エレガントな女性に憧れますよね。

今回はエレガントな女性になる為の方法を分かりやすくご紹介していきます。

そもそもエレガントって何?って事やエレガントな女性の特徴もご一緒に紹介していきますね。

エレガントな女性の10個の特徴

まずはエレガントな女性の特徴を厳選して10個を分かりやすくご紹介shて行きますね。

もしかしたら既にエレガントな女性なのかもしれませんよ。

エレガントって何?と思う人も必見です。

エレガントな女性の特徴が分かれば今日からあなたもエレガントな女性になれますよね。

表情がいつも穏やか

エレガントな女性は表情が穏やかな女性が多いです。

常に落ち着いていて冷静な感じがしている人がエレガントだなと思うのです。

表情が穏やかですと落ち着きさだけでは無くて優雅な気品まで醸し出すことができます。

喜怒哀楽があって表情豊かな人も当然魅力的なのですがエレガントさを身につけたいと思うのであれば表情豊かな感じよりも表情が穏やかで落ち着きのある状態を目指しましょう。

穏やかな表情を保つことを意識するだけで他のことまでエレガントに見合った行動や姿勢など自然と出来てしまいます。

まずはエレガントさを身につける場合は表情を穏やかにすることを意識しましょう。

身のこなしがしなやか

エレガントな人は身のこなしがしなやかなのは分かりますよね。

どんな状況でもその仕草や行動がしなやかで落ち着きのある上品さがあります。

表情が穏やかになる事で行動そのものも上品で穏やかな身のこなしができるのです。

エレガントになる為には無理に行動していてはダメです。

無理に意識して行動しているととっさの時に焦りが出てしまい落ち着きある身のこなしが出来ません。

落ち着きある身のこなしを身につけるためにはまずは表情を穏やかにするという意識が必要ですね。

表情を意識する事で自然と行動が伴ってくるのです。

行動や身のこなしだけを気を付けようと思っているだけですと予想外の不意な出来事が起こった時に表情や身のこなしが急にぎこちなくなってしまいます。

エレガントさを身につける場合には順番に身につける必要がありますね。

ちょっとした動作に出る

エレガントな人はちょっとした動作にもエレガントさが伺えます。

常日頃の所作からエレガントさが醸し出されているのです。

お出かけした時だけや御呼ばれに行った時にだけ注意して演じているようではちょっとしたときにがさつさが出てしまいます。

エレガントな人は常日頃から落ち着いてしなやかな所作を身につけています。

特定の場所だけでエレガントさを演じる事も良いのかもしれませんがどこかしらでボロが出てしまう可能性があります。

そんなことにならない為にも常日頃からエレガントな所作を身につけることが必要となります。

常日頃から落ち着きある身のこなしを意識する事でとっさの状況でもエレガントな身のこなしができます。

日常が伺えてしまう状況になってしまいますね。

簡単に言ってしまえば余裕のある行動をとれることが必要なのです。

人は余裕があると落ち着いて行動することができます。

この余裕こそがエレガントな身のこなしとなるのです。

言葉遣いが綺麗

エレガントな人は言葉遣いがとっても綺麗ですね。

言葉には言霊が宿ると言います。

自分が発した言葉には多くの意味が付随します。

同じ意味のことでも相手に伝える方法や言葉は多くありますよね。

言葉遣いによってその人の人となりを判断できると言っても過言ではありません。

言葉遣いが綺麗ですとそれだけでエレガントに見えます。

言葉遣いを綺麗にするためには言葉を的確に使えないといけませんね。

その場に適した言葉のチョイスができるようになりましょう。

敬語をきちんと使いこなせる

綺麗な言葉遣いには敬語をきちんと使いこなすことは必須なことになります。

敬語と言っても沢山ありますよね。

尊敬語に謙譲語、丁重語に丁寧語、他にも美化語など敬語といっても使う相手などによって変わります。

この敬語を的確に使う事が出来る人はエレガントな仕草も自然と身に付きます。

例えば「これ見て下さい」という言葉は一見すると下さいと言う言葉になりますので丁寧に言っている敬語とも思われますが相手に対して的確に言葉を選んだ場合には「こちらをご覧になって下さい」など他にも綺麗な言い方はありますよね。

この種類が多くある敬語を相手やその場所によって最適な敬語が使えるようになればエレガントな女性になることができます。

ただし、この敬語も大げさになってしまうと逆効果になってしまいます。

丁寧な言葉を使おうと思って過剰になってしまいますと…「こちら様をご覧になって下さいますでございます」など聞いていて…ん?って思ってしまう言葉になってしまいます。

丁寧な言葉遣いをしようと思っているその気持ちは相手には伝わりますが正しい使い方ではありませんよね。

敬語に慣れていない人は他にもこんな間違いもしてしまいます。

「分かりました」という言葉を「承知いたしました」にするつもりが「承知いたしまする」や「左様でございまする」など武士のような言葉遣いになってしまう場合も多いのです。

確かに将軍様などに使えている武士の言葉は丁寧な言葉には変わりませんが現在の敬語としてはインパクトが強すぎですよね…
エレガントな女性としてでは無くて武士や戦国の人と思われてしまうかもしれません。

他には少しの違いで敬語が変わる言葉も多いです。

先の「承知いたしました」を「承知しました」という人も多いですよね。

この違いは分かりますか?

「~いたしました」と「~しました」ですねこの違いは他にも「お願いします」と「お願いいたします」の場合でも「お願いします」と使ってしまう場合が多いです。

正しい敬語を正しく相手や場所に合わせて使う事の出来る人がエレガントな女性になります。

エレガントなだけではなく敬語は社会人としては出来て当然の敬語も多いです。

TPOに合わせて的確に使い分けは出来るようにしておきましょう。

エレガントさだけではなく仕事やプライベートでも絶対に役に立ちます。

エレガントさも身につけながら仕事やプライベートでも成功して充実させることが出来る敬語は身につけて損はないですね。

汚い言葉は絶対NG


エレガントな女性になる為には敬語は勿論ですが汚い言葉は絶対に使わない事です。

いくら顔の表情や仕草がしなやかで可憐だとしても汚い言葉遣いをしたらそれだけでエレガントさは皆無になってしまいます。

ほんの些細な言葉でも人は敏感にとらえます。

特に汚い言葉には敏感で容姿や見た目は見繕って演じていても中身が伴っていないとも思われてしまいます。

ちょっとした所作や言葉遣いによってその人の人となりを判断されてしまうのです。

逆に言葉使いが丁寧で所作もしなやかで可憐な人はどんなお洋服を着ても様になるという事です。

見た目をいくら着飾ってもこの内面から醸し出されるエレガントさはそれなりに続けていないと出すことは出来ません。

普段からエレガントな所作と言葉遣いを身につけるために意識してみると良いですね。

自分でも気が付かない内にエレガントな女性になっていますよ。

髪の毛が長い人が多い

エレガントな女性は髪の毛が無いが人が多いです。

コレは視覚からの情報によってエレガントさを身につけるという方法ですね。

ヘアースタイルでもエレガントさは身につけられるのです。

ショートヘアーではエレガントではないの?と思われた人もいるかもしれませんがショートヘアーでも勿論エレガントな女性になる事はできますがヘアースタイルをショートヘアーでエレガントさを出すには美容師さんの技術力が高く無ければ難しいですね。

できないことはないのですがどちらかというとショートヘアーの場合エレガントよりもモードやコンサバティブといったイメージが強くなってしまいます。

ただ、長ければいいってものでもありませんよ。

長い髪の毛でもただ伸ばしていて伸ばしっぱなしの髪の毛では当然エレガントではありませんね。

長い髪をキレイにセットしている女性こそがエレガントに見えるのです。

例えば長い髪の毛でもカラーリングやカットで全体のシルエットを整えることで顔のバランスやボディーラインや洋服と合わせた全体のバランスを整えることができます。

パーマスタイルでもウエーブやカールでエレガントさを出すことができます。

職場や学校などでパーマが無理な人には巻き髪アレンジも豊富に可能ですね。

髪の毛が長い事で優雅で上品なヘアースタイルにすることが簡単になるのです。

アレンジが豊富というのが長い髪の最大の利点になります。

この利点を活かしてメイクや洋服など様々な状況に合わせてアレンジすることでエレガントな女性になることができます。

ただ長い髪の毛では無くてお手入れした綺麗な長い髪がエレガントな女性のカギとなります。

姿勢が良い

エレガントな女性は姿勢が良いです。

姿勢が良いのはとても多くのメリットがあります。

例えば姿勢が良いとスタイルが良く見えます。

背も高く見えて足も長く見えるのです。

姿勢が良いと内臓の位置も正しい位置になりますので痩せやすい身体にもなります。

見た目だけでなく内面からも綺麗でエレガントになれるのです。

姿勢が悪い人は今からでもはじめられる方法です。

エレガントさだけでなく他にも多くのメリットがありますので姿勢を良くすることからはじめても良いですね。

知的な話ができる

エレガントな女性は知的な話が出来なければいけません。

見た目だけがエレガントを装ってもいざ話をしてみると幼稚な話しかできないとなると中身が伴っていないと思われてしまいます。

エレガントな女性は相手に合わせて同じ話が出来るよう時事、教養なども含めて知的な話が出来なければいけません。

容姿だけでは無くて中身も伴っていないと話をした際に幻滅されてしまいます。

見た目も大切ですが豊富な知識も必要になります。

食事の仕方が綺麗


食事の仕方が綺麗なのもエレガントな女性の特徴です。

エレガントな女性は食べる際の所作も可憐でとてもきれいに食事をすることができます。

食事の仕方のよってもう一度一緒に食事をしたいなとも思われます。

お仕事やプライベートでも食事の仕方が綺麗ですと得する事が沢山あります。

エレガントな女性になる為だけでは無くて自分自身を成長させて人生を充実させてくれるのです。

食事の仕方が汚い人は何をしてもがさつで汚いイメージを持たれてしまいます。

食事は毎日必ず行う行為です。

この毎日の積み重ねであなた自身が判断されてしまいます。

美味しく食べることはもちろん重要ですが食べ方にも気を使って綺麗に食べる方法を身につけましょう。

周囲への気遣いができる

周囲への気遣いが出来る人は周りからエレガントに見られます。

自分のことで手一杯な人はとてもエレガントとは言えません。

先にお伝えした余裕がある人がエレガントな女性ですね。

自分に余裕があることでまわりの人に対する気遣いもできるのです。

余裕が無いとあたふたしてエレガントさは醸し出すことは出来ません。

エレガントな女性になる為には毎日の言葉遣いや所作など全てのことが当たり前に出来るようになってはじめてエレガントさが出せるのです。

言葉遣いや所作ばかり気にしていては余裕はうまれませんね。

毎日の積み重ねでエレガントさは身につけることができます。

誰にでもエレガントは身につけることができます。

自分のことばかり考えていてはダメ

周囲への気遣いをするためには周囲にも気を配らなくてはいけません。

その為には自分のことばかり考えていてはいけませんね。

常に周囲を気にしてとっさに行動できる余裕が必要です。

ただ、周囲ばかりを気にしすぎて自分を疎かにしてはいけません。

また、周囲ばかりを気にしすぎていると周囲の人ばかり見てヤラシイ人に見えてしまうかもしれません。

エレガントな女性は相手には分からない程度に気にかけているのです。

気にする事と気にかける事の違いが分かるようになればエレガントな女性になっていますね。

この違いが分からない人はもう少し自分磨きが必要です。

ここまでの項目を実践して自分磨きをして自分自身の自力を高めましょう。

自分自身のエレガントさの基礎ができることで自分に余裕がうまれます。

この余裕によってしなやかな所作や言動をすることができます。

周囲にもさりげない気遣いが出来るようになります。

気遣いとお節介の違いも分かるようになりますね。

人目をしっかり意識している

エレガントな女性は常に周囲からどう見られているのかを考えることができます。

人目を気にして今どういう行動をとったら良いのか、どういう接し方がベストなのか考える事ができるのです。

人目を気にする事で恥ずかしくなってしまう人もいるかもしれませんが自分自身に自信が出来ることで人目を気にして何も出来なくなるという事はありません。

自分に自信があって余裕のある人は人目を意識して自分演出の方法の一つとするのです。

この場面ではこういう行動をしたら周囲の人は素敵に思ってくれるという行動はどういう行動なのか把握しているのです。

ある意味目聡さが必要ですね。

自分演出が得意になる事もエレガントな女性には必要です。

エレガントな女性になる為に自分磨きをしてきたからこそできる自分演出の方法です。

いやらしさがある見え透いた演出では逆効果になってしまう場合もあります。

余裕がある自然な所作を身につけていれば効果的な自分演出が可能になります。

まずはここまでの項目を実践して自分磨きで言葉遣いと所作を身につけましょう。

もっと具体的で分かりやすい方法はこの後もう一度ご紹介しますね。

見えないところもお洒落をしている

エレガントな女性は見えないところでもオシャレに気を使っています。

どうせ見えないところだから大丈夫だろうなんて考えていません。

なぜエレガントな女性は見えないところまでお洒落をしているのだと思いますか?

見えないところまでお洒落することで自分自身のモチベーションを上げる事が出来ます。

さらに見えないところでもお洒落をしているという事は自分には隙が無いという気持ちになることができます。

隙が無い状態ですとどんな場面でも自分に自信を持って行動することができます。

いつ何が起きても大丈夫と余裕がうまれるのです。

他にも見えないところのお洒落を怠ってしまうと大事な場面で損をしてしまうかもしれないのです。

例えば見えない下着などにも気を使ってお洒落をしているといつ何が起きてもお誘いにもその時の自分の気持ちに素直に受け答えが出来ます。

意中の人からのお誘いに見えないところのお洒落をしていないと今日は遠慮しておきますとせっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあるのです。

エレガントな余裕や自身を持つこともできますし不意な状況にも的確な対応をすることが出来る見えないお洒落はするべきですね。

皆さんはどうですか?見えないところのお洒落はしていますか?

どうせ見えないからと怠っていませんか?

今日からでも始めることが出来る方法です。

騙されたと思って見えないところのお洒落をしてみませんか?

身が引き締まって自信が生まれることに気が付くはずです。

今まで自信が無くてできなかった事でも出来ると思える自分がいることに気が付くともいます。

お仕事やプライベートが上手くいくかもしれませんよ。

エレガントな女性を目指そう!

エレガントな女性を目指しませんか?

エレガントな女性は自分磨きの達人といっても過言ではありません。

自分に自信が持てて何をするにも余裕がうまれます。

余裕が生まれることで周囲への気遣いもできるようになり周囲からの評価も上がります。

お仕事もプライベートも充実してきますね。

それではまずはエレガントとはどういう事?ということを分かりやすくご説明していきます。

何となくで分かっているかと思いますが確認しながら見ていってくださいね。

エレガントとは?

エレガントとは上品で気品のある姿や形のことを言います。

優美で優雅なさまなどもエレガントになります。

エレガントとエレガンスを混同してしまう穂ともいますが根本的には全く違う言葉といっても過言ではありません。

間違えないように注意して下さい。

今回は簡単に両方の違いをご紹介しますね。

エレガントは上品な姿や形のことを言います。

エレガントに対してエレガンスは姿かたちの事では無くて同じような意味でも優雅さの概念のことを言います。

姿かたちの事では無くて概念を言っているのがエレガンスで具体的な姿かたちに対しての言葉がエレガントなのです。

この意味が分かると明確に使い分けができるようになります。

外見か内面かで使い分けても良いですね。

もしかしたらどちらでも似たような言葉だからどちらでも良いのでは?と思われる人がいるかもしれません。

しかしこの使い分けができる知識や教養を身につけることこそエレガントな女性へなる為の方法でもあるのです。

何となくで思っている知識と本当に知っている知識とではその深さに大きな違いがあります。

何となくで使っている言葉はお話をした場合に相手はこの人本当は分かっていないのかな?と思われてしまいます。

勘の良い人は意味が分かっていなくて使っていると悟られてしまいます。

こういった細かい知識も身につけていくと良いですね。

必ずしも美人である必要はない

エレガントな女性というと美人なイメージがありませんか?

しかしエレガントな女性に要求することは美人な容姿ではありません。

容姿がいくら美人だとしても到底エレガントとは言えない女性は多くいます。

逆に美人とは言い難い女性でもエレガントな女性と思われることは多くあるのです。

エレガントな女性とはいったいどういった女性なのかここまでで分かっているかともいます。

容姿だけではありませんよね。

容姿がいくら美人でも内面が伴っていなければエレガントではありません。

内面の気品が醸し出される

内面の気品こそがエレガントさを醸し出しています。

ここまで読んで頂いた人はもう分っていると思いますが、内面を磨くことで自分自身に自信を持つことができます。

自信持って行動することで相手に与える印象は大きく変わります。

例え少々間違った事でも自信もって行動することでそれが正解になることだってあります。

特にファッションなどでは通常からしたらおかしいなと思うファションでも自信もって着こなす事でそれもありかもと思わせる事ができます。

内面を成長させることで気品差を醸し出すことができますがそれと同時に自分の自信もついて堂々と立ち居振る舞いをすることができます。

この事で行動や言動にも余裕がうまれます。

内面を育てることでエレガントな身のこなしまで身につける手助けをしてくれますね。

エレガントなふりをしてもすぐにバレる

エレガントな女性になろうと考えるとほとんどの人は外見から入ろうとします。

外見はいつでも変えることは出来ます。

外見だけをいくら見繕っても中身が伴っていないとエレガントっぽく見せたくて無理していると思われてしまいます。

外見と中身が伴っていないとエレガントな振りがすぐにバレてしまいます。

見た目では無くてエレガントに必要な身のこなしなど所作や言動をまずは身につけて下さい。

ふとした小さな言動で分かる

エレガントなふりをしているのがバレてしまうのはなぜでしょうか?

見た目はエレガントに装っていますので基本的には周囲の人にはエレガントな女性に見えます。

しかし話してみるとエレガントとはかけ離れている言葉遣いや身のこなしで見た目のエレガントと相まって周囲の人に幻滅されてしまいます。

ふとした言葉遣いや所作でバレてしまうのです。

見た目のエレガントさはいつでも変えることができます。

エレガントな女性になる為には最初に内面の言葉遣いや身のこなしを身につけることが最優先となります。

若い女性はエレガントさよりも可憐さを!

エレガントな女性に憧れはあると思いますが若い女性の場合はエレガントさよりも可憐さを身につけた方が良いです。

エレガントさの最もたる特徴は落ち着きある気品さになります。

若い女性の場合は落ち着きをまだ持たなくても良いです。

元気で可憐な女性の方が魅力的に見えます。

無理に背伸びしてエレガントな女性になる必要はありません。

エレガントさは年齢や経験が育てる

エレガントさは事な遣いや身のこなし方など落ち着きさと気品は年齢や経験を重ねることで自然と身についていくことも多いです。

若い時には知らなかった言葉や相手への対応なども経験を積み重ねていく内に自然と身についていきます。

無理に背伸びしては表面上で分かったつもりになってしまう事もあります。

なぜそのような行動や言動をするのか理解しないまま見様見真似でしている女性と意味が分かって的確に使っている女性とでは大きな差があります。

自分に合った素敵な女性になる事が一番良い事なのです。

自分磨きはとても良い事ですが無理して背伸びしてはいけません。

今の自分が理解できる事から順番にはじめていきましょう。

エレガントな女性になる方法

エレガントな女性になる為の具体的な方法をご紹介していきます。

ここまででエレガントな女性の特徴や条件などが分かっているかと思います。

それを踏まえて一緒に実践していきましょう。

いつの間にかエレガントな女性の仲間入りをしている事に気が付くはずです。

エレガントな女性を真似してみる

一番簡単な方法としては自分がエレガントと思う女性の真似をすることです。

エレガントで素敵だなと思える女性と同じような言葉遣いに身のこなしなどをまずは観察して下さい。

良いな、素敵だなと思うことをまずは真似をしてみて下さい。

最初な真似で良いです。

真似をしているうちに自分なりの言葉遣いや身のこなしが身についていきます。

まずは基本的な言葉遣いや身のこなしを覚えて下さい。

基礎ができていないと自分なりのアレンジをする為の基礎もありませんよね。

基礎も無いのに自分なりのアレンジをしてしまうとそれは形無しになってしまうのです。

基礎があるから形を崩すことができるのです。

形無しになるのか形を崩すことが出来るのかは基礎の形が出来ているのかどうかで大きな違いがあります。

まずは素敵だなと思う女性の真似をして下さいね。

清く正しく美しく

素敵な女性の基本と基礎は清く正しく美しくです。

自分に対しても相手に対しても清く正しく美しくです。

自分をだまして見繕うことはしないで常に自分が信じた正しいことをすることが必要です。

相手に対しても同様です。

相手をだまそうと装っても相手に見透かされてしまいます。

表面上の見繕いだけではいけません。

自分自身の事が信じられるように成長していくことが必要です。

どんなことにも感謝を忘れない

エレガントな女性になる為には感謝の気持ちを持つことも近道となります。

もっと簡単に言ってしまいますとどんなことに対してもまずは肯定的に考えるという事です。

否定的に考えていてはエレガントな女性になる事はできません。

何に対しても感謝の気持ちと受け入れる気持ちを持って接する事が出来ると自分自身が大きく成長できます。

多くの人は自分の考えと違う人に対して否定的で自分の考えが正しいと思ってしまいます。

しかし異なる考えを肯定的に受け入れることで新しい考えや感じ方ができるようになり自分を大きく成長させることができます。

何事にも肯定的で感謝の気持ちを持つことが大切です。

丁寧な仕草や言葉遣いを心がける

エレガントな女性になるには丁寧な仕草や言葉遣いは必須になります。

がさつな言い方や仕草は控えて常日頃から丁寧な受け答えと仕草ができるように心掛けましょう。

一朝一夕で身につくことではありません。

常日頃から心掛けることで自然と身につきます。

誰に対しても平等に接する

エレガントな女性は誰に対しても偏見を持ったりはしません。

例え自分と異なる考えを持っている人に対してもまずは受け入れて他の人と同じように対応が出来ます。

新しい考え方を知る機会となって自分自身も成長できる事を知っているのです。

自分が嫌いな人は得てして相手もあなたの事を嫌うようになります。

逆に自分が好きだと思う人に対しては相手もあなたに好意を抱きます。

好意的に接する為当たり前ですね。

嫌な人に対しては嫌悪感をあらわにして接するために相手もあなたに対して嫌悪感を抱きます。

同調効果と言って自分が相手に対する対応がそのまま相手からかえってくるのです。

エレガントな女性が素敵で好かれる理由はこの誰にでも好意を抱いて接することが出来ることにあったのです。

上品な笑い方を身に着ける

エレガントな女性は笑い方にも気品が現れます。

上品な笑い方が自然と出来るようになっているのです。

人からどう居られているのかを意識している為このような上品な仕草が身につくのです。

色々考えるのでは無くて人からどう見られているのかを考えるようにして下さい。

自分が人に対して素敵だなと思う笑い方や様々な仕草を意識するだけでエレガントな女性に近づきます。

自分よがりでは無くて他人からどう見られたいのかを考える事が近道ですね。

まとめ

エレガントな女性になる為には基礎となる内面や考え方を身につけなければいけません。

その他絵にはまず自分が出来る毎日の仕草や言葉遣いを変えることです。

その際に重要となるのは自分が考える最適な事よりも周囲からどう見られたいのかを考えることです。

このことを意識して日常を過ごして下さい。

自分でも気が付かない内にエレガントで素敵な女性になっていることでしょう。

内面を素敵に成長させることが出来れば自然と外見も伴ってきます。

外見は簡単に変えることができますが内面は一朝一夕では難しいです。

毎日の積み重ねで素敵な女性になりましょう。