可もなく不可もなくという状態は、微妙な感じを表しています。

好きでも嫌いでもないけど、ただ確実に言えるのは好意は持っていないのでどうでも良い状態という言い方が正しいかもしれませんね。

恋愛において、たまに自分の中では可もなく不可もない異性に告白される事があります。

よくあるあるなのがそういう人物に告白された時、どうしようと考えるのが普通でしょう。

正直な話告白されても嬉しくはないし、だからといって嫌という訳でもない……。

恋愛対象にするにしても、もしだめだった場合後々困るという考えを持っている人も少なくないです。

そういう場合、どうすれば良いか見ていきましょう!

可もなく不可もなくな相手と一度はデートした方がいい6個の理由

可もなく不可もなくな相手は断らず、一度はデートして様子を見ましょう。

興味がないからと言って、すぐにお断りするのは勿体ないです。

もしかしたらその人があなたにとっていい人に変わるかもしれませんよ?

さすがに相手の事を可もなく不可もないと思ってる状態なのに、付き合おうとはしないで下さい。

ここの分岐点で失敗する人、めちゃくちゃ多いんですよ!

間違えてはいけない部分は、お試しで1ヶ月付き合うや1回デートしてみて考えるという風に言いましょう。

速攻でふってしまうのはさすがに相手に悪いですし、かといって好きでもないのに相手と付き合う事は失礼に値します。

1.合格ライン

そもそも可もなく不可もない状態というは、基本的には外見の事を指している人が多いでしょう。

外見で相手を判断してはいけません。

大体の人は6割型顔で決めてしまう人がいますが、顔は本当に最後の基準だと思って下さい。

顔で決めるのは愚か者のする事です。

タイプじゃなくても、性格が良ければ人間何とかなります。

どうしても生理的に受け付けれない場合は、お断りしても問題ありません。

無理に付き合うとストレスになります。

ただし可もなく不可もなくであれば、生理的に嫌いではなくまだ大丈夫である事を表しているので、今後付き合える可能性は残している状態だと思って下さい。

初対面での可もなく不可もなくはハナマル

漫画などでよく見るような、見知らぬ人から突然告白をされたという人も中にはいます。

顔見知りならともかく、告白される側に面識がないケースもまれにありますが、正直驚く以外に言い様はないでしょう。

思考がついていかないというケースもあり、正直ちゃんと反応できる人はそうそういません。

よっぽど告白され慣れてる人じゃないと対処なんて出来ないです。

今後のために、もし初対面で可もなく不可もなく不可もない人間に告白された場合、相手に対してどういう印象を持ったかを考えてみましょう。

こういう場合は悩むよりも直感で構いません。

うだうだ考えてしまうと後から悩んでしまうため、こういう時はその人に会って感じた第一印象で問題ないです。

結構直感で感じた事って大切ですよ。

一番初めに感じた印象というのは中々拭えないものです。

人の見た目はそのまま内面にも現れるものだと思って下さい。

私自身が体験した事ですが、婚活していた時がまさしくこんな状態でしたね。

現在は婚活が当たり前になっている時代なのでイメージはしやすいかもしれませんが、十数人とお見合いをしていくお見合いパーティが初対面の印象が必要でした。

初対面の印象が可もなく不可もない状態であれば、〇✕△などの記号を相手の番号に付けていましたよ。

嫌悪感を感じるようなレベルなら✕、悪くは無いけど…は△、普通以上であれば〇に分けていました。

二時間しかないお見合いパーティーで、何十人という人がいるのに相手の顔を覚えていられません。

よく落とし穴に陥る人は多いようですが、可もなく不可もない人間であれば合格ラインだと思って下さい。

嫌いではないということ

ここで重要なのは、自分が相手にどういう感情を抱いているかです。

このケースは友達の紹介や、SNSなどで知り合うなども当てはまります。

私は昔友達の紹介で仲良くなった男性がいました。

メールでは普通に話していて、お互い良い感じになり写メも交換する仲にはなりましたね。

次の休み会う事になったのですが、いざあって見ると写真とはかなり印象が違いました。

ぶつぶつだらけの汚い顔、イースター島のモアイ像並みに大きすぎるアゴ、不潔な笑顔など彼の全てにドン引きしたのです。

可もなく不可もなくどころか、心底無理と自分のゴーストが囁いていました。

第一印象でダメだったら、もうはっきりと明確に無理だと思って下さい。

直感でダメだと言っている時点でなんとかなるとだろうという適当な考え方をする人はいますが、そういうのは長引かせてもムダです。

ダメだと思ったらきっぱり手を退きましょう。

お見合いパーティに参加した時は本当にそう感じました。

初対面の印象って凄く大きいんですよ。

大事な部分は自分が受け入れられるか、そしてこの人と手をつなげるかどうかですね。

2.立派な出会いのひとつ

男性は女性から声をかけられたり、別に好きな女性でもないけど告白されたら嬉しいと思いモテていると思うようです。

しかし女性の場合は自分の好きな相手でないと受け入れられないという傾向があります。

恋愛対象を絞りすぎてしまい、後々後悔する人もいなくはありませんが、判断が少々難しいかもしれませんね。

出会いというのは年齢を重ねれば重ねるほどなくなるものです。

残念ですが、30代以降はお声がかからなくなると思って下さい。

調子にのって後々泣いてしまう人も中にはいるのです。

よく婚活パーティーに参加していた後、よく女性グループが今日は良い人いなかったという会話が聞こえました。

異性との出会いを提供する場所ではありますが、当人が気にいる人間かどうかは何とも言えません。

自分にとっていい人間が来るかはどうかなんて、はっきり言って博打に近い状態ですね。

これは結構重要なポイントなのですが、最低限可もなく不可もない人間であれば良しとして下さい。

男性はともかく、女性は勘違いする人多いんですよ。

量より質で見ているので、婚活に失敗してしまうのです。

恋愛対象を絞り過ぎないで

恋愛対象を絞りすぎない=理想が高いという事ですね。

理想が高すぎると上手く行くものも行かなくなってしまいます。

男女共に理想の高すぎる人はいますが、理想が高すぎてもろくな結果にはなりません。

こだわりが強いという言い方が正しいでしょうか。

美形じゃないと嫌、可愛い人でないといや、こうでないと!と考える人もいますが、恋愛対象を絞りすぎてもろくな事にならないですよ。

そもそも恋愛対象を絞れるほど、自分は偉い存在でしょうか?

人を選り好みしているような状態は、自分が有利に立っていると考えているのです。

確かに可もなく不可もなくな相手に好意を持ってもらっているので、自分が選ぼうとも切り捨てようともどうにでもなります。

しかし恋愛対象を絞りすぎてしまうと、逃した魚がでかいかもしれませんよ。

間口を広げよう

人間の可能性を広げるのであれば、選り好みはしてはいけません。

恋愛は無限大なのです。

自分の好みの異性が全てではありませんからね。

可もなく不可もない存在かもしれませんが、そういう人間ほどジャイアントキリングを持っている人間でもあります。

ジャイアントキリングとは大番狂わせという意味です。

人生というのは自分の思い通りにいかないからこそ面白いのですよ。

3.気持ちは変化する


人間の気持ちというのは変化するものです。

言うなれば人間の気持ちは天候と同じようなものだと思って下さい。

真っ青に心地の良い晴れた日もあれば、梅雨時期のような鬱蒼とした雨のような気持ちの日もあります。

今は特に何にも思っていなくても、好きになる可能性は0%ではないのです。

興味は特になかったものほど、意外な面白さを知って好きになる事って多くありませんか?

人生とは案外期待していないものの方が上手く行くんですよ。

最初はそんなに好きではなかったのに、一緒にいるとどんどん好きになってきます。

相手の事を好きになれるかどうか、それもまた自分次第でしょうね。

私の体験から言いますが、気持ちの変化は血液型によってかなり違うので注意して下さい。

何故かというと私の周りにはO型が多いのですが、O型は自分の好みではない人間と付き合う事が出来ないので難しいのです。

私の親友が過去に可もなく不可もない男性から告白されて付き合う事にはなりましたが、自分の好みの男性に告白されてあっさり別れてしまいました。

O型は興味のある事しかしませんからね。

その他の血液型の人間であれば、気持ちの変化に適応出来るでしょう。

より知ることでときめく部分も

外見はともかく、相手に対して重要視してほしいのは性格ですね。

自分にあう性格かどうかは、付き合ってみないと分かりません。

一緒にいて面白い人間であればラッキーだと思います。

知る事でときめく部分も出てくるでしょう。

お見合いパーティーなどのような出会い方は、特に外見だけでは何とも判断出来かねません。

そもそも1回程度話しただけでは、相手の事なんてわかるわけ無いです。

ある程度知っていく必要があります。

先入観0の状態なので、気が楽ですよ。

4.相手も変化する

相手自身も人間なので変化していきます。

人間は日々成長していったり、退化もしてしまう生き物です。

環境に合わせて人はそれになれていきます。

可もなく不可もない場合、結構判断が難しいんですよね。

見た目に急速な変化がある訳ではありません。

正直な話自分が思っている事は、大体相手も思っている可能性が高いです。

あなた自身相手の事を可もなく不可もないと思っているのであれば、相手もそう思っています。

アプローチによって心が動く

アプローチによって感情は大きく変化していきます。

ぶっちゃけ相手の事が好きだからってぐいぐい来られても困るでしょう?

人間は積極的すぎる人間を好みません。

そういう人って目がギラギラしていますし、怖いんですよね。

アプローチを変化していけば必ず上手くいきます。

それは自分だけではなく、相手自身にもよるものです。

5.前向きに捉えて一歩進む


前向きに考えていきましょう。

世の中は男女ともに35億ずついます。

しかし半々いますが、全員と知り合えるわけではありませんよね。

確かに可もなく不可もなくな人間は、博打状態なので上手く行くとは限りません。

そもそも人間の行動なんて基本的に博打みたいなものですけどね。

ただしその博打も自分の気持ち次第で良いものになったり悪いものになったりします。

ネガティブな気持ちを持ったまま付き合おうとすると、上手くは行きません。

虎穴に入らずんば虎子を得ずという言葉があるように、多少見の危険がある方が上手く行く可能性があります。

安全圏にいて何もしない状態は、何の変化すら無いです。

良いものだけ見るのではなく、視点を少しずらしていけば良いものにかわるかもしれませんよ!

出会いの減少がすぐそこに

本当に出会いなんてなくなります。

職業によっては同性しかいない所もありますからね。

出会いを探すのって本当に大変なんですよ!

私は旦那と出会ったのはお見合いパーティーだったのですが、よく人に言うと20代そこそこの学生さんに言うと若干ドン引きされます。

何故ドン引きされるかと言うと、自然な出会いじゃないとありえないと思っているからでしょうね。

私から見ればまだ荒波を浴びていない子たちなので、もっとひどい目に合うだろうと思っています。

実際自分がめちゃくちゃ困りましたもの。

出会いなんて自分から探さなければありません。

漫画のような出会いを求めている人もいますが、学生以上の人があんなの夢見ている人は頭がイカれている証拠です。

自分がいつまでもイケてるなんて思ってはだめですよ。

特に女性の場合は現実を見れていない人が多いので、失敗する確率は非常に高いです。

6.最低3回は会おう

デート1回してみれば、大体人間性はわかるものです。

観察眼を持っている人間なら、相手の性格や心情を判断する事は出来ますからね。

2人きりのデートをしてみれば、大体どんなものか把握は出来るでしょう。

デート内容はどこでも良いです。

2人きりにならないとわからない状況や、見えるものも異なります。

さすがに1回では判断しにくいので、最低でも3回は会いましょう。

こういう部分が嫌だからちょっと、と決めつけるのは早いです。

相手がよほどひどい行為をしたとか出ない限りは、切らない方が良いですよ。

トータルで判断しよう

3回ほどデートもすれば、相手の本性は段々わかってくるものです。

いつまでも猫をかぶるのが上手い人はいませんからね。

一番いいのは相手を全体のトータルで判断する事です。

言っておきますが、3回以上は引き伸ばせませんよ。

最低でも3回あれば十分です。

それ以上は相手も困りますからね!

無理なら無理、イケるならイケるで早めに連絡してあげましょう。

相手に対して悪いと思っているのであれば、ちゃんと最後まで誠意を見せて下さい。

自分がむりだと思った時は、反対に素直に言っても問題ないですよ。

可もなく不可もなくとは?

そもそも可もなく不可もなくとは?

言葉の意味を説明するまでもありませんが、ざっくり言うと平凡という意味になります。

取り立てて短所もないけど、長所もないというものですね。

物に対してだと可もなく不可もなくはあり得るはなしですが、人間には外見のみ当てはまります。

基本的にイケてる外見の人間なんてそうそういません。

どちらかと言うとイケてない人間の方が圧倒的に多いのです。

そこからどうやって自分を磨くかは努力次第ですね。

よく自分は普通でつまらない人間だと思っている人はいますが、どんな人間にも個性があるため普通の人間なんて存在しません。

個人的な見方としては、悪くない意味に聞こえます。

どちらかと言うと、人は嫌な所に目が行くものです。

褒められる事なんて無いに等しいですからね。

その上で可もなく不可もなくというのは、悪くないという意味に取れます。

前向きに考えれば相手からは嫌がられていないと思いましょう。

結構自分が可もなく不可もなくと言われた時、落ち込む人が多いのですが何様のつもりなのでしょうか?
自分はそんなにイケてると思っている事自体傲慢な気がします。

嫌がられていないだけ良しとしましょう。

可もなく不可もなくな相手は恋愛対象になる?

十分相手になります。

私自身は相手の美醜にこだわりません。

ただ第一印象がだめだと思った人間はさすがにスルーしていますけどね。

可もなく不可もなくというのは、自分が受け入れられるかどうかが重要になります。

嫌いではないという感情を持っている事が大切なのです。

もし少しでも相手の事が嫌いだと思っているのなら、それは受け入れる事が出来ません。

最初から好きだった人はいませんよ。

みんな外見ではなく、最終的に性格が好きになるのです。

ただし可もなく不可もない相手は、付き合ってみないとわからないものですが、そのまま上手く行けば成功ではありますが、成功率は半々だと思って下さい。

事前にお伝えしておきますが、相手が大した事もなく一緒にいても面白くない場合は、なあなあの関係性になってしまうという事も頭に置いて下さい。

一緒にいて面白いと思える相手なら価値はありますが、刺激がなくつまらないと思っているのであれば早めに別れましょう。

実は結構そんな事を考えている人間ほど、関係性はもろいので余計な事で悩んでしまう人もいるのです。

勘違いしないで頂きたいのは、別に可もなく不可もなくな相手と絶対に付き合えと言ってるわけではありません。

関係性が上手く行けば、良い関係になれる可能性も高いです。

1.結婚した例は多数

結婚した事例なんてたくさんあります。

私の友達にも初対面の印象が可もなく不可もなくな人間の異性と付き合い、最終的に結婚までこぎつけた友達が何人もいますよ。

正直な話、外見でビビっとくるよりも可もなく不可もなくな相手の方が良いと思います。

外見と内面が釣り合う事は少ないですからね。

色んな可能性があるからこそ、ドラマのような展開は本当に起こるものです。

初対面ではなんとも思わなかった相手

基本的に女性の方に多いようですね。

男性から好意を持たれたり告白されたけど、好みじゃないと一喝した人はいます。

私の親友や友達にも何人かいました。

外見が好みじゃないからと、実際断った事もあるのです。

ただ初対面では何とも思わなかったのですが、デートを繰り返す家に段々好きになっていき最終的にはゴールインしました。

初対面で何とも思わなかった人の方が案外良いんですよ。

期待していない分、その後可能性が見えてきますからね。

2.興味のなかった人を好きになることも

興味のなかった人を好きになる事もあります。

ここからは性格の差ですね。

好き嫌いがはっきりしている人間ほど、結構多いんですよ。

事例をご紹介させて頂きましょう。

私の親友はとても飽き性な人間で、今まで男性を好きになった事はありましたが長続きしませんでした。

ある日友達からある男性を紹介されたのです。

その男性は顔は普通でどちらかと言えばおしゃれな男性ですが、ただしバツイチ経験がありました。

親友は当然未婚ですし、親が厳しく古い人間なのでバツイチなんてありえないとまで言っていたのに、現在その方と結婚していますからね。

本当に最初は興味すらなく、どちらかと言えば長く付き合うべきではないと思っていたそうです。

何せ興味のなかった人を好きになるなんてありえない人種でした。

そのせいで何人か泣いたであろう男性も多かったと思います。

そんな親友が飽きずに付き合っているのは、性格しかないでしょう。

本当にありえない事はないのですが、他にも何人かいるので可能性がない訳ではありません。

嫌いじゃないけど付き合えないが一転

性格がよほどマッチすれば、付き合う事は可能です。

私の親友はとても飽き性で、外見から好きになる事が多く可もなく不可もない男性はありえないという人間でした。

しかし何故そんな人間が上手く行ったのかというと、性格しかありません。

元々親友は飽き性の上に人の好みがやや難しい人間でした。

S寄りの性格をしているので、今まで付き合ってきた人間はSっぽい性格の人間が多かったようです。

何せ基準は顔で選んでいた事も多かったので、すぐに失敗していたようですけどね。

相手の男性は親友とは正反対の性格で、それが上手く行ったようです。

優しくて誠実な人柄の男性に、親友も自分の行いを恥じているようでした。

正反対の人間の方が案外上手くいくものですよ。

友達以上に見られないと言われていたのに

人間は天使ではないのです
その日の気持ちや感情で変化する事もあります。

最初は友達以上に見れないと思っていても、自然と関係は変化していきますからね。

そもそも最初から良い感情を抱いて付き合う方が上手く行きませんよ。

そんなのつまらないじゃないですか。

最初から上手く行ってしまうと、後は落ちるだけです。

反対に最初は興味がない方が、上手くいきますからね。

あまり良いものではない場合の方が、良いメリットが見えてくるものです。

特に女性の場合は簡単ですよ。

感情で動く生き物なので、優しく扱い対応を良くしていけば、友達以上として見てもらえます。

3.こんな関係に多い

そもそも可もなく不可もなくなのに、どういう状態でそんな関係になるのかと言いますと、顔見知りの人間ですね。

婚活で知り合うような人間、クラスメイト、職場の仲間などです。

上記の3つの内、婚活の場合はお互いが結婚を前提としているので恋愛関係に発展するにはそこまで難しくはありません。

しかしただのクラスメイトた職場の仲間というのは、ある程度距離がある人間ですからね。

クラスの友達ではなくクラスメイトという括りなので、一線を置いているのは事実です。

身近な存在ではあるものの、そこまで親しくはないかもしくは普通に接している人間だと、恋人としての関係に発展するのは少々骨が折れるでしょう。

人間のみ、他の生物と違ってわけのわからない手順を踏んで、婚姻関係になりますからね。

ただのクラスメイト

ただのクラスメイトの関係と聞くと、学生のみと思っているかもしれませんが、別に学生に限った話ではありません。

何かの習い事をしていたり、同窓会で出会った元クラスメイトという見方も出来ます。

学生時代は世間体や周りの目を気にしない人も多かったので、同じクラスでも普通に付き合っている人は多いです。

ただのクラスメイトを恋愛関係に見れるかとなると、そんなに難しい事ではないでしょう。

クラスメイトならある程度人となりを理解出来ますし、うわさとかが大好きな人が多いので、色んな人の情報は簡単に手に入る事が出来ます。

若い世代の人は可もなく不可もなくな人間は、付き合えないとばっさり切るようですが、ある程度大人になれば切る事も少なくなるものです。

そのため同窓会などで再会した際、付き合う事が多いのはそのケースでしょう。

可もなく不可もなくな相手であり、そして相手の事をある程度知っている人間ならば、付き合うのもそんなに苦ではなくなります。

ただのクラスメイトの方が、同世代ですし話も合うので楽しいと思いますよ。

もし同窓会に参加した時など、是非そんなに悪くない人がいたらアプローチしてみて下さい。

職場の仲間

職場の仲間こそ、本当に意味で可もなく不可もなくな状態ですね。

クラスメイトであれば、ある程度親しい関係にはなれますが、何せ職場の仲間です。

学校と違い職場は仕事をしに行く場所になりますので、職場の仲間の事を一々あれやこれやなんて批判しないでしょう。

どんなにイケメンでもブサイクでも、職場の仲間は家族以上に一緒にいる期間が長過ぎるので、自然と可もなく不可もない関係になるのです。

正直な話、職場で重要なのは美醜ではありません。

仕事が出来るかどうかです。

いくらイケメンでも役立たずだと誰も見向きはしないでしょう?

ただ職場の仲間は一番恋愛関係に発展しにくい部分もあります。

何故かというと仲間だからです。

もし関係が微妙になってしまったら、自分が会社を辞めなければ行けなくなってしまう可能性がありますからね。

職場の仲間はクラスメイト以上に気心の知れた存在ではあり、気さくに話せる存在です。

自分から行くのではなく、職場の仲間の場合は待つ方が良いかもしれませんね。

下手に自分から動いてしまうと地雷を踏んでしまうケースがあります。

自分が好きだと思う相手ならともかく、可もなく不可もない存在であればリスクは避けましょう。

きっかけはいろんなところに

社会人になると本当に出会いは極端に少なくなります。

学生でも共学ならともかく、男子校や女子校の場合は出会いなどありません。

まだ年齢が若いならある程度アグレッシブには行けますが、年齢を重ねてしまうと正直女性には不利だと自覚して下さい。

男性は反対に年齢を重ねていくとモテるので問題はありません。

女性の場合は、子供を産むリスクが高くなるからという考えもあるのです。

私が婚活に焦っていた時は25歳くらいでした。

今現在は私くらいの年齢でも普通に結婚していない人は多いですが、年齢を重ねてしまうと本当にハードルが高くなってしまいます。

何故なら自分より若くて可愛い子なんてたくさんいますからね。

婚活パーティーに参加した時心底思い知らされました。

私自身は中間くらいの年齢層でしたが、スペックの高い男性にとっては条件が厳しくなります。

はっきり言いますけど、30代になってくると自分の理想なんて言っているようではダメです!

より好み出来ない立場にあるのです。

可もなく不可もない人間であれば、それはチャンスに等しいものだと思って下さい。

合コンとか友達の紹介があるのは20代前半までですからね。

20代後半を過ぎてしまうと、みんな結婚していきます。

特にいい人はみんな取られてしまいますよ。

きっかけはいつでも自分の所にはあります。

それに気が付かないとアウトです。

【好きじゃない人と付き合うことのメリット・デメリットは、こちらの記事もチェック!】