CoCoSiA(ココシア)

見返りを求める人の15個の心理的特徴と改善方法


みなさんの周りにも、露骨に見返りを求めてくる人はいませんか?見返りを求められるというのは単純な善意の言動ではないため、求められた人は嫌な気持ちになってしまうこともありますよね。そのような人はどうして見返りを求めるのでしょうか?今回は、見返りを求める人の心理的特徴や改善方法をご紹介していきます。デメリットがあることを理解し、見返りを求める自分を改善していきましょう。

見返りを求める人の心理的特徴15個!

では早速、各項目に分けて、見返りを求める人の心理的特徴を15個ご紹介していきます。みなさんの周りの見返りを求めてくる人の言動や行動と照らし合わせてみてください。どういった気持ちで見返りを求めているのか、少し理解が深まるかもしれませんよ。

1.損得勘定で動く


まずは「損得勘定で動く」ということです。見返りを求める人で、必ず共通して言えることが、この損得勘定です。もちろん見返りを求めるということは、どれほどの利益が自分にもたらされるのか、考えて計算して行動しているということですよね。

そんな損得勘定を自分の心の中で行い、より得をする場合に行動するという特徴があります。例えばですが、上司に仕事を頼まれた場合と後輩に仕事を助けてもらいたいと頼まれた場合で比較してみましょう。

まず最初に上司ですが、もちろんこれは得がありますよね?上司ということは、自分の仕事の評価をして上に報告してくれる存在です。普段の仕事の内容の報告から、自分が昇進できるかかかっているのは、上司の評価と報告によるといっても過言ではありません。

その上司に頼まれた仕事を率先して動いておけば、出世、上司からの評価など得をする部分が多いのは一目瞭然です。しかし、一方後輩に仕事を助けてくれと頼まれた場合ではどうでしょうか?

後輩といえば、自分が仕事を手伝って万が一ミスをすれば、先輩の自分の責任になります。そうなれば、自分の評価まで下がってしまうかもしれません。

強いていうならば、社内の評判が上がったり、後輩からの印象が良くなるぐらいでしょう。そのため、損得勘定で動く人は上司の指示には素直に従い、後輩のお願いは聞かないという人が多いでしょう。見返りを求める人はこういった損得勘定を常に行っており、その考えに基づいて行動していると言えます。

【損得で物事を考える人はこんな特徴があります!こちらの記事もチェック!】

2.ケチ


続いては「ケチ」ということです。貯金をしたり、万が一の自体に備えているということであれば、このケチというのは一概には悪いとは言えませんよね。

しかし、行き過ぎた行動は周囲から嫌われてしまったり、迷惑をかけてしまったりします。見返りを求める人の特徴として、ケチな人が多いという傾向にあります。

先ほど、共通して言えることで損得勘定で動くと紹介しましたが、まさにこれですね。自分が損することでは絶対に動かないという傾向にあります。

逆に言うと、損することで動かないことによってケチと判断されると言ってもいいかもしれません。

例を挙げるのであれば、同僚と飲みにいった時は、1円単位で割り勘、しかし接待の場合は大判振る舞いなど極端な部分が目立つようです。見返りを求める人の特徴として言えることは、ケチなことはケチですが、どのような場面でもケチとは限らず、それを上手く使いわけているという特徴もあります。ケチな考え方を改めるだけで、見返りを求める気持ちもなくなるかもしれませんね。

3.助ける人を選ぶ

続いては「助ける人を選ぶ」ということです。これは、見返りを求める人にとって最も嫌われる行動の一つですね。本来助けを求めている人に限らず、自分が助けられる状況であれば、出来れば助けてあげたいものです。しかし、見返りを求める人はそうではないんです。

例を挙げると、上司が仕事が回らなくて困っている時は、率先して仕事を引き受けなんとかしてその状況を回避し、それが自分のおかげだということを全力でアピールすることでしょう。しかし、新入社員が仕事が終わらず帰れない状況を目の当たりにしても、知らん顔をしてそのまま帰ってしまうでしょう。

こういった損得勘定から、見返りを求めて自分に利益がある場合のみ、人を助けるという行動を始めて起こすようです。しかし、そんなことをしていては周囲からは丸わかりですよね。誰に対しても平等でない人というのは、必ず嫌われてしまいます。

しかも、助けてもらった上司であってもそういった部分は必ず見ていますので、いつか自分に返ってくることでしょう。

4.卑しい


続いては「卑しい」ということです。卑しいと聞いても、ちゃんとした意味がピンとこない人もいますよね?卑しいとは、がつがつしている、卑怯、下品などの意味が上げられます。

そもそも、人に見返りを露骨に求められる人は、がつがつしているのが目で見てわかりますし、ちょっと下品に感じますよね。これは人間の根本の部分になります。見返りを求める人の多くが、周囲の人からは、がつがつしていて卑しいと思われているということです。

例を挙げるのであれば、「○○をしてくれたら、これをしてあげる」と、必ずお願いに対して条件を提示してくるような人のことですね。本当に大変なことをお願いして、その人にもかなりの負担がかかるようなケースであれば理解できます。

しかし、些細なことまで毎回条件を提示していては、誰もその人に頼みたいと思わなくなりますよね。そういった普段の行動が卑しいと思われ、見返りを求める人の特徴として定着しているようですね。

5.人のせいにする


続いては「人のせいにする」ということです。見返りを求める人の多くは、何事に対してもそうですが、ミスをした場合など人のせいにするということです。これは先ほどの卑しいの中の、卑怯という部分に当てはまってくるでしょう。

例えばですが、よくあるケースで小学校の時に、何人かで教室で遊んでいて教室のガラスを割ってしまったとします。通常であれば、教室でガラスを割るような遊びをしていた全員の責任というのは誰でもわかりますよね?しかし、先生に問い詰められたところ、ガラスを割った張本人だけのせいにしようとしたり、自分は見ていただけなど、なんとかその場を切り抜けようとしてきます。

それは、認めても自分の評価が下がってしまい、損をすると考えているからなんですね。しかし、友人からの評価を下げてしまっているということには、気づいていないのでしょう。そういった同じ立場の人間の気持ちを理解できず、人のせいにしてしまう人の多くは、見返りを求める人が多いという傾向にあるようです。

6.承認欲求


続いては「承認欲求」が強いということです。承認欲求とは、他人から認められたいという欲求であったり、自分自身が自分を認め、今の現状に満足しているかという、基準のことをいいます。

先ほどからの心理的特徴でも出てきていますが、見返りを求める人の特徴として、他人からの評価は得たいけれど、他人の評価は関係ないという考え方があります。そういった部分が顕著に現れているのが、承認欲求と言えます。

これは、他人から見返りをもらうことによって、その見返りの分だけ自分が認められている、自分自身が良い状況にいると判断することから強くなる傾向にあります。もちろん、この承認欲求というのは、強くなればなるほど他人からは嫌われてしまうものです。

認められたいからこれをする、自分をもっと良い状況にしたいからこれをすると考えていては、これ自体が見返りを求めることに繋がってしまいますからね。みなさんの周りにも、承認欲求が強い人というのは、何かしら見返りを求めてきませんか?思い返してみれば、きっと当てはまる部分があるはずですよ。

7.自信のなさの表れ


続いては「自信のなさの表れ」ということです。見返りを求める人は、なんで見返りを求めるんだろう?と根本的な部分を考えてみた時、まず一つはケチなど損得勘定の部分が挙げられると思います。

それとは別に、自信のなさの表れから見返りを求めるとも言われています。自信のなさから見返りを求めている人の特徴として、その見返りをもらったことにより、こんなに自分は認められている、それだけの価値がある行動をしたと、目に見える結果が欲しいんですね。

もちろん、自分に自信がある人であれば、そんなことはまず考えないでしょう。結果が見えずとも、自分のしていることが正しいとちゃんと理解できている人であれば、結果はおのずとついてくるものです。

しかし、その自信のなさの表れから、見返りを求めていては、現状は良くても必ずどこかでも見返りをもらえなくなってしまう時がきます。そういった時に、自信を得るために見返りを求めていた人は、今度はどうやって自信を得ていくんでしょうか?不器用な生き方に見えますよね。

8.協調性がない


続いては「協調性がない」ということです。

これも見返りを求める人の特徴で、極端に協調性がない人が多いです。これは、見返りを求める行動や発言をしないといけないが為に、協調性を持てなくなっているのでしょう。

例えばですが、見返りを求める人の特徴で損得勘定というのがあったと思います。しかし、毎度毎度損得勘定で動いていては、団体行動が出来ない時って必ず出てきますよね?