CoCoSiA(ココシア)

打診とはどういう意味?使い方や用例・言い換えなどを解説!


打診するという言葉はドラマなどで聞いた人はいると思います。

なんとなく言いたい意味はわかるかもしれませんが、漢字はおろか言葉の意味すらちゃんと理解している人は少ないでしょうね。

打診とは医療系に関係している人なら意味はわかるかもしれません。

ただ本来の意味とまた異なる言い方をする事はご存じでしょうか?

ビジネスシーンでもよく使われる事が多い打診、意味をちゃんと理解しておきましょう。

️「打診」の意味、知ってますか?

打診という言葉は、漫画やドラマなどで知った人の方が圧倒的に多いと思います。

冒頭で医療系の方なら理解は出来るとは言いましたが、全員ではないですね。

私も医療系に勤めていた事があるのですが、打診という意味は医療用語としてちゃんと理解出来ていませんでした。

ほぼほぼ見た事も、打診の診察を受けた事がない人もいると思います。

打診の診察を受ける人は、身体的に何らかしらの異常があったという人のみでしょう。

元々の意味は医療用語ですが、それが派生して現在ではビジネスシーンでも使用する言葉の1つとなっています。

ビジネスシーンで使われる言葉

ビジネスシーンでもよく使用される言葉の1つではありますが、少なくとも私の周りでは言っている事は聞いた事がないですね。

打診ではなくそのままの意味を使っていた事はありました。

言葉としては認知度が低くても、打診の行動をしていた人は多いのではないでしょうか。

もしかしたら言葉を知らないだけで、出来ているような人間は多いですよ。

人に対して交渉をするような職業ではなかったからかもしれませんが、対人相手とするビジネスマンなどであれば打診という言葉はよく使用するとは思います。

言葉の意味をちゃんと理解出来ていれば、別にビジネスだけではなく普段遣いでも出来る言葉です。

頼み事をしたり、依頼をしたりする時には打診という言葉をよく使用します。

️「打診」の解説


打診のは相手との交渉を有利にするために必要な技術となります。

依頼をする時や相手に何かお願い事をする時に使用するものです。

勘違いされやすいですが、打診とは何かを頼むものですが正式に依頼などをするわけではありません。

相手の様子や意向を確認するという事に当たるため、どちらでも無い考えなのです。

普通に見ていると相手の意向に任せるため、ある意味では一番理想的な交渉とも言えますね。

相手に対して強制をしている訳ではないため、打診をした方が相手から良い返事をもらえる事が多いのです。

もちろん断られる事もありますが、事前に手を打っておく事で何かしらの助け舟にはつながるかもしれません。

誰だって無理やりやれとか強制させたらやる気はないでしょう?

自分でやりたいと思える意志と相手に選択をさせる事が重要なんですよ。

交渉で一番重要な事は、相手の判断に任せる事ですね。

️「打診」の意味

打診の意味は2つあります。

1つは打診器という器具を使っての治療、もう1つはビジネス用語で知られている言葉の2つとなります。

業種によっては意味合いが全く異なる言葉です。

意味としては似ている意味ではあるのですが、ビジネス用語として打診を医療業界の人に使用してしまうとケースバイケースではありますが、シチュエーションによっては意味不明みたいな顔をされるかもしれません。

人間という生き物は条件反射で狂ってしまう生き物ですからね。

打診の本来の意味

打診の本来の意味は、打診器という医療器具が関係してきます。

元々は医療関係の言葉とされているようです。

打診器というものは聞き覚えがない人間もいますが、私は耳鼻咽喉科に勤務していた時によく見た事がありました。

名前まではさすがに分かりませんでしたが、形状は小さいハンマーに近いものです。

ハンマー型や石斧っぽい形状のものまでありますが、そんなに見た事がある人はいないでしょう。

聴診器とは異なり、普段から使うものではありません。

指先や打診器で胸・背などをたたき、その音で内臓の診察をする

打診器を使って診察する事を打診と言います。

これは何をするのかというと、深部腱反射の検査をしているのです。

人間の身体は物事などに反射するように出来ています。

例えば衝撃を和らげるためにくの字に折れ曲がるようにするとか、膝を叩いた時に動くなどの反応ですね。