最近では「女々しい」という言葉をよく耳にします。

テレビや雑誌でもよくとりあげられていますよね。

ドラマの中でも「女々しい男性役」を演じる芸能人がいます。

さて、あなたは女々しいの意味をよく知っていますか?だいたいは分かるけれど、全部は分からないという人も多いのではないでしょうか。

そうなのです。

女々しいのだいたいの意味は知っていても、その詳しいところまでは知らない人が多いのですね。

女々しいと言えば一般的に「男らしくないところがある」という性質を表します。

言葉を変えると、女性のようなところがあるという意味です。

これを聞いて、ピンときた人もいるかもしれませんね。

自分もそうかもしれないと思ったのではないでしょうか。

女々しいということはなにも悪いことではありません。

もちろん女々しいは悪い意味でとられがちなのですが、悪いことばかりではないのです。

必ず、いいところも隠れていますよ。

ですから、安心してくださいね。

中には「女々しいのはいやだ。直したい」という人もいることでしょう。

どうせなら、女々しいを存分にいかして生きていってみてはどうでしょうか。

それを長所に変えるのです。

女々しいの長所を活かせば、きっと素晴らしい人柄になっていけることでしょう。

今回は女々しいについて、深く掘り下げていきますよ。

楽しんで読み進めてくださいね。

女々しいってどういう意味?

一口に女々しいと言ってもどんな意味なの?と思うことでしょう。

実は女々しいにはいろいろな意味が隠されています。

それをこれから解明していきましょう。

中にはびっくりするようなこともあるかもしれませんが、女々しいをよく知るために覚悟して読んでいってくださいね。

自分が女々しいに当てはまる人は、これを機に直せるところは直そうと思うきっかけになるかもしれません。

また、女々しい男って結構いいな、と思う人もいるかもしれませんね。

何度も言いますが、女々しいは悪いことばかりではないので、いいところを活かしていければいいのですよ。

女々しい男の10個の頼りない特徴を紹介!


ここからは女々しい男の頼りない特徴を10個ご紹介します。

いろいろな特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.優柔不断

女々しい男は優柔不断な人が多いです。

優柔不断とはいろいろ迷って決められないことを指します。

例えばレストランに行ったとします。

お店の人がオーダーを取りにきてもどれを食べるかまだ決まらない・・・「どうしよう。

こっちもいいな。

でもあれもいいな」と決めることができないのです。

一緒に来た人が、気の長い人で「いいよ。

ゆっくり決めて」と言ってくれる人ならいいのですが、そうでなければイライラを呼ぶ可能性がありますよ。

また、よくあるパターンですが、「私のこと、好きなの嫌いなのどっちなのかはっきりして」などというものもありますね。

これは女性が優柔不断な女々しい男に対して彼の気持ちを聞き出そうとしています。

しかし、この場合も女々しい男ははっきりすることができないのです。

ではなぜ、はっきりできないのでしょうか。

それは自分に自信がないからなのです。

自分に自信がないから「これを言ったらこうかな」と不安で仕方ないのです。

それで決められない、はっきりできないということにつながるわけです。

このように優柔不断さは自信のなさから来ています。

もし自信があれば自信を持って「こうだ」と言えるはずなのです。

しかし、優柔不断な女々しい男はこのことをとてもコンプレックスに思っている可能性もあります。

他人から見れば「あいつ優柔不断だよな。

仕方ないな」くらいに思っていても、本人としては「これは直さねばならない。

優柔不断はカッコ悪い」と思い込んでいるのです。

しかし実際は、優柔不断は恥ずかしい事でもかっこ悪いことでもないのではないでしょうか。

むしろ、優しく柔軟であるがゆえに、決められないということではないでしょうか。

そう考えると、優柔不断な女々しい男の見方も変わってくるかもしれませんね。

自分で決断して責任が降りかかるのを恐れている


優柔不断な男は自分で判断したことに対して、責任を持たせられることを恐れています。

責任という重たいプレッシャーをおいたくない、ということなのです。

例えば仕事をしていて、誰かに質問されるとします。

そしてなんとか答えるのですが、頭の中では「どうしよう」がいっぱいなのです。

「あんな風に答えてしまったけれど、大丈夫かな」と不安でいっぱいなのです。

もう答えてしまったことは仕方のないことなので、くよくよ悩んでも仕方ないのですが、めめしい男はいつまでも責任が降りかかることに恐れを感じています。

もし、間違っていたらどうしようと不安で仕方ないのです。

こうなるともうマイナス思考に歯止めがきかず、ずっとそのことを考えている人もいるかもしれません。

「やっぱり、こういえばよかったかな」などと永遠と考えているわけです。

2.言い訳が多い

女々しい男は言い訳も多いのが特徴です。

自分がしたことについてなにか言われると「でも・・・~だったので」と言い訳が始まります。

これはどうしてなのでしょうか。

それは自分の非を認めたくないからなのです。

自分は悪くないと主張したいのですが、弱弱しい言い訳になるのです。

それから、弱い自分を一生懸命守っているということも言えるのではないでしょうか。

弱いけれど、弱いなりに自分を守りたいという気持ちが強いのです。

ですからそれが言い訳となって現れるのですね。

しかし、言い訳ばかりしていてはいい印象も持たれなくなってしまいます。

「あいつは言い訳ばかり言うな」と上司からも言われてしまうかもしれません。

言い訳を言いたいのも分かりますが、たまには「そうですね。

申し訳ありませんでした」と謝ることも大切なのです。

そもそも、そこまでして言い訳をしても何もいいことはありません。

ちゃんとした意見ならばいいのですが、言い訳では通用しないこともあるからです。

意見とただの言い訳を使い分ける必要がありますね。

自分が悪いと認めない

女々しい男は自分が悪いと認めません。

自分は悪くないと主張するのです。

それが自分の身を守ることにもつながるからです。

3.過去の恋愛を引きずる

女々しい男は過去の恋愛を引きずります。

いつまでもフラれた元カノのことを忘れられないのです。

男性にはよくありがちなことですが、女々しい男は特にこの特徴が表れます。

10年くらい前に別れた彼女のことをまだ忘れられず、覚えていることもあるくらいです。

そして「あの子はいまごろどうしているのだろう」と思い出してみたり、連絡先を知っていれば連絡をとってみたりもするのです。

未練タラタラでクヨクヨ悩む


終わった恋を思い返して「もっとこうしていればよかったかな」などと言うこともあります。

もう終わった恋は戻らないのだから、考えても仕方ないことなのですが彼にとってはとても重要なことなのです。

何年経っても忘れることはありません。

どうしてそんなに未練タラタラになるのでしょうか。

それはきっと未完了のままの思いが残っているからなのですね。

「もっと~したかった」や「もっとこうすればよかった」という思いがあるので、それが未練になって現れるのです。

連絡先をまだ知っている場合、何か月かおきに元カノに連絡をする場合もあります。

それは未練が残っている証拠です。

元カノが乗っていた車のナンバーをずっと覚えていて街中を探しているなんていうこともあるくらいですよ。

それではいつまでたっても前に進めないではないかと思いますが、女々しい男は女々しい男なりに気持ちに整理をつけようとしています。

ですから、周りが「早く忘れろ」といくら言ったところで、変わらないのです。

ここは、女々しい男が気のすむまで未練タラタラさせてあげることが一番でしょう。

4.弱音を吐く

女々しい男は弱音を吐く傾向にあります。

何をやってもすぐ弱気になってしまうのですね。

そして「どうしよう・・・できないかもしれない」などと吐くのです。

仕事でもなにか大事なプロジェクトを任された場合に、うまくいかないことがでてくると「もう無理かもしれない」などと口にします。

彼の気持ちも分からなくもないのですが、すぐに弱音を吐かれると仕事を任せる側も心配になってしまいます。

彼に任せてよかったのだろうかと、不安になるのです。

女々しい男は基本的に自信がないのです。

自信がないから、すぐに「だめかも」とマイナス思考になって弱音を吐いてしまいます。

弱音を吐くこと自体は悪いことではないのですが、それが度を過ぎるとよくありませんし、「あの人女々しいよね」と女性からの評判も低くしてしまう場合もあります。

弱音を吐きたいなら、人に対して言うのではなく紙に書きだしてみたりすればスッキリすることもあるのです。

女々しい男は女々しい男なりの弱音の吐き出し方を身に着けるといいでしょう。

やっていることをすぐ諦める

少しでもうまくいかないとすぐに諦めるのも特徴の一つです。

ガッツのある人なら「これくらいどうにかなるさ、大丈夫」と思えることも、女々しい男にとっては一大事なのです。

「もう無理だ。諦めるよ」と言ってすぐにやめてしまうのはもったいないときもあります。

しかし、女々しい男にとってはもう続けることは難しいのでしょう。

これ以上やる自信がないのですね。

よく考えてみれば、そんなにすぐに諦めることもないはずなのです。

少し時間をおけば、また軌道にのれることもありますし、長い目でみることが大切なのですが、女々しい男はすぐに決断をくだします。

「無理なんだ。」と決めつけて終わってしまうのですね。

それはとてももったいないことではないでしょうか。

可能性をつぶしているということになります。

我慢して少し続けてみればうまくいくこともあるのかもしれないのに、それをすぐあきらめてしまうのですね。

気持ちも分からなくありません。

すぐあきらめたくなることもあるでしょう。

しかし、女々しい男にはぜひ、少し長い目で見て続けてみることをおすすめします。

そうすればきっと、道が開けてくることもあるはずなのです。

自信を持って進んでみてください。

「どうにもならない」と思ってあきらめたことでも、うまくいくことも多々あるはずですよ。

5.すぐ泣く


女々しい男はすぐに泣きます。

一般的に女性の方がすぐに泣くというイメージですが、女々しい男は女性と同じくらいすぐに泣いてしまうわけです。

例えばA君は高校に入ってすぐ友達ができましたが、その友達にからかわれすぎて泣いてしまいました。

すると友人たちはその人のことを「めめ」と呼ぶようになったのです。

「女々しい」の「めめ」です。

なんともぴったりなあだ名ですね。

このように女々しい男はすぐに泣いてしまいます。

どうしてなのでしょうか。

それはとても繊細な心の持ち主だからではないでしょうか。

繊細で敏感だからこそ、小さなことに反応して涙がでてしまうのです。

涙というのは、自分でコントロールできるものではありません。

涙を出したくないと思っても、勝手に流れてくるものです。

涙を我慢することほど、辛いものはありません。

それくらい、涙は自然に流れてくるのです。

ですから、女々しい男が泣くのも仕方のないことと言えば仕方のないことです。

小さなことが刺激になって体が反応して涙を出してしまうのです。

また「男は泣くもんじゃあない」と昔からよく言われています。

だからこそ、すぐ泣く男は女のようで「女々しい」と名づけられたのではないでしょうか。

しかし、泣くこと自体は悪いことではないのです。

あたかも悪い事のように言われていますが、そうではありません。

泣くこと自体は、苦しくなった気持ちを一気に解放できる手段としてとても有効なものなのです。

ですから、できれば辛くなったらたくさん泣いた方が体にはいいわけですね。

それを「泣くもんじゃない」などと言われ続けているから、女々しい男たちはつらいわけです。

本来ならばたくさん泣いた方がいいはずなのに、世間にはそれを良としない傾向にあるのです。

トラブルがあったときに泣いてその場を回避しようとする

何かトラブルがあったとき、女々しい男は我先に逃げようとします。

それはめんどくさいことに巻き込まれたくないからではないでしょうか。

悪い表現で言えば、「卑怯」とも言えますね。

みんなはまだ戦っているのに、自分だけそこから逃げるという行動は卑怯になります。

しかし、卑怯と言われても女々しい男は逃げたがるのです。

めんどくさいことに巻き込まれたときに、自分が言い返したり強くあることができないことを知っているからこそ、逃げるのです。

それはある意味、自分を守っているとも言えるでしょう。

そう考えると、回避するというのも悪い事ではないかもしれませんね。

自分の弱さを知っていて、自分を守るために逃げる、これはむしろ素晴らしい事なのです。

しかし、周りから見れば「あいつはすぐに逃げる」という評価になるのですね。

悪くなれば「すぐに逃げるからあいつには何も頼めない」などということになります。

信頼を失うということです。

そうなっては女々しい男も困ってしまいます。

そうならないために、いざというときには逃げるという選択肢を持ちつつも、立ち向かうということも視野に入れていかねばならないのです。

6.はっきりと物を言えない

はっきりと物を言えないのも特徴の一つです。

何につけても、はっきりしないのです。

モジモジして
「えーっと・・・うーん」などと言い、しまいには「よくわからない」と言うのです。

この「分からない」は女々しい男の決まり文句かもしれません。

なぜはっきり言えないかといえば、気が弱いからではないでしょうか。

はっきり言ったとしても、倍返しで返ってくるかもしれないと考えるとはっきり言えなくなってしまうのです。

自分がはっきり言ったところで、どうにもならないと思っている可能性もありますね。

しかし、はっきり物を言えないことは他人にイライラを感じさせる原因になりかねません。

「ハッキリしろよ」と心の中で思われているかもしれないのです。

仕事をする上でも、これは問題になります。

仕事をしている中で、はっきりしなければいけない部分も多々でてくるからですね。

そうは言っても、はっきりできないのだから仕方ないじゃないか、と女々しい男は言いたいところでしょう。

それはその通りです。

女々しい男の特徴ですから、仕方ありません。

しかしたまにはハッキリしてみるのもいいのではないでしょうか。

すぐには変われなくても、少しずつはっきりすることをしていけば、徐々に変わっていける可能性もあります。

はっきりすることを意識して生活してみるといいかもしれませんね。

自分の意見を人に伝えることができない

自分の意見を人に伝えられないという特徴もあります。

これも問題になりますね。

自分の意見を人に伝えるということは生きていく上でとても重要なときがあります。

意見を伝えなければどうにもならない場面も多々あるのです。

例えば会議で「どう思いますか」と聞かれたときでも、うまく伝えることができないのですね。

それはかわいそうなことでもあります。

本人ははっきり伝えたくても、伝えられないからです。

やりたくでも、できない。

それよりつらいことはありません。

これも、特訓あるのみでしょう。

何事も特訓すればできるようになることもあるのです。

Aさんは会社勤めをしていましたが、自分の意見を伝えるのが苦手でぱっとしない日々を送っていました。

しかし、地方への出向が決まり2年の出向を終えて帰ってきたときには、意見を伝えられるようになっていたのです。

出向先では自分の意見を自由に言えるような環境があったのです。

そのため、意見を伝えることができるようになりました。

このように、環境が変われば自分も変わるということが多々あります。

環境を変えるというのも一つの手ですね。

諦めずに自分を変える努力をしてみましょう。

7.愚痴が多い

女々しい男は愚痴が多いのも特徴です。

何かにつけて、ぐちぐち言います。

少しのことで不満に思ってしまうのですね。

不満に思うまではみんな一緒ですが、女々しい男はそれを口に出して言ってしまうのです。

「○○課長がさ~」などと暇さえあれば同僚に愚痴を言います。

それを聞かされた同僚の気持ちは考えていないのでしょう。

考えていたなら、愚痴ばかり言えないはずなのです。

自分勝手に愚痴ばかり言えば、嫌われてしまうこともあるので、気を付けねばなりません。

人の教えられたり注意されたらいちいち愚痴を言う

仕事で人がせっかく教えてくれたり注意してくれても、すぐに愚痴を言います。

「こう言われた。

どうしてそんな風に言われなければいけないのだ」と感情を乱しながら訴えるのです。

女々しい男の頭の中には「自分は誰かに指図されたくはない」という思いが強くあるようです。

彼の愚痴を優しく聞いてくれる人ならいいんのですが、愚痴を聞いていい思いをする人はいません。

中には「あいつは愚痴ばかりだ」と噂する人もでてくるかもしれません。

愚痴ばかり言っていると、嫌われ者になってしまう可能性もありますよ。

8.頼りにならない


彼女が女々しい男に頼ってきても、女々しい男はそれにこたえることができないことが多々あります。

つまり、頼りにならないということです。

「これ、どう思う?」と聞かれても「うーん」と言って考え込んだきり、答えがないということも多いでしょう。

これでは彼女も「もういいよ」と言って怒ってしまうかもしれませんね。

女々しい男も一生懸命考えて答えを出そうとしてはいるのですが、優柔不断でハッキリ言えない性格からか答えを口にすることができないのです。

それに待ちくたびれた彼女が怒り出したのでは、余計に言えなくなってしまいますよね。

女性は男性に甘えたり頼ったりすることが大好きです。

そうすることで、愛情を確かめることもあります。

自分が頼ったのに、いい返事が返ってこないのでは愛情の確認もできずガッカリするのでしょう。

ナヨナヨして誰にでもヘコヘコする

女々しい男は基本的にナヨナヨしています。

「あ・・・はい。す、すいません」というようにナヨナヨっとしておどおどしているのです。

いつでも不安そうにしていることもあります。

そして、誰にでもヘコヘコするのですね。

自分が下手にでる作戦を取るのです。

そうすることで、非難されたりすることを避けようとしているわけです。

9.マメな性格

女々しい男はマメです。

特に連絡がマメなことが多いでしょう。

一般的に男性はマメでないことが多いのですが、女々しい男は違います。

女性並に、いえ、女性以上にマメなこともあります。

それは連絡が欲しい女性にとっては好都合です。

連絡がマメでないと無理という女性もいるくらいですから、そういう女性には女々しい男はぴったりかもしれません。

LINEやメールが終わらない

連絡がマメなのはいいのですが、LINEやメールが終わらないのも特徴です。

「もう終わらせたいな」と思っても一向にやめようとせず、返事をするのです。

これでは、終わるものも終わりませんね。

相手もLINEやメールが好きならいいですがそうでない場合は迷惑がられる可能性もありますので、空気を読むことが大切ですよ。

しかし、基本的には返事をきちんとするという行為はとても誠実な行為です。

そして、そういう男性を好きな女性もたくさんいますので、安心してくださいね。

女性は連絡をもらった分だけ、愛情ももらったと感じるものです。

連絡がマメなことは女性と付き合う上でメリットになることでしょう。

10.虫を怖がる

女々しい男は虫が怖いのです。

ごきぶりが出た日には倒れてしまうかもしれませんよ。

虫が出たらキャーキャー言って逃げ回る

女々しい男は虫が出るとキャーキャー叫びながら逃げ回ります。

まるで殺人鬼が自分を追っているかのようです。

大げさだと思われることもあるでしょう。

女性から見れば、「男のくせに」とガッカリかもしれません。

むしろ、女性の方が強く、「虫ぐらいで」と手で虫をつまみながら思う可能性もあります。

とにかく女々しい男は虫が怖いので、逃げ回るしかないのですね。

女々しく思われないようにするには

それでは女々しく思われないためにはどうしたらいいのでしょうか。

これからご紹介していきます。

ちゃんと自分の意志で決断する

自分の意志で決断することは、とても大切なことです。

はっきりと自分の意志で決断できれば、女々しい男を卒業したも同然かもしれません。

しかし、それはなかなか簡単なことではありません。

日々の特訓が必要になります。

もし、一人で変えることが難しいのであれば、誰かの助けを得ることも大切です。

「自分の意志で決断できるようになりたいから、よく見て教えてほしい」と頼んでおけばいいのですね。

自分の非をしっかり認め、言い訳しない

自分が悪いということをしっかり認めること、そして言い訳しないことが大切です。

女々しい男は自分が悪かったとしても謝ることをしないのです。

それどころか、言い訳をしてしまいます。

そこを直していくことが大切なのですね。

誰でも間違うことはありますし、間違うことミスすることは恥ずかしいことではないのです。

ですから、自分は悪くないという考えを一掃してみてください。

そして、謝罪するのです。

言い訳をしたくなったとしてもそこはぐっとこらえて「そうですね。わかりました」とだけ言うのです。

これは高度な技でしょう。

やり始めはできないことも多いかもしれません。

しかし、続けていくことで自分の非を認め、言い訳をやめることができるようになります。

ネガティブ思考を捨てポジティブに物事を考える

女々しいと思われないようにするには、ネガティブ思考を捨てポジティブに捉えることが大切です。

人間ですから、ネガティブになるときもありますが、それが多すぎると女々しいと言われてしまう原因になってしまいます。

仕事にしても人間関係にしても、ネガティブにばかり考えるのではなく、ポジティブに考えられるようになると女々しさが和らいでいくはずです。

しかし、そうは言われてもすぐには無理でしょうから少しずつでいいのです。

ネガティブになっていると気づいたときに、「ああ。今ネガティブになっているな」と気づいて、ポジティブに変換します。

これは慣れなので、習慣づければ身についていくはずです。

しっかり最後までやり通す

そして一度始めたことはできるだけ最後までやり通せるようになりましょう。

そうすれば、「男らしいな」と思ってくれる人も増えてくるはずです。

「あいつ変わったな」と思う人もいるでしょう。

それくらい最後までやり通すことには意味がありますよ。

今まではできなかったかもしれませんが、これからは「よし!やるぞ」と心を入れ替えてやってみるのです。

そして、一度最後までやり遂げてしまえば、その心地よさを知り、そのあとも続けようと思えるわけです。

普段から何事にも自分で考えて判断するようにする

女々しい男を卒業するには、普段から何事も自分で考えて判断することが大切です。

今までは、人の意見ばかり聞いてきたかもしれません。

自分の意見は言えず、判断することもできなかったことでしょう。

しかし、これからは自分で考えて判断するようにしてみてください。

そうすることで、優柔不断さやはっきりできなかった姿は消えていくでしょう。

愚痴は言わない

なるべく人の愚痴は言わないようにするのも重要なことです。

人の悪口を言えば、必ずそれが自分にも返ってきます。

つまり、自分も誰かに悪口を言われることになるということです。

男ならぐちぐち言わず、言いたいことは本人にきちんと伝えることが大切です。

人に頼りにしてもらえるような行動をする

女々しい男というのは頼りにならないという特徴がありました。

そこを直して人に頼りにしてもらえるような行動をとることが大切です。

人に頼りにしてもらえるようになれば自分に自信もつきますし、女性にもモテていいことだらけですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。

これまで、女々しい男の特徴とそこから卒業するためにはどうしたらいいかについて、書いてきました。

自分に当てはまるところはありましたでしょうか。

自分って意外と女々しい男だったのかもしれないと思った人もいることでしょう。

女々しい男自体がダメということではありません。

ただ、デメリットになるような特徴を少しずつ減らしていければよりよい男になっていけるのではないでしょうか。

すぐにはできないかもしれません。

しかし、継続していれば少しずつ変化していくことでしょう。

毎日小さなことでもいいので変化を起こして、女々しい男を卒業してみましょう。

上記の事を参考にして男らしい人間になろう!

女々しい男を卒業するために、いろいろ述べてまいりました。

あなたにできることはたくさんあるはずです。

しかし、一度には難しいので少しずつ変化をつけていってください。

すぐには無理でも「変わったな」と気づいてくれる人もでてくるかもしれませんよ。

本気で自分を変えたいなら、少しずつ努力してみることをおすすめします。