CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

節度をわきまえるための11個の注意点


みなさんには“節度をわきまえた行動”が取れている自覚はあるでしょうか?

これを見ている人の中には、「そもそも“節度をわきまえた行動”が何なのか分からない…」とか「“節度がない”って、どういう行動の事を言うの…?」と思っている人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、“節度をわきまえるとはどういう事なのか?”を解説していくと共に、“節度をわきまえるべきシーン”や節度をわきまえるための11個の注意点”、さらに“節度をわきまえない人の特徴”などをご紹介していきたいと思います!

節度をわきまえて行動できていますか?

大人なら特に節度わきまえた行動をマスターしていたいところですが、みなさんはそういった行動がちゃんと取れているでしょうか…?

「そう言われると、自信がない…」という人は要注意!

節度をわきまえられないと、行動した結果損をしてしまったり、周りの人に迷惑を掛けてしまう事もあります。

一方で、「自分が節度をわきまえた行動が取れているか分からない…」という人もいるかもしれませんね。

そんな人も次から説明していく事を見れば、自分が節度ある行動をきちんと取れているか分かるはずです!

節度をわきまえるってどういう意味?

ところで、みなさんは「節度をわきまえる」とはどういう事なのか、正しく説明する事が出来るでしょうか?

「何となくは分かるけど、言葉で説明しろと言われると難しい…」という人も少なくないのでは…?

そこでここからは、「節度をわきまえる」という事について、色々と説明していきたいと思います。

意味を知らない人は、是非チェックしておいて下さいね。

意味

「節度」とは、言動などの振る舞いが度を超さず、行き過ぎのない適当な程度。

あるいは、ほどあい=丁度良い、適度である事です。

例えば、「節度ある言葉使い」は“その場や相手に合わせた言葉遣い”という意味になります。

この場合は丁寧な言葉遣いだったとしても、その場にそぐわなければ「節度がある」とは言えません。

そして「わきまえる」とは、物事や善悪の区別をしたり、人としての道理を道理などを十分に心得る事。

つまり、「節度をわきまえる」の意味は、行き過ぎずに適度な頃合いを心得る事と言えるでしょう。

ちなみに、「節度」という言葉が組み込まれた熟語には「礼節」があり、「礼節」とは文字通り“礼儀”と“節度”を意味し、「礼節を欠く」とか「礼節をたっとぶ」といった感じで使われます。

使い方

繰り返しになりますが、「節度をわきまえる」とは、適当な程度を充分に理解し心得るという意味です。

例としては以下の様な使い方があります。

「祭りを楽しむにも、節度をわきまえなければならない」
「彼女は節度をわきまえた魅力的な女性だった」
「大人らしく、節度をわきまえた行動を取りましょう」
「大事な場なので、節度をわきまえる様心掛ける」
「節度をわきまえて発言して下さい」

それから、「節度をわきまえる」と似た意味で、「節度のある」または「節度ある」という言葉もあります。

これは“行き過ぎない適当な程度”を意味し、「節度のある」を使った例文は以下の通り。

「結婚して節度のある生活を送る様になった」
「節度ある行動は意識しなければ出来ない」

類義語

「節度をわきまえる」の類義語には、以下の様な言葉があります。

「頃合い」(ころあい)

「ちょうど良い時期」とか「ちょうど良い程度」という意味で、「手頃」というニュアンスが含まれる言葉。

「頃合いを見計らう」「頃合いを見て席を立つ」「頃合いの値段の商品を見つけた」といった使い方をします。

「中道」(ちゅうどう)

「道なかば」とか「一方にかたよらない、穏やかで筋が通ったやり方」という意味があり、「行き過ぎない適当な程度」という意味に近いニュアンスを持つ言葉と言えるでしょう。

「中道を旨とする(=偏りのない筋が通ったやり方を第一とする)」といった使い方をします。

「抑制」(よくせい)

「物事が行き過ぎない様に抑え、とどめる事」という意味で、「節度」の「行き過ぎない適当な程度」に近い言葉です。

「食欲を抑制する効果がある」「感情を抑制出来なかった」といった使い方をします。

「規制」(きせい)

「決まりに従って物事を制限する」という意味。

「態度を規制する」「集団行動を規制する」という使い方をします。

節度をわきまえるシーン

生きていれば1度は、節度をわきまえなくてはならない場面に直面する事もあるでしょう。

ページトップ