世界には自分が聞いたこともないような仕事がたくさんあります。

名前を聞いただけでは何の仕事か想像がつかないような仕事も多いです。

そして、広い世界の中の小さな日本、そこにも多くの仕事があっていろんな人がそれらの仕事についているからこそ経済が回っています。

さて、日本はとんでもない残業時間で過労死したというニュースがここ数年かなり多くなってしまいました。

日本人は他の国よりも長い時間ずっと働き続けなければいけないという文化があります。

それゆえ、自殺や過労死が後を絶たないのです。

そんな大変な仕事がたくさんあるのですが、特にどんな職業が大変な仕事なのかはご存知でしょうか?

実はニュースはたくさん見るけど、その内容は全然知らないという人もかなり多いはずです。

今日は、この大変な仕事についてご紹介していきたいと思います。

大変だと言われる仕事の特徴、そして大変な仕事ランキングを順にみていきましょう。

これから就職するという人は、是非参考にしてみてくださいね。

大変な仕事とは

大変な仕事とはどのような仕事のことを言うのでしょうか?

しんどい、帰れない、人間関係が悪いなど、考えられる要素はたくさんありますね。

その中でも、人間に確実に負担をかけるであろう要素をいくつかご紹介していきます。

あなたの仕事がこれに当てはまれば、きっ今大変な思いをして働いているのでしょう。

その感情は間違っていません。

安心して「大変だ」ということを口にして、少しでも楽になれるように自分でコントロールしていきましょう。

労働時間が長い


大変な仕事の特徴、それは労働時間が長いということです。

もう定番の話ですね。

労働時間の長さはそれだけで体に相当な負担をかけますし、ずっと仕事に縛られているという精神的な苦痛も大きいです。

意外なことに、労働時間が長くて大変だと感じるのは、体力的にというよりも自分のプライベートの時間が全然取れずにしんどくなってしまうということの方が多いようです。

仕事の時間が長すぎると、だんだん自分が何のためにこんなに頑張っているのか分からなくなってしまうのです。

労働時間が長くても楽しく幸せそうに働いている人もいます。

それはきっと、自分の趣味と仕事が一緒になっていてプライベートも充実しているからこそ、長い労働時間でも頑張ることが出来るのでしょう。

体力がいる

シンプルに体力が必要な仕事も大変です。

どんな仕事でも、一定期間集中しないといけないという点ではある程度の体力は必要になってきます。

しかし、本当に大変な仕事と呼ばれるのは本当に体を壊してしまうほど体力がいるのです。

職種にもよりますが、例えば配送業者や引っ越し業者なんかは重たい荷物を一日中持ち上げたり運んだりしなければいけません。

そんなことをずっとやっていると、腰が悪くなったり血が足りなくなってしまうこともあります。

または、ずっと外回りが義務付けられていて、しかも車ではなく歩きの営業という場合。

そんなときも、よほどの体力がなければ毎日毎日続けることは難しくなってきます。

体力がいる仕事は、そのしんどさゆえ体だけでなく精神的にもやられていってしまうのが特徴。

体が大変なだけだとなめてかかると、酷い目にあってしまうかもしれませんね。

仕事内容に比べて給料が安い

大変な仕事の中でも、仕事内容に比べて給料が安いというのはなかなか辛いものですよね。

毎日どれだけ必死に仕事をしたとしても、給料が全然もらえないとなると精神的にも疲労してしまいます。

特にこの手の仕事は残業代が出ない会社に多いです。

入社前は残業代が出ると言っていたのに、いざ入ってみるとみなし残業代のみでほぼただ働き状態だという場合。

こういう会社に限って、早く帰宅する人間は悪だという考えが浸透していることが多く、社員は自動的にただで残業を強いられてしまうのです。

働きに給料が見合っていないというのは、どんな仕事でも起こりうることです。

一方で、これが人に与えるストレスはかなりのもの。

これも大変だと言われる特徴の一つですね。

ストレスが溜まりやすい


大変な仕事には様々なパターンがありますが、ストレスが溜まりやすい職場というのもかなり大変なようです。

仕事は毎日ほとんどの時間を過ごす場所であり、自分の生活の中心となる人が多いですよね。

そんな自分の基盤となる生活圏がストレスの溜まりやすい場所だとしたら、相当しんどい思いをすることになります。

ストレスが溜まるのには人それぞれ理由が違いますが、多くの人に共通するのは人間関係のもつれでしょう。

仲の悪い人たちがいて社内の空気が悪かったり、お局がずっとぐちぐち非難してきたりすれば、いくら心が強い人でも知らないうちにストレスを溜めてしまうはずです。

こうした人間関係が原因でストレスが溜まりやすい職場では、変に感情移入せずに常に他人事だと思って無視できるような心持ちが必要なのかもしれません。

ハラスメントがある

職場で何らかのハラスメントがあると、イライラしたり心が乱れてしまってストレスが溜まっていきます。

今テレビではハラスメントについて問題視されているようなニュースがたびたび流れていますが、実際のところ改善している会社や職場というのは少ないのが現実です。

ハラスメントといえば大きな問題のようですが、実際の加害者は何でもない日常のちょっとしたことぐらいの意識しかないのです。

つまり、ハラスメントだと気付いていないということです。

そのため、改善されることがなかなかないのです。

仕事でよくあるハラスメントはセクシュアルハラスメントとパワーハラスメントの2つです。

「セクハラ」「パワハラ」と言われることが多く、どちらも頻繁に起きているものです。

最近ではセクハラに対する意識が変わってきたため、会社自体が気を配るようになったので前よりは減ってきているようです。

一方で、パワハラは最近言われ始めた言葉であり、一昔前の「体育会系」を経験した人たちが、同じことを部下にさせようとしてパワハラになるというのが定番の流れです。

どちらにしろ、ハラスメントを受ける側からすればストレス以外の何物でもありません。

ハラスメントが注目されている今こそ、これらから身を守るチャンスもあるということでしょう。

人の入れ替わりが激しい

大変な仕事かどうか一番分かりやすい特徴、それは人の入れ替わりが激しいということです。

人が入っては辞めて、また入ってはすぐに辞めるということを繰り返している職場は、確実に何か原因があります。

何らかの理由で大変だと感じた人々が、見切りをつけて辞めていくのです。

すぐに辞めよう!と思って仕事に就く人はいません。

みんな安定した職や給料を求めて仕事に就くのです。

それなのにすぐに辞めてしまうということは、安定を捨ててまで逃げたい職場だということです。

求人広告を見てみると、常に人を募集している仕事がたくさんあります。

毎回求人を載せていたり、大勢を応募しているような求人は、それほど人が辞めてしまう仕事である場合が多いです。

人が辞めてしまうということは、それほどしんどいということですよね。

もしずっと身を置く職場を探しているのなら、こうしたところは避けた方がいいのかもしれません。

危険

もちろん、危険な仕事も大変だと言われる仕事の一つです。

危険な仕事とは、つまり完全に安全ではないということです。

これはとび職と言われるいわゆる土木工事系の仕事や建設業なんかが代表的です。

不安定な足場に相当な力作業は当たり前、炎天下の中での作業もありいくつもの危険と隣り合わせの職業なのです。

また、建設作業をしている場所なんかはクレーンを使っています。

鉄筋の柱やその他人間一人では持ち上げられないような重たい器具がたくさん動かされています。

それらが落ちてこないという保証もなく、常に危険にさらされているような仕事なのです。

このように危険が伴う仕事は、それなりに給料も高いことで有名です。

仕事に見合ったお金はもらうことが出来ますが、身を危険にさらすことができるかどうかを考えてからこういった仕事に就くことを決めた方が良いでしょう。

大変な仕事ランキング9を紹介

大変だと言われる仕事の多くは、その仕事を経験した人以外の噂で合ったり印象で合ったりすることがあります。

もちろんその印象は大まか間違いではなく、人が大変だという仕事には何らかの原因があるのです。

しかし、中にはあまり大変だという印象が無い仕事も実はかなり骨のいる職業だったりします。

ストレスがたまる、体力的にきつい、給料がしっかりもらえないなど大変だと言える仕事の特徴はたくさんありますが、詳しい職種というのは知らない人も多いはず。

そこで、ここからは様々な理由から大変だと言われる仕事の種類をご紹介していきたいと思います。

聞いたことのあるような定番のものから、「え、そうだったの?」という意外な仕事まで、詳しくご説明していきます。

もしこの中であなたがなりたい職業が見つかれば、その目標をもう一度しっかりと考え直す必要があるかもしれません。

9位 不動産の営業

大変な仕事ランキング9位は「不動産の営業」です。

不動産の営業とは、主に家を売ったり土地を売ったり、中にはモデルルームの管理やイベント開催など意外と色々な仕事がある職業です。

しかしメインはもちろん家の売買、ときには飛び込み営業をかけることだって少なくはありません。

さて、ここまでは割と普通の営業と変わらないように聞こえますが、どんなところが大変なのか詳しく見ていきましょう。

大変な理由

不動産の営業は一般的にとても大変だと言われています。

その理由の一つが、「ノルマの厳しさ」です。

不動産会社の営業担当には非常に厳しいノルマが毎期ごとに課せられます。

どんな営業でもノルマはあるものですが、特に不動産業界では数字がすべて、売れた件数と利益によってのみ社員の評価が決まるというのは当たり前の世界なのです。

また、不動産の営業は拘束時間がとても長いのでも有名です。

終電に間に合わなかったり、始発で出勤するなんて人も珍しくないほど。

特に引っ越しの繁忙期がくると稼働時間はもっと長くなり、プライベートの時間が全く取れなくなってしまうこともしばしば。

給料はインセンティブがしっかりしている会社も多いため申し分ないですが、こうしたノルマや労働時間が大変だと言われる理由なのです。

8位 歩合制の保険営業

大変な仕事ランキング8位は「歩合制の保険営業」です。

歩合制というのは、自分が達成した分だけお給料がもらえるという一見素敵な制度です。

もちろん、よく売る営業からしたらとても魅力的な制度だと言えるでしょう。

しかし、歩合制の保険営業というのはポンポンお金がもらえるような楽な仕事ではありません。

大変な理由

歩合制の保険営業がきついのは、まずなかなか契約が取れないということです。

ある程度基本給がもらえるなら安定した職と言えますが、完全歩合制であれば給料も不安定。

その時期や自分の担当するエリアによっては全く契約が取れないなんてこともよくあります。

契約が取れなければ問答無用で給料はゼロ。

そんな不安定な仕事はギャンブルよりも恐ろしいですね。

そして、多くの保険会社は経費をかなりケチっているというのも事実です。

営業がお客さんのもとへ行く交通費や手土産、その他食事代などは全て自腹だという人が多いのです。

これは、歩合制でかなり腕のいい営業マンであれば年収1000万も当たり前だという保険会社だからこそできることです。

ようは、お金が欲しければ自分で稼げというのが保険会社の方針なのです。

シビアな世界ですね。

7位 美容師

大変な仕事ランキング7位は、憧れる人も多い「美容師」です。

美容師という職業はキラキラしていて男女ともになりたい職業ランキングにも入るような素敵な仕事です。

しかし、そんな綺麗な見た目とは裏腹に、実際はかなり大変な仕事であるという悪評も高いのがこの職業。

夢を持って美容師になった人がどうしてやめていってしまうのでしょうか?

大変な理由

美容師という仕事は、まずその外見と中身のギャップが大きいという部分があります。

人と話して素敵な髪形にして喜んで帰ってもらう、そんな見た目とは裏腹に、給料は低く休みも極端に少ない、そして見習いの間はシャンプーや床の掃き掃除だけというなんとも地味な仕事が多いのです。

休みを取れてもカットの練習や先輩との飲み会なんかに時間が取られてしまってなかなか自分のプライベートな時間を取れません。

美容師に必要な道具なんかはかなり高価なものも多いのですが、手取りは20万以下が普通という世界。

なかなか続けていくのには根気がいるのです。

また、上下関係も厳しいのが美容師という職業。

先輩への気配りをしながらお客さんとも上手くやっていかなければならないという二重の人間関係に疲れてしまう人も多いようですね。

6位 保育士

大変な仕事ランキング6位は「保育士」です。

美容師と同じで、保育士もまたなりたいと夢見る人が多い職業です。

特に子どもが好きでたまらないという人や、自分が通っていたころの保育士さんに憧れているなんて人も少なくありません。

保育士の仕事は一見こどもと遊んだり面倒を見るだけのようですが、実際は結構ハードな職業なのです。

実際にすぐやめてしまう人も多く、人手不足になっているというのが現状です。

大変な理由

保育士が大変だと言われるのには、その給料の低さが関係しています。

保育士の平均的な年収は320万程度。

悪くないのでは?と感じる方もいるでしょうが、これは毎日こどもの世話を全力で頑張って体力を使い切り、子どもが帰ったあともデスクワークで夜遅くまで働いて次の日の準備をする、といったことすべてが含まれてこの価格です。

さらに、人の子どもを預かるというのは相当精神を使うことであり、中にはモンスターペアレンツと呼ばれる親たちもいます。

そんな人間関係の中で精神的にも体力的にも疲れてしまう人が多いのです。

特にこれが男性となると、将来のことや自分の家庭のことを考えると、続けていくのは難しいと考えて結果的に転職してしまう人がほとんどだそうです。

5位 看護師

大変な仕事ランキング5位には、これまた子どもたちが憧れる職業「看護師」です。

美容師、保育士ときて看護師、これは全部子どもたちが昔将来の夢を書く欄に一度は書いたことのあることですね。

看護師と言えば、今は医療系のドラマも多くやっているため、そこにやりがいを感じてなりたいと思う人も多いです。

そんな素敵な職業ですが、どういったところが大変なのでしょうか?

大変な理由

看護師の主な仕事は患者さんを看て医者にしっかりと報告をするということです。

患者さんの身の回りのケアは看護師の仕事であり、患者さんと上手く人間関係をつくっていくのもまた看護師の仕事となります。

患者さんの中には生死を争う人もいるわけで、常に集中して接することが必要となってきます。

時間外労働も当たり前、夜勤でほとんど寝ていないまま次の日丸々働くなんてことも珍しくありません。

また、看護師が気を遣うのは患者だけではなく医者に対してもです。

医者は看護師よりも遥かに忙しいため、何かを報告するのにもいちいち気を遣わなければいけないのです。

かと言って、大事なことを報告できずに患者さんの様態が悪化すればそれは大問題。

両者の板挟みになることもしばしば。

精神的にも体力的にもタフな人でないと、看護師は務まらないということです。

4位 プログラマー

大変な仕事ランキング4位は、最近脚光を浴び始めている「プログラマー」というお仕事です。

プログラマーとは前からある職業ですが、なんとなくその仕事内容が専門的過ぎるが故あまり注目されてこなかった仕事です。

しかし、今では小学校でもプログラミングが必修化されるほど大切な分野となり、プログラマーの仕事もかなり需要があるものになってきました。

実際、人手はかなり不足しているようです。

では、なぜプログラマーは人で不足になってしまうのでしょうか?

大変な理由

プログラマーが大変な理由の一番は、常に新しい時代の変化に気づきそれを勉強していく向上心を持っていないといけないということです。

プログラミングの世界では、新しい技術や言語、その他流行りのものなど様々なものが流動的です。

数か月で新しいものを覚え直さないといけないのなんて当たり前、それをしなければどんどん時代に追いつけなくなって、プログラマーとして働けなくなってしまいます。

また、プログラマーにも納期というものがあります。

その納期がかなりきついことが多く、時には直前で要求を変えられることも頻繁にあります。

プログラマーというだけでなんでもできると思っている人が多いですが、彼らももちろん人間なので、体力に限界もあれば集中力も切れてしまいます。

そんな中で、直前の変更にも対応して当たり前というこの世界では、相当体力のある若い頃だけ働くという人が多いのです。

3位 アニメーター

大変な仕事ランキング3位は「アニメーター」です。

アニメーターという仕事も夢がありますよね。

映画の前に流れるショートフィルムやユーチューブで見ることが出来るちょっとしたアニメ、あれらは全てアニメーターの人が手掛けたアニメーションです。

これに憧れてアニメーターになる人は多いですが、それだけで生きて行ける人はほんの一握りです。

プログラマーと一緒で、アニメーターもまた体力と集中力が必要な大変な仕事なのです。

大変な理由

アニメーターは常に新しいアニメーション技術や流行りなどに敏感でいる必要があります。

そして、求められているものと限りなく近いアニメーションを作成しなければいけません。

それには多くの知識と経験が必要であり、また納期に間に合わせる体力と集中力も必要となってきます。

世の中には成功しているアニメーターこそ少ないものの、アニメーター自身はかなり多いです。

そんな中堅アニメーターの中から選んでもらうには、まずスピードが命です。

精度の高いものを早いスピードで納品しなければいけないのです。

また、収入も安定しないのが痛いところ。

仕事がたくさん来るときもあれば、全くない時期もあるのがアニメーターです。

将来結婚やこどもを考えている人にとっては、非常にリスキーな仕事なのかもしれません。

2位 介護福祉士

大変な仕事ランキング2位は、皆さんご存知の「介護福祉士」です。

介護福祉士と言えば、大変な仕事だと周知されていますよね。

介護自体が今問題視されている中で、それを専門的に行っているというのはかなり大変だということが想像だけでも分かります。

介護福祉も保育士と同じでかなり人手不足になっており毎回求人が募集されているのに、なかなか人が集まらないのです。

具体的に何が大変なのでしょうか?

大変な理由

介護福祉士が大変だと言われる理由は保育士のものと似ています。

一番の理由はその労働力とそれに見合っていない給料の安さです。

介護福祉士の手取りは17万円ほど、それより安い時もよくあります。

そんな中で朝から晩まで、時には夜勤で高齢者の介護をし続けます。

介護される方々の中には全く自分で何もできない方も多く、お風呂からトイレ、ご飯などその全てを介護士が一緒に付いてあげなければいけません。

実の親や子どもでさえ介護に疲れ果てて自殺してしまったり逃げ出してしまうほど過酷な介護。

お金をもらっていると言っても、精神的・体力的にきついことには変わりありません。

介護福祉士は勤める施設によっても待遇が結構変わりますので、一概にこれがダメだという風には言えません。

しかし、その労働力と給料は確実に見合っていないと言えるでしょう。

1位 飲食店の正社員

いよいよ大変な仕事ランキング1位ですが、意外なことに「飲食店の正社員」という結果になりました。

飲食店の正社員が大変だというのは割と周知の事実ですが、大変な仕事ランキング1位になるほどしんどい職業なのでしょうか?

飲食店はわりと仕事仲間と楽しむ時間もあったりお喋りすることも多いように見えるので、大変だと言っても何がそこまで大変なのかが分かりづらいです。

見た目にはとても楽しそうに見えるからこそ、裏の辛さがすごいのかもしれません。

大変な理由

飲食店の正社員が大変な理由はなんといってもその拘束時間の長さです。

朝の8時から夜22時まで働くなんてことはザラにありますし、社員となると忙しい時は休憩すら取れないこともあります。

加えて一緒に働く人たちがアルバイトだったりすると、シフトの急な変更や突然来なくなるなんてこともよくあることです。

そうなると、その穴を埋めるのは社員しかいません。

休みが急に出勤になったり、忙しすぎて呼び出されるなんてこともあります。

その分給料は割としっかりもらえるところも多いですが、プライベートの時間がほぼ取れないため、独身か離婚してしまう人も多いようです。

やはり、なによりも労働時間が長いということは人によって相当なストレスとなるようですね。

世界の変わった大変な仕事

日本には大変な仕事がたくさんあります。

職種によってその大変さは異なるものの、仕事によってそれぞれしんどいことは必ずあります。

日本のしんどい仕事ランキング1位の飲食店正社員に限らず、同じぐらい大変な仕事は知らないだけでたくさんあるのです。

さて、日本以外の仕事はどうなのでしょうか?世界を見ると、聞いたこともないような珍しい仕事がたくさんあります。

その中でも大変だと言われているものを4つご紹介致します。

ベーリング海の蟹漁

ベーリング海の蟹漁というのを聞いたことはありますか?おそらく多くの人が聞いたことがない仕事かもしれません。

世界中には様々な危険極まりない仕事があふれていますが、中でもこのベーリング海の蟹漁は水中の仕事としては最も大変なものの一つとして知られているのです。

何が過酷かというと、漁をする環境の過酷さが異常なのだとか。

最高の蟹がたくさん採れることで有名なベーリング海は、冬のシーズンの間とてつもない寒さに見舞われます。

マイナスの銀世界の中強風と高波にさらされながら蟹漁に励むのはとんでもないことなのです。

下水道ダイバー

下水道ダイバーもかなり過酷な仕事として知られています。

過酷というよりも、世界で最悪の仕事と呼ばれるほどその仕事環境は壮絶なものです。

下水道ダイバーは、その名の通り下水道の中をヘルメットと専用のスーツを身に付けて泳ぎ回るという仕事です。

何をしているかというと、パイプの中の掃除や壊れた部分の修理などを担っているのです。

下水道は普段手でも触りたくないような場所です。

そこに体を沈めて作業をするのですから、どれほど大変かは想像できますね。

ワニ調教師

世界で大変な仕事と言えば猛獣使いなる人もそうでしょう。

特に、ワニの調教師というのは常に死との隣り合わせだと言っても過言ではないほど危険な職業です。

ワニが調教師を襲った例は少なくなく、誰もワニを完璧に飼いならすことはできないと言われています。

それでもショーのためや人間の安全のためにはワニの調教師が必要となってきます。

調教師は毎回ショーの前に祈りをささげて無事終わらすことができるよう願っているのだそうです。

致命傷にならなくとも多くのケガを余儀なくされるワニの調教師、危険度で言うと世界トップレベルの職業と言えるでしょう。

バッキンガム宮殿の護衛

最後はイギリスのバッキンガム宮殿の護衛という仕事です。

バッキンガム宮殿の護衛は、黒い毛皮の帽子に赤い制服でおなじみのあの護衛です。

頭一つ動かさずじっと立って止まっている様子は世にも珍しく、今や有名な観光スポットとして知られています。

しかし、ずっと何時間も動かずに直立不動でいるというのはかなり体力のいることです。

また、体力だけではなく、専門的なトレーニングも必要となってきます。

彼らは護衛という仕事に集中しなければいけませんが、多くの観光客が興味本位で彼らを動かそうと試してきます。

中には子どもも多く、そうした相手に向かって銃を向けて威嚇しなければいけないというのも、なかなか心の痛むものでしょう。

バッキンガム宮殿の護衛はいろんな意味で大変な仕事なのかもしれません。

最後に

世の中にはいろんな仕事があり、どんな仕事にもそれぞれしんどいことや大変なこと、そしてやりがいや楽しいことがあります。

どちらの面を見るかは自分次第であり、自分にとって大変かどうかは人によっても様々です。

自分がどんな仕事に就きたいか考えた時は、良い面だけでなく大変だと言われる理由も一緒に考えてみると良いでしょう。

自分の人生は自分で決めるものです。

納得のいく仕事に就いて素敵な毎日を送ってくださいね!