家族ならでは血は争えないという事がありますよね。

良い所も悪い所も、どこか似ているのです。

一緒にいる時はそんな事は当たり前では?と思うでしょう。

距離が離れていると分かるものは分かるのです。

蛙の子は蛙なんですよ。

親子、そして親類はどこかが遺伝します。

どんなに拒絶していても、親子は遺伝するものなのです。

やっぱり親子と痛感する7個の瞬間

親子だと痛感する瞬間はかなりあります。

当たり前のように似てくるんですよね。

ただ私は母子家庭で母に育てられました。

実父は私が幼稚園児の頃、離婚しそれ以降はあっていません。

はっきり言えばどんな人間ですら、わかってはいないのです。

しかし数年前実父の妹、叔母と叔母の娘に会い、血の繋がりを確認出来ました。

似るものは外見だけではないのですよ。

1.行動が瓜二つ

行動って結構似ますよ。

私の外見は母よりですが、性格は姉が引き継いでいました。

母の性格は激情型、切れたらとことん切れるという習性を持っています。

そして厄介なのは姉の方が行動力があるという点です。

これ自分自身は否定しているのですが、行動が瓜2つな所って結構あるんですよね。

恐ろしいくらい似てしまうので、注意して下さいませ。

真似してもいないのに、ふとした時に感じる仕草が似ている時もあるものです。

親のやりそうなことを自分もしていた

良いことなら良いのですが、悪い事は恐ろしいとしか言いようがありません。

私の母は家族を干渉する癖があり、私の居ない場合も時々部屋を漁り何かを探していたようです。

実際見つかったのはゴミ箱から出てきたお菓子のゴミでしたけどね。

そのやり方はあばきのプロと言われている国税局の職員並みと言っても良いでしょう。

しかし姉は母の更に上を行き、マルサの女に匹敵するほど人の嘘や漁りを得意としています。

母はさすがにプライベートな部分までは見ませんでしたが、姉は私の携帯やmixiなどのSNSを捜索していました。

家に帰ってくると姉が私の部屋に勝手に入っており、メールを勝手に見られていたなんて事もありましたよ。

はっきり言って姉の方が人の嘘や誤魔化しを暴く分、物凄く迷惑でした。

というか今でもあまり好きではないです。

本人的には家族の安全を守るためにパトロールをしていると言っているのですが、被害者である私や母は迷惑しています。

普通に包み隠さず言うのが腹立ちますよ。

ちなみに姉、母のこの悪い癖は祖母から受け継いだもののようです。

結婚前祖母と一緒に同居していたのですが、何故かカーペットに白い毛が何回か落ちていた事があります。

私には白髪がないためおかしいなとは思っていたのですが、母は白髪染めをしているため妙だと思っていたのです。

しかしよくよく考えてみると祖母は白髪染めを一切しておらず、落ちていた髪の長さを同じだったので気が付いた時はゾッとしました。

別に良いのですが私の部屋は2階にあり、足腰の悪い祖母は2階に上がる事が出来ないのです。

毎回ではありませんが、やたらと白い毛が見つかる事が多かったので本人に問いただして見たのですが、知らないと言われました。

正直な話、祖母は嘘つきなので多分入っていると思います。

2.声が似てきた


子供の頃声が似て来るというのがあります。

これは姉妹であればより似てくるもののようですね。

子供の頃はそうでもありませんでしたが、中学生くらいの頃よく間違えられる事が多くなります。

実際は母親だけではなく、祖母にまで似てくるようなので微妙ですね。

正直声が似たから何だという話ですが、まだ声は汚い声ではないのでほっとしています。

小さい頃はそうでもなかったが、歳を重ねて感じる

自分の声って実際聞いているのと自分では聞こえているので異なるので、よく理解出来ると思いますよ。

小さい頃は別にそうでもなかったと思いますが、年を重ねていくと特によく理解出来るでしょうね。

結構色んな人から言われるんですよ。

電話でも声が似ていると言って、色んな人から間違われる事が多かったです。

母、私、姉を知っている人物だと余計に区別がつきにくいと言われました。

素で話している声ではわかりにくいのですが、電話だとなおの事分からなかったですね。

ただ同じ声の母と姉が喋っている時、特にそんな事は感じた事はありません。

喋り方の違いや性格的な感じなのでしょうか?

同じ声なのに、特に気にした事はなかったです。

当人同士だとわからないのかもしれません。

3.食べ物の好みが似ている


食べ物の好みは私は祖母に似た為似てはいません。

好みではなく好き嫌いを受け継いでしまった可能性があります。

母は食に興味がないらしく、食べ物に関しては適当です。

好きなものはアイスですからね。

しかし私も姉も食に関しては興味があります。

この辺りは遺伝しなかった可能性が高いです。

どちらかというと嫌いなものの方が遺伝してしまったのかもしれません。

私と祖母は梅干しやもずくなどは好きですが、姉と母は嫌がっています。

食の好みは私のみ大きく違い、母や姉は私の好きなものは本当に嫌いみたいです。

確認はできにくいですが、もしかしたら私の好みは父方のほうかもしれませんね。

旦那から言われましたが、私は味音痴のようです。

母の料理はあまりにもひどかったので、どうしてもそれが基準のようになってしまっています。

親が味音痴だと子供の味覚も鈍ってしまうので、一切ありがたくはないです。

薬味のチョイスが一緒

うちの家ではそうめんやうどんなど、ネギと生姜でした。

元々がそういう習慣が付いていた為、薬味のチョイスも自然に同じになるのかもしれません。

なんとなくですが、他の物は使う気になれないんですよ。

単純に食べ慣れていないのか、大体同じですね。

強いて言えばうどんに七味をかける事があるのですが、パット見は見分けが付くわけでもないので、一味でも七味でもかけたりしています。

これは人によってこだわるそうですが、母も私も気にしないため普通に食べています。

4.テイストの似た服を選ぶ

服のセンスというのは女兄弟がいて、血筋が初めてはっきりするのかもしれません。

私は清楚系のお嬢様っぽいもの、母と姉はカジュアルで落ち着いたものを好みます。

今でも服の買い物は私も姉も母と一緒に行くのですが、買い方はまるで異なりますよ。

姉はしっかり吟味して、何件もお店を周るタイプです。

しかし私は1回試着して良かったら、その場で即決するタイプですね。

当然姉の方が時間がかかるので大変そうです。

姉と母の服のセンスは似ており、母も服道楽な所がありました。

私が学生の頃、母はタンスいっぱいになるほど服が大量に詰め込まれていましたが、欲しいものがあればあげると言われたのですが、本気でありがためいわくでしたね。

しかし姉はまだ使えそうな服のみをチョイスして、母から譲り受けていました。

ただ恐ろしいくらい2人の好みは似ていましたよ。

私のみセンスが違うため、いつもやめろと言われていたので迷惑でした。

テイストが全く違うので、女兄弟で趣味がかぶらないのは口論の元です。

同じメーカーで重なる

同じメーカーで重なる場合はあります。

ただ正直にもうしますと、被っちゃやーよみたいな感覚ですね。

好きな服装が被ると、女家族の場合は非常に面倒くさい事になります。

何故ならかぶってしまうと、ろくでもないからですね。

相手が買った後で自分も買うのは良いのですが、相手が買う前に自分が買ってしまうと、貸せと言われてしまうのです。

別に貸す事は嫌ではありませんが、ねちこく言われるので迷惑なんですよ。

同じメーカーで単純に重なるだけなら良いのですが、こういう時人って性格が出るのでしょうね。

5.言い回しや口癖

言い回しや口癖が似るという事は親子でよるある事です。

私も姉も母も言い回しなどや口癖は、それぞれで影響してきます。

娘から逆輸入される事も実際にはあるようですよ。

昔私と姉と母と3人でドライブしていた時の事、通行人を見ていた姉が突然あの人ブスと言い始めました。

私も母もびっくりしましたが、姉は普通に悪びれもなく言ってましたね。

元々家族の中で美意識が異様に高く、ファッションにもうるさい姉だったので、外から車からの声が聞こえないと思い調子に乗って言っていました。

私も母も良くないと言っていたのですが、実際にブスだったので何とも言いにくい物がありましたよ。

それ以降姉は当たり前のようにブスブス言うので、通行人に対して私も母も当たり前のように言うようになりました。

かなり最低な癖ではありますが、うちの家ではブスがナチュラルに使用されています。

正直言い方がキツイのであまり良い話ではありませんが、今では人前でも平気でブスと言ってしまうので怒られますね。

母というよりも、うちでは姉の影響力が異様に大きすぎる気がします。

6.性格

血は争えないと言いますか、兄弟全員そっくりではありませんが、似る所はにるんですよね。

私と姉の性格は全く似てはいません。

姉は母方の家系に似たのか、ファッションやそういうものに興味があったようです。

しかし私は父方の家系に似て、アニメやゲームなど二次元が好きでした。

全く正反対だったので、私は誰に似たのだろうとずっと言われていましたが、姉が父方の従姉妹のFacebookを見た時に私に声をかけてきた時に発覚しましたね。

従姉妹のFacebookには子供と一緒に写っている写真があったのですが、その子供の名前は私が大好きな銀魂というアニメのキャラクターの名前から取られていたのです。

姉はアニメの知識には詳しくなかったのですが、なんとなくわかったようで2人ともびっくりしていました。

何故なら私も従姉妹も会った事はなかったからです。

偶然と言って良いのかわかりませんが、恐ろしい事にもう1人の子供の名前は私自身が良いなと思っていた名前を付けていました。

姉的にはあまり良いとは思えない名前だったのですが、私は良いなと思っており、あえて何も言なかったです。

数年後ある事がきっかけで従姉妹と会う事になり、私の性格は父方の叔母に似ている事が判明しました。

そして驚く事に私と姉を足した様なものが、父方の従姉妹でしたね。

私の趣味や性格の一部、姉と瓜二つの外見をしていたのです。

言うなればファッションにそこまでない姉を見ているようだったので、ゾッとしました。

正直な話姉の性格は異端だったため、自分は赤子の頃取り替えられたのではと本気で心配していたようですが、従姉妹を見た事によって安心したようですよ。

姉妹は似ず、従姉妹が似るなんて不思議な話ですよね。

父はどうかはわかりませんが、父方の家系は天然でドジっ子だそうです。

私も従姉妹も同じくらいどんくさい事が判明しました。

姉は反対に慎重ですからね。

性格は本当にどちらに似たかで変わります。

指摘して驚く、私にも同じところが

旦那から私と母の性格があまりにも似ているという事でした。

基本的に嫌だなと思う所が似ているので困っています。

私は母に似て責任感がなく、口だけ番長になっており、何度も直すと言っても同じ事をしているのでやる気がないように思われているようです。

指摘して驚きましたが、確かにその通りでしたね。

非常に影響を受けやすいため、実際その辺りは家族なのだなと思いました。

私自身天然とよく人から言われるのですが、これは母ではなく父方の叔母のようです。

意外と父母ではなく、隔世遺伝するようなので困ります。

嫌だなと思ったところが、似ている

案外良い所よりも悪い所に似てしまうものなんですよね。

どうしても悪い所ばかりめだってしまうので仕方がないのですが、出来れば嫌だなと思った所は似てほしくないです。

ずぼらな所や、ごまかしがうまい所なんか似ても、ちっとも良いことはありません。

自分でも似てるなと思うような所は、嫌な所かもしれませんね。

私よりも姉の方が母の性格にとても似ていますが、余程嫌なのが絶対認める事をしません。

同族嫌悪なのでしょうか。

私自身キレた時は切れますが、姉や母の方が手をつけられません。

7.結婚観

結婚観に関してはうちでは反面教師でしかありませんので、参考にはならないかもしれません。

ただ母から実父に関しては、ドメスティックバイオレンスをしていた事、お金を持ち出す事、ギャンブルをする人間、働かない人間だと言っており苦労はしたと言っていたので、ここら辺はかなり吟味しました。

子供の頃から男性に関して良い目を見ていなかったため、私も姉も結婚相手はちゃんと働いている人間という条件が当たり前だったと思います。

働いてる、ギャンブルはしない、暴力を振るわないという条件だったので、そこまで難しい事ではなかったでしょう。

私の家では全員タバコを吸わないので、家族共通して結婚相手に求める条件は全員禁煙である事でしたね。

しかし私の旦那は喫煙家なので、そこだけはいい顔をされませんでした。

理想は高い訳ではありませんでしたが、定職に就いていない人間や、宗教やネズミ講にハマっているような人間はもってのほかです。

女系家族だと結婚相手を連れて来た時シビアですよ!

ここら辺は母親が失敗している分、自分も失敗したくないという気持ちがとても強いですね。

かなりねじ曲げたと思います。

晩婚

晩婚家系ではなく、結構早かったと思います。

私も30手前で結婚したくらいなので、一般的には普通だったのではないでしょうか。

全員30手前で結婚していました。

昔ならいざ知らず、今では30以降でも当たり前になっています。

晩婚が当たり前になっている世の中ですが、うちでは晩婚はなかったです。

私の母と姉からさんざんボロクソにいわれました。

一応私の事を心配してくれて早く結婚してくれと言っていましたが、正直迷惑でしたね。

特に母は30手前で結婚してほしかったようです。

別に明確な決まりはないのですが、自分の子供が結婚出来ないのはいやだというエゴでした。

これは実際には言われた事があり、他の友達の親も同じ事を言われたという人もいます。

世間的なものもあるようですが、とても迷惑でなりませんでした。

家族の中では私が全員生き遅れになると思っていたそうで、絶対に結婚できないとまで思われていたようです。

そのため旦那が私の家族に挨拶に行きたいと言った時、母からはどういうつもりで挨拶にくるの?と真剣な顔で言われました。

旦那的には単なる挨拶だったそうですが、母や姉的には結婚前提に挨拶に行くつもりでないと会わないと言われたのを覚えています。

これに関しては私は絶句でしたが、母も姉も旦那を捕まえておかないと私が結婚出来ないと考えた末でのだったようです。

ここで親子結託されてしまってもと思いますが、旦那側も同じ考えだったため、旦那の義母からはいつ結婚式するの?とまでいわれてしまいました。

晩婚阻止ほど恐ろしいものはありません。

離婚歴がある

私や姉は両親を反面教師として育ったため、離婚は1回でもするような人間は離婚に向いていないと考えました。

実際私の実父は私達と別れた後、再婚をしましたが離婚をしています。

私には異母妹がいるのですが、結局その異母妹も不幸にさせていますからね。

同じ境遇の子供を作り、悲しい思いをさせ、迷惑極まりない存在であるとしか言いようがありません。

実際バツが付いている人間は死に別れとかでない以外、何度でも同じ事を繰り返します。

母も母で再婚はしていますが、20歳以上年上の男性と結婚し幸せに暮らしているのですが、何せ年が年なので私達からすればおじいちゃんとしか思えません。

離婚歴がある=結婚が出来たという意味合いにはなりますが、クソという意味でもあります。

何かしら原因がなければ離婚なんてしないですからね。

親が離婚したから子供も同じように離婚をするという事はありえる話ではあります。

私の友達に親子共々同じ思いをしたという人間は多いです。

恐らく私達がイレギュラーなのかもしれませんが、親と同じ轍を踏まないようにしていこうと話してはいます。

「血は争えない」とは?

親子の遺伝子というのはまさしく血が争えないと言っても過言ではないでしょう。

父母どちらかの性質を受け継ぐという事はよくある事です。

それが良きにせよ、悪きにせよ、人間の遺伝子は操作できず、微妙な形で受け継いでしまうのですよ。

特質自体は全てではなく、単体で引き継いでしまう可能性もあります。

ただし隔世遺伝する可能性もあり、父母ではなく叔父や叔母、祖父母から受け継いでしまうもの存在するんですよね。

血は争えないとはよく言ったものですが、面倒くさい気性が受け継いでしまった場合は厄介極まりないと言えます。

父母の特質は何らかの形で子どもに受け継がれて現れるものだということ

遺伝というのはどういう風に子供に受け継がれるかは分かりません。

いい部分のみを受け継がれるとは限らないんですよ。

大体二代目とかになると大した事がない人もいますし、優秀な親の能力を引き継げるとは限りません。

隔世遺伝をする場合もありますし、そのまましない場合もあります。

正直良い遺伝子のみ引き継いで欲しいものなんですけどね。

私も姉も父母の特質は、負の遺伝子しか判明していません。

強いて良い所を上げるのであれば、姉も私も顔だけは美人という事です。

自意識過剰ではありませんが、母も実父も顔は美人ではあります。

私が日本系、姉はラテン系ですね。

それぞれ顔立ちは異なりますが、性格的な面もあるので私は美人として見られる事はありません。

よく女の子なら父親、男の子なら母親に似るとかいう話があります。

外見的には私は父には似ませんでした。

私の異母妹は写真で確認したくらいでしたが、父には一切似ていなかったです。

性格的な面で何かしら似るのではないでしょうか。

私も子供に残すのであれば、良い遺伝子を残してあげたいですね。

嫌なところが似てしまったら?

私と姉は家族環境の悪い面を見て育ちました。

幼少期か家族の悪い面を腐るほど見てきたので、自分たちの子孫にはそれを受け継いでほしくはないと考えております。

まさしく反面教師とも言えるものですが、そう考えたら負の遺伝子しかないなと思いますね。

子供の頃って分からなかったのですが、自分の親ってはっきり言えば最低な人物な事も理解は出来てくるでしょう。

血の繋がりなんかよりも、もっと大切な事ってあるんです。

親の背中を見て悪いものを覚えてしまったのであれば、それを覆すのもまた自分ですよ。

外見は正直どうしようもありませんが、性格は変える事も出来ます。

ただし運動神経などの場合はどうしようもありません。

私は鈍くさく、姉は運動神経がとても良かったので、正直似てほしくはなかったですね。

反面教師にしよう

私の親は良い人間とは言えません。

自分勝手ですし、料理は適当だし、怒られたら人の言うこと聞かないし、ちゃんと調べないし、人の事ばかにしくさるし、正直に一緒にいるのが苦痛でした。

反面教師どころか、負の遺産ですね。

あまのじゃくすぎて、何がどうしたいのか、子供の私ですら理解しにくい所が多かったです。

正直な話、母のせいで父は出ていったようなものですからね。

料理に関してはほぼ壊滅的なレベルです。

味見をちゃんとせず美味しい美味しいっていってるので、味覚がおかしいのだと思います。

私や姉が不味いと訴えても、改善される事はありませんでした。

食に興味がないのと食費がどうのっていってましたからね。

あまのじゃくな部分でよく人と衝突する事が多かったです。

自分の事を美談にしようとして失敗している、最低な母親とも言えます。

外見は仕方がない

正直外見は仕方がないです。

私も姉も美人の両親から生まれましたが、姉の方が美意識は高く男性からモテていました。

そのせいで私はよく人から比べられる事が多かったですね。

外見に関しては仕方がないと思っていましたが、母に私を作る時は気を抜いたのでは?と質問した事があります。

学生時代は癖の強い髪質が嫌で、恨んだ事もあったほどです。

母も姉もきれいなストレートなのに、私は全く言うことを聞かない剛毛な毛なので嫌でしたね。

母は何とも言えない顔で、頑張って作ったよとは言ってくれました。

これ結構あるあるな話なんですよ。

やっぱり兄弟がいると比べられてしまうものなんですよね。

顔はどうしようもないのですが、私は白い肌で姉は地黒でした。

同じ姉妹でも肌の質は大きく異なり、私はある程度強い肌でしたが、姉の肌はとても弱く同じ化粧水を使う事は出来なかったです。

私の中では完全無欠の美人だと思っていた姉も姉で、何かしら思っていたそうですよ。

外見を変える事は整形以外では難しいことでしょう。

親からもらった顔を変えるという事ではなく、生まれ持ったものと付き合っていくしかないんです。

内面を磨こう

家族のせいで自分はダメだと思い込んでいる人間はとても多いです。

そのせいでダークサイドに落ちてしまった人間を何人か知っています。

実際ダークサイドに落ちてしまった人間の多くは、努力を怠り諦めてしまった人ばかりです。

親の事を反面教師だと言うのであれば、内面は磨くようにしましょう。

私も姉も母を反面教師にしました。

あまのじゃくな性格である母に嫌気がさし、自分は人に対して素直であろうと考えましたね。

よく母の教えでは人の事を信じるな、人に何かしてもらったら見返りを求めろと言われました。

最初はそう信じていましたが、しかし私はそれを間違っていると思いましたね。

人に何かしてもらったのが当たり前だとは思いませんし、見返りを求めるために人助けをする訳ではありません。

自分がやりたい事をやっているだけです。

それを母がどう言おうと関係はないですよね。

親の言いなりになって行動している人はとても多いです。

大人になってもそれすら気がつかない人間もいます。

親の言いなりになって、何も疑わずに行動をしているような人間はそれまでだと思って下さい。

内面を磨く方法などいくらでもあります。

親と同じ結末になりたくなければ、変える努力をして下さいませ。

言動をや考え方を見直しながら、変えていこう

元々良い人間などいません。

環境の差によって考え方は変化してきます。

親に似て気性が荒かったり、難しかったりする人間はいますが、本能のまま行動してもどうしようもないんですよ。

言動というのは人によって大きく変わるものです。

親が言ってたから真似をするではなく、本当にそれを言って良いのかという疑問を持つことも大切でしょう。

私自身何が正しくて何が悪かったのか自信はありませんでした。

正直な話、姉がいなかったら今頃親の言うことを素直に聞いているような人物に成り下がっていたのかもしれません。

姉は母に似て気性がとても激しく、怒った時は狂戦士のような人物ではありますが、私を正しく導いてくれたと思います。

自分のやっている事や言動に、ある程度自信を持った方が良いですよ。

でも親がやってたからというのは、考えを拒否している証拠なので止めましょう。

いい面も悪い面も似てしまう親子(まとめ)

出来れば良い面のみ似て欲しいと思ってしまいますね。

父に似てしまった部分は、私も姉も悪い部分のみです。

私は食物アレルギー、姉は喘息やアトピーなど身体の弱い部分が似てしまいました。

これは兄弟がいなければわからない事なのですが、兄弟でも肌質や髪質が大きく異なります。

はっきり言って身体的な悪い部分は全て父でしたので、私も姉も恨みましたよ。

2人とも発病してしまえば一生治ることはありません。

はっきり言って迷惑でした。

今更実父に会いたいと思うような年ではありませんし、どうでも良いです。

父親のいい面ははっきり言えば分かりませんが、恐らくどこかいい面も受け継いでいるのかもしれませんね。

今現在親子の繋がりが非常に薄くなっている世知辛い世の中になっており、親の顔すらわからないという人も増えてきています。

私も良い家庭で育った訳ではありませんので、偉そうな事はいえませんが、自分の親がああだからってその血に負けて欲望に囚われないようにして下さいませ。

犯罪者の子供は犯罪者になると言いますが、別にそんな事はありません。

自分の心の弱さが招く結果なだけです。