世界には自分が聞いたこともないような仕事がたくさんあります。

名前を聞いただけでは何の仕事か想像がつかないような仕事も多いです。

そして、広い世界の中の小さな日本、そこにも多くの仕事があっていろんな人がそれらの仕事についているからこそ経済が回っています。

さて、日本はとんでもない残業時間で過労死したというニュースがここ数年かなり多くなってしまいました。

日本人は他の国よりも長い時間ずっと働き続けなければいけないという文化があります。

それゆえ、自殺や過労死が後を絶たないのです。

そんな大変な仕事がたくさんあるのですが、特にどんな職業が大変な仕事なのかはご存知でしょうか?

実はニュースはたくさん見るけど、その内容は全然知らないという人もかなり多いはずです。

今日は、この大変な仕事についてご紹介していきたいと思います。

大変だと言われる仕事の特徴、そして大変な仕事ランキングを順にみていきましょう。

これから就職するという人は、是非参考にしてみてくださいね。

大変な仕事とは

大変な仕事とはどのような仕事のことを言うのでしょうか?

しんどい、帰れない、人間関係が悪いなど、考えられる要素はたくさんありますね。

その中でも、人間に確実に負担をかけるであろう要素をいくつかご紹介していきます。

あなたの仕事がこれに当てはまれば、きっ今大変な思いをして働いているのでしょう。

その感情は間違っていません。

安心して「大変だ」ということを口にして、少しでも楽になれるように自分でコントロールしていきましょう。

労働時間が長い


大変な仕事の特徴、それは労働時間が長いということです。

もう定番の話ですね。

労働時間の長さはそれだけで体に相当な負担をかけますし、ずっと仕事に縛られているという精神的な苦痛も大きいです。

意外なことに、労働時間が長くて大変だと感じるのは、体力的にというよりも自分のプライベートの時間が全然取れずにしんどくなってしまうということの方が多いようです。

仕事の時間が長すぎると、だんだん自分が何のためにこんなに頑張っているのか分からなくなってしまうのです。

労働時間が長くても楽しく幸せそうに働いている人もいます。

それはきっと、自分の趣味と仕事が一緒になっていてプライベートも充実しているからこそ、長い労働時間でも頑張ることが出来るのでしょう。

体力がいる

シンプルに体力が必要な仕事も大変です。

どんな仕事でも、一定期間集中しないといけないという点ではある程度の体力は必要になってきます。

しかし、本当に大変な仕事と呼ばれるのは本当に体を壊してしまうほど体力がいるのです。

職種にもよりますが、例えば配送業者や引っ越し業者なんかは重たい荷物を一日中持ち上げたり運んだりしなければいけません。

そんなことをずっとやっていると、腰が悪くなったり血が足りなくなってしまうこともあります。

または、ずっと外回りが義務付けられていて、しかも車ではなく歩きの営業という場合。

そんなときも、よほどの体力がなければ毎日毎日続けることは難しくなってきます。

体力がいる仕事は、そのしんどさゆえ体だけでなく精神的にもやられていってしまうのが特徴。

体が大変なだけだとなめてかかると、酷い目にあってしまうかもしれませんね。

仕事内容に比べて給料が安い

大変な仕事の中でも、仕事内容に比べて給料が安いというのはなかなか辛いものですよね。

毎日どれだけ必死に仕事をしたとしても、給料が全然もらえないとなると精神的にも疲労してしまいます。

特にこの手の仕事は残業代が出ない会社に多いです。

入社前は残業代が出ると言っていたのに、いざ入ってみるとみなし残業代のみでほぼただ働き状態だという場合。

こういう会社に限って、早く帰宅する人間は悪だという考えが浸透していることが多く、社員は自動的にただで残業を強いられてしまうのです。

働きに給料が見合っていないというのは、どんな仕事でも起こりうることです。

一方で、これが人に与えるストレスはかなりのもの。

これも大変だと言われる特徴の一つですね。

ストレスが溜まりやすい


大変な仕事には様々なパターンがありますが、ストレスが溜まりやすい職場というのもかなり大変なようです。

仕事は毎日ほとんどの時間を過ごす場所であり、自分の生活の中心となる人が多いですよね。

そんな自分の基盤となる生活圏がストレスの溜まりやすい場所だとしたら、相当しんどい思いをすることになります。

ストレスが溜まるのには人それぞれ理由が違いますが、多くの人に共通するのは人間関係のもつれでしょう。

仲の悪い人たちがいて社内の空気が悪かったり、お局がずっとぐちぐち非難してきたりすれば、いくら心が強い人でも知らないうちにストレスを溜めてしまうはずです。

こうした人間関係が原因でストレスが溜まりやすい職場では、変に感情移入せずに常に他人事だと思って無視できるような心持ちが必要なのかもしれません。

ハラスメントがある

職場で何らかのハラスメントがあると、イライラしたり心が乱れてしまってストレスが溜まっていきます。

今テレビではハラスメントについて問題視されているようなニュースがたびたび流れていますが、実際のところ改善している会社や職場というのは少ないのが現実です。

ハラスメントといえば大きな問題のようですが、実際の加害者は何でもない日常のちょっとしたことぐらいの意識しかないのです。

つまり、ハラスメントだと気付いていないということです。

そのため、改善されることがなかなかないのです。

仕事でよくあるハラスメントはセクシュアルハラスメントとパワーハラスメントの2つです。

「セクハラ」「パワハラ」と言われることが多く、どちらも頻繁に起きているものです。

最近ではセクハラに対する意識が変わってきたため、会社自体が気を配るようになったので前よりは減ってきているようです。

一方で、パワハラは最近言われ始めた言葉であり、一昔前の「体育会系」を経験した人たちが、同じことを部下にさせようとしてパワハラになるというのが定番の流れです。

どちらにしろ、ハラスメントを受ける側からすればストレス以外の何物でもありません。

ハラスメントが注目されている今こそ、これらから身を守るチャンスもあるということでしょう。

人の入れ替わりが激しい

大変な仕事かどうか一番分かりやすい特徴、それは人の入れ替わりが激しいということです。

人が入っては辞めて、また入ってはすぐに辞めるということを繰り返している職場は、確実に何か原因があります。

何らかの理由で大変だと感じた人々が、見切りをつけて辞めていくのです。

すぐに辞めよう!と思って仕事に就く人はいません。

みんな安定した職や給料を求めて仕事に就くのです。

それなのにすぐに辞めてしまうということは、安定を捨ててまで逃げたい職場だということです。

求人広告を見てみると、常に人を募集している仕事がたくさんあります。

毎回求人を載せていたり、大勢を応募しているような求人は、それほど人が辞めてしまう仕事である場合が多いです。

人が辞めてしまうということは、それほどしんどいということですよね。

もしずっと身を置く職場を探しているのなら、こうしたところは避けた方がいいのかもしれません。

危険

もちろん、危険な仕事も大変だと言われる仕事の一つです。

危険な仕事とは、つまり完全に安全ではないということです。

これはとび職と言われるいわゆる土木工事系の仕事や建設業なんかが代表的です。

不安定な足場に相当な力作業は当たり前、炎天下の中での作業もありいくつもの危険と隣り合わせの職業なのです。

また、建設作業をしている場所なんかはクレーンを使っています。

鉄筋の柱やその他人間一人では持ち上げられないような重たい器具がたくさん動かされています。

それらが落ちてこないという保証もなく、常に危険にさらされているような仕事なのです。

このように危険が伴う仕事は、それなりに給料も高いことで有名です。

仕事に見合ったお金はもらうことが出来ますが、身を危険にさらすことができるかどうかを考えてからこういった仕事に就くことを決めた方が良いでしょう。

大変な仕事ランキング9を紹介

大変だと言われる仕事の多くは、その仕事を経験した人以外の噂で合ったり印象で合ったりすることがあります。

もちろんその印象は大まか間違いではなく、人が大変だという仕事には何らかの原因があるのです。

しかし、中にはあまり大変だという印象が無い仕事も実はかなり骨のいる職業だったりします。

ストレスがたまる、体力的にきつい、給料がしっかりもらえないなど大変だと言える仕事の特徴はたくさんありますが、詳しい職種というのは知らない人も多いはず。

そこで、ここからは様々な理由から大変だと言われる仕事の種類をご紹介していきたいと思います。

聞いたことのあるような定番のものから、「え、そうだったの?」という意外な仕事まで、詳しくご説明していきます。

もしこの中であなたがなりたい職業が見つかれば、その目標をもう一度しっかりと考え直す必要があるかもしれません。

9位 不動産の営業

大変な仕事ランキング9位は「不動産の営業」です。

不動産の営業とは、主に家を売ったり土地を売ったり、中にはモデルルームの管理やイベント開催など意外と色々な仕事がある職業です。

しかしメインはもちろん家の売買、ときには飛び込み営業をかけることだって少なくはありません。

さて、ここまでは割と普通の営業と変わらないように聞こえますが、どんなところが大変なのか詳しく見ていきましょう。

大変な理由

不動産の営業は一般的にとても大変だと言われています。

その理由の一つが、「ノルマの厳しさ」です。

不動産会社の営業担当には非常に厳しいノルマが毎期ごとに課せられます。

どんな営業でもノルマはあるものですが、特に不動産業界では数字がすべて、売れた件数と利益によってのみ社員の評価が決まるというのは当たり前の世界なのです。

また、不動産の営業は拘束時間がとても長いのでも有名です。

終電に間に合わなかったり、始発で出勤するなんて人も珍しくないほど。

特に引っ越しの繁忙期がくると稼働時間はもっと長くなり、プライベートの時間が全く取れなくなってしまうこともしばしば。

給料はインセンティブがしっかりしている会社も多いため申し分ないですが、こうしたノルマや労働時間が大変だと言われる理由なのです。

8位 歩合制の保険営業

大変な仕事ランキング8位は「歩合制の保険営業」です。

歩合制というのは、自分が達成した分だけお給料がもらえるという一見素敵な制度です。

もちろん、よく売る営業からしたらとても魅力的な制度だと言えるでしょう。

しかし、歩合制の保険営業というのはポンポンお金がもらえるような楽な仕事ではありません。

大変な理由

歩合制の保険営業がきついのは、まずなかなか契約が取れないということです。

ある程度基本給がもらえるなら安定した職と言えますが、完全歩合制であれば給料も不安定。

その時期や自分の担当するエリアによっては全く契約が取れないなんてこともよくあります。

契約が取れなければ問答無用で給料はゼロ。

そんな不安定な仕事はギャンブルよりも恐ろしいですね。

そして、多くの保険会社は経費をかなりケチっているというのも事実です。

営業がお客さんのもとへ行く交通費や手土産、その他食事代などは全て自腹だという人が多いのです。

これは、歩合制でかなり腕のいい営業マンであれば年収1000万も当たり前だという保険会社だからこそできることです。

ようは、お金が欲しければ自分で稼げというのが保険会社の方針なのです。

シビアな世界ですね。

7位 美容師

大変な仕事ランキング7位は、憧れる人も多い「美容師」です。

美容師という職業はキラキラしていて男女ともになりたい職業ランキングにも入るような素敵な仕事です。

しかし、そんな綺麗な見た目とは裏腹に、実際はかなり大変な仕事であるという悪評も高いのがこの職業。

夢を持って美容師になった人がどうしてやめていってしまうのでしょうか?

大変な理由

美容師という仕事は、まずその外見と中身のギャップが大きいという部分があります。

人と話して素敵な髪形にして喜んで帰ってもらう、そんな見た目とは裏腹に、給料は低く休みも極端に少ない、そして見習いの間はシャンプーや床の掃き掃除だけというなんとも地味な仕事が多いのです。

休みを取れてもカットの練習や先輩との飲み会なんかに時間が取られてしまってなかなか自分のプライベートな時間を取れません。

美容師に必要な道具なんかはかなり高価なものも多いのですが、手取りは20万以下が普通という世界。

なかなか続けていくのには根気がいるのです。

また、上下関係も厳しいのが美容師という職業。

先輩への気配りをしながらお客さんとも上手くやっていかなければならないという二重の人間関係に疲れてしまう人も多いようですね。