CoCoSiA(ココシア)

人の顔を覚える6個のコツを伝授!今日から仕事で役立つ!


新年度、クラス替えや転校、新入部、新入社などの様々な局面で、新しく出会う人が増えていきます。

その度に新しく出会った人の顔と名前を覚える必要があるのですが、得意な人と苦手な人とではかなりの個人差が出る部分ですよね。

なにか簡単に覚えられるコツなどはないのでしょうか。

顔は覚えているけど名前が出てこない経験

久し振りに道ですれ違って、あっと思って立ち止まり挨拶はするものの、名前が出てこなくて困ってしまう、ということもあるのではないでしょうか。

会話の中で名前を呼ばなくてはならないような状況にならないように気を使いながらひやひやしてしまうこともあるかもしれませんね。

「自分は物覚えが悪くて……」と、人の名前と顔が覚えられないことを悩んでいる人もいらっしゃるかもしれません。

でもこれは、人間の脳の動きから見て当たり前のことなのです。

実は人の名前と顔を一致させて覚えるということは、思っているよりもかなり難しいことです。

初めて出会う人と出会い名前と職業などの自己紹介をしっかり聞いて覚えたつもりなのに、いざ顔を見た時に職業や人柄、口癖、趣味などの情報は思い出せるのに、なぜか肝心の名前が思い出せないというよくある現象。

これには『ベイカーベイカーパラドクス(baker-bakerparadox,、パン屋のベイカーのパラドックス)』という名前がついていて、心理現象のひとつなのです。

顔写真を見せられて、この人はパン屋(ベイカー)さんの人だというところまではすんなり思い出せるのに、名前(ベイカーさん)が思い出せないという状況を揶揄したジョークから、ベイカーベイカーパラドクスと呼ばれているのです。

人の顔を覚えるのが難しい理由

なぜ人の顔というのは覚えにくいのでしょうか。

実はこれには、きちんとした理由があるのです。

人の記憶というのは手当たり次第脳の中に蓄えられているわけではありません。

人間の知識は一定の規則に則って、きちんとネットワーク状に構築されて記録されていきます。

このネットワークの中で、全ての記憶が同じレベルに記録されるわけではなく、順位付けがされます。

たとえば、「人間」という概念は「生物」の下に位置づけられる概念です。

こうしたルール付けがされているネットワークの中において、個人の名前という情報は他の概念と結びつけがされにくいのだそうです。

1.2つの情報の同時記憶

新しく出会った人のことを覚えるためには、実は「顔」という画像情報と、「名前」という文字情報の二種類を同時に記憶し、結びつけておかなければならないのです。

2.もともと名前は覚えにくい

「あ、この人前に会ったことがある人だな」というのはその人の顔を見てわかってはいるのに、なかなかその人の名前が思い出せない。

誰でも一度や二度は経験があるのではないでしょうか。

これは『名前を覚えていない』のではなくて、顔という画像情報と名前という文字情報が自分の頭の中で結びついておらず、出会って顔を見るという画像情報のトリガーがあっても、連動していないので文字情報が出てこないのです。

単なる文字情報である

元々、画像情報に比べて文字情報というのは、記憶がしづらいものです。

単純に文字情報をずらずらと並べられて暗記するというのは大変ですが、歌になっていたり絵になっていたりすると歌詞や本文も文字だけのときより覚えやすくなりますよね。

音や香り、感情など五感に刺激があると記憶というのはより強く残りやすくなります。

漢字を覚えるときにただその文字を見るのではなくて、手で書き取りながら音読してみるのも、手を動かして口で発生し、耳で聞きつつ目で見るということで様々な方向から自分脳に記憶するようアプローチしているわけなのです。

こうした努力をしないと、文字情報である名前というのはなかなか顔と結びつけて覚えることが難しいものなのですね。

人の顔を覚える6個のコツを伝授

では、『人の顔』=『顔という画像情報と名前という文字情報のセット』を覚えるためには、どういったコツがあるでしょうか。

1.覚えるという強い意志


実はコツというよりも、「とにかく覚えるぞ」という強い意志が一番重要です。

なんだそんなことか! と思われるかもしれませんが、地道にコツコツと、顔と名前をセットで繰り返し繰り返し反芻して覚えることがなによりも近道なのです。

数千人のお客様の顔と名前を覚えているというホテルマンも、覚える方法は「地道に繰り返して覚える」と語っているそうです。

もちろん、やみくもにただ「覚えるぞ!」と思っているだけではなかなか覚えられません。

覚える意志を強く持ちながら、こんなところに注意してみてください。

何も考えずに会わない

ただ出会って会話をして名刺をもらったり名前を聞いたりしただけでは、しばらく時間がたつと忘れてしまうものです。

何も考えずに会うのではなく、まず顔を合わせている間にできるだけ顔と名前の情報を紐付けるようにします。

めがねをかけている、ほくろがある、肌の色が白いなど顔を中心とした資格情報から特に特徴的な部分をとらえます。

歩き方や声の感じ、いつも持っている文房具や身につけている時計など、その人を特徴づけられる部分を探して自分の頭の中に叩き込むのです。

まだ初対面でよくわからないというときでも、「優しそうな人」「細かそうな人」と印象を想像でつけていくのもひとつの手です。

あとあと実はおおざっぱな人だったとわかったら、「神経質そうだと思ったけど実はおおざっぱだったあの人」とより自分の中で強く印象づくことになります。

また、ただ会話をするだけでなく、会話をしている中で相手の顔を見ながら、名前も呼びかけるようにすると良いでしょう。

名刺をちょうだいするときに相手のお名前を復唱しながら相手の目を見るというのも効果的です。