CoCoSiA(ココシア)

フラリーマンになる6個の理由と夫がそうなった時の対処法


皆さんはフラリーマンという言葉はご存知でしょうか?

サラリーマンと似たこのフラリーマンについて今回はご紹介していきます。

フラリーマンとは何?という事からフラリーマンになってしまう理由など分かりやすくご紹介していきます。

フラリーマンとは?

フラリーマンとは簡単に言ってしまいますと、仕事が終わっても真っ直ぐに家に帰らずにふらふらしているサラリーマンのことですね。

家に帰らない理由は様々で、家に帰りたくない理由があるサラリーマンの人から、パートナーや家族に気を遣ってあえて遅く帰る事を選択しているサラリーマンまで、フラリーマンとなる理由はとても多くあります。

この理由についても詳しくご紹介していきますね。

仕事を終えて退社してから、まっすぐ帰宅はせず、ぶらぶら寄り道しながら帰るような勤め人(サラリーマン)を指す俗な言い方

フラリーマンという言葉が最初に出来た時には、家庭を顧みない過程に居場所を見つけられずに家に変えることなくふらふらしているサラリーマンのことを名付けた造語でした。

今では家庭を顧みないサラリーマン以外の過程を大切にするがために、家庭にすぐに帰らないサラリーマンのこともフラリーマンと言います。

最初は家庭を顧みないふらふらしている悪い印象のサラリーマンのことを言っていましたが、優しさからふらふらしているサラリーマンも含まれるようになりました。

フラリーマンになる6個の理由

フラリーマンとなってしまう理由は沢山ありますが、その中からフラリーマンとなってしまう最も多い理由を抜粋して6個ご紹介していきます。

知らない内にフラリーマンとなってしまっている人もいるのかもしれません。

フラリーマンとなってしまう理由を知ることで、対処方法やなぜフラリーマンとなってしまったのか分かりますね。

なぜフラリーマンとなってしまうのかその理由を知って下さい。

1.一人の時間が欲しい


フラリーマンとなる理由で最も多い理由がこの一人の時間が欲しいという理由です。

フラリーマンでなくても一人の時間はとても大切です。

家に帰ると自分の居場所がなく一人の時間を過ごす事が出来ない。

やることが山積みで気が休まる時がないなど、家庭での一人の時間を作ることができない為、ふらふらと一人の自由な時間を過ごしてリフレッシュしてから帰宅するフラリーマンとなってしまうのです。

単純な理由なのですがとても重要な理由の一つでもあります。

とにかく息抜きしたい

だれでも息抜きは必要ですよね。

フラリーマンとなるのは、この息抜きする時間を外に求めているからフラリーマンとなってしまうのです。

逆に考えると家庭に早く帰ってきて欲しいと思うのでしたら家庭に自分一人で過ごせる空間と息抜きするための時間など作ってあげると良いです。

ほんの30分だけでも良いのです。

自分だけの空間で誰にも邪魔されないで、自分の好きな事だけをやれる時間を作るだけでフラリーマンでは無くなります。

また、自分の空間と時間を持てるようになると周りの事も見えてきます。

そうすることで過程で頑張っている妻や家族のことも考えられるようになります。

それぞれが息抜きできる空間と時間を作ってあげようと、お互いを気遣いいたわりあえる関係性になることができますね。

自分だって自由な時間や一人になる時間は無いのになんなの!と怒っているだけでは何の解決にもなりません。

家庭に帰ってもそんな事ばかり言われていては当然帰りたくは無くなります。

相手に何かを求める場合にはまずは自分から行動して下さい。

人の行動をかえることは簡単です。

自分自身が変わるだけですね。

相手が自分に対してもっといたわってほしいと思うのでしたら、自分が相手の事を労わりましょう。

相手のことを考えて行動することで、相手もあなたの事を考えて行動してくれるようになります。

自分は何も変わらずに相手だけに求めるのは理不尽極まりないですよ。

自分の思い通りにならないのは当然の結果です。

場合によっては関係性は悪化してしまいます。

幸せな家庭を気付きにはい相手に何かを求めて変わってもらうのではいけませんね。

自分からこうして欲しいと思える行動をとることで、相手も同じように行動してくれるようになります。

ミラーリングを心掛けることが重要ですね。

相手の行動や言動が気に入らないと思う人は、相手も同じようにあなたの行動や言動が嫌に感じています。

相手の行動や言動は言わばあなた自身の行動や言動の表れになります。

フラリーマンになってしまった人は、家で大変な状況を知らずに家でリラックスして楽をしているのでは?なんて思っているのかもしれません。

本当はとっても大変なのにね。

家事の大変さは相手に伝えることはとても難しいです。