最近、急に彼氏の連絡回数が少なくなった!そんな悩みをかかえていませんか?お悩みの人の多くは、「連絡回数が少ない=別れの予感」ととらえているでしょう。

彼氏に対して、憎い気持ちを抱えているかもしれません。

冷静になって理由や原因を考え直すことで、彼の本当の気持ちが見えてくることもありますよ。

最近彼氏の連絡頻度が少ない、なぜ?

連絡の頻度が少ないのには、やはり理由があります。

大きく分けて、物理的なもの、心理的なものがありますね。

原因をつきつめていけば、対策も見つかるかもしれません。

ただ連絡が無いことを寂しがっていたり、相手をなじっても、あまり建設的は無いですよね。

前向きに、今自分にできることはないかを探してみましょう。

一般的にはどれくらいの頻度なの?


自分と彼氏との連絡は一般的に、少ないのか、多いのか。

これは、誰もが気になるところですよね。

これは本当に、「彼氏の性格による」といえます。

連絡がまめなタイプと、そうではないタイプがいますよね。

私の友人の話の中で、もっとも頻度が高かったのは、1日数百件のLINEのやり取りをするというもの。

ひとつひとつは短いのですが、とにかくしょっちゅう連絡が来るのです。

そのまま放置すると怒るので、面倒でも毎回返さなくてはいけないのだとか。

しかし、男性はどちらかというと「連絡はまめじゃない」という人が多いようです。

社会人で多かったのは、週に1度くらい、連絡が来るというものでした。

LINEやTwitterではそれなりに連絡はあるものの、いわゆる「恋人としての連絡の取り合い」はあまり多くは無いようです。

もし、恋人としての連絡が、週に1度もない…それは少し少ないと言えるかも。

私の周りでは、連絡が月に1度ぐらいになってしまったカップルは、そのまま自然消滅をむかえていました。

連絡の多さ=ラブラブというわけではありませんが、やはりあんまり少ないと、自然と心の距離も離れていってしまうようですね。

彼氏の連絡頻度が減る理由

彼氏の連絡頻度はどのような理由で減っているのでしょう。

自分ではどうしようもないものから、心の変化まで、考えられる原因をまとめてみました。

仕事が忙しい


男性の連絡頻度が減る理由の中で、一番多くをしめるのが「仕事が忙しい」というもの。

女性はこれを聞くと、「連絡が取れないほど忙しいわけ無いじゃん!」と思いますよね。

「きっと、仕事が忙しいは言い訳で、本当の理由は別にある」と勘ぐってしまうことも。

しかし、実際のところ、本当に仕事が忙しくて連絡がおろそかになっているということはありえます。

連絡を取る時間が全く無いわけではなく、仕事で疲れ、プライベートの時間はあまり頭をつかいたくないため、彼女のことをあまり思い出さなくなっているのです。

男性は、女性よりも、複数のことを同時にするのが苦手なもの。

仕事にトラブルがあったり、何か大きなプロジェクトがあったりすると、頭は仕事一色に染まってしまい、恋愛は二の次になってしまいます。

彼女のことよりも優先しなくてはいけないことが多くなると、すっかり連絡を取ることを忘れてしまうのです。

連絡がだんだんおろそかになると、そのことを謝らなくてはいけなくなり、それが面倒になってさらに連絡が途絶えてしまう。

そんな悪循環に陥っていることもあるのです。

彼の「仕事が忙しい」という言い訳を聞いたときは、決して怒ったり嘘だと決め付けず、少しは信用してあげましょう。

彼も仕事と彼女のハザマで、くるしんでいるのかもしれませんよ。

【忙しい人かどうかは、こちらの記事を見て考えてみましょう!】

何らかの理由で携帯が使えない

彼はあなたと話をしたいのに、「どうしても連絡が取れない」という状況も。

たとえば、携帯が壊れてしまった場合、連絡は取れないですよね。

昔は家電に連絡したり、パソコンのメールアドレスを使ったりもしましたが、最近は携帯の連絡先しか交換しないカップルが主流です。

携帯の代金をうっかり払い忘れていても、つながらない可能性があります。

引き落としやカード払いになっていると、そのことになかなか気づきません。

また、生活している環境によっては、つながりにくいことも。

彼が引越ししたあと、ぜんぜん携帯がつながらなくなったと思ったら、そもそも電波が入らない場所だった…なんてこともあるようです。

地下や病院にいるときも、携帯はつかえませんね。

とはいっても、最近Wi-fiが充実しているので、まったく連絡が取れないというのはマレです。

彼の生活環境が変わったときは、このような理由を疑ってみてもいいでしょう。

あまり連絡したくない事情がある

携帯はつかえるけど、連絡できない事情がある。

それは彼の心理的要因によるものです。

それらは、ポジティブなものと、ネガティブなものに分かれます。

なかには、貴方を愛してるがゆえに、連絡したくないと言うことも。

・仕事などでイライラすることが多く、彼女にやつあたりしたくない
・家族間でトラブルがあって巻き込みたくない
・お金のトラブルがある

連絡したくない状況としては、これらの要因が考えられます。

これらの場合、彼が一人で考えたい、解決したいと言う気持ちを優先してあげてもいいでしょう。

あまりしつこく事情を聞いたり、あなたから連絡を取ろうとすると、逆に彼から別れを切り出されてしまう可能性もあります。

トラブルがなくなれば、きっとまた彼は連絡を取るようになるでしょう。

彼のことを気にかけつつ、ゆっくり待ってあげましょう。

あなたに興味を無くした

特別な事情も無いのに連絡したくない理由として、心の距離があいたからということもあります。

彼女と連絡を取るのは、会いたいから、話したいからです。

逆に考えると、連絡がおろそかになっているときは「会いたくない」「話したくない」というときですね。

彼女に対してそんな感情をもつというのは、もう好きじゃなくなった証拠です。

特別「憎い」、とか「嫌い」というわけじゃなくても、女性として、彼女として興味をなくしつつあるのかもしれません。

「釣った魚に餌はやらない」という言葉があるように、一度恋人関係になってしまうと、すぐに興味を失ってしまう男性というのはいます。

また、付き合いが長くなるにつれ、まんねりになり、ほかの女性に目がいってしまうもの。

彼女に興味がなくなると、連絡するのがとてもイヤになり「このまま自然消滅してくれないかなぁ」なんて、ひどいことを思ってしまうのです。

他に好きな人ができた

よくありえそうなのが、ほかに好きな人が出来たと言うパターン。

気になる人がいるなら、今の彼女とは連絡を取りたくありませんよね。

さらに最悪の場合は、二股進行中なんてことも。

こうなってくると、もう連絡が戻る可能性は薄くなってしまいます。

こういう方法を取る男性は、すこしずるいですね。

彼女に連絡を取らないことで、「フリーである自分」を演出し、好きになった人の気を引こうとしているのです。

誠意がある人なら、連絡が減る前にまず彼女に伝えるべきことですよね。

彼女を傷つけたくないという優柔不断のせいで、なかなか連絡できず、罪悪感を抱えてしまうのです。

女性は鋭いので、彼に好きな人が出来た場合、うすうす気がついたりもします。

それが自分の身近な女性だったり友達だった場合、とても嫌な気分になりますよね。

連絡がなくなり、彼の心変わりが疑われる場合は、早い段階で次の恋を見つけたほうが賢明かもしれません。

特に遠距離恋愛だとヤバい!?

物理的な距離があるほど、やはり心の距離は離れがちなもの。

とくに遠距離恋愛において互いに連絡することの頻度は、命綱ともいえます。

相手との会話なしでは、何を思って何をしているのかがまったく読めないからです。

遠距離における連絡の切れ目は恋の切れ目

遠距離恋愛においては、普通のカップルと違い、デートをしたりご飯を食べたりというコミュニケーションがなかなか取れません。

メールや電話で話すことだけが、お互いとのつながりなのです。

「恋人」と「知人」をわけるのは、やはり「相手を想うと、会いたくなるかどうか」ではないでしょうか。

遠距離恋愛の場合、離れた距離でも相手の声を聞いたりメッセージを見ることで、「会いたいな」という思いをふくらませます。

しかし、その連絡が途絶えたとたん、「会いたい」という気持ちも薄れていってしまいます。

そうなると、身近な人に目が行き、恋人への恋愛感情がなくなってしまうのです。

あなたへの関心が薄れている可能性が高い


遠距離恋愛で連絡頻度が減っているならば、やはりあなたへの関心が薄れていってしまってる可能性は高いでしょう。

連絡を取らないと、恋人関係が続かなくなると言うのは、お互いによくわかっているはずです。

それでも連絡をしないということは、あなたとの恋人関係よりも優先したいことがあるのかも。

3か月前にあった彼女よりも、毎日顔を合わせる女性のほうが気になってしまうものです。

誘惑がたくさんある中で、遠いところにいる彼女を愛し続けるというのは、むずかしいもの。

また、遠距離恋愛が終わるときというのは、基本的に結婚など、なにか大きな決断をしなくてはいけません。

そこまでの決意も出来ず、近くに気になる人もできた…このまま会わなければ、自然と恋人関係が終わるかも。

そんな、相手にとっては迷惑な破局を考えているのかもしれませんね。

付き合いたての場合もヤバい

付き合いたてなのに、連絡が遅い。

あるいは、頻度がひくい。

これは、問題ありです。

基本的に、つきあいたては、相手の声を聞きたいし、相手とたくさん話したいもの。

まだお互いに知らない部分がたくさんあるので、それを埋めようとするものです。

それなのに、初めから連絡頻度が低い場合は、ふたつの理由が考えられます。

ひとつは、よほど彼氏が連絡の苦手なタイプだというパターン。

メールや電話など、なにをしゃべればいいのか、なにを書けばいいのか、迷いに迷ってなかなかできない人もいます。

もうひとつは、つきあったことを後悔しているパターン。

あまり好きではなかったのに、付き合ってしまったり、彼女になったら想像と違っていたり…元カノとヨリを戻したいなんてこともありますね。

後悔しているけど、すぐに別れるのは相手に申し訳ない。

でも連絡すると会わなきゃいけないし…なんてことを思っているのかも。

逆に、30代だと仕方がない?

学生や20代を過ぎた人が、急に連絡頻度が少なくなることもあります。

しかしこれは、仕方が無いことともいえます。

いろいろと忙しい年代

30代は、とにかく忙しい年代です。

仕事もなれ、後輩や部下が出来てくるころ。

一人だけ頑張ればよかった時代とは、また立場も変わってくるのです。

そうなると、残業や休日出勤などもでてきます。

1日くたくたになるまで働いて、家に帰れば家事をしなくてはいけない。

そして寝たらまた仕事。

働く30代にとって、休みは貴重なものなのです。

もちろん、普通ならばデートをしたり、いろいろアクティブに動きますが、本当に疲れが溜まっているときは、一人で家で過ごしたいと思うこともあります。

彼女と連絡を取ると、やはり「会う・会わない」という話になってしまいます。

彼女のことは愛しているけど、一人で休む時間も大事。

そんな思いがあって、連絡を取りにくくなってしまっているのかも。

ただ、労わってあげる必要はある

仕事が忙しい彼の場合、連絡が滞ってしまっても、できるかぎり広い心を持って許してあげましょう。

逆に、あなたのほうから「今日もお仕事お疲れさま」と一言かけてあげましょう。

それに対する返信がなかったとしても、あまり気にせず、また次の日には「今日もお疲れ。ゆっくり休んで」と送ってあげれば、あなたの深い愛情をきっと感じることでしょう。

疲れた人は、癒しを求めるもの。

あなたの小さないたわりが、その癒しとなれば、きっと彼も連絡を取りたいと思うはず。

「会いたい!仕事はいつ休み?次どこへいく?」などと言ってしまうと、相手を追い詰めてしまうかも。

会いたい気持ちは頑張って押さえて、できるかぎり彼のペースにあわせてあげましょうね。

連絡頻度が減ったのはあなたのせいかも?


彼だけに原因があるとはかぎりません。

もしかしたら、あなたの普段の言動が、彼の連絡を減らしている要因かも!?自分が「言動おぶす」になってはいないか、チェックしてみましょう。

自分のことばかり話すことが多い

LINEや電話で、自分のことばかり話していませんか?まるで親や兄弟相手のように、「私は今日こんなことがあって、今日こんな人と会って・・・」なんていう内容に偏っていませんか?

会話と言うのは、キャッチボールです。

彼氏・彼女の場合、お互いの考えやその日あったことに興味はありますが、それでも相手のことばかり聞き続けるのは苦痛なもの。

自分のことだって相手に話したいし、わかってもらいたいのです。

一方的な会話は、寂しくなりますし、退屈です。

「この人は自分の話ばかりで、こっちに興味が無いのかな」と思われてします。

そうなると、連絡してもつまらないので、回数がどんどん減っていってしまいます。

誰かのグチや嫌味ばっかり

人の話の中で、一番聞いていて苦痛なのは「グチ」と「嫌味」です。

悪口は聞いていて、あまり気持ちのいいものではありません。

知らない人の話でも、悪意を持った言葉を聞いていると、心が黒くなってしまいます。

彼氏に甘えてしまって、ついグチりたくなる気持ちはわかります。

でも人のグチばかり聞かせていると、その人はまるで自分が気に入らないものをポイポイ捨てるための「ゴミ箱」であるかのように錯覚していきます。

グチや嫌味は、言っている人の魅力もさげてしまいます。

なるべくポジティブな会話を心がけましょう。

また、自分ばかりではなく、相手のグチや嫌味もちゃんと聞いてあげる能力もつけましょう。

心が弱っているときに、丁寧に話を聞いてくれる人がいると、とても頼りになるものです。

「グチは言うものではなく、聞いてあげるもの」と思って、彼氏に接してみましょう。

言葉がキツい

あなたの言動は、自分が思っているよりキツい可能性があります。

「バカ」とか「きもい」など、安易に使ってはいませんか?自分が軽い気持ちで使った言葉でも、相手を簡単に傷つけてしまうことがあります。

彼氏は、どんなに近しい存在でも他人です。

知らない間に地雷を踏んでしまう可能性はおおいにあります。

また、相手のことをすこしバカにした言動はありませんか?「だから〇〇はダメなんだよー」「ほんと頭わるいよね」など、ちょっとした突っ込みの言葉が、彼にはとても不快だったのかもしれません。

言葉が悪かったり、きついのは、癖になってしまうもの。

ほかの誰かを傷つけてしまう前に、できるかぎり直す努力をしましょう。

自分ではなかなか気づけないのなら、友人に「私のメールでイヤだと思ったことは無い?」と聞いてみるのもひとつの手です。

耳に痛いことを言われるかもしれませんが、謙虚に受け入れることで、また少し素敵なあなたになれますよ。

あなたの返信速度が遅い

返信速度が遅すぎるのも、彼にとっては、不安をあおる要因になります。

一生懸命送ったデートの誘いなど、なかなか返事が来ないと、だんだん自分から発信するのがイヤになってしまいます。

とくにせっかち気味の男性にとっては、送ったメール等がすぐに帰ってこないと、「返事も出来ないなんて今なにをしてるんだ!?」とイライラの原因に。

とどいた連絡は、できる限りその日のうちに返しましょう。

「たいした内容ではないから、明日でいいや」と思いがちですが、そのちょっとした怠け心が彼の愛情を減らしてしまってるかもしれません。

あるいは早すぎる

逆に返事が早すぎるのも、彼にとってはプレッシャー。

今送ったメールがすぐに返されると、「早く返信して!」とせかされているように感じます。

メールが苦手系の男性には、これはあまり有効な手段ではありません。

「なんか、いつも携帯を見なきゃいけないから面倒」と思われてしまいます。

相手のタイプにも寄りますが、よほど急ぎの用ではないかぎり、すぐに返す必要はありません。

1時間ぐらい時間差があって当然です。

その日のうちであれば、失礼にはなりません。

もちろん、相手が何か質問している場合や、誘いの内容等は、なるべく早く返してあげたほうがいいでしょう。

彼氏との連絡頻度を復活させるには


彼の心が離れているかもしれないから、彼氏からの連絡頻度を増やしたい!でも一方的に「もっと連絡してよ!」と相手に伝えても、おそらく逆効果です。

冷静に、もっとも効果的な手段を考えてみましょう。

自分も連絡頻度を減らしてみる

いわゆる「押してだめなら引いてみな」作戦です。

彼氏の連絡が滞り気味な場合、こちらが「構って構って」という態度を取り、さらに連絡の回数を増やしてしまうと、相手の態度も硬化します。

回数は、急にまったく連絡しなくなるというのは避けましょう。

そのまま自然消滅になってしまうこともあります。

まずは、あなたが今まで相手にしていた回数より、半分くらいにしてみましょう。

内容も、相手を責めるものではなく、「おやすみー」とか、「今日もお疲れ様」ぐらいに、軽く、嫌味の無いものにしておきます。

あなたが一歩引いた態度を取ることで、彼も気になってくるかもしれません。

「あれ、オレのこと嫌いになったのかな?」と不安になったらこちらのもの!連絡が増えてくるかもしれませんよ。

彼氏が興味を引く話題を振る

彼の連絡回数が減り、そっけない態度を取るなら、がんばって彼の興味を引いてみましょう。

彼が好きなものを下調べしてみるのも手です。

彼が何を好きか、知っていますか?もしあまり知らないというのなら、それこそが連絡が少なくなった原因かも。

恋人と一緒に趣味を語り合うのは、とても楽しいものです。

しかしそれを「まったく興味ないわ」と無視されると、悲しくなりますし、もっと話していて楽しい相手を見つけようとします。

アイドルや、アニメ、スポーツ。

趣味は人それぞれですが、好きになるまでは出来なくても、彼の好きなものを一緒に語ってあげられるくらいに興味を持ちましょう。

そうやってアンテナをはりめぐらせておけば、「あ、これ彼が好きなアーティストの新曲だ」「彼が好きなブランドの服」など、新しい発見があるはずです。

それを彼に伝えてあげるだけで、「そうなんだよ!」とノリノリで喜んでくれるかも。

自分の「好き」だけをおしつけずに、彼の「好き」を、会話の隅々に散らして、興味をひく。

難しいテクニックですが、それができるようになれば、きっと彼のほうからどんどんあなたに連絡しようとしてくるはずですよ。

デートに誘ってみる

彼からのお誘いを待ってるだけでは、先にすすめないこともあります。

どうしても彼のことが気になるなら、こちらからデートに誘ってみましょう。

あまり重い感じではなく、「今週の金曜日あいてるかな?一緒に食事でもどうですか?」という、気軽なお誘いがいいですね。

それでも彼から何の連絡も無いようなら、残念ながらあなたへの興味は薄れているといってもいいかもしれません。

「金曜日はダメなんだ」と返事がくるようなら、「それじゃ、いつでもいいからデートしたいな!」とかわいく甘えてみましょう。

あなたをまだ愛しているなら、きっと罪悪感を感じて、時間を作ってくれますよ。

それでもダメなら「どうしても会いたい」と頼んでみる

押しても引いても、誘っても連絡が来ない場合。

最後の手段として「どうしても会いたい」と、強い想いをこめてお願いしてみましょう。

この言葉を見れば、彼はあなたが追い詰められていることがわかるでしょう。

お互いの気持ちが離れていたとしても、やはり自然消滅は悲しいもの。

別れるにしても、一度会ってきちんと話し合いたいですよね。

それで、お互いの愛情が戻る事だってあります。

「連絡が無いままは悲しい、ダメになってもいいから一度会いたい」という思いを伝えてみて、彼の心が動くといいですね。

他の女子による、連絡頻度向上対策

あなた以外にも、彼の連絡が少なくなって悩む女性はたくさんいます。

そんな人たちがどうやって連絡頻度を上げてもらっているのでしょう。

私の友人の場合、彼は面倒くさがりでなかなか返信をしないタイプ。

送ったLINEが既読になっても、一週間ぐらい放置されることもよくあったそうです。

彼女はいろいろ試してみました。

たとえば、メールの語尾を「今日は何した?」のように、質問系にして、相手の反応を引き出そうとしました。

しかし、これも軽く無視。

自撮りの写真をいろいろ送ってみましたが、あまり反応は無し。

そんな彼女が考えたのは、彼氏との連絡を少なくし、かわりにSNSの更新に力を入れる方法。

Twitterやインスタグラムなどで、楽しそうな写真をガンガンあげていったのです。

「私はあなたがいなくても楽しい毎日を過ごせますよ」というアピールですよね。

そうすると、彼のほうもだんだん連絡をするようになってきたようです。

友人とばかり楽しそうで、自分とあまり関わってこないのが寂しくなってきたようですね。

「俺がいなくてもいいのか!」という嫉妬心を、うまくあおったのがよかったようです。

もちろん、彼氏のタイプによっては、逆効果なこともあります。

相手の性格をよくとらえながら、彼に一番あった対策をとってみましょうね。

彼氏からの連絡頻度が復活したら

いろいろ対策をとってみて、彼の連絡頻度が元通りに戻ったからといって安心してはいけません。

またあなたが間違った方法を取ると、激減してしまう可能性も。

どんな方法をとるべきでしょうか。

彼氏を気遣う内容のメールを心掛ける

自分の話しばかりせず、まずは彼氏のことを優先するメールを心がけましょう。

忙しい彼なら、まずは体調を気にしてあげましょう。

「身体大丈夫?美味しいものを食べてね」「今日はゆっくりやすんでね」と声をかけてあげれば、きっと彼はほっとできます。

また、なにか悩んでいるようなそぶりがあれば、「どうしたの?私でよければ聞かせて」と優しく聞いてみましょう。

基本的に、男性は「母性」をもとめているもの。

お母さんのように、自分のダメな部分も受け入れ、深い愛情で包んでくれる人を求めているのです。

あなたが自分を主張しすぎず、健気な愛情で彼を気遣っていれば、彼は貴方のことを信頼し、貴方と話すことで癒しをえます。

メールや電話で、貴方と話すことが、毎日の楽しみとなって来るでしょう。

そうなれば、もう頻度で悩むこともありませんね。

無理なお願いはしない

いくら彼のことが好きだからといって、「仕事を休んで会って欲しい」や、「疲れててもすぐに電話して欲しい」などと、無理なお願いは止めましょう。

彼は最初はあなたの可愛いワガママやお願いを可愛いと思うかもしれませんが、それが続くとまた連絡したくなくなってしまいます。

お願いごとや頼みごとや、まずはチラッと様子を見てからにしましょう。

ちょっとでも面倒そうな素振りを見せたら、すぐに引いたほうが賢明です。

できるかぎり「負担がかからない」彼女でいれば、居心地が良くなり、きっと貴方との時間を優先するようになりますよ。

彼氏が喜ぶ内容を振る

できるかぎり、彼が喜びそうな内容を送りましょう。

自分が興味あることではなく、彼が好きなことや、彼の知人の話を振ってあげましょう。

サッカーや野球など、自分があまり興味の無いものでも「今日〇〇が勝ったね!おめでとう」と送るだけでも、きっと嬉しいものですよ。

気遣い美人は、会話して楽しいものです。

彼が気になる話題を振りつつ、二人で会話をより楽しめる関係になるといいですね。

また、仕事を頑張っている彼なら、仕事のことを褒めたり、聞いてあげたりしましょう。

たとえ内容がよくわからなくても、自分の頑張っていることを熱心に聞いてもらえるのはとても嬉しいものです。

彼の職業を知っているのなら、事前に少し勉強してみてもいいですね。

話題の幅が広がりますし、頑張っている彼のことがもっと好きになるかもしれません。

彼は自分に興味を持ってもらえて嬉しいですし、あなたは彼の仕事が理解できて一石二鳥です。

連絡頻度対策は重要!関係を結び直そう

彼との会話は、愛情の確認です。

連絡の頻度が減ってきたと感じるなら、早急に対策をとって、二人の絆を強くする必要があります。

彼が望む言葉を、彼が望むタイミングでかける。

一番重要なのは、これだけです。

これだけですが、それがとても難しいことも。

彼を愛しているのなら、普段から彼をよく観察し、彼の深層心理をとらえる努力をしてみましょう。

相手をおもっての言葉なら、きっと届くはずですよ。

早めに傷を修復すれば、きっと二人の仲も元に戻り、長く続くはずです。