みなさんは渋い味わいって好きですか?

食べ物には6つの味覚が存在すると言われています。

甘味、酸味、塩味、辛味、苦味、渋味です。

6つの内老若男女問わず好かれるのは、甘味や塩味ですね。

次いで辛味や酸味になります。

大人向けなものが苦味や渋味でしょう。

子供は苦味や渋味が苦手です。

この両方は薬など嫌なものを連想されるので、トラウマになってしまっている人もいます。

食べ物では嫌がる人は多いですが、人間だと渋みのある男性を好む女性も多いですよ。

この記事では、渋いの意味や、渋い男性の特徴を紹介していきます。

渋いとは?

渋みとは決して派手ではなく地味だが、落ち着いていて味わい深いという意味を表しています。

日本の茶室をイメージしてもらえれば、何となく分かるのではないでしょうか。

子供向けではなく、全体的に老人チックなものかもしれません。

しかし派手さはなくとも、落ち着いているので渋みを好む人が多いです。

渋柿を食べたときなどの、舌がしびれるような味である


渋柿というのは果物の柿に当たりますが、通常の柿とは違い凄く渋すぎて吐き出してしまうほどの痺れを起こします。

渋柿を食べられるようにするには、干して乾燥する必要があり手間暇のかかるものです。

今現在渋柿を食べた事のある若者はいるでしょうか?

地元ではよく渋柿を干している家があるり、たまに庭に柿のなっている家もありますが、大体どこの家の柿も普通に甘いようです。

老若男女共通していうのであれば、日本茶でしょう。

緑茶やほうじ茶などは、苦味よりも渋みを感じやすいと言われています。

特にほうじ茶は淹れるのを失敗してしまうと、凄く渋いです。

日本人は昔から渋みを好んできました。

お茶は室町幕府からあると言われており、日本茶を飲む内に慣れ親しんで来たと言われています。

現在色んな飲み物はありますが、結構日本茶なら若い人でも好んで飲んでいますよね。

どちらかと言えば嗜好品よりも、健康に良いという理由で飲んでいる人も増えています。

華やかでなく落ち着いた趣がある

渋みというのは、日本美意識を表している概念とも言えるでしょう。

ヨーロッパのものはどれもきらびやかで、艶やかなものが多いです。

海外のものと比べると日本のものは地味だといわれています。

日本製の茶器や食器ってシンプルなものが多いですよね。

若者向けではありませんが、年齢がある程度いった人には好まれる傾向があります。

近年ヨーロッパだけでなく中国や韓国など色んな国の人が日本に訪れる事が増えてきており、よく日本の茶器やすごい人などは茶釜などを買っていかれるようです。

海外の方が言うのには日本製のものは性能だけではなく、華やかではないが落ち着いた趣があるとテレビで言っているのをみました。

京都にある神社や古来からある建築物に興味を示す人も多いようです。

伏見稲荷社にある鳥居に書かれているたくさんの文字など、日本人にとっては特に何も意識した事はないかもしれませんが、海外の方は視点が違うようですね。

鳥居ではなく鳥居に書かれた文字に神聖なものを感じて素敵だと言っていました。

地味で深い味わいがある

渋みには華やかさはありませんが、地味なものほど実は強いというのはご存知でしょうか?
シンプルイズベストという言葉があるように、地味なものほど凄く使い勝手がよかったりします。

人間だと微妙ですが、ものを持つなら渋みのあるものの方が良いでしょう。

ごてごてしているような食器類は最初のうちは良いのですが、後から使い勝手が悪くなってしまいます。

格好のみで購入してしまうと、後から大したことないという事ってありませんか?
正直見てくれなんかよりも、機能性の方が重要ですよ。

地味というとあまり良い言葉には聞こえないかもしれません。

よく女性が地味な顔をしていると言われて傷つく事があります。

しかし地味な人間ほど、色んなギャップがあって面白い事はご存知でしょうか?

女性のケースだと派手な女性の方に目が行きがちになりますが、実は何故か地味な女性の方がスタイルが良く綺麗な顔をしている方が多いという伝説があるのです。

見てくれの良さしか見ていない人間は多いのですが、派手な女性よりもモテたりするんですよ!
結構ギャップに弱い人たくさんいますからね。

これは男女ともに同じと言われています。

下手にアピールしなくても、自然とアピールできるのが素晴らしいです。

不愉快そうな、または、不満そうな様子である

渋るという意味は人間に使う場合、良い意味で言われない事もあります。

よく不愉快そうにしている人などだと、しぶい顔をしているという言葉で表す事もあるほどです。

本当に渋いものを食べたような顔をしている感じですね。

実際渋いものを食べた時の顔って、顔が嫌な感じに歪んでしまいます。

言い方はよくありませんが、苦虫を潰したという言い方がマッチしているかもしれません。

渋い顔をする人はたまにいますが、大体渋い顔を表に出すような人間というのは自己中心的でマイナスの事しか考えていません。

世の中には自分の思い通りにいかない事なんてたくさんあります。

他者がうまく言っていると渋い気持ちになるでしょう。

しかし足りないものを人のせいにするのは最低としか言いようがないですね。

不愉快になった顔を見せつけられても、正直困るものです。

接客業をしているのですが、感じの良いお客さんもいれば自己中心的なお客さんもたまにはいます。

スタッフとしてたくさんの渋い顔を見てきましたが、どれもやはり感じは良いものではないですね。

金品を出すのを嫌がるようである、けちである

不機嫌な意味とは別に、金品を出すのを嫌がるような仕草を見せる時などにも使用されます。

よくしぶしぶ出すとか言う言葉がありますよね。

正確には金品というよりも何かをやるにしても、仕方なく出しているという意味でも使用します。

不機嫌な場合とは異なり、かなりケチ臭い意味で使用されるので、あまり良い意味ではありません。

これを言われた際、遠回しにケチだと言われているという自覚を持った方が良いかもしれませんね。

ケチな人って人から好かれるような人ではないです。

昔ほど露骨に渋るような人はいないかもしれませんが、現在は節約がブームになってきている時代になっています。

そのせいでケチというよりも節約という概念の方が強くなってきているかもしれません。

ただしさすがに度が過ぎてしまうと、単純にケチくさい人間になってしまうので注意しましょう。

正直現実的に金品を出すのを渋るような人なんて見たことないのではと思います。

私は関西県民なのですが、よく他県の方からは大阪の人は物を値切るしケチ臭いという認識を持たれているようですね。

実は大阪の人は全員ケチではありません。

地域差や個人の性格にもよるだけなので勘違いなさならいようにして下さい。

芸能人で司会をされている事が多い、ハイヒールのモモコさんが結構番組内やプライベートでも平気で値切るような事をするようなので、各方面から大阪人=どこでも無理やり値切るような人だと思われていると聞きました。

はっきり言いますが、これに関しては関西県民全員ハイヒールのモモコさんと同じよういお金を出すのを渋るような人間ではないです!

渋いの類語や関連語

渋いと同じような意味を持つ言葉は意外と多いですよ。

味覚や言い方連想する言葉なども当てはまります。

結構今も昔も使用している言葉かもしれませんね。

日常的に言っている人は多いのではないでしょうか?

1.鋭く、刺激的な味経験を起こす

味覚が一番体験しているので分かりやすいと思います。

渋みと苦味は隣接した関係にあると思って下さいませ。

子供向けではなく、大人向けな味と言えるでしょう。

私は甘党なのでちょっと苦手ですね。

好んで飲んでいるような人は大人でカッコいいと思います。

ビター

英語でビターとは苦いという意味になります。

ミルク、ホワイト、ビターチョコと様々ありますが、ビターを好んで食べている人はいますでしょうか?
私は甘党なのでビターチョコは苦いと感じます。

食べると顔がしっぶーい顔になってしまいますね。

料理などに混ぜるのであればビターはいけるのですが、単体だととても食べれません。

ビターチョコは誰もが食べた事があると思いますので、イメージしやすいものではないでしょうか。

まさに大人の味です。

苦い


苦いというとみなさんが大嫌いな粉薬や、カフェイン中毒の方々は愛飲される事が多いコーヒーなどのカフェイン飲料には苦みを感じます。

私の旦那がカフェイン中毒でコーヒーを愛する人間です。

シロップやフレッシュなどを入れずいつもブラックで飲んでいるほどコーヒーを飲んでいるのですが、その妻である私はブラックコーヒーが苦手ですね。

カフェオレやカフェラテなど牛乳入れた物なら飲めるのですが、コーヒー自体そんなに飲みたいとは思いません。

飲んだらやっぱり渋い顔になります。

口一杯に苦さと渋みがミックスされるので、つらいですね。

苦味が好きな人は好きだそうですが、苦味に苦痛を感じる人も少なくありません。

沖縄を代表する野菜のゴーヤなども良い例でしょう。

実は苦味を感じさせる拒否反応には、毒物の摂取を避けるための自然な反応だと言われています。

体が受け付けないのはお子様舌だからという訳ではなく、敏感な人は体が拒否しているに過ぎません。

そもそも人間の味覚は何故存在するかというと、不快な味に感じたら毒だと認識して食べないようにするための自己防衛装置だと考えて下さい。

食中毒になる原因や不味いものを拒むのはそういう理由ですね。

そこをちゃんとしていないと、自分の身は守る事はできません。

ただし苦味全般が悪い訳ではありませんし、中には美味しいものもちゃんとあります。

こればかりは味覚が発達しているか、昔から慣れているかどうかにもよるでしょう。

2.強い憤慨またはシニシズムによって特徴づけられる

渋みの言葉は他にも色々使われます。

苦々しい、つらい、恨めしいなどあまり良い意味では使われてはいないですね。

ただ渋いという言葉には、こんなにもたくさん意味があるのだと思うと変な感じがすると思います。

色んなニュアンスを含んだ言葉なので、面白いかもしれません。

苦々しい

苦々しいというのは、非常に不愉快な様子を表しています。

しかめっ面や渋い顔としても同じ意味にはなりますね。

渋い顔同様いい顔ではありません。

顔を歪めている状態になります。

嫌な言い方をすれば大半苦々しい思いをしている時は、相手を恨んでいるような時ですね。

よっぽどな事がない限り、人は苦々しい顔をする事はないです。

4.連想される言葉

渋いと同じように連想される言葉はあります。

どれも熟成と似たような感じですね。

渋いというのは1日2日ではなく、成長や年月をかけたような言い方をします。

成熟した、味わい、深みがあるなどでしょうか。

成熟した

成熟とは果物などが美味しく熟した事を指しますが、生物で使用する場合は精神や身体が生殖能力がしっかり成長した場合を意味する言葉になります。

人間で言うなら成人もしくは18歳くらいでしょうか。

渋みのある人間というのは、何か1つの事をやり遂げているかどうかにもよります。

未熟ではなく玄人という意味合いでも使われますよ。

本来の意味は生殖能力が育つ事を言いますが、どちらかと言えばこのような意味合いではなく、大人である事を示しているような気がしますね。

味わいがある

味わいがあるという言葉はCMなどで耳にした人が多いのではないでしょうか?
よくコーヒーなどのCMで味わい深いなどというセリフゃキャッチコピーがある所が多いですよ。

味わいとは風味やこくの事です。

正直かなり曖昧なのですが、味わいとは甘い・辛いなどの味覚よりもものすごく複雑さを表しているような感じだと思って下さい。

深みのある

深みのあるという言い方は、微妙に味わいがあると似ているのでややこしいかもしれまん。

食べ物や飲み物だけではなく、深みのあるという言い方は人間にも使用されます。

コミュニケーション能力が優れていたり、芯の強さ、他者に対して思いやりや優しさを持っているなどですね。

一番わかりやすく言えば経験豊富な人間という意味でしょうか。

深みのある人間というのは浅い知恵や想像でものを言いません。

実際に色んな経験や体験をしてきて物を言っているので、言葉が薄っぺらくなくどれも本物なんですよ。

言うなれば真実味を帯びた言葉かもしれません。

渋いの使い方・例文

渋いの使い方はそんなに難しくありません。

結構色んな所でも使用できます。

良い意味でも悪い意味でも活用できるので、使用範囲は幅広いでしょう。

一番イメージがしやすいのは恋愛系かもしれないですね。

失恋は渋い味わいだ

失恋はビターチョコレートみたいなものです。

正確に言えば初恋の方がビターチョコレート以上にカカオ90%並の渋さと苦味があります。

何故そんな例えをするのかというと、失恋はどんな時もいい気持ちにはならないからです。

どういう理由で恋が終わったりするかにもよります。

相手に他に好きな人が出来た、性格が合わずしんどい別れ方をした、一方的に別れを告げられた、嫌な思いをさせられて別れた、お互い好きだったけど遠距離恋愛だから別れるしかなかったなどでしょうか。

恋をしている時はよいのですが、誰でも失恋したらものすごくビターすぎる思いを味わう事になります。

今現在恋をした事がない人も増えているようですね。

恋をするのが面倒くさい、失恋したら生きてはいけないという人もいるのです。

情けない事に異性に恋をして人はおろか、性行為などの経験すらないとも言われています。

人間というのは何でも経験してレベルアップしていくものなんですよ。

それ以前に人生なんて楽しいことばかりではありませんし、辛いことの連続でしかありません。

確かに失恋して立ち直れていない人間もたくさんいます。

復縁を望んだりその人を忘れる事が出来ない人もいますからね。

私は1ヶ月くらいできれいさっぱり忘れる事ができるタイプですが、ずっとその苦味を引きずってしまう女性は後を経ちません。

しかし失恋なんてたくさんしてなんぼなんですよ。

恋に破れて上手く行かなくても、次があります!

私自身旦那と付き合うまではビター以上の酷いものばかりでした。

ダークチョコみたいなものでしたよ。

しかし失恋するたびにいい恋がしたいと思って頑張るものです。

実際にいい経験はしたなと思います。

渋い男性の8個の特徴

渋めの男性というのは素敵な人が多いです。

ただ渋めなので若者というより、おじさんや成熟した男性という意味合いが強いでしょう。

男らしいという言葉よりも大人な男性という方が当てはまりますね。

芸能人だと玉山鉄二さん、オダギリジョーさん、阿部寛さん、沢村一樹さんがイメージしやすいのではないでしょうか。

昔俳優の舘ひろしさんの渋さに夢中になっていた事があります。

渋い男性というのは顔が濃いというのではなく、声が低くバラエティ番組などで見ていると落ち着いていて渋めの男性だという事がわかりますよ。

ギャーギャーうるさい男性なんかよりも、寡黙で落ち着いているような渋めの男性の方が絶対に素敵だと思いますね。

1.寡黙

寡黙というのは口数が少ない事を指しています。

無口と同じような意味で使用される事が多いのですが、寡黙の方が必要以外喋らないような冷静な人という感じですね。

喋らない男性ってちょっと…と思うかもしれませんが、べらべら余計な事を喋るような男性よりずっと良いです。

女性はおしゃべりという本能があるので仕方はありませんが、男性は本来そこまでおしゃべりではありません。

理性的な本能を持っているのですが、中にはべらべら無駄な事を喋る男性もいます。

ある男性が「男は無駄な事をしゃべらない方が良い、よく喋る男ほどダサいものはない」と言っていました。

本当にその通りだと思います。

以前私の友達がお見合い系の居酒屋に行ったそうですが、そこでよく喋る男性に会いました。

開口一番自分は素人童貞ですがいけますか?と言ってきたそうです。

よく喋る男性よりも、必要以外喋らない人の方がずっと魅力があると思いませんか?

【寡黙な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

2.声が低い

声フェチな人がとても多く、素敵だと思う人もいます。

私は別に声フェチではありませんが、声の低い男性は良いなと思いますね。

安田大サーカスのクロちゃんみたいに、無駄に高い声の男性はうるさくて仕方ありません。

クロちゃんは例外かもしれませんが、俳優の大泉洋さんみたいに無駄な事をべらべら大声で喋り付けるような人間もいけ好かない人が多いようです。

女性は声が高いので仕方がないのですが、男性はホルモン的な影響で声は低いものとされています。

声の低い方が聞き取りやすいですし、低音ボイスで言葉を囁かれるとドキッときてしまいますね。

最近カロリーメイトのCMなどで登場されている事が多い、声優の中村悠一さんなんかはちょうど良い声の低さなのであれくらいが理想的でしょうか。

3.落ち着きがある

渋みのある男性は落ち着きがあり、わたわたして慌てる様子などありません。

陶器などにしてもそうですが、落ち着くものって渋みのあるものですよね。

派手さはないけど、芯のつよさを感じさせるものです。

渋みのある男性が人気がある理由は、落ち着いてるという理由もあります。

ぎゃーぎゃーわめき怒鳴りちらし、べらべらよく喋るような男性は渋みがあるとは言えません。

冷静沈着な男性は、仕事でもプライベートでも人気が高く、仕事ができる人が多いです。

そういう人の近くにいると、自分も精神的に落ち着く事ができます。

ぎゃーぎゃーわめいているようなうるさい人の隣りにいても、落ち着く事はありませんからね。

しんどい時ほど落ち着いている男性がいると、癒されるものです。

渋みのある男性は意外と癒し系かもしれません。

4.人に優しい

渋い男性は基本的に優しいです。

ただ優しいと言ってもお人好しやおせっかいのような優しさではありません。

困っている人を助けるような感じですね。

実は男女問わず人気者だったりします。

地味で派手さは一切ないのだけれど、優しい所は優しいですし相手のためにちゃんと叱る事もできるのです。

何より空気を読むのがうまいというのもあります。

空気を読むというのは、人によっては出来ない人いますからね。

渋い男性は周囲の時間を無駄にさせたり、相手に求めすぎることをしません。

他者に対して気を使ってくれているのですが、単なる優しい男性という訳でもないです。

よく男性で女性がいういいひとで終わってしまう人っていませんか?

いいひとというのは優し人なのだけどちょっと…と思ってしまう異性の事を指します。

渋い男性も優しいのですが、単なるいい人では終わりません。

5.さりげない優しさがある

派手さがないけども、それが良い味を出していますね。

優しさの定義は他者にもわかるような気遣いになります。

人によって優しさを押し売りしたり、自分親切アピールをする人もいますので迷惑な場合もあるんですよ。

お母さんが子供にする優しさは、おせっかいと呼ばれる自己満足のケースも考えられます。

本当に困っている時など助けてくれる事が多いので、渋い男性は気配りが上手な男性とも言えるでしょう。

普段はでしゃばらないけど、いざという時に煌めくのが渋い男性なんですよ!

その良さに気がつくのは長い年月かもしれません。

表立ってアピールしてくれる訳ではありませんので、めちゃくちゃ気がつきにくいんですよね。

さりげない感じの優しさほどしてもらった時、ときめき度が半端ないです。

女性は優しい男性が好きと言う人が非常に多いですが、結構大雑把に優しい人って言っている事が多いかもしれません。

優しいって色んな種類がありますからね。

単なるおせっかいになってしまっている優しさや、自分を甘やかしてくれる優しさ、さりげなく助けてくれる優しさなどです。

一番煩わしくなく、ありがたいと思うのであればさりげない優しさが良いでしょう。

6.アピールをしない

男性は自己顕示欲の塊と言っても良いでしょう。

本能的に相手よりも優位に見られたいという気持ちを持っています。

たまに変なアピールする人っていませんか?
俺は凄いんだ、お金を持ってるんだ、芸能人と知り合いなんだとか、訳のわからないアピールをする人がいます。

自分は凄いんだぞ!とアピールしたいのはわかりますが、自慢したがりの人って女性だろうと男性だろうとみっともない人が多いですね。

仲の良い友達なら良いですが、結構婚カツしているとそういう浅い考えの男性いますよ!
アピールはしすぎると最強に格好が悪いですし、自分の本質を見てはもらえなくなってしまいます。

今ニュースを騒がせている紀州のドンファンが良い例かもしれません。

あのドンファンはお金をちらつかせて、女性を自分の物にしていました。

確かにお金は魅力的だとは思います。

しかしお金で全て解決する訳ではありません。

そういう事をアピールする人間は狡いですし、大した人間じゃないと判断されてしまいます。

自分の本質を知ってもらいたいのであれば変なアピールはしない事ですが、渋みのある男性はそんなしょうもないアピールをせずとも凄みが分かるのでときめ女性がたくさんいます。

7.常に冷静

渋い人は常に冷静沈着で、慌てる事がありません。

ただ冷静と言っても冷たい訳ではないです。

言うなれば風に揺られる柳みたいなものですね。

自然の流れにそって環境に適応しているので、凄くナチュラルなんですよ。

心構えが全然違います。

大人というよりも色んな事を経験しているからかもしれませんが、女性のように感情で行動する事などまず有り得ません。

感情で行動する事は愚かだと思っている節もあり、それゆえ女性の事を一歩引いて見ている渋い男性も少なくないです。

どんな状況でも焦ることは意味のない事という感慨を持っているため、冷静に行動出来る人が多く、仕事のミスもないですね。

冷静でいる分、一緒にいるととても落ち着きます。

特に自分が感情的になってしまっている状態ほど、渋い人間と一緒にいると怒ってるのがアホらしくなっちゃうんですよ。

むしろ自分が感情的過ぎてダサいと思ってしまうので、渋い人を見習って行動に気を付けようと思う事も出来ます。

一緒にいて自分も学ぶ事が出来ると思えるような人間といると、得をした気分にもなるでしょう。

【冷静沈着な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

8.叱ることができる

常に冷静沈着で物事をフラットに見る事が出来るため、善悪の判断が正しく出来ると言っても良いでしょう。

叱ると言っても決して頭ごなしにしかりつけるような真似はしません。

渋い人は冷静に人を見る事ができます。

そしてさりげない優しさを持っている人間でもあるのです。

相手を叱りつける場合、頭ごなしでは決して怒らず、相手に見合った叱り方をすると思って下さい。

単純に叱るというと怒鳴りつけるみたいなイメージを持っている人がいますが、そもそも叱るとは冷静に注意をするという事です。

どこがどう悪かったのか、こうした方が良くなるという改善策も言ってくれるのでアドバイスも的確なんですよ。

正直自分にある程度自信がないと叱るなんていう事はできませんし、相手に嫌な顔をされたくないからといって、叱る事が出来ないという人も増えています。

叱り方を間違えてしまうと相手は自信をなくしてしまいますし、嫌な顔をされて反抗されてしまうかもしれません。

大体叱る時って感情的に怒っているような人も多いですからね。

そのくらい叱り方って難しいんですよ。

渋い人は冷静、そしてさりげない優しさをもっている人でもあるため、注意する係りに向いています。

理想的な上司とも言えるでしょう。

渋い男性はモテる(まとめ)

渋い男性は間違いなくモテます!

見た目は地味で色気はないかもしれません。

しかし本質は渋みのある男性の方がずっと素敵ですよ。

お金を持ってるアピールや自分凄いアピールしてくるような愚かな男性よりもずっと良いですね。

良いものというのは自分からアピールしてくる事はありません。

そもそもアピールする必要がないからです。

陶器などはともかく、人間が渋みを帯びるのは結構年上か成熟した精神の持ち主でないと難しいでしょう。