CoCoSiA(ココシア)

皮肉とは?具体例を挙げて詳しく解説!


皮肉屋というと、漫画の登場人物に出てきそうなタイプですね。

相手の事を馬鹿にしているように言うので、皮肉屋は嫌われる事が多いです。

ただし皮肉は相手の悪口をモロにいうので、かなりグサッときます。

もしかしたら素直に言っているだけのつもりなので微妙なラインですけどね。

皮肉とは何か?

もしかしたらあなた自身が皮肉屋か、その反対に皮肉を言われている方なのかもしれません。

皮肉を言う人の特徴や皮肉屋の対処方法などについて詳しく解説していきましょう。

「皮肉」ってどんな時に使うの?

皮肉とは相手を非難する時に使用する時に使うものです。

嫌な言い方をすればいちゃもんをつけるようなものですね。

ただし嫌がらせや悪口とは異なり、状況によっては正当なものにもなります。

皮肉は相手の嫌な所を突くと言うよりも、的を得た発言が多いので賛同する人もいますよ。

嫌味を言う人間に対して、皮肉を言う人がいたらスカッとしませんか?

言っておきますが、嫌味と皮肉は結構違いますからね。

例として私が実際言われた皮肉をご紹介しましょう。

私は字がとても下手です。

過去洋菓子店で務めていた時、ケーキのプレートにチョコペンで誕生日おめでとうの文字を書いていました。

字があまりにも下手くそだったので、他のメンバーから象形文字のようだと言われてしまったのです。

その時に同じスタッフのメンバーから、あなたはこの時代の人間じゃなければよかったのにとボロカス言われた事があります。

褒めているようであからさまにけなしているのが皮肉だと思って下さい。

「皮肉」の意味

皮肉とは相手の欠点や弱点をストレートには言わず、非難する事を指します。

言葉の意味のみを取ると、皮と肉から転じて体の表面を表しており、別の言い方をすると上辺っ面という言い方も出来るのです。

昔は上辺っ面という意味で言われていましたが、現在は皮肉は非難する意味で使われています。

皮肉は言われると腹が立ちますが、鈍い人には嫌味が通じないので微妙な部分です。

言葉をよく聞いていないと裏ってわからないものなんですよ。

そのため言葉の裏を読み取れないお馬鹿さんや、鈍い人には皮肉が通じない事もあります。

「皮肉」と「嫌味」の違い

皮肉と嫌味は同じようなものと思っている人も多いかもしれませんが、大きな違いがあります。

まずは嫌味からみていきましょう。

嫌味の場合は相手は悪気があっていっていえる訳ではないのです。

しかしそれゆえに相手がいやだと思っている事を言っているので、他者から嫌われる傾向があると思って下さい。

嫌味な人の性格は他者の人からよく見られたいという心理を持っていますが、質の悪い事に相手の評判を落とすというやり方をしてきます。

無自覚ではあるものの、単純に人の嫌がる事をしてくるので人から好かれる要素はありません。

皮肉の場合は、他者に対して嫌味な人同様きつい事はいうのですが、ただ単に嫌味ではなく的を得た発言をしているので、他の人から共感を得やすいのです。

要するに言い方がキツイけど、嫌味な人と違って相手に嫌がらせしている訳ではなく、意図的に真意を読み取らせようとしていますね。

皮肉は嫌味と違って悪いものではありません。

「皮肉」の言い方

皮肉には色んな言い方があります。

主に皮肉を言う人間の事を皮肉屋と呼ぶ事を聞いた事はないでしょうか?

皮肉屋というのはそのままの意味で、皮肉を言う人を指します。

あまり使う事はないのですが、皮肉しか言わない人の事を皮肉屋とは言うかもしれませんね。

後は現代風に、皮肉るや皮肉ってんなーとかいう人は結構います。

どちらかと言えばまだ後者の方が多いかもしれません。

皮肉屋とまでいくと若干悪口にちかいものになりますが、皮肉るという程度なら軽いです。

使い方は同じですが、やや差はありますよ。

「皮肉」の類義語

皮肉の類義語として、当てつけや当てこすりなども使われます。

当てつけや当てこすりの意味は、相手に対して皮肉のような避難ではなくモロに悪口を言う事です。