今時の恋愛事情というのは、やはりLINEでのやり取りが主になります。

一昔前とは比べても、LINEのおかげで色々やりやすくなりましたからね。

相手が読んでいるかどうかわからないストレスや、写真のアルバム化など軽減された事でしょう。

今回は恋愛のLINEあるあるのネタをいくつかご紹介致します。

現在片思いされている方や両思いの方など、共感出来るネタは多いのではないでしょうか。

「片思い」LINEあるあるネタ

片思いLINEあるあるネタは誰もが共感出来るものでしょう。

必死感出ているので、第三者側からすれば笑えてくるんですよね。

後から冷静になれば、何必死こいてんだろうと笑えてきます。

どれもよく見れば冷静さを失っていると言っても過言ではありません。

当てはまる人、本当に注意しておいた方が良いですよ。

幸せと不安感が入り混じっていますからね。

送ったLINEを何度も見直す

送ったLINEを何度も見返す事って結構ありますよね。

本当にこの文章で良かったのか?

とか、大丈夫だよねとか思ってしまうんです。

仕事中でも気になったりしている人は多いので、あんまり良い傾向ではありません。

集中力が欠けているので、その内大きなミスをしてしまいますよ。

別に送ったLINEを見返すのは良いのですが、相手が見ていなければ文章を削除する事もできます。

こういう時って何が正解かわからないから、凄く不安になってしまうんですよね。

よほど面倒くさい事を送ってさえいなければ、特に心配するような必要はないですよ。

送ったLINEを見直している時に返信が来て即既読になってしまう

送ったLINEを見直している時に、返信が来てしまうという事はある話ではあります。

ただ反対の立場からすれば、結構びっくりするんですよ。

まさか速攻で既読になるとは思っていないから、不意打ちレベルですね。

人間のやる事に正解などはありませんが、人によったら不安になるのでしょう。

休みはともかく、仕事の休憩時間や暇な時にでも携帯をみるような人がいるので、ちょっと止めて欲しいものです。

たまになら良いのですが、相手側からすればまたか?と思ってしまうので、ちゃんと仕事しているかと微妙な気分になるのですよ。

相手が送ってくる時間帯に携帯が見れるというのであれば別ですけどね。

即既読になってしまったら、すぐに返事を返さないとと思って焦ってしまう人多いです。

別に返事を返さないと思っても死ぬわけではないので、気にする必要はありません。

考えて送ったはずのLINEでも返信がくるまでは不安

残念ながら相手にとっては何が正解とかありませんからね。

考えて送ったはずのLINEでも返事が来るまでは不安な人はとても多いです。

これ不安になってしまう人って、相手が自分を嫌いになってしまうのではないかと心配のようですよ。

友達とラインしてても別にそんな不安になったりする事などないでしょう?

もっと堂々としていれば良いのです。

こういう時変に凝りすぎてしまった方が内容がおかしくなってしまうので、気にしない方が良いですよ。

返信が来るまでが長く感じる


返信を気にしている時って凄く長く感じてしまうものなんですよね。

早くこないかなと思ったら翌日後だったりしますし、本当に温度差がある気がします。

私も昔はまだかなまだかなと連絡を待ち遠しく思っていた時期がありました。

精神的にしんどいものなんですよね。

なので考え方を少々改めるようにしてみたのです。

携帯の事が気になってしまうのであれば、強制的に携帯を見れない状態にいれば大丈夫ではないかとね。

そうする事によって返信が来るまで、気にしないようにしていました。

実際休憩時間などで返ってくる事もありましたし、あえて相手に返事を返すのは休憩時間終了前とかにするとかもやっていましたね。

そうする事によって、休憩時間でも気にするような事はなくなりますよ。

「LINEきた!」と思ったら家族からのLINEでがっかりする

これめちゃくちゃあります!

誰もが同じ事を思ったのではないでしょうか?

家族からのLINEが嫌とか言ったら失礼極まりないのですが、そういう時に限ってクソほどどうでも良いようなLINEをしてくるので、鬱陶しいと思った事があります。

別にお使いをお願いしてきたりとかの用事なら構わないのですが、何故かそういう時に限って心底どうでも良いメールを送って来た事とかめちゃくちゃ多いんですよ。

そういう状態で姉から来た時のメール内容が、母と喧嘩したとかあんたの好きな人いんの?とか心底迷惑メールだったのでしばきたいと思いましたよ。

何故か分かりませんが、そういう時に限って止めてほしかったです。

いつもならそんな時に送ってくる訳ではないくせに、人の気持ちを見透かしたようにしてくるのには腹が立ちますね。

気にしないようにスマホを置いても結局すぐスマホとにらめっこに戻る

元々癖でスマホを見てしまう人凄く多いんですよ。

スマホを触らないようにするにはどうすれば良いか?と考えていくと、時間を決めて見るという方法でも良いかもしれません。

ただ単純に我慢するよりも、制限をつけた方がまだマシでしょう。

例えばトイレに行った後に見るとか、お風呂に入った後に見るとかが良いでしょう。

一時間も時間がかかる訳ではないのですが、多少なり時間を置くという事も必要なんですよ。

返信がない時は過去のトーク履歴を見直す

返信がない時は過去のトーク履歴を見直すだけでも、幸せだと実感は出来ます。

結構ドキドキした事も書いてあるので、見ていたら何だかホッとするんですよ。

ただ所詮は過去の出来事、現在に生きなければいけません。

過去のトーク履歴を見るのは良いのですが、それがだめだった時も同じ事を繰り返してしまうので、良い癖とは言えないです。

実際自分がやって気がついた事があるのですが、よくよく見ていると男性側がかなりムラムラしている事が理解出来ます。

即既読がついたときにニヤけてしまう


即既読がついた時、結構嬉しいものなんですよね。

相手が自分のメールを見てくれているのだと考えると、ドキドキとワクワクがとまりません。

既読がついたという事は、メールの返事が返ってくるかもしれませんからね。

「もしかして返信まってたのかな?」と妄想が広がる方もいるでしょうが、それは本当にあったら怖いので妄想のみにして下さい。

実際LINEが来た時に気がつくタイミングって、スマホをいじっている時くらいですよね。

たまたま動画やネットを見ていた時に来た!という人もいます。

その関係で早くに気がついたという事も考えられるでしょう。

ずっと見ていたら見ていたで、それはそれで薄ら寒いですよ。

実際私も同じような経験があり、相手に暇人なの?と突っ込んだ事があります。

大体はたまたまスマホをいじっていたという方の方が多いですね。

何にせよ即既読がついたという事実は事実なので、素直に喜んでおいても良いでしょう。

自分ばかりすぐに返信をしないように返信を我慢する

返信は余裕がある時のみ早めに返すようにしましょう。

別に我慢するという訳ではなく、時間に余裕のある方が焦って変なLINEを送信する事もないとは思いませんか?

正直な話返信が早すぎてしまうと、相手からすれば少々困るんですよ。

短文であればともかく長文ですと1回なら良いのですが、連続してLINEするとかえってストレスになってしまいます。

別に早く連絡しないと死ぬとかではありませんし、仕事は早めにレスを返した方が良いのは良いのですがそこまで求められているのかというとそうではありませんよね?

返信を我慢するというのも自分のためですよ。

こういうのは嬉しさの方が勝っているので気が付きにくいですが、精神的に無理している事も多いのでほどほどにしておかないと後々しんどくなってしまいますよ。

相手からしてみても、返信がすぐに返ってきても困ると思っているかもしれませんからね。

そういう時は基本的に早めに送るのではない方が良いのです。

冷静になって考えてみればわかるかもしれませんが、あなた自身相手から速攻で返事が来たらどう思いますか?

最初はもちろん嬉しいだろうと思います。

しかしそれがずっとずっと続いてしまうと、精神的に負担になってしまうので自分のペースが乱れてしまう原因となってしまうでしょう。

こういうのは地味なものなのですが、自分のペースを適度に保たないととても相手とは続けてはいけませんよ

嬉しいLINEが来たときに変な誤字をしがち

たまに誤字脱字をしてしまう人っていますよね。

嬉しいLINEが来た時など、変な誤字をしてしまうような人は結構多いです。

ただ後から気がついて相手から突っ込まれるケースもありますので、なるべくメールを送信する前には最終チェックをしてからメールしましょう。

別に変な誤字程度で相手があなたを嫌うという事はないのでご安心下さいませ。

ただネタにはされるでしょう。

よほどの変な誤字でない限り、相手も突っ込むような真似はしません。

よくある話ではありますが、テンションが上がってしまい変換ミスなどをしてしまうものです。

これは注意力散漫な状態になっているとも言えますので、結構日常生活においても危険視されてしまいます。

アドレナリンが放出しているような状態なので、一種の興奮状態にあると考えて下さいませ。

何故か女性の多くは好きな男性の前で、「喜んでるのばれたかも、気持ち悪がられたかも」と不安になる方が非常に多くいます。

直接会っている時なら相手にも気が付かれてしまうかもしれませんが、実際会っていないので相手がどう思っているのかわからないでしょう。

エスパーじゃないんですからそこまで気にするような必要はありませんよ。

誤字脱字をしてしまったのであれば、次も同じような失敗をしなければよいのです。

こういう人って不安になるくせに、次もまた同じような失敗を繰り返してしまうので、お馬鹿さんとしか言いようがないんですよね。

相手に会った時も、特に相手に突っ込まれない限りは気にしないでおきましょう。

「両想い」LINEあるあるネタ

両思いLINEあるあるネタは片思いよりも安定しているのですが、結構わきまえている所が良いですね。

付き合って初めてや、若い女性なら誰にでもありえる話の1つではあります。

送ろうと思ったタイミングで相手からLINEが来て運命を感じるとか、トークでテンションが上ってLINE電話をするなどですね。

LINEで盛り上がれるのは、中々ないので羨ましいと思う女性もいるでしょう。

男性もマメか几帳面な方で無い限り、そこまでしてくれるような方はいないです。

お互い若くないと難しい話も多いですよ。

送ろうと思ったタイミングで相手からもLINEがきてにやける

何となく運命みたいに感じてしまうので、ちょっと嬉しいんですよね。

たまたまなのでそういう訳でもないのですが、女ってこういう所に弱い傾向があります。

相手からLINEが来た際、誰もいない所だと小躍りするレベルだったりするのです。

偶然でもタイミングが一緒だと、気が合うと思っちゃうもんなんですよねえ。

相手のアイコンが変わったらすぐに気づく

これは結構気がつきやすいのではないでしょうか。

男性がアイコンを変えるような事はそんなにありません。

何故なら女性と違ってマメではないからです。

見も蓋もないような言い方をしてしまうと、アイコン自体適当につけている方もいたりします。

女性はやたらとアイコンを変更する人が多いので分かりやすいのですが、男性で頻繁に変えてるような人は学生さんくらいではないでしょうか。

大人はそんなに変えてるような所は見ていないですね。

トークでテンションがあがってLINE電話しがち

たまにトークでテンションが上がってLINE電話したくなる時ってありますよね。

衝動的にLINE電話で話したくなる時も多いでしょう。

ただLINE電話となると、少々問題が発生したりします。

本能のまま行動しても相手は仕事の可能性もありますので、結局電話に出れないという事も少なくないのです。

実際私がそうだったのですが、相手に連絡した時は丁度仕事中だったので、電話に出られないという風に言われてしまいました。

また仕事が忙しいから、できればメールのみにしてほしいと言われた事があります。

一気に現実に戻されたような気分にさせられましたね。

反対に相手が盛り上がって今から連絡しても良いか?と言われた事があるのですが、次の日早番だったのでもう寝ようとしていた所に電話をされました。

ありがたいのですが早めに切ろうとしても、相手はまだ話したりなさそうにしているので凄く困りましたよ。

普段そんなに会わないような友達や、緊急性であるようなメールであれば良いのですが、恋人同士だと正直そんなにLINE電話って必要あるのか?と思ってしまいます。

LINE電話って普通の電話と違って無料なので話し放題ではあるのですが、そこまで重要かと言われると何とも言えません。

冷めているように聞こえるかもしれませんが、メールの利点は簡単に送れるという所です。

電話ですと時間が必要になりますし、場所も選ばないといけませんのでそんあ簡単ではないんですよ。

それにLINE電話となると急にかけて来られると、現実的に嫌がってしまうような人も少なくないです。

既読スルーも特に気にならなくなる

付き合っていると既読スルーされても特に気になるような事はなくなります。

これは相手への理解が出来ていると見て良いでしょう。

男性というか、結構既読スルーする人多いんですよ。

一度旦那と付き合っている時に何回か既読スルーされた事があるのですが、何故返してくれないのかと直に聞いた事があります。

その時に言われたセリフが、「内容が面白くなさすぎてなんて返したら良いのかわからない」、「別にその程度の事であれば会った時に話した方が良くない?」と言われてしまいました。

旦那的には会った時に会話の内容がなくなってしまうので、別に言う必要がないと考えたそうです。

はっきり言えばかなり最低な事を言われているのですが、見返すと確かにつまらない事なのでやめようと思いましたね。

どうでも良いような内容であれば、既読スルーは特に気にしない方が良いですよ!
気にしても仕方がない事ですもの。

ただ既読スルーに関してですが、重要な件のみ既読スルーをするなと釘をさした方が良いです。

デートの約束やその他の事など、適当にされてしまう可能性がありえますので、既読スルーを全部許してはいけませんよ。

そうでないとあなた自身が困る事になってしまいます。

これO型やB型は本当に多いんです。

私の友達にO型やB型の人間はいるのですが、B型の友達はまだ遅くても返事は返ってきますね。

しかしO型の場合は、男女ともに自分の気が乗らない時は全く返ってきません。

めちゃくちゃな話なのですが、私だから許してくれるだろうと思ったとか言われた事もあります。

マメなA型やAB型は結構返事を返してくれるので問題はないのですが、O型だけは本当にケツを叩いた方が良いと思って下さいませ。

大事な話しは敢えてLINEではしない

当然の事ながら、大事な話はあえてLINEではしない方が良いです。

何故かと申しますと、文章のみだと相手の感情や誠意が伝わりにくく誤解を受けてしまう事が多いからですね。

文章って書き方によっては、相手への印象が大きく変化してしまいます。

言葉を選んで注意しておかないと、最悪嫌われてしまう可能性も高いですよ。

また既読スルーされてしまう事もあるので、絶対にやめて下さい。

相手に会って話すか、最悪電話でも構いません。

大事な話となると、男性側からすれば逃げてしまうような可能性も考えられます。

LINEの方が確かに楽なんですよね。

相手の顔を見ずに話ができれば一番楽な事はないでしょう。

しかしプロポーズや別れ話などをLINEでするような方もいるのですが、正直な話誠意ってなんですかね?

適当感が出ているので、そんな事をするような人間はありえないという自覚を持っておいた方が良いでしょう。

「おはよう」「おやすみ」を言い合えるだけで幸せ

おはようやおやすみを言えるような関係性って悪くないですよね。

なんとなくな話なんですけど、ちょっとうれしいものです。

当たり前のように連絡をくれると思っているかもしれませんが、人によって連絡をくれない人物もいますので、当たり前だと思わない方がよいですよ。

ただこれに関しては、おはようよりもおやすみの方が圧倒的に返ってくる率の方が高いとも言えます。

これは何故かと申しますとほとんどの人に当てはまるとおもうのですが、ほとんどの人間が夜行性だからです。

特に男性で朝から活動しているような人間は少ないでしょう。

休日だけではなく、仕事の時も同じ事が言えます。

実際女性は朝メイクをしたりしないといけないため、まだ起きているような人の方が圧倒的に多いんですよ。

時間に余裕があれば送る人も多いです。

しかし男性の多くはメイクなどする必要もありませんので、朝メールを見る暇がなくそのまま通勤する人もいます。

仕事終わりであれば余裕も出来るので、おやすみメールをくれると思って下さい。

おはようメールの場合、早めに返ってきてもお昼になってしまうという人もいます。

どちらかというとおはようではなく、こんにちはメールの可能性も高いですよ。

本当に男性によりけりなので、返事が返ってくるような方は幸せであるという認識を持って下さいませ。

日常的な話しは彼氏や彼女に1番に報告

日常的に何かあった場合のみ、言うようにして下さい。

しょうもないような事を長々と語るのは相手に迷惑をかけてしまう形となります。

日常的な話は彼氏や彼女に1番に報告というのは、出来たらで問題はありません。

そんな報告義務はないですからね。

時々親友から日常的な話をされる事があるのですが、「コストコの会員になった」とか「超大型冷蔵庫を購入した」という連絡が来た事があったのですが、だからなんだとしか言いようがないでしょう。

これは男性でも同じような事で、だから何だ?と思うような内容は止めておいた方が良いです。

こういうのってなんて返事を返したら良いのか理解出来にくいものがありますからね。

相手からの「お疲れさま」で1日の疲れが吹き飛ぶ

相手からのお疲れ様で1日の疲れは吹っ飛びますね。

休憩時間や仕事終了くらいしか、メールをみるような事は出来ないでしょう。

やっぱり相手からのお疲れ様メールで、仕事が終わったとおいう自覚を持てるのでほっとする事が多いです。

疲れが吹っ飛ぶという感覚は、よほど嬉しい事や楽しい事がないと吹っ飛ぶ事が出来ません。

簡単かもしれませんが疲れが吹っ飛ぶくらいの気持ちであれば、素直に嬉しいと感じていると思いましょう。

トーク背景は2人の写真に設定

LINEのトーク背景を変えれる事はご存知ですか?

2人の写真に設定している人も多いですよ。

一昔前まではプロフィール画面を彼氏と一緒の写真にしていた人も多いようですが、現在ではトーク背景のみにしているようです。

プロフィール画面だと他の人達の目もあり、ちょっと……という所もあるので嫌なんだそうです。

ただこのトーク画面なのですが、時々人から見られてしまう事もあるので注意してくださいませ。

メール内容を盗み見るという訳ではないのですが、たまたま目にはいってしまった事ってありませんか?

文字はさすがに一瞬では見えない事も多いのですが、画像などであれば誰の目にもとまりやすいでしょう。

私は好きなキャラクターの着せ替え画像にしているため、あえてそのような設定にはしていないです。

気にしない人であれば良いと思うのですが、ちょっと気になってしまうので落ち着かないんですよ。

二人の写真が嫌だという人であれば、二人でどこか行った時に思い出の写真でも良いかもしれませんね。

背景のみであれば、その時の記憶が鮮明に思い出されるでしょう。

これよくある話なのですが、女性のみ彼氏との写真を大事にしている事が多いんですよ。

共用しようとして男性にもトーク画面を自分との写真にしろと要求してくるような方がいるのですが、強要は絶対にさせてはいけません。

男性からすれば恥ずかしい気持ちでいっぱいなので、そこまでは出来ないという人も中にはいます。

相手の性格にもよるものなので、優しい男性であれば何気にトーク画面にしている方はいますよ。

たまに寝落ちしても気にしない

男性は基本的に仕事が忙しいです。

女性は仕事が忙しくても、メールをちゃんと返してから寝落ちする事が多いです。

結構忙しい方も多いので、たまに夜メールが返って来なくても返事がないと怒らず、気にしないであげて下さい。

そのくらいの優しさを持っておかないと、心の狭い人間だなと思われてしまいますよ。

ただしその寝落ちした際のメール内容が重要なものであれば、次の日にもう1度連絡して下さいませ。

これ結構多い話なのですが、寝落ちしてメールを忘れていた、送った気になっていたという男性めちゃくちゃたくさんいるのです。

覚えていたらいいのですが、のんきな人はそのまま忘れてしまうため、必ず突っ込むようにしましょう。

別にどうでも良い内容であれば良いのですが、デートの約束やその他の重要な事は夜に送らないようにするとそのようなイライラが軽減されますよ。

寝落ちしてしまうのは忙しいからというのを理解してあげないと、一緒に付き合っていく事は不可能です。

実際男性は女性以上に仕事量が多いですからね。

予め相手の仕事終了時間も確認しておくと良いかもしれませんよ。

大体は翌日に返信がある事が多いので、気にせず自分も寝て下さいませ。

相手の返信を気にしてしまうと寝付きが浅くなったり悪くなってしまうので、この人はこういう人なんだと理解をしましょう。

慣れてくれば特に気にしなくなりますので安心して下さいね!

基本的に短文が多い

基本的に男性は長文が苦手です。

男性は女性と異なり、時系列で物を話すのが苦手とされています。

必要最低限度の事は言うのですが、女性と違って内容のないスッカスカで何が言いたいのかわからないようなメール文章を打つ事はありません。

実際付き合ってから極端に短文が多くなってしまったとお悩みの女性もたくさんいるのですが、それが本来の彼のLINEを打つ姿だと理解しておいて下さい。

付き合う前は女性に合わせていたため、多少無理をしていたという事に繋がります。

付き合ってからは多少気持ち的にゆとりが出来たため、必要最低限は良いだろうと考えているのです。

女性ってよく長文でメールをする事が多いのですが、正直どうでも良いような内容は口で言った方が早くないか?と思ってしまうんですよね。

どういう反応をするのが良いかわかりませんし、面倒くさいんですよ。

これは女性の皆さんに気をつけて欲しい事なのですが、長文ですとメールを返す気にはなれないので気をつけて下さいませ。

LINEは恋愛に必須♡

LINEには恋愛は必須です。

最低限度の連絡手段としては、ですね。

冷めているように思えるかもしれませんが、付き合った男性によっては何とも言えないケースもあるからです。

恋愛に必須とは言え、メール不精の男性も多いのです。

実際私と旦那が付き合っていた頃、必要最低限しか連絡をしていませんでした。

O型の男性は自分に興味のある事しか連絡をして来ない事もあり、付き合ってからというものほとんど必要最低限以外はなかったです。

気まぐれなB型も同じと言えます。

実は結構多い意見のようなのですが、男性は女性と異なりそこまでLINEやメールなどが好きという訳ではありません。

最初は女性を落としたいがためにメールを頑張ってくれていました。

しかし付き合って1ヶ月以降が経つと気持ちが落ち着いてくるため、女性ほど気持ちが継続して続く訳ではないのです。

これは本当によくある話の1つなのですが、絶対問題としてLINEが必要かというと、性格的にマメな男性でないと難しいでしょう。

人それぞれなので一概に言うことは出来ませんが、気楽に楽しんだもの勝ちだと思います。