CoCoSiA(ココシア)

やんちゃすぎる子供のしつけで気をつ...(続き2)

もしかしたら、その言葉は嘘も含まれているかもしれません。

けれど、そうだとしても心の中を読み取ろうとするよりはずっと簡単に知ることが出来るでしょう。

ですが、幼い子供達はそれをする事が出来ません。

まだまだ上手に会話をする事が出来ない子供は、自分の気持ち相手に伝える事が出来ないからこそイライラしその結果相手の事をたたいたりしてしまうのです。

人を叩く事は決して良い行いではありません。

それは年齢にかかわらずすべての子供にとって言える事でしょう。

中には『うちの子はまだ話せないから仕方がない』と、たかをくくってしまうお母さんも居ます。

けれど、叩かれた側のお母さんはどうでしょうか。

きっと面白くない思いをしているはずです。

それがきっかけとなりママ友の中に亀裂が入る事だってあるかもしれないのです。

子供は良くも悪くもまっさらな心を持っています。

だからこそ、悪い事を悪いと改めて教えてあげないとそれを学習する事が出来ないのです。

誰も注意する人が居なければ、例えどんなに悪い事であったとしてもそれに気が付かず大人になってしまう事だってあるのです。

叩く子供はどこか心に不満を抱えているのでしょう。

その不満を解消する事が出来ずに暴力によってその気持ちを発散しようとすると、更に周りから人が居なくなる結果となってしまうでしょう。

いたずらばかりする


子供が成長するうえで、時にはいたずらをする事も必要です。

いたずらをする事によって、それを触ったらどうなるのかなど経験をもとに学習していく事が出来るからです。

だからこそ、全く何もいたずらをしない子供よりも、多くのものに興味を持ち手を出す子供の方が豊かな成長を促す事が出来る場合もあります。

ですが、それはあくまでも赤ちゃんのような時代です。

幼児と呼ばれるような時期になると、いたずらも難易度が上がっていきます。

もちろんそれも成長の一つとして考える事が出来ますが、中には怒られる事が分かっていてもなおいたずらをする子供がいるのです。

例え大人が本気になって怒ったとしても、それを小ばかにするような態度を取る子供もいます。

その様な子供は、心はすでに大人なのかもしれません。

大人だからこそ、同等の立場であると思っている周りの大人に対してなめたような態度を取るのでしょう。

ここまでいってしまうと、かわいいという感想を持つ事すらできなくなってしまいます。

いたずらも、度を越せば迷惑行為となります。

時には危険を引き起こす事にもなりかねません。

だからこそ、いたずらが好きな子供に対しては、冷静にきちんと注意を促す事が大切です。

感情的になってしまうと、相手の思う壺の場合もあります。

出来るだけ冷静に慎重に。

同じ立場にならず、前向きに話をしてみましょう。

すぐ怒る

近年、すぐに切れる子供が問題tとなっています。

昔もきっと、切れるような行動をとる人は居たのかもしれません。

ですが、今ほどその数は多くはなかったのでしょう。

現在の社会において切れやすい人が増えた一つの原因は、液晶画面の見すぎです。

昔も、TVやゲームなどを見る事によって、目を酷使した人も居るでしょう。

けれど、現在はそこに加えてPCやスマホなどの液晶もあります。

ついつい真剣に見てしまい時間を忘れているなんて事もあるかもしれません。

そんな生活を続けていると、脳の一部が機能しなくなり結果的に自分の感情をコントロールする事が出来なくなってしまうのです。

一度コントロールを失うと、なかなか自分では解決する事が出来ません。

どんどんと歯止めがきかなくなり、細かい内容でもすぐに怒り出すという迷惑な人に変化してしまう事だってあるのです。

すぐに怒るような人と一緒に過ごしたいと思う人は居ません。

そのせいで回りから人が居なくなる事だってあるでしょう。

子供の場合には、自分の思い通りにいかない事に腹を立てて暴れる事だってあるかもしれないのです。

最近子供に携帯電話を渡して動画を見せている人を多く見かけます。

ですが、それをしていると、将来大き問題となってしまう恐れもあるます。

子供のころからすでに切れやすい子供は、大人になって急に治る事はありません。

恐らく悪化してしまう事でしょう。