「あの人は楽観的だなあ」と言われる人はいますよね。

あなたの周りにも必ずいることでしょう。

その人はどんな人ですか?羨ましいなと思うところもありますよね。

楽観的な人は物事をあまりネガティブに考えたりしないのです。

素晴らしいですよね。

現代社会では、ネガティブになるような情報があふれかえっていますが、そんな中でも楽観的な人は平気なのです!この世の中を強く生きています。

では、楽観的な人というのは実際にはどんな特徴を持った人のことを言うのでしょうか。

あなたは知っていますか?知っているようで、意外と知らない特徴もあるかもしれませんね。

今回はその特徴をしっかりご紹介していきますよ。

楽しんで読み進めてくださいね。

29個の楽観的な人の特徴!

楽観的な人にはたくさんの特徴があります!知らない人も多いことが書かれているかもしれませんよ。

ポジティブ

楽観的な人は基本的にポジティブです。

いつも明るく前向き、元気いっぱいなのですね。

羨ましい限りです。

例えば雨が降っていても「あ~雨って、なんだかきれいだよね!」なんて言っているのです。

普通の人なら「今日は雨か~最悪!」となるところですが、楽観的な人は違います。

仕事でどんなミスをしても「また次頑張ればいいな」や「この失敗があるから、成長できる!」などと考えることができるでしょう。

ポジティブでいられるということはとても魅力的なことであり、周りの人も引きつける力があります。

ポジティブな人といると楽しいので、みんな寄ってくるのですね。

「あの人っていつもポジティブで一緒にいて楽しいよね」などと高評価されていることも多いはず。

そのため、楽観的な人の周りには人がたくさん集まり、いつもわいわいにぎやかで楽しいのです。

明るい

楽観的な人はとにかく明るいです。

いつもニコニコ笑顔で、元気いっぱい♪

一体どこからそんな元気がやってくるのだろうと思うくらい、明るいのですね。

これには周りにいる人も「尊敬のまなざし」を向けるかもしれません。

落ち込んでいたとしても、楽観的な人の明るさに助けられて元気になれるということもあるでしょう。

楽観的な人はその明るさで、周りの人を照らすことができるのです。

まさに、「太陽」のような人と言えることでしょう。

その明るさはどこからくるのでしょうか。

それはきっと、持って生まれたものもあるかもしれませんが、常に頭の中がすっきりと整理されているからではないでしょうか。

余計なことを考えたり、ネガティブになることが少ないため、明るくいることができるのですね。

あっけらかんとしている

楽観的な人は何か大変なことが起こっても「あっけらかん」としています。

普通の人なら大騒ぎしてしまうような事態でも、平気でいられるのですね。

素晴らしい特技と言えるでしょう。

例えば仕事で大きなミスをしたとしてもあっけらかんとして「すみませんでした~次は気を付けます」などと言ってすぐ切り替えることができるのです。

普通の人ならいつまでもひきずりそうな事態でも、楽観的な人は違うのですね。

なぜこんな風にふるまえるかと言えば、どんな事態もおおげさにとらえない強い心を持っているからでしょう。

少しのことでは驚いたりしないのです。

これを聞くと「うらやましいな」と思わずにいられない人もいることでしょう。

これはある種の才能と言っても過言ではないかもしれませんね。

すぐ立ち直る

仕事でミスをしたり、恋人と喧嘩をしてもすぐに立ち直ることができます。

例えば恋人と喧嘩をして「もう別れよう」と言われ、別れたとします。

それでも1週間もすれば、「まあいい思い出になったな」という具合に思えるのですね。

いつまでもウジウジと別れたことを引きずったりしないのですね。

楽観的な人にとってはいつまでもウジウジしていることより損なことはありません。

ですから、一刻も早く立ち直りたいわけです。

そして実際に立ち直りがとても早いのですね。

いつもニコニコしてる

楽観的な人はいつもニコニコしています。

笑顔を絶やさないのです。

それは心に悩むことがなく、スッキリした状態を保っているからでしょう。

きっと、悩み事はほとんどないのではないでしょうか。

だから、いつもニコニコ楽しそうにしていられるのですね。

もちろん、楽観的な人にも悩み事はあるでしょうが、それがあったからといって笑顔を絶やすということはしないのです。

いつもニコニコするというのは簡単にはできないことですよね。

それができるというのはやはり楽観的な人の特技ともいえるでしょう。

ニコニコしている人を見ていると、周りの人もニコニコしたくなってきます。

楽観的な人は周りの人にも笑顔を分けてあげているのですね。

元気づけるのが得意

楽観的な人は人を元気づけるのも得意です。

目の前に悩んでいる人がいたら、そっと声をかけてあげて、励ましてくれます。

「大丈夫大丈夫~なんとかなるよ」と持ち前の明るさで慰めてくれるのです。

慰められた人は不思議とだんだん元気がでてきて、前を向けることでしょう。

楽観的な人は自分が明るいだけでなく、元気のない人にも明るさを与えることができるのですね。

落ち込んでいる人は楽観的な人のそばにいってみてください。

きっと、元気をもらえるはずですよ。

無駄に悩まない

楽観的な人は、無駄に悩んだりはしません。

それが無駄だと分かっているからです。

悩むべきことでは悩みますが、無駄なことでは悩まないのです。

例えばよく「将来が不安で」という声を聞きますが、楽観的な人からすると「どうしてそんなことで悩むの?」という感じのようです。

普通の人はこの将来の不安にかられる人がとても多いです。

しかし、楽観的な人からすると違います。

それは悩んでも無駄なことなのです。

なぜなら、将来のことというのはまだ分からないからです。

考えても分からないことで悩むことは考えても無駄なことに分類されるのですね。

将来のことで悩むことが無駄だと分かっているということは素晴らしいことです。

なかなかできることではなりません。

自信を持っている

楽観的な人は自分自身に自信があります。

それも絶大なものです。

ゆるぎないものなのです。

自信というのは「自分を信頼する」と書きますが、その通り。

自分を信頼できている人なのですね。

ですから、どんなときでも自分を一番に信頼し、「これでいいのだ」と思って生きているので、ブレることも少ないでしょう。

普通の人は、自信がないことも多いのでブレてしまうことが多いのですが、楽観的な人はそうではないのです。

自信があるからこそ、いつもシャキッと前を向いて歩いていられるのでしょうね。

規則正しい生活

楽観的な人は規則正しい生活を送っています。

しっかりとした睡眠、運動、食事をとっているのです。

朝は早く起き、夜は早めに寝ます。

適切な運動も行い、3食きちんと食べるのですね。

日中は元気に活動し、夜しっかり睡眠をとるように心がけているのです。

ご飯をしっかり食べる

ご飯をしっかり食べるのは当たり前のこと。

3食しっかり栄養のあるものを食べます。

これがいつも元気で明るくいる秘訣の一つと言えるでしょう。

ご飯を食べなければエネルギー不足になり、体調も悪くなったり元気が出ないということがおきます。

そうならないために、しっかり食べているのですね。

「そんなに毎日しっかり食べれるの?」と思う人もいるとは思いますが、楽観的な人はそれを習慣にしているので大丈夫なのです。

上手くストレス解消する

楽観的な人は、上手にストレス発散ができます。

例えば休みの日はジムに通って汗を流すしたり、サウナやお風呂に入りに行きます。

また、友達に会って思い切りおしゃべりをするとストレスがスーッと消えていってしまうのですね。

楽観的な人は自分がどうやったらストレスを解消できるかをよく心得ているのです。

ストレスがたまってきたな、と思ったらすぐに解消することができます。

これはなかなかできるようでできないものですよね。

普通の人はストレスをうまく解消できず、溜めこんでしまうこともよくあるからです。

楽観的な人は自分のことをよく知っているからこそ、上手にストレス解消できるのかもしれませんね。

程よく運動をする

程よく運動をすることも楽観的な人の特徴の一つです。

これは元気でいるための秘訣にもなります。

運動をして汗をかくことによってスッキリ。

仕事の疲れなど、忘れてしまうのです。

例えば、少しジョギングをしてみたり散歩をしてみたりと、「程よく」運動します。

やりすぎることはないのです。

なぜなら、やりすぎは逆効果だと知っているからですよ。

程よくゆるくが楽観的な人の上手な運動の仕方です。

失敗をバネにする

楽観的な人は失敗をバネにすることができます。

仕事で失敗をしたら、それをバネにして次に進むことができます。

失敗したからといって、落ち込みすぎたり折れてしまうことはないのです。

例えば仕事でミスをして最初はショックかもしれませんが、「よし!次同じ失敗をしなければいい。

次はこうしよう!」と前向きに考えることができます。

まさに失敗がバネになって進んでいけるのですね。

楽観的な人にとっては失敗は失敗ではなく、成功の素なのですね。

失敗をうまくいかして、成功を導くことができるのです。

細かいことを気にしない

楽観的な人は細かいことは気にしません。

器が広いともいえるでしょう。

何かあっても「あ~そんなのいいよ」と気にしないのです。

相手の方が「え、いいの?」と気にしてしまうくらいです。

貸したお金がしばらく返ってこなくても、全然気にしません。

「いいよ。今度で」と軽く考えています。

楽観的な人から見れば「どうしてそんなことを気にするの?」と思うようなことが行く先々にちりばめられていることでしょう。

それくらい普通の人は細かいことを気にしすぎているのですね。

また、楽観的な人は人からどう思われているかを気にすることもありません。

よく、「人から嫌われるのが怖い」という人もいますが、そういったこともありません。

人は人、自分は自分。

人からどう思われようと、そんなことは関係ないのですね。

弱音を吐かない

弱音を吐かないのも楽観的な人の特徴の一つですね。

むしろ、弱音を吐くということを知らないのかもしれないというくらいです。

なぜなら、弱音を吐いてもなんの解決にもならないことをしっているからです。

弱音を吐くくらいなら、シャキッとして楽しいことを考えていた方がいいのですね。

仕事で何かトラブルがあったとしても、弱音を吐くこともせず、家に帰れば仕事のことをころっと忘れ、自分の好きなことに没頭できるのです。

スルースキルを身につけている

物事をスルーするスキルを身に着けています。

「流す」ことがとても上手です。

何か大変なことが起こっても「そんなこともあるさ~」とスルーすることができます。

嫌なことが起こっても「うん大丈夫」と上手に流せるのですね。

深く考え込まない

楽観的な人は物事を深く考え込みません。

とてもシンプルな考え方をしているのですね。

深く考えこむ癖がある人はいつまでもずっと同じことを考えて落ち込んだりするのですが、楽観的な人にとっては意味のないことなのです。

むしろ、彼らには深く考えこむという思考回路は備わっていないのです。

とてもシンプルな回路になっています。

「羨ましい」と思う人も多いでしょう。

これが楽観的な人の強みでもあり、みんなが羨む部分なのですよね。

では、深く考え込まないためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは楽観的な人と一緒に過ごしてみると分かるかもしれません。

楽観的な人はとても頭の切り替えが早いです。

少し悩んだとしても、すぐに切り替えて次のことを考えます。

この切り替えの早さが、深く考え込まない秘訣なのですね。

スイッチのように切り替えるのが上手だからこそ、深く考えこまずにいられるのです。

逆に考えこむ人はスイッチの切り替えが下手なので、ずっと考え込んでしまいます。

楽観的な人は深く考え込まないスペシャリストとも言えるでしょう!

ムードメーカー

楽観的な人はムードメーカーでもあります。

いつも明るく楽しい気分でいるので、周りのムードを上げることができるのですね。

「よ!元気でやってる?」から始まり、どんどんムードを高めることができるのですね。

飲み会をしたときにも、もちろんムードメーカー性は発揮されることでしょう。

どんなときも、ニコニコして明るく楽しむことを忘れないからこそ、ムードを高めることができるのです。

「あの人がいると、飲み会が楽しいよね」などと周りからの評判も高いのではないでしょうか。

楽観的な人がいる飲み会とそうでない飲み会ではだいぶ差があるかもしれませんね。

それくらい彼らが与える影響は強いものなのです。

楽観的な人は、ムードを高めることを好みます。

ムードメーカーな自分が好きなのです。

楽しいことをするのも大好きで、どうやったら楽しくなるかを知っているのですね。

比較しない

楽観的な人は比較をしません。

人と比べても意味がないことを知っているからです。

例えば仕事で自分よりも同期の方が成績が良かったとします。

普通の人なら、その同期と比べて落ち込むかもしれません。

しかし、楽観的な人はそうではありません。

むしろ「よかったな!次はお前をめざすぞ!」というような感覚なのです。

それはもうその同期が成績が良かったことを心から喜んでいるかのように見えます。

楽観的な人が比較しないでいられるのは、「自分には他の部分で人よりできるところがある」と分かっているからなのです。

つまり、自信があるから比較しなくて済むのですね。

優しい


楽観的な人は人に優しくすることができます。

もちろん、自分にも優しくすることが得意です。

自分にも人にも優しくしたほうが、楽しく生きていけることを知っているからです。

厳しくしたところで、ストレスが生まれるだけのこともあります。

そうなるくらいなら、優しくしておいた方がいいのですね。

楽観的な人が優しいのは、大きな広い心で包み込む器があるからです。

大きく優しく広い心で人にやさしくすることができるのです。

それがなければ、優しくなることなどできませんよね。

人が間違いを起こしても「いいんだよ。

次がんばれば大丈夫」と言ってあげることができます。

自分に対しても「今度で大丈夫だよ」と言うことができるのです。

心が広い

楽観的な人は心が広いです。

もうビックリするほど、心が広いのです。

大きな心で周りの人を包むことができますよ。

「申し訳ありませんでした」と謝ってきた部下に対しても「まーね。

こういうときもあるよ」と言ってあげられるのです。

普通の人にはなかなかできないことかもしれません。

謝られても「いーのいーの。大丈夫だから」と受け入れてあげることが得意なのです。

そんな楽観的な人に好意を持つ人はたくさんいることでしょう。

心が広い人の周りには人が集まるのですね。

しかし、心が広いが故に「あの人なら許してもらえるよ」と甘く見られてしまうこともあるかもしれません。

そうなると調子に乗ってくる人もでてくるでしょう。

心が広いが故の悩みになりそうです。

怒らない


楽観的な人は、めったに怒ることはありません。

なぜならいつもストレスを上手に解消していますし、何かあってもマイナスにとらえることがないので、怒りがたまることがないからです。

ストレスが上手に解消できず怒りだらけの人は常にイライラしがちですが、楽観的な人にはそのようなことはありません。

何かあっても「まーこういうこともあるさ」と思えるのですね。

これは自分に対してもですし、他人に対してもそうなのです。

他人が何かしたとしても、全く平気で「いいよいいよ」と流せるのですね。

この「流す」というのがポイントで、これが上手にできるからこそ、怒らないでいられるのです。

これが上手にできないと、いつまでもそこにとどまっているので怒りがどんどん湧いてくるわけです。

楽観的な人は流し上手と言えます。

何事もスルーする力が備わっているのですね。

羨ましいなと思う人は、どうぞ「スルーする力」を身に着けてみてください。

そうすれば、楽観的な人と同じように怒らない体質になれますよ。

少し時間がかかるかもしれませんが、必ずそうなれると信じてがんばってみてください。

泣かない

楽観的な人は泣くことはありません。

もちろん、お葬式などでは泣くことはあるかもしれませんが、それ以外では泣くことはめったにないと言えるでしょう。

なぜならば、楽観的な人は悲しいと思ってもすぐに楽しい方向に持って行けるからなのです。

楽観的な人にも感情はありますから、「悲しい」と思うことはあるはずですが、それは上手に流すことができます。

「あれがあったから、悲しいな」と思ったとします。

しかし、次の瞬間には「でも、○○と考えれば平気だよね」と開き直ることができるのです。

そう、開き直りが上手なのかもしれませんね。

短時間で開き直ることができます。

どうしてそんなに早く開き直れるかと言えば、いつまでも悲しい気分をひきづることが嫌だからです。

早く楽しい方にもっていきたいのですね。

ですから、すぐに切り替えることができるのです。

怖がらない

楽観的な人は怖がりません。

怖いもの知らずといってもいいかもしれませんね。

例えば人の輪に入っていくのもとても上手です。

そのときにはもちろん怖いという感情はないのです。

すぐに人の輪に入っていって、友達を作ることができます。

「友達をすぐに作れる」という自信があるからこそ、怖さを感じないでいられるのです。

これが、自信がない人なら、怖くて仕方がないことでしょう。

つまり、楽観的な人は自信があるからこそ、怖がらないでいられるわけです。

その自信が怖がらないでいられる理由なのですね。

会議で発表するときでも、楽観的な人は自信がありますので、ハキハキと発表することができるでしょう。

さらに言えば、「何かあったとしても、どうにかなるさ」と考えているので怖くならないのです。

そのうような柔軟な思考でいることが怖がらずにいれる理由でもあります。

もしなにか怖いと思うことがあれば楽観的な人に相談しても「え、どうして怖いの?」と分かってもらえないこともあるかもしれません。

それくらい彼らは怖がるということから遠のいた人生を送っているのですね。

動じない


楽観的な人はちょっとのことでは動じません。

いつも平気でいられるのです。

これはすごいことですよね。

動じない心というのはすぐに手に入れられるものではありません。

長い年月をかけて、楽観的な人はそれを手に入れたのです。

少しくらいのことでは焦ったり動じることはまずないでしょう。

朝寝坊して会社に遅刻しそうになっても、平気です。

「ま~遅れたら仕方ない」くらいの気持ちでいるのです。

もちろん、走りはしますが、結果的に遅れたら遅れたでOKなのですね。

そうやって遅れてもOKと思えているからこそ、何かあったときでも動じずにいられるのかもしれません。

最終的には大丈夫なことを知っているからです。

口癖は「まぁ、いっか」

楽観的な人には魔法の言葉があります。

それは「まぁ、いっか」です。

これはふっと力が抜ける言葉ですよね。

仕事でミスをしたりしても「まぁ、いっか」と言ってしまえる強さがあります。

はたから見たら、「え、それでいいの?」と思えるかもしれませんが、楽観的な人からするとそれでいいのです。

「どうしてそう思えるの?」と疑問になることもあるでしょう。

それは常に「まぁ、いっか」と力を抜くことを習慣にしているからですね。

それが習慣づいているから、どんなときも「まぁ、いっか」と受け流すことができるのです。

そう「受け流せる」ということはとても大切なこと。

なかなかできないときもあるものですが、楽観的な人にとってはとても簡単なことなのですよ。

「まぁ、いっか」と言いながら生きている人生はとても気楽で楽しいものです。

それを毎日味わっているわけですよね。

「私もそうなりたい」と思う人も多いでしょう。

これは一夜にしてなれるものではありません。

楽観的な人もはじめからそうだったわけではないかもしれないのです。

少しずつ少しずつ習慣づけていって、習得した可能性もあります。

ですから、「まぁ、いっか」思考になるには少し訓練が必要かもしれませんよ。

過去を振り返らない

過去を振り返ることをしないのも楽観的な人の特徴の一つです。

恋人にフラれれば、「あのときこうすればよかった」などと過去を振り返ることはたくさんありますが、楽観的な人にはこれはないのです。

楽観的な人にとっては過去は過去、もう終わったことなのです。

終わったことに対して、ウジウジ悩むことほど、時間の無駄なことはありません。

彼らにはそれが無駄だということがちゃんと分かっているのです。

良く考えてみると、確かに過去を振り返っても何もいいことはないように思えます。

もちろん、振り返って反省するならいいのですが、ただウジウジする、後悔するだけでは全く意味のないことに想えます。

そのことを楽観的な人はちゃんと分かっているのです。

そして「過去は振り返らない」と心に決めているのですね。

彼らのモットーともいえるのでしょう。

過去を振り返らないからこそ、いつも前を向いていることができて、明るく楽しく生きられるわけです。

過去を振り返らないからこそ、明日へのエネルギーがどんどん湧いてくるのでしょう。

そう、無駄なエネルギーを使わないでいられるのですね。

素晴らしいことです。

楽しみながら取り組む

楽観的な人は何事も楽しみながら取り組むことができます。

これは仕事においても、プライベートにおいてもです。

仕事に対しては難しいことを頼まれたときでも「どうやって進めようかな。」と楽しみながら、計画を立てることができます。

「あーいやだな」などと考えながらやることはまずありません。

彼らの中には「いやだな、できない」と言ったネガティブワードは存在しないのです。

必ず、楽しくできるためのワードばかり持っていますよ。

「こう考えたら、楽しく取り組めるな」という考え方をたくさん持っているのですね。

もし、仕事が嫌になってしまったら楽観的な先輩に訪ねてみるといいかもしれません。

「どうやったら楽しく取り組めますか?」と聞けば、楽しく取り組めるコツを教えてくれるかもしれません。

ですから、周りにお手本になる楽観的な人がいるということはとてもラッキーなことなのです。

楽しみながらなんでも取り組めるならば、これよりいいことはないですよね。

誰もが望むことかもしれません。

特に仕事に関しては難しく考えたり、いやだなと感じることが多いものです。

しかし、楽観的な人にとってはそんなことは大したことではなく、なんでも楽しみに変えられる力を備え持っているのですね。

少し分けてほしいくらいです。

今日は今日、明日は明日

今日なにか嫌なことがあっても、それは今日のこと。

明日は明日の風が吹く、これが楽観的な人の思考回路です。

例え今日、どんなひどいめに会っていても、明日はまた別の一日で、きっといいことがあるだろうと楽観的に考えられるわけです。

どうしてそれができるかと言えば、切り替えが上手だからですね。

今日あったことをいつまでも引きずらないのです。

普通の人はいつまでもウジウジと悩んでいることも多いですが、楽観的な人から見れば一日終わればもう終わり。

「さあ、明日はどんな楽しいことが待っているのだろう」このような思考なのですね。

ですから、いつも明るくハッピーでいられるのです。

あなたの周りには今日は今日、明日は明日と思える人はいますか?もしいるのならば、それをまねしてみるのをおすすめします。

いいお手本になってくれることでしょう。

楽観的だと人生がハッピーになる

楽観的に過ごしていると、人生がとてもハッピーなものになります。

これはいつも暗くて考え事ばかりしている人とは全くことなる人生です。

楽観的だと、楽しいことはもちろん楽しいですし、辛い事や難しいことも楽しいことに変えていけるのです。

そんな力があるのですね。

「そんなに何もかもハッピーにできないよ」と思うかもしれません。

しかし、楽観的な人にはそれが可能なのです。

普段から楽しいことはないかな、と探しているのももちろん、楽しいことを作りだすのも得意としています。

嫌なことも楽しいことに作り替える力があるのです。

ですから、毎日楽しいことだらけでハッピー!な人生になってしまうわけですね。

彼らにはマイナスなワードはないのかもしれないと言えるほど、ハッピーなのです。

人生ハッピーなだけでいいの?と思う人もいるかもしれませんが、ハッピーでいることよりいいことはないのです。

むしろ、ハッピーでいなきゃ損!くらいのものでしょう。

楽観的な人は、上手にハッピーな人生を手に入れているのですね。