人は一人で生きて行く事は出来ません。

多くの人と関わり合いを持ちながら生きて行くのでしょう。

人と関わりを持つ事によって、自分自身も人としての成長を感じる事が出来るようになるかもしれません。

人との関わりの持ち方には色々なものがあります。

友人として、同じ時間を過ごす事もあるでしょう。

身内にも話す事が出来ないような内容を互いに話すことによって、かけがえのない存在になる事が出来るかもしれません。

会社の中での同僚としての付き合い方によって、より充実した日々を過ごす事ができる事もあるかもしれません。

その中には、恋人としての付き合い方もあるはずです。

恋人としての付き合いはどんな関係よりも、より深いものになる事でしょう。

それをキッカケに人生のパートナーとなり一生側に居るという事もあるかもしれません。

けれど、自分の選んだ相手が本当に正しいかどうかは、そう簡単にわかるものではありません。

恋をしているときは、最高の相手に出会えたと感じる事でしょう。

多くの人がいるこの世界の中でも、唯一無二の存在どと思う事すらあるかもしれません。

それど、時にはその判断が間違っている事もあります。

気持ちが冷めていくにつれ、その問題行動に気がつく事だってあるでしょう。

多くのパターンがある中で、今回は女性目線に立ち、もう勝手にすれば!?と思うような身勝手な彼氏の特徴やその彼氏との付き合い方をご紹介させて頂きます。

今までの時間の中で、『この人違うかもしれない』なんておもった事はありませんか?

そう思ったなら、きっと本当に違うのです。

そこで敢えて我慢する必要はありません。

相手の気持ちを考える優しさも必要ですが、自分が傷つかない一番の方法を考えてみてください。

勝手にすれば!?自分勝手な彼氏にイライラ!

本来、恋愛は楽しいものです。

一緒に居ることによって、前向きになる事が出来たり先に進む勇気を持つ事ができる場合もあります。

ですが、全ての人がそうなる事が出来るかどうかは分かりません。

例えば、一緒にいるだけでイライラするような彼氏というものもこの世には存在しているのです。

例え昔は大好きだった彼だとしても、わがままで自己中心的な行動ばかりとるようでは嫌いになったとしても当然です。

勝手にすればとイライラが募る事もあるでしょう。

原因

彼にイライラするには、いくつかの理由があるはずです。

余りにも毎日イライラし続けているようであれば、別れる方が簡単だと思う事もあるでしょう。

けれど、そう簡単に別れる事が出来ない場合もあります。

話し合いが面倒で、ついつい先延ばしにしてしまう事だってあるかもしれません。

まずは原因を知る事によって、解決する事が出来る事もあるかもしれません。

原因がよく分からずにイライラしてしまっているという方は、改めて二人の関係性を考え直して見てはいかがでしょうか。

多くの原因がある中で、互いにお互いの事を思いやることによって解決することが出来る場合もあります。

単なる行き違いによる結果という事だってあるでしょう。

そうならないようにする為にも、まずはきちんと原因を知る事が大切です。

束縛や嫉妬

束縛や嫉妬は愛情があるからこその行為です。

だからこそ、最初はそんな彼の行動に対してます微笑ましく思っている事もあるでしょう。

自分が愛されていると感じ、嬉しいとさえ思う事もあるかもしれません。

しかし、それはあくまでもお互いの気持ちが同じように盛り上がってある時のみです。

例えば、あなたが彼に対して気持ちが冷め始めた時、途端に彼の行動がうっとおしく感じるようになってしまう事でしょう本当であれば喜ぶべきポイントでも、不快感を感じる事もあります。

そうなってしまっては、相手との関係は良くないものになっていきます。

愛情を感じる事が出来る嫉妬や束縛には、まだ改善点があります。

しかし、相手の存在が重荷になってしまうような関係となてしまうのであれば、今後の生活を見直していかなければならなくなってしまうのではないでしょうか。

浮気

結婚をしていない二人にとって、浮気は法律的にはなんら問題はありません。

ですが、信頼関係が無い状態で交際を続けていく事など不可能です。

相手の事が信用できなくなった時点で二人の関係性は終わっているといえるでしょう。

浮気は男の甲斐性などという言い方をする事もありますが、それはあくまでも男の人の意見です。

女性からすれば、それは何とも理不尽な言い訳であり、到底納得する事の出来ない事柄でしょう。

だからこそ、浮気をしている男性に対してイライラしたりしてしまう事も当然の結果です。

女性は男性が思っている以上に冷静で洞察力にたけています。

だからこそ、自分ではばれていないと思うような時でも女性にはしっかりばれてしまっているという事もあるでしょう。

だからこそ、男性の皆さんは今の彼女を大切にしたいという気持ちがあるのであれば、無駄なよそ見をしないに限ります。

お金のトラブル

金の切れ目が縁の切れ目なんて言い方をする事があるほど、お金は大切なものです。

人はお金ではないけれど、お金が無ければ生きていく事はできません。

食事をする事も住むところを確保する事だって出来ないでしょう。

だからこそ、お金は大切にしなければなりません。

例えば、どんなに大好きな彼であったとしてもお金にルーズな人はなんとなく嫌な印象になってしまう事もあるでしょう。

頻繁にデートの度にお金を要求されれば段々と恋する気持ちも冷めるというもの。

全ての人がそという訳では無いものの、中にはお金目当てに女性に近づくような人も居ます。

騙されている時には気が付かないかもしれませんが、その本性に気が付けばイライラする事もあるはずです。

好きな相手力という事で本質を見失わないようにして下さい。

例えどんなにカッコよくて自慢の彼氏だったとしても、お金に汚いのであればそれは最低な彼氏です。

自分勝手な彼氏の7個の特徴

さて、ここからは自分勝手な彼氏の特徴をご紹介させて頂きます。

この全てが当てはまる人は大問題です。

今すぐ別れを考えた方がいいレベルです。

大抵の人の場合、これからご紹介する事のいくつかが当てはまっているのです。

だからこそ、イライラしている原因が彼氏だという事に気がついい無い事もありす。

今一度彼氏の正確について考えて見てください。

もし、沢山条件に当てはまるのであれば、あなたのイライラの原因はまさに彼です。

特徴を知る事によって対策を考える事も出来るようになります。

そうする事によって、彼とのうまい付き合い方を見つけることが出来るようになるかもしれません。

是非参考にしてみて下さい。

1.感情のコントロールが苦手

イライラさせるような人の場合、自分のことばかり考えてしまっているという傾向があります。

自分の感情のままに動いてしまうからこそ、相手の事を怒らせてしまうのでしょう。

感情のコントロールは、大人になれば誰もができるようになるものではありません。

幾つになっても出来ない人は出来ないのです。

だからこそ、そんな人と付き合うと振り回される時が多くイライラしてしまうのでしょう。

自分勝手な感情で他人を振り回すような人は、他人の痛みにも鈍感です。

あなたが傷ついている事にも全く気がついて居ないかもしれません。

そんな相手こそ、まさに自分勝手な相手と言わざるを得ません。

喜怒哀楽が激しい

喜怒哀楽がきちんとあるのは人間だけとも言われています。

だからこそ、喜怒哀楽を感じる事が出来ることは良いことでもあります。

ですが、何事も限度という物があります。

余りにも喜怒哀楽が激しい人の場合には、周りの人が振り回されてしまい疲れてしまう事でしょう。

時々であれば許される事も、いつもいつ自分勝手に過ごしていれば、周りの人も段々と印象が変わって来ます。

2.自分中心に考える


基本的に、人は自分が一番大切です。

だからこそ、相手の事を考えずに自分にとって一番メリットのある方法を選択したいと思うでしょう。

ですが、それはあくまでも心の中の話です。

実際に生活する場合、自分の事だけを考えて過ごす事など出来ません。

どうしても他人との共存を考えて選択してしまう事でしょう。

その結果、他人の為となる行動をする場合も多く、周りの人といい関係を築いていく事が出来るという事もあります。

ですが、中には本当に自分の事しか考えない人も居ます。

自分勝手な彼氏の場合、他人のことを考えずに自分のことだけを優先する事もあるかもしれません。

その結果、あなた自身が振り回されてしまう事にも繋がるでしょう。

一緒に過ごす人が自分の事しか考えて居なければ疲れるのは当然です。

常に自分優先

人と一緒にすごすからには、他人のことを考える事も重要です。

それが他人と過ごすための大切な気持ちだからです。

お互いがお互いの事を思い合う事によって、より素晴らしい日々を過ごす事が出来るようになる事でしょう。

しかしながら、そこに常に自分優先の人が居たらどうでしょうか。

周りの人はきっと迷惑だと感じるはずです。

自分の事しか考える事が出来ない人は、他人の気持ちを考える事が出来ないのでしょう。

そんな人と一緒に居ても自分が嫌な気持ちになるだけです。

他人のことばかり考える必要はありませんが、他人のことに、全く興味が無いのは問題です。

また、そういった人はきっと今後も治る見込みがありません。

一緒に居る人が嫌な思いをするだけなのです。

だからこそ、そんな彼氏がいるとついついイライラしてしまうのでしょう。

3.自慢話が多い

本当に尊敬する人の話はどんな自慢話も苦にならずに聞く事が出来るでしょう。

本当に凄いと心から思う事が出来るはずです。

けれど、そういった人は大抵自慢話などしないものです。

自らの成果をわざわざ他人に話すような人は、大抵人間的にどこか幼く他人のことを考える事が出来ていない人です。

互いに日頃の頑張りを話すなどしている流れがあるならば、さほど気にも留めずに話を聞く事が出来る事でしょう。

ですがそうで無い場合、ただただ自慢話を繰り返されても嫌な気持ちになるだけです。

自慢話は、基本的に周りの人から嫌がられます。

その基本的な事にも気がつかないでいるからこそ、その人と一緒にすごす事が疲れてしまうのでしょう。

自分が好き

自分が好きな事は悪いことではありません。

自信が無く、いつも後ろ向きな考えになってしまうのであれば出来るだけ前向きになる為にも自分の事を好きになるべきでしょう。

自分が自分を好きになる事が出来れば、それだけでも自信を持つキッカケになる事が出来るはずです。

問題なのは、自分が好き過ぎる事です。

自分が好きすぎる場合、何においても自分を優先してしまう傾向にあります。

結果的にそれが原因となりお互いの気持ちを分かり合う事が出来なくなってしまう場合もあるでしょう。

自分の事を優先する気持ちも分からなくはありませんが、時には他人の為に行動する事も大切です。

そのことを考える事が出来ないような相手とでは一緒に居る事はできません。

自分が好きな人かどうかは直ぐに気が付く事はできないかもしれません。

段々と一緒に過ごしていくうちに気が付く事なのかもしれません。

だからこそ、交際してすぐにはその事に気が付く事が出来ない場合もあります。

けれど、それでも相手の事を考える事が出来る相手なのかどうかは気が付く事が出来るはずです。

相手の行動を冷静に分析し、どういった人なのかというポイントをしっかりと把握しておくようにしておきましょう。

4.嘘をつく


嘘をつく人は、何度でも嘘をつきます。

だからこそ、一度でも嘘をつかれた場合にはその人はそういう人なんだと判断する事も必要です。

好きな気持ちがまだまだ大きい場合、つい相手の事を許してしまいそうになる事もあります。

けれど、そこで甘やかしたとしても誰の為にもなりません。

おそらく、本人は対して悪いとも思っていないからです。

嘘をつく人は、空気を吸うように嘘をつきます。

そこに大した悪気はないのでしょう。

だからこそ、一緒に過ごす中で何度も嘘をつかれる事になります。

その嘘は自分の身を守るためのものもあれば、単に面倒だからという理由でついている嘘もあります。

どんな理由にしろ、嘘をつく事は悪い事です。

何度も嘘をつかれるうちに、相手の事を信用する事はできなくなっていきます。

信用する事が出来ない相手と交際を続けても何のメリットも感じる事が出来ないでしょう。

不信感が募るだけであり、その人と一緒に過ごす事によっていい事など何もありません。

今度は大丈夫。

次こそは改心してくれる。

そんな風に思ったところで変わる事などないのです。

だからこそ、ついイライラしたりして嫌な気持ちになってしまうのです。

嘘をつく人を信用しろと言う方が無理な話です。

信用する事が出来ない相手と交際を続ける事は難しく、結果的に二人の関係は終わってしまうのでしょう。

自分に都合の悪いことは嫌い

誰しも、自分に都合の悪い事はやりたくないはずです。

出来る事なら自分にとっていい事だけをして過ごしたいと思う事でしょう。

ですが、そんな事が出来るほど人生は甘くはありません。

周りの人とのバランスを考えるのであれば、まず間違いなく自分の事だけを考えて過ごす事などできないでしょう。

けれど、中にはそんな環境であったとしても自分の事しか考えずに生活する人も居るのです。

自分の事しか考えず、自分の都合が悪い事は嫌いだからやらない。

そんな人が周りに居れば、嫌な気持ちになるのは当然です。

もしそれが彼氏であれば、好きだという気持ちが無くなってしまったとしても当然ではないでしょうか。

いざという時に頼る事が出来ず、自分の事しか考える事が出来ない人は交際を続けていてもその後の人生をイメージする事が出来なくなってしまいます。

結果的にイライラする事になってしまったとしても仕方がない事でしょう。

5.失敗を認めない

人間は失敗をする生き物です。

どんなに完璧に見える人も、必ずどこかで間違うことはあります。

そんな時に、自分の失敗を認める事が出来るかどうかはとても大切なポイントです。

プライドが高い人などは、自分の失敗を認める事が出来ずに周りの人のせいにしてしまう事もあるかもしれません。

自分の失敗を認める事は、嫌なものです。

常に上位の立場に居る人などは、自分の失敗を認める事によってプライドが傷つくという事もあるでしょう。

ですが、それでも自分が失敗をしたのであれば素直に認めるべきでしょう。

それをしない人は、恥ずかしい人でありどんなに人間的に優れていたとしても、結局人から尊敬される事などありません。

また、一緒に居る人が自分の失敗を素直に認める事が出来ないという事は周りにい居る人たちはそのせいでモヤモヤがたまってしまうはずです。

何か問題が起きた時も、自分ではないのにと嫌な気持ちになってしまう事でしょう。

一緒に居る人が、どんな才能があるかどうかは問題ではありません。

大切な事は、人として互いに高めあう事が出来るかどうです。

そのことをしっかりと考えて行動するべきでしょう。

他人のせいにしがち

自分の失敗を求められない人の中には、何かにつけて他人のせいにしてしまう人が居ます。

自分の失敗だと思われたくないからこそ、その原因を他人に押し付けてしまうのです。

そうする事によって、本人は自分の失敗を他人にかぶせる事が出来たと思っているでしょう。

けれど、実際にはまわりの人はしっかりその問題に気が付いてるものです。

自分の失敗を他人にかぶせている場合、そのやられた本人や近くにいる人はその問題についてしっかり気が付いています。

悪意ある行為に対して嫌な気持ちになったとしても不思議ではありません。

人間は鏡と表現される事があります。

いい事をすれば、相手も同じようにいい事をしてくれるでしょう。

けれど、嫌な事をすれば自分も同じように嫌な事を返されてしまうものです。

だからこそ、自分の事を考えるのであれば、尚更行動には気を付けなければならないでしょう。

6.欠点を指摘されることを嫌う

自分の事を好きな事はいい事です。

自信を持っているからこそ出来る事もあるでしょう。

けれど、その自信がありすぎてしまうと、まわりの人に迷惑をかける結果となる場合もあります。

例えは欠点を指摘された場合です。

欠点を指摘される事が好きな人は、そういないでしょう。

自分の悪い事をわざわざ聞きたい人などいないはずです。

けれど、大抵の場合そう言われたとしてもその現実を素直に受け止める事が出来るはずです。

けれど、それが出来ない人が問題なのです。

交際していると、相手の内面にも触れる機会が多くなるでしょう。

友人として交際している時には気が付く事が出来なかった問題にも触れる機会が多くなる場合もあるでしょう。

その時に何か問題があれば直したところが良いところとして、話をする機会もあるかもしれません。

けれど、その際も自分の悪いとこをを認めることなく変わろうとしてくれないと感じれば一緒に居る事が嫌になるはずです。

自分の悪いところを認めない人とは、結局大切な事を話し合う事などできません。

だからこそ、つい相手にイライラしてしまう事につながってしまうのです。

プライドが高い

プライドが高い事は悪い事ではありません。

それだけ自信を持って行動してるのでしょう。

けれど、プライドが高い事と自分の欠点を認める事が出来ない事はつながっているようでどこかつながっていません。

本当に自分の事を理解しているのであれば、自分の問題点もしっかりと受け止める事が出来るはずです。

自分の欠点を認める事が出来ない人は、その後の成長はありません。

結果的に人間としての限界がすぐに来てしまうでしょう。

人として多くの人に尊敬されているような人は、自分の問題点にもきちんと向き合い行動する事が出来るのです。

一緒に居る人がプライドが高く、自分の欠点を認めてくれない場合周りにいる人は振り回されたり嫌な気持ちにさせられたりする事でしょう。

話を聞かない人は一緒に居ても、疲れてしまいます。

7.他人に厳しい

ダメな人の代名詞は「自分に甘く・他人に厳しく」です。

自分には何かと口うるさい相手が、自分の事となるとだらしがなく、都合の悪い事は棚に上げてばかりでは嫌な気持ちになる事でしょう。

相手の事を考える事が出来ない人は、どんなにその人の事を好きだったとしても、結局気持ちは冷めていってしまうものです。

自分勝手な彼氏との接し方

身勝手な彼氏にイライラしてしまう理由が分かっていただけたでしょうか。

それでもなお、一緒に居る事を選択する人も居るでしょう。

周りから見れば、別れた方がいいと思うような相手に対しても、なかなかその決断をする事が出来ずイライラしつつも一緒に居てしまうという人も居ます。

そのような場合、相手との付き合い方を学ぶ事によって少しでも関係を改善する事が出来るようになる事でしょう。

まずは、自分の気持ちを解消する為にも、どうしたら良いのかを考えてみてはいかがでしょうか。

1.はっきり伝える

イライラしている気持ちを我慢してもいい事はありません。

相手はそんな我慢に気付かず、今のままで良いと思う事でしょう。

そう思っている相手に対して、変わって欲しいと考えるのは難しいです。

まずは相手に問題点に気付かせる事が大切です。

相手の気持ちなど、わかっているようで所詮わかってはいません。

だからこそ、まずは自分の気持ちを相手に思いきりぶつけてみましょう。

そのせいで喧嘩になってしまったとしても、何も言わずにいるよりはいい結果につながるはずです。

自分の意思を明確にする事によって、今後どうしていきたいのかも気付く事が出来るようになります。

そうする事によって、よりいい関係になる事が出来るはずです。

意見を言う事によって、関係が悪化してしまうのであれば、それまでの関係だったというだけです。

2.甘やかさない

優しくすればするほど付け上がるのが、男というものです。

もともと精神年齢が低いという事もあり、あまりにも彼女がしっかりしてしまうとまるで彼女ではなくお母さんのような立ち位置になってしまうのです。

そのせいで、より一層彼に対してイライラしてしまう事もあるでしょう。

最初に甘やかしてしまうと、いつまでもその関係が続いていく事になります。

だからこそ、そうならないようにする為にも、最初が肝心です。

しっかりと指摘していきましょう。

しっかりと相手に自分の意思を提示する事によって、自分の問題点に気が付かせる事も出来るようになるでしょう。

二人の関係性が出来上がってから指摘しようとしても、なかなか出来ない事もあります。

だからこそ、最初にしっかりと意思を伝えるようにしていきましょう。

3.彼のペースにしない

最初に彼に合わせた行動をとってしまうと、いつまでもそれをしてくれると思われてしまいます。

それが苦痛だったり、イライラする原因となるのであれば最初から我慢をせずに嫌なものは嫌だと伝えるべきです。

男の人は、自分のペースで動いてくれる彼女に出会うとついつい調子にのってしまいます。

結果的に彼女がイライラしている事にも気が付かずに好き勝手過ごすようになってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、そうなってしまわないようにする為にも、時には自分のペースを相手にぶつけてみる事も大切です。

いつもいつも我慢していては、いつか爆発してしまいます。

だからこそ、嫌な事は嫌だと伝えましょう。

4.同じことをしてみる

やられたらやり返す。

子供のような行動ですが、その行動が効果的に働く場合もあります。

相手に話をしたところで、理解してくれる傾向にないのであれば身を持ってイライラを体験してもらいましょう。

身勝手にふるまわれる事が、どれほど迷惑かを実感してもらうのです。

口で言われてもわからない事も、実際に体験する事によってよく分かるという事もあります。

そうする事によって、気持ちを改心してくれる事もあるでしょう。

口で言われてもわからない相手には実力行使をする。

荒業ではあるものの、相手との関係性を本当に変えたいという強い希望があるのであれば、是非実践してみてください。

男性は、なかなか口で言われてもイメージが付かない場合があります。

悪気が無い時にはさらに行動に移す事が出来ずに互いにイライラしてしまう事もあるでしょう。

そんな時は、まずは行動です。

行動する事によって、口では伝わりにくいニュアンスもうまく伝える事が出来るようになる事でしょう。

あまりにもやりすぎてしまうと、それが原因で喧嘩に発展してしまう事もあるので注意が必要です。

5.少し距離をとる

あなたが急に態度を変える事によって、中には怒るような人も居るかもしれません。

自分に嫌な事があった場合、何も考えずに近くにいるあなたに対して八つ当たりをしてくる事だってあるでしょう。

そんな時は、刺激をしないように距離を取ってしまいましょう。

互いにあまり関わらないようにする事によって、少し冷静になる事が出来るようになります。

相手がそうする事によって、冷静さを取り戻してくれる事もあるかもしれません。

何を言っても変わらない人に対しては、少し離れる事を意識してみてはいかがでしょうか。

きちんと話し合うことも必要

人の気持ちは不思議なものです。

イライラばかりしているような相手とならばすぐに別れればいいのにと思うはずです。

一緒にいる意味などないと思う事でしょう。

けれど、イライラするからすぐに別れようと思う事が出来るほど、人の気持ちは簡単にはできていません。

それ以外にいいところが沢山あったり、今までの思い出が邪魔をして別れる事が出来ない事もあるはずです。

その場合、イライラしている気持ちと付き合いながら、交際を続けていかなければならない事もあります。

そんな時には、まずは原因を知る事が大切です。

相手のどんな所にイライラしているのかを知る事によって、逆にどうすればイライラしなくて済むのかという問題点に気が付く事が出来るようになるかもしれません。

また、自分自身の対応を変える事も出来るようになるでしょう。

相手を変える事はそう簡単な事ではありません。

二人の関係をまだ続けたいという希望があるのであれば、相手ではなく自分が変わる事を考えてみましょう。

その方がずっと簡単にいい関係性になる事が出来るようになるはずです。

人の気持ちは他人にはわかりません。

どんなにダメな相手だとしても、その相手があなたにとって別れる事が出来ないほどの魅力があるのであれば、どうすれば一緒にいる事が出来るのかを考えて行動する事も大切なのかもしれません。

そうまでしてもどうしてもイライラしてしまうというのであれば、その時に別れればいいのです。

別れを決断する事は簡単です。

まずは出来る事から考えてみてがいかがでしょうか。