あなたの周りにもいませんか。

口をひらけばとにかく正論。

しかも議論に強いものだから、こっちとしては?と思っていても、きちんと順序立てて話すので、付け入る隙がないのです。

でも、世の中正論だけでは生きていけませんよね。

融通をきかせなければ、渡っていけない橋もたくさんありますよね。

ここでは、正論を振りかざす人の特徴と、そういう人が嫌われる理由、それをどう自分に反映させて、自分を成長させるかについて、説明していきます。

正論を振りかざす人の6個の特徴

あなたの身の回りに正論を振りかざす人はいませんか。

確かに主張していることは正しく、論理立っているのに、なんだか納得できないし、上から目線の態度に、自分はなんて情けないんだろうと、落ち込んでしまったりすることも。

でも、本当にそんな必要があるのでしょうか。

その人の周りの人たちは皆、面倒臭い、もう聞きたくない、ちょっと苦手、と思ってはいませんか。

どうして正論を振りかざすと、それが正しいにもかかわらず、迷惑だ、傷つく、近づいてきてほしくない、と思ってしまうものなのでしょうか。

こういった正論さんの特徴を6個、下記で詳しく説明していきたいと思います。

1.正義感が強い


正しいことは正しいこと。

間違っていることは間違っていること。

正しいことを知っている自分は、間違っていることを正さなければならない。

正論を振りかざす人は、「自分の発言や考えは正しい」という考えのもと、正義感が強くなりがちです。

その正しい自分がいうことなのだから、それを実施すれば事態は改善するはずなのです。

そしてもし反論があったならば、正論さんにとってそれは敵。

正しい自分が打ち負かさなければならない相手として認識します。

過剰に正論をぶつけようとする

相手が反論をしてきたとき、正義感が強い人は、過剰なほどに言葉を重ねて自分の主張を押しつけてきます。

自分は正しいことを言っているのだから、負けるはずがないと考えているのです。

ただ、どんなに自分が正しいと思っていても、少しばかり不安になるのが人間というもの。

その不安が過剰な言及となって、相手に降りかかってきます。

正論さんはどこか自分に酔っているのかもしれませんね。

そして、いい負かした際には、自分の正論で困っている人が少なくなっただろう、みんな感謝してくれてるんだろうなぁ、と都合よく、かつポジティブに解釈してしまうのです。

2.競争心が強い

競争心が強い人も、正論を振りかざしやすくなる人です。

そして絶対に負けたくない!と頑張ります。

その勢いがすごいのも、このタイプの特徴。

完全に言い負かされてもなお、何度も何度も何度でも、議論をぶつけてきます。

それはもう、こちらが疲れるほどに。

一歩下がって、その人の主張を聞いてみると、その議論の内容に矛盾点がいくつもあることがわかるかと思います。

競争心が強い人は、とにかく負ける気がありませんから、勢いを保ったまま、相手を説得できるまで、話を引き延ばそうとします。

否定されることを嫌う

正論を振りかざす人は、往々にして否定されることが苦手ですが、競争心が強いタイプはそれが強く出ます。

なんといっても自分が正しいと思っているのです。

そうであれば自分の主張は正しいことのはずだから、否定されるべきものではない、という思いが強く心にあるのです。

一旦自分の意見を否定されたら、倍返しどころか100倍返しの勢いで、あなたを説得にかかるでしょう。

もしこういうタイプの人に出会い、議論されてしまったら、もう仕方ありません。

絶対に否定せず、相手の満足いくまで話を続けさせてあげましょう。

終わったら、お疲れさま、と自分にご褒美は必須ですね。

負けず嫌いである

加えて、面倒くさいことに、競争心が強い人は、負けず嫌いでもあります。

だから、自分の議論が少しでもおかしいんじゃないか、などと突っ込まれると、壊れた機械みたいにその正しさをひたすら主張します。

競争心が強いということは、自分がいつでも上位にいたいということ。

負けず嫌いは生来の性分でしょう。

もしそんな人の議論に巻き込まれてしまったら、ひたすら黙りましょう。

そしてタイミングを見計らって、トイレに行くなど、一旦その場から退散。

その退散先で、10分後に〇〇室に来て、と誰かにメールを打ちましょう。

そしてその場から助け出してもらうのです。

そうすれば、際限なく続くかと思われる一方的な議論から逃れることができるでしょう。

3.プライドが高い

プライドの高い人も、正論を振りかざします。

自尊心が高いので、人に認められたいのです。

なので、その人が最も正しいだろうと思っていることを主張してきます。

そうやって自分の自尊心を満足させるんですね。

プライドが高い人にとって、そのプライドを守ることは、人生のうちでの重要な事項No.1か2くらいに入ってくるものです。

ですから、話の中で、なにか主張しなければならない時、プライドの高い人は、立ち上がってでもその人なりの正論をいうでしょう。

もしそれが論理立って本当に正しいものであれば、何割かの人には受け入れられるでしょう。

しかし、感情に任せて正論らしいものをぶつけてくると、めんどうでやっかいなことになります。

自分が間違っていても素直に認めれない

プライドが高い人は、何においても間違いを認めることが苦手です。

特に、自分が主張したことであれば、その人にとっては正論ですから、どこかがずれていても、「間違っているはずがない」と脳内修正されるのです。

もしあなたが、その議論の穴や矛盾点を突いたら・・・その人は必死で反論してくることでしょう。

それでもまだ矛盾がある、それを指摘し、それだったらこっちの案の方がいいんじゃないの、とでもいうと、その人は必死になって反論し、元の自分の案に固執するでしょう。

傷つきたくない

プライドが高い人は傷つきやすい人。

アキレスの腱よりもプライドをポキーンと折ってやった方が、ダメージが大きいでしょうね。

プライドと傷つきやすさは、兄弟のようなもの。

傷つきやすい心を守るためにプライドという鎧をまとったともいえます。

自分自身のトレーニングとしてプライドを高めているうちに、取りこぼしてしまった傷つきやすい部分があるのかもしれません。

そしてプライドが高ければ高い分、傷つきたくない、という思いも大きくなるのです。

その分正論を振りかざして、プライドを守るのでしょうね。

失敗を恐れている

プライドが高い人は、失敗が怖いものです。

失敗によって自分のプライドが崩れてしまうのが怖いのです。

そういう意味では、小さな子どもよりも弱い精神の持ち主かもしれませんね。

そして、その失敗を回避するために、正論で武装しているわけです。

こんなプライドの高いタイプが近くにいたら、もう一人プライドの高いタイプを見つけて、議論させてみたらいかがでしょうか。

多分、お互いに、同じタイプだ、と認識すると思うんです。

似たタイプが、どう折り合いをつけるのか、あるいはつけられないのか、今後、この人たちと付き合っていかなければならないとしたら、また違った面や解決法が見えてくるかと思います。

4.自分のやり方がある

自分のやり方、マイルールがある人も正論を振りかざすタイプです。

そういった人は、自分の中の決まりごとを突っ込んで聞いてきたり、邪魔したりする人は、敵とみなすでしょう。

難しいのは、その「自分のやり方」をはっきりと文章にしているわけでもありませんし、だいたい自分を理解してくれる近しい友達がいるから大丈夫(そのルールを全て伝えているわけではない)と思っていることです。

ですが、人間、言葉なしでコニュニケーションを完璧に取ろうとするのは、無理ですよね。

けれども、このタイプの人は、特に近しい人たちに関しては、俺の主義、知ってるよね?いうまでもないよね?となってしまうのです。

といっても、一人の人間を完璧に理解しようなんて、不可能です。

だいたい、それが誰にしても、自分のことすら完璧にわかっている人さえいないものですから。

自尊心を満たそうとする

このマイルールタイプの正論さんにとって大切なのは、自尊心を満たすこと。

マイルールがしっかり通っているところで、賛同者が集まってくると、それだけでごきげん「オレサマ」キャラになります。

けれども、何かがうまくいかなかった時や、格上の相手に言い負かされた時、マイルールさんは落ち込みます。

もしかしたら言い負かされた人に恨みを持つかもしれません。

そんな割の合わない恨みを持たれても困りますから、極端な思考の相手には、言動には注意した方がいいでしょう。

5.せっかちである

せっかちな人も、正論を振り回す傾向にあります。

正論は、様々ある議論の中でも、一番先に掴みやすいもの。

人間の規範というのは、世界的に見てもそうバリエーション豊かではありませんから、根本は同じところが多いのです。

その分わかりやすくて、理解しやすい。

しかも簡単だから、味方につけやすい。

つまり正論は、せっかちさんにぴったりのツールだというわけです。

結論を急ぐ

せっかちさんは何より先に、結論を知りたいものです。

答えはAなのかBなのか、はたまた自分でも予想のつかない数字なのか。

そしてその結論を急ぐ中で、いくつかの重要なことを取りこぼします。

そのため、せっかちさんの正論は、他の人よりも抜けていたり、矛盾点が多かったりすることがよくあります。

気持ちに余裕がない

いつも急いでいるせっかちさん。

そのベンチに座って休憩しようよ、といったら、僕にはそんな時間はない!とどやされそうです。

かといって、ものすごい成果を上げているわけでもないのもせっかちさん。

要するに、気持ちに余裕がないんですね。

気持ちに余裕がなければ、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と自分を追い込んでしまいます。

結果、ケアレスミスが出たりするものです。

もしあなたがせっかちさんの上司なら、一呼吸する、休憩を取る、気持ちの切り替えの仕方を学ぶ、ということを推奨してみてはいかがでしょうか。

6.融通がきかない

融通が利かない人も、自分を守るための正論を振りかざします。

そこに言い訳めいたものがあるのが、このタイプの特徴です。

融通がきかないということは、自分でもわかっているはず。

それでも、それを知られたくなくて、正論で武装して、次の事態に備えているのです。

融通がきかない人というのは、本人も辛いはず。

これをしたい、あれをしたいと思っても、頭のどこかが止めてしまうのですから。

その融通のきかなさから自由になれない自分を助けてほしい、と思っている人の方が多いです。

固定観念が強い

固定観念が強いのも、融通が利かない人の特徴。

これをしなければならない、自分はこうあらなければならない。

その観念に縛られてしまって、抜け出せないでいるのです。

ですから、その人にとって正しいものは正しいもの。

正論は正論なんです。

そしてその正論に沿って生きていかなければならない自分に、いいようのない不安を抱えているかもしれません。

頑固である

融通が利かないということは、頑固だということでもあります。

一度決めたらそれに従う。

一度頭に埋められたことは、決して簡単に抜け出ていってはくれません。

そのくらい頑固になってしまうのです。

頑固というのはなかなかのもので、雨の吹きさらす場所に一晩いることができたり、一生話さないといった相手には、実際一生話さないといったことができます。

人間、多少の頑固さは意志があっていいかもしれませんが、行き過ぎると、それはそれでまた問題ですね。

正論を振りかざす人が嫌われる理由

往往にして、正論を振りかざす人は嫌われます。

でも、どうしてなのでしょう?

いってることは正しいのに、それを受け入れてもらえないのでしょうか?

たしかにその通りです。

けれども、正論を振りかざす人が嫌われる理由は、ちゃんとあるんです。

自分の周りのそんな人や、もしかしたら私かも、という方は気をつけて読んでみてくださね。

1.自分が正しいと思っている


正論を言う人は、前にも書いていますが、自分が正しいと思っている人です。

こういう人は大抵人の話を聞きません。

聞いたって無駄だと思ってるのです。

だって、正しいのは自分なんですから。

会話が進行している中でいきなり割って入って、自分の主張を延々と話したりします。

最初から、人の考えや感情を理解しようと思っていないので、結果、嫌われてしまうのです。

相手を否定しがち

正論さんにとって正しいのは自分ですから、その他の意見は全て間違っているということになります。

少し間違っている人もいるでしょうし、大いに間違っている人もいるでしょう。

度合いは違いますが、その間違っている具合を否定する傾向があります。

それは、相手を否定することと同じこと。

自分の理論についていけない人は、完全な脳を持っていないとでも思っているのでしょう。

全ての人は自分より知性が低く、程度の差こそあれ、何かしら間違っている。

このような考えを持っていては、近しい友達を作るのは難しいでしょうね。

皆が避けていきそうです。

2.相手を言い負かそうとする

正論を振りかざす人は、たいてい上から目線です。

何といっても正しいことを知っているのですから、もし相手が何かいっても、自分自身の正論の中で言い負かそうとします。

それが正論なので、こちらも反論もしづらい。

そんな中、相手が反論できないことをいいことに、畳み掛けるように議論してきます。

でも、聞いている側も人間です。

なんでこんなにいわれなければならないんだ、正論だからって、社会で通じるものばかりではないぞ、とそんな気分になってしまいますよね。

正論をかざす人が嫌われるのは、こういった理由もあります。

理論詰めで会話を進める

このタイプの人は、会話が全て理論詰め。

小学中学高校と、あまり会話のキャッチボールをしてこなかったのかもしれません。

一番よく喋れるものといえば、誰かと議論すること。

なので、こういった人と一緒にいると、いつのまにか普通の会話が議論になり、はっと思った時には、相手に言い負かされています。

しかもかなり酷い言葉で。

もちろん言い負かされずに勝つ人もいるでしょう。

どちらにしても、疲れることは必須です。

そのうち、この人と話すのは面倒くさい、と皆が思い始め、その人の周りには人が集まらなくなります。

3.見下している

正論を振りかざす人の多くは、自分以外の人々を見下しています。

なぜなら、正しいことを知っているのは自分で、それ以外の人は間違った認識しかしていないと思っているからです。

こういう人は、どんな事態にも同じ方程式を当てはめます。

トップは自分。

あとは、どのくらいの雑魚キャラなのか、ちょっと観察しながら見ています。

時に、あ、こいつ強そうだな、と思う人が出てきても、ひるむことはありません。

この世で一番正しいのは自分なんですから。

そのことを思い知らせるために、議論を交わしたりもします。

自分は優位であると思いがち

誰よりも正しいことを知っている自分は、誰よりも優位に立っていると考えがちなのも、見下しているタイプさんの特徴です。

本当は自分を守るための武装の一部なんですけれどね。

とはいえ、だれかと論理を戦えると言うことは、それなりの知性の持ち主ではあるのです。

そのことも、その人としては分かっているはず。

それがまた、正論を振りかざすきっかけになっていたりするのです。

4.親切だと思い込んでいることも

正論を振りかざす人は、もしかしたら正しいことを人に伝えるべき、という心でいるかもしれません。

その人が正論を語る時、それは正しいことを伝えたい、正しいことを知ってほしい、そうすれば誰もが楽になるから、という親切心からいっている可能性もあります。

みんなハッピーになりましょう、といったタイプの人は、親切心からの場合が多いです。

同じ正論をひけらかしているのですが、笑顔で、信じ切った顔で、何かに委ねたような優雅さでいわれたら、そうかもしれない、とちょっと思ってしまいますよね。

もしかしたら、正論を振りかざすタイプで一番怖いのは、このタイプかもしれません。

相手のためだと思っている

こういった人は、正しいことや親切を広めるのは、自分の使命と思っているところがあります。

だた、その親切も正しいことも受け取れない状態にある人はいます。

そういった人に無理やり正しさを説こうとしても、失敗するでしょう。

あなたのためにいったのに、と落ち込まれても困りますが。

こういった人は、ある程度の距離をとって、他人として接したほうがいいでしょう。

その人は親切でしょうから、困ったな、という顔をしていたら、無邪気な親切心で、大丈夫、と聞いてきます。

そこで凛と、大丈夫、気にしないで、といえたら大合格です。

今後その人の正しいこと論を聞くこともなくなるでしょう。

5.曖昧さを嫌う

正しいことを振りかざす人は、いつだって白か黒。

曖昧なグレーは好みません。

物事には必ず正しいことと間違っているものがある、というのが彼らの持論。

ですから、白か黒か、いつでも必ず決めていたいんです。

曖昧なことは、中途半端なこと。

物事中途半端では足元がおぼつかないですから。

しっかりした地面に立っていたいんですね。

そう考えると、正しいことを振り貸さず人は、曖昧なところでは落ち着かない、ということがわかります。

白黒はっきりつけたがる

これも上に書いた通りで、正論さんは、いつだって、そして何事に対しても、白か黒かをはっきり分けておきたいんです。

そのほうが落ち着きますから。

右なら右、左なら左、好きなら好き、嫌いなら嫌い。

そう考えると、思考としては単純ですね。

ただ、そこに議論が入ってくるのがめんどうくさいところ。

「わぁ、わかりやすいね」「びしっとしているね」とコメントするだけにして、議論からはさっさと逃げましょう。

6.自分の都合が優先

正しいことを振りかざす人は、自分が基準。

ですから、自分の体調、予定、希望、気分を何より優先します。

そして自分の都合に合わなそうな時で、自分が原因ではないときは、電車にしろ、飛行機にしろ、車掌さんやCAさんに正論をぶつけにいきます。

自分に有利な何かを得るまで、ひたすら話を詰めようとするでしょう。

そばにいる人からしたら、ちょっと迷惑ですよね。

車掌さんのせいでもCAさんのせいでもないんですもの。

それでも、自分の都合が優先になってしまうのが、正しさを振りかざす人。

時間通り、スケジュール通りに物事が進んでいないと不安になってしまうのです。

常に自分中心である

こういう人は、とにかくいつも自分が中心です。

正しいことを振りかざす時でなくても、自分が中心。

みんなで買い物にいったら、一番可愛いものを選ぶのはこの人でしょう。

レストランを決めるのもこの人。

しかも、褒めて、褒めて、というオーラが出ているので、一緒にいる人は疲れます。

そこでゆっくりしてると、「ひ弱ね〜」なんていわれたりするんです。

だって自分が中心、自分についてこられない人なんて考えられないんですから。

7.嫉妬深い

正論を振りかざす人は、つまり何事においても人の上に立ちたがる人、いつでも自分がリーダーだと思っている人です。

そしてそうなれないとき、周りに対して競争心を抱き、かつ嫉妬するのです。

人の上に立ちたい、ということは、目立ちたいということでもありますよね。

なので、もしその場に自分よりも目立っていたり、力があってリーダー格の人がいると、劣等感から嫉妬してしまうのです。

これは根深い嫉妬なので、簡単には崩れてくれません。

また、その人を批判し、否定して、自分が上に立とうとします。

それができない場合、とにかく攻撃的で正論めいた議論を重ねるため、これを苦手に思う人が増えていくのです。

8.共感してくれない

男女間の認識の違いで、正論さんが嫌われることもあります。

たとえば、女性は愚痴をいうとき、それはただ聞いてほしい、頑張ったね、大変だったね、といってほしいだけであって、アドバイスなどは求めていないことが多いです。

それに反し、正論さんは、自分が解決してやろうとばかりに、正論のアドバイスをするのです。

これは、女性にとっては迷惑なだけ。

気持ちも察してくれずに、正論で理詰めされると、すでに溜まっているストレスがさらに増えてしまいますよね。

それが正論さんの嫌われる原因になります。

特にそれが厳しい言葉だった場合、いわれた方は傷つき、その人の元から去っていくでしょう。

正論さんとのうまい付き合い方

正論を振りかざす人のそばにいると、日常的にいろんなことが起こって、疲れてしまうのではないかと思います。

ですからその前に、あなた自身を防御しなくてはなりませんよね。

その方法をいくつか紹介していきます。

話半分に聞く

相手は正論をいいたいのですから、勝手にいわせておきましょう。

こちらは右の耳から左の耳へ流れていく感じで、真剣に聞かなくても大丈夫です。

ちゃんと聞いて反論すると、またさらなる論議が展開されるだけですからね。

疲れてしまいますし、ますますその人のことを嫌いになってしまうでしょう。

この先も付き合っていかなければならない人であれば、適度な距離を保ち、時々は話を聞いてくれない人、というスタンスでいるのがいいでしょう。

その方がお互い楽な気持ちで付き合えます。

気づいたら直す

正論を振りかざす人は、さすが正論、時々とても役立つことをいってくれます。

そんな時には、相手にいう必要はありませんが、その正論にしたがってそうっと自分を省みてみましょう。

少し大人になった自分に気づけると思います。

また正論さんを反面教師として人との付き合い方を学んでいくというのもアリでしょう。

コミュニケーションの取り方が上手くなれば、その分人付き合いが楽になり、上手に世の中を渡っていけるでしょう。

そういう思いで正論さんのいうことを聞いていると、なかなか勉強になるかと思います。

割り切る

正論さんは正論さんと認め、そこから進歩はないものと考え、割り切って付き合うのも、こちらが傷きにくい付き合い方です。

世の中にはたくさんの事情があり、人々は大抵正論から外れて生きています。

それなのに正論を振りかざすということは、学ばない、聞く耳も持たない、自分に凝り固まっている人。

そんな人に人生振り回されていてはもったいないですよね。

なので、この人はこういう人だと割り切って、自分なりの距離を決めて付き合っていきましょう。

どうでもいいことなら譲る

正論さんは、どうでもいいことにも正論を振りかざして議論しようとすることがあります。

もしいわれたことが、自分にとって「どうでもいいこと」であれば、その場を譲ってあげましょう。

正論さんもそのプライドを守れますし、あなたもとりあえずその場を収められて解放されます。

また、自分の意見を聞いてくれたことで、正論さんはあなたのことを味方と考え、態度が甘くなることでしょう。

極力関わらないようにする

正論さんと付き合ううちに、もうやってられない。

この人とは性格が合わない。

一緒にいるのに疲れた。

などと感じたら、少しずつ距離をおいて、最終的には関わらないようにするのが、自分の心を守るためにも懸命です。

合わない人と話をしていても、ストレスが溜まってしまいますからね。

縁を切りやすい友人などならいいですが、もし仕事上などでどうしても会わなくてはならない場合は、誰か他の人を連れていって、その人に話してもらうのもいい方法です。

また、その人が同じようにその正論さんが苦手なら、二人で行けば苦痛は半分で済みますし、その苦痛を分け合うこともできるでしょう。

理解し合える相手がいれば、正論さんと付き合うストレスも減っていくかと思います。

相手を論破する

正論さんと話していて、相手が意見を押し付けてきたとき、ふと怒りが湧いてきたなら、矛盾点を探して、そこをつき、相手を論破してしまうのもいいでしょう。

正論さんの議論は、実はどこかに矛盾点があることがほとんど。

冷静に聞いてみると、あれ、と気づく点があるでしょう。

そこをついて、理詰めでやり返すのです。

相手も猛追してくるでしょうが、こちらが冷静でいる限り大丈夫です。

この方法は、正論さんをやり込めるのに強力ですが、他の人から見ると、もしかしてあなたも同類かも、と思われてしまう危険がありますので、できれば1対1で話せる場で行うようにしましょう。

【論破するためのテクニックは、こちらの記事もチェック!】

正論さんと出会ったら

正論さんは、どの場所にでもいるものです。

自分が一番正しいと思っている人は、相手を思いやっているつもりでも迷惑をかけていたり、上から目線だったりします。

そして、そのことに気づいていない、あるいは気づいていても気づいていないふりをします。

もし、今、正論さんに困っているなら、今後出会うことがあったら、まずは無難に、その人にとって目立たないような言動を心がけましょう。

距離を置くのが一番の解決方法です。

それができない場合は、とにかく相手と二人っきりにならないように気をつけましょう。

自分の心を守り、ストレスを溜めないようにすることを優先し、そのためにはその正論さんにどんな対処法を取ったらいいか考えて行動してください。

周りの手助けを借りてもいいですね。

困った正論さんには、上手な対処法を知っておくのが一番です。