CoCoSiA(ココシア)

好きって何?恋愛感情がわからない人に知ってほしいことまとめ!


みなさんは好きって何だと思いますか?よく考えると「好き」という感情は人によって異なり、どこからどうなったら好きかというのは曖昧なもの。

しかし人は恋をして誰かを好きになると、常に相手のことを考えていたり他の人といるところを見て嫉妬したりと、好きだからこそ共通する気持ちや行動があるんです。

そこで今回は、恋愛感情がよくわからない方向けに「好き」の定義や人を好きになるシチュエーションなどについてご紹介していきます。

面白いことに我々人間は自分でも知らない間に人を好きになっているもの。

もし思い当たったり思い浮かぶ人がいれば、それはあなたがその人を好きになっている証拠かもしれません。

この感情は「好き」なの?

自分の気持ちながら、これは「好き」なのかわからないとき、ありますよね。

好意は抱いているけれど、これが恋愛感情としての好きなのか、友達としての好きなのか。

たまたま気の合う人が目の前に現れたから、好きだと勘違いしているだけなのかも……?

人として尊敬している、趣味が合う、友達として好きだと思う。

そんな『LIKE』の感情と、恋人同士になりたい、二人でいたいという『LOVE』な感情の境目は、確かに微妙なものがあります。

自分でも区別がつかないことがあるのです。

「好き」の意味とは

『好き』という言葉の意味とは、何なのでしょうか?

一言「好きだよ」と口にしたところで、そこに込められている感情は実にさまざまで、人によって違います。

だからこそ、相手が「好きです」と告げたときには、それがどんな意味の『好き』なのかが分からずに、戸惑ってしまう人もいるようです。

人間性を好きなのか、友情として好きなのか、それとも特別な愛情の込められた好きなのか・・判断が難しいことも少なくはありません。

心が惹かれる

不思議と目が向いてしまう、意識が惹きつけられてしまう、そんな相手に対しては、少なからず心が惹かれている状態です。

相手に対して並み以上に関心があるからこそ、もっと相手のことを知りたいと思います。

単に意識が惹きつけられるというのなら、それが悪い感情になることもあります。

しかし『心が惹かれる』場合には、相手に対して好意を抱いていることが多いのです。

自分のお気に入り

男性によくあるのが、好きになった女性にちょっかいをかけることです。

学生のように若い男子には特にその傾向が強く、好きな女子をついイジメてしまうことがよくあります。

これらは好きな相手に対して『構いたい』『自分のすることで相手が反応するのを見たい』『自分を見て欲しい』といった感情から起こる行動です。

おもちゃと言うと言い方が悪いですが、自分が相手にちょっかいをかけたいという気持ちは、それだけ相手が自分のお気に入りであることを示しています。

大切にしたい

『守ってあげたい』『側にいてあげたい』『力になりたい』これらの相手を大切にしたいという感情も、『好き』という気持ちに含まれています。

大切にしたいと思う相手だからこそ好きなのか、それとも好きな相手だから大切にしたいと思うのかは人によって違います。

ですが、どちらも大切にしたいという気持ちには変わりありません。

大切にしたいという気持ちが単なる庇護欲からなるものなのか、それとも愛情からなるものなのかも、対象によって違っています。

「好き」の定義とは


『好き』の定義はさまざまです。

自分の家族に対する好きと、友人に対する好きの感情が違うように、好きという感情にはいくつかの定義があります。

どの相手によって、どの『好き』の定義を当てはめるのかも人によって違います。

一般的に『好き』という感情を抱く対象は、どのような相手になるのかを挙げていきます。

人として好き

「あの人の人間性が好き」という言葉を聞くことがあります。

これは、相手を家族や友人など、特定のコミュニティに当てはめることなく、その人個人に対して抱く好意のことです。

あなたの周りにも、友達や同僚という括りとはまた別で、個人に対して好感を抱けるような相手がいれば、『人として好き』という言葉の意味がよく理解できると思います。

人として好きな相手に対しては、好感だけでなく信頼も感じます。

家族として好き

家族は生まれたときから一緒にいる存在です。

一緒に暮らすのが当たり前ですので、家族のことが好きという感情があるのも普通のことだと言えます。

また、本物の家族でなくても、家族と同じくらいに一緒にいるのが当たり前だと感じる相手に対しても、「家族みたいに好き」と表現することがあります。

家族とは本音で話せてお互いに信頼し合い、支え合って一緒に暮らす存在ですので、それに近い感情を抱く相手に対しては、家族と同じような好意を覚えることがあります。

異性として好き

異性として好きな相手に対しては、ドキドキと心臓がときめき、落ち着かない気持ちになります。