CoCoSiA(ココシア)

不器用な人の特徴7個と不器用な性格を克服する方法


不器用な人は、器用な人と違って要領が悪く、仕事に時間がかかったり、人付き合いが上手にできなかったりします。

不器用だと、そんな自分に嫌気がさしたりもしますよね。

「でも不器用さは、持って生まれた性格だから…この不器用さと一生付き合っていかなければならない」と、諦めているのでは?

実は不器用な性格を、克服する方法があるんです!

諦めていたら変わることはありませんが、「変わりたい!」と強く願えば変われるはずです。

そこで今回は、『不器用な性格を克服する方法』をご紹介します。

不器用な自分が嫌なら、克服のための努力をしましょう!

今回はまず、『不器用な人の特徴』から解説していきます。

ここには不器用な人が不器用になってしまう原因も潜んでいるので、まずは自分の特徴を自覚するところから始めてみてくださいね。

この記事の目次

不器用な人ってどんな人?

不器用な人ってどんな人でしょうか?

あなたは自分が不器用だと感じているかもしれませんが、周囲の人は、案外あなたを不器用だと思っていないかもしれません。

不器用な人は、器用な人と比べて自分をダメだと決めつけるところがあります。

なぜそう思うのか、原因が本当に不器用さにあるのか。

まずは自分が克服したいものが何なのかを、きちんと自覚する必要がありますよね。

不器用には、手先の不器用さと、物事に対する不器用さがあります。

どちらも“不器用な人”と表現できますが、手先が不器用だからと言って、性格も不器用だとは限りません。

一方、器用に物事をやってのける人でも、手先が不器用な人もいます。

今回解説していくのは、主に“物事に対する不器用さ”についてです。

いわゆる、不器用な性格の人ですね。

では、不器用な性格の人とは?

不器用な性格の人は要領が悪くなりがち


不器用な性格の人とは、一言でいえば「要領が悪い人」のことです。

要領が悪い人とは、物事の要点やコツがつかめず、上手に処理することができない人。

仕事など、要領を得て効率よくこなすことが苦手で、人より時間がかかったり、失敗が多かったりします。

また、物事の要点をつかむことができないので会話でも要点がハッキリせず、相手に伝えたいことが上手く伝わらないのも不器用な性格の人です。

そのため、人付き合いでもどかしい思いをすることも多いでしょう。

不器用な性格は短所とは限らない

要領を得ず、仕事も人付き合いも、他の人より多くの時間を要してしまう不器用な人。

でも、そんな不器用さは、悪いところばかりではありません。

要点がつかめない分、物事に丁寧に取り組むところや、慎重になれる良さがあります。

そのため、要領よくこなしてしまう人が気づけなかったところに気づいたり、失敗の分経験も多く、結果的に大成したりします。

コツコツと物事に取り組むので、その姿勢が評価されることも多々ありますよね。

不器用な性格を長所と捉えるか、短所と捉えるか。

それは周囲の人、そして当人の価値観によって違います。

意識の違いでも、人生は大きく変わってくるでしょう。

自分がどこを嫌と感じているのか、それを克服することでどんな結果がもたらされるのか。

不器用さを克服するもしないも、それが自分にとってプラスになることが大切です。

この記事で自分と向き合い、自分に必要なことが何かを、まずは考えてみてくださいね。

不器用な人の特徴7個

それではまず、不器用な人の特徴を解説していきます。

自分に当てはまるところがないか、それを不自由に感じているかどうかを考えながら読み進めてみてください。

不器用な人には、7個の特徴があるようです。

全て当てはまる人もいれば、1部だけが当てはまる人もいるでしょう。

中には、あまり当てはまらないと感じる人もいるかもしれません。

そんな人は、自分の悩みの原因が、不器用さではなく他の所にある可能性もありますね。

ご紹介する特徴からは、自分がどうして不器用になってしまうのかが分かります。

治したいと思う部分があるなら、特徴を自覚するのが克服の第一歩。

自分をよく知ることができれば、克服の要領もつかめてくるでしょう。