CoCoSiA(ココシア)

青田買いをする企業の8個の方法とは?


よくスポーツの強い高校が間にエージェントなどを入れて有力選手を青田買いしているという噂は聞きますが、実は膾炙でも青田買いが行われているのです。

なぜなら、最近の企業は教育という点にあまり力を入れていないのです。

要はイチから教えても相手がしっかりすべて覚えるまでに時間を要してしまうからです。

それよりかは能力の高いの人を雇って、教育の時間を少しでも省きたいと思うのが企業の本音です。

そのため、最近では青田買いが頻繁に行われています。

実は、今あなたが働いている企業でも青田買いが行われている危険性が高いのです。

能力が高い人を求めるのは、企業としては当然のことではと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、確かにそうです。

しかし、これは自分たちが面倒くさいことをしたくないという願望のもとに行われているのです。

つまり、裏を返して言えば、履歴書や面接などだけでは相手のことを見破れなくなってしまったということです。

相手が猫をかぶっているかもしれないことに気づけないのです。

それだけ志願者が優秀になってきたのかと言いますと、そうではありません。

要は、採用する側がしっかり相手を見れなくなったのです。

近年の経済状況などから相手のことまで考えられるなくなってしまったのです。

要は自分のことで精いっぱいなので、相手のことを見る機会がなくなったので、履歴書や面接だけでは見破れなくなってしまったのです。

そのため、優秀な社員のツテなどを利用して青田買いが流行ってしまっているのです。

最近では求人募集を大きく行わず、うちわで行っている企業が多いのです。

このことが進みすぎると、ある意味縁故採用だけの企業が増えてしまうので、悪い言い方をすれば、キャパシティのせまい会社が増えてしまう恐れがあるのです。

ある意味、今は世界を広げないといけないという考えになってきているのに、なぜか日本は逆の方向に進んでしまっているのです。

そこで今回こちらの記事では青田買いに関することの情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、あなたにとってよりよい生活を目指していただきたいと思います。

特に採用する側になっている方ですでに青田買いをされていらっしゃる方がいましたら、ぜひ、参考にしてあなたの会社にとってどこまで青田買いでいけばいいのか考えるきっかけにしてほしいと思います。

青田買いについて賛否両論ありますが、現代ではあまりに活発的になってしまっているので、それが一般人にまでわかるようになってしまっていることが問題なのです。

ある意味、一般人に知れていることで、一般人の方の未来の選択肢を狭まめてしまっているのです。

青田買いの正しい使い方も同時に覚えて頂けたらと思います。

青田買いを始める企業が続出!その方法とは?

青田買いを始める企業が続出していますが、もっとも多いのがインターンです。

学生の時に短くて数週間、長くて半年など期間は様々ですが、スタッフとして会社に勤めて仕事を経験するといったプログラムです。

一昔前は意識の高い学生がするようなものだと思われていましたが、現在では、ほとんどの学生がインターンを行っています。

ある意味、インターンをしない学生が珍しいほどになりました。

企業としても学生のうちにインターンをしていただいて、会社を知っていただくことで、あとで採用をしやすいといった感じになっているので、インターンの受け入れを活発に行っています。

さらにインターン以外では、学生のうちにアルバイトとして雇ってしまうパターンもあります。

要は、企業側も能力の高い学生を早いうちに囲い込んでしまうことをしているのです。

いざ、採用と言うときにあまり時間をかけたくないのでそうやっているのです。

その上はあらかじめ内定を約束させておくことなどです。

最近になって再び、就職活動のルールがなくなったので、以前よりも内定を早く持ってしまう環境が出来上がってしまう危険性があります。

さらにひどいのが縁故採用ですが、いわゆるコネ採用です。

コネを持っていない方には大きく不利になってしまうものですが、実はコネというものは作ることができるのです。

一昔前に、とある出版社が今年度の採用は自社にコネがある人しか採用しないと発表し、多くの学生と学校から非難に立たされましたが、どうしても、そこの出版社に入りたいと考えている学生は、そこの出版社の会社の前に立って、会社から出てくる人に声をかけて友達になっていただけませんか?尋ねるなどしてコネを作ったと言われています。

このようにコネは特殊な人が持つものではないのです。

つまり、青田買いを奥深くまで探っていけば、採用される側も青田買いをうまく利用して、入社したい、働きたいという会社に採用していただける可能性があるのです。

それではまず、青田買いから覚えていきましょう。

青田買いって何?


よく耳にする青田買いですが、もともとの意味はまだ稲が青いうちに収穫量を見越して、米を買い取ることです。

これを企業側の採用に合わせると、学生が卒業する前、しかもかなり早い段階で社員採用の契約を結ぶことです。

つまり、能力の高い人材を早いうちに獲得しておくということです。

採用される学生側からすると、早めに採用されておけば、卒業まで自由に過ごせる時間があると思うので、意外と企業側と学生側の思惑は合致してはいるのです。

しかし、かなり早い段階で人生の選択肢を決めさせていいものなのかと言う問題点もあります。

特に2008年に起きたリーマンショックはそのような問題が顕著になってしまいました。

早めに内定をもらっていた学生側に対していとも簡単に内定切りをしてしまった企業が多く続出したのです。

要は逃げるなよと囲い込んでいた企業側が学生から逃げてしまったのです。