最近、急に彼氏の連絡回数が少なくなった!そんな悩みをかかえていませんか?お悩みの人の多くは、「連絡回数が少ない=別れの予感」ととらえているでしょう。

彼氏に対して、憎い気持ちを抱えているかもしれません。

冷静になって理由や原因を考え直すことで、彼の本当の気持ちが見えてくることもありますよ。

最近彼氏の連絡頻度が少ない、なぜ?

連絡の頻度が少ないのには、やはり理由があります。

大きく分けて、物理的なもの、心理的なものがありますね。

原因をつきつめていけば、対策も見つかるかもしれません。

ただ連絡が無いことを寂しがっていたり、相手をなじっても、あまり建設的は無いですよね。

前向きに、今自分にできることはないかを探してみましょう。

一般的にはどれくらいの頻度なの?


自分と彼氏との連絡は一般的に、少ないのか、多いのか。

これは、誰もが気になるところですよね。

これは本当に、「彼氏の性格による」といえます。

連絡がまめなタイプと、そうではないタイプがいますよね。

私の友人の話の中で、もっとも頻度が高かったのは、1日数百件のLINEのやり取りをするというもの。

ひとつひとつは短いのですが、とにかくしょっちゅう連絡が来るのです。

そのまま放置すると怒るので、面倒でも毎回返さなくてはいけないのだとか。

しかし、男性はどちらかというと「連絡はまめじゃない」という人が多いようです。

社会人で多かったのは、週に1度くらい、連絡が来るというものでした。

LINEやTwitterではそれなりに連絡はあるものの、いわゆる「恋人としての連絡の取り合い」はあまり多くは無いようです。

もし、恋人としての連絡が、週に1度もない…それは少し少ないと言えるかも。

私の周りでは、連絡が月に1度ぐらいになってしまったカップルは、そのまま自然消滅をむかえていました。

連絡の多さ=ラブラブというわけではありませんが、やはりあんまり少ないと、自然と心の距離も離れていってしまうようですね。

彼氏の連絡頻度が減る理由

彼氏の連絡頻度はどのような理由で減っているのでしょう。

自分ではどうしようもないものから、心の変化まで、考えられる原因をまとめてみました。

仕事が忙しい


男性の連絡頻度が減る理由の中で、一番多くをしめるのが「仕事が忙しい」というもの。

女性はこれを聞くと、「連絡が取れないほど忙しいわけ無いじゃん!」と思いますよね。

「きっと、仕事が忙しいは言い訳で、本当の理由は別にある」と勘ぐってしまうことも。

しかし、実際のところ、本当に仕事が忙しくて連絡がおろそかになっているということはありえます。

連絡を取る時間が全く無いわけではなく、仕事で疲れ、プライベートの時間はあまり頭をつかいたくないため、彼女のことをあまり思い出さなくなっているのです。

男性は、女性よりも、複数のことを同時にするのが苦手なもの。

仕事にトラブルがあったり、何か大きなプロジェクトがあったりすると、頭は仕事一色に染まってしまい、恋愛は二の次になってしまいます。

彼女のことよりも優先しなくてはいけないことが多くなると、すっかり連絡を取ることを忘れてしまうのです。

連絡がだんだんおろそかになると、そのことを謝らなくてはいけなくなり、それが面倒になってさらに連絡が途絶えてしまう。

そんな悪循環に陥っていることもあるのです。

彼の「仕事が忙しい」という言い訳を聞いたときは、決して怒ったり嘘だと決め付けず、少しは信用してあげましょう。

彼も仕事と彼女のハザマで、くるしんでいるのかもしれませんよ。

何らかの理由で携帯が使えない

彼はあなたと話をしたいのに、「どうしても連絡が取れない」という状況も。

たとえば、携帯が壊れてしまった場合、連絡は取れないですよね。

昔は家電に連絡したり、パソコンのメールアドレスを使ったりもしましたが、最近は携帯の連絡先しか交換しないカップルが主流です。

携帯の代金をうっかり払い忘れていても、つながらない可能性があります。

引き落としやカード払いになっていると、そのことになかなか気づきません。

また、生活している環境によっては、つながりにくいことも。

彼が引越ししたあと、ぜんぜん携帯がつながらなくなったと思ったら、そもそも電波が入らない場所だった…なんてこともあるようです。

地下や病院にいるときも、携帯はつかえませんね。

とはいっても、最近Wi-fiが充実しているので、まったく連絡が取れないというのはマレです。

彼の生活環境が変わったときは、このような理由を疑ってみてもいいでしょう。

あまり連絡したくない事情がある

携帯はつかえるけど、連絡できない事情がある。

それは彼の心理的要因によるものです。

それらは、ポジティブなものと、ネガティブなものに分かれます。

なかには、貴方を愛してるがゆえに、連絡したくないと言うことも。

・仕事などでイライラすることが多く、彼女にやつあたりしたくない
・家族間でトラブルがあって巻き込みたくない
・お金のトラブルがある

連絡したくない状況としては、これらの要因が考えられます。

これらの場合、彼が一人で考えたい、解決したいと言う気持ちを優先してあげてもいいでしょう。

あまりしつこく事情を聞いたり、あなたから連絡を取ろうとすると、逆に彼から別れを切り出されてしまう可能性もあります。

トラブルがなくなれば、きっとまた彼は連絡を取るようになるでしょう。

彼のことを気にかけつつ、ゆっくり待ってあげましょう。

あなたに興味を無くした

特別な事情も無いのに連絡したくない理由として、心の距離があいたからということもあります。

彼女と連絡を取るのは、会いたいから、話したいからです。

逆に考えると、連絡がおろそかになっているときは「会いたくない」「話したくない」というときですね。

彼女に対してそんな感情をもつというのは、もう好きじゃなくなった証拠です。

特別「憎い」、とか「嫌い」というわけじゃなくても、女性として、彼女として興味をなくしつつあるのかもしれません。

「釣った魚に餌はやらない」という言葉があるように、一度恋人関係になってしまうと、すぐに興味を失ってしまう男性というのはいます。

また、付き合いが長くなるにつれ、まんねりになり、ほかの女性に目がいってしまうもの。

彼女に興味がなくなると、連絡するのがとてもイヤになり「このまま自然消滅してくれないかなぁ」なんて、ひどいことを思ってしまうのです。

他に好きな人ができた

よくありえそうなのが、ほかに好きな人が出来たと言うパターン。

気になる人がいるなら、今の彼女とは連絡を取りたくありませんよね。

さらに最悪の場合は、二股進行中なんてことも。

こうなってくると、もう連絡が戻る可能性は薄くなってしまいます。

こういう方法を取る男性は、すこしずるいですね。

彼女に連絡を取らないことで、「フリーである自分」を演出し、好きになった人の気を引こうとしているのです。

誠意がある人なら、連絡が減る前にまず彼女に伝えるべきことですよね。

彼女を傷つけたくないという優柔不断のせいで、なかなか連絡できず、罪悪感を抱えてしまうのです。

女性は鋭いので、彼に好きな人が出来た場合、うすうす気がついたりもします。

それが自分の身近な女性だったり友達だった場合、とても嫌な気分になりますよね。

連絡がなくなり、彼の心変わりが疑われる場合は、早い段階で次の恋を見つけたほうが賢明かもしれません。

特に遠距離恋愛だとヤバい!?

物理的な距離があるほど、やはり心の距離は離れがちなもの。

とくに遠距離恋愛において互いに連絡することの頻度は、命綱ともいえます。

相手との会話なしでは、何を思って何をしているのかがまったく読めないからです。

遠距離における連絡の切れ目は恋の切れ目

遠距離恋愛においては、普通のカップルと違い、デートをしたりご飯を食べたりというコミュニケーションがなかなか取れません。

メールや電話で話すことだけが、お互いとのつながりなのです。

「恋人」と「知人」をわけるのは、やはり「相手を想うと、会いたくなるかどうか」ではないでしょうか。

遠距離恋愛の場合、離れた距離でも相手の声を聞いたりメッセージを見ることで、「会いたいな」という思いをふくらませます。

しかし、その連絡が途絶えたとたん、「会いたい」という気持ちも薄れていってしまいます。

そうなると、身近な人に目が行き、恋人への恋愛感情がなくなってしまうのです。

あなたへの関心が薄れている可能性が高い


遠距離恋愛で連絡頻度が減っているならば、やはりあなたへの関心が薄れていってしまってる可能性は高いでしょう。

連絡を取らないと、恋人関係が続かなくなると言うのは、お互いによくわかっているはずです。

それでも連絡をしないということは、あなたとの恋人関係よりも優先したいことがあるのかも。

3か月前にあった彼女よりも、毎日顔を合わせる女性のほうが気になってしまうものです。

誘惑がたくさんある中で、遠いところにいる彼女を愛し続けるというのは、むずかしいもの。

また、遠距離恋愛が終わるときというのは、基本的に結婚など、なにか大きな決断をしなくてはいけません。

そこまでの決意も出来ず、近くに気になる人もできた…このまま会わなければ、自然と恋人関係が終わるかも。

そんな、相手にとっては迷惑な破局を考えているのかもしれませんね。

付き合いたての場合もヤバい

付き合いたてなのに、連絡が遅い。

あるいは、頻度がひくい。

これは、問題ありです。

基本的に、つきあいたては、相手の声を聞きたいし、相手とたくさん話したいもの。

まだお互いに知らない部分がたくさんあるので、それを埋めようとするものです。

それなのに、初めから連絡頻度が低い場合は、ふたつの理由が考えられます。

ひとつは、よほど彼氏が連絡の苦手なタイプだというパターン。

メールや電話など、なにをしゃべればいいのか、なにを書けばいいのか、迷いに迷ってなかなかできない人もいます。