CoCoSiA(ココシア)

能面のような顔と言われてしまう女性の9個の特徴


能面とは古来からある、能と呼ばれる日本の伝統的舞踊で使用されるお面の1つです。

鬼を表す般若と2セットで有名なお面ですね。

能を知らなくても一度くらいは聞いた事も見たこともあるでしょう。

日本は美醜が大きく変化し現在では他国の影響もあって、現在は目鼻立ちが整った人間は美人とされていますが、当時は醜女とされていました。

反対に現在でこそ能面はブサイクの象徴とされていますが、昔は美人の象徴だったのです。

物凄く意外な話でしょう?

今ではメイクの技術が進化しているのですが、すっぴんが能面のような人というのは珍しい事ではありません。

今回は能面のような顔と言われる女性について迫っていきましょう!

能面のような顔と言われる女性の9個の特徴


能面のような顔と言われた頃がある人は、残念ながら現代の感覚ではブサイクという意味になります。

強いて良く言えば平安顔という事かもしれません。

のっぺりとしたような顔をしており、無表情だとちょっと怖いですね。

私は昔姉から能面みたいな顔と言われた事があります。

これは人から言われると軽く侮辱になるんですよ。

もし能面のような顔と言われたら、単なる美醜だけの問題では無いと思って下さい。

最近ブレイクされている女芸人のガンバレルーヤのよしこさんが、色んな意味で能面にちかい顔となります。

1.一重で切れ長の目

一重の方がぱっちりとして見える分、どうしても目元が重たくなってしまうんですよね。

別に一重だから能面に見えるわけではありません。

能面の目元って一重でうっすら見開いているような目をしていませんか?

ちょっと眠たそうな顔に見えるでしょう。

元々能面顔って眠たい訳ではないのですが、どうも傍からみたらそう見えてしまうものです。

切れ長の目の人って、下手したら目がちゃんと開いているかわからないんですよ。

これは目元の肉が重いという事も示しています。

痩せている人であれば、目元の肉って一重でもスッキリしているものなのですが、腫れぼったいような目になってしまんです。

目のサイズも小さめ

つぶらな瞳という言い方はかなり良い言い方をしていますが、潰れた瞳としか言いようがないでしょう。

目のサイズが小さめなので、余計に能面感出てしまうんですよね。

一重のデメリットてそういう所なんですよ。

元々が腫れぼったく見えてしまうので、目の小さい方はより小さく見えてしまいます。

別に目が小さいからって、一重だからってそれが決して悪い事ではありません。

ただ表情があれば全然違います。

人によっては能面は愚か、若干犯罪者チックに見えてしまうので、決して良い傾向ではないと考えてくださいませ。

2.目が離れ気味

目が離れ気味というのは、目と目の間という事になります。

この辺はあまり気にされた事がない人の方が多いと思いますが、目が離れ気味な方でも綺麗な人は綺麗です。

目元がぱっちりしていれば、特に気になる事はないでしょう。

しかし一重で切れ長の方の場合は目が離れ気味ですと、かなり気持ちが悪く見えます。

芸能人で目が離れ気味の方というと、Kis-My-Ft2の玉森裕太くんや宮崎あおいさんが良い例です。

目鼻立ちがはっきりしている分、目が離れていてもとても美しくみえます。

女優の剛力彩芽さんや小雪さんの場合は、一応綺麗な部類には入るのですが正直能面に近い顔になりますね。

同じように目が離れているとは言え、パーツによっては正直残念だとしか言いようがありません。

3.まつ毛が短く、少ない

まつ毛の量や長さは遺伝的なものです。

元々まつ毛が長い方は女性よりも男性の方が多いかもしれません。

女性はどちらかと言えば、まつ毛が短く少ないのではないでしょうか?

まつ毛が短く量が少ないと、より能面感はアップします。

これに関しては能面顔の方だけなく、全ての人に当てはまるものなのでそこまで気にする必要はありません。

まつ毛はまつ毛専用の美容液を縫ったする事で解決はできます。