みなさん、普段している行動や言動など何を考えてしていますか?

そう漠然と聞かれても回答するのは難しいですよね。

普段の何気ない行動や言動ですが、常に見返るを求めている人がいるのはご存知ですか?

今回はそんな「見返り」という言葉にスポットを当てて、見返りを求める人の心理的特徴をご紹介していきたいと思います。

見返りを求める人、周りにいませんか?

みなさんの周りにも、露骨に見返りを求めてくる人っていませんか?

素直に見返りを求めてくる人もいますが、意外と周到にわからないように求めてきている人もいるものです。

見返りを求められるというのは、単純な善意の行動や発言ではないことから、求められた人は少し嫌な気持ちになってしまうこともありますよね。

そんな見返りを求める人は、どうして見返りを求めるのでしょうか?

ここからの項目では、見返りを求める人の特徴や心理的な部分を分析してご紹介していこうと思います。

見返りを求める人の心理的特徴15個!

先ほどもご紹介しましたが、見返りを求める人というのは、共通している部分がいくつかあります。

それは行動であったり言動であったり様々な部分が共通しています。

そこで、行動や言動も大事ですが、心理的な部分がわかれば、どうしてそういった行動や言動から見返りを求めているのか、共通して知ることができます。

各項目に分けて、見返りを求める人の心理的特徴を15個ご紹介していきます。

みなさんの周りの、見返りを求めてくる人の言動や行動と照らし合わせてみてください。

どういった気持ちで見返りを求めているのか、少し理解が深まるかもしれませんよ。

損得勘定で動く

まずは「損得勘定で動く」ということです。

見返りを求める人で、必ず共通して言えることが、この損得勘定です。

もちろん見返りを求めるということは、どれほどの利益が自分にもたらされるのか、考えて計算して行動しているということですよね?

そんな損得勘定を自分の心の中で行い、より得をする場合に行動するという特徴があります。

例えばですが、上司に仕事を頼まれた場合と後輩に仕事を助けてもらいたいと頼まれた場合で比較してみましょう。

まず最初に上司ですが、もちろんこれは得がありますよね?

上司ということは、自分の仕事の評価をしてより上に報告してくれる存在です。

普段の仕事の内容の報告から、自分が昇進できるかかかっているのは、上司の評価と報告によるといっても過言ではありません。

その上司に頼まれた仕事を率先して動いておけば、出世、上司からの評価など得をする部分が多いのは一目瞭然です。

しかし、一方後輩に仕事を助けてくれと頼まれた場合ではどうでしょうか?

後輩といえば、自分が仕事を手伝って万が一ミスをすれば、先輩の自分の責任になる、

自分の評価まで下がってしまうといいことは考えられませんよね?

強いていうならば、社内の評判が上がったり、後輩からの印象が良くなるぐらいでしょう。

こういった損得勘定を常に行っており、その考えに基づいて行動しているのが、見返りを求める人の特徴の一つと言えます。

ケチ

続いては「ケチ」ということです。

貯金をしたり、万が一の自体に備えているということであれば、このケチというのは一概には悪いとは言えませんよね。

しかし、行き過ぎた行動は周囲から嫌われてしまったり、迷惑をかけてしまったりします。

見返りを求める人の特徴として、ケチな人が多いという傾向にあります。

先ほど、共通して言えることで損得勘定で動くと紹介しましたが、まさにこれですね。

自分が損することでは絶対に動かないという傾向にあります。

逆に言うと、損することで動かないことによってケチと判断されると言ってもいいかもしれません。

例を挙げるのであれば、同僚と飲みにいった時は、1円単位で割り勘、しかし接待の場合は大判振る舞いなど極端な部分が目立つようです。

見返りを求める人の特徴として言えることは、ケチなことはケチですが、どのような場面でもケチとは限らず、それを上手く使いわけているという特徴もあります。

助ける人を選ぶ

続いては「助ける人を選ぶ」ということです。

これは、見返りを求める人にとって最も嫌われる行動の一つですね。

本来助けを求めている人に限らず、自分が助けられる状況であれば、出来れば助けてあげたいものです。

しかし、見返りを求める人はそうではないんです。

例を挙げると、上司が仕事が回らなくて困っている時は、率先して仕事を引き受けなんとかしてその状況を回避し、それが自分のおかげだということを全力でアピールすることでしょう。

しかし、新入社員が仕事が終わらず帰れない状況を目の当たりにしても、知らん顔をしてそのまま帰ってしまうことでしょう。

こういった損得勘定から、見返りを求めて自分に利益がある場合のみ、人を助けるという行動を始めて起こすようです。

しかし、そんなことをしていては周囲からは丸わかりですよね。

誰に対しても平等でない人というのは、必ず嫌われてしまいます。

しかも、助けてもらった上司であってもそういった部分は必ず見ていますので、いつか自分に返ってくることでしょう。

卑しい

続いては「卑しい」ということです。

卑しいと聞いても、ちゃんとした意味がピンとこない人もいますよね?

卑しいとは、がつがつしている、卑怯、下品などの意味が上げられます。

そもそも、人に見返りを露骨に求められる人って、がつがつしているのが、目で見てわかりますし、ちょっと下品に感じますよね。

これは人間の根本の部分になりますが、見返りを求める人の多くが、

周囲の人からは、がつがつしていて卑しいと思われているということです。

例を挙げるのであれば、○○をしてくれたら、これをしてあげると、必ずお願いに対して条件を提示してくるような人のことですね。

本当に大変なことをお願いして、その人にもかなりの負担がかかるようなケースであれば理解できますが、

些細なことまで毎回条件を提示していては誰もその人に頼みたいと思わなくなりますよね?

そういった普段の行動が卑しいと思われ、見返りを求める人の特徴として定着しているようですね。

人のせいにする

続いては「人のせいにする」ということです。

見返りを求める人の多くは、何事に対してもそうですが、ミスをした場合など人のせいにするということです。

これは先ほどの卑しいの中の、卑怯という部分に当てはまってくるでしょう。

例えばですが、よくあるケースで小学校の時に、何人かで教室で遊んでいて教室のガラスを割ってしまったとします。

通常であれば、教室でガラスを割るような遊びをしていた全員の責任というのは誰でもわかりますよね?

しかし、見返りを求める人の特徴の人のせいにするという部分では、そうではないんです。

先生に問い詰められたところ、ガラスを割った張本人だけのせいにしようとしたり、

自分は見ていただけなど、なんとかその場を切り抜けようとしてきます。

それは、認めても自分の評価が下がってしまい、損をすると考えているからなんですね。

しかし、友人からの評価を下げてしまっているということには、気づいていないのでしょう。

そういった同じ立場の人間の気持ちを理解できず、人のせいにしてしまう人間の多くは、見返りを求める人が多いという傾向にあるようです。

承認欲求

続いては「承認欲求」が強いということです。

承認欲求とは、他人から認められたいという欲求であったり、自分自身が自分を認め、今の現状に満足しているかという、基準のことをいいます。

先ほどからの心理的特徴でも出てきていますが、見返りを求める人の特徴として、

他人からの評価は得たいけれど、他人の評価は関係ないという考え方がありますよね?

そういった部分が顕著に現れているのが、承認欲求と言えます。

これは、他人から見返りをもらうことによって、その見返りの分だけ自分が認められている、自分自身が良い状況にいると判断することから強くなる傾向にあります。

もちろん、この承認欲求というのは、強くなればなるほど他人からは嫌われてしまうものです。

認められたいからこれをする、自分をもっと良い状況にしたいからこれをすると考えていては、これ自体が見返りを求めることに繋がってしまいますからね。

みなさんの周りにも、承認欲求が強い人というのは、何かしら見返りを求めてきませんか?

思い返してみれば、きっと当てはまる部分があるはずですよ。

自信のなさの表れ

続いては「自信のなさの表れ」ということです。

見返りを求める人は、なんで見返りを求めるんだろう?と根本的な部分を考えてみた時、

まず一つはケチなど損得勘定の部分が挙げられると思います。

それとは別に、自信のなさの表れから見返りを求めるとも言われています。

自信のなさから見返りを求めている人の特徴として、その見返りをもらったことにより、

こんなに自分は認められている、それだけの価値がある行動をしたと、目に見える結果が欲しいんですね。

もちろん、自分に自信がある人であれば、そんなことはまず考えないでしょう。

結果が見えずとも、自分のしていることが正しいとちゃんと理解できている人であれば、結果はおのずとついてくるものですからね。

しかし、その自信のなさの表れから、見返りを求めていては、現状は良くても必ずどこかでも、見返りをもらえなくなってしまう時がきます。

そういった時に、自信を得るために見返りを求めていた人は、今度はどうやって自信を得ていくんでしょうか?

不器用な生き方に見えますよね。

協調性がない

続いては「協調性がない」ということです。

これも見返りを求める人の特徴で、極端に協調性がない人が多いです。

これは、見返りを求める行動や発言をしないといけないが為に、協調性を持てなくなっているんですね。

例えばですが、見返りを求める人の特徴で損得勘定というのがあったと思います。

しかし、毎度毎度損得勘定で動いていては、団体行動が出来ない時って必ず出てきますよね?

そんな時、通常であれば見返りを諦めて団体行動を選択するんでしょうが、見返りを求める人は、損得勘定の方を優先してしまうんですね。

その選択が協調性のなさとなって表れてくるようです。

学校でも、会社でもそうですが協調性がない人というのは、どうしても浮いてしまうものです。

それに、会社であれば目指している方向はみんな同じはずなので、協調性のなさは致命傷ですね。

それに気づけず、目の前の損得勘定で動き、協調性をなくしてしまっては本末転倒ですが、

それに気づけていないからこそ、見返りを優先してしまうんでしょう。

遠慮を知らない

続いては「遠慮を知らない」ということです。

見返りを求める人の多くは、遠慮という言葉を知りません。

例えばですが、友達の家のお手伝いをしたとして、お礼にお菓子なんか出されることがありますよね?

そういった場合みなさんは出された分、全部食べちゃいますか?

もちろんちょっと遠慮して、少しだけいただいて残りは家族で食べてくださいなど気を遣うものです。

しかし、見返りを求めているだけに、それは全部自分の手柄だと勘違いしてしまうんですね。

いくらでも食べていいからという親切心で言ってくれた言葉をそのまま受け取って、

挙句にはおかわりを要求する人までいるぐらいです。

遠慮をしらないというのは、失礼に値する場面がたくさん出てくるでしょう。

そういった部分に気づけないのも、見返りを求める人の特徴の一つです。

恩着せがましい

続いては「恩着せがましい」ということです。

見返りを求める人の多くは、求めるだけでなく、見返りを得た後も執拗にそのことを話してきたり、話題として持ち出してきたりします。

見返りをもらっただけで十分でしょ、、、と思いそうですが、そうはいきません。

自分が見返りをもらえるだけのことをしてあげたと、スピーカーのように話回る人もいるぐらいです。

これは、自分がこれだけのことをしてあげた!という事実を周囲にも知ってもらい、自分の評価を少しでも上げようとしているんですね。

しかし、もちろんこんな行動を取っていては、逆効果なのはわかりますよね?

恩着せがましい人ほど、鬱陶しいものはありません。

そんな発言ばかりしているようでは、今後誰もお願いしようなんてまず思わないでしょう。

そこが理解できていないのも、見返りを求める人の特徴の一つです。

みなさんも、何気ない気持ちで見返りを求めてくる人にお願いしてしまうと、

自分まで恥ずかしい目にあってしまうかもしれませんので、頼みごとをする相手は慎重に選ぶようにしましょう。

自己評価が高い