CoCoSiA(ココシア)

「怠慢」とは?意味や使い方、「怠惰」との違いをわかりやすく解説!


今回、ご紹介致しますテーマは「怠慢」です。

この「怠慢」、日常生活の中でもちょくちょく、使う言葉ですよね。

さてでは、「怠慢」とは」どういう意味があって、どういった状況を指してそう言うのでしょう?

あまり深く考えたこともない言葉かも分かりませんが、仕事においてもスポーツの世界においても結構使われる言葉なので、覚えておいて損はないでしょう。

それではじっくりと「怠慢」についてみていく事に致しましょう。

怠慢な人にならないために!

「怠慢」は決していい意味で用いられる言葉ではありません。

むしろ悪い意味で捉えられる方が圧倒的に多い言葉であります。

それではこの「怠慢」の意味からみていくことにしましょうね。

怠慢とは?

では、「怠慢」についての具体的な意味をみていきましょう。

当然しなければならないことをしていない

「怠慢」の意味として最も広く理解されているものは、「当然しなければならない事があるのに、怠けてしなければならない事をしていない状態」を指して言います。

「怠慢」というものは、基本的には「怠け」という事になります。

自分が今日、やらなければならない事をダラダラするだけで、結局やらない。

明日に伸ばしてしまう。

そして明日になってもまた何だかんだと言い訳を言ってやらない。

このような状態になっている事、及び人を指して「怠慢」という事になっています。

そこでそれぞれの漢字を分解してみてみますと、「怠慢」の「怠」は書いて字の如し「怠ける」という意味になりますね。

これは今更、何の補足説明もいらないでしょう。

そしてもう一つの「慢」。

これの意味は「心が緩んでいて、締まりがない状態」を表しています。

つまり怠けている状態を外見的に表現してしる様、とでも言ったらいいでしょうか。

「怠慢」とは誰の目から見ても「怠けてダラダラしている態度、あるいは行い」という事でいいでしょう。

怠慢の使い方とは?

それでは次に「怠慢」の使い方についてみていきましょう。

「怠慢」の意味が「やらなければいけない事があるのにやらないでさぼる」という意味からも分かるように、自分自身に果たされた約束の行使や仕事の期限までの完成、あるいはスポーツの選手がこなさなければならない練習のメニューを最後までやらない、などといった情景全般に対して使われます。

よく耳にする言葉としては「職務怠慢」というものがありますね。

これは自分が履行しなければならない使命や仕事などに対して、結果をわざと先延ばしにしたり、ヤル気を起こさずにダラダラ日々を過ごす光景をいいます。

よく政治家が問題の先送りを行う事に対して、対抗馬の野党から「職務怠慢だ!」とい批判が飛んできたりしますが、まさにこういった展開で使われる言葉が「怠慢」という事になるのです

怠惰とは?

では次に参りましょう。

今度は「怠慢」とよく似たような言い回しになる「怠惰」についての説明です。

「怠惰」と「怠慢」。

どちらもよく聞く言い方ですよね。

では、意味的には一体どうちがうのでしょうか?

怠けていてだらしがないこと

「怠惰」の意味の1つ目は「怠けていてだらしがないこと」です。

思い出してください。

先ほどの「怠慢」の意味を。

「怠慢」も怠けている事に関しては同様でした。

しかし「怠慢」には「しなければならない事」がありましたよね。

つまり、仕事においてもスポーツにおいても趣味においても、何らかの目標設定があるということです。

ところが「怠惰」には何かを行うべき目標すらも存在していません。

要するに毎日が無目標で生きる望みすら見いだせていない、というところに「怠慢」と大きく違う特徴があるのです。

そのような状態を周囲の人が見たら、必ずや「だらしない」という印象で見られてしまうのも「怠惰」の特徴でしょう。

人間という生き物は、生きる上に置いての何らかの目標や夢があるからこそ、目力が目に宿り、イキイキとなって生気を漲らせて生きてゆく事が出来るのです。

そしてそのような精神状態の時は傍から見ても実にエネルギッシュで見ていて気持ちがいいくらいの印象を受けるものなのです。

ところが「怠惰」になってしまっている人からは、そのようなカケラすら見出すことが出来ません。