CoCoSiA(ココシア)

大変な仕事ランキング9!やりがいがあるけど大変な仕事を紹介!


世界には自分が聞いたこともないような仕事がたくさんあります。

名前を聞いただけでは何の仕事か想像がつかないような仕事も多いです。

そして、広い世界の中の小さな日本、そこにも多くの仕事があっていろんな人がそれらの仕事についているからこそ経済が回っています。

さて、日本はとんでもない残業時間で過労死したというニュースがここ数年かなり多くなってしまいました。

日本人は他の国よりも長い時間ずっと働き続けなければいけないという文化があります。

それゆえ、自殺や過労死が後を絶たないのです。

そんな大変な仕事がたくさんあるのですが、特にどんな職業が大変な仕事なのかはご存知でしょうか?

実はニュースはたくさん見るけど、その内容は全然知らないという人もかなり多いはずです。

今日は、この大変な仕事についてご紹介していきたいと思います。

大変だと言われる仕事の特徴、そして大変な仕事ランキングを順にみていきましょう。

これから就職するという人は、是非参考にしてみてくださいね。

大変な仕事とは

大変な仕事とはどのような仕事のことを言うのでしょうか?

しんどい、帰れない、人間関係が悪いなど、考えられる要素はたくさんありますね。

その中でも、人間に確実に負担をかけるであろう要素をいくつかご紹介していきます。

あなたの仕事がこれに当てはまれば、きっ今大変な思いをして働いているのでしょう。

その感情は間違っていません。

安心して「大変だ」ということを口にして、少しでも楽になれるように自分でコントロールしていきましょう。

労働時間が長い


大変な仕事の特徴、それは労働時間が長いということです。

もう定番の話ですね。

労働時間の長さはそれだけで体に相当な負担をかけますし、ずっと仕事に縛られているという精神的な苦痛も大きいです。

意外なことに、労働時間が長くて大変だと感じるのは、体力的にというよりも自分のプライベートの時間が全然取れずにしんどくなってしまうということの方が多いようです。

仕事の時間が長すぎると、だんだん自分が何のためにこんなに頑張っているのか分からなくなってしまうのです。

労働時間が長くても楽しく幸せそうに働いている人もいます。

それはきっと、自分の趣味と仕事が一緒になっていてプライベートも充実しているからこそ、長い労働時間でも頑張ることが出来るのでしょう。

体力がいる

シンプルに体力が必要な仕事も大変です。

どんな仕事でも、一定期間集中しないといけないという点ではある程度の体力は必要になってきます。

しかし、本当に大変な仕事と呼ばれるのは本当に体を壊してしまうほど体力がいるのです。

職種にもよりますが、例えば配送業者や引っ越し業者なんかは重たい荷物を一日中持ち上げたり運んだりしなければいけません。

そんなことをずっとやっていると、腰が悪くなったり血が足りなくなってしまうこともあります。

または、ずっと外回りが義務付けられていて、しかも車ではなく歩きの営業という場合。

そんなときも、よほどの体力がなければ毎日毎日続けることは難しくなってきます。

体力がいる仕事は、そのしんどさゆえ体だけでなく精神的にもやられていってしまうのが特徴。

体が大変なだけだとなめてかかると、酷い目にあってしまうかもしれませんね。

仕事内容に比べて給料が安い

大変な仕事の中でも、仕事内容に比べて給料が安いというのはなかなか辛いものですよね。

毎日どれだけ必死に仕事をしたとしても、給料が全然もらえないとなると精神的にも疲労してしまいます。

特にこの手の仕事は残業代が出ない会社に多いです。

入社前は残業代が出ると言っていたのに、いざ入ってみるとみなし残業代のみでほぼただ働き状態だという場合。

こういう会社に限って、早く帰宅する人間は悪だという考えが浸透していることが多く、社員は自動的にただで残業を強いられてしまうのです。

働きに給料が見合っていないというのは、どんな仕事でも起こりうることです。

一方で、これが人に与えるストレスはかなりのもの。

これも大変だと言われる特徴の一つですね。

ストレスが溜まりやすい


大変な仕事には様々なパターンがありますが、ストレスが溜まりやすい職場というのもかなり大変なようです。

仕事は毎日ほとんどの時間を過ごす場所であり、自分の生活の中心となる人が多いですよね。

そんな自分の基盤となる生活圏がストレスの溜まりやすい場所だとしたら、相当しんどい思いをすることになります。