CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ラインの返信が遅い男性の8個の心理と対処法!「何考えてるかわからない…」と思ったら!


皆さんの男友達や、彼氏、もしくはご主人のLINEの返信が遅いと悩んでいる人いませんか?

いろいろな人がいるので一概には言えませんが、基本的に女性の方がそのようなコミュニケーションツールを好む傾向にあります。

男性は何か目的があってそのようなツールを使うことが多いです。

ですので、男性は用事があるときはそのようなLINEなどのコミュニケーションツールを使います。

用事もなくなんとなくSNSをやってみようと考える人はそんなに多くはありません。

もちろん、そのようなものが好きな男性もいますが、今流行の「インスタ映え」などというのも基本的に女性の方が好んでいる人が多い傾向にあります。

ですので、男性のLINEの返信が遅いのは結構あるあるなのではないのでしょうか?

かく言う著者も、妻との連絡ツールとして使っているところもあります。

そして、セミナーの情報などもLINEのコミュニケーションツールを使っているところがあるので、そのような明確な目的を持って使っていることが多いですね。

と言う事は、裏を返せば男性に何か目的を与えるとLINEの返信が早くなることもあるかもしれません。

そこで、今回はLINEの返信が遅い男性の心理的なことや、どのようにしたら早く返してもらえるかを考えていきましょう。

ラインの返信が遅い男性の8個の心理

一口にLINEの返信が遅いといってもいろいろな原因があります。

時間的に自由がなくて返信しにくいのもあるかもしれませんし、そもそもそのようなものが苦手なのかもしれません。

もしくは、文字とのやりとりなので丁寧にしたいと言う思いから色々と考えて遅くなることもあります。

このように、いろいろな原因がありますので、その件に合わせて色々と対策をしていけばもしかしたらそのLINEの返信が遅い男性ともスムーズににコミュニケーションが取れるかもしれません。

では一つ一つ見ていきましょう。

1.忙しい

基本的に、男性は非正規雇用の方でない限りは、女性のような一般職のような仕事はそこまで多くはありません。

たいていは、ホワイトカラーの仕事であれば総合職のような仕事をしています。

もちろんブルーカラーの方であっても、男性であれば一家を養うことが前提ですので、それなりに責任のある仕事を任されていることが多いです。

そして、仕事で大半を使ってしまうと、後は日常生活のことに時間を割くことになっていき、最近の男性もなかなか忙しいです。

それは社会進出が進んだ女性も同じことが言えるのではないのでしょうか?

総合職の女性であれば、そのような忙しさを体験することになりますし、一般職の女性であっても男性の仕事ぶりを目の前で見る事はあるでしょう。

仕事でも残業が多い仕事だと、本当に忙しくLINEの返信も難しいのではないかと思うほどに忙しい人も多いです。

予定が立て込んでいてすぐに返事できない

そのような仕事の予定をの合間を縫って予定が立て込んでいるとなかなか返事ができないところもあります。

女性は「ちょっと返事をすればいいだけ」と思ってしまうかもしれません。

ですが、男性はそこまでコミュニケーション能力が高くない人も多く、慎重に返事をしないと、女性の気分を害してしまうのではないかと思うところがあります。

もちろん、そのようなことが苦手ではない男性もいるので一概には言えませんが、やはりそれなりにじっくりと考えないとうまくいかなそうであれば必然的にLINEの返事が遅れます。

色々と予定が立て込んでいるとその予定に優先順4つけなくてはいけません。

その優先順位が高いものが多ければ多いほどに、LINEの返事が遅れてしまいます。

2.返信の内容に迷っている


あとありがちなのは返信の内容をどうしようかと迷っているからLINEの返事が遅い事はあります。

やはり、どのように返事をしたら良いのか迷うシチュエーションは結構あります。

それは何故かと言うとやはり文字だけのやりとりですので、「本当はこの人は何が言いたいのだろう?」と言うのをじっくりと考える必要があるのです。

多くの人が人と対応するときに相手の声色や顔色などいろいろなものを見て多角的に「本当はこの人は何が言いたいのだろう?」ということを判断しています。

最近発達障害傾向にある人のことも勉強するようになってきたからこそ思うのですが、大体の定型発達の人は、無意識のうちにそのように人の表情などを見て本当の真意などを判断する能力が備わっています。

ですが、たとえそのような定型発達の人であっても、文字だけのやりとりだと、そのような判断材料が奪われるので、本当にこのような返信をしてもいいのかなとじっくりと考える必要が出てくるのです。

著者は、そのような能力が結構ある方だと思っていますが、やはり文字だけのやりとりになりますと、そのような非言語コミュニケーションがかなりのウェイト占めているのだと気づかされることもあります。

なんと返信していいかわからず、考え込んでいる

先ほども触れたように、基本的に文字だけのやりとりになると、なんと返信していいかをじっくりと考える必要があります。

会話は基本的に生き物です。

普通の会話でももちろんそうなのですが、LINEの会話においても、一度発言をしてしまうとその発言を撤回する事はできません。

もうその人の目に触れた段階で、その言葉を取り下げることができないのです。

ですので、じっくりと考える必要があり、すぐには返信できない事態が起きます。

よくLINEを使っていると、既読がついているのに全く返信がない状態になったこともあるでしょう。

やはり、そのようなことがあると、「なんだか悪いことを言ってしまったのでは?」と焦ってしまうこともあるかもしれませんね。

ですが、案外そのようになんと返信していいかわからなくて考え込んでいるだけと言うこともあります。

ページトップ