今回、ご紹介致しますテーマは「怠慢」です。

この「怠慢」、日常生活の中でもちょくちょく、使う言葉ですよね。

さてでは、「怠慢」とは」どういう意味があって、どういった状況を指してそう言うのでしょう?

あまり深く考えたこともない言葉かも分かりませんが、仕事においてもスポーツの世界においても結構使われる言葉なので、覚えておいて損はないでしょう。

それではじっくりと「怠慢」についてみていく事に致しましょう。

怠慢な人にならないために!

「怠慢」は決していい意味で用いられる言葉ではありません。

むしろ悪い意味で捉えられる方が圧倒的に多い言葉であります。

それではこの「怠慢」の意味からみていくことにしましょうね。

怠慢とは?

では、「怠慢」についての具体的な意味をみていきましょう。

当然しなければならないことをしていない

「怠慢」の意味として最も広く理解されているものは、「当然しなければならない事があるのに、怠けてしなければならない事をしていない状態」を指して言います。

「怠慢」というものは、基本的には「怠け」という事になります。

自分が今日、やらなければならない事をダラダラするだけで、結局やらない。

明日に伸ばしてしまう。

そして明日になってもまた何だかんだと言い訳を言ってやらない。

このような状態になっている事、及び人を指して「怠慢」という事になっています。

そこでそれぞれの漢字を分解してみてみますと、「怠慢」の「怠」は書いて字の如し「怠ける」という意味になりますね。

これは今更、何の補足説明もいらないでしょう。

そしてもう一つの「慢」。

これの意味は「心が緩んでいて、締まりがない状態」を表しています。

つまり怠けている状態を外見的に表現してしる様、とでも言ったらいいでしょうか。

「怠慢」とは誰の目から見ても「怠けてダラダラしている態度、あるいは行い」という事でいいでしょう。

怠慢の使い方とは?

それでは次に「怠慢」の使い方についてみていきましょう。

「怠慢」の意味が「やらなければいけない事があるのにやらないでさぼる」という意味からも分かるように、自分自身に果たされた約束の行使や仕事の期限までの完成、あるいはスポーツの選手がこなさなければならない練習のメニューを最後までやらない、などといった情景全般に対して使われます。

よく耳にする言葉としては「職務怠慢」というものがありますね。

これは自分が履行しなければならない使命や仕事などに対して、結果をわざと先延ばしにしたり、ヤル気を起こさずにダラダラ日々を過ごす光景をいいます。

よく政治家が問題の先送りを行う事に対して、対抗馬の野党から「職務怠慢だ!」とい批判が飛んできたりしますが、まさにこういった展開で使われる言葉が「怠慢」という事になるのです

怠惰とは?

では次に参りましょう。

今度は「怠慢」とよく似たような言い回しになる「怠惰」についての説明です。

「怠惰」と「怠慢」。

どちらもよく聞く言い方ですよね。

では、意味的には一体どうちがうのでしょうか?

怠けていてだらしがないこと

「怠惰」の意味の1つ目は「怠けていてだらしがないこと」です。

思い出してください。

先ほどの「怠慢」の意味を。

「怠慢」も怠けている事に関しては同様でした。

しかし「怠慢」には「しなければならない事」がありましたよね。

つまり、仕事においてもスポーツにおいても趣味においても、何らかの目標設定があるということです。

ところが「怠惰」には何かを行うべき目標すらも存在していません。

要するに毎日が無目標で生きる望みすら見いだせていない、というところに「怠慢」と大きく違う特徴があるのです。

そのような状態を周囲の人が見たら、必ずや「だらしない」という印象で見られてしまうのも「怠惰」の特徴でしょう。

人間という生き物は、生きる上に置いての何らかの目標や夢があるからこそ、目力が目に宿り、イキイキとなって生気を漲らせて生きてゆく事が出来るのです。

そしてそのような精神状態の時は傍から見ても実にエネルギッシュで見ていて気持ちがいいくらいの印象を受けるものなのです。

ところが「怠惰」になってしまっている人からは、そのようなカケラすら見出すことが出来ません。

目に光はなくなりけだるそうで呼吸をすることすら面倒くさい。

といった風情を感じてしまうのです。

これが「怠惰」という行いの決定的な説明となるでしょうね。

単に怠けていること

「怠惰」の意味の2つ目は「単に怠けていること」です。

要するにただ怠けているだけ、という事ですね。

しかしながら、この「単に怠けている」にはやりたい事とか、人生の目標だという崇高なものは存在していません。

ただ、毎日を自堕落に過ごしているだけです。

これも「怠惰」の大きな特徴の一つといえるでしょうね。

とにかく、人間、何もすることがなくただ毎日をダラダラブラブラ生きることは後で振り返ってみたら非常に後悔するべき瞬間です。

そう、あなたが五体満足な身体で生まれ精神にも特別なハンディがない状態で生まれているのなら、大いに恥ずべき行為だと思わなければなりません。

世の中には今触れたような身体的・精神的ハンディを背負って生まれてきたにもかかわらず、それらを億尾にも見せずに必死になって生きている人達が数多くいることを。

そういった現実を垣間見てそれでも尚、「怠惰」な毎日を送るなら、もう何も申し上げることはありませんけれどもね。

怠慢とはどう違う?

では、次に参ります。

「怠惰」は「怠慢」とはどう違うのでしょうか?

先ほど、少々触れていますがここではさらに突っ込んで見てまいりましょう。

当然やるべきことがあるか否かが前提

「怠慢」と「怠惰」の大きな違いは「怠慢」には「当然やるべきことがある」ということが最大の要因となっています。

つまり、生きていく上でやるべきことを自分自身で持っているか、それとも否か、が大前提というわけです。

よって「怠慢」を張っている人の方が生きていく上ではまだまだましでしょうね。

それはやるべきことを一時的にサボっているだけで最終的には、やるべきことをしっかりやっているからです。

それに較べて「怠惰」の方は褒めるべき点も何もありません。

まさに「生ける屍」状態です。

きちんと働きもせず親のすねをかじってのうのうと生きているだけです。

こうなってしまったら本当に手の施しようがありません。

そういった意味では、一応毎日きちんと会社に勤めに行っているがこれといった目標がなく毎日を有意義に過ごせていない、という人に関しては「怠惰」とは言いませんからね。

そういった人達は、まだ自分の人生目標を見つけられていないだけですから。

だから焦らずに今の生活ベースを崩さずにコツコツ頑張ってもらいたいものです。

「俺、私にとっての人生目標はこれだ!」と言い切れる人ってそうそういませんからね。

皆、具体的な目標を持てずにそれでも自分を見失うことなく生きているのですからね。

すぐ怠慢になる人の特徴とは

それでは次に参りましょう。

次はすぐ怠慢になってしまう人の特徴について考えることにしてみましょう。

疲れやすい


すぐ怠慢になる人の特徴の1つ目は「疲れやすい」です。

この理由を言う人、世の中に五万といるでしょうね。

ちよっと動いたり人から言われた用事を片付けただけで「ああ、疲れた、疲れた」とすぐに言う。

それどころかトイレから用を足して出てきても「疲れた」。

外から家に帰ってきただけで「疲れた」。

お風呂に入って出てきても「疲れた」。

あなたの身の回りの人にこのような人、いませんか?

そもそも「疲れる」という行為は肉体的な部分が多勢を占めるはずです。

まだ体力が十分でない子供が1時間以上の立ち仕事をやらされたら、そりゃ、「疲れた」とすぐに言って寝込んでしまうでしょう。

問題は体力的に何の問題もないはずの20歳前後の人がそのセリフを吐く事です。

たかが1時間程度の立ち仕事で心身共に疲れ果てるはずなど無いのです。

逆にその仕事に対する面白さを発見してますます立ち仕事に精が出るはずなのです。

つまるところ、「怠慢」な人がすぐ「疲れた」と言うのは精神構造の問題と言えるでしょう。

つまり「サボりたい」「楽をしたい」という一心なのでしょう。

人間、「楽」というものを覚えてしまったら最後、止まることなく「楽」を追求していきます。

そしてどんどん「怠慢」と化していくわけです。

すぐに「疲れた」と言う人は既に「老人化」が始まっているか精神の退廃が始まっているかのどちらかでしょう。

人を利用して自分の代わりにさせる

すぐ怠慢になる人の特徴の2つ目は「人を利用して自分の代わりにさせる」です。

この理由も人を「怠慢」にさせてしまう怖い特徴ですね。

「人を利用して自分の代わりにやらせる」、つまり自分は楽をして他の人にしんどいところをやらせているわけですね。

こういった生き方が積もり積もってゆくと、間違いなくその人にやってくるのは「未熟」と「不完全」です。

そう、そういった人達は「経験」や「体験」を自ら放棄しているのです。

これでは新たに自身が成長していくための機会を自ら削ぎ取っているようなもの。

その時は楽をして涼しい顔が出来ても、来たるべき近い将来、あなたは自ら大きな墓穴を掘る事を覚悟しないといけないのです。

人間、労を惜しんではいけません、進んでしんどい事でもやっていくべきなのです。

そうすればどんどん経験が積まれてゆき自信というものが誕生するのです。

そう言えば「怠慢」を覚えてしまった人達に、肝心な時の「勝負強さ」を持っている人って見た事ないですね。

人を利用して自分が楽をしてきた「ツケ」が回ってきたということでしょうね。

何でも面倒くさいと思う(言う)

すぐ怠慢になる人の特徴の3つ目は「何でも面倒くさいと思う(言う)」です。

人間は文化的で快適な暮らしを行おうと思ったら、やらなければならない事がたくさんあるのです。

掃除、洗濯、衣類の整理・整頓、お風呂の準備や掃除、料理、その後片づけ、などなど。

一般的に「家事」と呼ばれていることを手を抜かずにきちんとこなせる人というのは大よそにおいて几帳面で人に対して「あれやって」とか「これやって」といった他力本願の姿勢は微塵もみられないでしょう。

そのような人のおうちにお邪魔したら、とても清潔で余計なものもない非常に馴染みやすいおうちの構造に感嘆することでしょう。

そしてそのような人達にはこれっぽっちも「怠慢」に該当する箇所はないのです。

要するに何事に対しても「面倒くさがらない」性格だから成し得る技なのです。

残念ながら人間の多くは「面倒くさがり」が圧倒的に多いと言えるでしょう。

何でも簡単に済ませる気持ちは分からないでもないですが、それによって空いた時間に何をしているいかというと、さして生産的な事は何もやっていないのが実情でしょう。

まあ、何も家にいる時に一切、楽をしてはいけないとは言いませんが、手を抜くところとそうでないところの「けじめ」はしっかりしておいてほしいものですね。

結局、手間暇かけて作ったものには「面倒くさい」と言う人の結果など一切通用しませんからね。

自分に甘い


すぐ怠慢になる人の特徴の4つ目は「自分に甘い」です。

これは先ほどの「面倒くさい」ともリンクする特徴です。

つまり、自分に甘いから手を抜く。

そしてそれが日常化し、万事がそれでいい、という理屈になるわけです。

確かに自分に甘くやってみたところで、家の中だったら外部の人間の誰にも迷惑はかけないでしょう。

そこに「面倒くさい」という精神も宿ってくるわけなのです。

「自分に甘い」は一種の「躾」や「けじめ」の不成功とも言えるかも分かりません。

そしてそれは「世間知らず」にも繋がって行き世の中に出たら全然、通用しない人間になってしまうかもしれない、恐ろしい要因なのです。

世の中に出て「面倒くさい」と言ったり、自分に甘い決断ばかりで満足な仕事も出来ないとしたら、あなたは一体どうしますか?

自宅内では「怠慢」でもいいですが、一歩外に出たら「怠慢」な人は全く通用しない、という事を胆に銘じてくださいね。

【自分に甘い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

部屋の中が汚い

すぐ怠慢になる人の特徴の5つ目は「部屋の中が汚い」です。

まあ仕方がないでしょう。

「怠慢」の人の特徴をここまで紹介してきました結果を分析したら当然の事と言えるでしょう。

「自分に甘くて面倒くさがりですぐに疲れたと言い、人に平気でやらせる」。

これだけの要素が組み合わされれば当然の帰結と言えるでしょう。

恐らく怠慢な人は部屋の中にキノコが生えていたとしても気づかないでしょう。

もはや人間らしい生活を望む事も出来ません。

これでは素敵な異性を部屋に呼ぶことなど永遠に無理でしょうね。

いくら外見を着飾ってみても私生活のあらは隠す事など無理ですからね。

三日坊主

すぐ怠慢になる人の特徴の6つ目は「三日坊主」です。

この特徴も致し方ないものでしょう。

目標や計画を決めてもそれの達成のための実践をサボるのですから仕方ありません。

こういう部分に自分の甘さというものが存分に発揮されてしまう、という訳です。

そもそも三日坊主になる人というのは、立てる目標や計画が無謀であったり高望みのし過ぎであったりもするわけです。

何かを達成しようと思えば一足飛びに行えたらいいですが、大抵の場合、時間が必要とされます。

つまり三日坊主の人はたったの三日間で名人芸並みの達成を求めているのです。

これでは何をやろうとしても最後まで続かないでしょう。

続けるためには身近なところから目標を立てて一歩一歩、時間をかけて到達しようとする意気込みが求められるものです。

まずは自分が出来そうな身近な目標から立ててやり遂げてみませんか?

目標を達成したり成功体験が少ない

すぐ怠慢になる人の特徴の7つ目は「目標を達成したり、成功経験が少ない」という事です。

「怠慢」の意味でも触れました通り、怠慢な人は「やらなければならない事があるのにやらない」、でしたよね。

その理由がこの特徴に隠されていたのです。

これは先の三日坊主にも共通しますが、要は無理な計画や目標を立ててしまったので今までで一度もやり通したことがなかったり、成功体験を納めた事もない、という結果になっているのです。

だから、いつも最後までやり通さず、途中で挫折するのです。

そしてそれが癖になってしまっているのです。

生きていく上において、そして社会に出て役に立つ人間になるためにも若いうちに成功体験もそうですが、むしろ「失敗体験」をたくさんしておいて欲しいのです。

その経験が必ずや生きてくる局面が来ますから。

だから、人生において無駄な事は一つもないのです。

「失敗は成功の母」です。

これ本当です。

だからいじけずくじけず気持ちを前向きにして頑張っていきましょうよ。

時間やお金を無駄遣いする

すぐ怠慢になる人の特徴の8つ目は「時間やお金を無駄遣いする」です。

まあこの特徴も致し方ないでしょう。

本当の自分の力量というものを掴んでいないのです。

どうやったら自己投資になってどういうものが無駄遣いなのか、の全引きが理解できていないのです。

つまり欲しいものがあったら、衝動買いになってしまうパターンなのですよね。

そして三日坊主の本能が出て、買ったものはすぐに物置きコーナーに行ってしまうのです。

とにかく「管理」という感覚がありませんので何が貴重なものなのか、という真意も分かりません。

だから時間もお金も無駄遣いになってしまうのです。

このあたりに計画性と目標の設定・実行という能力の欠如が出てしまうのです。

できる理由よりもできない理由を先に考える

すぐ怠慢になる人の特徴の9つ目は「できる理由よりもできない理由を先に考える」です。

この特徴、実は簡単に見過ごす事が出来ない特徴です。

それはこの特徴が「言い訳」の温床になっているからです。

「〇〇がないから出来ません」「私の今の力では無理なのです」「〇〇さんが非協力なので間に合いませんでした」と、出来ない理由は実に様々です。

そしてそこに共通するのは自身の無能さを隠し通そうとしている姿です。

物事を途中ですぐ諦めてしまう人の最大の言い訳は、恐らく「面倒くさい」で締めくくられてしまうでしょう。

「面倒くさい」と言っておけば、本当は自分には問題を処理する能力があるのだが、気が乗らないとかその気にならないとかの理由を言い訳にして結局、行なわなくても許される、という甘い打算があるのです。

こういった手口、社会人となって仕事に携わる身になったら一切、通用しませんからね。

今、もしあなたがこういう性格ならば一日も早く気づいて修正してもらいたいものです。

貯金できない

すぐ怠慢になる人の特徴の10個目は「貯金できない」です。

これは時間管理やお金の管理が出来ない故に起こってしまう事象でしょう。

貯金というのは収入と支出のバランスをしっかり把握しているからこそできるものです。

いくら貯金が大好きと言っても、毎月の生活費は否が応でも必要です。

その分を差し引かないと無理のある貯金になってしまいます。

しかし、本当に怠慢な人はお金が入ってきたら無計画に使ってしまうようですね。

そうなってしまえば自活するなどという事も到底、無理になってしまうでしょう。

ここにも計画と目標のバランス感覚が欠けていることを露呈してしまっている結果になっているようですね。

平気で嘘をつく

すぐ怠慢になる人の特徴の11個目は「平気で嘘をつく」です。

これは怠慢な性格というよりもむしろ、無神経さの方が勝っているかも分かりませんね。

いくら怠慢な癖があるとは言っても、人に対して平気で嘘をつくというのはプラスアルファの何物かが作用していないと考えにくいところがあります。

ただの怠慢な人ならばそこまでして嘘をつく必要もありませんからね。

恐らく、自身の記憶力や発言の信憑性について本人にも自覚がないのかも分かりません。

だから、物事を中途で放棄してしまっても平然としていられるのかも分かりませんね。

勿論、全ての怠慢な人がこういった性格だとは言い切れません。

中には本当に悪意を持って嘘をついている人もいるかも分かりませんからね。

そういったところを周囲の人が見わけがつく訳もないので、やはり特徴的に「怠慢」な人は嘘をつく人、と見られてしまっているのでしょう。

甘やかされて育った

すぐ怠慢になる人の特徴の最後の12個目は「甘やかされて育った」です。

今までいろいろとすぐ怠慢になる人の特徴をご紹介して参りましたが、全ての根底にある原因がこれなのでしょう。

「甘やかされて育った」という要因です。

人間、甘やかされてしまうと集中力や継続力が著しく弱くなってしまいます。

それはギリギリの線で勝負に対しての執着心がなくなってしまうというか、肝心な時になると急に及び腰になってしまいその場から逃げ出したくなる、という性格になってしまう傾向があるからです。

これは今まで親から散々、甘やかされてきたため、何をやっても怒られない、叱られない、よって反省する必要がまるでない、という生き方をしてきたからです。

こういった背景があって今まで生きてきたのなら、そりゃあ周囲の人がいくら教育しても無理かも分かりませんね。

子は親から受ける育てられ方に対して一遍の疑いも持たないのですから。

よって、物事を途中で投げ出そうがサボろうが、今まで全くお咎めなしだったのですから「ヤル気」が出るはずがありませんよね。

「怠慢」な人の性格を構成する最もベースになる部分が「甘やかされ」である以上、大きな変化を期待する方がいけないのかもしれませんね。

怠慢な人に対する周囲の目は?

では次に参ります。

このような「怠慢」な人に対して。

周囲の人はどのような目をしてみているのでしょうか?

高慢な人に対する周囲の目についてみていきたいと思います。

全部で5個のご紹介となります。

信用できない

怠慢な人に対する周囲の目の1つ目は「信用できない」です。

この要因が全てを物語っているでしょう。

物事を最後までやり通さずいつも途中で投げだしてさぼってばかりいたり楽ばかりしている人に対して、どのようにして「信頼感」というものを作り出したらいいのでしょうか?

人間は、相手の人を信用する際にその人の言っていることだけで全てを信用するわけにはいきません。

言動一致。

即ち、発言していることとやっていることに大幅な矛盾がないかどうかを見極めていきるのです。

それが納得いくレベルで行っていない事にはその人を頭から信用する事は恐らくできないでしょう。

反面教師

怠慢な人に対する周囲の目の2つ目は「反面教師」です。

「反面教師」とはその人の性格や言動などにおいて、どちらかと言えばよくない部分、悪い部分を見習わないようにする行為・行動を指しています。

よってここで言う場合の「反面教師」は「怠慢」な人の良くない部分を指しているのです。

つまり全力投球せず、やらなければならない事を途中で投げ出して周囲の人に迷惑をかける行為・行動をいっているのです。

「怠慢」な人がこうやって周囲に人の「反面教師」になっている事を、当の本人がどれくらい認識しているかは定かではありません。

しかし、これは世間の人の目から見た一種の「警告」です。

それを気づかずにそのままずっと「怠慢」な生き方を繰り返していたら、今に手痛い痛手を受けてしまうことでしょうね。

物やお金を貸したくない

怠慢な人に対する周囲の目の3つ目は「物やお金を貸したくない」という事です。

人間関係は様々な約束事や契約ごとで成り立っています。

そんな中の一つに金品の貸し借りも含まれてきます。

あなたが会社の同僚が急な出費で困っている時、普通に良好な人間関係を築いているとしたら、いくばくかのお金を貸してあげることはあり得るでしょう。

それはその人が信用に値する人間と判断できるからの行動なのです。

つまり、貸したお金は期日までにきっちり返してくれる、という安心感ですね。

ところがそれを「怠慢」な人に同じような気持ちで出来るかと、言えば恐らく答えは「ノー」でしょう。

それは「怠慢」な人が約束を守ってくれるかどうか、甚だ疑問だらけだからです。

大体において人間関係が崩れるきっかけというのは、人から借りたものを返さない、という行為です。

それは「物」であっても「お金」であっても同じことですね。

よく言いますよね。

「金の切れ目は縁の切れ目」と。

つまり「怠慢」な人の日頃の行動を間近で見たならとても自分にとって貴重な「物」や「お金」を貸す気にはなれない、という事なのですよね。

これが世間一般から「怠慢」な人への「反面教師」としての姿でしょう。

態度が大人げない

怠慢な人に対する周囲の目4つ目は「態度が大人げない」です。

「怠慢」な人の精神構造。

お世辞にも「大人の精神構造」とは呼べないでしょう。

むしろどちらかと言えば「幼稚」っぽい所が多分にあるように思われます。

それはやらなければならない事を途中で投げ出してサボっているからです。

このような態度をあけっぴろげに見せられたら誰だって敬遠したくなるでしょう。

それはその態度があまりにも「大人げない」からです。

「大人げない」ということは「子供っぽい」「幼稚」という事に言い換えらます。

誰が社会人にもなって、そのような尺度で自分の事を見てもらいたい、と思うでしょう。

そんな目で自分の事を見られたら甚だ迷惑であるし自分の評価にも大きな悪影響を被ってしまう事でしょう。

世間の人は「怠慢」な人の事を反面教師にして「自分は大人げない態度だけはとらないようにしよう」、と肝に銘じていることでしょうね。

周囲が言動を見張っていないと危なっかしい

怠慢な人に対する周囲の目の最後の5つ目は「周囲が言動を見張っていないと危なっかしい」です。

これは今まで紹介して参りました「怠慢」な人の集大成の如く、全てを言い表した「反面教師」ぶりと言えるでしょう。

要するに「怠慢」な人は組織では浮いた存在、言い換えれば「通用」しない人間、という見方をされているということになるからです。

だから、誰かが「怠慢」な人を常に見張って、何かおかしな言動を始めたらただちに上司に報告しなければいけない必要性が絡んでくるからです。

重要な仕事は任せられない

そしてもう一つ、言えることは「怠慢」な人に会社の重要な仕事はとても任せることは出来ない、という事です。

その部分を周囲の人たちは「明日は我が身」にならないよう、反面教師にしているのです。

もし、自分がそのような「怠慢」な人と同じように見られてしまったら一大事ですからね。

よって、「怠慢」な人が身近にいるという事は、常に自分の行いを律することができる存在として意識し、自身がそういった人間にならないよう常に心に楔を打っておく事を心掛けるべきなのです。

まとめ

如何だったでしょうか?

今回は「怠慢」について

・怠慢とは?
・怠惰とはどう違う?
・すぐ怠慢になる人の特徴とは
・怠慢な人に対する周囲の目は?

という項目を中心にして紹介して参りました。

人間というものには大人になっていくにつれて「責任」というものがいつの間にかくっついてきます。

特に大学を卒業して晴れて社会人の一員となった頃からその傾向は顕著になります。

それなのに、社会人になっても今までの学生生活の癖が抜けないで、怠けていると必然的にあなたは「怠慢」な人物、という有難くないレッテルを貼られるわけなのです。

如何でしょう?社会に出てから低評価な人間というレッテルを受け容れることができますか?

まあ、普通の感覚を持っていたらそのような人物には絶対、なりたくないと思いますよね。

よって、自身が「怠慢」な人間と見なされないよう心を厳しく持って生きていきましょう。

それがあなたにとって最低限の生きていく「務め」だと思えるようになることだと思いますよ。