よく学生時代に聞く言葉で「ハブ」というような言葉を使われたりすることが多いですよね。

その言葉を理解している人というのは最近の人達であり、一昔前まではその様な言葉というものをあまり聞かなかったという人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな「ハブる」事についてお話をしたいと思います。

そもそもハブるという言葉やハブられるという言葉はどの様な意味があると思いますか?

この言葉というのは簡単に言えば仲間はずれにするという意味が込められています。

よく子供が「ハブられた」というような事を言う場合は、仲間はずれにされたという意味が込められているのです。

この行為というのはいじめ原因にも繋がってくるものではないかと思いますが、大人になってからもこの様なことをして楽しんでいる大人もたくさんいます。

いわゆる子供の頭から離れていない人達という事になりますよね。

その様な人たちとはまずは関わらないという事が大切になるでしょう。

そしてどんな事でもそうですが、ハブられてもその人やその集団がハブる行為をするだけであって、他ではそうにはいきません。

逆にその様なことをする人というのは、ハブる人のことを気にしてしまったり、羨ましいと思っているような人達がほとんどであり、いじめなどに発展をしてしまう可能性も高いですが、その人達本人がその様なことがあるからだとも思います。

簡単に言えばハブるような人も他でハブられているという事になるのです。

いじめというものは大人になれば更に発展をしてしまい、様々なことをされたりするというような人もいるでしょうが、共通して言えることがあり、それは相手側も実はいじめられていたりしているので、その憂さ晴らしなどをしていることがほとんどという事なのです。

いわゆる味方を作りたいと思うような人達が多いので、子供からその様な性格が変わっていないような人達という事になります。

しかしながら普通にしているつもりでもハブられてしまうというような事が多くありますよね。

「いじめ」以外にも様々な原因があると思いますが、何よりその人本人がどの様な行動をしているのかという所にも鍵があります。

一度見直してみるのも良いかもしれませんね。

今回はそんなハブられてしまう理由とハブる人の心理などについてお話をしたいと思います。

ハブる人というのは、実はとても寂しがり屋な人なのです。

ハブられるのはなぜ…!?

普通にしているのにハブられている!というような事が多くあるのではないかと思いますが、その原因としてハブる人がいるからというものがあるでしょう。

簡単に言えばその様な人がいなければ、近くにいる人を誘ったり、仲の良い人と遊ぶというような事が多いと思いますが、仲が良いのにハブるというのはそれは友達と呼べるのかどうかという所にあります。

ハブられる理由というのは様々あると思いますが、中でもハブられてしまうような人というのは基本的にネガティブ思考な人が多いのも特徴的です。

目を向いて話さないという事やいつも下を向いてしまっているというような人は、周りからどの様に見られると思いますか?

その様なことを考えると、自然とハブられないようにするという方法も見つかるのではないかと思います。

学校や職場でハブられている人は多い


特にこの様なことというのは集団で起こることが多いです。

小数の場ではあまりありませんが、例外もあります。

例えば学校や職場でのハブられている人というのはとても多いです。

何故ならハブる人とハブられる人の関係というものが重要になるからです。

簡単に言えばハブるという事は相手のことを嫌っているという事でもありますよね。

いわゆる「いじめ」などの行為の始まりだとも思います。

簡単に言えばこの様なことというのはハブる人がいかに多いのかでハブられる人が多くなるのかという事が決まります。

よくこの様な集団というのは小さなグループに分かれていることが多いですよね。

ハブる人達のグループとハブられる人達のグループという事になります。

そのグループ間というのはまさに関係性がとても悪いので何かある度にそのグループを必要以上に責めたりするというような事もあるのではないかと思います。

この様なこともあるというのがガッコウや職場で起こるようなことです。

基本的には集団でというものが多く、特にハブる人側の方では仲間を作りやすく、逆にハブられる人というのは孤立してしまうというようなパターンが多いです。

学校でこの様なことがあった場合は、生徒同士でしか分からないことなので、先生が知ることなくいつの間にかいじめが発展していたなんていう事もあるのではないかと思います。

ハブる人の7個の理由と心理

ではそんなハブる人というのは何故相手にその様なことをするのだと思いますか?

例えばハブる人というのは仕事をとられたくないからというのがあると思います。

ハブる人というのは学生時代の時からハブったりすることが多いので、大人になった今でも続いているというような人も多いのではないかと思います。

その発展的なものがいわゆるハラスメントに繋がる行為です。

他にも様々な理由があります。

例えば自分も同じと見られたくなかったりというような事もあるでしょうし。

中には自尊心が強い人もいるでしょう。

最近では物事を優劣つけて判断をするような人も多いですが、その様な人ほど自尊心が強く「自分の方が優れているから」というような自信のあるプライドを持ってしまいます。

なのでどうしても下の人を見てしまうとハブってしまったりハラスメント行為に発展をしてしまうというような事も多いのではないでしょうか?

他にも様々な理由がありますが、言えることはハブる人というのは実は周りから嫌われていたりするような人達が多いということです。

寂しがり屋な面が多く、他の人からも煙たがられてしまうので、この様な態度を取ってしまうというような事が多いのではないでしょうか?では詳しく見てみたいと思います。

1、仕事を取られたくない


ハブる人の特徴の1つとして仕事を取られたくないという事があるのではないかと思います。

仕事というのは他の人に任せるというような事もあると思いますが、できる人ほどその仕事がまわりますよね。

しかしながらそのできる人に対してわざとハブらせ、自分に仕事をまわさせるように仕向けるというような人も中にはいます。

いわゆるこの行為がハラスメントに繋がる行為ということです。

仕事をとられたくないというプライドからこの様なことをしてしまう人というのも多くいるのではないかと思います。

逆にそれで悩んでいるという人もいるでしょう。

この様なことをするということは、よほど相手が気にしているということなのです。

2、自分も同じとみられたくない

自分も同じとみられたくないというものがあるでしょう。

言うのであれば自分はそのハブられている人より上だからというような考えを持っているので、自分より下なんだと思わせるような行動をすることが多いです。

ハブられるというのは仲間外れという意味がありますが、簡単に言えばハブる人自身も仲間外れにされている可能性があるということなのです。

3、自分に自信がない

自分に自信がない人ほどハブるようなことが多いです。

簡単に言えば自分に自信が無いので相手の人の自信を更に無くしてしまい、自分が上に立つというような考えをするような人が多いということです。

その手段というものは問わない人が多いです。

どの様なことを使ってでもその様な行為をするという人は、後に自分に返ってきたり、自分自身がハブられているというような事を認めたくないからという心情もあるのかもしれません。

自分に自信が無いという事は、それほど自分はハブられていると認めている証拠でもあるということになるでしょう。

4、自尊心が強い

自尊心が強い人もハブる人に多い特徴です。

自尊心というのは簡単に言えばプライドを持っている人ということになります。

様々な業績を上げたとしても、優秀な人はたくさんいますよね。

その中に入り込んだ際に、自尊心が強いためか「他の人ほど私が優秀だ!」という気持ちが強くなり、ハブるというような行為をしたり仲間を集めたりするような人がほとんどなのではないかと思います。

基本的に自尊心が強い人というのは簡単に言えば他の人よりもプライドが高い傾向があるので、自分より上の存在の人を苦手としたり嫌うような傾向も多いです。

なのでどうしても、自分より他の人が親しまれていたりすると逆に悪い噂などを流したりしてその人の評判を下げたりするというような事があるのではないかと思います。

気に食わないからというような理由もあるかもしれませんが、自尊心が強い人というのはまさにその様なことを行動に起こしてしまうような人なのです。

5、誰よりも寂しがりや

ハブる人というのは実は誰よりも寂しがり屋だということはご存知でしょうか?

言うのであればハブる行為をする人というのは、自分がハブられるのが怖いからというのもあるかもしれませんが、何より1人でいるのが寂しいからという傾向があります。

この様な傾向というのは他のことでも同じようなことが言えます。

例えば他の人からいじめられたからその腹いせに他の子をいじめるというような子供が最近では多いですが、その心理というのはまさにこのハブるというような事と同じことなのではないでしょうか?

いわゆる自分自身が1人だからという理由であったり、嫌な思いをしたからというものを他の人にぶつけているという事になるのです。

この様な事をする人というのは、大人になっても変わることが少なく、様々な場所でハブる行為をしたりして何としてでも友達を作ろうと努力します。

しかしながら上手くいかないというのは、その行為をまさにうけているからなのです。

ちょっとした事でも直ぐにその行為が返ってくるので、何回も繰り返して他の人を狙うようなことも多いのではないかと思います。

しかしながらその行為というのは自分自身が寂しいからなのです。

6、古いものにこだわる

古いものにこだわる傾向もあります。

古いものというのは、昔はこうだったからこの様なことをするというような考え方をしたりすることが多いということです。

時代というものは変わっていきますが、それでも古いものにこだわり、様々なことを言い訳に行動を起こしたりするような人も多いということです。

7、特別感を求める

ハブる理由のもう1つには特別感を求めるからというのもあるでしょう。

例えば人というのは特別感を求めてしまうと自分だけを見て欲しいというような感情が出てきますよね。

恋愛でもあると思いますが、自分だけを見て欲しいから様々なアピールをするというような事も多いと思います。

特別感を求めるような人にハブるような人が多いというのは、その人がハブられることで自分だけを見てくれるというような考えになるからです。

相手の人をハブり悪い噂などを流してしまうと、自分は良い人に思われますよね。

最初はその様な形でいくかもしれませんが、後々になって発覚をしてしまいその物事が返ってくるというような事は多くあります。

基本的に悪い事は自分に返ってくるというような言葉もありますが、まさにその様なことも多いのではないかと思います。

しかしながらこの様な人が減らないというのも事実です。

特別感を求めすぎてしまうとこの様な行動をしてしまうような人も多いので十分に注意をするようにしましょう。

ハブられる対象から外れる方法

ではそんなハブられる対象から外れるにはどの様なことをすれば良いと思いますか?

簡単に言えばハブられる対象というのは、いわゆる相手から目をつけられたらずっとその様なことをしてくる傾向がありますが、それを外す方法もあるということです。

まずは自分の行動を振り返ったり、もっと自分の意見を持つという事も大切です。

ハブる人というのは相手が何も言わないと言いたい放題をするような傾向もあるので、時には反論をすることも大切なのではないかと思います。

しかしながらそれでも相手が続けるのであればその相手を無視し続けるというのも1つの方法です。

そして会社や学校であれば先生や上司に相談をするという事がベストになるでしょう。

そうする事で相手の行動を抑えたり辞めさせることや、対象から外れることもできるようになります。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

自分の行動を振り返る

まずは自分の行動を振り返ると何故ハブられるのか理由が分かるというような事もあるのではないかと思います。

簡単に言えばハブる人というのはその相手のことが気に食わないからという理由などもあり、自尊心が高いからということもありました。

しかしながら自分の行動を振り返ることで思い当たる節があるのかどうかという事をまずは見なくてはいけません。

また、思い当たる節が無い場合は他の人に聞いたりするというような事も必要でしょう。

自分が何かしたのだろうか?と聞くと良いかもしれませんね。

嫉みなどでその様なことをする人も多いので、ハブってくる人がいる場合は注意してみてはいかがでしょうか?

毎日が一期一会

毎日が一期一会だという事を忘れないようにしましょう。

一期一会というのはその日というのはその時でしかないという事です。

例えばその日ハブられたとしても、それも経験の1つだと考えると後々が楽になるかもしれません。

いわゆる相手がどんな事をしても1日を大切に過ごすという事が大事になります。

嫌なことは多くあっても、その事を素直に受け止めて1日を過ごすことができるのかという事が大事になるということです。

それを乗り越えた時というのはとても良い人生になっているのではないかとも思います。

嫌なことがあった次の日は良いことがあるというようなポジティブさを持っても良いでしょう。

ハブられたとしても負けないという気持ちを持つことで、相手からも相手にされなくなり、ハブるという行為が無くなるのではないかと思います。

失敗を喜ぶ

仕事を失敗してハブられるなんていうような事もあるかもしれません。

しかしながら失敗を喜ぶようにすることで、相手からも「どうして?」というような感じに思われ自然となくなってしまうような事も多いのではないかと思います。

自分の意見を言葉にする習慣をつける

自分の意見を言葉にして言うことで相手にもそのことを伝えることができるのではないかと思います。

しかしながら反論をしてしまうとまた過剰に返ってくるような人もたくさんいますよね。

何故なら相手からするとハブりたい人というのは、様々な理由があるからこそハブろうとしてくるわけです。

どんな事を使ってでも自分が正しいと思わせたいがためにこの様な行動をするので、その様な人を相手にする場合は1度意見を言ったら後はもう無視をするというような事が一番です。

反論をして更に反論をするというような形になればヒートアップしてしまい取り返しのつかない事にもなってしまいます。

この場合はハブられた人が引いてそのまま無視をするというような事が一番です。

しかしながらちゃんと自分の意見を言葉にする習慣を身に付けるという事が大事になります。

その言葉をどんな時でも直ぐに言えるように努力をしてみてはいかがでしょうか?

じぶんだけの言い回しを考える

自分だけの言い回しを考えるというのも1つの方法です。

「自分はこうだから」というような言い回しをすることで相手から何を言われたりハブられても平気だという意思表示が大事になります。

基本的にハブる行為をする人というのは簡単に言えば自分自身もその様な経験をしているからこそだと思うので、その様な人の場合には自分だけの言い回しを考えて言うようにすることで相手も諦めついたりするような可能性が高くなると思います。

自分の意見は持つことは大事ですが、ここで注意することは言い回しをする際などに嘘を使わないということです。

よくハブる人というのは嘘の噂を流したりするのですが、その様なことと同じことをしてしまうと元も子もありません。

その様なことはしないようにしましょう。

ハブられる人の特徴

ハブられる対象から外れる方法についてお話をしましたが、実際にハブられる人というのはどの様な特徴があるのでしょうか?

言うのであれば反論を一切しない人であったり、ネガティブな人、そして常に暗いというような人はハブられる対象にもなってしまいます。

またその逆のパターンもありますが、基本的に多いものは前者の方です。

周りから親しまれているからハブるというような人がいた場合、その人は逆にそのハブる人から気に入られていると思っていてください。

そうする事で少しは楽になるかもしれません。

ではハブられる人の特徴というのはどの様な特徴があるのか見てみたいと思います。

下を向いて歩く

下を向いて歩く人はハブられる確率が多いです。

下を向いて歩く人というのは常に物事などもマイナス方向に考えてしまう人が多く、気が小さいような人が多いと思われるのでそこを狙ってくるような人も多いということです。

ぼそぼそ声で話す

ぼそぼそ声で話すような人も同じことが言えます。

例えば何に関してもぼそぼそとハッキリと喋らない人というのは基本的に気が小さいと思われているのと同時に、様々なことに流されやすいような傾向もあります。

なので自然とハブられたいたというような事も多いのが特徴的なのではないかとも思います。

人混みが苦手

人混みが苦手だという人も多いでしょう。

基本的に人混みが苦手な人というのは1人で行動をするという事が多いですよね。

特にプライベートを1人で行動をしているところを見られたりすると会社などでも噂になり、それが原因でハブられるというような事もあります。

目を合わせられない

目を合わせられないというような人も多いのが特徴的です。

基本人と話す際に大事なことは人の目を見て話すということですが、目を合わせられない人というのは、基本的に相手のことを見て話すことができないないという事になります。

基本的に目を見て話すというような行為はコミュニケーションを取る上では大事なことですが、そのコミュニケーションを取ることができないという事になり、ハブられる対象になってしまうというような事にもなってしまうので注意をするようにしましょう。

動きが遅い

動きが遅いというような事もあると思います。

他の人より行動が遅いとその分目立ってしまうことが多いですが、その影響によりハブられてしまうというような事もあるのではないかと思います。

人の意見を聞かない

人の意見を聞かずに自分勝手な人もいると思いますが、この様な人も実はハブられる特徴があるのです。

協調性がない

人の意見を聞かないという事はそれほど協調性がないという事にも繋がります。

例えば協調性が無いという事は、集団で行動をすることが苦手だというような人ということです。

一人で黙々とこなすようなものが向いているのではないかとも思います。

ハブる人の特徴

ではそんなハブる人の特徴というのはどの様なものがあるのでしょうか?

例えば言葉つかいに特徴があったり、性格に裏表がある人というのはまさにハブる人の特徴とも言えるのではないかと思います。

他にも様々な特徴がありますがどの様な特徴があると思いますか?詳しく見てみたいと思います。

プライベートも仕事も同じ服

プライベートも仕事も同じような服だという人が多いですよね。

基本的にその様な人というのはとりあえず着れれば良いというような考えを持つような人が多く、ハブる人の特徴でもあるのではないかと思います。

ステレオタイプ

ステレオタイプな人もいるでしょう。

ステレオタイプとは固定観念やレッテルを貼るような人のことであり、先入観や思い込みなどをしてしまう傾向が多いです。

言うのであれば先ほど言ったハブる人の理由にある自尊心が高いというのもこの影響を受けている可能性が高いです。

特にこのタイプの特徴を持つ人が多く、ハブる人の代表的な特徴とも言えるのではないかと思います。

【ステレオタイプと言われる人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

派手な色が好き

自尊心やプライドなどが高いため派手めな色が好きだという人も多いでしょう。

お金があるというようなことを魅せつけるかのようなことをしたりするような人もいますよね。

言葉つかいに特徴がある

言葉つかいに特徴があるというのもあります。

例えば普段友達と話をしているのに真面目に敬語であったり「こうなのです」というような改まるような言い方をしてしまうような人というのは、他の人をハブる傾向が強いです。

井の中の蛙

この特徴を持つ人も多いですが井の中の蛙という言葉をご存知でしょうか?

狭い範囲でしか見ることができず、広い世界を知らないというような意味がありますが、まさにハブる人というのはその集団でも小さい中で行うことが多いので、狭い範囲で活動をしている集団というイメージが強いのではないかと思います。

性格に裏表がある

性格に裏表がある人というのもハブるような可能性が高いです。

表向きでは良いような態度をしていても裏では酷いようなことをするという人はたくさんいますよね。

特に学校や仕事というような環境では、上司などに見られなければ好きにしてしまうというような人も多く、その性格がハブるような事をしてしまうのではないかと思うのです。

人の不幸を喜ぶ

何よりも人の不幸を喜ぶという特徴もあるでしょう。

簡単に言えば人の不幸というものを喜ぶ人は少ないですよね。

しかしながらハブる人というのは、そのハブられた人が不幸になっているのを喜んでみていたりするというような事も多いのです。

様々な噂などを流したりもして、その人を不幸にさせては喜ぶというような性格をしているのも特徴と言えるでしょう。

この様な人と接する際には注意をするようにすることも大切です。

根拠のないうわさ好き

またこの様な人というのは通じて言えることとして根拠のない噂を流す傾向があります。

簡単に言えば、ありえないことを平気でいろいろな人に話しをして悪い噂を作るというような事もあるのです。

根拠のない噂ほどどんどん広まってしまう傾向もあるので、その様な状態にしてしまうという人もいるという事を覚えておくようにしましょう。

交友関係が狭い

また交友関係が広いようにも思われますが、実際は交友関係が狭いという特徴があるのです。

いわゆるこの様な行為というのは自分の周り、つまり狭い範囲でしか行動を起こすことができないので、友達も自然と少なくなってしまい、似たような人達で集まってはターゲットを見つけてハブる行為をするというような事をしてしまうのではないかと思います。

観察好き

観察好きな人ほどハブるような人が多いです。

ハブられている人を見ていて観察をしては楽しむというような事をするような人も多いので、この様な人と接する場合は注意をすることが大切になるでしょう。

話の内容が薄い

またハブる人の話というのは基本的に大きなことの様に思えて実は内容が薄いというような傾向もあります。

簡単に言えば、小さい範囲でしか行動を起こしたりすることができないので、話の内容なども薄く、ハブる理由も気に食わなかったり約束を破ったからというような理由なのです。

時間に数分と遅れたりするだけでハブるというような人もいますよね。

この様な人達というのは基本的に話す内容が薄い傾向があるということを覚えておくと良いでしょう。

ハブられても気にしない

いかがでしたか?ハブる人の心理というものが分かったのではないかと思います。

ハブる人というのはいわゆる自分がその相手のことを気にしていて、納得がいかないからであったり、自分と同じように見られたくないという意思からその様なことをしてしまいます。

いわゆる子供の頃から変わっていないという人はまさにこの様な行動をしてしまいがちです。

仮にハブられてしまった場合は、自分の言いたいことを言ったら後は無視をすることが一番です。

ハブられても気にしないようにすることで、相手が何を言っても自分の生活を第一に優先してください!

相手にするだけ無駄な時間を浪費してしまうので、ハブられたとしても自分の趣味の時間に宛てたり、他のことをするというような工夫をしてみてはいかがでしょうか?