あなたの周りにもいませんか。

口をひらけばとにかく正論。

しかも議論に強いものだから、こっちとしては?と思っていても、きちんと順序立てて話すので、付け入る隙がないのです。

でも、世の中正論だけでは生きていけませんよね。

融通をきかせなければ、渡っていけない橋もたくさんありますよね。

ここでは、正論を振りかざす人の特徴と、そういう人が嫌われる理由、それをどう自分に反映させて、自分を成長させるかについて、説明していきます。

正論を振りかざす人の6個の特徴

あなたの身の回りに正論を振りかざす人はいませんか。

確かに主張していることは正しく、論理立っているのに、なんだか納得できないし、上から目線の態度に、自分はなんて情けないんだろうと、落ち込んでしまったりすることも。

でも、本当にそんな必要があるのでしょうか。

その人の周りの人たちは皆、面倒臭い、もう聞きたくない、ちょっと苦手、と思ってはいませんか。

どうして正論を振りかざすと、それが正しいにもかかわらず、迷惑だ、傷つく、近づいてきてほしくない、と思ってしまうものなのでしょうか。

こういった正論さんの特徴を6個、下記で詳しく説明していきたいと思います。

1.正義感が強い


正しいことは正しいこと。

間違っていることは間違っていること。

正しいことを知っている自分は、間違っていることを正さなければならない。

正論を振りかざす人は、「自分の発言や考えは正しい」という考えのもと、正義感が強くなりがちです。

その正しい自分がいうことなのだから、それを実施すれば事態は改善するはずなのです。

そしてもし反論があったならば、正論さんにとってそれは敵。

正しい自分が打ち負かさなければならない相手として認識します。

過剰に正論をぶつけようとする

相手が反論をしてきたとき、正義感が強い人は、過剰なほどに言葉を重ねて自分の主張を押しつけてきます。

自分は正しいことを言っているのだから、負けるはずがないと考えているのです。

ただ、どんなに自分が正しいと思っていても、少しばかり不安になるのが人間というもの。

その不安が過剰な言及となって、相手に降りかかってきます。

正論さんはどこか自分に酔っているのかもしれませんね。

そして、いい負かした際には、自分の正論で困っている人が少なくなっただろう、みんな感謝してくれてるんだろうなぁ、と都合よく、かつポジティブに解釈してしまうのです。

2.競争心が強い

競争心が強い人も、正論を振りかざしやすくなる人です。

そして絶対に負けたくない!と頑張ります。

その勢いがすごいのも、このタイプの特徴。

完全に言い負かされてもなお、何度も何度も何度でも、議論をぶつけてきます。

それはもう、こちらが疲れるほどに。

一歩下がって、その人の主張を聞いてみると、その議論の内容に矛盾点がいくつもあることがわかるかと思います。

競争心が強い人は、とにかく負ける気がありませんから、勢いを保ったまま、相手を説得できるまで、話を引き延ばそうとします。

否定されることを嫌う

正論を振りかざす人は、往々にして否定されることが苦手ですが、競争心が強いタイプはそれが強く出ます。

なんといっても自分が正しいと思っているのです。

そうであれば自分の主張は正しいことのはずだから、否定されるべきものではない、という思いが強く心にあるのです。

一旦自分の意見を否定されたら、倍返しどころか100倍返しの勢いで、あなたを説得にかかるでしょう。

もしこういうタイプの人に出会い、議論されてしまったら、もう仕方ありません。

絶対に否定せず、相手の満足いくまで話を続けさせてあげましょう。

終わったら、お疲れさま、と自分にご褒美は必須ですね。

負けず嫌いである

加えて、面倒くさいことに、競争心が強い人は、負けず嫌いでもあります。

だから、自分の議論が少しでもおかしいんじゃないか、などと突っ込まれると、壊れた機械みたいにその正しさをひたすら主張します。

競争心が強いということは、自分がいつでも上位にいたいということ。

負けず嫌いは生来の性分でしょう。

もしそんな人の議論に巻き込まれてしまったら、ひたすら黙りましょう。

そしてタイミングを見計らって、トイレに行くなど、一旦その場から退散。

その退散先で、10分後に〇〇室に来て、と誰かにメールを打ちましょう。

そしてその場から助け出してもらうのです。

そうすれば、際限なく続くかと思われる一方的な議論から逃れることができるでしょう。

3.プライドが高い

プライドの高い人も、正論を振りかざします。

自尊心が高いので、人に認められたいのです。

なので、その人が最も正しいだろうと思っていることを主張してきます。

そうやって自分の自尊心を満足させるんですね。

プライドが高い人にとって、そのプライドを守ることは、人生のうちでの重要な事項No.1か2くらいに入ってくるものです。

ですから、話の中で、なにか主張しなければならない時、プライドの高い人は、立ち上がってでもその人なりの正論をいうでしょう。

もしそれが論理立って本当に正しいものであれば、何割かの人には受け入れられるでしょう。

しかし、感情に任せて正論らしいものをぶつけてくると、めんどうでやっかいなことになります。

自分が間違っていても素直に認めれない

プライドが高い人は、何においても間違いを認めることが苦手です。

特に、自分が主張したことであれば、その人にとっては正論ですから、どこかがずれていても、「間違っているはずがない」と脳内修正されるのです。

もしあなたが、その議論の穴や矛盾点を突いたら・・・その人は必死で反論してくることでしょう。

それでもまだ矛盾がある、それを指摘し、それだったらこっちの案の方がいいんじゃないの、とでもいうと、その人は必死になって反論し、元の自分の案に固執するでしょう。

傷つきたくない

プライドが高い人は傷つきやすい人。

アキレスの腱よりもプライドをポキーンと折ってやった方が、ダメージが大きいでしょうね。

プライドと傷つきやすさは、兄弟のようなもの。

傷つきやすい心を守るためにプライドという鎧をまとったともいえます。

自分自身のトレーニングとしてプライドを高めているうちに、取りこぼしてしまった傷つきやすい部分があるのかもしれません。

そしてプライドが高ければ高い分、傷つきたくない、という思いも大きくなるのです。

その分正論を振りかざして、プライドを守るのでしょうね。

失敗を恐れている

プライドが高い人は、失敗が怖いものです。

失敗によって自分のプライドが崩れてしまうのが怖いのです。

そういう意味では、小さな子どもよりも弱い精神の持ち主かもしれませんね。

そして、その失敗を回避するために、正論で武装しているわけです。

こんなプライドの高いタイプが近くにいたら、もう一人プライドの高いタイプを見つけて、議論させてみたらいかがでしょうか。

多分、お互いに、同じタイプだ、と認識すると思うんです。

似たタイプが、どう折り合いをつけるのか、あるいはつけられないのか、今後、この人たちと付き合っていかなければならないとしたら、また違った面や解決法が見えてくるかと思います。

4.自分のやり方がある

自分のやり方、マイルールがある人も正論を振りかざすタイプです。

そういった人は、自分の中の決まりごとを突っ込んで聞いてきたり、邪魔したりする人は、敵とみなすでしょう。

難しいのは、その「自分のやり方」をはっきりと文章にしているわけでもありませんし、だいたい自分を理解してくれる近しい友達がいるから大丈夫(そのルールを全て伝えているわけではない)と思っていることです。

ですが、人間、言葉なしでコニュニケーションを完璧に取ろうとするのは、無理ですよね。

けれども、このタイプの人は、特に近しい人たちに関しては、俺の主義、知ってるよね?いうまでもないよね?となってしまうのです。

といっても、一人の人間を完璧に理解しようなんて、不可能です。

だいたい、それが誰にしても、自分のことすら完璧にわかっている人さえいないものですから。

自尊心を満たそうとする

このマイルールタイプの正論さんにとって大切なのは、自尊心を満たすこと。

マイルールがしっかり通っているところで、賛同者が集まってくると、それだけでごきげん「オレサマ」キャラになります。

けれども、何かがうまくいかなかった時や、格上の相手に言い負かされた時、マイルールさんは落ち込みます。

もしかしたら言い負かされた人に恨みを持つかもしれません。

そんな割の合わない恨みを持たれても困りますから、極端な思考の相手には、言動には注意した方がいいでしょう。

5.せっかちである

せっかちな人も、正論を振り回す傾向にあります。

正論は、様々ある議論の中でも、一番先に掴みやすいもの。

人間の規範というのは、世界的に見てもそうバリエーション豊かではありませんから、根本は同じところが多いのです。

その分わかりやすくて、理解しやすい。

しかも簡単だから、味方につけやすい。

つまり正論は、せっかちさんにぴったりのツールだというわけです。

結論を急ぐ

せっかちさんは何より先に、結論を知りたいものです。

答えはAなのかBなのか、はたまた自分でも予想のつかない数字なのか。

そしてその結論を急ぐ中で、いくつかの重要なことを取りこぼします。

そのため、せっかちさんの正論は、他の人よりも抜けていたり、矛盾点が多かったりすることがよくあります。

気持ちに余裕がない

いつも急いでいるせっかちさん。

そのベンチに座って休憩しようよ、といったら、僕にはそんな時間はない!とどやされそうです。

かといって、ものすごい成果を上げているわけでもないのもせっかちさん。

要するに、気持ちに余裕がないんですね。

気持ちに余裕がなければ、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と自分を追い込んでしまいます。

結果、ケアレスミスが出たりするものです。

もしあなたがせっかちさんの上司なら、一呼吸する、休憩を取る、気持ちの切り替えの仕方を学ぶ、ということを推奨してみてはいかがでしょうか。

6.融通がきかない

融通が利かない人も、自分を守るための正論を振りかざします。

そこに言い訳めいたものがあるのが、このタイプの特徴です。

融通がきかないということは、自分でもわかっているはず。

それでも、それを知られたくなくて、正論で武装して、次の事態に備えているのです。

融通がきかない人というのは、本人も辛いはず。

これをしたい、あれをしたいと思っても、頭のどこかが止めてしまうのですから。

その融通のきかなさから自由になれない自分を助けてほしい、と思っている人の方が多いです。

固定観念が強い

固定観念が強いのも、融通が利かない人の特徴。

これをしなければならない、自分はこうあらなければならない。

その観念に縛られてしまって、抜け出せないでいるのです。

ですから、その人にとって正しいものは正しいもの。

正論は正論なんです。

そしてその正論に沿って生きていかなければならない自分に、いいようのない不安を抱えているかもしれません。

頑固である

融通が利かないということは、頑固だということでもあります。

一度決めたらそれに従う。

一度頭に埋められたことは、決して簡単に抜け出ていってはくれません。

そのくらい頑固になってしまうのです。

頑固というのはなかなかのもので、雨の吹きさらす場所に一晩いることができたり、一生話さないといった相手には、実際一生話さないといったことができます。

人間、多少の頑固さは意志があっていいかもしれませんが、行き過ぎると、それはそれでまた問題ですね。

正論を振りかざす人が嫌われる理由

往往にして、正論を振りかざす人は嫌われます。

でも、どうしてなのでしょう?

いってることは正しいのに、それを受け入れてもらえないのでしょうか?

たしかにその通りです。

けれども、正論を振りかざす人が嫌われる理由は、ちゃんとあるんです。

自分の周りのそんな人や、もしかしたら私かも、という方は気をつけて読んでみてくださね。

1.自分が正しいと思っている


正論を言う人は、前にも書いていますが、自分が正しいと思っている人です。

こういう人は大抵人の話を聞きません。

聞いたって無駄だと思ってるのです。

だって、正しいのは自分なんですから。

会話が進行している中でいきなり割って入って、自分の主張を延々と話したりします。

最初から、人の考えや感情を理解しようと思っていないので、結果、嫌われてしまうのです。