皆さんはフラリーマンという言葉はご存知でしょうか?

サラリーマンと似たこのフラリーマンについて今回はご紹介していきます。

フラリーマンとは何?という事からフラリーマンになってしまう理由など分かりやすくご紹介していきます。

フラリーマンとは?

フラリーマンとは簡単に言ってしまいますと、仕事が終わっても真っ直ぐに家に帰らずにふらふらしているサラリーマンのことですね。

家に帰らない理由は様々で、家に帰りたくない理由があるサラリーマンの人から、パートナーや家族に気を遣ってあえて遅く帰る事を選択しているサラリーマンまで、フラリーマンとなる理由はとても多くあります。

この理由についても詳しくご紹介していきますね。

仕事を終えて退社してから、まっすぐ帰宅はせず、ぶらぶら寄り道しながら帰るような勤め人(サラリーマン)を指す俗な言い方

フラリーマンという言葉が最初に出来た時には、家庭を顧みない過程に居場所を見つけられずに家に変えることなくふらふらしているサラリーマンのことを名付けた造語でした。

今では家庭を顧みないサラリーマン以外の過程を大切にするがために、家庭にすぐに帰らないサラリーマンのこともフラリーマンと言います。

最初は家庭を顧みないふらふらしている悪い印象のサラリーマンのことを言っていましたが、優しさからふらふらしているサラリーマンも含まれるようになりました。

フラリーマンになる6個の理由

フラリーマンとなってしまう理由は沢山ありますが、その中からフラリーマンとなってしまう最も多い理由を抜粋して6個ご紹介していきます。

知らない内にフラリーマンとなってしまっている人もいるのかもしれません。

フラリーマンとなってしまう理由を知ることで、対処方法やなぜフラリーマンとなってしまったのか分かりますね。

なぜフラリーマンとなってしまうのかその理由を知って下さい。

1.一人の時間が欲しい


フラリーマンとなる理由で最も多い理由がこの一人の時間が欲しいという理由です。

フラリーマンでなくても一人の時間はとても大切です。

家に帰ると自分の居場所がなく一人の時間を過ごす事が出来ない。

やることが山積みで気が休まる時がないなど、家庭での一人の時間を作ることができない為、ふらふらと一人の自由な時間を過ごしてリフレッシュしてから帰宅するフラリーマンとなってしまうのです。

単純な理由なのですがとても重要な理由の一つでもあります。

とにかく息抜きしたい

だれでも息抜きは必要ですよね。

フラリーマンとなるのは、この息抜きする時間を外に求めているからフラリーマンとなってしまうのです。

逆に考えると家庭に早く帰ってきて欲しいと思うのでしたら家庭に自分一人で過ごせる空間と息抜きするための時間など作ってあげると良いです。

ほんの30分だけでも良いのです。

自分だけの空間で誰にも邪魔されないで、自分の好きな事だけをやれる時間を作るだけでフラリーマンでは無くなります。

また、自分の空間と時間を持てるようになると周りの事も見えてきます。

そうすることで過程で頑張っている妻や家族のことも考えられるようになります。

それぞれが息抜きできる空間と時間を作ってあげようと、お互いを気遣いいたわりあえる関係性になることができますね。

自分だって自由な時間や一人になる時間は無いのになんなの!と怒っているだけでは何の解決にもなりません。

家庭に帰ってもそんな事ばかり言われていては当然帰りたくは無くなります。

相手に何かを求める場合にはまずは自分から行動して下さい。

人の行動をかえることは簡単です。

自分自身が変わるだけですね。

相手が自分に対してもっといたわってほしいと思うのでしたら、自分が相手の事を労わりましょう。

相手のことを考えて行動することで、相手もあなたの事を考えて行動してくれるようになります。

自分は何も変わらずに相手だけに求めるのは理不尽極まりないですよ。

自分の思い通りにならないのは当然の結果です。

場合によっては関係性は悪化してしまいます。

幸せな家庭を気付きにはい相手に何かを求めて変わってもらうのではいけませんね。

自分からこうして欲しいと思える行動をとることで、相手も同じように行動してくれるようになります。

ミラーリングを心掛けることが重要ですね。

相手の行動や言動が気に入らないと思う人は、相手も同じようにあなたの行動や言動が嫌に感じています。

相手の行動や言動は言わばあなた自身の行動や言動の表れになります。

フラリーマンになってしまった人は、家で大変な状況を知らずに家でリラックスして楽をしているのでは?なんて思っているのかもしれません。

本当はとっても大変なのにね。

家事の大変さは相手に伝えることはとても難しいです。

いくら家の事が忙しくて大変だと伝えても、仕事に出ている自分の方が大変でえらいなんて思っているのです。

当然話をすると喧嘩になってしまいますよね。

口でいくら言っても無駄なのです。

ではどのようにしたら良いと思いますか?

とっても簡単な方法があります。

実際に家事をしてもらうのです。

実際にお休みの日などに家事をしてみてくれる?って優しくいってみて体験させてみて下さい。

勝手も分からずあたふたするかもしれませんが、そこはあえて手伝うことなく相手に自分自身で何とかさせてみて下さい。

家事の重労働でとっても大変なことが身にしみてわかるかと思います。

毎日必ずすることがあってさらには献立などは毎回違うメニューを考えて、バランスよく尚且つ美味しいと思えるように好きなものも作ってなんてとっても大変ですよね。

個の大変さを分かって貰うだけで自分だけが仕事で大変では無いということが分かります。

相手が大変だと分かると自分も大変だけど、相手のことも考えていたわる気持ちが生まれてきますよ。

自然とお互いが優しく相手のことを思えるようになるのです。

お互いが尊重しあえるようになればもう問題解決ですね。

前はこんな風じゃなかったのにな…なんて思っている人は、相手が変わったのでは無くてあなた自身が変わったから相手もそれに合わせて変わっているのかもしれませんよ。

前の良かった時を思い出してそのころつかっていた言葉や優しさを取り戻してみましょう。

あなたが変われば周りも変わる。

あなた自身の行動で相手の行動を変えられるのです。

あなたが変わらなければいくら待っていても環境は変わりません。

今できることからはじめてみましょう。

好きなことがしたい

とても単純なことですが、だれでも嫌いなことをするよりも好きなことがしたいですよね。

この好きなことを自由に誰にも邪魔されない空間で出来る環境を作ることがフラリーマンにならないコツです。

家庭に好きなことを出来る空間や時間がないからこそ、外に自由を求めてふらふらしているのです。

私だって好きなこと出来ていないのに、自分ばっかり外でフラフラしてズルイなんて思われる人もいるかもしれませんが、その状況を作っているのはあなた自身なのかもしれません。

家庭で休まる時間や空間が無いと当然外に癒しを求めてしまいます。

家の事や沢山の事をしてくれていてとても助かっている。

とても感謝しているとは思っています。

しかし、家に帰ると自分の自由が全く無く休まらない場合はどこかで発散しないと身が持たなくなってしまいます。

そうなってからでは遅いですよね。

そうならない為に自分自身で家庭と仕事の狭間の空間でどうにかしようともがいているのです。

決して家庭を顧みないというわけではないのです。

むしろ家庭を大切にしているからこそ仕事での疲れを糧に持ち込まない様に変える前に心と身体をコントロールしているのです。

自分の時間が過ごせない過程でストレス発散されて喧嘩になってしまう状況をフラリーマンは自分自身でコントロールをして家庭を大切にしているのです。

当然家で心と身体を癒す事の出来る空間や時間があれば、家庭に帰ってわざわざ仕事帰りにふらふらする必要は無くなります。

妻や家族からは何それ?という趣味嗜好かもしれません。

例え理解できない事だとしても誰にも文句を言われないで好きな事の出来る時間を作ってあげてみませんか?

あなたにも同じように好きな事が出来る時間が返ってきますよ。

当然家庭は円満になり幸せになれますよね。

お互いを尊重しあえる気持ちが大切です。

2.妻を気遣って

フラリーマンになってしまうのは何も自分勝手な気持ちからだけではありません。

家にいる妻を気遣って早く帰らないでフラリーマンとなって時間をつぶしているのかもしれません。

その主な理由をいくつかご紹介させて頂きますね。

家事を手伝っても下手でやり直しさせてしまう

家に帰って妻のことを少しでも楽をさせてあげようと思って家事をお手伝いしますが、なかなか上手くいかなくてもう一度同じことをしなければいけない状態や、場合によっては周囲を汚してしまい、更に片付けなど二度手間どころでは無く三度手間以上の手間をかけさせてしまう状況にもなってしまいます。

手伝う気持ちはあったとしてもやればやる程余計なお仕事を増やしてしまいもうやらないでくれた方が助かる…なんて言われて家事がひと段落した頃を見計らって帰っているのかもしれません。

妻を労わって楽をさせてあげたいという気持ちはあるのですが、何度やっても空回りしてしまうのです。

このようなフラリーマンの人をフラリーマンで無くして早く家に帰ってきて欲しいという場合には、とっても簡単にフラリーマンを辞めてもらうことができます。

単純に早く家に帰ってきて欲しいと伝えるだけですぐに帰って来てくれるようになります。

素直に伝えるだけで良いですね。

ただ、妻に遠慮してフラリーマンとなっているだけですので、妻が求めていると分かればすぐに帰ってくるようになりますよ。

二度手間になるなら任せた方が

妻への優しさから自分がやるより妻に任せた方が二度手間にならずに自分のペースで家事が出来るから早く帰ってリズムを崩させない方が良いと考えているのです。

毎日同じ時間に帰宅することで、妻のペースを乱さずに家事をさせてあげる事が駅ると思っているんですね。

例えお仕事が早く終わったとしても、同じ時間に帰宅するためにどこへ行くのでもなくふらふらと時間をつぶしてから帰宅しているのです。

この様な妻を労わる優しさからフラリーマンになった人の特徴は、余分なお金を使わないという事です。

自分本位で自分の時間が欲しいやスキな事をしたいと思ってなったフラリーマンであれば、自分の為に惜しみなくお金を使いますが、妻のためを思ってフラリーマンとなった人は妻の為家庭のためを思っていますので、自分の為のお金は使わないのです。

逆に妻へのお土産や家庭のためになるものにしかお金を使わないのです。

もしかしてフラリーマンなのかなと思った時にお土産を持ってきてくれているのか、家のモノを買ってきてくれているのか…

それとも自分の好きなものなど自分のモノを買ってきているのかで判断することができます。

そのフラリーマンは帰ってくるときに何を持ってきますか?

その持ち帰ったもので自分本位のフラリーマンなのか家庭の為を思ってなってしまったフラリーマンなのか判断する事ができます。

3.早く帰っても居場所がない


フラリーマンとなる人で最も多い理由の一つに早く帰っても家に自分の居場所がないという理由があります。

この言葉通り家に帰っても自分の居場所がなく誰かに話しかけても煙たがられてあっちに行って等と言われてしまい正直へこんでしまっている人も多いのです。

自分の為でも家庭の為でもなく単に家に帰っても意味がない…

と思っているから行く当てや幼児は無くてもふらふらとフラリーマンとなって邪魔にならない時間になるまで時間をつぶしているのです。

実はとっても寂しい思いをしていたりもするのです。

もっと遅く帰って来てと言われてしまう

直接帰ってくるのが早い、じゃま、もっと遅く帰ってきて…なんて言われてしまう人も結構多くいます。

口にして言うと一瞬の言葉なのですが、言われた本人はかなりへこみます…

折角仕事が早く終わって家で家族団らんできるのかなと思ったら…

もっと遅いと思った、夕飯作ってないよなどと言われてしまう人もいます。

折角早く帰宅できてみんなと一緒に食事が出来ると思ったのに最初から頭数に入っていないと知ったショックは計り知れません…

自分の食事は別で作られていて夕飯とは明らかに違うクオリティを知ったショックはかなり大きいですよね。

そんな家庭ではフラリーマンとなってしまうのは当然なのかもしれません。

この様な家庭ではフラリーマンとなってくれた方が家庭がスムーズで良いとまで思っているところが多いです。

早く帰ってきて欲しいなんて当然思っていません。

とっても寂しいフラリーマンのです。

心の支えが必要ですね。

頑張れお父さん。

子供中心に回っていて、居心地がよくない瞬間もある

単に自意識過剰なだけでフラリーマンとなってしまうこともあります。

子供ができると家庭は当然子供中心となってきますよね。

妻は子供にかかりっきりで、自分の事は全く相手にしてくれなくなったとふてくされてフラリーマンとなっている子供っぽいフラリーマンもいます。

子供が産まれるまでは自分の事を考えてくれて構ってくれていたのに、子供が出来たとたんにかまってくれなくなって、子供の事ばかりで家にいてもつまらないと思ってしまっているのです。

つまらないと思っているだけならばまだフラリーマンにはならないのですが、フラリーマンとなってしまうのはとっても子供っぽい理由からなのです。

子供では無くて自分のことをかまって欲しいって言う理由からフラリーマンとなるのです。

どういうことかというとふらふら何処へ行くでもなく時間をつぶして帰宅すると今日帰りが遅かったけど何かあった?などと自分のことをかまってくれるのです。

遅く帰ると自分のことを気にして構ってくれると思って技とフラリーマンとなって気を引いているだけなのです。

正直面倒なだけですね。

まだ子供なのです。

親としてお父さんとしての自覚があれば妻ではなくて子供のことを考えて子供の為に何かしてあげたいな、などと考えてフラリーマンにはならずに真っ直ぐ帰宅してくれるのですが…

まだ子供なんですね。

こういったフラリーマンの人にはお使いを頼むのが良いですよ。

自分のことをかまって欲しいだけですのでそのかまってちゃんを逆に利用しちゃいましょう。

例えば神殿も溜めに必要なモノって沢山ありますよね。

おむつに、ミルクに、おしりふき等々必要なモノはキリがありませんよね。

そんな子供に必要なモノを買えりに買ってきてくれる?

なんて頼んで下さい。

たったこれだけでお仕事が終わったら頼まれたお使いを済ませてすぐに帰宅してくれるようになりますよ。

帰って来た時にはお帰りと買ってきてくれてありがとう、これだけは伝えて下さいね。

その言葉だけで大満足して明日は何か帰りに買ってくるのものは無い?なんて聞いてきますよ。

何もない時にはそうだな~じゃぁ夕飯のデザートを買ってきてくれる?何にするのかはお父さんに任せるねなんて少しだけ彼に決定権を与えてあげて下さい。

子供のモノは指定があってコレってものを買ってきてもらうのが良いともいますが、デザートなどは彼に任せることで認めてもらっていると思ってくれるのです。

買って帰って来た時にはお礼と感想を言ってあげて下さいね。

面倒かもしれませんがこの一言で彼をコントロールできるのです。

美味しかった置屋満足した時には素直にその気持ちを伝えるだけでよいのですが、美味しくない時やコレじゃ無い感がある時も当然ありますよね。

そんな時には今日のはなかなか斬新だね…冒険したね…私は前の〇〇が好きだったな、なんていてあげると良いですね。

具体的に○○が好きだったな、なんて伝えると頼んでも無いのに得意になって買ってきてくれるかもしれませんよ。

ただ単にかまって欲しいだけでフラリーマンとなってしまっただけですのでかまってあげる事で解決で来ちゃいますね。

このタイプのフラリーマンならあなた好みにコントロールも簡単ですよ。

4.家事を手伝いたくない

単純に家事など家の事をしたくないというわがままからフラリーマンとなってしまっている人もいます。

家にいるとアレやって、コレやってなどと頼まれてばかりで休まらないなんて言う人が家事が終わる時間までふらふらと時間が過ぎるのを待っています。

フラリーマンとなってしまう人の多くが抱えている家に帰りたくない何かしらの理由の一つですね。

単純に家事をしたくなくて家事から逃げるためにフラリーマンとなっていますので、フラリーマンにならないで家に帰ってきて欲しい場合には家事を手伝ってもらう事は諦めましょう。

家事は自分のリズムでおこなって手伝ってもらおうなんて考えないで下さい。

自分から手伝おうか?などと言われるまでは手伝ってと言わないで淡々と家事を熟すようにして下さい。

淡々と家事を熟している事で手持ちぶたさになって自分から一緒にやろうか?などと言ってきますよ。

家事をやってもらうのでは無くて一緒に家事をしてコミュニケーションの一つとして活用して下さい。

一人で淡々と家事を熟すのも良いですが一緒にキャッキャしながらする家事も素敵ですよ。

家事をするのが大変なことでは無く楽しい事に変わりますね。

フラリーマンだった彼もいっしょにキャッキャしたいと思って早く帰って一緒に家事をしたいとまで思うようになります。

ほんの少しの違いなのですが言われてするのと自分からするのとでは大きな違いです。

昔勉強しなさいと言われると急にやる気が無くなって身が入らないなんてことありませんでしたか?

自分から知りたいと思うことは誰にも言われないで楽しく何時間でもしていたいとオム勉強になるのです。

というより勉強と思っていないのです。

家事も同じです。

家事通ってやるからこそ嫌でストレスがたまってきますが、キャッキャするコミュニケーションやスキンシップの方法と思えばストレスはたまりません。

もっとしていたいと思える家事になるのです。

言われてするから自分から率先してするに変えて下さいね。

5.家に帰っても休まらない

家に帰っても休まらないというのはフラリーマンとなる理由として多くの人が抱えている理由となります。

家にいて休まらない理由として上記でもご紹介冴えて頂きました家事を手伝わされるや自分の居場所がない、自分の空間が無い、好きなことができないなど数多くあります。

その中からフラリーマンとして休まらないと思っているお最も多い理由の中からいくつか抜粋してご紹介していきますね。

ガミガミ言われる

家にいると常にガミガミと何かにつけて文句を言われてしまう。

この理由はとても多いです。

家庭にいつもいる人からするとモノを使った後にそのままにされてしまいますと、使ったら元に戻してと言いたくなりますよね。

当然のことなのですが出来る女性は違います。

気が付いた時に行動するのです。

相手よりも先に片付いてないと思ったのでしたら気が付いた貴方がしたら良いのです。

わざわざ気が付いていない人に文句を言う必要はありません。

気が付いた人が片付けることでその後に気が付いた人は片付けなければと思って次からは片付けてくれるようになります。

逆に気が付いた人は気が付くだけで行動をしないで片付けてとガミガミ言ってしまいますと喧嘩となってしまいますよね。

今使っているから、今片付けようと思ったのにと…

当然ですね気が付いたのは言われた今なのですから。

例えばゴミが下に落ちていたとします。

気が付いた人が拾ってゴミ箱へ入れたら良いですよね。

でも、人によっては気が付いたにもかかわらずそのままにして誰かが拾って片付けた時にアソコにゴミ落ちてたよねなんて言っている人がいますが、自分の評価を自分で下げてしまっている事に気が付いていません。

気が付いたのに放置していたと思われているのです。

女子力は低いですよね。

職場でしたらお仕事ができない人と思われても仕方がありません。

気が付いた人は気が付いた時に行動するだけで全てが円滑にいくことに気付いて下さい。

気付いたのに自分で流行らずにガミガミ文句を言っているようでは自分の価値を下げているだけです。

当然あなたのまわりからは人は離れていきます。

フラリーマンとなってしまう状況はもしかしたらあなたが作り上げているのかもしれません。

フラリーマンになってほしくない人は気が付いた時にそのままその行動をするようにするだけで防ぐことができます。

毎日が円満で楽しく幸せに過ごすことができますよ。

愚痴を聞かされる

愚痴を聞かされるのは悪くはないのですが…

女性と男性の脳の作りの話しをすると話の結果などに違いが出てきます。

女性が愚痴を言う場合にはただ自分の言いたいことを聞いて同調してくれるだけで良いのです。

その愚痴に対する意見や結果アドバイスなどは求めていないのです。

もっと言うと結果は自分の中ですでに決まっているのです。

例えば何か問題があったとしてこういう事があったんだよねって言う愚痴に対して自分汚中で問題に対する結果は既にありきで愚痴として話しているのです。

そこで男性はその愚痴に対してアドバイスや自分なりの結果を話します。

しかしその結果やアドバイスが自分の結果と伴っていない場合には「でもね…」と自分の求めている結果になるまで愚痴を言い続けるのです。

結果ありきの愚痴でアドバイスや何かを求めてはいないのです。

求めているとしたら自分の結果が正しいという同調が欲しいだけなのです。

この事が男性からすると苦痛でしかなかったりもします。

自分の意見は必要なく結果が決まっているのなら話さなくても良いのに何て思ってしまい愚痴を聞かされたくないとフラリーマンとなってしまいます。

この場合は愚痴を言うのは友達などにして彼とは単純に今日の出来事や相手の事を聞くことで解決できますね。

子供の相手をしてと言われる

家に帰っても子供の相手をしてと言われてしまうと休まるものも休まりません。

先にもお伝えさせて頂きました、自分から子供の相手をしたいと思ってする子供の相手と子供の相手をしてと言われてやらされてる子供の相手とでは、同じ行動でも似ていて非なる物なのです。

自分から率先してやる子供の相手は癒しとなるのですがやらされた神殿も相手は器具としてしか考えられず癒しどころかストレスとなってしまう事のあります。

この感情がひどくなってしまいますと虐待やネグレクトにまでつながる恐れがあります。

ほんの少しの違いなのですがとても大きな違いとなるのです。

神殿も相手をしてほしいなと思った場合にはあなたが彼に言うのでは無くて子供からお父さんに遊んでと言わせて下さい。

同じ事のように思えますが本人が遊んでという場合と第三者から相手をしてと言われるのとではとても大きな差があります。

第三者から言われる場合には命令されたとまで思ってしまうこともあるのです。

本人はそんなつもりは無くとも相手はそう受け止めてしまうこともあります。

本当に些細な違いなのですがその結果はとても大きなものになります。

フラリーマン防止もそうなのですが子供や家庭のことも考えるとやるのかやらされるのかの違いを上手に活用しないといけませんね。

6.時間ができた

単純に時間が出来た時にフラリーマンとなってしまう事があります。

様々な要因によって思わぬ時間ができると時間を持て余してしまいふらふらと何をするわけでも無くフラリーマンとなってしまうことがあります。

働き方改革で残業時間が減ったため

働き方改善がフラリーマンとなってしまうきっかけとなる事もあります。

今までの帰宅時間に合わせるために同じ帰宅時間になるまでフラリーマンとなって過ごしてしまう人がいるのです。

このフラリーマンの理由も家庭のリズムを崩さないためなど家庭のことを考えてフラリーマンとなっている人が多いです。

残業時間が減ったことによって何をしたら良いのか分からなくなってしまっている人も多いようです。

家に帰ってこれをしてなんて明確な帰る理由を作ることでフラリーマンを予防出来たりもしますね。

突然時間ができたが、やりたいことがない

突然できた時間で自分が何をしたいのかしたい事が分からない人も多いのです。

好きなことをして良いよと言われても好きな事が何なのかが分からないのです。

具体的にコレを始めたらなど具体性ができるとフラリーマンとなる事は無くなります。

優しさから相手に委ねてしまいますと何をしたら良いのか分からずふらふらしてしまいますが、明確に決めてしまうと行動が決まってフラリーマンにはならないですよ。

給料も減り、お金をかけずに時間を過ごす工夫が必要

働き方改善などで残業などが減りますと当然残業分の給料が少なくなります。

少なくなった給料では今までと同じというわけにはいきません。

お金をかけずに何が出来るのかなと思ってふらふらしてしまいフラリーマンとなってしまうこともあります。

同じように明確な理由を決めることで計画的に事を進めることができます。

具体的に何をするのか計画的に決めるようにして下さいね。

夫がフラリーマンになった時の対処法

夫がフラリーマンとなってしまった際にはそのままの方が良いって言う人もいますが多くの場合は、フラリーマンにはなってほしくないと思っています。

フラリーマンとなった時の対処方法をご紹介していきます。

1.会話のきっかけを作る

フラリーマンの多くは家に居場所がないと思っています。

居場所と家庭での心地よさ、必要性を感じさせるために一番良い方法がこの会話なのです。

会話をすることで認めてらっていると感じることができます。

ただ、いざ会話をして下さいと言われると何を話して良いのか分からずにギクシャクしてしまうなんてことも…

そんな時にはこちらです。

共通の話題をもつ

お互いが好きな事や知っていることなど共通の話題で会話をする事が有効ですね。

お互いが知っている人やモノなど何でも良いです。

お互い共通して知っている事を話題にして話をするだけで会話が続いて自然と会話を合うる事が出来ます。

話を弾ませて、楽しい時間を作る

話しを弾ませるのは弾ませようとすると難しいです。

共通の話題で会話することで楽しく会話することが出来ますね。

更に楽しい話題が良いですよ。

共通する話題でもネガティブな話題では気が滅入ってしまうことも…

共通する知っていることなどで楽しい話題が良いですね。

2.丁寧な言葉を選んで

相手に対しての言葉遣いは大丈夫ですか?

親しい中にも礼儀ありです。

長い時間一緒にいると言葉遣いがとてもきつくなってしまっている家庭もあります。

周囲の人からしたらキツイ言葉でお会話は合きいていて気持ち良いものではありません。

親しい人でも当然言われている人は良い感情は抱きませんね。

今使っている言葉を文章にしてみて下さい。

当初使っていた言葉からはかけ離れた言葉遣いになっていませんか?

最近ではスマホなどのヴォイスレコーダーで自分の会話をとって確認する事もできますね。

聞いてびっくりする事もあるかもです。

思いやりを持って接する

相手に対して思いやりを持って接することで自然と人は優しい言葉遣いになることができます。

自分よりも下だと思って会話するとどうしても言葉遣いはきつくバカにした言い方にもなってしまいます。

思いやりを持って接する事で相手もあなたに対して思いやりを持って接してくれるようになります。

ミラーリングで相手にしてもらいたい事は自分から相手にすることが一番早くて確実な方法なのです。

相手が変わらないから、相手が変われば変わる…

そんなことを思っていてはいつまでたっても変わりません。

変えて欲しいのなら自分からですね。

3.自分の時間を持てるように声を掛ける

自分の時間自分の空間など好きなことをして良いということを伝えて下さい。

家庭に自分の空間や好きなことをして良い時間が無いと思っているからフラリーマンとなってしまっているのです。

あなたから声かけをすることでフラリーマン予防が出来ますね。

持ってもいいんだと思ってもらえる雰囲気を作る

好きなことをしても良いんだと思ってもらえる雰囲気を作る為にあなたの好きなことをして楽しんでいる姿を見せることも良い方法です。

自分だけが好きなことをしていると遠慮などが出ますが、お互い好きなことをする機関や空間があると言うことでお互いが引け目を感じずに楽しく幸せになる事が出来ます。

お互いを尊重しあえる関係性が良いですね。

お互いを思いやって

フラリーマンとなってしまうのは自分勝手な状況もあるのですが、過程のことを考えてフラリーマンとなっている人も多いです。

優しさからフラリーマンとなってしまっているのです。

その優しさが空回りしてしまい家庭のことを考えているのに家庭を顧みないとまで思われてしまいます。

お互いの優しさからすれ違いが起きてしまっていることも多いです。

お互いの会話や思っていることを素直に伝えるだけで防げることも多いです。

察してと思っていてもなかなか察することは出来ません。

お互いの思いのすれ違いで幸せになれる環境を逃してしまうのは勿体ないですよ。

素直に自分の気持ちを相手に伝えて下さい。

少しの違いで幸せになれるのです。

その思いやり素直に伝えてみませんか?