世の中には一人でできることはありますが、実はほとんどは集団で行動して成功を成し遂げているケースが多いのです。

なぜなら、十人十色という言葉があるように、人はそれぞれで得意不得意分野があるので、同時に向き不向きもあるのです。

そのため、何か作業を行うときに自分にとって苦手な分野をどうしてもしないといけないという場面に遭遇した時、あなたならどうしますか?

ほとんどの人はできるように頑張ろうとします。

これは悪いことではありません。

しかし、そも作業を終えるためにあなたがそれをできるようになるまでの時間を待ってくれるケースはあるでしょうか。

今の日本の社会はスピード社会です。

つまり、早く完成させようと考えているので、できるまで待っていられないのです。

よく、上場している企業や業績の良い企業はいい人材が集まっていると思われています。

そうかもしれませんが、実際は違います。

いい人材もいて、相手の得意不得意分野を把握していると言えます。

つまり、お互いに協力体制ができているのです。

できないことは、できる人に任せて、自分はできることに全力を注ぐ!なんだか聞くと、ぞっとする人もいらっしゃるかもしれません。

これは仕方がありません。

なぜなら、日本の社会は競争社会なのです。

小さいころから、トップに立つことを目標に教えられてきたので、相手より優れないと生き残れないと思っているのです。

つまり、できない部分を上司や相手に見せることは自分の立場を悪くすると思っているのです。

しかし、このような考えをもとで進んできてしまったために、日本の会社で前へ進めなくなってしまっている会社が多くあります。

業績が上がっている企業との違いは、実はここなのです。

一人一人の可能性や適性を見て、お仕事を判断しているのです。

つまり、これからはあなたの得意分野は何なのかをはっきりしていないといけないのです。

よくなんでもできる!といったマルチな人間をアピールする人はいますが、なんでもできるけど、専門家ではないと思われている危険性もありますよ。

東京などの大都市圏では、分業が進んでいますが、地方では分業ではなくすべてを行うような考えです。

つまり、1つの分野に抜き出ることができないのです。

これからは分業が浸透していくと言われています。

いざ、分業になった時になんでもできると言っている人ほど、分業に対応できない可能性があります。

では、分業にうまく対応するにはどうしたらいいのかと言いますと、周囲の人に協力を仰げるようにすればいいのです。

つまい、自分一人よがりになる必要はないのです。

そこで、今回こちらの記事では、協力を仰ぐのが上手な人の特徴など、いろいろと情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、これからの社会に対応するようにしましょう。

協力してもらうのも大事な才能


協力と聞くと、自分が相手より弱い立場になってしまうのではないかとか、自分の力不足を露呈しているような感じがしてネガティブに考えてしまう人が多いので、なかなか他人に対して協力を仰ごうとしないのです。

ただ、日本人は聖徳太子の言葉「和を持って尊し」にあるように、集団で行動することに違和感がないのです。

しかし、なぜか自分から協力を仰ごうとしないのです。

なぜなら、自分が苦労している姿を見て、周囲が手伝おうとしないとおかしいと考えるのです。

つまり、苦労している人を見たら、手を差し伸べるのが普通だろうと考えているのです。

自分から声をかけに行くのが情けなくて、そのような姿を見て、周囲が動くべきだとある意味傲慢な考えを持っているのです。

しかし、それでは意味がありません。

また、競争社会の意識を埋め込まれてしまっているからこそ、協力という言葉ではなく、うまく部下を使うという考え方にしかなっていないのです。

そう考えると、協力という言葉のとらえ方を履き違えている方が多いのです。

では、協力はどのようにとらえればいいのかと言いますと、協力をしていただける人が周囲にいることは才能だと思えばいいのです。

もしくは、協力を仰げることも才能だと思えばいいのです。

ある意味、こんな競争社会の中で、協力を仰ぐことができるのは才能以外の何物でもないのではないでしょうか。

助けるのと助けられるの、どっちが多い?

では、あなたは助けられるパターンと、助けるパターンどちらが多いですか?

おそらくほとんどの人は自分が助けたことをよく覚えれいると思うので、助けるパターンが多いと思っている人が多いです。

しかし、本当にそうでしょうか。

昔から日本は相手を助けることを大切に教えられてきましたが、最近はその考えを悪用している人たちもいます。

そのため、自分を弱く見せて協力を仰ぐ方もいらっしゃるのです。

そのため、協力を仰ぐことに関してネガティブなイメージを持ってしまうのです。

しかし、この助けるということですが、実は、本当に大切にしないといけないのは、助けられたことの方です。

なぜかというと、日本の古くからある言葉で恩送という言葉があります。

これは恩を送ることを意味します。

そう言われると、恩を送るだから助けることの方が重要ではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、違うのです。

奥深く考えると、送られた恩に対してピカピカにして返さないといけないのです。

つまり、助けられたことを覚えていることが恩を送るうえで、大切になってくるのです。

つまりは助けることばかりにピックアップするのではなく、助けられたことも大切にしないといけないのです。

恩は送るばかりではなく、循環するのです。

恩を循環させることでお互いに助け合おうという風習になっていくのです。

助けられたら、それ以上に相手に対して助けないといけない。

また、そうすることでさらに助けて頂ける。

負の連鎖ならぬ、喜びの連鎖になるのです。

ぜひ、そうなってお互いに喜べる世界にしましょう。

日本人は助けることを美徳とする

では、なぜ日本人は助けることを美徳と思うのでしょうか。

それは島国であることも大きく影響をしています。

島国故に交流する人が限られているからです。

つまりは、大和民族としか交流をしていないのです。

故にその1族だけと一緒に生活していかないといけないので、相手を助けてなんぼと思っているのです。

相手を助けることで自分の立場が上がると思っている人も多くいらっしゃいます。

助けることは美徳ですが、前文でも説明したように、恩送から助けられることも美徳なのです。

しかし、自分の立場を考えるようになってからは助けることの方を美徳と思うようになったのです。

ここ数年、流行語にもなった「お・も・て・な・し」という言葉が使われ始めましたが、実はこの言葉、おもてなしたほうが使う言葉ではなく、もてなされた方が使う言葉なのです。

そう考えると、もてなしている方が使っていると違和感しか感じないのです。

大げさに見てしまうと、傲慢な感じもします。

しかし、これが助けることを美徳と思ってしまう日本人に根付いてしまっているのです。

助けることは悪いことではありませんが、その分自分も助けられていると考えると、日本人の美しき習慣が垣間見えるかもしれませんね。

助けられてばかりいる人のイメージとは?

助けることの方ばかり説明してきましたが、では、助けられる方はというと、弱いようなイメージを持たれている方が多いと思います。

特に能力が低くて自分でできることが少ない。

もしくは、一人では解決できない人間といった感じに見てしまっていると思います。

しかし、本当にそんなネガティブな感じなのでしょうか。

実はこれは本当にイメージなのです。

イメージはあくまでイメージです。

変えることができるものです。

プロフィールなどの経歴は変えることはできませんが、イメージは変えることができます。

つまり、助けられている人のイメージはネガティブなことばかりではないのです。

そう思っているのは何を隠そうあなた自身です。

なぜそう思うのかというと、あなたがそのような体験やそう考えているからです。

つまり、あなたが誰かに助けられることに関してはネガティブに感じてしまうのです。

あなたはそうかもしれませんが、相手はそうとは限りません。

助けられているのは悪いことではないのです。

しかし、なぜかネガティブな感じになってしまっているのです。

そこで、まずはこのネガティブな感じをなくすために普段、人はどのように助けられている人にどのようなイメージを持っているのか説明していきたいと思います。

ただ、これはあくまで抱いている人のイメージです。

つまり、正解ではないのです。

イメージを正しいと思っていることは、実は危険な行為なのです。

イメージをなくすことと、イメージを持たないように努力しましょう。

力や才能が未熟

人に協力を仰ぐから自ら自分が未熟ものだという感じに見せているような感じがします。

なぜかというと、できない部分を見せて相手にお願いしているように見せるからなのです。

また、自分ができない部分を見せることに関して日本人はすごくコンプレックスを感じているのです。

なぜか、自分を凄い人に見せようと考えてしまうのが日本人らしいです。

せまい世界で生きているからそうなってしまうのです。

それは島国だからです。

日本国内で見ているからそうなってしまうのです。

仮にこれを世界で見てしまえば、すごい人に見せようという考え方がなくなりますよ。

世界で見れば、自分の一人ではなく自分の考えに賛同した仲間と共に、会社を興してトップ企業まで上り詰めたという例がほとんどです。

小さいころから、日本という狭い国の中で競争意識を植え付けさせられた日本人にとっては世界と戦うことの意味が分からないのです。

なぜなら、流行に影響されやすいからです。

みんながやっているからと言って手を出す人がほとんどですが、みんなが手を出しているものは流行っていますが、裏を返せば、もうピークを迎えているというものなのです。

話はそれましたが、そんなときにみんなと一緒になるのではなく、自分の弱さをさらけ出して、周囲の協力を仰ぐべきなのです。

自分の弱さは最大の武器という言葉もある通り、自分の弱さに関してコンプレックスを感じる必要はありません。

人に甘えがちで依存心が強い

協力をあおぐ人は人に頼りぱなっしで、自分の力で何とかしようという気持ちが弱いといった感じにとらえている人が多くいらっしゃいますが、相手を頼りにしたり、相手に甘えたり、依存したりして何が悪いのでしょうか?

何も悪いことはないでしょう?

では、なぜ、悪いという感じにネガティブに思えてしまうのかと言いますと、あなたがそう思ってしまっているからです。

つまり、あなたがそう考えてしまう経験をしているということです。

これは仕方がありません。

なぜなら、日本は小さいころから競争意識を植え付けさせられて、相手に対して弱さを見せるなとも教わっているのです。

つまり、相手に対して協力を仰ぐことなど、自分の弱さを見せることになるので、ネガティブになってしまうのです。

また、そのように甘える人間や依存している人間に関してはいいようなイメージを持たないのです。

しかし、それは成功などを成し遂げていない人の考え方であって、成功を成し遂げている人ほど、協力を仰いでいる人が多いです。

不思議に思う方も多いかと思いますが、成功している人は誰よりも感謝をしています。

感謝することに関して抵抗がないから相手に対して協力を仰ぐことができるのです。

他人に頼りがちと思っている人を見かけましたら、本当に依存している人なのかどうか見極めてみてもいいのかもしれません。

天然キャラでおっちょこちょい


協力を仰ぐ人は天然キャラ的な人で自分を馬鹿に見せるような人をイメージされている方もいらっしゃるかもしれません。

なぜかというと、バカだから頼みやすいと考えている人が多いのです。

馬鹿だから何も考えず頼むし、バカだから自分の恥など考えずに協力を仰ぐことができるのだと思っているのです。

そう思っているために、周囲から自分自身がそう見られるのが嫌なのです。

そう見られたくないので、協力を仰ぐのやめようと考えるのです。

しかし、あなたのその人目を気にすることによって協力を仰がずに作業を進めてしまって、失敗などした時のことを考えたらどうでしょうか?

自分勝手だと思いますよね。

でも、そんな人が多いのが日本なのです。

特にプライドが高い人は、バカになることを極端に嫌います。

学歴が高い人や、有名企業に勤めている人などはそのような姿を見せることにすごく抵抗がいるのです。

そのために、怖い姿を見せるなどしてしまうのです。

なぜか、バカになることに関してかなり恐れているみたいです。

しかし、バカになれることはすごいことなのです。

それだけ、自分のフィルターを外せているのです。

あなたの変なプライドは、実は集団に迷惑をかけてしまう危険性が高いですよ。

協力を仰ぐのが上手い人が存在する!

では、どうすれば協力を仰ぐことに関してコンプレックスを抱かずにできるのかと言いますと、簡単なことです。

普段あなたが人に頼ってばっか!というような感じで見ている人をよく観察するか、もしくは一緒にいる時間を増やすことです。

なぜかと言いますと、人間は相手から受ける影響が強すぎるからです。

あなたがそのように思う人間は、協力を仰ぐのがうまい人なのです。

つまり、そのような人と一緒にいる時間を増やすことで、協力を仰ぐのがうまい人の習慣を刷り込ませることができるからです。

そうなれば、協力を仰ぐのが昔よりかはうまくなることができますよ。

つまり、まずは協力を仰ぐのうまい人をネガティブに見ることをやめるべきです。

そう見ていると、協力を仰ぐことに関してコンプレックスを外すことができないのです。

では、そのように見ないようにするにはどうしたらいいのかと言いますと、協力を仰ぐことに関してネガティブなイメージを抱くのをやめることです。

イメージがあるからそのように見てしまうのです。

前文でも説明しましたが、イメージは変えることができます。

変えるのは難しいと言いますが、難しいだけで、できないというわけではありません。

つまり、難しく考えてしまうからいけないのです。

柔軟な姿勢になって、協力を仰ぐのをうまくなりましょう。

自分の都合ばかり考えていてはNG

協力を仰ぐうえで大切になってくることはなんでしょう。

おそらくほとんどの人はわかりません。

なぜなら、協力を仰ぐことに関して良いイメージを持っていなくて、コンプレックスさえ持っているからです。

しかし、そのあなたが抱いているイメージをなくせば協力を仰ぐことに関して抵抗はなくなります。

では、それは何かと言いますと、自分の都合ばかり考えることをやめることです。

自分の都合ばかり考えて相手に協力を仰ぐと、相手に対してはあなたがイメージしている協力を仰ぐことに関するネガティブなイメージを与えてしまうのです。

つまり、そんなイメージを持っているあなたも協力を仰ぐことに関してネガティブなイメージを相手に与えているのです。

自分の都合ばかり考えている自己中は良くないのです。

このような方は相手を利用しているというようなイメージを相手に持たせてしまっているのです。

近年、日本で流行っている詐欺がこのような感じのイメージを持たれて、また、相手に対して協力を仰ぐような感じの手口なので、相手に協力していただくことに関してすごく嫌なイメージを持ってしまったと思われているのです。

自分の都合を考えるのではなく、自分の弱さを見せて、相手に助けていただけるようにしましょう。

必ず感謝はお礼をする人でいること

協力を仰ぐ人は人一倍相手に対して感謝をしている人が多いです。

しっかりお礼を言うことができるからいろいろな人から協力をしていただくことができるのです。

つまり、協力を仰ぐのに対してコンプレックスをなくすには感謝する習慣を身に付けることが最もな手段なのかもしれません。

では、どうすれば感謝することが習慣化されるのかと言いますと、ただひたすら感謝をすることです。

そんなに感謝する場面に遭遇することがないという人もいますが、実はそれはあなたが気づいていないだけです。

朝起きて目が見えますね。

歩けますね。

音を聞くことができますね。

そう、普段当然と思っていることに関して感謝をしている人は少ないのです。

自分の体に感謝するって気持ち悪いと思う方もいらっしゃいますが、あなたはその体を借りて生きているのです。

つまり、いつもレンタルしている体に関して感謝しないことの方が失礼です。

そう考えると、感謝をする瞬間は毎日あるのです。

それに気づいているから、成功者と成功していない人に分かれてしまうのです。

それに気づくことができれば、あなたも相手に対して協力を仰ぐことに関して抵抗やコンプレックスをなくしますよ。

お礼や感謝を誰よりも多くするようにしましょう。

協力を仰ぐのが上手な人の8個のやり方とは?

それではみなさんお待ちかねの協力を仰ぐのが上手な人の習慣や行動などのやり方をご説明したいと思います。

大きくピックアップして8個ありますので、しっかり覚えましょう。

いきなりすべてを覚えるのは大変です。

まずはあなたにとって身近なことや読んでいてビビット来たものなどから覚えていきましょう。

焦る必要はありません。

慌てずゆっくり1つ1つ確実に覚えていきましょう。

覚えることであなたにも協力を仰ぐことがうまくなって才能が身に付きますよ。

協力を仰ぐことができるようになれば、あなたの生活もプラスに働くようになりますよ。

そのためにもしっかり覚えましょう。

なんだか難しそうと思う方もいらっしゃいますが、それはあなたのフィルターです。

まずはそのフィルターを外しましょう。

難しく考えず漫画を見るような感じにリラックスして読んでいただけましたら幸いです。

もしかしたらすでにあなた自身が行動してことなどがあるかもしれないですね。

また、もしかしたら新たな発見があるかもしれませんよ。

今までは変なイメージが邪魔をしていたかもしれませんが、それは仕方がないのです。

そのような環境で育ってしまったからです。

あなたが悪いわけではありませんので気にすることはありませんよ。

普段から自分自身も人に積極的に協力する

まずは協力をすることってどんなことなのか知ることが大切です。

なぜなら、される側、する側どちらの目線も知っておくことが協力を仰ぐときに何となく相手の気持ちを想像することができるのです。

気持ちがわかるのではなく、想像することができるのです。

そのため、普段から積極的に協力することに関して積極的になりましょう。

助けることを美徳と思う日本人であるのであればこのような行動に関しては何の抵抗もないと思います。

自分の立場を気にしている勘違いしている人でも、立場を考えても協力することに関してはコンプレックスを抱かないはずです。

積極的に協力して、まずは協力する側の気持ちを確かめましょう。

また、協力することで相手はあなたが協力してくれたことに関して忘れることはありません。

仮に忘れているとなると、自分勝手な人だということがわかるのです。

協力することで、実は相手の素性がわかるのです。

協力しながら相手のことを伺ってみるのもいいのかもしれませんよ。

恩を売っておく

協力をすることで相手に恩を売っておくということができます。

しかし、最近は恩だけもらって返さない人が多くいらっしゃいます。

しかし、協力する方も恩を売っているような感覚で協力をしていると意味がありません。

一番はそんなことを意識せずに行うことです。

古き良き日本文化を理解している人は、恩を送られたらピカピカにして返すというような考え方を持っているのです。

つまり、相手に対して恩を売ると思って協力しているうちはまだまだです。

恩は売るものではありません。

送るものです。

よく「情けは人のためにならず」と言いますが、相手に情けをかけても自分に返ってくるからそう言われているのです。

情けをかけると相手が甘えてしまうからという意味ではありません。

説得力がある

協力を仰ぐ人は妙に説得力があります。

相手が納得するから協力をすると言うのです。

つまり、しっかりなぜあなたの協力が必要なのかという部分をしっかり説明できれば、問題ないのです。

そんなこと言っても説得力ある説明をするのは得意でないと言われる方もいらっしゃいますが、それはあなたがそう思っているだけです。

よく、説得力のある説明と言いますと、かっこいい姿で説明していることをイメージされる方がいらっしゃいますが、それはイメージで勝負しているからそう思ってしまうのです。

本当に協力してくれる人はイメージではなく、話の内容をしっかり聞きます。

つまり、イメージだけ良くしても意味がないのです。

イメージが良くても内容が薄っぺらならすぐに見破られますよ。

つまり、あなた自身の考えが試されているのです。

イメージは関係ありません。

あなたの姿勢次第で説得力があるかどうかわかるのです。

説得力のある説明をしたいのであれば、あなた自身の考えをしっかり持つことが大切です。

協力してもらった後の見返りを用意しておく

協力をしていただいた後の見返りをしっかり用意しておくのは大切です。

協力をしてくる人のほとんどは見返りなど気にしていません。

しかし、この気にしていないことが重要なのです。

気にしていないからこそ、見返りがあると喜ぶのです。

そうすることで、さらに恩を返そうと思うのです。

恩にはしっかり恩を返す、これこそが日本の古き良き文化であり、これから先も継承されて行かないといけない文化なのでもあります。

そのため、しっかり協力して頂いた方に対して見返りとなる恩を用意しておくことが大切なのです。

たまに恩を受け取らないことを謙遜と言いますが、それは違います。

逆に恩を受け取らないので傲慢と言えますよ。

恩はしっかり受け止めてこそ、謙遜なのです。

恩を受け取ることで相手に対して恩を返さないといけないと思うからです。

ポジティブな話し方をする

協力を仰ぐ際に重要なポイントとなるのがいかにポジティブに話すことができるかです。

ポジティブに話すことができればほとんどの人は、喜んで協力をしてくれます。

あるプロジェクトや作業などをネガティブに話されても誰もやりたいとは思いませんよね。

逆にそれでやりたいと来る人たちはネガティブな人が多いです。

協力をお願いするならポジティブな人がいいですよね。

つまり、ポジティブに話してポジティブな周波数を出すことで、同じ周波数の人間が集まってくるのです。

そうなるとポジティブな人間が集まって楽しく協力し合いながら作業を行っていくことができるのです。

いつも一生懸命な言動をする

協力を仰ぐ人で協力してくれる人が多い人は、何に対しても一生懸命にしている人です。

一所懸命動ているから協力したいと思えるのです。

汗水たらして努力している人を見ると、ほっとけなくなるのが日本人の性なのです。

つまり、協力を仰ぎたかったからあなたの行動によるのです。

一生懸命することで仲間を呼ぶことができますよ。

つまり、普段からフルで動いていればおのずと協力してくれる人はいらっしゃるのです。

素晴らしい目標や夢を持っている

普段から夢や希望を語っている人、目標をしっかり持っている人には協力をしたいって人が周囲には寄ってきます。

なぜかというと、社会人になると夢や希望を持てなくなるのです。

未来が決まってしまうからです。

つまり、そのような環境の中で、未来を語る人を見ると、憧れの対象になってしまうのです。

協力しながら、この人に近づいていこの人みたいになろうと思うのです。

まずは夢や目標をしっかり持つようにしましょう。

感謝の言葉を頻繁に言う

成功者は感謝を誰よりもする!とある経営者聞いた言葉です。

つまり、誰よりも感謝をしているからこそ、協力を仰ぐこともできるし、協力してくれる人も多いのです。

お金はありがとうの対価と言いますが、それと同時に「ありがとう」の数だけ笑顔が広がるのです。

つまり、たくさん「ありがとう」を言う人には自然と人が集まるのです。

嫌な顔して「ありがとう」という人はいませんよね。

ぜひ、たくさん感謝をしましょう。

相手の性格や特徴を見抜く力がある

協力を仰ぐ場合、相手の性格や特徴を知っておくと便利です。

人には向き不向き、得意不得意があるのです。

できないことに関して協力を仰がれても、相手が困るだけです。

つまり、相手のことを考えていないのと一緒なのです。

ただ、協力を仰ぐのではなく、あなたが必要なのだという感じに協力を仰ぐことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

協力を仰ぐことにコンプレックスを抱く必要はありません。

自分から進んで協力を仰ぐようにしましょう。