたとしても、モットーを持って生活している人と、ただ何となく日々を過ごしている人とでは充実感が全く違います。

日々の生活に張り合いが出て、より向上心を持って生活ができるでしょう。

今はまだ、モットーがない方も焦る必要はありません。

今すぐ、自分の中の考えを言葉にすればいいだけなのです。

自分の中のモット―は人に伝える必要はありません。

その為、どんなくだらない内容だって、バカな夢と思われるような内容であったって、問題ないのです。

自分の人生です。

後悔をしない為にも、しっかりと考えて行動してください。