打診するという言葉はドラマなどで聞いた人はいると思います。

なんとなく言いたい意味はわかるかもしれませんが、漢字はおろか言葉の意味すらちゃんと理解している人は少ないでしょうね。

打診とは医療系に関係している人なら意味はわかるかもしれません。

ただ本来の意味とまた異なる言い方をする事はご存じでしょうか?

ビジネスシーンでもよく使われる事が多い打診、意味をちゃんと理解しておきましょう。

️「打診」の意味、知ってますか?

打診という言葉は、漫画やドラマなどで知った人の方が圧倒的に多いと思います。

冒頭で医療系の方なら理解は出来るとは言いましたが、全員ではないですね。

私も医療系に勤めていた事があるのですが、打診という意味は医療用語としてちゃんと理解出来ていませんでした。

ほぼほぼ見た事も、打診の診察を受けた事がない人もいると思います。

打診の診察を受ける人は、身体的に何らかしらの異常があったという人のみでしょう。

元々の意味は医療用語ですが、それが派生して現在ではビジネスシーンでも使用する言葉の1つとなっています。

ビジネスシーンで使われる言葉

ビジネスシーンでもよく使用される言葉の1つではありますが、少なくとも私の周りでは言っている事は聞いた事がないですね。

打診ではなくそのままの意味を使っていた事はありました。

言葉としては認知度が低くても、打診の行動をしていた人は多いのではないでしょうか。

もしかしたら言葉を知らないだけで、出来ているような人間は多いですよ。

人に対して交渉をするような職業ではなかったからかもしれませんが、対人相手とするビジネスマンなどであれば打診という言葉はよく使用するとは思います。

言葉の意味をちゃんと理解出来ていれば、別にビジネスだけではなく普段遣いでも出来る言葉です。

頼み事をしたり、依頼をしたりする時には打診という言葉をよく使用します。

️「打診」の解説


打診のは相手との交渉を有利にするために必要な技術となります。

依頼をする時や相手に何かお願い事をする時に使用するものです。

勘違いされやすいですが、打診とは何かを頼むものですが正式に依頼などをするわけではありません。

相手の様子や意向を確認するという事に当たるため、どちらでも無い考えなのです。

普通に見ていると相手の意向に任せるため、ある意味では一番理想的な交渉とも言えますね。

相手に対して強制をしている訳ではないため、打診をした方が相手から良い返事をもらえる事が多いのです。

もちろん断られる事もありますが、事前に手を打っておく事で何かしらの助け舟にはつながるかもしれません。

誰だって無理やりやれとか強制させたらやる気はないでしょう?

自分でやりたいと思える意志と相手に選択をさせる事が重要なんですよ。

交渉で一番重要な事は、相手の判断に任せる事ですね。

️「打診」の意味

打診の意味は2つあります。

1つは打診器という器具を使っての治療、もう1つはビジネス用語で知られている言葉の2つとなります。

業種によっては意味合いが全く異なる言葉です。

意味としては似ている意味ではあるのですが、ビジネス用語として打診を医療業界の人に使用してしまうとケースバイケースではありますが、シチュエーションによっては意味不明みたいな顔をされるかもしれません。

人間という生き物は条件反射で狂ってしまう生き物ですからね。

打診の本来の意味

打診の本来の意味は、打診器という医療器具が関係してきます。

元々は医療関係の言葉とされているようです。

打診器というものは聞き覚えがない人間もいますが、私は耳鼻咽喉科に勤務していた時によく見た事がありました。

名前まではさすがに分かりませんでしたが、形状は小さいハンマーに近いものです。

ハンマー型や石斧っぽい形状のものまでありますが、そんなに見た事がある人はいないでしょう。

聴診器とは異なり、普段から使うものではありません。

指先や打診器で胸・背などをたたき、その音で内臓の診察をする

打診器を使って診察する事を打診と言います。

これは何をするのかというと、深部腱反射の検査をしているのです。

人間の身体は物事などに反射するように出来ています。

例えば衝撃を和らげるためにくの字に折れ曲がるようにするとか、膝を叩いた時に動くなどの反応ですね。

打診器を用いて反射が正常に出来るかというのを確かめるテストをしているのです。

こんなことをして何が分かるのかといいますと、正常に反射をしていなければ脊髄障害など何らかの病気の可能性がある事を示しています。

単純に反射の出にくい人もいるのですが、一見身体が正常そうな人でも身体の反射はでにくい人もいるので打診器でテストしない限り判断つかないんですよ。

使い方としては打診器で胸や背中などを叩いて、内臓などの検査をします。

1回何らかの形で私もしてもらった事があるのですが、打診器の形はモロにハンマーなので若干怖かったですね。

ちなみに打診器のテストは年齢層や性別関係なく普通に行われます。

打診器は年配者というイメージを持っているようですが、実際はそんな事もありません。

誰にでも起こるものなので覚悟はしておいて下さい。

そこから派生した打診の意味

打診とはそのまま打診器を使って、肉体の反応や内臓の調子などを検査する行為にあたるのですが、言葉の由来はそこから来ています。

ビジネスなどで使う打診の意味は、本当にそのままですね。

相手の意向などを知らせるために、相手に説明してから相手の反応を確認するというものです。

確かに理にかなった使い方な気がします。

実際打診の意味は分からずとも、今までビジネスシーン以外で相手に打診をした事はあるのではないでしょうか。

打診とは交渉の一種です。

相手に働きかけた反応で相手の意向を判断する

打診とは大まかに言ってしまうと、話を持ちかける事をさします。

相談と捉える人もいるようですが、ニュアンス的には話を持ちかけるという方が近いかもしれませんね。

話を持ちかけるというのは相手の反応を見つつ行い、状況に応じては商談も兼ねるというものになるのです。

反応を観察出来ないと話を持ちかけるにしても失敗しますからね。

まさに相手に働きかけた反応で相手の意向を判断する、ビジネスの正しいやり方だと思います。

相談はプライベートでもよく使われますが、相談で打診を使ってしまうと少々あざとい気がしますね。

相手の反応を見つつ、意向を判断するのって微妙ではないですか?
私自身実際相談を受けた際は、打診しつつ相手に言っている事があります。

ただ基本的に女性の場合は答えが決まっている事もあり、感情的な部分もあるので打診するのが面倒くさいんですよ。

男性は理論的なのでその場ですぐに返事を出さず、1回考えておくという事をします。

相手の意向を確かめるために前もって伝えて様子を見る

ビジネスの1つです。

交渉をスムーズにいかせる手としては、事前に相手に対して打診したい情報を少しずつお話しておきましょう。

誰でもいきなり全部を話してしまうと、理解するのに時間がかかります。

人が話を理解するのに必要な時間は、個人にもよりますが遅い人は物凄く遅いです。

前情報があればスムーズに話をする事も可能ですし、相手から即返事を引き出しやすくなるでしょう。

不躾にあれやこれやと詮索するような人間は好まれません。

スマートかつ相手に良い印象を持ってもらえるのであれば、打診の正しいやり方を覚えておく事は重要ですよ。

前もって色々伝えておく事はこちらにもメリットがあります。

説明する手間が省けるという事ですね。

人に対して説明する時は全部を言わなければいけません。

しかし人に説明する時って凄く気力がいりますし、後で伝え忘れてしまったという事もあるものです。

後からになって話が二転三転してしまう可能性もあるため、相手がせっかくいい方向で考えてくれていたのに、残念な結果に終わってしまったという事も少なくありません。

相手に打診した以降で話が変わってしまう事もあるのですが、自分自身分かっていたのに伝え忘れてしまった事があるのはアウトですね。

様子を見るというのは、相手に対して無理をさせないという事も含まれています。

あくまでも交渉というのは相手に合意をしてもらう事になるのです。

自分本位な交渉をしてしまうと、誰でも嫌ですよね。

相手には何にもメリットがない所か、一方的に話をされてしまい合意を得ずに話を進めてしまう自分勝手な人間もいます。

それ以前に様子を見るためにとは言いましたが、正しく言えば相手の気持ちを探るというのが正しいかもしれません。

私自身相手の顔を見て判断したり、雰囲気で何が言いたいのか察する事は可能にはなっていますが、勘違いする事もない訳ではないので簡単には行きません。

相手の気持ちを直接確認する事はそんなに出来ませんからね。

人によっては嘘をつく人間もいるので、言葉通りには受け取ってはいけないんですよ。

ビジネスで使われるのは後者の意味

ビジネスで使用するのは間違いなく後者の意味でしょうね。

そもそも日常はおろか、ビジネスですら医療用語なんて使う人いませんよ。

使っている人がいたら凄いとは思いますけど、誰も通じないです。

すぐにお願いするのではなく話を持ちかける感じ

打診とはお願いする意味で捉えている人も多いようですが、厳密には異なります。

ビジネスで使用する打診は、友達のように親しい関係性の人間ではないのです。

交渉もないままいきなりお願いしてくるような人間は、ビジネスパートナーとしては不足としか言いようがありません。

結構勘違いしている人もいるようですが、正しい意味を理解しておかなければ、打診する以前の問題だと思って下さいませ。

結論からいう場合ももちろん良いとは思いますが、交渉時にはふさわしくはないでしょう。

交渉する際に必要なのは、どういう経緯でそうなったか相手に簡潔に分かりやすく説明してからでないと、相手に対して失礼だと思われてしまう事になります。

よっぽど切羽詰まっている場合であれば開口一番でお願いする人もいますが、相手に対して弱みを握られてしまったり無様だと判断されてしまうため、美しいとは思えません。

私も何回か打診される前にお願いをされた事はありましたが、正直不愉快以外の何者でもなかったです。

打診も何もなくお願いをしてくるようなものは、自分のメリットしか考えていないので鬱陶しいんですよ。

見苦しいというか、無様だなとしか見えず軽蔑すら覚えてしまいます。

交渉というのは、相手に対して対等もしくはへりくだるものものですね。

️「打診」を使うとき


打診を使う時とはどんな時かご存じでしょうか?

交渉する時は言いましたが、もっと深い部分を見ていきましょう。

実際は依頼する時や、提案する時などですね。

人の様子を見て判断をあおがなければいけないような用途ばかりになります。

自分からではなく、相手から打診される事もあるので確認はしておく必要がありますよ。

依頼するとき

依頼をする時は相手の予定を聞かずに一方的に行う訳ではありませんよね。

人の何か依頼するというのは、確実に企業同士のやりとりではあるので、そこまで気が利かない人もいます。

勘違いしているような人は、こちらが依頼しているしお金も払っているのだと偉そうに考えてしまう人も多いんですよ。

確かに商業相手だとお客さんの立場とすると、偉そうになってしまう人も少なくないでしょう。

基本的に相手に依頼をする立場である場合は、やや自分の方が偉い立場にあります。

しかしあくまでもやってもらう側なので、やって当然だという偉そうな考えはやめて下さい。

大概お客さんが偉いんだと思っているかもしれませんが、依頼する側の人間は別に偉くなんてありませんよ。

どちらかというと、依頼される側の方が偉いのです。

使ってやるのだではなく、お願いしてやってもらうと思わなければ人に対して失礼でしょう。

人に対して依頼をする時は、打診する事が必要です。

状況によっては急ぎでお願いする事もあるかもしれません。

接客業をやっている人なら分かるかもしれませんが、たまに無茶ぶりを言う人っていないですか?

普段よりも早く仕上げて欲しい、何とか出来ないのかという人いるんですよ。

依頼をする時は打診をして下さい。

早くして欲しいなどという気持ちは分からなくはありませんが、むちゃくちゃな事を依頼すると相手にしてもらえなくなります。

頼み事をするとき

頼み事というのは自分へのメリットしかない場合があります。

相手へのメリットは一切ない事もあるので、状況によっては嫌がられてしまう事も少なく無いのです。

例えばシフトを変わって、仕事をちょっと引き受けてなど言われる事ですね。

たまになら良いと思います。

しかしこれが毎回毎回であれば、誰もが嫌な顔をするでしょう。

シフトに関しては私用でなければ、体調や急用が出来たなどのケースも考えれるのでそこまででもないかもしれません。

しかし自分のせいで遅くなってしまった仕事を引き受けてと言われるのは、いい気はしません。

プライベートでもビジネスでも、人に頼み事をする時は一方的に相手には言いませんよね。

人に頼み事をする時は、これやっておいてなんて図々しく言わないでしょう。

そんな事をすれば相手に対して失礼な事になりますし、いい気をする人はまずいません。

無自覚でやっているような人は是非とも直す努力をしていただきたいです。

相手の反応を見てあまり乗り気ではないようであれば、無理強いは止めておきましょう。

人に頼み事をするというのは、基本的に目上の人には行いませんよね?
大体は同格や目下の人間に頼む人が多いです。

そのため遠慮がなく無理強いしてくる人間もまれにいます。

どういう自信かはわかりませんが、同格の人間であればあるほどこいつは断らないだろうと考えてしまうんですよ。

はっきり言いますが良い傾向ではありません。

相手に対して失礼になりますし、また相手を見下していると思われます。

目上だけでなく、同格や目下の人間にもちゃんと打診して頼み事をして下さい。

そうでないとかなり気分が悪いですよ。

賛否を確認するとき

相手の意見や意向を一切聞かず、強引に物事を進めるような人間はどう思いますか?

それがどんなに良いことであっても、良い気はしないですよね。

人間は強引に物事を進められる事を嫌います。

強引に行って成功する事は個人プレイで物事をやる時のみでしょう。

賛否を確認する時に打診が出来ないような人間は、クズ以下の存在であると思って下さいませ。

自分の利益しか考えていないような人間は、基本的に人の意見など聞く事はありません。

そしてそのような人間は上の立場にいる資格もないですよ。

打診が出来ない人間は出世など出来ないという認識をお持ち下さいませ。

人は自分が軽く見られている、見下されていると思った時、へそを曲げられてしまう事があります。

そうなってしまうともうお手上げですね。

意見を聞くとき

相手の意見を聞くというのは色んな意味で難しいですね。

何故なら自分の伝え方が失敗してしまうと、相手に上手く伝わらないからです。

その他様々なシーンで使える

打診とは根回しという意味合いも含まれています。

根回しとは目的を実行しやすいように、予め関連のある話を事前に付けておく事です。

下の立場にいる人間からすれば分かりにくいですが、ある程度上の立場にいるような人間は、人間は自分の言うことを聞くコマだ、自分がいなくなってしまったらこいつらは何も出来ないと思っている人がいます。

それゆえ下の者に打診をせず、一方的に相手に説明だけを伝えて終わる人間も多いのです。

そういう上司は結構多く、ワンマンな人間であるという風に部下や同格の人間からは思われているでしょう。

打診が出来ないとどういう事になるか、理解できていない人もいるので言わせて頂きますが、予期せぬアクシデントを引き起こしてしまう可能性があるのは事実ですよ。

実は打診が出来るような人間というのは、思いやりがある人物の事を指します。

ビジネスとは一方的なものではなく、常に自分の立場で考えず第三者目線で考えなさいと言われる事もあるのです。

打診するという事は、相手に対して前情報を教えておく事で窮地から救う事も意味します。

誰だって前情報が一切なく突然言ってああして下さい、こうして下さいという事はいい気にはならないでしょう。

こうなってくると確実に反発してくるのは目に見えてますよね。

精神論の一種のように思えるかもしれませんが、精神論などではありませんよ。

まさに人間の条件反射を利用したものだと思って下さい。

️「打診」の例文

打診の例文は様々な事に応用が可能です。

上手く行く場合と、悪い場合にも使えます。

打診というのは基本的に物事を成功させるためにはしますが、時には失敗する事もあると考えて下さい。

交渉の1種ではあるのですが、成功率が何%上がるだけであって確実に成功するとは言ってはいません。

ビジネスを円滑にするためのコツのようなものだと思って行動すると上手くは行きますよ。

例文1「現在働いているバイトのスタッフに正社員になるように打診をした」

私は現在カフェのバイトをしているのですが、たまにこういう事はあります。

よくフリーターさんなど何も目的がなく働いているような人物はには、正社員に上がらないかと打診する事が多々あるほどです。

さすがにこういう事は自分の判断では決められない事もありますし、無理に言ってしまうと相手も迷惑がってしまうでしょう。

ケースとしては一番慎重に事を運ばなければ行けないものです。

ここで焦ってやってしまうと、後々にえげつない被害が考えられます。

実際私はその事で大きなとばっちりを喰らいました。

例文2「違う部署への配属を打診された」

他県への転勤や別の部署へ配属される事なんてよくある話ですよね。

別に転勤する事に問題ないと思っている人もいれば、家族のいる人だと転勤しろと命令されると苦痛になる事もあります。

部署を移動する事ってよっぽどないですが、相手が切羽詰まっている状態だと何をしてくるかはわかりません。

打診されても自分の思っているような状態とは違うため、断られてしまうケースも多いです。

内容が内容だけに、OKし辛いものもありますよね。

いくら事前に別の部署の配属を言われていても、メリットが何もない状態では行こうとはしません。

異動はともかく、転勤は打診しても難しいでしょう。

例文3「仕事を増やす事を打診する」

今現在私はパソコンのライターもしています。

依頼主さんから依頼を受けて記事を書かせて頂いている状態なのですが、期限ギリギリで提出している事もあるため増やして良いのか打診をする時があるのです。

期限ギリギリで提出している事自体微妙なラインなので、打診をする時は結構ダメ元でお願いしている事もあります。

人によっては依頼を受けさせてもらうとは思ってはおらず、こちらがやっているんだと思っている人も少なくないようですね。

私自身最初はそうでした。

別の案件を引き受けていた時に、本来やりたくないような事をいくつか無理してやってしまっていたため、精神的に疲れてしまった事があります。

そのせいで家族とももめましたね。

相手からも自分からも打診をしなかった事で、失敗ばかりしていた事もあり破綻してしまったのです。

例文4「◯◯◯◯」

「相手への頼み事を打診する」
頼み事というのは相手へのメリットしかない場合ないため、事前に打診しておく事が重要です。

ちょっとした頼み事程度であれば問題はないのですが、急遽であれば自分はそんな事何も聞いていないと嫌な顔をされる可能性もあります。

頼み事というのは自分にも大きく関係してくる事もあるので、協力してもらうしてもらわなくても打診はしておくべきですね。

ちゃんと打診していないような人間は他の人から迷惑がられてしまうので気をつけましょう。

️「打診」の言い換え

打診の言い換えは誰もが聞いた事があると思います。

提示する、是非を問う、反応を伺うなどですね。

正直な話、打診よりもよく使う方が多いのではないでしょうか。

使い方は基本的には同じですが、使い方によってはやや変わってきますので注意して下さい。

そんな意味と使い方などをお伝えしていきましょう。

提示する

提示するというのは、相手に差し出して見せるという意味を持ちます。

よく免許証を相手に見せる時、免許証を提示するとか言いませんか?

一番よく使われるのがこの言葉ですが、別に免許証に限らず色んな用途で使用する事があります。

物以外の場合は何らかの条件を相手に持ち出して理解してもらう事も言いますよ。

ただ打診とはやや似た言い方はしますが、こちらはあくまでも相手に理解させるという方が正しいかもしれません。

是非を問う

是非を問うという言い方はたまに聞きますね。

日常生活やビジネスにおいて、そこまでかしこまった言い方をした人は聞いた事がありません。

ちなみに是非とはどういう意味かご存知でしょうか?

そもそも意味として是は正しい事、非は悪い事から来ています。

即ち是非とは良い事なのか、悪い事なのかを問う事を指していると考えて下さい。

ビジネスにおいて使うよりも、強いて言うのであれば日常生活で使う事が多いかもしれません。

ただこの是非を問うという言い方は、打診と比べてしまうとそこまでは重要なものではないです。

何故なら是非というのはくだらない事なんですよ。

良いにせよ悪いにせよ、それは自分で判断するものではありませんし、自分自身が良いと判断したからと言って相手にとっては悪である可能性も捨てきれません。

善悪の問いかけほど愚かしく傲慢としか言いようがないですね。

別の言い方で是非というのは強調を意味する場合があります。

反応を伺う

反応を伺うという言い方は、相手の反応を見る事を意味します。

こちらが一番打診の言い換えとしてはふさわしい言葉かもしれません。

ただ嫌な言い方をしてしまうとあまりいい意味として取られる事はないでしょう。

何故なら言い方を変えてしまうと、人の顔色を伺うと同じ様な意味だからです。

自分に自信がないような人が、反応を伺うような事をします。

私も人の反応を伺う事が多いですね。

️「打診」の使い方を押さえておこう

打診の使い方をマスターしておくと、仕事でも上手く行きます。

交渉の1種とは申しましたが、上手くいかせるのは自分次第なんですよね。

打診を上手く使えるようになれば、交渉も成功し他の人から一目置いてもらえるでしょう。

言葉を知らなくても、仕事が出来る人間の多くは打診が上手い人の方が多いですよ。

相手に対して無理やりさせてしまうと、その程度の人間だと思われてしまいます。

また相手の気が乗らないまましてしまうので上手くいかないんです。

打診できる人間は冷静に判断が出来、また相手を観察する能力も身につく事も出来ます。

押してダメなら引いてみろという言葉がありますよね。

人間押すだけではどうしようもないのです。

選択肢はいくらでもありますが、自分で提示するよりも可能性を出してあげた方が喜ばれます。

基本的にビジネスだけではなく、人生において打診する事は大切ですよ。

相手が必ず引き受けるとは限りませんし、無理に引き止めてしまっても関係性が悪くなるだけです。

何事も去る者は追わずというスタンスを作っておくと良いでしょう。

人間という生き物は何かしら執着をしたがる生き物でもあります。

相手がOKなしなかったら怒鳴る人やしつこく食い下がるような人もいるのですが、それはあなた自身に問題があると考えておいて下さいませ。

どんな時も誰かの味方であるのではなく、中立地帯にいる方がとても楽ですよ。

その方がフラットな目で見る事が出来るのです。

中立な立場にいないと固定概念が固まってしまうので、仕事が失敗してしまう確率が高くなってしまいます。