恋愛は一人でするものではありません。

必ず相手が必要になるものです。

最初はただ見つめているだけで満足する事が出来ていた心も知らず知らずのうちに相手の事をもっと知りたい。

自分の事を好きになって欲しいという欲が強くなるはずです。

だからこそ、相手の気持ちを知りたいと思う事は自然の気持ちです。

けれど、人の気持ちを知る事はそう簡単な事ではありません。

自分の気持ちすらすべてをわかる事が出来ているわけではないのですから、相手の気持ちなどそう簡単にわかるものではないのです。

ましてや、相手が突拍子もない行動をとるとその謎はさらに深まるばかりです。

大人になればなるほど、行動が先になってしまう事が多々あります。

相手と交際していないのにも関わらず体の関係を持ってしまう事もあるでしょう。

体の関係まで行けば、まだ交際するかのウシ柄はあるのかもしれません。

けれど悩ましい境目がキスです。

付き合ってないのにキスをされた場合、あなたならどう思うでしょうか。

好きな相手なら勿論嬉しいと思うはずです。

けれど、友達だと思っていた相手ならどうでしょうか。

驚くはずです。

ましてや、知り合い程度の仲の人なら相手の気持ちが読めずに困惑してしまうでしょう。

男と女は物事の考え方が全く違います。

だからこそ、自分の常識が相手に通じるかどうかは全く別問題なのです。

だからこそ、さまざまな考え方を知る事が大切な事もあります。

自分の固定観念にとらわれることなく、様々な考え方を柔軟に受け入れる事が出来るように心を広くしておく事が大切です。

付き合ってないのにキスする男性の本音

そもそも、なぜ付き合っても居ないのにキスをしてくるのでしょうか。

そこにはきっと何かしらの理由があるはずです。

ただし、その理由がこちらの常識に当てはまるものかどうかはわかりません。

相手の主張を聞いても納得する事が出来ない場合もあるでしょう。

女性は恋愛をする際、気持ちを大切にします。

ですが、男性の場合には気持ちよりもまず欲求を優先する傾向があります。

だからこそ、心を大切にする女性からすると、男性の行動が納得できない事もあるでしょう。

ですが、例え納得する事が出来なかったとしてもそれが事実なのであればそれを受け入れる事も必要です。

勝手に勘違いして一人で盛り上がっていても悲しい思いが強くなるだけです。

事実は事実として受け入れる事が必要です。

酔った勢い


付き合っても居ないのにも関わらず急にキスをされた場合、最も良くある原因がこの酔った勢いです。

人間はアルコールを摂取すると、判断能力が鈍る傾向にあります。

その為、大した意味も無くキスをしてしまう事もあるのです。

この場合、飲んだお酒の量によってはキスをしたことすら覚えていない事もあります。

キスをされた方は特別なキスだと思ったとしても、実際には誰にでも同じようにキスをしているなんて事もあるかもしれません。

この場合、ここから急に恋愛に発展する事は難しいでしょう。

大人になればそんな事もあります。

それがいい事だとは言えませんが、それにいちいち過剰に反応していては自分の気持ちが疲れてしまうだけでしょう。

そう言った経験をした際には『酒癖の悪い人』として自分の気持ちを落ち着けましょう。

雰囲気に流れて

恋愛は決められたルールがあるわけではありません。

キスをする為には、必ず交際をしてからしなければいけないというルールがあるわけではありません。

ましてや、キスをする前に相手に確認を取る事が必要という事もありません。

つまりは、キスをしたくなったらしてしまうという事も可能なのです。

勿論、それをむやみにすれば嫌がられる事は間違いありません。

酷い時には逮捕されてしまう事だってあります。

しかし、お互いがその雰囲気を感じている場合その空気に流されてなんとなくキスをしてしまう事もあるのです。

これは口で説明するのはなかなか難しく、そんな雰囲気になったからという理由以外に説明する事が出来ません。

心が通じ合っているのであればそこから恋愛に発展する事もあるでしょう。

ただし、人によっては勘違いのまま行動に出てしまう場合もあります。

その場合、相手を怒らせてしまう倍倍もありますので注意が必要です。

ふとした仕草がかわいかった


キスをしたくなる瞬間というものがあります。

相手の事がとても好きな場合もそうですが、中にはちょっとしたしぐさがかわいかったなんて事もあるでしょう。

その場合、交際しているかどうかにかかわらず、つい出来心でキスをしてしまう事もあるかもしれません。

交際していない女性に対して行きなりキスする事がいい事だとは言えません。

場合によっては犯罪です。

けれど、その瞬間恋に落ちてしまえば運命的な出会いとなる場合もあります。

だからこそ、結局相手の受け取り方次第なのです。

ふとした瞬間がかわいかった。

それも立派な恋の瞬間です。

その気持ちを信用するかどうかはあなた次第でしょう。

寂しかった

人間にはひと肌恋しくなる時があります。

そんな時、自分を癒してくれる人がそばに居てくれたら、それだけで心惹かれる事もあるでしょう。

思わずキスをしたくなる事もあるかもしれません。

自分の気持ちが整理できていないからこそ、突発的な行動に出てしまう場合もあるのです。

寂しい気持ちは一人ではなかなか改善する事が出来ない場合も多々あります。

だからこそ、思わず人のぬくもりを探してしまうのでしょう。

好きだから

キスをした理由は好きだから。

実にシンプルな理由です。

その隙が前から好きだったのか。

今急に好きになったのかは誰にもわかりません。

前から好きだった場合には、そこから交際につながる事も多々あります。

ですが、今いきなり好きになった場合には気持ちが変わる可能性も多々あります。

好きと言ってもその重さはまちまちです。

お酒の力を借りてなんとなくかわいく見えた。

好きになったなんて事もあるかもしれません。

その場合には、お酒が抜ければすっかり忘れてしまっているなんて事も十分考えられます。

相手がどんなタイプの人かによってもその信憑性は変わってくるのではないでしょうか。

付き合うきっかけにしたい

男性の中には、なかなか自分の気持ちを口に出して伝える事が出来ない場合もあります。

その時に口でいうよりも簡単な行動にうつしてしまう事もあるのです。

『付き合ってください』が言えないからこそ、いきなりキスをしてしまう。

それをされた女性は当然驚くでしょうかが、そうする事しかできない男性もいるのです。

この場合、遊び慣れているキスとは違うので改めて確認する事によって交際に発展する可能性は大いにあります。

けれど、その反面そのまま受け入れてしまうと勘違いさせてしまう事も多々あります。

だからこそ、自分はどうしたいのかという気持ちをしっかりと考えて行動に移してください。

もし、相手の事が気ではない場合にはきちんと断る事も必要です。

付き合ってないのにキスされた時のベストな対応は?

もし、付き合っても居ないのにキスをされた場合、どういう反応をするのが効果的なのでしょか。

この時に行動を間違えると、自分にとって不利になってしまう場合もあります。

だからこそ、ただし行動をとる事が出来るように普段から頭の中に正しい行動を置いておきましょう。

自分の気持ちによって取るべき行動は変わってきます。

まずは自分がキスされてどうだったのかを冷静に判断してみましょう。

ストレートに聞いてみる

いきなりキスをされると、大抵の人が驚きます。

付き合う直前の関係性なのであれば、それも嬉しく受け止める事が出来るでしょう。

けれど、全くそんなそぶりが無い場合どうとらえていいのかわからずに悩む事もあります。

そんな時はストレートに聞いてみる事が一番です。

相手の気持ちをいくら考えても、100パーセント正しい答えにたどり着く事はできません。

所詮は想像でしかないのですから。

だからこそ、相手の気持ちをきちんと知りたいと思おうのであれば聞いてみる事が一番の方法です。

自分からは連絡しない

人によっては、あえて自分の事に興味を持たせる為にキスをしてくるような人も居ます。

その場合、こちらから連絡をしてしまうとあいての思うツボです。

余計に相手をずに乗らせてしまう事でしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも連絡をしてはいけません。

あなたが連絡をしない際に、相手からも同じように連絡が来ない場合には相手はさほどあなたに興味がないという事なのでしょう。

悔しい気持ちもあるかもしれませんが、そんな相手は最初から相手にしないのが一番の方法です。

自分の気持ちを整理する

まず、相手に答えを求める前に自分の気持ちを確認しておく事も大切です。

相手の事が気になったりすでに好きになっている場合には、キスをされた事をチャンスとして捉える事も出来るでしょう。

けれど、相手の事が好きではない場合にはうかつに連絡を取るべきではありません。

そのまま距離を取る事も大切です。

どうするのかは、あなた次第です。

それを決める為には、まず自分の気持ちがどうなのかを冷静判断する事が大切でしょう。

自分は相手をどう思っているのか。

それを冷静に判断してみましょう。

そのままズルズル流されないようにする

世の中には押しに弱い人と言う人は居るものです。

その場合、相手に強く出られるとなんとなく断る事が出来ずにそのまま交際まで発展してしまう場合もあります。

そうなってしまう事に自分があまり抵抗が無いのならいいでしょう。

それもまた愛の形なのかもしれません。

ですが、本当は相手の事が全く好きではないのであればその性格は改めるべきでしょう。

ズルズルと流された生活を送ってると、自分が本当に好きな人が出来たときに困る事となります。

もしかしたら大きなトラブルに巻き込まれてしまう事だってあるかもしれないのです。

そうならないようにする為にも、自分はどうしたいのかという事をしっかりと考えておきましょう。

嫌な時はきちんという

相手に対して、自分の気持ちを強く言う事が出来ない場合相手に勘違いをさせてしまう場合もあります。

キスをされて本当は嫌だったのにも関わらず何を言わなければ、相手はその行為を受け入れてもらう事が出来たと勘違いしてしまう恐れもあります。

そのせいでよりスキンシップが激しくなったり交際していると勘違いされてしまう事だってあるかもしれないのです。

相手の気持ちが分からないのと同じように、相手もまたあなたの気持ちはわかりません。

相手の気持ちをきちんと考えて行動してくれる人であれば、まだこちらの気持ちを汲んでくれる事もあるでしょう。

けれど人の気持ちを考える事が出来るような人はいきなりキスをしたりする事はありません。

自分の事ばかり考えているからこそ、結果的にキスをするなどといった突拍子もない行動に出ているのでしょう。

こういったタイプの人は、はっきり言われないと気が付く事が出来ないほど鈍感な事は良くあるも事です。

相手の気持ちを考えてなかなか強く言えないという人も、その優しさが結果的に相手をされに傷つける事になってしまう場合もあります。

だからこそ、時には自分の気持ちをはっきりと伝える事も大切です。

怒ったり泣いたりしない

いきなり感情的になると、相手をこませてしまう場合もあります。

相手がいきなりキスしてきたことがそもそも問題なのですから、こちらが気を使うのも少々おかしいような気もします。

けれど、大人の女性としては、そんなことでいちいち目くじらを立てない方がより魅力的な女性になる事が出来るでしょう。

泣いたり怒ったりはいつでもできます。

まずは相手がどんな気持ちでキスをしたのか。

自分はされてどうだったのか。

そのことを改めて冷静に考える時間を持つ事が必要です。

笑いに変える

人によってはキスをとても大事に考えている人もいます。

それほど経験が無い人の場合にはいきなりされたキスに傷ついたり悲しい気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

ですが、その際そのまま落ち込んでしまってはつらい記憶としていつまでも自分の中に残る事となってしまうでしょう。

それを良い思いでに変える為には、それを笑いに変えてしまいましょう。

笑いは私たちの心にパワーを与えてくれます。

例え無理やりな笑顔だったとしても笑っているだけで心を軽くする事が出来るかもしれません。

過ぎてしまった事を後悔しても意味がありません。

少しでも前向きに行動する事が出来るようになる為にも、自分の心を軽くする事をイメージしておく事が大切です。

男性にとってのキスとは?

男性と女性はそもそも脳の作りが違います。

だからこそ、考え方が違うのです。

基本的な考え方が違うからこそ、自分と同じ物差しで物事を考えようとしても理解できない部分が多々あります。

だからこそ、そもそもの考え方が全く違うという事を頭の中に入れておいてください。

女性にとって、キスは大切なスキンシップの一つです。

そう簡単に誰ともするものではありません。

けれど、男性の場合にはそこに気持ちが無かったとしてもキスをする事は可能なのです。

どちらが正しいという事ではありませんが、考え方が違うからこそ互いに理解する事が出来ずに擦れ違いや喧嘩の原因となる事もあるでしょう。

好きじゃなくてもできるの?!

男性は恋愛をするにあたり、時には心よりも欲求が勝る事があります。

その為、例え相手の事が好きではなかったとしても、なんとなくひと肌恋しくなったり相手の事がかわいく見える瞬間があると気軽にキスをしてしまう場合もあります。

つまりは、好きでなかったとしても交際する事が出来るという事です。

不倫は文化という言葉が流行したこともあるほど、男性の浮気は当たり前のように捉えられています。

だからこそ、本能に従ってキスをする場合もありそこには好きだという気持ちが無い場合もあります。

女性からすればいい迷惑ですが、それもまた男のサガと言うものなのかもしれません。

女性の方々はそんな人たちもいる事も十分理解して、必要以上に振り回されないように意識を高く持つようにここど掛けてください。

付き合う前にキスした経験

付き合う前にキスをした事がある人はどれほどいるのでしょか。

この場合、その回数が多いからと言って恋愛の上級者かと言えば、そんな事もありません。

それだけ相手に軽く見られているという事もあります。

相手の事を大切にしたいという気持ちがあれば、いきなりキスをしたりと言った行動に出鵜事はあまりありません。

それだけ思いがあふれてしまったと言うのであれば、その経験も1度や2度はあるでしょう。

ですが、それが何度もあるという事はその人の行動の問題です。

相手に対して隙を見せすぎると、相手はどんどん調子に乗ってしまう傾向があります。

それによってモテる事につながる場合もありますが、軽くみられすぎてしまうあまり本命になる事が出来ないという事もあります。

自分を一度安売りしてしまうと、いつまでもそのままでいかなければならなくなってしまいます。

そうならないようにする為にも、余りにも軽くみられる行動は控えるようにしてください。

その後に付き合う可能性はある?

人の気持ちは、一つの行動だけでは読み解く事はできません。

例え、付き合う前にキスをしたとしても付き合う人も居ればそのまま何事もなかったかのように過ごす事もあるでしょう。

だからこそ、相手が何を考え行動しているのかをきちんと見極める必要がります。

自分は付き合うつもりになっているのにも関わらず、相手に全くその気がない場合にはお互いの気持ちが擦れ違い困った事になる事もあるでしょう。

酔った勢いでのキスなどの場合には、そもそも相手が覚えていないなんて事も良くある話です。

そうなってしまうと覚えているこちら側だけモヤモヤした感情を持ってしまう事もたったあります。

キス=付き合うとは言えません。

特に年齢を重ねれば重ねるほど、キスだけでは簡単に判断する事はできないでしょう。

だからこそ、勝手な妄想で盛り上がるのではなく冷静に相手の気持ちを判断する事を心がけましょう。

キスの後に交際に発展させるポイント

せっかくキスをしたのにも関わらず、交際にまで発展する事が出来ない場合も多々あります。

自分がそれほど相手の事を気に入っていないのであれば、そのまま流してしまう事も一つの方法です。

人生経験の一つととらえ、深く考えない方がいい時もあります。

けれど自分が相手を好きな場合にはそこから交際まで持って行きたいと思うはずです。

キスをされたからと言って相手が自分の事を好きかどうかは分かりません。

たまたまそこにいたからキスをしたなんて事もあるでしょう。

けれど、例え相手にその気がなかったとしてもキスはキスです。

そのチャンスを掴むことが出来るように交際に発展させるポイントを掴んでおきましょう。

その後の線引きをしっかりする

キスを一度してしまうと、そのままずるずると関係がスタートしてしまう事があります。

一度のキスなら事故として考える事も出来ますがそれが何度も続くようであればますます二人の関係はわからなくなっていきます。

ましてや更に関係が進み体の関係まで出てきてしまうと、状況はさらに悪化します。

付き合うどころかセフレのような関係になてしまう事もあるでしょう。

言葉で言わなくとも、態度で互いの気持ちが分かるとしてあえて付き合ているかどうか確認しない人も居ます。

ですが、相手にその気が無い中でどんどん関係を深めてしまうと気が付いた時には後に引けない状態になっている事もあります。

だからこそ、どこまで進むかをきちんと線引きしておきましょう。

もしあなたが、彼の事が大好きで例えセフレでもいいから一緒に居たいと思うのであればそれも良いのかもしれません。

けれどきちんと交際相手として考えてほしい場合には、ある程度の所でしっかりと線引きをしておくべきです。

線引きをしたうえで相手ときちんと話をしましょう。

大人になってまで、付き合う付き合わないの話をする事はなんだかダサいような気もします。

けれど、そこは大切な大きなポイントとなるはずです。

だからこそ、うやむやにせずきちんと向き合う気持ちを持つ事も大切です。

本気かどうかの見分け方

相手の気もちが読めずにどう行動したら良いのか分からなくなってしまう事があります。

勝手な想像で暴走してしまう事もあるでしょう。

社会生活の中では、それほど大きな失敗とはならなくとも恋愛に関しては相手の気持ちが分からない事は致命的な問題です。

だからこそ、相手の事を知る事が出来るすべを身につけておく事も必要です。

例え相手にいきなりキスをされたとしても、そのキスにはいったいどんな意味があるのかを冷静に判断するべきなのです。

遊びのキスなのかそれとも本気なのか。

それによって今後の対応が全く変わってきてしまいます。

自分の気持ちを改めて考える事も重要ではありますが、まずは相手がどんな気持ちでいるのかを冷静に判断するようにしてください。

キスの前に目を合わせているか

人の表情は目によって決まると言っても過言ではありません。

それほどまでに目には多くの情報が宿っているのです。

だからこそ、罪悪感を感じている人の場合には人と目を合わせる事が出来ない傾向があります。

ましてや好きでもない女性に自分の欲求のままにキスをしようとしているのですから、罪悪感を感じないはずがありません。

相手が本気かどうかを見極めるのにはキスをする際に相手が自分の事をしっかりとみているかどうかによって判断する事が出来るでしょう。

ですが、場合によっては照れているからこそ相手の目を見る事が出来ないという場合もあるでしょう。

その場合には、目を見ない=本気ではないと判断するのには、早とちりとなってしまう場合もあります。

だからこそ、そもそも相手がどういった人なのかという事をしかりと判断しておきましょう。

もし、相手が手馴れているような人の場合には目を合わせない所は危険信号と言えるでしょう。

自分の気持ちを優先する事も大切ですが、後から後悔しないようにする為には相手が一体何を考えて行動しているのかを冷静に判断する必要があります。

それをする事によって、結果的に自分が一番傷つかなくて済む結果を得る事が出来るのです。

キスの後に告白される

キスの後に告白してくる場合には、まだ可能性があります。

きっとついつい流れに任せて先に行動に出てしまったのでしょう。

もし相手がその場の空気を改善する為に告白してきたとしても、結果的に告白しているのですから、まだ誠意を見る事はできます。

もし、相手と付き合いたい気持ちがあるのであればそこをあえて詳しく突っ込む必要はありません。

あまりにも問い詰めてしまうと、相手の気持ちが変わってしまう恐れも十分にあるからです。

『好きかもしれない』そんなあいまいな気持ちだったとしても、交際する事によって結果的に相手の事を好きになる可能性は大いにあるのですから。

キスをされた相手が嫌な相手ではなかったのなら、それはチャンスとして捉える事も出来ます。

結局恋愛は、交際してこそ始まるものです。

だからこそ、その過程の順番が多少前後してしまたっとしてもあまり気にする必要はありません。

付き合ってない男性からのキスを断る方法

もし、付き合ってもいない男性からキスをされそうになった際嫌なら断る事も必要です。

その場の雰囲気に流される事もあるかもしれませんが、一度流されてしまうとそのままズルズルと関係が続いてしまう事もあります。

それでは自分を大事にしているとは言えません。

自分が好きな相手ときちんと向き合う事を意識するのであれば、時には断る勇気も必要でしょう。

しかし、あからさまにキスを断ってしまうと、その後気まずい雰囲気になる事もあります。

今後も付き合いが続くような相手なのであれば出来るだけうまく関係を続ける事が出来るようにやんわり断る事が必要な場合も多々あるのです。

正直な気持ちを伝える

もし、相が嫌な場合には正直にそう伝える事も一つの方法です。

もちろん、言い方には気を付ける必要があります。

相手の感情を逆なでしないように冷静に話をするのです。

そうする事によって、相手の気持ちを落ち着かせる事が出来るかもしれません。

また、交際していない事に関して気になる部分があるのであればそれを正直に伝えてみましょう。

もしあなたに好意をもっているからこその行動なのであればそれを確認する事ができるとともに交際に発展する事もあるでしょう。

自分の気持ちを正直に伝える事が出来れば、それだけ幸せになる事が出来る結果もついてくるかもしれません。

一度キスをしてしまうと、後からはなかなか確認しにくい事もあります。

モヤモヤとした感情をかかえたまま過ごす事は決していい事ではないでしょう。

だからこそ、気になる事は先に聞いてしまうのです。

笑ってごまかす

相手が酒に酔っている場合などは、冷静に話をしようとしても無駄な事もあるでしょう。

そんな時にムキニなってもその場の空気を壊してしまうだけかもしれません。

だからこそ、そこは笑ってごまかしてしまいましょう。

そうする事によって、その場を収める事が出来ます。

正義感が強い人などは、その迷惑な行為を正したいと思うかもしれません。

ですが、あまりにも悪質では無い場合、とい詰める事が結果的により面倒な結果になってしまう場合もあります。

あなたは何も悪くはないものの、あなたが悪いような雰囲気になってしまう場合もあります。

大人になると、時には嫌な事も笑ってごまかす事が一番の時も出てくるのです。

そうする事が一番面倒では無く平和な解決につながる場合もある事を、頭の中に入れておいてください。

そのまま流されないように注意!

恋愛に教科書はありません。

どうなったら交際しているなどという決まりもありません。

だからこそ、交際前にキスをしてしまうとそれにどんな意味があるのかわからず困ってしまう事もあるでしょう。

相手に勢いに流されて、ついついずるずると付き合ってしまう事もあるかもしれません。

ですが、それでは自分の気持ちに嘘をつく事になります。

もし、相手の事が好きなのであればそれでもいいでしょう。

けれど、好きではない場合それは結果的に自分の時間を無駄にする事につながります。

好きでもない相手と交際をしても意味がないからです。

最初の段階で、自分の気持ちをしっかりと確認しておかないと結果的に後悔してしまう事も多々ります。

実際、いきなりキスをされる事はこれからもあるかもしれません。

その時に、自分はどう思っているのかを冷静に判断してください。

その場の雰囲気に流されず自分の気持ちをしっかりと確かめる事が大切です。