CoCoSiA(ココシア)

「愚痴は聞きたくない!」旦那や友人...(続き4)

6.少し距離をおく

愚痴聞きがつらいときは、少し距離を置くのも対処法のひとつです。

距離を置けば、相手は話すこともできません。

つまり、あなたは相手の愚痴を聞かなくて済むのです。

もういい加減愚痴を聞くのはウンザリで、もう会話をするのも疲れた!という人は、相手にお灸を据えるつもりで距離を置いてみるのもいいかもしれませんね。

距離を置いて愚痴を聞かなくなれば、あなたの時間ももてるようになり、相手への気持ちも落ち着いてくるでしょう。

愚痴が止まらない相手にも、愚痴を聞いてしまう自分にも、それがいい機会となるかもしれません。

愚痴る機会を与えないように

愚痴があるときって、しばらくの間その愚痴のことで頭がいっぱいになりがちですよね。

だから相手も愚痴が止まらないし、あなたも嫌になるほど愚痴聞きばかりさせられてしまうのです。

距離を置いて愚痴る機会を与えないようにすれば、その間に相手の気持ちも落ち着いてくるでしょう。

愚痴は、聞いてもらわなければ消えないものではありません。

時間とともに、気持ちは変化するものです。

愚痴期間が過ぎれば、またいつものように楽しい会話もできるようになるはず!愚痴聞きに嫌気がさしたら、相手のためにも自分のためにも、少し距離を置いて愚痴る機会を与えないようにしましょう。

「愚痴は聞きたくない!」会うたびに愚痴聞き係はもうごめん!

愚痴聞き係になっている女性は多いようです。

家では旦那に仕事の愚痴を聞かされ、ストレスのはけ口にされる。

友達は会うたび愚痴。

まるで言いたい愚痴が溜まってきたから会う約束をするかのよう…。

職場の愚痴聞き係になってしまっている人もいるようですね。

私っていつから愚痴聞き係になったの?もう私にばかり言わないで!というあなたの心の叫びが届くはずもなく、周囲の人の愚痴は今日も止まりません。

女性たちからは、「愚痴聞き係はもうごめん!」という愚痴が…。

旦那の愚痴に疲れている女性は多い!

毎日顔を合わせる旦那。

そんな旦那様の愚痴に毎日付き合わされたら嫌になりますよね。

仕事の話を家に一切持ち込まない夫がいる一方で、仕事の愚痴のはけ口が妻になっている人もいるようです。

そんな旦那様は、きっと外面が良い人なのでしょう。

もしくは、とても慎重派。

自分が発した愚痴が発端となりトラブルが起きることや、人に陥れられることを恐れているのかもしれません。

誰かに聞かれているかもしれない外では、愚痴なんて言えないのです。

もちろん、中にはただ愚痴っぽいだけの人も…。

「あ~だるい」「仕事行くのめんどー」「疲れたー」というようなネガティブワードを毎日口癖のように言う旦那様なら、ただ愚痴っぽいだけなのでしょう。

こんな言葉を聞かされていたら、こっちの気が狂いそうになりますよね。

どちらにしても、「旦那を励ますのはもう限界」と感じている女性が多いのです。

愚痴の多い友人、職場の人の対応に困っているという人も

愚痴を言ってくるのは旦那だけではありません。

毎日のように顔をあわせる職場の人、頻繁に会う友人…。

そんな人たちの愚痴聞き係にさせられて困っているという人も。

愚痴って、聞いているとこっちまで嫌な気分になりますよね。

相手は愚痴を言ってスッキリするかもしれませんが、そのぶんこっちの気持ちが沈みます。

それに、愚痴を言う人ってものすごいパワーを持っていたりしませんか?

嫌なことがあって落ち込んでいるはずなのに、愚痴を言うときは妙に生き生きしているものです。

まるで愚痴が、パワーの源になっているかのように…。

もう愚痴が生活の一部で、その人の会話のテッパンネタのようなもの。

愚痴を言っている意識もないし、相手がつらく感じていることに気づくこともないのです。

旦那や友人の愚痴を聞くとつらくなり、疲れる理由

旦那や友人は、本来かけがえのない存在のはず。

でも、愚痴を聞くとつらくなってしまいますよね。

一体何故なのでしょうか。

それは、そもそも愚痴がつらいものであること。