人にはいろいろなタイプがいます。

自分と似ている感覚で生活している人もいれば、全く理解する事ができないような人も居るでしょう。

自分の周りにいる人の事を全て理解しようとしても無理な話です。

そもそも違う人なのですから、考え方が違うのは当たり前の事です。

それを一緒にしようとするからこそ、問題が起きてしまうのでしょう。

例え兄弟など同じ環境で育った人だったとしても、考え方に差が出るのはよくある事です。

むしろ、近くにいたからこそまたく違う正反対の考え方を持つようになるという事だってあるかもしれません。

だからこそ、そもそも他人とは考え方が違うという事を理解しておきましょう。

そうする事によって、過度な期待をせずに過ごす事が出来るようになるはずなのです。

とはいえ、いくら自分とは違う考え方を持っていると言われても理解できない部分に疑問を持ってしまう事もあるでしょう。

どうしてそんな事をするのだろう。

なぜなのか、人は考える生き物です。

だからこそ、一度疑問を持つとその疑問を解決する事が出来るまでいろいろな事を考えてしまいます。

考えすぎるせいで、結果的に余計に相手の事が気になってしまうという事もあるかもしれません。

例えば、人によってはどんな相手に対してもタメ口を使う人が居ます。

これは、礼儀や上下関係を意識する人からすれば、あり得ない行為です。

自分よりも目上の人に対して、当たり前のようにタメ口を使う姿に対して驚きと共に恐怖さえ感じてしまうかもしれません。

人は自分とは違う人に対して、どうしても攻撃的になったりしてしまうものです。

タメ口を使う人に対しても、つい口うるさく注意してしまう事もあるかもしれません。

ですが、きっとタメ口の人にはタメ口の人なりの理由があるのでしょう。

その理由を知る事によって、少し相手の事を理解する事が出来るようになる時がやってくるかもしれません。

何故タメ口を使うのか?

タメ口は、絶対に使用してはいけない言葉ではありません。

親しい友人や家族に対しては誰もが当たり前に使用している事でしょう。

けれど、ここで問題にしている事はそれらに対する言葉ではありません。

もっと目上の人だったり、親しくない人にたいする話の際に使用されるタメ口についてです。

タメ口を使用している人の中には、自然とそうなってしまう人も居ます。

たとえば、日本語が苦手な海外の方や普段日本語以外の言葉で生活している人からすると「敬語」を覚える事が難しく、一番簡単な日本語を覚えてしまうのです。

それが結果的にタメ口を使う事となってしまうのです。

これは、私たちも気が付かないうちに行っている事なのかもしれません。

そもそも海外には敬語という文化が無いところが殆どです。

だからこそ、話す相手によって言葉が変わる事になじみがなくそこまで学習する事が出来ていないのです。

私たちが海外の言葉を使用する際も、もしかしたら使う相手を間違えている事もあるかもしれません。

だからこそ、その部分に関してはあまり深く突っ込む必要はないのではないでしょうか。

もともと日本語になじみがない人がタメ口を使用するのはわかります。

ですが、生粋の日本人がタメ口を使用する場合もあります。

その人には、日本語んい不慣れだという理由は当てはまりません。

きっと彼らなりの理由があるのでしょう。

その理由を知る事によって、それらに関する違和感を払しょくする事が出来るかもしれません。

そもそもタメ口とは?

ここまで何度も出てきた「タメ口」という言葉。

きっと多くの方が何度も耳にしてきたことのある言葉でしょう。

だからこそ、なんとなくイメージはつかめるはずです。

けれど、いざ説明しようとすると意外と難しいものです。

辞書によると、タメ口とは相手を対等の立場として話しをする事と記載されています。

つまりは自分と同等だという事です。

だからこそ、本来タメ口は友人や家族に向けて使用する事が殆どです。

友の場合にはそれだけ親しい間柄という事もあり、互いの関係性に優劣などありません。

また、家族の間にしても、中には敬語の方もいるかもしれませんが殆どの場合タメ口のはずです。

このように自分とかなり親しい人などに対して使う言葉を本来タメ口と言います。

だからこそ、そこには礼儀などはなく、いわば無礼講のような関係性が成り立っているのです。

にも拘わらず、相手との関係性を全く無視してタメ口を使用する人が居るからこそ、多くの人が戸惑い驚いているのでしょう。

同年代であればタメ口を使う人が多い

タメ口を使用するという事は、それだけ相手との関係が近いという場合のほかに年齢に差が無い場合があります。

日本は基本的に年功序列の考え方です。

その為、関わり合いが無かったとしても年上の人に対しては敬意を払う意味もあり、敬語を使用します。

けれど、同い年の場合にはそれがありません。

お互いに同じ立場という事もあり、敬語を使用しない人も多くいるのです。

友人同士であれば当たり前の事かもしれませんが、中には初対面でも同じ年代という事だけでタメ口を使用する人も居ます。

それに対して違和感を感じる場合もあるかもしれませんが、それを失礼だと考えるほど嫌悪感を持つ人もそう多くはないでしょう。

少々なれなれしいような気持ちにもなりますが、同い年だからこそ許される関係性という事なのでしょう。

なかなか相手に心を開く事が出来ないという人も、相手がそれだけ積極的に距離を詰めてくれると、意外と早く仲良くなる事が出来るようになるかもしれません。

それもまた、タメ口の効果の一つと言えるでしょう。

時には目上の人に使う人も

タメ口を使う場合には、つい同年代の人をイメージします。

そもそもタメ口は、自分と同等の相手に対して使用する言葉なのですから、当たり前の事と言えば当たり前の事です。

ですが、中には目上の人に対して使用する人も居ます。

周りから見ていると、目上の人に対してタメ口を使用する行為はなかなか刺激的です。

相手を怒らせてしまうのではないかとドキドキしてしまうでしょう。

もちろん、それによって相手が怒ってしまう場合もあり、そう簡単におすすめ出来る方法ではありません。

ですが、もしそのタメ口が二人の中で納得しているのであれば、それだけ二人はいい関係を保つ事が出来ているという事なのかもしれません。

目上の人に対しては、もちろん尊敬の気持ちを持つ事が大切です。

相手の事を敬う気持ちがあるからこそ、敬語を使用する事は当たり前の事でしょう。

けれど、だからと言って目上の人が全て正しいわけではありません。

時には間違いを指摘したり意見を言い合う事が出来る関係こそ本当にいい関係だと言えるでしょう。

だからこそ、お互いが相手の事を信用する事が出来ているのであればタメ口を使用しても問題ないのです。

タメ口など、冗談を言い合う事が出来る上司との関係は実にすばらしい関係です。

その関係性があるからこそ、のびのびと自分の意見を伝える事が出来るという事もあるでしょう。

そう言った意味ではタメ口を使用する事も問題がある事ばかりでは無いのかもしれません。

タメ口を使う人はどんな人?

タメ口を使用する人は、基本的に自分に自信がある人です。

きっと自分なら許して貰う事が出来る。

そんな気持ちがあるからこそ、何も考えずに相手に対してタメ口を使用する事が出来るのでしょう。

また、人の気持ちに鈍感な人も居るかもしれません。

相手の反応を気にする人からすると、タメ口を使用する事は勇気がいります。

相手を怒らせてしまうのではないか。

嫌われるのではないだろうか。

そんな事を考えていると、そう気軽にタメ口を使用出来るものではありません。

けれど、その反応を全く気にする事が無いからこそ、当たり前のよういタメ口を使用する事が出来るのかもしれません。

日本人の多くは、つい相手の反応を気にしてしまいます。

今の話の内容は相手を怒らせてしまうのでは無いか。

何か失礼な事をしていないか。

色々な事を考えすぎるあまり疲れてしまう事もあるでしょう。

けれど、タメ口を使う人はそんな面倒な事は気にしません。

自分に自信を持ちやりたい用意行動する事が出来るのです。

そんな姿勢こそが、意外と人生を上手に生き抜く力となってくれるかもしれるのかもしれません。

タメ口を使う人の10個の特徴と心理!

1.相手を見下している


タメ口を使うという事は、相手の事を自分と同等の相手だと思っているという事です。

それが友人や同年代の人なのであれば問題ないでしょう。

家族だとしても、家族に優劣をつけるのもおかしな話ですので、問題はないはずです。

けれど、その相手が目上の人の場合には問題があります。

例えば、新入社員が部長と会話をする場合明らかに部長の方が立場が上です。

にも拘わらずタメ口を使用するという事は、それだけ相手を見下しているという事になるのです。

今の若者は昔ほど上下関係を学ぶ機会が無いまま大人になっています。

部活やバイトでも、友達のような関係のまま先輩・後輩の時代を過ごしている人が殆どです。

だからこそ、社会人になっていきなり丁寧な話肩をするのは難しいのかもしれません。

けれど、かとって、タメ口がダメかどうかは何も言われなくても分かるはずです。

怒られる機会が少なかった子供はそのまま自分の力を過信する傾向にあります。

だからこそ、タメ口を使用してしまう人の中には自分の力を過信し相手の事を見下している人も居るのかもしれません。

自分より下だと思う人にタメ口

タメ口を使用する人も、タメ口を使う相手とそうではない相手とを分けている傾向にあります。

それはつまり、相手の事を見て自分より下だと思う人に対してタメ口を使用しているという事なのでしょう。

勿論それは、タメ口を使用する人が勝手に決めた優劣です。

実際には先輩の相手なのにも関わらずタメ口を使用すれば相手は嫌な思いをするはずです。

けれどそんな相手の反応を気にしないほどのメンタルを持っているからこそ、勝手に上下を決めタメ口を使用する事など出来るのかもしれません。

2.友達が少ない

友達は人生の中でとても大事な存在です。

童謡のように100人も作る必要はありませんが、自分が本心で話をする事が出来る相手をきちんと作っておく事は何よりも大切な事です。

楽しい時間を一緒に過ごすだけではなく、いざ困ったときに相談する相手がいるという事は必ず自分を支えてくれるはずです。

また、人間関係によってしか学ぶ事が出来ない事も沢山あります。

それらの事を一つ一つ学んでいく事によって人間としての魅力を身に着けていく事が出来るようになるのでしょう。

タメ口を使用する人の中には、友人が少ないという人も居ます。

というのも、幼いころから人間関係を学ぶ事が出来ていないばかりか、相手の事を常に見下しているような状態では、まわりから友達が居なくなるのも当たり前の事と言えるでしょう。

例え周りの人が何も言わなくとも、失礼な態度ばかり取る人は自然と嫌われていくものです。

だからこそ、嫌われてしまったとしても仕方がないのでしょう。

3.敬う気持ちがない


目上の人や年上の人は、基本的に無条件で尊敬に値します。

もちろん、相手のいう事を全て鵜呑みにしろという事ではありません。

嫌なものは嫌だと言って一向に構いません。

けれど、それだけ多くの事を経験してきている相手に対しては、尊敬の気持ちを持つ事が大切なのです。

にも関わらず、タメ口を使用するという事は敬う気持ちがないという事になります。

敬う気持ちがない理由としては、自分自身に異常に自信を持っているという事も考えられます。

相手よりも自分が優れていると思ってるからこそ、相手の事を尊敬する気持ちにならないのです。

また、相手の功績を良く知らないという事もあるかもしれません。

自分が世界の中心だと思っているからこそ、周りの人に対する興味がまるでないのです。

その為、相手のしてきたことや考えなどを知ろうともしないからこそ、結果的に敬う気持ちがない行動に出てしまうのかもしれません。

自分の方が立場が上だと思っている

本来、人間はみな平等です。

誰が上で誰が下という事はないのかもしれません。

ですが、そうは言っても様々な場合において上下関係は存在します。

それが理不尽なものであれば、反論すr子tも可能です。

ですが殆どの場合、きちんと理由があってこその上下関係です。

それがあるからこそ、秩序が守られ多くの人が安心して過ごす事が出来ているのです。

ですがその関係性を壊す行為こそがタメ口です。

タメ口を使用するという事は、それだけ自分の力を過信しているという事なのでしょう。

本当にそれだけの力を持っているのであれば、周りも違和感を感じる事は無いかもしれません。

ですが、実際にはタメ口を使用する人の殆どが自分の力を勘違いしている人ばかりです。

その為まさにに井の中の蛙のように周りの人から浮いてしまう結果となる場合もある事でしょう。

4.不真面目

敬語を使用するにはそれなりに気を使います。

相手の事を考えて、適切な言葉を選ばなければならないからです。

それは少々めんどうな場合もあります。

だからこそ、考える事が面倒な人ほどタメ口を使用している事もあります。

まら自分が不真面目だという事をアピールしたいが故の行動という事も考えられます。

学生が先生に犯行する際、敬語で話をする人などそう多くはないでしょう。

自分の力を誇示したいからこそ、あえてタメ口を使用して自分と相手との立場が同等であるかのようにアピールしているのです。

勿論、そんな事で立場が同じになる事はありません。

けれど、それでもしてしまう事が幼さの表れなのでしょう。

5.自己中心的

タメ口を使用する人のほとんどが自分に大きな自信を持って居ます。

自分は出来る存在だと思っているからこそ、目上の人に対しても気にすることなくタメ口を使用する事が出来るのでしょう。

そんな人は、大抵自己中心的です。

本当に実力がある人は、その力をあえて周りにアピールしようとはしません。

周りから評価されていないからこそ、自分で自分を大きく見せようとしているのです。

つまりは、タメ口を使用する人のほとんどが自己中心的な行動をとる人だと言えるでしょう。

一人自己中心的な行動をとる人が居ると、それだけで周りの人はとても迷惑します。

まとまるものもまとまらなくなってしまうというものです。

だからこそ、自分で思っている以上に周りの人から疎まれる存在となっている事もあるかもしれません。

6.寂しがり屋

タメ口を使用する人は、それだけ目立ちたいという気持ちを持っている物です。

もっと自分を見てほしい。

自分と話をしてほしい。

そんな気持ちがあるからこそ、ついタメ口を使用するなどという行動に出てしまう場合もあります。

そんな人は大抵寂しがり屋です。

タメ口を使用する人は自分に自信がある場合が多い事もあり、プライドが高い傾向にあります。

その為、自分の弱い部分を相手に見せる事が出来ないのです。

例え寂しと思ったとしても寂しいという事が出来ないのです。

だからこそ、あえて周りの人が反応してくれるタメ口とう言葉を使用しているのかもしれません。

7.構って欲しい

タメ口を使用する人は、ほとんどが構ってチャンです。

自分の事を見てほしい。

そんな気持ちが強いからこそ、相手の気を引くような行動をとってしまうのです。

良く小学生の男の子が、好きな女の子に対してあえて意地悪をしてしまうという事がありました。

まさにそれと同じ心理です。

自分の事を見て欲しいからこそ、相手が反応してくれそうな行動をとっているのです。

好きな子をいじめる行為も、小学生だからこそ許されるのです。

それを大人がやっていると考えれば、なかなか面倒です。

そこまでして自分の事を見てほしい構ってチャンに好かれてしまった人は大変かもしれません。

一見自信家で嫌味な相手も、実際にはただただ相手にしてほしいだけの子供のような心の持ちぬしなのかもしれません。

そう考えると、イライラしていた気持ちも少しは楽になるかもしれません。

8.面倒くさがり

最近の若者の中には、人間関係そのものに全く興味が無い人も居ます。

そんな人は、相手からどう思われるかを気にする事が無いので、自然体で会話をします。

それが結果的にタメ口を使用するという事になってしまう場合もあります。

世代が違うと言えばそれまでですが、今までの人たちからは考えられないような行動を取るのが今の若者なのかもしれません。

そこに悪気はありません。

悪気が無いからこそ、タメ口を使用された人も怒る気にもなれずあきれるしかないのかもしれません。

9.興味がない

生きていく事は面倒な事も沢山あります。

嫌いな相手と一緒に仕事をしなければならない事だってあるでしょう。

本当は下げたくもない頭を下げる事だってあるはずです。

そうした努力によって、得られるもがあるのです。

にも拘わらず、それらに一切興味が無い人も居ます。

人からどう思われても関係ない。

そんな強い気持ちをもつ事が出来るのであれば、誰しも平気でタメ口を使う事が出来るのでしょう。

ですが、それは簡単な事ではありません。

多くの人がそうなりたいと願ったところで出来る事では無いのです。

にも関わらず。

それをする事が出来るという事は、それだけメンタルが強いという事の表れなのでしょう。

10.大雑把

日本人は細かい事を気にする性格の人が多くいます。

だからこそ、しきたりや礼儀などを重んじる傾向が強いのでしょう。

けれど、それを破ったところで何か罰則があるわけではありません。

周りの人からの視線が気になる程度でしょう。

だからこそ、それが気にならないのであればわざわざそんな事をする必要もないのかもしれません。

相手の気持ちを考えたり、立場を考えて行動する事は以外と大変なものです。

それらのしがらみを全て捨て、自分の思った通り大雑把に行動する事が出来る人はそれだけ自分らしく過ごす事が出来るのかもしれません。

それが結果的にタメ口になったとしても、その大雑把な性格があれば周りの人から自然と許してもらえるようなそんな存在になる事が出来るのではないでしょうか。

タメ口を使われた場合の3個の対応方法を紹介!

ここまでタメ口を使う側の気持ちについて考えてきました。

その為、全く理解出来なかった人も、少しは相手の気持ちを理解する事が出来たのではないでしょうか。

けれど、だからと言ってタメ口を使う事がいい事だとは言えません。

相手に使われて嫌な思いをする事だってあるでしょう。

そこでここからは、タメ口を使用された際の対応方法についてご紹介させていただきます。

タメ口を使用されて嫌な思いをしているんであれば、その気持ちを解消する事が出来るように自分自身でも行動してみてはいかがでしょうか。

そうする事によって少しストレスを軽減させる事が出来るかもしれません。

1.こちらもタメ口で言う

やられたらやり返す事は、なんに対しても鉄則です。

まさに目には目を歯には歯をの作戦です。

だからこそ、タメ口を使用されて嫌な気持ちになった人は相手に対して同じようにタメ口を使用しましょう。

タメ口を使用するとなると、こちらも気を使ってしまう場合もあります。

ですが、あえて使用する事によって相手にその気持ちを分からせるのです。

タメ口を使用する人の中には、自分の方が優れているからこそタメ口を使用している人が居ます。

その場合、自分が見下している相手からタメ口を使用される事に対して嫌な気分を感じる事もあるでしょう。

だからこそ、そこをあえてつくのです。

2.軽く返事をしてあしらう

相手がマウントが取りたい為にタメ口を使ってくるのであれば、わざわざ相手にする必要もありません。

そのまま無視してしまいましょう。

相手からすると、相手をしてほしいからこそタメ口を使用しているのにも関わらず、反応してもらえないとやる気がなくなり、話をしなくなるかもしれません。

その結果、タメ口を使わなくなる事もあります。

3.敬語を使った時のみ対応をする

無視をしてもなかなか効果が出ない場合には、相手がきちんとした話し方をした時のみ反応してみてはいかがでしょうか。

そうする事によって、相手に対して何がいけないのかを分からせる事が出来るようになるのです。

タメ口を使用している人の中には、悪気が全くない人も居ます。

その気さくさが自分の
チャームポイントだとさえ思っている人も居るのです。

だからこそ、そんな相手に対しては何が悪いんかをしっかり分からせる必要があります。

そうする事によって、自分の間違いに自分自身が気が付くようになる事でしょう。

自分もタメ口を言ってしまう?言わないようにするための4個の直し方!

タメ口は必ずしも使ってはいけない言葉ではありませ。

親しい間柄であれば普通に使用されている言葉です。

だからこそ、自分もついうっかりタメ口を使ってしまう可能性もあります。

そのせいで相手を怒らせてしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、常日頃からタメ口を使う際には注意する必要があります。

1.誰と話すのかという事を意識する

ついうっかりは誰にもあるものです。

ですが、場合によってはうっかりでは済まない場合もあります。

相手の事を怒らせてしまった結果大きな問題に発展してしまう場合もあります。

だからこそ、人と会話をする際にはうっかりが起きないように気を付けなければなりません。

その為には、まず自分が誰と話をしているのかを意識して会話をしましょう。

何も考えず会話をしていると、ついうっかりが発生してしまいます。

そうならないようにする為には、自分の意識をしっかりとさせる必要があります。

その為にも、誰と話しているのかを忘れてはいけません。

2.敬語を覚えるようにする

とっさにタメ口が出てしまうという事は、それだけ普段の言葉がタメ口だという事の表れです。

とっさでもきちんとした敬語を使用する事が出来るようになる為には、覚えるしかありません。

館あげなくてもすぐにすっと言葉が出てくるようになれば、タメ口で話をしてしまう事も無くなるでしょう。

知識が無いと、それだけ自分にとって不利な環境になってしまう場合もあります。

だからこそ、自分い必要な情報なのであればそれを身に着ける事を意識して生活する事も大切な事でしょう。

【丁寧な言葉遣いをするためには、こちらの記事もチェック!】

3.家族や友人に対しても敬語で接する

どうしてもタメ口で話をしてしまうという人は、いっその事誰に対してもタメ口を使用するよういしてみてはいかがでしょうか。

そうすれば、人によって間違えてしまう事もありません。

いきなりこれをすると、周りの人は驚いてしまうかもしれません。

ですが、本当にタメ口を治したいという気持ちがあるのであれば、これくらいしないと効果が出ない場合もあります。

4.タメ口を言ってしまう言葉を記録する

わざとではなく、ついうっかりタメ口を使用してしまうのであればそこには何のパターンがあるのかもしれません。

そのパターンを知る事によって、どこを気を付ければいいのかを自分自身が判断する事が出来るようになります。

そうする事によって、タメ口を使用してしまうタイミングを減らす事が出来るでしょう。

タメ口を使う場合は時と場合を考えて!

タメ口を使う人にはいろいろなタイプの人が居ます。

単純に日本語が苦手な人も居れば、他人よりも自分が優れていると勘違いしている人も居ます。

時には自分の事を見て欲しいからこそあえてそんな言葉づかいをしてしまう事もあるかもしれません。

自分ではそこまで大きな問題だと思っていないような事でも、実際にタメ口で話しかけられている人からすると、嫌な気持ちになっている事もあります。

あなたに対して怒りを感じている事もあるでしょう。

タメ口で接する事が成立するのは、相手が受け止めてくれているときだけです。

タメ口で話をしても良いような関係がすでに出来上がっているのであれば、年上だったとしてもタメ口を使っても問題はないでしょう。

けれどそうではない場合、関係を良好にするどころかより悪化させてしまう事でしょう。

タメ口を使う事は簡単です。

周りからどう思われるのかを考えなければ誰でも使用する事が出来るでしょう。

けれど、周りの人との関係を守りつつ適度に使おうとするからこそ難しいのです。

タメ口を使う際には時と場合を考えて失礼にならないようにしなければなりません。

自分では明るいキャラとしてタメ口を使っている場合でも、周りにはそう伝わっていない場合もあります。

だからこそ、自分の気持ちと周りからの評価を冷静に判断できるようにしましょう。

どうでなければ、どんどんと浮いた存在になってしまう事でしょう。