皆さんはよく見本で悪い例と良い例を見ると思いますが、どの様なことで自分を成長させてくれると感じることが多いですか?

例えばその例を見ただけで悪いことはしてはいけないと思うような人と、その例をみても実感をしない人というのがいると思います。

特によくあるのが、赤信号をつい渡ってしまうという人です。

自己責任ではありますが、車が少ないから渡ってしまうという事や、横断歩道が無い場所を渡ってしまうというような事はいけないことですよね。

いけない事ですが、ついやってしまうというような人も多いかもしれません。

その理由というのは時間が無いから急いでいるという人や、横断歩道まで渡るのが面倒だからというような理由があるでしょう。

しかしながら、その様な悪いことというのは実際に身近に起こってからでないと分からないものが多いのではないかと思います。

特に友達にその様なことがおこった場合は「気をつけよう…」と誰もが思うのではないかと思います。

身近に起こるからこそ、その悪いようなことをしないようにするという意識がより一層強くなるのではないかと思います。

そんな悪い見本を聞いたり目にしたりすることで、そうなってはいけないというような事を言葉で何と言うかご存知でしょうか?

特にこの様なことは身近にその様なことがおこった人がいるというような人だからこそその様に考えるのではないかと思います。

この様なことを「反面教師」という風に言うのですが、皆さんも聞いたことがあるような言葉ではないかと思います。

反面教師というのはその悪い見本などを見てその様にしてはいけないと考えたり教えられるような人のことを言うのですが、皆さんもその様な経験というのは多くしたのではないかと思います。

今回はそんな反面教師というようなどの様な意味なのか、そしてその反面教師の存在というものがどの様な影響を与えてくれるのかについてお話をしたいと思います。

言うのであれば反面教師というようなものは、悪い見本がいるからこそ反面教師をすることができるという事です。

つまり、1人ではなく、お手本のような例というようなものが必ず必要になるという事を覚えておくと良いでしょう。

皆さんも反面教師を通じて様々なことに役立てるチャンスでもあります!

成長をするためには学ぶような事が多いと思いますが、どの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

反面教師とは?

反面教師というのはどの様な意味があると思いますか?

言うのであれば悪いお手本を見てその様にならないようにするというような意味が込められています。

よく「その人を反面教師にした」というような言い方をするような人がいますが、その状況というのはつまり、その人が悪いお手本などをしていたので、その様なことにならないようにしようと決めた、というような事を言うのではないかと思います。

では更に詳しく見てみましょう。

反面教師というのはどの様な意味があると思いますか?

意味

反面教師というのはいわゆる悪い面の見本で、それを見るとそうなってはいけないと教えられる人や事例のことを言います。

先ほどから言っているようにその見本となる悪い例を見て、どの様に自分が思うのかというのが重要です。

その様な人を見て情けないと思う人もいるかもしれませんし、何をしているのだろうかと思う人もいるでしょう。

その様な人というのは基本的に反面教師とはいえないという事です。

反面教師というのはその様な人を見て学ぶという事が込められています。

なのでその人を見てただたんに感想を述べるというようなものではなく、その人を見てどの様に感じて考えたのかというような事が反面教師に繋がるという事なのです。

ではどの様な意味があるのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんは反面教師の意味をちゃんと理解していますか?

悪い面の見本で、それを見るとそうなってはいけないと教えられる人や事例

悪い面の見本で、それを見るとそうなってはいけないと教えられる人や事例というような意味があります。

基本的に悪い面の見本というのは、様々なところで起こりますよね。

またその様な事例というようなものをニュースを見たり、ドキュメンタリーなどでもみたりする事があるのではないかと思います。

その様なものをみて「そうなってはいけない」というような事を教えられたりするような番組というのもあるでしょう。

基本的にその様なことを反面教師といいます。

言うのであれば悪い面の見本をみるという事は、この様なことになってはいけない、してはいけないというような事になるので、それをみてどの様に思うのかという事が重要になるのではないかと思います。

それを見ることで藩士の材料となるような人や事例

それを見ることで藩士の材料となるような人や事例のことも言います。

基本的に反面教師というのはこの様な意味もあるので覚えておくようにしましょう。

そうしてはいけないという反対の面から、人を教育するのに役立つのでいう

何よりも意味として一番皆さんが思うような事というのは、そうしてはいけないという反対の面から、人を教育するのに役立つのでいうというような事があるのではないかと思います。

言うのであれば人というのは、様々な過ちや事件などがあったので、今という平和な状態を保っているのではないかと思います。

なので何がいけないのか、何をしたら悪いことなのかというような事がハッキリと分かるような世界になっていますよね。

その様な事というのは学生時代にいろいろと教わるような事が多かったのではないかと思います。

特にこの様なことというのは、小さい頃から教わるような事でもあります。

皆さんは反面教師にして成長を感じたというような事はありましたか?もしかすると自然のうちにたくさんのことを反面教師にしてきたのではないでしょうか?

由来

ではそんな反面教師というものは由来というものがあります。

言うのであれば、この言葉というのはその昔、中国の主席である毛沢東が使った言葉であるという事があるのです!

中国主席の毛沢東が1957年の演説で最初に使った言葉

中国主席の毛沢東が1957年の演説で最初に使った言葉であるという事が由来となっています。

この時の演説というのは間違った組織を正しく導くというような演説をした際にこの「反面教師」という言葉を使ったのではないかと思います。

言うのであれば間違った人が大きな間違いをすればするほど、ほかの周りを正すことができるというような事で「反面教師」という言葉を使ったという事になるのです。

日本で似た諺「人のふり見て我がふり直せ」


この反面教師ですが、日本では似たような諺があるのはご存知でしょうか?

皆さんもよく聞くような諺かもしれませんが「人のふり見て我がふり直せ」というようなことわざがあるというのはご存知でしょうか?

このことわざというのは基本的に他の人が行動をしている際に好きではないと感じたら相手を注意する前に自分を振り返るというような意味が込められています。

少し反面教師と似ているような部分がありますよね。

いわゆる相手の悪いところを見て自分自身を治すというような事は、まさに反面教師なのではないかと思います。

では更にどの様な意味があるのか詳しく診て見ましょう。

皆さんは「人のふり見て我がふり直せ」という諺についてどの様に感じていましたか?

他人のやっている動作や態度で好ましくないと感じたら、相手をとがめる前に、自分を振り返れ

先ほども説明したように他人のやっている動作や態度で好ましくないと感じたら、相手をとがめる前に、自分を振り返れというような意味が込められています。

例えばこの様な意味の場合は、他人の人が赤信号で渡るというようなことをしている際に注意をする前に、先ずは自分のことを見直すというような事をしようという意味がこめられているという事です。

普通は悪いことというのは他の人も真似たくなったりするような事も多く、特に赤信号でわたるというような事は急いでいるとついしてしまうというような人が多いですよね。

しかしながらその様なことをしている人を見かけた際に注意をするのではなく、自分自身は実際にどうなのかという事を見直すというような意味が込められているのではないかと思います。

自分は他人に対して同じようなことをしていないか

自分は他人に対して同じようなことをしていないかという事が大前提となります。

仮に同じような事をしているのであれば、それは反面教師やこの諺の意味から大きく外れてしまいますよね。

人というのは悪いことをまねたりするような事が多いので、実際に自分自身はどうなのかと考えた際に、自分もこの様な経験があるというような人が多いのではないでしょうか?

この諺の意味というのは、相手を注意するのは良いですが、自分自身はどだろうか?

という見直しの意味もあるのではないかと思います。

他人の行動を自分のこととして省みなければならない

他人の行動を自分のこととして省みなければならないというような意味もあります。

省みるという意味は振り返って考えるというような意味や、反省をするというような意味が込められてます。

基本的に他人の行動を自分のこととして見るというのは、とても難しいことでもあるのです。

人というのは他人のことには目をつけてしまいますが、自分自身のことをあまり見ないような人が多いのではないかと思います。

特に自分ではこの様なことはしない!

というような考えを持っている人が多いとも思いますが、他人の行動を自分のこととして見るというような事はとても良いことなので、是非皆さんもこの様な見方をしてみてはいかがでしょうか?

そうする事で、いかに自分自身がどの様に行動をしているのか、というようなものを見直すことができるのではないかと思います。

反面教師の存在が自分を成長させてくれる8個の理由

ではそんな反面教師というのはその存在が自分を成長させてくれるようになるという事はご存知でしょうか?

いわゆる反面教師の人がいると、その人を見て自分は成長をすることができるという事なのです。

例えばですが悪いことであればそうなりたくない、と強く思うことができるという事や、自分自身が似たようなことをしているのであれば、それを実際に見てどの様に思ったのかという事を見直すこともできますよね。

反面教師というのは基本的にその悪いことをしていたりするのを見て、自分自身を見直すことができる唯一の方法でもあるのではないかと思います。

仮にその様になりたくないというような人が多いのであれば、是非その反面教師の人を見て自分を成長させてみてはいかがでしょうか?

特にこの様な事というのは基本的に実際にその様なことがあって実感をしたというような事が多いです。

本やテレビなどの例ではあまり実感をすることができないという人も多いですが、実際の経験というようなものがその様な形を思わせることができるのではないかと思います。

ではそんな反面教師の存在が自分を成長させてくれる8個の理由について詳しく見てみたいと思います。

皆さんは反面教師の人がいた際に、どの様に考えたり成長をすることができたのでしょうか?

1.そうなりたくないと強く思える


そうなりたくないと強く思えるというような人も多いのではないかと思います。

言うのであれば反面教師というのは悪い例を見せられているという事になるのですが、その様な人を見て不快に思ってしまったり、あのようにはなってはいけないと感じるような人というのも多いのではないかと思います。

仮にその様に思うのであれば、そうなりたくないと強く思うことが一番なのではないかと思いますが、この様な意識を持つという事は、自分に正しい自覚を促がしているという事になるのではないかと思います。

仮にその様なことを実際に見て自分もあの様にしよう、と考えてしまうのであれば、それは反面教師の人と同じような道を辿る可能性が高いので、自分の成長を止めてしまう可能性が高いです。

大事なのはそうなりたくないと強く思えるからこそ成長をしてくれるのではないかと思います。

自分に正しい自覚を促してくれる

自分に正しいと自覚を促がすというような事は、成長にも繋がると思いませんか?

例えばいけない事というのは小さい頃から教わったと思いますが、それを平然とやる人というのは今でも多くいるのではないかと思います。

そんな時に、自分自身が思うことというのは、本当に正しいのかどうか?

という事を考えさせてくれ、そうなりたくないと強く思うことで自分自身に正しい自覚を促がしてくれるからなので、自分自身を成長することができるポイントにもなるのではないかと思います。

2.自分を知るきっかけになる

またこの様な事というのは自分を知るきっかけにもなるのではないでしょうか?

言うのであれば、自分がもし仮に同じようなことをしているのであれば、その見直しをすることができますよね。

例として不倫などをしてバレた人の末路というものを見たとします。

そんな時に自分自身も不倫をしているとなった場合に、どの様な思いでその人を見るのか、というような事を知るきっかけにもなるという事です。

この知るきっかけというのは、いわゆる第三者から見てどの様に思うのかという考えをすることができるという事になりますよね。

自分を客観的に見つめ直すことができた

自分と同じようなことを相手がしていたとなった場合、それを目撃したり見たりすることで自分を客観的に見つめ直すことができるという利点があります。

言うのであれば、自分はこの様なことをしていたのかと反省をするような部分もあるでしょうし、自分は他人から見るとこの様に思われるのかというような考えをすることができたのではないかと思います。

この様に自分を客観的に見つめ直すことができるというのは、自分自身を成長させるためには大切なポイントになるという事です。

自分自身を成長させてくれるポイントの中では客観的に見つめ直すことができるというのはとても効果的です。

仮にその相手を自分と過程したらどの様に思うのかという考えをすることができるので、次第に正しいような行動をするようになるのではないかと思います。

3.人間性の向上を考えさせられる

人間性の向上を考えさせられるというような事もあるでしょう。

人というのはどの様なものであり、どの様な考えをするのか、というような事を考えさせられるような事が多くなるというのもあるのではないかと思います。

特に悪い事というのは簡単に言えば楽をしようとするというような事にも繋がるという事です。

仕事などをしている時に、楽をしようとして行程を飛ばしたりするような人もいますよね。

バレていなければ楽をするというような人も多くいるのではないかと思います。

しかしながらこの様な状態というのは、人としてはいけない事でもありますよね。

決められたもの、いわゆるルールがあるのであればそれに則る必要があるのではないかと思います。

もっと強くなりたいと思う

そこで思うことはもっと強くなりたいと思うような人達が多くなるというのが成長をさせるポイントになるという事です。

人というのはどうしても弱い部分が多く、様々なところで楽などをしようとしたりすることが多いです。

しかしながらこの様なことをすることで、人間性が欠けているのではないかという考えをすることができます。

自分自身を見つめ直す際にもっと人間性を磨きたい、強くなりたいと思うような考えをすることができるのではないかと思います。

人として強くなりたいと思うような人は多くなっていくので、成長をするためのポイントの差が出てくるというのは、この様なことなのではないかと思います。

4.似た自分を気づかせてくれる

似た自分を気付かせてくれるというような事もあるでしょう。

反面教師というのはいわゆる悪い例を見るというような事ですが、自分の悪い部分を見るという事にも繋がるという事です。

例えばその例と同じようなことをしてしまったことがあるという人もいるかもしれないですよね。

その時にどの様に思うのか、この様な感覚になるのかと客観的に見て思うことが多いのではないかと思います。

その時にいかにその事に気付くのかどうかという事が重要にもなるのではないかと思います。

反面教師というのはその似た自分を気付かせてくれるような事が多いので、それに気付くことができれば自分自身を成長させるための糧となるのではないでしょうか?

自分の嫌な部分を表面化させない効果が

この様な事は自分の嫌な部分を表面化させない効果があります。

言うのであれば似た自分に気付くという事は、その様な自分を見たくないという事になるので、自分の嫌な部分と向き合うことができるという事になるのです!

自分の嫌な部分を表面化させないというのは、いわゆる表向きにならないという事なのです。

仮に自分に似たような人がいれば、表向きになっている自分はあの様に見えるというような見方をすることができるのではないかと思います。

5.大人の対応ができるようになる

大人の対応ができるようになるというのもあるでしょう。

言うのであれば、反面教師というのは他人の行いを見てどの様に思うのかという所が重要になりますよね。

仮に同じようなことをしてしまったりしているのであれば、あのようになってはいけない、と思うのが普通ですが、どうしても嫌なことをしなくてはいけない時もあると思います。

そんな時に大人の対応ができるようになることで、自分の成長を更に加速させてくれるのではないかと思います。

必ず付き合わないといけない人もいる

大人になるとどうしても嫌な人と付き合わなければならない時というのがきますよね。

例えば会社での上司と新入りの関係であったり、様々なところで人との付き合いというものがあると思います。

そんな時に間近で反面教師の面を見てしまうと、こちらも同じように嫌な気持ちにもなってしまうのではないかと思います。

仮に近くにその様な人がいる際に、大人の対応ができるようになれば、スムーズに事が進むことでしょう。

しかしながらそんな人と近くにいるというような嫌だと思うような人も多いのではないかと思います。

必ず付き合わないといけない人もいるという事を覚えておくと良いかもしれません。

6.どんな人からも学ぶべきことはあると思えるようになる

どんな人からも学ぶべきことというのはたくさんあります。

それが良い人であっても悪い人であっても同じことが言えるのではないでしょうか?

人というのは必ず1人で生きていくという事が難しいのではないかと思います。

独り身の人がいたとしても、必ず誰もが最初は親と一緒に暮らしていましたよね。

親から学んだことや学校で学んだことというのを活かし、社会に出ると思いますが、そんな社会に出てからも学んだことというのはたくさんあると思います。

特に反面教師の場合は、間近でその悪い例を見てきたという事になるので、より自分の見直しをしたり、そうなりたくないと強く思えたのではないでしょうか?

嫌だけれど付き合う意味があった

嫌だけれど付き合う意味があったと捉えるようになると、より成長をすることができるのではないかと思います。

言うのであれば嫌だと言ってそこから逃げるのではなく、その嫌なことに向き合うことができるからこそ今の自分がいると考える方が成長を感じたりしませんか?

反面教師というのは基本的に嫌だけれど付き合う意味があったと思えるような事も多いのが事実です。

例えば友人と接していて友人の嫌な一面を見てしまい嫌いになったというような人もいるかもしれません。

しかしながら言うのであれば、あのようになってはいけないと学ぶ機会を与えてくれた人でもあるという事です。

嫌だけれど付き合うからこそ、その人の様々な一面を見ることができ、反面教師にすることができたと逆に感謝をしても良いかもしれませんね。

そうする事でより自分を成長させるきっかけにもなったという事になるのではないでしょうか?

7.常に自分を振り返るようになった

常に自分を振り返るようになったというのも反面教師から得るものが多いのではないかと思います。

自分自身を見つめ直すというような事は、普段皆が言っているような事で難しいことでもあるのです。

言うのであれば常に自分を振り返るという事は、それほど毎日の行動の1つ1つがどうだったかという事を気にし始めるという事です。

気にしすぎるというような事はよくありませんが、時々自分の行動は常に正しいと思うような人が多いと思いませんか?

その様な人ほど反面教師の良い例にもなったりしますよね。

常に自分を振り返るというのは、自分自身と向き合うという事なので、自分はどの様に思われているのかと考えるようにもなるのではないかと思います。

他人に自分はどう映っているのか

いかに他人に自分はどう映っているのかという所を重視するような人が多くなるのではないかと思います。

よく自分では気付かないようなところも友人や家族というのは気付いたりしますよね。

それこそ悪い癖というようなものもその1つです。

自分を振り返ることで、他人にどの様に映って見えるのかというのがより分かりやすいものなのではないかとも思います。

特に友人と一緒に行動をすることが多いという人は、ぜひ自分の姿はどのように映っているのかを聞いてみることで、より成長をさせるきっかけを与えてくれるのではないかと思うのです!

周囲に嫌な思いをさせてないだろうか

特にこの様に思うという事は、周囲に嫌な思いをさせていないのだろうかと心配をするような人が増えるという事になります。

基本的に周囲に嫌な思いをさせてしまうという人は、他人のことを考えず、自分の好き勝手に行動をするような人が多いですよね。

その様な人を反面教師にした際、いざ自分はどの様になっているのかというのは他人に聞かなくては分からないことだとも思います。

周囲に嫌な思いをさせていないか、という考えをすることができるようになれば、それは1歩前進をしているという事になるのではないかと思います。

8.しっかり学ぼうという姿勢がもてる

しっかり学ぼうという姿勢がもてるというのも成長させてくれるポイントになりますよね。

言うのであれば反面教師というのは、いわゆるその例を教えてくれる人なのでしっかりとその様な人を見て学ぶという事が重要になるのではないかと思います。

例えばそれが友人であっても家族であっても同じような事が言えるのではないでしょうか?

嫌な部分を見たり、悪い例を見たりするとこの様にはなりたくないと思うような人も多いはずです。

そこで見て終わりではなく、見てしっかりと学ぼうという姿勢が大事になるのではないかと思います。

実際に自分自身はどの様な感じなのか、自分は似たようなことをしてはいないかなど、この姿勢が大事になるのではないかと思います。

批判するだけではなくなる

批判するだけではなくなるというのが何よりも成長を感じるポイントなのではないでしょうか?

例えばですがニュースなどを見て意見を言うような人達というのは基本的に、意見しか言っていないので何も対策をするというような考えをしないような人達ばかりです。

批判だけをしてそのまま終わるというような人もいるかと思います。

しかしながら批判するだけではなくなるというような事が何よりも大事になるのではないでしょうか?

批判するだけでなく、自分自身と是非見つめなおしてみてはいかがでしょう?

反面教師というものを活かすチャンスでもあるという事を覚えておくと良いかもしれませんね。

成長のヒントがたくさん

いかがでしたか?

反面教師というのは、簡単に言うと悪い例を見てその様にしないように気をつけようというような意味が込められています。

しかし、その多くの人というのは見て終わるだけになっている事が多いです。

そうではなく自分自身はどうなのか、ちゃんと向き合うことができているのか、というような事が成長をさせてくれるヒントにもなるのではないかと思います。

反面教師を通じてたくさんの成長のヒントがあるのではないでしょうか?

それをいかに活かすことができるのかで、自分という人間が変わるのではないかと思います。

皆さんも是非活かすものは活かし、考えるようにしてみてはいかがでしょうか?

考えすぎというのもよくありませんが、考えすぎないというのもよくありません。

時には自分と向き合いながらも、反面教師を見かけたらその事を活かすように生活をしてみてはいかがでしょうか?