人間は欲望にあふれている動物です。

なぜ、そんなに欲望ももってしまうのかと言いますと、人間は地球上で存在する動物の中で唯一、意思をもっているからです。

意思を持っているから考えることができるし、また、言葉で意思表示できるので、欲望を持つことが他の動物に比べて簡単なのです。

他の動物も欲望を持ちますが、持ってしまうと本能のまま動いてしまうのです。

人間はというと考えるので、本能のままで動くことはないのです。

その欲望を相手に悟られないようにして、欲望をかなえようとするのです。

つまり、欲望を抱くと、叶えたくて仕方ないのです。

また、意外と気づいていないと思いますが、あなたの心の中のことは外に見えてしまっている可能性が高いのです。

なぜなら、態度に表われたり、表情に表われたりするのです。

意外と人間って素直な機能を持った感じに作られているのです。

そう考えると、できるだけ欲望を抑えて叶えていきたいですよね。

あんまり、自分の欲望を表に出しすぎて相手にわかられてしまってもいいことはありませんからね。

欲望を抑えるってどうやるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に欲望を抑えることはできます。

ただ、そのやり方を知らないだけです。

なぜなら、欲望をコントロールすることなど、誰も教えてくれないからです。

また、その方法ややり方に絶対的なものが存在しないからです。

つまり、方法ややり方を教わってもどれがあなたに適しているかわからないのです。

そのため、両親や学校の先生でさえもその人にあった方法ややり方を教えることができないのです。

故にあなた自身で確立するしかないのです。

実はこの欲望を抑えることは、感情をコントロールすることと似ています。

つまり、メンタルの強い方ほど、欲望を抑えることができるみたいです。

そう考えるとなんだかできるって気がしませんか?そう、難しく考えているのは何を隠そうあなた自身です。

あなたが難しく考えてしまうと、何においてもやる気を失ってしまいます。

何事においてもあなたがどう考えるかが、やるかやらないかに直結しているのです。

そこで今回こちらの記事では、欲望をコントロールする方法などをまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、欲求を表に出さないようにしましょう。

そうすることで、ご自身も相手にも不快な思いをさせずに、叶えることができますよ。

すべてはあなたの考え方次第です。

ただ、知らないよりかは知っておいた方が今後何かとお得ですよ。

ぜひ、覚えましょう。

楽しく読んでいただきましょう。

欲求をコントロールする8個の方法!

それではいきなりですが、欲求をコントロールするための方法をお教えします。

大きくピックアップして、8個の方法がありますので、ぜひ、しっかりマスターしましょう。

いきなりすべてをマスターしようと思わないでください。

慌ててすべてを覚えるなんて、結構難しいのです。

それよりかはゆっくり確実に覚えていきましょう。

まずは、あなたにとって身近に思えること、もしくは読んでいてビビッと来たことなどから先に覚えていくことをおススメします。

よく難しいことから取り組むといいと言われていますが、できることややれそうな部分から取り組むことで、覚える作業に勢いをつけることができますよ。

そんなこと言っても覚える方法が難しいのではないのと、思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

それはあなたの思い込みです。

前文でも申していますが、何をやるにしても、難しく考えていては先へ進めません。

要はその時点でやる気を失ってしまうのです。

そうならないためにも、まずは難しく考えることをやめましょう。

柔軟な姿勢で挑むことが大切です。

ただあくまで方法論です。

先ほども申しましたが、方法に絶対はありません。

どの方法があなたに適しているかは、あなた自身で見つけるようにしましょう。

仮に今からご説明する方法の中に、あなたに適した方法がないという場合は、なおさら自分で見つけるチャンスですよ。

要は、あなただけの解決方法を編み出すことができるのです。

ぜひ、あなたオリジナルの方法を編み出してみてもいかがでしょうか。

あなたの方法がもしかしたら、今後いろいろな人へいい影響を与える欲求をコントロールする方法になるかもしれませんよ。

そうなったらあなたのモデルがもしかしたらそのような自己啓発の本などに記載されるかもしれませんよ。

その前にしっかり欲求をコントロールする方法を覚えましょう。

1.気をそらす


欲求や欲望を出してしまうのはそのことを考えて過ぎているからです。

要は、そのことを気にしているから表に出てしまうのです。

何事においても気にしなければ、欲求や欲望などのようなものが出てくることはないのです。

つまり、考えすぎかもしくは、固執しすぎているからそうなってしまうのです。

欲求や欲望に似たようなもので、相手のことばかり考えすぎていて、気づいたら自分がしっかりできていなかったということが実はよくあるのです。

ただ、人間は欲の塊の動物なので、なかなかご自身でいだいたものを気にするなと言うのは難しいのですが、実はその部分をしっかりできればメンタルの強い人などになれるのです。

要は自分の性格だけでなく、思いや欲求などをコントロールできないから表に出してしまうのです。

つまり、欲求や欲望をコントロールできないのは、メンタルの欠如とも言えます。

人間は欲にあふれた動物とは言いますが、ある意味あふれているからこそしっかりコントロールしないとご自身の身を滅ぼしてしまうかもしれないのですね。

また、人間は考えたことでしか物事を見ないとも言います。

これが、ある意味欲求、欲望を抱いてしまう原因にもなっています。

なんでもかんでも気に留めなければ問題ないのです。

思いをもってしまうあらあーしないとこうしないとと言った感じのプレッシャーになってしまうのです。

ぜひ、気をそらして欲に埋もれないようにしましょう。

欲に埋もれるといいことはありませんし、埋もれた状態でコントロールすることもそれなりに難しいので、なるべく抱くのを抑えるようにしましょう。

それができれば、コントロールもできたも同然です。

そのことばかりを考えない

ある意味、何かに欲求や欲望をもってしまうのは、そのことしか考えていないもしくは、そのことを考えてしまう割合が大きくなっている証拠でもあります。

そのため、気をそらすことが大切になってくるのです。

主に何かに気を取られてしまうのは、そのことに関して思いを持ってしまっているからです。

それが長く続くということは、あなたが相当長く根に持つタイプなのかもしれませんよ。

要はねちねちタイプなのかもしれません。

なぜなら、人間、実はそんなに長く思い持つことなんてないのです。

数時間後に忘れることはできなくても、明日になったら忘れているということが一番なのです。

よく死ぬまで恨むとか言いますが、そこまで持っていられるほど余力はないのです。

故にあまりそのことばかり考えるのは辞めましょう。

いかに別のことに意識を持っていけるか

そのことばかりに気を取られないようにするにはどうしたらよいのかと言いますと、できるだけ他のことも考えることです。

要は、多趣味になることをおススメします。

私は絶対これとか言うように考えるとそれしか見えないので、他のところに視線を向けることができなくなって、挙句の果てには、自分が絶対だと思っていることに関しては、悪いものと言った感じに見てしまう傾向もあるのです。

別のことに意識を持っていけないのは、視野や考え方がせまい証拠でもあります。

幅広い考え方ができれば、ご自身が絶対だと思ったことのほかのことにも目を向けることができるのです。

つまりは、興味がないとかいう理由でシャッターを閉じてしまってはいけないのです。

シャッターを閉じるとこの先何も有益な情報が入ってこないですよ。

この先長く生きることを考えると20代のうちに興味がないという言葉を使用していることにすごく恐怖心を覚えます。

なぜなら、あなたが知らないことはまだまだ世界にあふれているからです。

20数年ちょいしか生きていないのに、その間だけで手に入れた知識で残りの人生を勝負できるとは思いません。

シャッターを閉めるのは遅いに越したことはないのです。

ただ、閉じてしまったシャッターを上げるには遅すぎることはありませんので、気づいたときには、年代問わずシャッターを開けるようにしましょう。

固執しないことがポイント

気にしすぎを抑えるにはどうしたらいいのかと言いますと、1つのことに固執しないことです。

日本の場合、終身雇用などがありましたが、もうそんな時代ではなくなりました。

これから多種多様の時代です。

つまり、1つのことしか見ていては生き残ることができないのです。

2.周りの目を気にしすぎない


人間と言うか日本人に多いのがこのタイプです。

周囲の目を気にしすぎて、いろいろと考えてしまうらしいです。

要は周囲の目を気にして、周囲から褒められるためには、好かれるためには、どうしたらよいのかと言う欲求や欲望を抱いてしまうのです。

ある意味、日本人の欲求や欲望の中で一番これが高いのではないかと思えてしまいます。

なぜなら、日本人ほど世界の中で「みんなが」という言葉を意識している国民はいません。

ある意味、その意識があるから震災などの大災害のときでもお互いに支え合うことができるのではないかと言われていますが、それが過剰になると村八分などのことが起きてしまうのです。

島国故なのか何なのかわかりませんが、自分の関りのあるコミュニティに対して、大小関係なく、帰属意識が高いみたいです。

要は自分自身に対する考えを持っていないのです。

そのため、どこかのコミュニティに所属し、そこに居続けて、安心感を得ようとするのです。

その安心感を得るために必要なのが周囲とうまく行かせることなので、周囲の目を気にしてしまうのです。

特に最近は企業がこの手のような感じで、社員に対して何か悪いことをすれば会社が傷を受けるなどと言った感じのことを言ってきます。

その一昔前は、何かあっても責任をとるのは自分だから思い切って仕事をしろと言うようなスタイルだったのが、今は自分のポジションや立場を守ろうと必死なのです。

ある意味、その欲求や欲望を丸出しにしているようなものですね。

普段からでしゃばらない

寡黙な人ほど仕事ができると言われますが、良くしゃべる人も仕事はできます。

要は、必要以上に前に出ないことが必要だということです。

なぜなら、出る杭は打たれるという言葉があるように出すぎると、周囲からたたかれてちょうどいいポジションに戻してくれるのです。

ある意味、自然の摂理と言えます。

つまり、普段から出しゃばらないと言うのは、あまりに前に出すぎるなということと、あまりしゃべりすぎるなということではありますが、前に経験したのにまたその場で前に出てしまうことです。

要は進歩のない人のことを言うのです。

なぜなら、欲求や欲望を抱いたままだからそうなってしまっているのです。

欲求や欲望をコントロールできると、今の自分に適したポジションを得ることができますよ。

つまり、自分のことをしっかり見ることができるのかどうかです。

初めのうちは前に出てもいいのです。

その分、戻されるので、戻されたときにしっかりそのポジションを覚えることで、欲求や欲望をコントロールすることができますよ。

ぜひ、しっかりこの法則を覚えればどんな社会でも生きていくことができますので、しっかり実践しましょう。

過去を自慢しない

バブルを経験した世代に多い口癖は「あの頃は良かった」です。

この言葉、裏を返せば、過去しか見ていないということです。

大体このような人は、自分の経験年数や成功例などを話して、すごい人間だということをアピールするのですが、聞いている方はたまらなく暇です。

なぜなら、過去のことなんてどうでもいいからです。

みんな今のあなたしか見ていませんよ。

どんなに過去の話をされても過去でしかないのです。

なぜこのような人が多いのかと言いますと、バブルの麻薬から抜け出せていないのと、未来に希望を持っていないからです。

そのような人の話を聞いても悪影響を受けるだけですね。

いつまでも過去の栄冠に浸っているよりも、先を見て行動している人の方がいいですよ。

また、まだ存在しているのが高学歴自慢です。

高学歴だから言うことに間違いがないといった感じに話してきますが、あくまでそれは学歴だけです。

社会はもう学歴で勝負する時代は終わりました。

これからはいかに情報を正しく読み取るかが大事になってきます。

数年前から高学歴、低学歴問わず大学出が増えてきていたので、実は学歴社会は終わりが見えていたと言っても過言でないですね。

もう、過去で勝負できる世の中ではないですよ。