大人のキスと言うと、どのようなイメージがありますか?

人によってどのようなキスを大人のものとするのか、基準は異なるかもしれません。

ですが、その大人のキスを想像することはたやすいのではないでしょうか。

ただのイメージ画像であったとしても、こんな感じ、という理想を持っている人は多いのです。

大人のキスは、大人の余裕があって、されている方の気持ちをウットリさせてくれるものですよね。

では、そんな大人のキスを自分ですることができますか、と聞かれると、今度はすぐには答えられないのではないでしょうか。

されている相手をウットリさせて、その場の雰囲気を盛り上げ、恋心を盛り上げてくれるほどに素敵なキスをすることはできるでしょうか。

大人のキスと言うのは定義が難しく、そう簡単にすることはできません。

大人のキスをマスターしておけば、恋愛をする中では良いことだと分かってはいても、そもそもそんなキスのマスターの仕方など分かるはずがありませんよね。

ここでは、人に聞くことができない大人のキスについて詳しく見てみることにしましょう。

大人のキスをマスターして、恋愛も上手に進めることができると良いですね。

みんな聞くに聞けない?!大人のキスをマスターしよう

大人のキスの仕方を知りたい!と思っている人はたくさんいます。

大人のキスができれば、恋愛経験がきちんとある余裕のある人のように見てもらうことができますよね。

大人のキスができるような大人の余裕を持っている人は格好良いですし、さらに惚れ直してもらうこともできるでしょう。

シチュエーションがきちんと仕上がってしまっているのに、その場でするキスが子どものようなキスでは、興ざめということもあります。

ギャップが可愛いと言って一回や二回は許してもらうことができるかもしれませんが、何度もそのような子どものキスで誤魔化すようなことはできません。

大人のキスをきちんとマスターしていれば、恋人からも見直してもらうことができるでしょう。

もちろん、恋人未満の相手との関係を進めるきっかけともなるでしょう。

ですが、だからと言って、大人のキスの仕方なんて他の人に聞くことはできませんよね。

大人のキスの仕方って何?と他の人に真面目に効いたらドン引きされてしまうはずです。

ですが、大人のキスのために経験値が必ずしも必要と言うわけではありません。

経験値ばかりではないので、しっかりとマスターしようと思えばマスターできるのが大人のキスなのです。

この大人のキスの仕方について見てみることにしましょう。

大人のキスってなに?

大人のキスと言われたときに思い浮かべたのはどのようなキスでしょうか。

優しくしてくれるキスなのか、激しいキスなのか、少しエロいキスなのか、思い浮かべるシチュエーションによって異なるでしょう。

大人のキスって何、と聞かれても、その答えは実はありません。

大人のキスと言うのはもちろん存在していますが、実ははっきりと答えるのは少し難しいものなのです。

きちんとした定義はない

実は、大人のキスの正しい定義はありません。

ここまでは子どものキス、ここからは大人のキスと言う基準は決まっていないのです。

だからこそ、極端に言えば、自分が大人のキスだと思ってしているキスが、相手の思っているキスとは違うということもあるのです。

きちんとした定義がないというのは、マスターするのには難しいですよね。

人それぞれ、イメージは様々

大人のキスと言って話は通じても、そこでイメージしているものは人それぞれ違います。

男性と女性でもかなり違うかもしれませんね。

また、その場で求められている大人のキスが、他の場面で求められている大人のキスとは違うということもあるでしょう。

人それぞれ、イメージが違うからこそ、「キスの上級者」は、そこで求められているようなキスをすることができるようにするのです。

その場の空気を読んで、どんな「大人のキス」が求められているかを感じ取らなければいけないのです。

ですが、大人のキスをマスターしていない人にとっては、それをすぐに感じ取るのは難しいですよね。

まして、シチュエーションによってキスを使い分けるというようなことはできないはずです。

まず、大人のキスをするときには、しっかりと押さえておかなければいけないポイントを学ぶ必要がありますね。

大人のキスのイメージに必要な要素とは?


ここからは、大人のキスのイメージに必要な要素について見てみることにしましょう。

きちんとした定義がないのが大人のキスだとはいっても、「大人のキス」というものが存在している以上は、大人のキスらしい特徴が必ずあるはずですよね。

大人のキスらしい特徴や要素を満たしていなければ、大人のキス読んでもらうことはできないでしょう。

大人のキスにはきちんとした定義がないからこそ、きちんと要素を満たしている必要があるのです。

個人としてはイメージするものが違う大人のキスですが、どの大人のキスにもきちんと入っている要素にはどのようなものがあるのでしょうか。

大人のキスをマスターしたいと思っている場合には、絶対に以下のポイントを外さないように気を付けてくださいね。

相手への気遣い

大人のキスをイメージするのに必要な要素の一つは、相手への気遣いです。

相手を気遣うことなくされるキスは、ただの自己中心的なキスと言うだけであって、大人のキスと呼ぶことはできないでしょう。

大人のキスと言うものをイメージするときには、必ず、相手へ気持ちを一番にしなければいけません。

少し強引なキスも、恋人同士であれば喜ばれますし、それも一つの「大人のキス」であることには間違いないのです。

ですが、強引に自分のことだけを考えてキスをするのは、ただの自分勝手なキスと言うだけであって、大人のキスとは言えません。

どんなキスをするときでも、きちんと相手への気遣いを持って、相手のことを考えてキスをすることが一番大切なのです。

相手のことを思ったキスをすることで、しっかりと相手に気持ちを伝えることができます。

自分勝手に自分のことしか考えていないということしか伝わっていないキスは、大人のキスの要素を満たしているということはできません。

深い愛情が伴ったキス

大人のキスに必要な要素の一つは、深い愛情がこもっているということが絶対に必要なのです。

深い愛情がこもっていなければ、テクニックだけあるキスをしても意味がありません。

大人のキスがビジネスライクでは、相手に喜んでもらうことなどできないでしょう。

え深い愛情の伝わってくるキスだからこそ、大人の余裕を感じることもできるのです。

もちろん、愛情と言うのは、ただの恋の気持ちとは違います。

ドキドキする恋の気持ちと言うだけではなく、相手が安心してしまいような穏やかで深い気持ちがこもっているのが愛情なのです。

キスにそれを込められるからこそ、大人のキスだと言われるのです。

ただのドキドキして突っ走るような気持ちがこもっているキスでは、大人のキスと呼ぶことはできないでしょう。

相手のことが好きだというだけではなく、深い愛情がこもっているというところが大切なのです。

ゆっくり静かなキス

大人のキスの要素の一つには、ゆっくり静かであるというところも大切です。

焦ってするような急ぎのキスは、大人のキスの余裕があるということはできないでしょう。

しっかりと愛情を確かめ合うことができるような、ゆっくりしていて人の心を落ち着かせてくれるようなムードのあるキスが大切なのです。

切羽詰まって唇を重ねているキスを大人のキスと呼ぶことはできません。

もちろん、急いでキスをしなければいけないようなシチュエーションで大人のキスができればすごいことだとは思いますが、大人のキスに慣れていない人は、ゆっくりと静かなキスをするということが大切だということを頭に置いておきましょう。

また、急いでしなければいけないところでも、静かにゆっくりキスをできるように頑張ると良いのではないでしょうか。

理性のあるキス

大人のキスの中でも大切な要素の一つは、そこに理性があるというところです。

がっついているキスを大人のキスと呼ぶことはできないということですね。

もちろん、その後に恋人としての時間を過ごすことが決まっている中でも、どこか理性が残っている中でするのが大人のキスなのです。

理性的で、相手に心の余裕があることが感じられるのが大人のキスで会って、全く理性が完全に飛んでしまっているキスは大人のキスではありません。

大人だからこそのセックス中のキスなどは、大人のキスの一つのように感じるかもしれませんが、理性が残っていなければ大人のキスではないということになりますね。

大人のキスではなく、大人だからこそしているキスと言うだけになってしまいます。

貪るようなキスなどは濃密で大人っぽいキスであることには間違いありませんが、多くの人が大人のキスと言ってイメージするようなキスは、相手側に理性が残っていて、その理性があるからこそ、深い愛情や余裕や気持ちが伝わってくるのです。

これは絶対に大切な要素なので、慣れていない人が大人のキスをしたいと思っているときには、気持ちや理性に余裕があるときにしてくださいね。

大人のキスの参考になるもの

大人のキスは人によって定義が違うことはもちろんですが、だからと言って、全く違うものをイメージしていると言うわけではないでしょう。

なぜなら、多くの人が「大人のキス」として参考にしているのは、ドラマや映画の中で見ているキスだからです。

大人のキスを経験によって知っているという人は少ないかもしれません。

大人のキスをマスターしたいと思っている方は、ぜひ、大人のキスの参考になるようなものを見てみると良いでしょう。

多くの人が見ているようなものを参考にすれば、全く外してしまうということはなくなるのではないでしょうか。

テレビドラマ

テレビドラマの中では様々なキスがありますが、これを参考にしてみるのは良いでしょう。

特に、現在ではテレビドラマの中のキスシーンがSNS上で話題になることが良くありますよね。

女性がその中でも「素敵」「大人のキス」と一いるような場面を参考にすれば、大きく外すことはなくなります。

ラブストーリーはたくさんありますので、ぜひSNSなども参考にしてみてください。

映画

映画の中にもたくさんの素敵なキスシーンがありますよね。

特に外国の映画などでは、日本のテレビドラマとは違った印象のキスシーンもあるのではないでしょうか。

渋い俳優さんなどのキスシーンを参考にしても良いですし、若手の人気俳優さんのキスシーンを参考にしても良いでしょう。

映画の中ではたくさんのキスシーンがありますが、アクションなどのキスシーンよりは、ラブストーリーを中心にしているえいキスシーンの方が、大人のキスがたくさんあるかもしれません。

シチュエーションを参考にすることもできますので、ぜひ、自分が素敵だと思ったキスシーンをピックアップして観察してみてください。

お口のエチケットは超基本!


大人のキスをする場合に、忘れてはいけないのは、お口のエチケットです。

もちろん、大人のキスをするにはシチュエーションも雰囲気も、大切なものはたくさんあります。

ですが、そもそもお口のエチケットができていなければ、素敵な雰囲気もすべて台無しになってしまうでしょう。

お口のエチケットもできずに、恋人に不快な思いをさせるのが大人のキスのはずがないのです。

大人のキスについて興味がある方は、まずは基本に立ち返って、綺麗な口でキスをすることができているかを考えることが必要なのです。

「キスをしても不愉快ではない」ということが一番に大切なのであって、そこの部分を無視しても恋人から素敵だと思ってもらうことはできないからです。

意外とこれができていない人は多いので、まずは以下のポイントをきちんと守ることができているか考えてみてください。

歯は綺麗?

キスをしている間には歯を見ることはもちろんできません。

ですが、普通に話している最中には相手の歯が意外と目に入るのです。

綺麗であっても特に印象に残る部分ではありませんが、汚いとすぐに目についてしまう部分が歯なのです。

食べたものが歯の間に詰まっているようなら、それは不潔だとみなされてしまいますし、そんな口の人とキスをしたいと思う人はいません。

また、あまりにも黄ばみがひどいようなら、それも汚いとみなされてしまう原因になります。

歯をきちんと磨いて綺麗にするだけではなく、ホワイトニングなど、パッと見ただけで綺麗な肌と思われるような工夫をした方が良いかもしれませんね。

口臭はない?

歯の綺麗さはもちろんのこと、大人のキスをするためには、口臭がないということもきちんと確認しておかなければいけません。

キスをする際に口臭があるというのは、キスの相手にとっては最悪な気分になるものです。

口臭に鼻が曲がりそうな思いをしながらするキスにロマンチックなものを感じろと言う方が無理ですよね。

また、口臭がするということは、口の中が清潔な状態ではないといっているようなものです。

唇を重ね合わせるキスだけでも嫌なのに、口臭がある人とのディープキスは考えただけで気持ち悪いものです。

口臭がなく、恋人に不快な思いをさせていないかということはきちんと考えた方が良いでしょう。

場所選びは非常に大事

大人のキスをするためには、場所選びをきちんと考えることも必要ですよ。

きちんとムードがある場所でキスをしなければ、恋人にロマンチックな気分を味わってもらうことなどできないでしょう。

大人のキスには色々なイメージがあるので、一概にどこですれば恋人の理想の“大人のキス”になるのかは分かりません。

ですが、キスの余韻に浸ることもできないような場所でのキスは、理想的なキスだと認めてもらうことはできないでしょう。

どんな場所ですれば、恋人がキスに集中してくれるのか、恋人がキスを素敵なものだと思ってくれるのかは、映画やドラマなどを見て勉強するのが一番良いのではないでしょうか。

自分に気がない人にはNG

どんなに素敵なシチュエーションで、どんなにキスのテクニックがあったとしても、それが“素敵な大人のキス”だとみなされるためには、キスの相手の気持ちが自分に向いていなければいけません。

自分に気がない人に対して素敵なシチュエーションとキスを用意していたとしても、それは不愉快なだけです。

自分に対して脈がない人にいきなりキスをすると言うのは、ロマンチックどころか、セクハラそのものとしか言いようがないでしょう。

大人のキスをしたいのなら、まずは相手の気持ちをきちんと手に入れていることが必要です。

相手が自分を好きだと思ってくれている中でしなければ、それは理想的なキスとは言えないでしょう。

自分に気がない人には、基本的にはキスはしかけないようにしなければ、犯罪者扱いされてしまいますので注意が必要です。

大人のキスの仕方6選

大人のキスの理想はたくさんあるので、一概にどれが正解であるのかということは言えません。

その人にとって理想と思われるシチュエーションは全く異なるからです。

誰かにとっては理想のキスが、誰かにとっては大して素敵とも思えないキスかもしれません。

ですが、理想とされる大人のキスにするためには、いくつかの条件があります。

その条件を満たしていれば、普通の人には素敵だと思ってもらえるはずなのではないでしょうか。

ここでは、大人のキスの仕方について詳しくご紹介します。

いくつか具体的なシチュエーションについても紹介するので、自分にもできそうなものがあったのなら、ぜひそれを参考にして恋人に大人のキスを仕掛けてみてください。

以下のシチュエーションや条件は、大人のキスとして満たしておくと良い条件、誰もが喜びそうな条件なのです。

最初はここから始めて、慣れてきたら自分なりに色々考えてみると良いのではないでしょうか。

他に人がいない場所を選ぼう

大人のキスをするためには、まずは他に人がいない場所を選ぶことが大切です。

大人のキスと言うのは余韻も大切なものですし、きちんと相手がキスに集中してくれなければいけません。

人がいるような場所でのキスは、キス自体に集中して素敵だと思ってくれるような間をなくしてしまうものです。

何となく落ち着かない中でキスをしたとしても、せっかくのキスを楽しんでくれないでしょう。

また、人前でそうした触れ合いをすることを嫌がるような人もたくさんいます。

人がいるような場所を狙った段階で、相手にとっては不愉快ということにもなりかねないのです。

そもそも、そんなキスを見せられている方も不幸ですから、恋人のためにも、そして周囲の人間のためにも、きちんと他に人がいないような場所を選ぶことにしてください。

人前でするのは子供っぽい

人前でするキスは集中できないというだけではなく、子どもっぽいという側面もあります。

本来、キスのようないちゃつきと言うのは家の中でやるべき行為であり、それをわざわざ人前ですると言うのは、何となく気が急いているように思われてしまうのです。

そんな余裕のないキスを大人のキスだと解釈してくれる人は少ないでしょう。

外国においては人前でのキスが当たり前のように行われるかもしれませんが、少なくとも、日本でされる人前のキスは、理性がない人のキスのようですし、大人の余裕がある人はそう言ったことをしないのです。

人前でも素敵なシチュエーションがあるので、それを逃すのは惜しいと感じるかもしれませんが、素敵なキスをする人だと思ってほしければ、人前でキスを仕掛けるようなことはしない方が良いでしょう。

公共の場所であったとしても、人目が集まりにくいような場所、見られにくい様な場所であれば問題はありません。

喜ばれる場所

大人のキスをするようなときには、喜ばれる場所としていくつかの場所を考えておくと良いでしょう。

外でのキスをすることにはなりますが、他の人がいない場所であれば問題ありません。

もしくは、誰もが他の場所を見ているため、特に注目が集まらないことが分かっていれば良いのです。

他に注目が集まっていて、かつ、ロマンチックな気分になれる場所はある程度限られてしまっているのではないでしょうか。

綺麗なイルミネーションや夜景を見ながら

素敵なムードの高まりを期待できるのは、イルミネーションや夜景を見ているときではないでしょうか。

他の人は夜景に注目していますし、どちらも夜に見られるものですから、ある程度周囲も暗くなっていて注目されることもありません。

少し外でするキスにドキドキして、さらには周囲のムード満点というところが大人のキスそのものですね。

夜景やイルミネーションの灯りは、暗い中に灯っているからこそ綺麗です。

そして、その暗い中でのキスは大人の関係を想像させるものなので、まさに大人のキスのシチュエーションにはぴったりであると言えるでしょう。

夕日や朝日を見ながら

夕日や朝日を見ながらのキスと言うのも良いのではないでしょうか。

空の色が変わっている短い時間は、刹那的な何かを感じさせる時間です。

空がいつもとは違う色に染まっているというだけでロマンチックですし、何となく切ない気分になっているところにされるキスは、大人の余裕を感じる素敵なものですね。

夕日や朝日を室内で見ていれば、特に人目を気にするような必要もありません。

外でするようなときでも、綺麗な夕日や朝日に気を取られてしまっているので、自分たちばかりに注目が集まることはないでしょう。

目を閉じた方が良い

大人のキスをするのなら、きちんと目を閉じていた方が良いですね。

キスの感覚だけに集中できた方が、キスそのものを楽しむことができるでしょう。

目を開けたままのキスは性急すぎて、余裕を感じるようなことはできません。

ゆっくり顔を近づければキスの雰囲気を感じ取ってくれますから、それで二人とも目を閉じたキスをすることができるでしょう。

相手の顔を見ながら楽しむキスも良いかもしれませんが、キスだけを楽しむという意味では、目を閉じていた方が「スタンダードに素敵なキスの絵」になります。

キスだけで相手の存在を感じることができるような集中したキスの方が大人のキスとしては良いので、ただただ目を閉じて唇の感覚だけで相手を感じられるような素敵なキスができると良いでしょう。

突然意表をついて

ゆっくりしたキスももちろん素敵ですし、大人のキスのスタンダードと言われるのは、目を閉じてしっかりするキスです。

ですが、大人のキスの理想としては、実は、その反対の突然意表をついてするキスというものもあるのです。

長いキスと言うよりも、「そこでされるとは思わなかった!」というタイミングでさらっとキスをするのです。

さらっと当たり前のようにするキスは、いかにもキスをすることになれている大人だからこそのものです。

キスになれていない人は、キスという行為に構えるので、さらっといきなりすることなどできません。

日常生活の一部のように突然意表をついてされるキスは、心拍をあげるには十分でしょう。

驚くけれど嬉しい

もちろん、突然意表をついてするキスには驚きはあります。

ですが、その驚きは悪い方向の驚きではないでしょう。

驚くけれど、嬉しくてキュンキュンなってしまうようなキスです。

大人のキスと言うと大人の余裕が一番大切なことのように思えますが、さらっとキスをできるのも大人だからこそで、それが急に来るからこそ、心の不意を突かれて胸が高鳴るのです。

ロマンチックには慣れてしまっているような人を相手にするときには、意外とこうした不意打ちのキスの方が喜んでもらうことができるかもしれませんよ。

プレゼントを渡しながら

プレゼントを渡しながらキスをすると言うのはベタではありますが、そのベタさが喜ばれるシチュエーションと言えるでしょう。

よくあるキスシーンではありますが、よくあるからこそ、理想のキスシーンと言われがちなのです。

プレゼントを渡されるだけでも相手の愛情を感じることができて幸せなのに、そこに素敵なキスをしてくれたのなら、ただでも素敵な雰囲気で盛り上がっていた気持ちが、さらに盛り上がるのではないでしょうか。

キスをするタイミングは難しいですが、相手がプレゼントを受け取ってお礼を言ったようなタイミングですると良いでしょう。

プレゼントをまずは目で見て感動を味わってからのタイミングが良いのです。

キスが早すぎては、プレゼントによって気持ちを高めることができません。

記念日など特別の日に

記念日や特別な意味を持っている日にキスをするのも良いですね。

特別な日には、気持ちも特別なものになっています。

そこに、相手が求めているようなキスをしてあげることができれば、大人のキスだと思ってもらうこともできるでしょう。

記念日ということをきちんと相手が認識しているような状態でしなければ、普通の日のキスと全く変わりませんから、まずは相手に記念日であるということは伝えてくださいね。

二人が付き合った記念日や、告白をした記念日などが良いのではないでしょうか。

日頃の感謝や愛情を言葉にしつつ

キスをする前に相手への日頃の感謝や愛情を口にするのも良いでしょう。

いつも一緒にいる相手に日ごろの感謝を改めて伝えられると、とても照れますよね。

その照れが残っているうちにキスをされると、否が応でも気持ちは高まるものなのです。

まとめ

いかがでしたか?

大人のキスの方法については理解できましたでしょうか。

人によって恋愛の経験値は異なります。

ある程度の年齢になっても初々しい人はいますし、もちろん、キスの経験が少ない人はたくさんいるでしょう。

ですが、大人のキスの仕方も知らなければ、がっかりされてしまうような場面もあるのではないでしょうか。

ここぞというところで、相手をウットリさせることができるような大人のキスができれば、株が上がることは間違いありません。

もちろん、慣れ過ぎているのも、それはそれで、相手が何となく過去の恋愛経験に嫉妬してしまうということはあるかもしれませんが、それでも、いつも子どものようなキスをしているよりはずっと喜んでくれるでしょう。

経験がない中で大人のキスをするのは難しいかもしれませんが、シチュエーションにこだわり、しっかりと雰囲気を作った中でのキスなら間違えるようなことはありません。

この記事の中で触れているようなシチュエーション作りや、キスに持ち込む前の流れに注意して、恋人をウットリさせられるようなキスをしてあげてくださいね。

大人のキスで二人の仲がぐっと深まると良いですね。