みなさんには“節度をわきまえた行動”が取れている自覚はあるでしょうか?

これを見ている人の中には、「そもそも“節度をわきまえた行動”が何なのか分からない…」とか「“節度がない”って、どういう行動の事を言うの…?」と思っている人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、“節度をわきまえるとはどういう事なのか?”を解説していくと共に、“節度をわきまえるべきシーン”や節度をわきまえるための11個の注意点”、さらに“節度をわきまえない人の特徴”などをご紹介していきたいと思います!

節度をわきまえて行動できていますか?

大人なら特に節度わきまえた行動をマスターしていたいところですが、みなさんはそういった行動がちゃんと取れているでしょうか…?

「そう言われると、自信がない…」という人は要注意!

節度をわきまえられないと、行動した結果損をしてしまったり、周りの人に迷惑を掛けてしまう事もあります。

一方で、「自分が節度をわきまえた行動が取れているか分からない…」という人もいるかもしれませんね。

そんな人も次から説明していく事を見れば、自分が節度ある行動をきちんと取れているか分かるはずです!

節度をわきまえるってどういう意味?

ところで、みなさんは「節度をわきまえる」とはどういう事なのか、正しく説明する事が出来るでしょうか?

「何となくは分かるけど、言葉で説明しろと言われると難しい…」という人も少なくないのでは…?

そこでここからは、「節度をわきまえる」という事について、色々と説明していきたいと思います。

意味を知らない人は、是非チェックしておいて下さいね。

意味

「節度」とは、言動などの振る舞いが度を超さず、行き過ぎのない適当な程度。

あるいは、ほどあい=丁度良い、適度である事です。

例えば、「節度ある言葉使い」は“その場や相手に合わせた言葉遣い”という意味になります。

この場合は丁寧な言葉遣いだったとしても、その場にそぐわなければ「節度がある」とは言えません。

そして「わきまえる」とは、物事や善悪の区別をしたり、人としての道理を道理などを十分に心得る事。

つまり、「節度をわきまえる」の意味は、行き過ぎずに適度な頃合いを心得る事と言えるでしょう。

ちなみに、「節度」という言葉が組み込まれた熟語には「礼節」があり、「礼節」とは文字通り“礼儀”と“節度”を意味し、「礼節を欠く」とか「礼節をたっとぶ」といった感じで使われます。

使い方

繰り返しになりますが、「節度をわきまえる」とは、適当な程度を充分に理解し心得るという意味です。

例としては以下の様な使い方があります。

「祭りを楽しむにも、節度をわきまえなければならない」
「彼女は節度をわきまえた魅力的な女性だった」
「大人らしく、節度をわきまえた行動を取りましょう」
「大事な場なので、節度をわきまえる様心掛ける」
「節度をわきまえて発言して下さい」

それから、「節度をわきまえる」と似た意味で、「節度のある」または「節度ある」という言葉もあります。

これは“行き過ぎない適当な程度”を意味し、「節度のある」を使った例文は以下の通り。

「結婚して節度のある生活を送る様になった」
「節度ある行動は意識しなければ出来ない」

類義語

「節度をわきまえる」の類義語には、以下の様な言葉があります。

「頃合い」(ころあい)

「ちょうど良い時期」とか「ちょうど良い程度」という意味で、「手頃」というニュアンスが含まれる言葉。

「頃合いを見計らう」「頃合いを見て席を立つ」「頃合いの値段の商品を見つけた」といった使い方をします。

「中道」(ちゅうどう)

「道なかば」とか「一方にかたよらない、穏やかで筋が通ったやり方」という意味があり、「行き過ぎない適当な程度」という意味に近いニュアンスを持つ言葉と言えるでしょう。

「中道を旨とする(=偏りのない筋が通ったやり方を第一とする)」といった使い方をします。

「抑制」(よくせい)

「物事が行き過ぎない様に抑え、とどめる事」という意味で、「節度」の「行き過ぎない適当な程度」に近い言葉です。

「食欲を抑制する効果がある」「感情を抑制出来なかった」といった使い方をします。

「規制」(きせい)

「決まりに従って物事を制限する」という意味。

「態度を規制する」「集団行動を規制する」という使い方をします。

節度をわきまえるシーン

生きていれば1度は、節度をわきまえなくてはならない場面に直面する事もあるでしょう。

では、“節度をわきまえるべきシーン”とは具体的にどんな場面なのか…?
次から例をいくつかご紹介していきます!

次の様な場面で自分が普段どの様な行動を取っているか、みなさんも振り返ってみて下さい。

ビジネスの交渉で


営業先での商談の駆け引きなど、ビジネスにおいて交渉事はつきものです。

そんなビジネス交渉も節度のある態度で臨まないと、相手の信頼を勝ち取れず交渉が成功する確率も下がってしまいます。

例えば、言葉遣いがなっていなかったり不遜な態度で応じるのはもちろん、しつこい値引き交渉や無茶な要求をするのも、「節度をわきまえている」とは言えません。

ビジネス交渉で印象が悪くする様な態度を取ったり、相手に違和感を与えてしまう言動は失敗の元…。

交渉成功のカギは、話を聞いて貰いこちらの要求を飲んで貰う事なので、その為にも節度をわきまえた態度で話を進めていく必要があるのです。

生活の中で

普段の生活の中でも節度をわきまえないと、損をしてしまう恐れがあります。

「生活の中で節度をわきまえる」とは、人生のバランスを取るという事。

具体的には、仕事・遊び・運動・休息をバランス良く行うという話です。

例えば、いつも遊んでいるとか、勉強ばかりしているといった状態は、バランスが偏っているので「節度をわきまえた生活」とは言えませんし、仕事ばかりして休息を取らなければ、体調を崩したり病気になってしまう恐れもあるでしょう。

その都度必要な事を実践し、多過ぎず少な過ぎず、自分にとって丁度良い程度に抑える事で、バランスの取れた生活を送る事が出来るはずです。

飲み会の場で


飲み会の場でも節度をわきまえた行動が求められます。

学生の飲み会ならまだしも、社会人の飲み会は上司や同僚とコミュニケーションを深める場でもあります。

よく「今日は無礼講(地位や身分の上下を取り払い楽しむという趣旨の宴会)だ!」などと、上司から言われる事もあると思いますが、あくまで職場での飲み会なので気遣いを忘れてはいけません。

それに、飲み会での振る舞いであなたの評価が変わるかもしれないので、節度をわきまえた振る舞いをすべきでしょう。

逆に上司やクライアントへの礼儀を意識してガチガチに緊張し過ぎてしまうのも、「節度をわきまえた態度」とは言えません。

飲み会は周りの人と打ち解ける為の機会でもあるので、緊張が周りに伝わってしまってはダメなのです。

気を使いつつ場の雰囲気を楽しむ事が、飲み会での節度をわきまえた態度と言えるでしょう。

そして、飲み会で一番気を付けなければならないのが、お酒の飲み過ぎです。

お酒は人の性格を変えるのではなく、その人の本性を明らかにするもの。

酔うとお喋りになる人や泣き出す人や乱暴になる人、これはお酒がその人の内面を暴いているとも言えます。

「酒は飲んでも飲まれるな(=酒を飲む時は飲み過ぎて自制を失わない様に気を付けよ、という戒め)」と言われる様に、お酒を飲み過ぎて我を忘れたり、周りに迷惑をかける行動を取るのはNGです。

それに、飲み過ぎは酔って失敗する恐れがあるだけでなく健康を害する事もあるので、そういった意味でも節度をわきまえたいですね。

節度をわきまえるための注意点

節度をわきまえなければならないシーンをご紹介しましたが、重要なのは、そこでしっかり節度をわきまえた行動が取れているかどうかです。

しかし、節度ある行動を取るにも、いくつかの注意点が存在します。

という訳で続いては、“節度をわきまえるための注意点”をご紹介!

TPOにあった行動をする

節度をわきまえるにはTPOを把握し、それに合った行動を取る必要があります。

「TPO」とは、T:time…時間・P:place…場所・O:occasion…場合(opportunity…機会)の略で、「時間と場所、場合(機会)に合わせる」という意味を持つ和製英語です。

TPOの意味を「空気を読む事」と認識している人も多いみたいですが、空気を読み場面場面で態度を変えるのではなく、「いつ・どこで・での様な場面か」をよく理解し、一貫した対応を行なえば良いと言えます。

特にビジネスにおいてはTPOに応じた態度が求められる機会が多いと言えるでしょう。

TPOを無視した振る舞いをしてしまうと、自身や会社の信頼を落としてしまう恐れがあるからです。

ビジネスの場に限らず、周囲から「常識のない人だな…」と思われない為にも、普段からTPOをしっかり意識して節度をわきまえた行動に繋げたいですね。

調子に乗りすぎない

調子に乗る事自体は悪くありません。

勢いとリズムに乗る事で物事がスムーズに進み、さらなる成功に繋がる事もあるでしょう。

しかし、調子に乗り過ぎて度を越してしまうのは、「節度をわきまえている」とは言えません。

調子に乗り過ぎてしまうと感情の抑えが利かなくなり、つい度を越した行動を取ってしまうものです。

節度をわきまえた行動を取るなら、「これ以上はよしておこう」とか「そろそろやめておいた方が良いかも」という度合いを理解し、セーブする事を覚えましょう。

また、感情をコントロールし超えてはならないラインを的確に判断する為に、常に冷静さを保つ事も重要かもしれませんね。

周りの人に迷惑を掛けない

周りの人にしょっちゅう迷惑を掛けてしまうという事は、節度がわきまえられていない証拠。

もちろん生きている以上、周りの人に全く迷惑をかけないという事は不可能ですが、それを抜きにして迷惑ばかり掛けている様では不味いですよね…。

他人に迷惑ばかり掛けるだらしない人に対して、嫌悪感を抱く人も少なくありません。

節度をわきまえた行動を目指すなら、普段から意識する事が大切でしょう。

ただし、「迷惑をかけない様に…」と意識すると何も出来なくなってしまう恐れがあるので、「今の行動は周りの人に迷惑を掛けていないかな?」と意識する様にした方が良いかもしれませんね。

また、周囲に迷惑を掛けない様にするには、ルールを守る事も大切。

世の中には人と上手く付き合うのに必要なルールやマナーがあります。

そういうのを1つ1つ守れば、他人に迷惑を掛ける機会も減らせるはずですよ。

無理しすぎない

「無理をしている」という自覚がある時点で、最適な程度を越している状態と言えるでしょう。

もちろん、生きていれば無理をしなければならない場面も出てくるでしょうし、何かを頑張るのはとても素晴らしい事だと思います。

また、がむしゃらに頑張る事でやりがいや生きがいを感じたり、それが自信に繋がる事もあるでしょう。

ですが、過剰な頑張りが無理に変わると、自身を追い込んでしまう恐れがあります。

それでは節度をわきまえた行動も取れないでしょう…。

節度をわきまえるには何事も過度にやり過ぎない様、自分で制御を働かせなければなりません。

その為にも自分の限界を知り境界線を設定しておく必要があるでしょう。

つい自分の限界を超えてまで頑張ってしまう人は、限界の境界線を常に意識してみて下さいね。

ストレスを感じない程度に

現代社会においてストレスはつきものですが、度を越した行動は更なるストレスに繋がる可能性が…。

なので、「ストレスを感じない程度」というのも、節度をわきまえる行動の1つの基準となるでしょう。

また、ストレスを溜め込んでいたり、そのストレスが爆発する事で、節度のない行動を招いてしまう事もあります。

ストレスを感じていると心のコントロールも上手く出来なくなりますし、精神的に余裕があるからこそ理性が働くもの。

だから、こまめにストレスを発散する事が大切です。

無理をしなくてはならない場面でも、出来るだけストレスを感じない程度に抑え、頑張った後は好きな事をして心を十分に休めましょう。

ちなみに、ストレスが溜まってくると、それが体調の変化として現れるはずなので、「気付かない内にストレスを溜め込んでしまう…」という人は、健康管理を徹底すると身体の不調からストレスの存在に気付く事が出来るかもしれません。

ありのままの自分を見せる

上で「節度をわきまえるには、無理をしないという事が大切」という話をしました。

それはつまり、ありのままの自分でいる事が大切、とも言い換える事が出来ます。

「ありのままの自分でいる」と言っても、小さな子供の様に好き勝手をしてトラブルを起こすのはダメです。

しかし、人前で背伸びをし過ぎたり別の自分を演じたり、何かを偽ったりするのはそれ以上にダメなのです!

もし周りの人がありのままの自分を知っていてくれれば、限界を超えてまで頑張らなくて済むでしょうし、その分ストレスも緩和されると思います。

では、ありのままの自分でいるにはどうしたら良いのか…?

それは、人と接する時にきちんとマナーを守り、自分の素直な気持ちを伝え、相手を気遣う事で実現するはずです。

ナチュラルを意識する

これは先程の「ありのままの自分を見せる」と似ていますが、ナチュラルさを意識する事も大切です。

派手過ぎず地味過ぎず、やり過ぎず控え過ぎず、あくまで自然である事を心掛けてみましょう。

例えば、人付き合いに気遣いは必須ですが、気遣いが出来なければ良好な関係を築くのも難しいですし、気遣いが出来たとしてもやり過ぎて恩着せがましくなってしまっては意味がありませんよね?
気遣いと言っても、自然な気遣いが出来ないとダメなのです。

つまり、相手に分からない様なさり気ない気遣いが重要という訳ですね。

人付き合いに関する事だけでなく、普段の言動やファッションなども「自分らしく」を意識してみて下さいね。

無駄遣いをなくす

物欲が強く、必要以上にあれこれ欲しがってしまう人はいないですか…?

そこで我慢出来ずに購入してしまったり衝動買いをする機会が多ければ、その分無駄遣いが増えてしまう訳ですが、節度をわきまえた行動を取るなら、そういった無駄遣いはなくした方が良いでしょう。

必要な物だけ入手し、手元にある物で満足出来れば理想ですね。

衝動買いが癖になっている場合は、すぐに買わないルールを設けるのも手です。

時間が経ってから改めて考えてみると、「なんであんなに欲しかったんだろう…?」とか「あそこで買う必要はなかったな」と冷静に判断する事が出来るはず。

ストレス発散の為の散財も時には必要かもしれませんが、買い物するにしても後悔しない様に必要な物だけにしておきましょう。

偏りをなくしてバランスをとる

上でも話しましたが、節度をわきまえた行動とはバランスを取る事でもあります。

特に、「絶対こうに違いない!」と考えが凝り固まっていたり、「0か100か」といった極端な考え方をしてしまう人は、思考の偏りをなくしてバランスを取る事が重要と言えるでしょう。

コツコツ努力する

「コツコツ努力する事と節度をわきまえる事がどう繋がるの…?」と思われるかもしれませんが、一気に頑張り過ぎてしまうとそれは度が過ぎた行動に繋がり、「節度をわきまえている」とは言えなくなってしまいます。

なので、頑張り過ぎを防ぐ為にもコツコツと努力し続ける事が大切なのです。

目標を決める際も、最初にハードルを上げ過ぎてはいけません。

自分のクリア出来そうなラインを意識しましょう。

「目標は大きい方がモチベーションが上がる」という考え方も分かりますが、それは上級者向けと言えます。

人は身の丈に合った目標をクリアし続ける事で、大きな目標の達成法を身につけるもの。

ですが最初から高過ぎる目標を掲げてしまうと目標を達成する方法や感覚が身につかず、自分の限界を超える無理に繋がってしまう恐れがあるのです。

その為、目標を達成出来る感覚が身についてきたら段階的に目標値を引上げるのが賢いやり方と言えるでしょう。

自分の力量を把握しておく事も節度をわきまえる行動に繋がるはずですよ。

規則正しい生活を心がける

規則正しい生活を心がける事で、節度をわきまえた行動が身につきます。

規則正しい生活をすれば、仕事・勉強・遊び・運動・休息のバランスが自然と整うので、極端な偏りがなくなり、度を越した行動に繋がりにくくなるのです。

節度がない人ってコンナ人!

ここまで“節度をわきまえた行動”について見てきましたが、みなさんが一番気になっているのは、「果たして自分は節度ある行動が取れているのか…?」という事ではないでしょうか?

そこで次は、“節度がない人の特徴”をご紹介していきたいと思います。

次の特徴に当てはまってしまった人は要注意です!

暴飲暴食を繰り返す

暴飲暴食を繰り返す人は、その行為自体が「節度がある」とは言えませんよね?

みなさんも1度くらいは食べ過ぎで後悔した経験があると思いますが、極端な暴飲暴食を繰り返す人は限られると思います。

節度がない人は、毎日の様に暴飲暴食を繰り返し、食事の回数や量も周囲が引いてしまう程であるケースも珍しくありません。

さらにこのタイプはお酒を飲む時も節度を守れない事が多く、節度をわきまえている人なら自分の限界を見極め量を調整して飲むものですが、節度がない人は飲み過ぎて周りに不快な思いをさせる事がしょっちゅうです。

ルールや規律を守らない

ルールや規律を守らない人も節度がないと言えるでしょう。

上でも説明しましたが、基本的なルールや規律を守らないと、周りに迷惑を掛けてしまったり、度を越した行動を招いてしまうのです。

例えば、人付き合いにおいて「約束を守る」とか「(悪い)嘘をつかない」というルールも存在すると思いますが、約束を平気で破る人や息を吐く様に嘘をつく人に対して、相手は不快に思うでしょうし信用も抱けませんよね?

車の運転でも、交通規則を守らずスピードを出し過ぎたり信号無視をすれば、周りの車や歩行者に迷惑が掛かりますし、下手をすれば死亡事故に繋がる恐れもあります。

多くの人が当たり前に守る社会的なルールやマナーが守れない人は、節度をわきまえた行動からかなりかけ離れた行動を取ってしまっている可能性が高いのです。

感情のまま行動する

上では「ありのままの自分を見せる」とか「ナチュラルを意識する」のが大事だと説明しましたが、同時に「小さい子供の様に感情のまま行動してトラブルを起こしたり、周りに迷惑を掛けるのはダメ」という話もしましたよね?

素直な感情を出す事は決して悪い事ではないのですが、それにより相手が不快になってしまうのは避けるべきです。

気持ちを伝える前に、「相手はそれを言われてどう思うか?」と、相手の気持ちを考える気遣いが必要になります。

自分が思うままに好き勝手行動するのは、まだ節度が分からない小さな子供と同じですし、「節度がない人」以外に「自己中な人」というレッテルを張られてしまう可能性大です。

わがまま

わがままな言動ばかりな人も、節度があるとは言えないでしょう。

自分の欲を満たす為に他人に無茶な要求をしたりというのは、明らかに度を越していますし、周りにも多大な迷惑を掛けていると言えます。

厄介なのは、自分ではわがままを言っている自覚がないケースです。

しかし、そういう人は意外と多く、特に自分の事を優先しがちな人は、他人の事を考えず無意識の内に自分の都合だけを考えて行動する傾向があります。

当然、周りは「身勝手だな…」「自己中過ぎ!」と不快に思う訳です。

それから、わがままなのは感情のコントロールが下手な証拠でもあります。

節度をわきまえた人なら、例え怒っていたり不快な思いをしても、それをなるべく言動には出さず振る舞う事が出来るのですが、わがままで節度がない人は感情のコントロールが出来ないので、感情が露骨に態度に出してしまうのです。

自分の要求が通らなかったり思い通りに行かないと、周りの人に当たり散らしたり不機嫌になってその場を離れたりする勝手な人もいますが、それも気持ちを上手くコントロール出来ないせいだと言えるでしょう。

リスキーな人

リスキーな人も節度をわきまえた行動が苦手かもしれませんね。

「リスキー」とは、冒険的であるとか危険を顧みない、と言った意味です。

リスキーな人は「危険を犯してでもやってやる!」という精神を持っているので、つい度を越した行動を取ってしまいがち…。

例えばギャンブルでいい感じに勝った時、損をしない為にもそこでやめておけば良いものを、リスキーな人は勝った分もすべてつぎ込んで一か八かの勝負に出てしまう訳です。

後先のことを考えない

目先の結果やメリットしか見えておらず、後先考えないで突っ走ってしまう様な人も、節度をわきまえた行動が出来ていないと言えます。

後先考えられない人というのは、行動や結果の先にどんな試練が待っているのかとか、どんな問題が起きるのかまでは把握していないのです。

なので、思った事をすぐに口にしてしまうというも、後先考えない人の特徴と言えるでしょう。

特に興奮したり感情的になっている時は、感情の制御がし難くなっている事もあり、「とにかく伝えたい!」とか「今伝えなければ!」という思いから、相手を批判したり暴言を吐いたりしてしまう事も…。

冷静になって考えれば、「それは言い過ぎだ」とか「そんな事を言えば、次に会うのが気まずくなる」と理解出来るのに、その場になると頭で考えるよりも先に口から言葉が出てしまう訳ですね。

この様に後先考えず行動すれば、人を傷つけたり場の空気を悪くしたりと、反省してもどうにもならない事態を招く恐れがあります。

特に周りを巻き込む言動は、信用を失ったり周囲が離れていってしまうリスクもあるので、先の事をしっかり考えてから行動したいものですね。

目立ちたがりで無理をする

目立ちたがりの人は周囲に必死にアピールしている内に、だんだんと無理をしてしまう傾向にあります。

そういう無理を伴う行動は節度があるとは言えません…。

これは、威勢だけが良くて実力が伴わないタイプに多いのですが、例えばみんなで何かをやる時に、人をまとめる能力がないのにも関わらず、「目立ちたい!」という理由だけで仕切り役に立候補する人がいたとします。

しかし、仕切り役に実力がなければ、周りは安心してついていけないでしょう。

本人も、普通に頑張っただけではみんながついて来ないと気付けば、自然と「もっと頑張らなくては!」という気持ちになると思いますが、それが自分の限界を超えた無理に繋がってしまうのです。

目立ちたがり屋の人には、「無理をしたり自分を偽ってでも、周りの注目を浴びたい!」という心理があると思うので、そういった考えも節度がない行動に繋がってしまっているのかもしれませんね。

いつも後悔ばかりしている人

いつも後悔ばかりしている人も節度がないのかもしれません。

と言うのも、節度がない行動は損を招くので後悔する機会も多いからです。

また、ネガティブな人は成功すると調子に乗り過ぎ、節度の無い行動を取って大失敗を招く傾向があります。

逆に、ポジティブな人は成功てもそこからもっと気を引き締め、さらに成功を勝ち取るものです。

いきなり考え方を変えるのは難しいと思いますが、自分がネガティブ思考だという自覚がある人は、せめて成功後にはしゃぎ過ぎない様に注意した方が良さそうですね。

自信過剰

自信過剰な人はその特有な考え方のせいで、節度がない行動を引き起こしていると言えます。

例えば、「自分はすごい人間なんだ!」と自身の力を過信する事によって、最終的に無理をしなければならない状況に陥ってしまったり、調子に乗りすぎた結果、失敗を招いてしまったり…。

自分の力量や限界を把握していないと、上の様な事になってしまうでしょう。

ちなみに、自信過剰な人の思考にはいくつかパターンがあると言えます。

例えば、「完璧にやらないと、気が済まない」と考えるパーフェクト思考・「少しくらいの無理なら、体に影響はない」と考えるサイボーグ思考・「見た目を磨いていないと、周囲に評価されない」と考える外見コンシャス思考などがあります。

これらの考えに共感してしまった人は、節度がない行動を取りやすい傾向にあるので要注意ですよ!

節度わきまえて、相手に迷惑をかけないようにしよう(まとめ)

今回は、“節度をわきまえる事についての説明”と、“節度をわきまえるべきシーン”や節度をわきまえるための11個の注意点”、さらに“節度をわきまえない人の特徴”など盛り沢山でご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

節度をわきまえた行動が取れる様になるには、自分の限度を把握しておく必要があります。

それから、自分をコントロールする力も不可欠です。

普段から節度をわきまえた行動を心掛けて、相手に余計な迷惑をかけない様にしたいですね。