人には好みというものがあります。

だからこそ、多くの人が一人の人の事を好きになるわけではありません。

みんな惹かれるポイントが違う殻こそ、いろいろなカップルが誕生するのでしょう。

ですが、その中でもできるだけ関わらない方がいいといわれている職業の人が居ます。

それがバーテンダーです。

バーテンダーの人は、女性にもてる傾向にあります。

ですが、その人と付き合って幸せになる事が出来るかと聞かれると難しい部分もあるのです。

モテるからこそ、それだけ魅力的な男性である事は間違いないものの、それによって人からの印象も大きく変わる事になる事でしょう。

自分の好きになた人がバーテンダーだった場合と、あえてバーテンダーを選んで好きになるのとでは全く意味合いが変わってきます。

あえてバーテンダーを選ぶ人はなぜバーテンダーが良いのかを考えてみる事も必要です。

今回は、そんなモテるけれど少々難ありな可能性の高いバーテンダーについてご紹介させていただきます。

今までバーテンダーとばかり付き合ってきた人はもちろん、これからバーテンダーと付き合う可能性がある方も、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

バーテンダーは本当にモテる?

『バーテンダー』と聞くだけでどこかかっこいい人をイメージしてしまうのは、TVの影響が強いのかもしれません。

俳優の向井修さんなどが過去に行っていた事でもしられており、ついついそんな人をイメージしてしまう人も居る事でしょう。

勿論、バーテンダーだからと言ってすべての人がカッコいいわけではありません。

年齢も若い人から年配の人までいるように、見た目も人によってさまざまです。

だからこそ、バーテンダーと聞くだけですぐにカッコいいというイメージを持ってしまう事はどこか間違っているでしょう。

ですが、人間の印象など所詮イメージです。

実際にはそれほどカッコよくない人に対しても、バーテンダーという職業を聞くだけで、実際のイメージよりもずっとかっこよく感じてしまう事もあるでしょう。

だからこそ、バーテンダーの人は他の職業よりもモテる傾向にあります。

付き合っちゃいけない3B

職業によってよりモテるものは沢山あります。

制服が好きな人は、警察官や消防士などに魅力を感じる事でしょう。

スーツが好きな人にとっては、サラリーマンが一番最高だと感じる事もあります。

そんな中で、付き合ってはいけないと言われている3Bと言われる職種があります。

本来、どんな仕事であれ犯罪以外は意味のある仕事です。

職業によって考え方を変えるなどあってはならない事でしょう。

ですが、3Bと呼ばれるものが嫌がられる理由はその職業がダメというよりも『お金にならない』『女癖が悪い』など、あえてモテてしまうからこその問題も多く含まれています。

小説家など、夢を追う職業はその他にも沢山あります。

けれど、その職業が女性にモテるかと聞かれると難しい所です。

けれど、3Bの場合はそれがモテにつながるのです。

だからこそ、そんな男の人にはまってしまう女性たちが多発します。

自分が好きな男性にはまるのであればそれも良いかもしれません。

例え苦労したとしても、それも人生経験でしょう。

けれど、一度はまるとその魅力から抜け出せない方も大勢います。

かっこよく素敵だからこそたちが悪いのです。

3Bと出会うときは心してかからないと気が付いた時にはその魅力にはまってしまっているかもしれません。

1.バーテンダー

3Bの『B』はどれぞれの頭文字をとった言葉です。

まず一つ目は『バーテンダー』です。

今回ご紹させて頂くメインの職種です。

バーテンダーとはバーなどでカクテルなどお酒を作ってくれるホスト役の人を指します。

ホスト役だからこそ、優しくしてくれるのは当然ですがバーという場所だからこそより優しさを感じる事が出来る場面に遭遇する事もあるでしょう。

普段なかなか他人に弱いところを見せる事が出来ない人も、つい心を開いて会話をしてしまうなんて事もあるかもしれません。

そんな弱った心にやさしい言葉をかけてもらうと、ついつい好きになってしまう事もあるでしょう。

普段はなんて事ないコメントにもつい心に刺さるなんて事もあります。

単純な事ですが、恋する瞬間など案外単純な事なのでしょう。

問題なのは、それが特別な事ではなくあくまでも仕事だからという事。

お客さんに向けて優しくする事は当然です。

まして、バーという特別な場所だからこそ、それに合わせた行動をとる事は当たり前の事です。

だからこそ、自分にだけ優しくしてくれたと思っても結局それは誰にでもしている事であり、営業の一環なんて事もあります。

一度はまってしまい、お店に通うようになったとしてもそれが相手にとってはあくまでも接客の一環なのであれば、そこから進展する事は殆どありません。

悲しい恋になってしまうでしょう。

2.バンドマン


両親に彼氏を紹介する際、バンドマンだというとまず間違いなく反対される事でしょう。

それだけ3Bの一つ。

バンドマンは評判が良くありません。

その大きな原因の一つが、お金にならないと言うポイントです。

お金が人生のすべてではありません。

けれど、お金が無ければ生活する事は出来ないでしょう。

そうなってしまうと、バンドマンを支える為に女性がお金を払う事になってしまう場合もあります。

いわゆるヒモになってしまう場合が多々あります。

バンドマンがその仕事で本当に生活する事が出来るほどお金を稼ぐ事が出来るのは、極々一握りです。

殆どの人が出来ないと言っても過言ではありません。

だからこそ、バンドマンは夢追い人ともよばれており、自分の夢を追いかける分お金にはならないのです。

お金にはならないけれど、ステージに立つ姿はいつもの姿以上にかっこよく見える事でしょう。

自分の為にステージを開催してくれるなどといわれれば、その気持ちはさらに大きくなるはずです。

だからこそ、そんな夢追い人にはまりお金を出してしまう女性が後を絶ちません。

一緒に夢を見る事も、一つの幸せの形です。

例え金銭的な負担を感じる事になってしまったとしても、それ以上に幸せを感じる事が出来るのであれば全く問題ありません。

周りの人経ちから理解されなかったとしても、自分たちが良ければそれでいいと言い切れるだけの強さがあるかどうかでバンドマンとの恋は幸せかどうかが決まるでしょう。

3.美容師

3Bの最後は美容師です。

美容師は、きちんとした職業ですし全く問題ないようにも感じます。

確かに仕事自体は全く問題ないでしょう。

収入自体は若いころは少々少ない事もあるかもしれませんが、きちんと仕事を続ける事によって問題なく生活していく事が出来るようになります。

しかし、問題なのは金銭的な問題ではありません。

美容師の一番大きな問題は、女性関係です。

昼間のホストと呼ばれるほど、美容師は女性に対して優しく接する傾向にあります。

もちろんそれは、接客の一種です。

恋を売るホストとは違うものの、女性たちが嬉しくなるように行動する事に変わりはありません。

だからこそ、その行為を勘違いしてしまう女性たちも出てしまうのです。

相手からすれば、仕事の一環として行っている行為もそれを勘違いして暴走してしまうと不毛な恋のスタートとなります。

自分の気持ちに正直に過ごす事は必要な事ではあるものの相手からの行為にどういった気持ちが込められているのかをきちんと見極める事も大切です。

男性経験が少ない場合、少し優しくされたりするだけで途端に気持ちが盛り上がってしまう事もあります。

あっと言う間に好きになってしまう事もあるでしょう。

けれど、それは相手にとっては接客の一環であり、多くの人にする行為の一つに過ぎない場合もたたあります。

それだけ普段から女性客の心をつかむための接客をしている人とでは感覚が違うのです。

その感覚の違いをしっかりと自分の気持ちの中にとどめておく事が何よりも重要です。

バーテンダーの仕事内容

それではここからは『バーテンダー』の仕事についてご紹介させていただきます。

バーテンダーはそれほど珍しい仕事ではありません。

その為なんとなくイメージをする事はできるでしょう。

けれど、実際その内容をしっかりと把握しているかと聞かれると不透明な部分もある事でしょう。

普段バーなどでお酒を飲む機会が無い人の場合には、まさに未知の世界となるはずです。

知っているようで知らない。

バーテンダーの仕事について詳しくご紹介させていただきます。

お客さんに美味しいお酒を提供する


バーテンダーの仕事の基本は、おいしいお酒を作る事にあります。

お酒を提供する事が最大の仕事であり、その内容は居酒屋などとは少し違っています。

居酒屋で出されるようなメニューを提供する事もあるものの、カクテルなど一つのお酒単体では無くいろいろなものを組み合わせて一つのメニューを作りだす事が基本となっています。

だからこそ、より技術が必要とされるものなのです。

また、バーではそれほど本格的な食事を出さないところが殆どです。

おつまみ程度であり、それもから揚げなどのようなものでは無く、ナッツやチーズなど本当の軽食がメインです。

だからこそ、バーはお酒をワイワイ楽しむ場所ではなくゆったりと会話をたのしみつつお酒の味を堪能する事なのです。

だからこそ、おいしいお酒を作る事が出来るかどうかは大変重要なポイントです。

バーテンダーにとって、おいしいお酒を作る事は基本中の基本であり最大の仕事内容と言っても過言ではないでしょう。

お客さんとコミュニケーションをとる

バーテンダーの仕事として、お酒を作る以外にも重要なポイントがあります。

それは、お客様が理ラックスして食事を楽しむ事が出来る空間を提供する事です。

だからこそ、お客様とコミュニケーションをしっかりと取る事は重要なポイントです。

どんなにおいしいお酒を作る事が出来たとしても、それを楽しむ空間が用意されていなければ意味がないのです。

バーとは、お酒を楽しむ場所である事が大切でありその為にはマスターの気遣いや心配りがとても重要です。

ワイワイと楽しむ場所では無いからこそ、その空気を作りだす事はとても難しい事であり、バーテンダーの力量が試される部分です。

居やすいバーのバーテンダーさんの多くは、聞き上手です。

静かな空間でお酒を楽しむ場所のバーの中で、ホスト役であるバーテンダーがべらべらしゃべる事はいい事ではないでしょう。

空気を台無しにしてしまう恐れもあります。

だからこそ、聞き役に徹する事によってお酒を楽しみつつ心を癒す事の出来る空間にする事が出来るのです。

大人になればなるほど、自分の心の中の出来事や思いなどを素直に話す事が出来なくなってしまいます。

バーでは、お酒の力も借りつつそんな時間を堪能する事が出来るのです。

自分の心を解放する事が出来る場所に出会う事が出来る事はとても幸せな事です。

そんな観点からも、バーテンダーにとってお客さんとのコミュニケーションはお酒を作る事と同じように重要なポイントです。

バーテンダーがモテる12個の理由

バーテンダーは基本的にモテます。

それはお客様をもてなすプロだからという理由が大きく関係している事でしょう。

すべての人により良い時間を感じてほしいと願えば願うほど、多くの人から好感を集めるものです。

結果的にその気持ちが恋愛感情に変わる事もあります。

しかし、バーテンダーの魅力はそれだけではありません。

多くの魅力を知る事によって見えてくる事も多々ある事でしょう。

1.話しがうまい

バーテンダーの方がモテる要素はいろいろあります。

その中の一つが、話がうまい事です。

話をする事がうまい人は、多くの人から人気となる事でしょう。

一緒に居て会話が楽しい人は、異性だけではなく、同性だって楽しいはずですから。

だからこそ、私たちはバーテンダーの話に魅力を感じているのでしょう。

とはいえ、バーテンダーの人が話をする事は仕事の一環です。

おいしいお酒を造る事も大切ですがお客様をホストとして楽しませる事も何よりも重要な事なのです。

だからこそ、人気があるお店のバーテンダーになればなるほど話がうまい人が多くいます。

2.聞き上手

バーテンダーにとって、お客様とコミュニケーションをとる事はとても大切な事です。

そうする事によって、お酒をより楽しむための環境を整える事が出来るでしょう。

ただお酒を飲むだけでは無い、そういった環境を作る事が出来るかどうかによってそのお店が繁盛するかどうかが変わってくるのです。

だからこそ、バーテンダーの多くは、知らず知らずのうちにコミュニケーション能力を身に着ける事となっています。

コミュニケーション能力というと、ついつい話し上手な人をイメージする事でしょう。

ですが実際はそではありません。

もちろん、話し上手な人もコミュニケーション能力があるといえるでしょう。

しかしながら、聞き上手な人もまたコミュニケーション能力が高いといえるのです。

バーテンダーは、友達などとは違います。

友達であれば、どんな会話をしても問題はありません。

自分が好き勝手に話してしまう事だって可能でしょう。

ですが、それがお客様相手であればそれは大問題です。

お客様をもてなす側の立場の人が好き勝手に話続ければ多くの人が嫌な気持ちになる事は目に見えています。

だからこそ、そうならないようにする為にも聞く力を持っている事はとても重要です。

また、聞き上手な人に対して自分の話を聞いてもらう事は何よりのストレス発散になる事でしょう。

だからこそ、ついついお店に足を運んでしまうという事もあるはずです。

そんな観点からも聞き上手な人は魅力的な人が多いといえるでしょう。

3.笑顔が素敵

接客業は、人当たりがいい事が大切です。

だからこそ、バーテンダーの人も相手がどのような印象を持つかという部分をとても気にしています。

笑顔が素敵なのも接客業ならではの職業病ともいえるかもしれません。

通常、多くのお店で接客をする際いい笑顔になる事は当たり前です。

よほどの変わり者でもない限り、笑顔のない接客をする人などいないでしょう。

ではなぜバーテンダーだけ特別に思えるのでしょうか。

それはバーというどこか世間から隔離された場所だからなのかもしれません。

世間のしがらみから離れ、一人静かにお酒を飲む。

そんな印象がバーにはあります。

だからこそ、日々の暮らしに疲れた人や、一人ゆっくりとした時間を楽しみたいときに訪れるのがバーなのです。

その為、そんな空間に居るバーテンダーの笑顔にはほかのお店とはまた違った効果があるのでしょう。

4.ユニフォームがオシャレ

ユニフォームは会社によって違います。

職種によってその個性は異なります。

制服が好きな女性の場合には『制服』というだけで男性に対する魅力がアップする事もあります。

それはバーテンダーに対しても同じ事なのかもしれません。

バーテンダーの人の制服は、タキシードのような服装が基本です。

通常よく見るすたるとは違うという事もあり、それだけで大人の魅力を感じる事もあるでしょう。

更にそこに聞き上手などのコミュニケーション能力がプラスされれば、まさに無敵な存在となる事が出来るのです。

自分が普段接する事のない姿の男性を見る事によって、いつも以上に魅力を感じるという事もあるでしょう。

お店の外では何も感じないのにも関わらず外で会う事によってより強い魅力を感じるののはそのせいなのかもしれません。

5.気配りができるできる

自分が求めている事を相手がしてくれれば、嬉しいと感じるものです。

それは男女関係なく感じる事でしょう。

女性の魅力の一つに気配りが出来る人というのが良くあげられますが、それは男性にとっても同じ事です。

気配りが出来る人は誰が見ても魅力的な人に見える事でしょう。

気配りが出来る人が一人いてくれるだけでその場の空気が明るくなります。

みんなが気持ちよく行動する事が出来るようになる事でしょう。

ましてそれがホスト役であるバーテンダーの場合、実に気持ち良くお酒や会話を楽しむ事が出来るでしょう。

日々忙しく生活している人にとって、かゆいところにてが届く存在のかれらはきっと大切な存在になる事でしょう。

だからこそ、その気持ちを恋を混同させてしまいモテるようになるのかもしれません。

6.お酒が強くて好き

バーテンダーという職種を選ぶくらいです。

大抵の人の場合お酒が好きな人が多いです。

また、お客さんの付き合いでお酒を進められる事も少なくないでしょう。

そんな時も楽しくお酒を飲む事が出来る事がバーテンダーの基本です。

だからこそ、お酒が好きでなおかつ好きな人が多いといわれています。

お酒が好きな人にとっては、一緒にお酒を楽しむ事が出来る存在の人は貴重な人でありそれだけで一緒に居る事が楽しいと感じる事が出来るでしょう。

一人で飲むお酒ももちろんおいしい事には変わりはないものの、一緒に飲んでくれる人が居たほうがより楽しさを感じる事が出来るでしょう。

また、女性の中には男性には自分よりお酒が強くあって欲しいという願いを持っている場合もあります。

しかし、最近では男性よりも強い女性が沢山います。

精神的にも男性よりもタフな女性が多いという事もあり、なかなか満足する男性に出会う事が出来ないなんて事もあるかもしれません。

そんな女性たちからしても、お酒が強く聞き上手なバーテンダーは最高の相手です。

7.交友関係が広い

多くの人とつながる事が出来るのがバーテンダーの魅力です。

普通の職業であれば、自分と同じような職業の人としかかかわる事が無いでしょう。

しかし、バーテンダーの場合には迎える側なのでどんな人が来るかはわかりません。

だからこそ、多くの人と自然と仲良くなる事が出来るようになるのです。

また、バーでは普段偉そうにしているひとでさえついつい饒舌になってしまう事もあります。

自分の話を本音で話す事になるのです。

だからこそ、通常であう人たちよりもより親密になる傾向があります。

多くを語らないバーテンダー相手だからこそ、いえる事も沢山あるのです。

その為、バーテンダーの人は、その年齢に関係なく広い交友関係を持っている人が多々います。

その交友関係は、その人をより魅力的な男性として作り上げるだけの糧となっている事でしょう。

他人と触れ合う事によって、自分が実際に体験したことでは無かったとしてもそれを疑似体験として手に入れる事が出来るようになるのです。

その事をしっかりと頭の中に入れておいてください。

8.知識人

これは交友関係が広い事とつながっている部分がありまし。

多くの人は、自分の興味のある話にしか参加しません。

そのせいで、交友関係も限定的なものになってしまう事でしょう。

例え上司などと付き合う際も、そこに気持ちがなければ内容など全く覚えていないはずです。

けれど、バーテンダーの場合は職業です。

職業であるからこそ、まじめにお客様の話を聞く事に集中出来るはずなのです。

自分が人生の中で経験する事が出来る内容などたかがしれています。

けれど、人の話を沢山聞きその人が体験したことを自分の事のように考える事が出来たらどうでしょうか。

それだけでもより多くの知識を自分のものとして感じる事が出来るようになるはずです。

知識が多い人と、学力がある人とは少し違いがあります。

いくら勉強が出来たとしても、人間としての魅力が無ければその人の事を素敵だと感じる人は少ないでしょう。

例え、全く学歴がなかったとしても多くの事を知り、考える事が出来る人は素晴らしく魅力的な人のはずです。

9.探究心が深い

バーテンダーとして、お客様に楽しんでもらう為にはコミュニケーション能力が必要です。

その能力を発揮する為には、会話力が重要となります。

いくら聞き上手だと言っても、自分自身に知識が無いとそれを発揮する事はできません。

結局上っ面な会話になってしまうでしょう。

そうならないようにする為には、いろいろな事を自ら勉強していく必要があります。

子どもの頃の勉強は、周りから決められて行うものでした。

その為、興味が無い時には全く身につかずもったいない事をしてしまったと後から後悔する事になる場合もあるでしょう。

けれど、大人になってからする勉強は自分にとって必要なものばかりです。

だからこそ、探究心が深くよりきちんと学びたいと強く願う事になるはずです。

その学ぶ姿勢によって得た知識は、周りの人との会話により厚みを出す事になります。

一緒に話していても楽しいと感じる時間となる事でしょう。

是非参考にしてみてください。

10.夜型で活動的

バーテンダーの人は基本的に夜型です。

お店の営業が夜なのでそれは仕方がないところでしょう。

夜型の人は、会社終わりでもいつでもデートに出かける事が出来るようになります。

健康的には少々心配もあるものの、交際を考えるのであればバーテンダーの夜型生活は意外とメリットが高いといえるでしょう。

11.人の気持ちがわかる

バーテンダーの人は、多くの人の話を聞いています。

その中には、さまざまな人生があるのでしょう。

そんな話を毎日聞いていると、人の気持ちをより敏感に感じる事が出来るようになります。

聞き上手な人であればあるほど、その傾向は強くなる事でしょう。

人の気持ちを考える事が出来る人は、優しい人間です。

疲れた心を優しく癒してくれる事でしょう。

自分の気持ちを素直に相手に伝える事が出来ない人も、心を感じてくれるようなひとであれば優しさを感じながら過ごす事が出来るのではないでしょうか。

これはバーテンダーだから誰でも出来るようになるものではありません。

あくまでもバーテンダーの人がなりやすいというだけの事です。

その人の人となりが知りたいのであればゆっくりと時間をかけて接してみてはいかがでしょうか。

そうしていくうちに本当の姿が見えるようになるはずです。

12.相手を立てることができる

バーテンダーは、仕事でいつもお客様をもてなす作業をしています。

その為、相手の事を考え行動する事が癖になっているのです。

だからこそ、プライベートの時にも相手を立てる事が出来るようになります。

わざわざ自分を立ててくれなくてもいいと感じる人も、実際立てて貰えば嬉しいと感じるはずです。

立てる事は、相手を威張らせるために行うものではありません。

気持ちを尊重し考えるという事です。

だからこそ、立ててもらっている人は、知らず知らずのうちに気持ちのいい過ごしやすい環境を提供していただいているのです。

だからこそ、そんなバーテンダーの人がモテないわけがないのです。

モテるバーテンダーの意外な一面!

ここまでバーテンダーの人のモテるポイントを詳しくご紹介せさせ頂きました。

見た目もおしゃれで聞き上手なんてまさに理想の相手と言えるでしょう。

けれど、どんな人でも意外な一面は持ち合わせているもの。

その意外な一面を見る事によって、またバーテンダーに関する考え方も変わってくるかもしれません。

バーテンダーだからい言ってなんでもいいわけではありません。

いい人も居れば、ダメな人も居ます。

だからこそ、職業だけではまとめる事が出来ない場合も多々あるのです。

そんな時に冷静に自分の相手を分析する事も後から後悔しない為には必要なポイントだったのかもしれません。

バーテンダーはお客さんの不祥事にも対応する

バーはお酒が基本の場所です。

お酒があれば、トラブルも起きる事でしょう。

まして、お酒が入っているからこそ、その言葉が強くなり口論になる場合もあります。

口論だけで済めばいいですが、中には手が出てしまう事もあるかもしれません。

暴力はいかなる場合も犯罪です。

お店の中でそんなトラブルが起きてしまえば、他のお客様のご迷惑となります。

だからこそ、そうならないようにする為にもバーテンダーはそれらの補助的な部分をしっかりと行い、女性やその他の男性に向けて楽しいのケアに全力を持つ事が大切です。

そんな姿もまたかっこよく見えるポイントなのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

バーテンダーの人の魅力を感じる事が出来たのではないでしょうか。

ただ何となく、漠然としたイメージでバーテンダーがカッコいいと思っている人も実際に詳しく理由を考えていく中でその理由をしり、納得したのではないでしょうか。

バーテンダーであれば誰でもカッコいいかと聞かれればそんなことはありません。

人には好みもありますし、ベテランのバーテンダーと今日からバーテンダーになった人とでは人生の経験値もまるで違うからです。

だからこそ、その違いを自分でしっかりと見極める事が大切です。

恋には時に見た目だけで突っ走ってしまうような衝動に駆られる事もあるでしょう。

実際にどんなバーテンダーなのかも分からずに少し優しくされただけで好きになる事も珍しい事ではありませ。

ですが、そう思っている女性は必ずほかにもいる事をお忘れなく。

ただ見つめるだけの恋であれば問題はないものの、そこから付き合いたいなどと思うと大変な事が待っている場合もあります。

バーテンダーは大変カッコいいい職業です。

しかし、その職業にだまされることなく自分が魅力を感じる事が出来る部分をそれだけ持っているかに注目しつつ恋をたのしんでみてはいかがでしょうか。