『好き』って簡単に言うけれど、それってどんな気持ち?

 『好き』という感情がどんなものかわからないという人、実は増えているそうです。

誰かを好きになるということがいまいちよくわからず、恋人を作れない。

なにが好きなのか、なぜ好きなのか、好きという感情がわかない原因はなんなのか。

『好き』とはどんなことなのか、について、今回はご紹介していきます。

みんな大好き♡恋バナ

『恋バナ』とは、文字通り恋のお話。

女性が集まると恋バナに花が咲くというイメージがありますよね。

修学旅行の夜は夜更かしして恋バナ、というのも定番です。

恋人とののろけ話やグチ、片思いの相手との話。

いろんな話で盛り上がりますよね。

女性は七割以上の人が恋バナが好きだと言われています。

その理由は、人の恋バナが勉強になる、いろんなエピソードを聞けるのが楽しい、などがあげられます。

本や映画を楽しむように人の恋模様を楽しんでいる人もいるようですね。

俗に言う『恋愛体質』な女性は、男の人全てを恋愛対象の男性として意識し、

特に恋の感情がない相手でも、男の人であればとりあえず好意的にふるまい、関係性が発展したときに備えるのだそうです。

常に油断なく獲物に目を配る恋愛ハンターという感じですよね!

女の子は男の子に比べて成長がはやくて、いわゆる『おませ』で、早い人は三歳くらいから恋愛感情を抱くようになるそうです。

幼稚園の頃の「○○くんが好き」「○○ちゃんが好き」は、女の子の場合と男の子の場合で本気度に差がありそうです。

そんな小さいときから恋を始め、少女漫画などからも影響を受けて自分でも妄想するようになる百戦錬磨な女性たち。

恋に恋してみたり、恋をしてどきどきしたり嬉しくなったりとふわふわする気持ちを、仲の良い友達と共有することで楽しむのですね。

自分が自分の恋の話をしているときは自分が主役になれるので、

映画のヒロインになったような気持ちになって自慢したり、辛い気持ちを発散したりもできるようです。

いろんな理由で女性は恋バナが好きなようですね。

この感情は「好き」なの?

自分の気持ちながら、これは「好き」なのかわからないとき、ありますよね。

好意は抱いているけれど、これが恋愛感情としての好きなのか、友達としての好きなのか。

たまたま気の合う人が目の前に現れたから、好きだと勘違いしているだけなのかも……?

人として尊敬している、趣味が合う、友達として好きだと思う。

そんな『LIKE』の感情と、恋人同士になりたい、二人でいたいという『LOVE』な感情の境目は、確かに微妙なものがあります。

自分でも区別がつかないことがあるのです。

特に男性はこの『LIKE』と『LOVE』の感情の境界線が曖昧だそうですが、

女性も「本当にこの気持ちは好きなの?」というのがわからない、確信がもてないときというのがあります。

「好き」ってこういうこと!

『好き』とは、相手に惹きつけられることです。

相手のことをつい考えてしまう。

強く惹きつけられて興味を持ってしまう。

反対に、相手に自分に対して興味を持って欲しい。

必要とされたい、という思いが発露するのが、『好き』という気持ちです。

でも本当は、『好き』という気持ちは言葉で説明するようなものではありません。

本能的なもので、「こうしたい」「こういうところが魅力的だから好きだと思う」というのは、

後からいくらでも考えて言葉にすることができますが、好きという気持ち自体は理屈ではないものなのです。

とにかく好きになったら好きだし、とめられない気持ちなのです。

そんな『好き』という感情がわからないという人も、少なくありません。

今まで人を好きになったことがないので理解ができないという場合もありますが、単に好きという感情を認識できないというケースもあります。

好きという気持ちが生まれにくい、または自覚できないという状況にあるという場合です。

感情が強すぎて好きになってしまうと自分の感情を制御できなくなってしまうので、

無意識に人を好きになることを避けていたり、自分に自信がなくて自分のような人間が人並みに誰かを好きになるはずがないと思いこんでしまったりします。

人を信じられず他人を好きにならないようにしていたり、恋愛感情を抱く好意というもの自体に嫌悪感があったり、というパターンもあります。

そういう人は恋愛体質の女性を軽蔑していることが多く、まさか自分がそんな風に恋愛に落ちるわけがないと思っています。

人を好きになって好きだという気持ちですべてがいっぱいになって、

自分が相手に支配されているような気持ちになり、自分の本来の生活が崩れてしまうことを避けるということもあります。

過去になにかトラウマをかかえてしまって、恋愛ができなくなっていたり、友達になってしまってそのノリから抜け出せなかったり、というケースもありそうです。

いずれも意識的に恋愛を避ける場合と、無意識で恋愛を避けてしまう場合があります。

好きという感情は意識的にしろ無意識的にしろ、避けたくなるほど、自分の日常が変わってしまうようなそれほど強いものなのです。

「もっと」の気持ちがある

好きという感情は、恋愛している間にはどんどん増えていくものです。

どんどん次を求めてしまい、満足するということがありません。

常に「もっとこうしたい」という願望が出て来るでしょう。

もっと2人きりで会いたい!

好きな人とは一緒にいたいもの。

何度でも会いたいですよね。

なかなか会えないと寂しくて切ない気持ちになります。

片思いのときは、会いたい気持ちを相手にぶつけられないので余計切ないですね。

また、遠距離恋愛をしていたり、お互いに仕事が忙しかったりすると、なかなか都合が合わなくて気軽には会えません。

会えないでいると、相手が自分のことをどう思っているのかわからなくなってしまい、不安になってしまいます。

自分の会いたいという気持ちと相手の気持ちとの温度差も気になってしまいますね。

学校の教室やグループデートなど、みんなでいる時に会うのは、顔が見られること自体は嬉しいのですが

それだけでは会いたいという気持ちはあまり満たされません。

2人きりで会いたいという気持ちの中には、相手を独占したいという気持ちがあるでしょう。

好きになると相手の時間を独り占めしたくなります。

他の人と話している姿を見て嫉妬してしまうこともあるかもしれませんね。

もっと近づいて触りたい

好きな人にはできるだけ近づきたいもの。

特に女性は、男性よりも触覚に敏感です。

触れ合うことで好きな人と近くにいることをより実感し、満足します。

また、触れることで自分の気持ちを伝えたいというところもあります。

スキンシップすることで気持ちが安らぐという部分もありますね。

一説には、好きな人と30秒間抱き合うことで抱えているストレスの三分の一が解消できると言われているほどです。

手で触ったり抱きしめたりが簡単にできる距離は密接距離と言われ、

一般的に言われるパーソナルスペースという他人と取りたい距離よりを超えた近い距離になります。

心を許している相手だからこそ近づきたいと思うのです。

抱き合ったり、手を繋いだり、近くによったり、そうしたことで好きという気持ちを満たしていきます。

もっと相手を知りたい

片思いか両思いかに限らず、好きな人のことはどんなことでも知りたくなってしまいます。

そんなことは無理だとわかっていても、全てが知りたい。

好きになると独占欲が出てきてしまうものです。

相手を知りたいと思うのもそのせい。

自分が相手の特別な人になりたいと思い、相手のことを知ることで自分の独占欲を満たしたいと思うのです。

相手のことを知っていると思えれば、自分は特別な存在だと思いますし、片思いの場合はライバルに対して、

自分は相手のこんなことも知っている!と思うことで自信に繋がり満足感を得られます。

安心感や優越感も得られますね。

自分が相手にとって近い存在であると思うことができます。

たとえば芸能人などに対しての好きという感情も、相手のことを知ることで独占欲を満たし、

他のファンたちに比べて自分は特別である、こんなことまで知っている、という優越感を抱くことができるため、

ファンクラブに入ったり雑誌を読んだり、人によっては追っかけといわれる行為をしてプライベートなことも知りたいと思ってしまうのです。

片思いの場合は相手の気持ちがわからないのが不安ですし、少しでも情報を得て近づき、好かれたいと思います。

相手へのアプローチ方法の参考になるかもしれませんし、相手の好きなものを好きになることで共通の話題を得ることができるかもしれません。

もっと自分を知ってほしい

自分のことを知ってほしいという感情が出て来るのも、『好き』という感情の特徴のひとつです。

自分のことを相手に興味を持って欲しい。

全てを知ってもっと好きになって欲しい、と思うのです。

また、自分の話を聞いて興味を示してくれるということは、自分に対して好意を抱いているということにもなります。

好きな人が自分に対して興味を持ってくれている、と思えるのは自信に繋がりますね。

異性といるところを見て嫉妬する

好きな人が異性といるところを見ると、好きな人がとられてしまったような気がして悲しくなるものです。

嫉妬しないようにしようと思っても、自然に湧いてしまう感情なところが厄介ですよね。

自分のことを好きなはずの人が他の人に笑顔を向けているのが悔しい。

好きな人の笑顔を向けられている人が羨ましい。

そんな気持ちがヤキモチを焼く原因になっていきます。

恋人でなくても、片思いの相手でもヤキモチを焼いてしまうことがあるのはこうした羨ましさや悔しさのせいです。

他の人と一緒にいる片思いの相手。

自分とは一緒にいないで他の人と一緒にいることで、その異性に自分が負けてしまったと感じるのです。

自分といるときよりも楽しそうに見えると尚の事嫉妬してしまいますね。

嫉妬するということは、相手のことが本当に好きだということ。

そして、相手が一緒にいる異性に対してライバル心があるということです。

勝ち目がないと思っている相手なら、諦めの気持ちが湧いてくるはず。

諦めではなく悔しい、ずるい、と思うということは、自分がその異性の立場になることが可能だとどこかで思っているということです。

気づいたらその人のことを考えてる

好きな人のことをつい考えてしまう。

やめようと思っても気がつくと考えてしまっている、なんてこと、ありますよね。

日常のほんの些細なことをきっかけに考えてしまいます。

ハンバーガーのCMを見て、「そういえば彼、ハンバーガーが好きって言ってたな」というように、なんでも連想してしまうのです。

こうしてつい考えてしまうのが、好きになるということ。

考えすぎて不安になってしまうということもあるでしょうね。

好きな人のことを四六時中考えてしまうというのは、女性の恋愛の特徴でもあります。

男性はなにかをしながら他のことを考えるということが比較的苦手です。

仕事をしていたら仕事のことを、ご飯を食べていたらご飯のことを、テレビを見ていたらテレビのことを考えるので、

連想や妄想で彼女のことを考えるというのは、女性に比べて少ないそうです。

好きな人のことを考えるのは一日の内でとても少ない時間だと言われています。

ついつい連絡をしたくなる

会えない間もつい好きな人のことを考えてしまう。

そうすると次は、連絡をしたくなります。

毎日でも連絡したい、声が聞きたいなんて思いますよね。

きっかけがないと連絡をしづらい。

なにか理由がないと連絡できないという人もいるでしょう。

片思い中だったり、相手がクールな人だったりすると、余計にそうなりますよね。

あまり頻繁に連絡してしつこいと思われたらどうしよう、と不安にもなります。

途中までメールを打ったのに送信ボタンが押せなくて作成したメールを削除してしまうという経験がある人も多いのでは。

送った後で後悔してしまって、「あんなメール送らなきゃ良かった!」とのたうち回ってしまうこともあるかもしれないですね。

そして連絡を待ってしまう

しつこいと思われたくない。

自分ばかり連絡しているようで悔しい。

そんなときにあえて、自分が連絡したいという気持ちを抑えて我慢してしまう人もいるのではないでしょうか。

思うように相手が連絡をくれなくて、我慢しているのもバカバカしくなって。

恋愛に駆け引きはつきもとはいえ、思うようにいかないのは苦しいものです。

LINEがきたのにすぐに既読をつけたくなくて、開くのを我慢したり、もらったメールを大事に保存したりする人もいるのでは。

鳴ってもいない携帯電話が鳴ったような気がしてしまったり、通知もないのにLINEがきていないか確認してしまったりしてしまいます。

一人相撲をしているようで辛くなりますよね。

目で追ってしまう

ついやってしまうのが、目で追ってしまうこと。

自分では意識していなくて、気が付いたら目で追っていた、なんてことありますよね。

片思いの相手を目で追っていて、うっかり相手と目が合ってしまうことも。

好きな人と目が合って嬉しい反面、見ていたのばれちゃったかも!と焦ってしまいます。

ずっと目で追っていたら、周りの人に気づかれてしまった、なんてこともありますよね。

「今ずっと見てたでしょ」と冷やかされて赤面してしまいます。

無意識にやっていることなので自覚がなく、周りから指摘されて気がつくととても恥ずかしいものがあります。

集団でいても気になってしまう

教室にいるときでも、ふと気がつくと彼のことを見てしまう。

みんなで飲みに行っているときなのに彼のことが気になる。

他の人と話しているときでも、意中の彼が今何を話しているのか、何をしているのか気になって盗み見てしまうこともあるでしょう。

彼の話の輪に加わりたいのに、隣に座っている人にずっと話しかけられてしまってなかなか加われなくて、いらいらしてしまうこともありますよね。

ダメなところを見てもときめく

あばたもえくぼ、という言葉がありますが、好きな人のことは全部好きになってしまいます。

恋は盲目とも言いますよね。

シャツの裾がずぼんからはみ出ていてだらしない格好をしていても、そんな隙のある子供っぽいところがまたかわいい!なんて思ってしまったりして。

そこがまた魅力のひとつに見えてしまうものです。

側でサポートしてあげたい


できるだけ側にいて自分が助けてあげたいというのも、好きになってしまうと思ってしまうもの。

彼が入っているサッカー部にマネージャーとして入部してしまうような行動的な人もいるでしょう。

休み時間に体育館でバスケットボールをして遊んでいる彼の姿を追いかけてついつい応援したくなったり、

脱ぎ捨ててあるパーカーをきれいに折りたたんでかかえて持っていたり。

なにかあったらすぐにサポートしたくなってしまいます。

片思いだと、そんな自分の姿でアピールして、彼に好きになってもらえないかな、という計算が働くこともあるでしょう。

会う前日にドキドキが止まらない

夏休みも今日で終わり。

それ自体はがっかりして寂しいし、休み明けの定期テストも憂鬱なのに、「でも彼に会える!」と思ったらそれだけで嬉しくなってしまいます。

久しぶりに顔が見られるのはやっぱり楽しみなもの。

単なる始業式なのに緊張してしまって、ドキドキしてしまって眠れなくなっちゃう、なんてこともありますね。

両思いでも、そのドキドキは同じ。

明日はデートだ!と思うと嬉しい半面、どんな服を着ていこう。

髪型はどうしよう。

鞄や靴はなにがいいかな。

なんて考えれば考えるほど不安になって、会える瞬間を思うとがちがちに緊張してしまいます。

しばらく会えなくて「来週デートしよう」と言われた時は舞い上がりますし、カレンダーや手帳に印をつけて指折り数えて待ってしまいますよね。

早く来て欲しいのに、そんなときに限ってなかなか時間がすぎるのが遅く感じてしまいます。

デートの服装や髪型に数時間悩む


相手にとってはもしかしたらどんな服でも同じかもしれない、些細なことなのですが、デートに向かう女子としては大問題ですよね。

健康的にいつもと違う雰囲気を演出するためにパンツがいいのか、女性っぽさをアピールするためにスカートがいいのか。

あんまりミニ・スカートの丈が短すぎると派手な女の子に思われてしまうかも。

長過ぎると奥手に思われちゃうかも?!鏡の前でとっかえひっかえ、洋服ダンスからたくさんの服を取り出して合わせてみては放り出し、

ひとりファッションショーをして悩んでいる間にあっという間に数時間、なんてこと、よくあります。

髪型も悩みますよね。

洋服が決まってから出ないと、その洋服に合う髪型を考えたいからなかなか決まらないです。

いざ洋服を決めても、アップスタイルにするかダウンスタイルにするか、帽子を合わせるか、へアクセサリーはどうしようかと、考えることはいっぱいです。

インターネットを検索してかわいくて自分でできそうなヘアスタイルを探すこともあるでしょう。

このヘアスタイルかわいいからこれにしよう、とせっかく決めても、やってみたらうまくいかないなんてことも。

洋服を着てヘアスタイルをセットして、メイクしている間にヘアピンがとれてきてヘアスタイルが崩れてきちゃった。

でももう家をでなきゃいけない時間。

直している暇がない!なんてことになって、泣く泣く解いてダウンスタイルででかけちゃった経験、ある方も多いのでは。

恋に落ちたシチュエーション♡

恋に落ちるシチュエーションは、人によっても時と場合によってもいろんなパターンがありますよね。

あなたはどんな恋のシチュエーションでしたか?

出会った瞬間、ビビッときた

出会って顔を見た瞬間にもう一目惚れ!顔がかっこいい、性格がよさそう、笑顔がすてき!

などなど、いろんな理由でもうなんとなく好きってなってしまうこともありますよね。

理由は特にないけど「なんとなく、でも絶対この人!」という感じです。

気づいたら好きになってた

一目惚れとは逆に、ずっと友達関係だったり知り合いだったりして長く付き合いが続いていて、

ふと気がつくとなんだか一緒にいるのが楽だしもしかしたら好きなのかも……というパターンですね。

ふとしたときに優しくされて


それまで特に意識をしたことはなかったのに、優しくされたことで意識してしまうこともありますね。

一緒に歩いていて「寒いね」と言ったら上着を貸してくれたとか、風邪気味のときに心配して家まで送ってくれたとか、

ちょっとこちらが弱っているときに優しくされるとありがたいし、優しい人だな、頼りがいのある人だな、と感じて意識します。

彼に振られたときに慰めてくれて、心が揺らぐ、なんてこともあるのではないでしょうか。

困ってるときに助けてくれた

ふとした時に優しくされるのと同じで、困っている状況のときに助けてくれると相手のことを強く意識します。

声をかけてくれてよく気がつく人だな、助けてくれて優しい人だな、と感じます。

解決してくれたことで頼れる人だなとも感じて、いい人だな、となんとなく好きになっていくということ、ありますよね。

夢に出てきて意識し始めた

それまで特に意識していなかったのに、なぜかある夜夢に出てきた。

次に会うときになんとなく意識してしまいますよね。

昔の日本では、相手があなたを意識するあまり、相手の魂が夜になって抜け出てあなたの夢に出てくるのだと言われていました。

現代では、逆にあなたが深層意識で相手のことを意識しているから夢に出てくるのだ、という夢判断が多いのではないでしょうか。

起きたあと夢を忘れてしまうことも多い中、覚えているだけでとても印象的ですね。

「実は私、あの人のこと好きなのかな」なんて思ってしまいます。

一緒に何かを乗り越えたとき

心理学の実験によると、吊り橋効果と言われる効果があります。

男女を吊り橋ですれ違わせると、すれ違った相手のことを意識するようになるというものです。

ピンチに瀕したときの脳の動きと、恋愛に落ちるときの脳の動きが近く、危険な行為を共にした相手を恋と錯覚して好きになってしまうのだとか。

この吊り橋効果なのか、恋愛感情なのかはさておき、なにか困難なことを一緒に乗り越えるとその人のことを意識してしまうものです。

一緒に行動している間に相手のことをよく知る機会を得て、頭の良い人だな、機転の聞く人だな、などと思い、恋に落ちてしまうこと、ありますよね。

意外な一面!ギャップにやられたとき

ギャップ萌えも、恋愛に落ちるシチュエーションでよくあります。

恋愛でなくとも思わぬギャップに惹かれてしまいつい意識してしまうことがあるでしょう。

いつもクールに見える一見冷たそうな人が、野良猫を相手に道端でずっと遊んでいる姿や、

いつもひょうきんで明るい人がふと見せた真剣な表情など、普段との差についぐっと引き込まれてしまいます。

自分だけに深い話をしてくれた

自分を特別に見てくれていると思うと、どうしても意識してしまいます。

自分のことを信用してくれていると思うと人間やっぱり嬉しくなるものです。

他の人には話さないようなことを自分に話してくれるというのは、相手が自分のことを少なからず信じていて

好意を持ってくれているのだと感じますし、そうした相手には自分も好意を抱き、信頼感を覚えますね。

珍しい笑顔にキュン♡

ギャップ萌えに通じるものがありますが、普段おとなしかったりクールだったりとなかなか笑わない人や、ちょっと強面な人の笑顔にはキュンとしてしまいます。

その笑顔が普段とは比べ物にならないくらい少年っぽいキュートな笑顔だったりするとなおさらです。

いつもは見られない珍しい笑顔を見られたら、それだけで特別感があります。

何かに打ち込む真剣な眼差し!

いつもはおどけていたり不真面目だったりする彼。

明るいクラスのムードメーカーで常にみんなを笑わせているような人なのに、

体育祭の騎馬戦でまるで別人のような真剣な顔で競技に打ち込んでいた、なんてシチュエーションもありますよね。

普段は見られない真剣な表情に、「こんな一面もあるんだ」と思ってはっとしてしまうでしょう。

部活で活躍する姿を見て

教室ではだらだら仲間と喋っている彼。

弓道部の練習をちらりと見かけたら、普段の制服とは違う袴姿にまずきゅんとしてしまいます。

真面目な表情で弓をひく姿や、後輩に丁寧に指導している姿を見たら、「教室にいる彼と同じ人とは思えない!」なんて意識してしまいます。

的を正確に射抜く姿も、『自分には出来ないことを出来る彼』という萌えポイントになりますよね。

ゲレンデマジック?かっこいいスノボ姿を見て

普段と違う姿というのはどうしてもギャップがあって興味をひかれてしまうものです。

社員旅行で行ったゲレンデで、ウェア姿にギャップ萌え!スノボの腕前にさらにきゅんとしてしまうこともあるかも。

スノボが上手なだけでなく、あまり上手ではない仲間に教えてあげたり、転んだ人のところへ颯爽と滑りよって助けおこしてあげたりしている姿は本当にかっこいいですよね。

ナンパや酔っ払いから守ってくれた

一人でいるときに酔っ払いにからまれた。

しつこくナンパで声をかけられた。

そんなピンチのときにふいに現れて「俺の彼女になにか用ですか」なんて言いながら相手と自分の間に体を割り込ませて守ってくれたら、思わずきゅんとしてしまいますよね。

追い払ってくれる姿に男らしさも感じますし、頼れる人だな、と思います。

電車で痴漢にあっているところを助けてくれたり、変な人に後をつけられて逃げているときに声をかけてくれたりしたら、

恋愛の好きでなくとも恩人と思って感謝しますし、意思してしまいますね。

自分にない尊敬できるところを見つけたとき

自分にはできないことができる人は、やっぱり尊敬してしまうもの。

スポーツマンや芸能人にひかれるのも、その人だけの特別な能力が素晴らしいと思うからだったりしますよね。

身近な人でも、後輩にわかりやすく理路整然と仕事を説明していたり、みんながやりたがらない仕事を

嫌な顔ひとつせず引き受けたり、自分にはできないなと思うことをしている人は格好良く感じます。

人として尊敬できる人には一目置きますし、そこから発展して恋愛感情の好きになることもあります。

完璧人間のニガテなものを知ったとき

仕事ができて上司にも信頼され、後輩からの人望も厚い。

そんな完璧超人に思えるような人が実は虫が苦手で会社で出てきた虫に真っ青になってしまったり、

一緒に食事をしたときににんじんが苦手でどうしても食べられなくて……とお皿のはしっこに避けていたり、

そんな一面を知ると普段の完璧な姿とのギャップできゅんとしてしまいます。

いつもがきっちりしているだけに、女の子みたいだったり子供みたいだったりといった弱さにも思える部分が、

逆に同じ人間なんだな、なんて身近に感じる理由になることもあります。