CoCoSiA(ココシア)

快活な女性の11個の特徴とモテる理由!快活さを手に入れるには?


いつも笑顔で、元気よく喋り、誰にでもわけへだてなく優しく接することができる人。

上司にも先輩にも覚えがよく、常に幸せオーラを振りまき、一緒にいると元気になる人。

快活な女性は、同性としても友達になりたいNo.1ですよね。

もちろん、男性にも大人気。

職場でも学校でも、たくさんの人に声をかけられたり、告白されたり、言い寄られたり。

誰もが振り向く美人というわけではないのに、人が集まってきて、花があって、その分人間関係も広がって。

地味目な女性にとっては、いいなぁ、と思いつつも、自分には無理だろうなぁ、その人が持っている元々の性格なんだろうなぁ、と思われているのではないでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

いくつかのことを実践すれば、あなたも快活な女性として、周りの人が一目置く存在になれるでしょう。

コツはそれほど多くないんです。

それさえ掴めれば、誰でも快活な女性になれるんです。

もし、自分が暗いなぁ、もっと明るく日々を過ごしたいなぁ、とお思いの方がいらっしゃったら、少しずつでもいいので、以下のようなことを意識して人と接してみてはいかがでしょうか。

1ヶ月、3ヶ月、半年と経つうちに、自分の周りが明るく変わっていくのがわかると思います。

快活な女性の11個の特徴

快活な女性にも色々タイプがありますよね。

あねさんタイプの面倒見のいいタイプ、すぐに「友達」目線になってくれる人、後輩であれば、明るく甘えてくれる人。

それぞれタイプがありますが、「快活な女性」として共通していることは沢山あります。

ということは、それを実践していけば、横並びでなく、あなたらしい「快活な女性」になれることでしょう。

ぜひ下記11個の項目を参考にしてみて、あなたも人気者の快活な女性になっちゃいましょう。

1.はきはき喋る

快活な女性は、はきはきしゃべります。

といっても、早口だったり、相手を圧倒するということではありません。

発音がしっかりしているんです。

だから子どももお年寄りも聴きやすい。

また、はきはき喋るということは、自分の考えをその場に適した言葉遣いで話すということでもあります。

それは学校や会社での発表や会議でもあるでしょうし、飲みの場でもあるかもしれません。

飲みの席の場合、自分から話題なんて振れないよ、という方もいらっしゃいますが、自分の話をしなくても大丈夫。

もともと人間はおしゃべりをしたいものです。

ですから、まずは聞き役にまわってみましょう。

けれども、相槌や「そうなんだ」などのコメントで終わらせるのではなく、その人が話したことについて、自分の考えをいってみましょう。

(反対意見ではないほうがいいですね。ケンカなどにもつれ込む可能性がありますから)。

そのときもはきはきと。

もしかしたら、その人が持っていない視点をあなたが提供できるかもしれません。

悩んでいることを打開できる解決案をつかむきっかけを気づかせるきっかけになるかもしれません。

そうなったら、笑顔でよかったね、といってあげましょう。

しっかりとした印象

はきはき喋る人は、多くの場合はしっかりとした印象を与える傾向があります。

第一印象を決める挨拶から、はきはきと喋っていると、この人は信頼できるな、となるのです。

けれども、たとえばもそもそと話す人が挨拶をしても、ビジネスの場であれば、この人は大丈夫かなぁ、と思われてしまうでしょう。

それは、今後、ビジネスのパートナーとして信頼できるかどうかの判断基準になります。

そう考えれば、はきはきした女性を取引会社に紹介したくなるのは当然ですよね。

また、例えばプレゼンの際でも、どんなに資料が整っていても、上手く話せなかったり、声が十分に聞こえなかったりすると、マイナス要因になります。

その点、はきはきした女性は合格点。

自分の声をどう出せば、どのくらいまで届くのか、うるさく響かないか、信頼されるに値するか。

それを自分でしっかり把握しているのです。

ちなみに声の出し方ですが、自分の声は遠くまで届かないと思っている方、声の出し方次第で誰よりも響く声になります。

まずは空気を割って突き進むような声をイメージしてみましょう。

しばらくすると、あれ、と思うほど通る声になります。

たとえば明るい声を出したかったら、笑顔で喋ってみましょう。