人類みな兄弟!

人間の祖先をさかのぼって行けば、そんな極論もあながち間違ってはいないのかもしれません。

けれど、実際には自分が認識している知り合いなどそれほど多いものではありません。

普段から連絡を取っている人など、きちんとその人となりを認識している人は一体どの程度居るのでしょうか。

自分が思っているよりも意外と少ないなんてこともある事でしょう。

ですが、自分が認識しているかどうかにかかわらず私たちは人生の中で沢山の人と出会っています。

同じ学校に通っていた人も居れば利用するお店が一緒の人だっているかもしれません。

知っているような気がするけど、そこまで深くは知らない。

そんな友達とは言えない人々の事を『知り合い』というのです。

街中で、知り合いにばったり会ってしまったとき、あなたならどんな対応を取りますか?

いきなり話しかける事が出来る人も居れば、とりあえず逃げてしまう人だっている事でしょう。

どれが正解でどれが間違っているのかはわかりません。

ですが、自分の行動を今一度見直す事によって、人間関係をより円滑なものにしていく事が出来るかもしれません。

そこで今回は、街中で知り合いかも!と思ったときの対処方法についてご紹介させていただきます。

いつもどう対応したら良いのか分からず困っていた人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

予想していなかったところで知り合いに遭遇!そんな経験ありませんか?

世間は意外と狭いものです。

自分としては、普段とは全く関係のない場所に来ているつもりなのにも関わらず、そこで知り合いにあってしまったりする場合もあります。

直接知り合いに会う事が無かったとしても、知り合いの知り合い。

そんな、意外と近い人物であればすぐにでも知り合ってしまう事もあるでしょう。

そのせいでちょっと気まずい経験をする事もあるかもしれません。

始めから知り合いに会うという事が分かっていれば、心の準備をする事も出来るでしょう。

外用に自分のキャラを変えている人は、自分のイメージを崩さずに済むかもしれません。

ですが、急に知り合いに会ってしまうと、自分を偽る時間が無くぼろが出てしまうでしょう。

わざわざキャラを変えるような面倒な事をしていなかったとしても、予期していなかった時に知り合いに会う事は意外とストレスになる場合があります。

友達なら普通に話をして盛り上がる事が出来たとしても『知り合い』だからこそ、気まずい空気が流れてしまうなんて事もあるのです。

誰とでも気にせず仲良くする事が出来る人の場合には、そんな面倒な事でいちいち悩む事も無いのでしょう。

けれど、そのような性格を持っている人はそう多くはありません。

それ以外の多くの人が、他人からどう思われているのかを意識しながら行動しているのです。

だからこそ、知り合いに会ってしまう事が苦手だと言う人も少なくないでしょう。

どこかで会ったかも?でも本人か分からない!そんな時の4個の対処法

『知り合い』と言ってもいろいろなタイプが居ます。

友達というほど親しくはないけれど、きちんとそn人の事を知っている。

お互いに名前も顔も一致している人も居るでしょう。

ですが、中には、顔と名前が一致せずうろ覚えの人も居るのです。

人間、生活していればいろいろな人とかかわっているものです。

誰とも関わらず静かに過ごしていたいと思っていたとしても、またく誰にも関わらず生きていく事など不可能です。

友達と呼べる人が居なかったとしてもよく利用するお店の店員さんや近所の人など、誰もが必ず他人との少なからずの接点を持って生活しています。

だからこそ、私たちはどうしても良く知らない知り合いが増えてしまうのかもしれません。

知り合いが居る場合、一番簡単な方法は話をする事です。

相手が本当に自分の知り合いかどうか分からなかったとしても、話をしてしまえばいいのです。

そうする事によって確認する事が出来ます。

例え違っていたとしても、そこから仲良くなる事だって出来るかもしれません。

ですが、それはかなりの高等テクニックです。

きっとこれを実践する事が出来る人などそう多くはないでしょう。

だからこそ、これからご紹介する対処方法を知る事によってより実践的な方法を身に着ける事が出来るようになる事でしょう。

とっさの行動は意外と頭が働かないものです。

だからこそ、事前に自分がするべき事を考えておく事によって困ったときの行動を決めておく事が出来ます。

そうする事によって後から後悔するような事にならずに過ごす事が出来るようになるのではないでしょうか。

1、気づいていないフリをする

知っているけど知らない。

本人かどうか分からないという状況は、何とも微妙なものです。

革新的にその人だという事がわかっていれば迷うことなく行動に出る事も出るでしょう。

けれど、そこに確信を持つ事が出来ないからこそ、どうしたら良いのか分からず困ってしまうのです。

そんな時、多くの人がしてしまう事があります。

それは気づいていないふりをする事です。

一般的な感覚の人の場合、もし知り合いだったら気が付いているのに挨拶をしない事は失礼だと感じるものです。

特に目上の人や、会社の知り合いなどの場合には無視してしまう事が後から大きな問題になる事もあるでしょう。

だからこそ、無視は良くありません。

けれど、本人か分からない状態でいきなり話しかける事に抵抗を感じる事もあるかもしれません。

だからこそ、そもそも気が付いていないように行動するのです。

相手の事が目に入っていない。

全く意識していない。

そんな行動を取る事が出来れば、相手も無視されているとは気が付かないかもしれません。

それによって相手から話しかけられる事があればそれこそ本当の知り合いという確証を持つ事が出来るようになる事でしょう。

少々手荒な方法ではあるものの、自分を傷つけず相手との関係を壊さない為には最善の方法なのかもしれません。

2、違う道に行く

目の前から知り合いかもしれない人が居た場合には、いきなり道を変更する事は少々角が立ってしまう場合もあります。

相手があなたに気が付いている場合、わざと避けられたと思い嫌な思いをする事もあるかもしれません。

ですが、もし後ろ姿や違う道を歩いている場合には相手はまだ気が付いていない場合もあります。

そんな時には道を変更してしまいましょう。

本当であれば、話しかけたり挨拶をする事が大切なのかもしれません。

そうする事によってその人との仲を作っていく事が出来るかもしれません。

ですが、それは同時にリスクを感じる事でもあるでしょう。

もし知り合いでなかった場合には変な空気になってしまう事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、私たちはそうならないようにする為に、危険を回避する事もまた必要な事なのです。

自分の中で相手が知り合いかどうかの確信が持てない場合には、無理して相手の事を知ろうとする必要はありません。

無理せず避けてしまう事も一つの方法です。

『私はまるで気が付いていません』そんな姿になる事が出来れば、あいてに嫌な思いをさせずに離れる事が出来るかもしれません。

3、思い切って声をかける


もし、相手を避けたりする事が出来ない状況だったりすでに相手に気がつかれているような場合には、そのまま逃げる事は出来ません。

そうなってしまったら、思い切って声をかけてしまいましょう。

思い切って声をかける事によって心のつっかえを取る事が出来るようになる事でしょう。

上手く相手を避ける事が出来たと思っていたとしても、意外と避ける事が出来ていない場合もあります。

もしかしたら、相手が気が付いていたかもしれない。

気が付いていたのに相手の事を避けてしまったかもしれない。

そんな事を思っているとモヤモヤとした気持ちがどんどんと大きくなってしまうものです。

不安な気持ちが大きくなり、結局自分の行動を後悔する事になる場合もあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為には思い切って声をかけてみる事も一つの方法です。

直接声をかけてしまえば、その人の事が知り合いかどうかは直ぐにわかります。

相手の事を知らなければ、知らないなりに間違いを謝罪する必要はあるものの『知り合いだったかもしれない』というモヤモヤを持つ必要はなくなるのではないでしょうか。

嘘をつく事が苦手だったり相手にどう思われているかどうかを気にしてしまうタイプの人は、避ける方がストレスを大きく感じてしまう場合もあります。

だからこそ、そうならないようにする為にも思い切った行動に出てみる事も一つの方法ではないでしょうか。

4、目が合うまで見てみる


もし、相手が自分の事を知っていた場合目が合えば何らかの行動を取るはずです。

挨拶をする事もあれば、向こうから話しかけられる事だってある事でしょう。

だからこそ、自分から行動する前に、まず相手の行動に判断をゆだねてみるのです。

人間の記憶とは実にあいまいなものです。

横顔は知り合いに似ていると思っても、実際正面から顔を見てみると全く違った顔だったなんて事もある事でしょう。

だからこそ、あえて顔をしっかり見る事によって、相手に自分の存在を思いきりアピールしてみましょう。

そうする事によってどんな反応をするかどうかを見極める事が出来るのです。

もし、相手が何も反応しないのであれば知り合いでは無いという判断の基準にする事だって出来る事でしょう。

自分で決断する勇気が無い人は、このような方法を取る事によっても相手の気持ちを知る事が出来るようになる事でしょう。

知り合いとは?

そもそも知り合いとはいったいどんな人を指すのでしょうか。

友達と顔見知りとの違いは一体どこにあるのでしょう。

その定義は実にあいまいであり、人によってその判断基準は違っているはずです。

一度話をした事があればすでに友達だと判断する事が出来る人も居れば、数回みんなで食事をした程度の関係であれば、知り合いと認識する人も居ます。

だからこそ、どこまでが知り合いなのかどうかは実にあいまいなものなのです。

『知り合い』の基準は様々ですが、それに関する悩みは大差がありません。

自分の中での『知り合い』にあった場合、どのような対応をしたらいいのか迷ってしまう事もあるでしょう。

一緒にすごす時間だけでは判断する事が出来ない部分でもあります。

これからご紹介する事例は、一般的に多くの人が『知り合い』と感じる相手の事を紹介しています。

自分では友達と認識している人も、社会的に見れば知り合いに分類される事もあるでしょう。

相手の反応があまり良くなかった場合には、相手はあなたを知り合いだと思っているからこそ良い反応をする事が出来なかったのかもしれません。

そんな事も頭の中に入れつつ自分の行動や相手との関係性をもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

昔の同級生

今の日本の義務教育は、中学生までです。

ですが、多くの方が高校まで進学するケースが殆どです。

そればかりか、大学や専門学校などにまで進む人も珍し事ではありません。

だからこそ、長い年月をかけて多くの人と知り合う事となります。

その中には、一生忘れる事が出来ないほど、深い仲になる事が出来るほどの友達に出会う事も出来るでしょう。

しかし、反対に顔はしっているけど殆ど会話をしたことが無いなんて事もあるかもしれません。

その場合、その人の事は自分の中での知り合いとなるはずです。

また、昔はそれなりに仲が良かった相手だとしても月日が流れる中で全く連絡を取らなくなってしまう事も考えられます。

その場合、数年ぶりに会う相手はもはや友達ではなく知り合いとなってしまっている場合もあります。

何を話したらいいのか分からず困ってしまう事もあるでしょう。

自分の気持ちだけでは、その距離感を埋める事は出来ません。

だからこそ、いきなり会ったその人に対して、苦手意識を感じたり知り合いかもしれないからこそ、逃げたくなるという事もあるかもしれません。

ママ友

ママ友とは、ママ同士の知り合いという事です。

子供同士が同じクラスや同じ学年の場合、自分にその人が合うかどうかは関係なく、挨拶をしたり一緒に会話をする機会を持つ場合もあります。

そのような関係の事をママ友と言います。

ママ友は、ドラマの題材にもたびたびされるほど実に面倒な関係に発展してしまう場合もあります。

本当なら一緒に居たくない・自分には合わないと思うような相手だとしても子供の事があるとなかなかそうもいかない場合もあります。

実際には相手の事は何も知らないけれど『○○君のママ』『○○ちゃんのママ』として、お互いに認識している場合もあります。

このような関係の場合、共通の場所で出会う事が多くなります。

だからこそ、その場所を離れ全く関係の無い場所でその人に会ったときどんな対応をすればいいのか分からなくなってしまうのです。

友達だけど友達じゃない。

知っているけど知らない。

そんな曖昧な関係だからこそ、どうしたら良いのか分からなくなってしまうのかもしれません。

大人になると自分の周りには自分の知り合いだけでは無く家族を通じての知り合いも多くなる事でしょう。

その場合、自分の意志に反して付き合いを続けていかなければならない場合もあります。

その人の事は全く好きではなかったとしても、仲良くしなければならない事もあるのです。

そんな日々だからこそ、どんな対応をしたらいいのか分からなくなってしまうのでしょう。