授業やビジネスの打ち合わせの時に、先生や相手が話したことをノートに書き込む方法は、人によって様々です。

聞いたことを忘れないようにメモを取る時も、メモ帳に素早くキーワードだけを書いておく人、イラストを描いて視覚で記憶しておこうとする人など、個性にあふれています。

授業の後で授業内容を仲間と確認し合う時など、誰かのノートを見た時に細かい字でびっしりと書き込んであったり、箇条書きにして重要と思われるところをいろんな色のサインペンで囲んでいたりと、特徴があっておもしろいと感じたことを記憶しています。

ノートの取り方も個性に溢れているのです。

しかし、その授業のポイントというところを、以下に整理して書いているかが重要です。

教授によっては、黒板を使わずにスライドで解説することが多いので、「ここが大事なところだから覚えておくように」などと強調する時には、そこの場面と解説を素早くメモルのです。

授業も後半になると集中力も低下するし、ノートに書くスピードも低下していきます。

指が疲れてしまうのです。

そこで、そんな授業では、記述するのが得意な学生は重宝されるのです。

中にはその内容を見せてもらってもほとんど読めないような、文字というよりは速記の文字のようにも見えたのでした。

見ても分からないので、書いた本人に確認すると、スラスラと読めることにもまた驚いたことがあります。

でもこれは、単に記述するという技ですが、もっと分かりやすくて後で見やすい、そして理解しやすい、しかも次に何を考えればよいかというアイデアを導き出すようなノートの書き方があるそうです。

授業やビジネスの世界でも活用できる「コーネルメソッドノート」とはどのような内容のものか調べてみました。

勉強やビジネスで使えメソる「コーネルメソッドノート」とは?


このような便利なノートのとり方は、米国のコーネル大学の学生のために考案された方法のようです。

考案者は「WalterPauk」という人で、ノートにまず2本の線を引きます。

まずは底辺から2インチ(約5cm)の高さに横線を引きます。

この横線の上に、左端から2.5インチ(6.35cm)の幅で直角に縦線を引くのです。

すると、ノートは三つのスペースに分かれます。

この間隔はあくまでも一般的なもので、縦線と横線のバランスは書く人が決めればよいのです。

そして右上の一番大きなスペースのところが「ノート」、左上のスペースが「キュー」(記憶のヒント)、下のスペースが「サマリー」(まとめ)のカテゴリーに区分したノート術なのです。

このように分割して書く方法を、コーネルメソッドノートと呼んでいます。

「ノート」の部分は、先生や相手の言葉で大事なところを箇条書きで、簡潔に書きます。

授業中や相手との打ち合わせ中に書くスペースです。

左の欄は「キュー」と言われるスペースで、キーワード、図表、ヒントなどを中心に書き込むスペースです。

右に箇条書きに書き込んでいる内容に関連させたキーワードを書いておきます。

ノートに書いたことを復習する時に役立ちます。

そして、その時の授業や面談に関する重要なことを、サマリーのスペースにまとめるのです。

その日の授業や面談の中の重要なことをまとめておくために使います。

コーネルメソッドノートの発祥

コーネルメソッドと言われるのは、もちろんコーネル大学で考えられたノートの利用の仕方を意味しているからです。

そもそも、コーネル大学についてどのような大学なのか興味がりますので調べてみました。

コーネル大学(ComellUniversity)とは、米国の私立大学です。

アメリカ合衆国北東部にあるのですが、近くにはブラウン大学、コロンビア大学、ダートマス大学、ハーバード大学、ペンシルベニア大学、プリンストン大学、イエール大学などのそうそうたる大学が集まっており、コーネル大学を含めると8校になります。

この8校の大学で構成されるカレッジスポーツ連盟はアイビー・リーグと呼ばれているのです。

コーネル大学は、機械工学、生命科学、物理学、建築学、造園学、コンピューター工学、経営学、医学、農学分野では有名なのです。

世界における大学ランキングでは5位(2015年度)にランクされたり、ノーベル賞の受賞者も多く輩出されたりと、研究分野でも世界のトップを走っている大学なのです。

股、このような優れた研究者を生み出す土壌としては、全米一美しいと言われるように、大自然に恵まれた環境の中に位置していて、キャンパスには湖や滝もあるのです。

このような環境の上にさらに驚くことは、コーネル大学の学食の素晴らしさなのです。

バラエティーに富んだ高品質の学食を提供しているそうで、これも全米では3位にランクされたこともあるようです。

それともう一つの特徴は、コーネル大学とは簡単に言うと半官半民の私立大学とも呼ばれています。

これは、この大学は南北戦争中の1862年に制定されたモリル・ランドグラント法(軍事学や工学を教育するために連邦政府所有の土地を供与することを定めた法)によって土地を供与されている土地付与大学でもあるのです。

公立で私立でもあるのです。

最近では、ホテル経営学や獣医学、コンピュータ工学は全米でもトップクラスで、人気の大学でもあるようです。

このような最先端の研究を引っ張っている大学で開発されたノートの取り方なのですが、これは「コーネルメソッドノート」として各方面で広く知られているのです。

学生の中には、授業にキチンと出席してノートを取っているけれども、書いたものを見直しても内容がいまいちピンとこなかったり、重要な部分の確認が出来なくて不満に思っている人も多いはずです。

もう少しキチンと書いていればよかったとか、どのように書いて行けばよいのかが分からないと嘆いている人もいるはずです。

このような悩みを解決するために、考えられた方法が「コーネルメソッドノート」なのです。

1989年に、コーネル大学の学生のためにWalterPauk氏が考案したノート術なのです。

ノートを独特の形で三分割に仕切って使うノート術は、利便性が良いので「thebestnote-takingsystem」と呼ばれて、現在アメリカの有名大学や研究機関で最も多く導入されているノート術なのです。

最大の特徴は、ノートの1ページを三分割して3つの領域に分けて、情報を整理しながらノートを取っていくという事です。

3つの領域に分けて情報を整理しながら書いていくと、情報の整理が簡単にできるので、ノートに書いた中身が驚くほど自分でも分かりやすくなるのが特徴です。

基本的なコーネルメソッドノートの使い方


基本的には、まずはノートを三つの領域に線を引いて分けることから始まります。

ノートの下の部分に、底辺から2インチ程度(約5cm)の高さに底辺と並行に横線を引きます。

次に縦線ですが、この横線の上に左端から2.5インチ(約6cm)の幅で垂直に縦線を引くのです。

これでノートは3つの領域に分けられるのです。

この時に、各領域の広さは自分の好みの広さにすればよいので、慣れてくると目的によって自分の好みに変えることもできるのです。

最近では、コーネルメソッドノートとして市販されているノートもあるようなので、ご興味のある方は参考にしてみてください。

では、3つに分けられた領域の使い方について再度説明していきます。

右上は「ノート」

右上は最も大きなスペースになっています。

このスペースは「ノート」と呼ばれ、授業や面談の時に話を聞きながら書いていく領域です。

いままでノートを取っていた時と同じ感覚です。

書き方に関しては、できるだけ箇条書きにして情報を整理します。

聞き逃したリ意味が分からなかったりと不明な箇所については、「?」マークをつけたりして残しておきます。

後で調べて書き込めるように、少しスペースを開けておくことも有効です。

自分なりに何かの記号を決めておくと、簡潔になって見やすくなります。

カラーのサインペンでマークしても良いのです。

重要だと思ったところは、書きながら区別できるようにしておきます。

講義内容を記載

学生なら、この「ノート」の部分には抗議の内容を書いていきます。

内容が濃い講義では、書くことが多くなるとスペースがなくなってくるので、一言一句書き取るというのではなく、文字の代わりに簡単な記号で書いておくとか。

徹底して簡略化して書き込むことが重要なのです。

しかも、できるだけ短い言葉で箇条書きにすることです。

単語と動詞の羅列でもいいのです。

簡略化がポイントなのです。

話の項目がある程度分かっていれば、この領域内でも分けて書いておくと整理し易いと思います。

ともかく、「書き写す」という作業をできるだけ簡素化して、話の内容に集中して考える余裕を作ることも重要です。

一生懸命に一言一句を書き込んでいる人を見かけますが、書くことに必死で余計な先生の冗談話まで書き込んでしまうこともあるようです。

それでは疲れるだけで、速く全てを書き込むことが重要ではないことを知ることです。

左上に「キュー」

次は左上の「キュー」というスペースです。

ここには、講義が終わった直後とか、できるだけ早めに記憶がまだ新しい段階で書いていくスペースなのです。

コーネルメソッドノートの重要な部分なのです。

講義が終わってできるだけすぐに書き込むことが有効なのです。

何を書くかと言うと、講義の話の中で特に重要だと思われる部分のキーワードや、他の話と連動していたり関連づけられる場合などはその関連性など、後になって理解しやすいようにキーワードを書いておくのです。

主な考え

この「キュー」のスペースには、ノートに書いている講義や会議の話を要約するような、あるいはひと言で分かるようなキーワードを書いていきます。

それも、話の内容を箇条書きにした同じ高さの横に書き込むのです。

右のノートの内容と合致したキーワードを、左のスペースに書き込むのです。

右の文章を読めば、左のキーワードと連動するように並べるのです。

こうすることによって、全体の話の流れや要点を把握することができて、もしも疑問点や問題の箇所があると、容易に整理できるという特徴があるのです。

そして、「キュー」の項目にサッと目を通して行くだけで話の流れが理解できて、疑問点や問題点も分かりやすいのです。

講義や面談の話の内容が、早送りされているように理解できるのです。

この目的で「キュー」は利用されるのです。

学習のヒント

「キュー」の内容を目でサッと追うと、話の要点が理解しやすいことと共に、そこにどのような問題点が隠れているか、自分としてはこれから何を学んでいけばよいのかが、自ずと見えてくるのです。

これから学ぶ学習のヒントが隠れているのです。

図式

速く理解するためには、文字よりも図式で描いておく方が良い時もあります。

いくつかの項目や事象が関連付けられる時とか、言葉では複雑でニュアンスがハッキリしない時には、図式でまとめることもお勧めします。

こうすることによって、ダラダラと文字を並べるよりも図式を見る方が一発で理解できる時があるからです。

キレイに描かなくても構いません。

右側の文章の意味が瞬時に理解できるような図式でいいのです。

キレイに描くよりも、理解できるようにまとめるのです。

いろんなキーワードを関連付ける時にも有効です。

色を付けてさらに区別しやすいようにまとめても構いません。

ルールはありません。

あくまでも自分で理解できるスタイルで良いのです。

瞬時に理解できるようにまとめておくのが「キュー」の目的なのです。

下は「サマリー」

「キュー」をまとめる時に、同時に「サマリー」もまとめておくのがいいと思います。

講義や会談の中の話の内容を書いたのが「ノート」の部分で、その横にそれらの話のまとめをキーワードや図式で書いたものが「キュー」です。

この「キュー」をまとめる時に、頭の中を整理しているはずです。

話の内容が網羅されているはずです。

そして、最後にこの下のスペース「サマリー」には、話の内容をなるべく簡潔に、しかも過不足なく情報を盛り込むのです。

情報を過不足なく簡潔にまとめるには、先ほどの「キュー」を並べる時に、漏れがないか、重要なことを忘れていないかとチェックが必要です。

そして、それらが頭の中で整理できていれば、その講義の整理が完了していることになるのです。

その整理されたことを簡潔に、そして後から見返しても何が書いてあるのかが瞬時に理解できれば良いのです。

自分の頭の中にしっかりと記憶させると同時に、その内容が一目瞭然に分かれば良いのです。

このページの内容を知ることができれば良いのです。

重要な点

「サマリー」の中には、講義や会談の中身が一発で理解でき利用にまとめていれば良いのですが、さらに重要な点についてもすぐに分かるようにしておくのです。

マーカーでその部分を強調したリ、別途記入しておくこともいいでしょう。

ともかく、ここが重要だと後で分かればよいのです。

前回の復習

「サマリー」の目的の一つは、後になってから復習する時に役に立つのです。

復習の時には、細かい文章を読み直すことは時間の無駄です。

それよりも「サマリー」を見ていくだけで復習ができるのです。

ということは、復習の時にもすぐに理解できるようにまとめておくことが重要です。

何かの会合で利用した時には、前回の会議の内容の確認にも利用できるのです。

問題点やポイント、今後の課題などを残しておくのです。

コーネルメソッドノートをより効率的に使う活用例

いかに効率的にまとめることができると言っても、実際に「コーネルメソッドノート」を作ってみても、上手く行かない場合も出てきます。

一番最初にぶつかる問題は、「ノート」のスペースへの書き込みです。

話の要点を箇条書きにしてまとめると言っても、話の内容が様々な話題に触れて脱線してしまった場合など、どこまでが本題であって何が重要なのかが分からなくなる時があるからです。

聞いた時によく理解できなければ、それを書く時にも「?」マークだらけになってしまったり、文脈が分からなくなったりします。

こんな時には、後で読み返しても理解できる訳がありません。

まずは、聞いている段階から話の中身を選別しておいて、本題になるまでは書かないようにしたり、書くことばかりに集中しないことです。

書くことが少ないということは、中身が少ないということでもあるのです。

中身が充実した講義には、しっかりと活用することが大事です。

1:ブックジャーナルスタイル

「ブックジャーナル」というのは、本をたくさん読む人が、1ページごとに感想や書籍情報を書き込んで、アルファベット順に管理できるフォーマットのノートブックのことです。

代表的なのは「Moleskine(モレスキン)」というブランドで、クリエイティビティとイマジネーションという2つのシンプルな構成要素に基づいています。

2世紀にも渡って多くの芸術家や思想家に好まれた伝説的なノートブックなのです。

1986年まではフランスの小さな業者が製造していましたが、1997年にミラノの出版社によって蘇ったそうです。

現在では、Moleskine(モレスキン)は、ノートブック、ダイアリーのほかにもステーショナリーなどの機能的な製品を発売して、ロングライフ、耐久性を重視した使い捨てではないブランド物のノートに進化しています。

タイトルが書きやすい

タイトルが書きやすく、読んだ内容に関する情報もすべて書き込めるようになっています。

情報はアルファベット順に書き込んで保存できるようになっているので、いつでも必要な個所を読み直すこともできるのです。

タイトルと、それの重要なポイントやアイデアなどの情報を整理して、復習する時にも有効なのです。

コーネルメソッドでタイトルが書きにくいと不便さを感じたら、ブックジャーナルスタイルを活用すれば使いやすくなるのです。

2:アイデアインキュベータースタイル

「インキュベーター」という言葉は最近よく目にするのですが、この言葉は企業家を目指して頑張っている若者に対して支援する人達のことなのです。

「インキュベーター」とは、生まれたばかりの乳児を育てる保育器という意味なのです。

ベンチャー企業を対象とした各分野でのインキュベーター施設も設置されて、専門のスタッフも駐在しているようです。

「アイデアインキュベータースタイル」とは、アイデアを容易に生み出すために考案された書き方で、コーネルメソッド方式でノートを縦から横に変えてみることなのです。

タイトルを上段に持ってきて、その下に広いスペースを作るのです。

分割してノートが取れる

ノートを横向きにするだけで、右上の「ノート」に当たる部分のスぺースが大きくなるのです。

この部分には、思考することに関しての絵や図式を大きく描いて、思考の流れやアイデアをドンドン書き込んでおくことができるようになります。

このスペースに線を引いてさらに分割することで、アイデアを考えやすく出来るのが特徴です。

3:マインドマップ・スタイル

「マインドアップ・スタイル」とは、メインスペースが上にくる利用の仕方なのです。

図式を最大限に活用するためには、この方法がわかりやすいようです。

もともと「マインドアップ」とは、トニー・ブサン(TonyBuzan)が提案した思考・発想法のことで、頭の中に浮かんだアイデアを、目に見えるようにマップ状に描いたものです。

このマインドマップを描くには、表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを中央に置いて、そこから放射状にイメージを広げて整理していくという方法です。

次々とイメージが展開していくので、ひらめきを具体化する時には有効な方法です。

このマインドアップをメインスペースに描くことで、アイデアを図で分かりやすくする方法が「マインドアップ・スタイル」なのです。

全体像を把握したい時に使う

アイデアがドンドンと拡散していくときには、全体像を確認して把握したいときにこの方法が使われます。

カラーペンで色分けしてやると、さらにアイデアが整理できるので、よく使われる手法になっています。

このように、コーネルメソッドノートとは、アナログのノートではありますが、ちょっとした考え方の工夫で様々な使い方が見つかっているようです。

コーネルメソッドノートを使うメリット

コーネルメソッドノートは典型的なアナログのノートで、いつでも身近に置いてすぐに見返すことができるのです。

そして、思いついたことがあると、素早く書き込むことでアイデアを待たせることはありませんし、メモがどこかに行ってアイデアを忘れてしまったと後悔することもないのです。

インプット、アウトプットが明確になる

このノートの取り方での大きなメリットは、インプットとアウトプットが明確になるということです。

つまり、授業の内容を聞きながら「ノート」部分に書き込み(インプット)、その時に重要なことを自分で考えて「サマリー」部分に書き出す(アウトプット)ことで、授業への集中力が高まり自分で考えること、理解することができるようになる事です。

ただ授業内容を転記するだけでなく、自分の言葉で要約して書き込むという作業ができるので理解が早いのです。

慣れてくると、授業内容も要約できてサマリーにも要約して書き込むということで、復習も効率よくできるようになるのです。

単純に見やすい

マインドアップ方式でまとめておくと、全体像もすぐに理解できるし単純に見やすいということになります。

アイデアやちょっとしたひらめきが会った時に、忘れないうちにメモしておくという習慣がありました。

そんな時には、どこに書いておいたらいいのかが分からず、手当たり次第に紙に書いたりしました。

そんな走り書きは、要点を簡略化してキーワードや単語を書き残した経験があるはずです。

そんなメモは走り書きでもすぐに内容が分かるものです。

こんなアナログなメモをノートにしたのが「コーネルメソッド」なのです。

自分流に、分かりやすいようにまとめることができるのです。

だから、単純に見やすいのです。

復習も予習もできる

コーネルメソッドノートを使用するのは、何も難しく考える必要はありません。

誰でもできるのです。

ノートを三分割してメモを取るスペース、キーワードを書き込むスペース、そして自分の言葉でまとめ直すスペースの三つに区切るだけです。

高校や大学の難しい講義の内容を書き込むだけでなく、主婦の人が料理教室や手芸教室などの趣味を学ぶ場面でも活用できるのです。

先生が話したことを簡単にメモしておいて、空いた時間にキーワードを考えて記入し、それらを見ながら自分の感想や忘れてはいけないことなどを「サマリー」のスペースに書き込むだけなのです。

家に帰ってからも、自分のコーネルメソッドノートを見直すと、聞いたことが頭の中に蘇ってきて大事なこともすぐに思い出すことができるのです。

日常生活でも、ぜひ活用してみてください。

復習ができると、自然に次のステップの予習もしておこうかという前向きな気持ちにもなれるのです。

効率的にノートが取れる

コーネルメソッドは、これしかないというような形に捕らわれたものではありません。

基本はメモを取る「ノート」部分と、キーワードを書く「キュー」の部分、聞いたことを自分なりにまとめた「サマリー」に分かれていますが、これらのスペースや位置は、自分なりに変えても構いません。

タイトルが書きにくいという時には、その部分をトップにスペースを作ればいいのです。

ノートの部分を広く使いたい時には、横向きにして右上のスペースを大きく取ればいいのです。

図表を使って整理しておきたい人や、マインドアップ方式が好きな人はこのように横向きに活用しているようです。

自分が見返してもすぐに理解できるように工夫してやれば良いのです。

効率的にノートを取ることもできるのです。

何がどこに書いてあるかすぐに判断できる

タイトルを統一しておけば、後で探す時にも便利です。

そしてさらにノートを分割しておいて、文章やら図式を区別したリ、カラーペンで見出しを作っておけば、何がどこに書いてあるかすぐに判断できるのです。

自分流に描いておくことで、見返しがしやすいように工夫もできるのです。

コーネルメソッドノートの使用例

コーネルメソッドを活用している人は、いろんなシーンで利用しているようです。

しかも、自分の目的に合わせて分割の仕方も変えていたり、横書きで使用している人も多いようです。

会議やセミナーで

会議やセミナーで利用することも多いようです。

会議やセミナーでは、あらかじめテーマの議題や目的を明らかにしている場合が多いのですが、話している内容が多岐にわたってしまったり、講師の狙いと言うのがテーマと合致していない時など、混乱してしまうこともあります。

こんな時には、「ノート」スペースをさらに分割したリ図式で表現したりできるので、「キュー」や「サマリー」で要約しておけばスンナリと理解できるようになります。

意外な事実の発見や今後の対応なども「サマリー」に書き込んでおけば、次の展開の参考にもなるのです。

授業の講義で

授業の講義の時には、非常に重宝するのです。

このコーネルメソッドの特徴を掴んでおけば、非常に講義内容が豊富な教授の場合でも、横向きに利用して項目ごとに色分けして置いたり、「キュー」と「サマリー」のスペースを入れ替えて「サマリー」を箇条書きにして分かりやすくまとめることもできます。

「ノート」の中身も、項目ごとにカラーペンで色分けしておくと、頭も整理できるし追加の言葉もすぐに書き込むことができるのです。

マインドマップなどの図式が好きな学生にとっては、横書きで「ノート」の中身を充実させたり色とりどりに塗り分けることで、頭の中も整理できるという人も多いようです。

講義を受けながら楽しくノートを取れることもできるのです。

ビジネスで

ビジネスシーンで、重要な案件についての説明を受けたりする時には、このコーネルメソッドが役に立つのです。

時系列に沿って聞いたことを要領よく書き込んでいきます。

会議の議事録のような感覚です。

なれない時には走り書きでも良いのです。

書きながらこの文章の意味を頭で要約しておきます。

何を言っているのか、何が重要で何が問題になるのかというところを頭の中にまとめます。

それを自分なりに何かのキーワードで表現するのが「キュー」のスペースなのです。

この「キュー」には説明のポイントを端的に(キーワードなどで)項目ごとに書き込んでいきます。

「キュー」欄を上から順に目を通せば、会議の内容や説明の内容が手に取る様に理解できるはずです。

それらを全て考慮して、最後に「サマリー」欄に自分なりのまとめと感想、問題点や今後の対応などをまとめておきます。

これだけは絶対に忘れるべきでないこととか重要なポイントと思われるところには、カラーペンや記号で表示しておけば、すぐに見返すこともできるのです。

振り返る時には、「キュー」と「サマリー」をサッとみると、すぐに前回の復習ができるのです。

コーネルメソッドノートを上手く活用しよう

これを読んでいる人の中には、ノートの取り方が分からないとか下手だと思っている人も多いはずです。

やみくもに、相手の言っていることを一言一句逃さないように聞き耳を立てているシーンを思い浮かべます。

焦ってメモに書き残しても、そのメモだけでは後で振り返ると関連性がよく分からなかったりして、心にモヤモヤが残ってしまうこともあるのです。

書き写すことに神経をすり減らして、内容を理解することに至らなかったということもあります。

こんな時に、このコーネルメソッドで紙面を分割しておいて、それぞれのところに必要なことを書くだけで、ノートが見やすくなるのです。

前回の講義の内容も、パッとノートを見返した時に重要なことをサッと確認できるのです。

三分割の中の「ノート」スペースは講義の議事録のような者、「サマリー」はその講義の要点を書くスペースで、「キュー」はキーワードを書いてアイデアや疑問点などを表しておくのです。

それらをサッと眺めると、講義の内容や雰囲気がすぐに蘇るのです。

これをもとに次の講義を受けると、さらに理解が深まって、ノートに書く項目も自ずと整理されてくるようです。

ますます上手く活用できるのです。

初めての人は、一度このコーネルメソッドの方式で書いてみてはいかがでしょうか。