キスには上手い人と下手な人とが存在します。

日本は海外とは違い、挨拶でハグをしたり、キスをしたりという習慣がありませんよね。

海外ドラマや洋画を見ていても思いますが、日本の俳優に比べ、海外の俳優の方が圧倒的にキスシーンに色気が漂い、キスに慣れているなぁと感じませんか?

実際に誰かと自分がキスをしているわけではなくても、画面を通して伝わってくるキスの上手さというのは、

実際にされたらどうなってしまうのだろうか…とさえ思ってしまいます。

キスひとつで、相手の恋愛経験値を査定することは、可能だと思いますか?

それはこちら側の恋愛経験もある程度豊富じゃないと、判断のしようがない部分もありますよね。

口にだしては、言わないかもしれませんが、もしかしたらあなたも思われているかもしれませんよ?「う~ん、これは経験豊富だろうな」と。

キスで相手の恋愛経験値を調べよう


キスをするというのは、ある程度親しい仲じゃないとできませんよね。

罰ゲームとかゲーム的なものは別にして。

あくまでも恋愛におけるキスというのが大前提です。

どうしてもキスが上手い=遊び人と結びつけてしまう方もいると思うのですが、安易に決めつけてしまうと、相手を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。

例えば、歌が上手い人というのは、生まれつきの人もいますし、練習を重ねて上手いと呼ばれている人もいます。

キスにおいてもそういった面があるのかもしれません。

キスが上手い人はその分場数を踏んでいるか、もしくは相当勉強をしたかということに置き換えることもできますね。

ただ、大人のキスにおいては相手がいてこその実戦となるため、勉強してどうにかなるものではないのかもしれません。

恋愛初心者がやってしまいがちなキスの仕方や、恋愛中堅者、熟練者のキスの仕方の特徴を探っていき、あなたの相手はどこに当てはまるのかを見ていきましょう。

あまり経験ない?恋愛初心者

恋愛初心者が陥りがちなキスの仕方をチェックしていきましょう。

生まれつき感性が鋭くキスが上手い人も稀にいるかもしれませんが、中堅者も熟練者も誰しもが初心者からのスタートを切っています。

スタート地点はほぼ皆同じなのですが、そこから先に踏み込んだ者とそうでない者の差というのは、行動にあらわれてくるものです。

しかし皆ここがスタート地点なので、この恋愛初心者枠に関しては、「あるある!」と共感されやすいのではないでしょうか。

雰囲気を作れていない

キスをする際に最も重要ともいえる、雰囲気作り。

恋愛経験が浅いと、どのタイミングでキスにもっていったら良いのかもわからず、「え?このタイミングで?」と相手に思わせてしまうこともあります。

雰囲気作りというのは、ムードのある空間を作り出すということです。

「キスしなきゃ!」「キスしたい!」という気持ちばかりが先走ってしまい、ムードが台無しという事態に。

今自分が中堅者もしくは熟練者の域に達している方からみると、「自分も初めはそうだったな」と振り返ることができているかもしれませんね。

すぐキスしようとする

気持ちが先走るあまりに、変なタイミングでキスを迫ってしまったり、やたらにキスをしようとするのは、初心者にありがちな行動です。

「今はキスする場面じゃないよね」と、相手に違和感を感じさせてしまうので、「この人恋愛経験ないのかな」と思われてしまいます。

またすぐにキスをしようとするのは、相手からするとガツガツしているという印象を与えてしまいますね。

ガツガツしている姿が様になる人は早々いませんよね。

ガツガツしてしまうと、「欲求不満なのかな?」「とりあえずキスしておけば良いって思ってるのかな?」などと辛口な評価をされてしまうかもしれません。

唇が固くなっている

恋愛初心者は、デートであったり、手を繋いだりという、キスの手前の時点で相当な緊張感をもっています。

キスの醍醐味は、柔らかい唇が触れ合うという点でもありますね。

ところがタイミングが掴めないままキスをしてしまうと、柔らかいはずの唇が固くなってしまうのです。

固い唇でキスをすると、相手にも緊張が伝わってしまうため、「恋愛初心者なのかな?」「キスに慣れていないのかな?」と思われてしまうのです。

これは、キスをする側も、される側もそうです。

恋愛初心者がキスをされる側だった場合も、唇が固くなっていると相手を拒否しているサインか、もしくはリラックス状態にないのだと判断されてしまうこともあります。

緊張して体に力が入ると唇も固くなる


緊張すると、体に余計な力が入ってしまいますよね。

手元に力が入ってしまう方もいれば、肩がガチガチになってしまう方もいると思います。

相手の肩に回した手がガチガチに緊張していることは手を通して伝わりますし、その緊張が唇にまで伝わっていきます。

普段は柔らかいはずの唇が固くなってしまうのは、相当な緊張状態にあることがわかりますよね。

自分の唇を指で触ってみるとわかりやすいのですが、普段の唇の状態と、口元に力を入れた時の唇の固さ、どうですか?違いますよね。

固い唇のままキスをすると、相手の唇の感触もわからないまま終わってしまいます。

そのほんの一瞬でも、相手に緊張が伝わるので、出来る限りリラックス状態にもっていきましょう。

顔を傾けずにキス

また海外ドラマや洋画を例にだしますが、絵になるキスというのはどちらかが顔を傾けていることが条件です。

様になるのは、キスをする方が顔を傾けてキスをすることですね。

顔を傾けずにキスをしてしまうと、高確率で鼻が当たりますし、される方も、相手の顔が近づいてきた瞬間に「え?え?」となり、

思わず顔を傾けてくれる人もいますが、そのままぶつかってしまう人もいます。

逆を言うと、顔を傾けずにキスをすることはとても難しいことなのです。

身長差があればキスをしやすいという面もありますが…。

自分が顔を傾けるタイミングがわからない場合は、相手の顔に手を添え、固定するようにしてキスをすると手馴れているようにみえるでしょう。

顔を傾けることに集中していると、高確率で目を見開いた状態になりやすので、気を付けましょう。

歯が当たる

勢いをつけてしまったり、顔を傾けずにキスをすると、歯が当たることもあります。

日常生活の中で、何かが歯に当たるという状況は早々ないですよね。

そのため、歯が当たると、想像以上にお互いに衝撃があり、驚いてしまうことは間違いありません。

歯同士が当たることもあれば、下手をすれば唇に歯が当たり傷つけてしまうこともあります。

ここまでくると、確実にキスに慣れていない人だというレッテルを貼られやすいです。

歯が当たるのがこわい人は、寸前まで目を開けた状態で相手にキスをするようにすると、歯が当たる心配も軽減できることでしょう。

また、ディープキスをするときも顔を傾けないと前歯が当たり、ムードなく終わってしまい、「歯があたった」という印象しか残らないキスとなってしまう可能性があります。

鼻息がすごい


鼻息が荒いのは、相手に引かれやすい行動でもあります。

緊張しているのか、それとも興奮しているのか、相手が警戒してしまうのは間違いありません。

キスをするときはほとんど唇を閉じている状態ですよね。

そのため、鼻呼吸になり、鼻息が荒くなってしまうのもよくわかります。

しかし、想像してみてください。

顔を傾けることなく、正面から鼻息がすごい状態でキスをしようと近づいてこられたら、身構えてしまいませんか?

この状態でキスができたとしても、唇が当たっている時も、鼻息は荒いままでしょう。

女性の場合は、鼻息を気にして、キスをしているときに息を止めている人も多いですね。

しかしフレンチキスなら良いですが、ディープキスで長時間を息を止めているのはキツイですよね。

そんなときに相手の鼻息が荒ければ、自分の鼻息がごまかせるという利点もありますね(笑)。

しかしやはりロマンチックなムードには欠けるので、リラックスするよう心掛けるのが良いでしょう。

唇にだけのキス

唇にふわっと触れるようなキスは、純粋な感じがしますよね。

初めてのキスはこれで良いと思いますが、相手との関係を先に進めたいと考えているのなら、このキスだと友達止まりとなってしまう可能性も否めません。

「この人は真面目なのかな」という印象をあたえやすいので、相手からすると「大事にされている」と感じる方もいれば、「ただの友達?」と真逆に受け取る人もいます。

大人になってからの唇にだけするキスは様々な憶測を呼ぶことになりそうです。

余裕がある人は、髪にキスをしたり、頬にキスをしたりと、一度のキスで様々な部分にキスをするテクを身に着けています。

唇を全部を覆うようなキス

相手の唇を甘噛みしたり、お互いにし合ったりするのは、大人なキスです。

しかし、一方的に唇全部を覆うようなキスをするのはNGです。

これは、唇が唾液でべったべたになる可能性があり、高確率で相手に嫌がられます。

このキスをされたら、自分がどう対応するべきかもわからなくなりますし、

一見ムーディーな雰囲気になりそうなキスだと思われるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

相手の唇を全て覆うキスは、人工呼吸の時です。

ただ舌を入れてかき回すようなキス

舌を入れるディープキスは、普通にするキスを乗り越えた先にありますよね。

緊張して当然ですが、緊張してしまうと、唇同様、舌も固くなってしまいます。

固くなった舌を動かすと、相手の舌と絡まることはなく、ただ相手の口の中で舌をかき回している状態になります。

「これは一体なんだ!?」と相手に疑問を与えてしまうキスはNGです。

ディープキスは相手の舌と絡まってこそ、気持ちよさや一体感を生みます。

口の中で相手の舌がひたすら動いていたら、嫌ですよね…。

無理やり激しくしようとするのではなく、初心者こそ落ち着いてゆっくりと舌を動かすようにするのがベストです。

ほどほどに経験してる?恋愛中堅者

次は、恋愛中堅者のキスの仕方を見ていきましょう。

恋愛中堅者は、ある程度経験を積んできているので、キスの仕方にも余裕が生まれてきます。

初心者のときにしてしまった失敗を繰り返さないように気を付けているのも中堅者に多いですね。

回数だけみると、一人の人と付き合っていても、キスをした回数というのは増えていきますよね。

しかし回数が増えたからといって経験が増えたわけではありません。

人によって恋愛の仕方や考え方が異なるため、新しい相手に出会うたびに、自分の経験値が上がっていきます。

一人の人と付き合っている人が恋愛初心者というわけではありませんし、長く同じ人を愛せることは運命的で素敵なことです。

とはいえ、失恋をしてまた新しい恋愛をすることで学ぶことも多くありますよね。

そういった経験を糧にすることで、恋愛の仕方を変えてみたり、キスの仕方を変えてみたりと自分の中に変化が生じます。

同じキスをしていても、相手によっては受け取り方が異なりますし、経験を積んだ分だけ、色んなパターンに対応できるといったメリットはあるでしょう。

ガツガツしていない

キスをするときに大事なことは、余裕をもつということです。

ガツガツしてしまうと、相手に心の中を見透かされてしまいますし、せっかくのムードが台無しになってしまいます。

それにガツガツしていると相手が引きやすく、「体目当てなのかな?」と思われてしまいます。

心の中では心臓が飛び出しそうに緊張していたとしても、表にそれを出さずにキスをすることができるようになれば、恋愛初心者は卒業です。

ある程度数をこなしてくると、ここはガツガツするところではないというのがわかってくるので、押し引きがうまくなってくるのが中堅者です。

唇が潤っている

唇が程よく潤っているのは大事なポイントです。

カサカサで皮の剥けた唇だと、「キスしてないのかな?」「キスする気ないよね?」と思われてしまいます。

男性でもリップだけは塗るという人多いですよね。

唇が潤っているということは、唇が触れた時に心地よいというのもあります。

キスをして心地よさを感じるのは、とても大事なんですよね。

もう一度この人とキスがしたいとも思われるポイントでもあります。

また、唇の潤いひとつとっても清潔感が生まれますよね。

不潔な人とはキスはしたくないという人が圧倒的に多いので、清潔感を保つためにも唇の潤いは程よくキープしておきましょう。

しっかりケアをしてる

きちんとケアをしているということは、いつ何時そういうムードになっても大丈夫という心の表れでもあります。

見た目を気にすることは、内面にも繋がることなので、しっかりとケアをすることはとても大事なことです。

唇のケアは決して難しくないことですし、そこを怠ってしまうのはもったいないことです。

また「簡単なケアなのにそれもしないの?」とも思われやすい部分でもあります。

男女ともに唇が潤っている人は、唇自体が魅力的でフェロモンさえも感じられますね。

しかし、リップケアをしすぎて、アブラっぽい物を食べたかのようなテカテカな状態は男女とも、若干引かれる要素にもなるので、あくまでも程よくがポイントです。

キスの強弱が上手

単調なキスの仕方よりも、強弱があった方が気持ちも盛り上がりますよね。

この強弱の付け方はステップを踏むのが大事です。

いきなりディープキスをするよりも、はじめは軽めのキスをして、次に舌を絡めるかと思いきや、

唇を甘噛みしたり、髪にキスをしたりと、相手の気持ちを和ませつつ徐々にムードを盛り上げていきます。

「ディープキスはいつするんだろう」と相手をドキドキさせるのも一つのテクです。

このステップを踏んでいくと、徐々に相手の気持ちがのってくるのがキスから伝わってきます。

相手が自分のキスに応えるようなキスをしてきたら、のっている証拠。

そのタイミングでどんどん濃いキスへと変えていってこそ、上手いキスと呼べるのです。

最初は優しく燃えてきたら激しく

初めから激しいキスをしてしまうと、ムードのかけらもありませんよね。

お酒が入っている時にやりがちなことですが、ムードはとて大事で、先に繋がるキスになるかどうかもここがポイントになります。

はじめから激しいキスをしてしまうと、尻つぼみにもなり、面白味に欠けてしまうのです。

丁寧に優しくキスをしていき、お互いの気持ちが高まってくるのを感じたら、激しいキスにシフトチェンジしていきましょう。

特に女性が好きな“とろけるようなキス”これは、優しく、そして激しくのステップを踏んでこそ感じてもらえるものなのです。

下唇を優しく吸う

甘噛みや、唇を吸うようにするキスは大人な雰囲気があり、こなれている感じがでますよね。

あくまでも、甘噛みや、優しく吸うというのがポイントなのです。

がっつり噛むのが好きという方もなかにはいますが、万人受けするものではないので、性癖が合う方にするようにしましょう。

勢いをつけずに、優しく相手の下唇を吸うと相手の目がトロンとしてくるのを感じることができます。

唇全体を吸うのは笑いに変換されてしまうこともあるので注意。

多くの人が、上唇よりも下唇の方が厚いですよね。

その分下唇は吸い付きやすいという点もありますよね。

唇を吸うという概念があまりないという人の方が多い傾向にあるので、ディープキスよりも相手をドキッとさせられるテクニックのひとつでもあります。

見つめながらキスをする

相手のことを見つながらキスをすると、相手は高確率で照れて目を閉じます。

見つめながらキスをされると、すごく愛されているような気分に包まれるので、非常にムーディーな空間を作り出すことができるのです。

キスをする寸前も、相手の目を見て逸らすことなく見つめていると、それだけでも2人だけの特別な空間を演出することができますよね。

自ら特別な空間を作り上げることができるのが、恋愛中堅者の特徴とも言えますね。

「チュッ」とキレイに音がなる

チュッと音がなるキスはまるで漫画の中の話のようですよね。

キレイに音がなるのは、たいてい唇同士が離れる瞬間です。

ディープキスでなる音とはまた違った、爽やかながら、慣れていないとできないワザです。

自分の手に唇を当てて音を出してみるとわかると思うのですが、キレイな「チュッ」の音をだすのは、案外難しいことがわかると思います。

相手の唇をやや吸うようにして離れるとキレイに音を出すことができるので、キレイな音をだすときは、意識していないと難しいのです。

音をならすには、経験を積んでいないと難しいということがわかりますね。

普通にキスをしているときは、わりと無音ですよね。

そこでこの「チュッ」という音がなると急にキスをしているという実感が湧き、相手を照れさせることもできちゃうのです。

結構遊んできてるかも?恋愛熟練者

では、いよいよ恋愛熟練者のキスの仕方を見ていきましょう。

中堅者でも小ワザを入れてくることがわかりましたが、熟練者はどんなキスの仕方をしているのでしょうか。

熟練者と言われるだけあり、経験が豊富なのは間違いがないですね。

あなたはキスの下手な初心者と、キスが上手な遊び人だったらどちらがタイプですか?

極端かもしれませんが、キスが嫌いな人はおそらくここを見ていないでしょう(笑)。

キスが上手いとその後の行為も上手なのかな?と期待が高まるという点もあります。

キスは愛情表現の一つです。

日本では挨拶代わりにする習慣がないことから、特別なものという位置づけですよね。

そんなキスは、特別なものであり、下手なよりは上手い方が良いに決まってる!という人の方が多いのではないでしょうか。

愛情を感じられるような情熱的なキスをすることができるのが熟練者の特徴とも言えます。

雰囲気作りが上手

キスが上手な人は、相手をその気にさせ、キスをしやすい雰囲気作りが上手です。

ムーディーな雰囲気を作ることは、案外難しいんですよね。

そこを難なくクリアしてしまうのが恋愛熟練者です。

その雰囲気の作り方も手慣れたもので、わざとらしくなくさらっと空間を作り出してしまいます。

恋愛熟練者は、恋愛スイッチの入れ方がうまいので、相手をその気にさせるのが上手なのです。

明るい場所で濃厚なキスをするのは、避けたがる人が多いですよね。

恋愛熟練者は多くの経験を積んでいるので、“こういう場所ならキスをしやすい雰囲気が作れる”という場面をおさえています。

部屋であれば、明かりを少し落としたり、外出先でもロマンチックなムードがでる夜景スポットに、さりげなく誘導することができます。

夜景スポットはキスをしやすい雰囲気のある場所なので、同じ考えを持った人が集まりやすく、他所に比べてキスがしやすいという点もありますね。

相手に合わせることができる

歩く速度を合わせてくれたり、相手の話をしっかりと聞く姿勢をもっていたりする人はモテますよね。

やはりモテる人ほど恋愛熟練者になりやすく、場数を踏んでいるのです。

相手のペースに合わせて行動をするというのは、相手のことを思いやっている証拠です。

キスも同じ。

相手のキスの仕方に合わせてやり方を変えてみたり、相手が欲していることを瞬時に判断できる能力も見習いたいですね。

キスすることに慣れていないと、おどおどしてしまったり、逆に前のめりにガツガツしてしまったりということがあります。

自分の気持ちが一番になってしまうと、自分がしたいキスしかできません。

相手が気持ちよくなれるようなキスをすることができるのが熟練者なんです。

唇が柔らかくて気持ちいい

緊張していたりガツガツしていると、唇が渇いてしまったり、固くなってしまったりということがあります。

キスの仕方がうまい人は、リラックスして相手に向き合っているという傾向にあります。

リラックスできていると、肩の力が抜けているので、自然と唇も柔らかく、キスをしたときに気持ちいいと思えるのです。

柔らかい唇は、ついつい何度もキスをしたくなるものです。

唇自体にも力が入っていないので、唇本来の柔らかさを感じることができ、「こんなの初めてかも!」と相手に思わせることだってできちゃうのです。

場数を踏んで落ち着いている

恋愛熟練者の妙な落ち着きはどこから来ているのかというと、“場数”です。

場数を踏んだ分だけ、経験値が増えるので、色んな人に対応するコミュニケーション能力が身に付くのです。

合コンもそうですよね。

初めて合コンに参加した人と、場数を踏んでいる人では、合コンの流れの把握や連絡先の交換の段取りの良さは、全くといっていいほど異なります。

その場に慣れるというのが何よりも大事で、どんな状況にも応じられるとい、免疫をつけているんですね。

キスもその延長線上にあるといって良いでしょう。

合コンから派生した出会いによって、キスをする場面が増え、経験人数も増えていくことだってあります。

誰だって、慣れていない場所や、言動に対してはどう対処したら良いのかわからず、落ち着きがなくなりますよね。

落ち着いてその場を楽しめるようになるには、場数を踏んで、焦ることなく落ち着いて行動を起こせるかがカギとなるのです。

落ち着いている人は、同性からみると大人な雰囲気を醸し出し魅力的に見えることも多いので、そこでもまた熟練者の一人勝ちとなりそうですね。

ポディタッチが上手

キスの仕方がうまい人は、唇だけではなく、手や脚を巧みに使うという特徴があります。

キスをしながら体に触れられると、ドキッとしませんか!?やや心拍数があがりますよね(笑)。

唇が触れている時間に、手元が手持無沙汰だな…と思ったことがある方もいるのではないでしょうか。

そういう方は、せっかくなので相手に触れてみましょう。

肩を抱いたり、頭をなでたり、腰に手を回したり。

相手の体温を感じるというのは非常に大事なことです。

熟練者は回を重ねてきたことで、相手に嫌がられないボディタッチを身につけています。

ガツガツしたキスをしてしまう人が、ボディタッチを取り入れようとすると、あからさまに相手の胸を触ったり、お尻を触ったりしてしまいがち。

ガツガツしながら手元も胸にのびてしまうと、ムードもなく嫌がられる可能性大です。

そこは熟練者を見習って、いやらしい触り方ではなく、セクシーな触り方を身に付けましょう。

女性の場合は、相手の脚に自分の脚を絡ませるのも大人な色気がでて、こなれた感じがだせます◎

キスをしながら髪や腰などを触る

キスをしながら、手元は相手に触れていると、自分の緊張がとけてリラックスできるという利点があります。

また、髪に触れられたり、頬に触れられたりすると、相手は高確率で安心し、ムードが高まるので相手からも触れてくるという現象が起こります。

女性の場合髪や頭を撫でられることが好きな人が多く、“女の子扱いしてもらえている”と嬉しくなる人も多いのです。

触れてる方も、触れられている方も安心感に包まれるので、この人に身を委ねても良いかもという気分にもっていくことができます。

髪や頭に触れる時は優しいキスをし、腰や脚に触れるときは濃いキスをしたりと、強弱をつけて相手を飽きさせないのも熟練者のワザです。

じらし上手

「もっとしてほしくなる」そんなキスをしてくるのが熟練者。

自分からキスアピールをしてきますが、肝心なところで寸止めにしたり、相手をじらせてドキドキさせるテクニックはお手のものです。

じらされると、そんな気じゃなかったのに、妙にそわそわして自分からしてしまいたくなってしまうもの。

熟練者はそんなあなたのことを可愛いな~なんて思いながらじらしてくるのです。

ギャップがある人がモテる傾向にあるように、キスの仕方にも強弱をつけて色んなテクニックを使うことで、相手を魅了することができちゃいます。

唇に行く前に肩や首筋にキス

唇にキスをするのは、当たり前なのですが、肩や首筋や耳などにキスをされると慣れているなと感じるもの。

ノーマルなキスよりも、ムーディーなキスを好む人が多い割に、ノーマルなキスばかりが日常的になってしまっている人が多いのが現状。

唇にキスをする前に、肩や首筋にキスをされると、体全体が熱を帯び、気持ちよさが増します。

唇にキスをするのは当たり前だからこそ、他の部分にキスをして特別感を演出するのです。

言葉で攻めてくる

キスをしたあとに「キスどうだった?」こんなことを聞いてくるのはナンセンス。

相手が自分のキスをどう思ったか気になるのは当然のことですが、単刀直入に聞かれるとちょっと冷めてしまいます。

そんなナンセンスなことも、キスの最中に聞いてくると素直に答えてしまうのが不思議なところです。

もちろん唇に触れている時に話をするのはNGですが、耳たぶや髪にキスをしながら、耳元でささやいてくる「どう?気持ちいい?」これはアリです。

アリですが、熟練者は自分のキスにある程度自信をもっているので、相手を攻める言葉をささやくことの方が多いのです。

「耳赤いよ?」「緊張してるの?」「どこが弱い?」などと、普段の会話のトーンよりもセクシーな声色でささやかれたら、照れてしまいますよね。

その照れた姿も更に攻められ、キスをしながらセクシーな会話をはさむことで、

相手を気持ちよく、そしてもっと深い関係へと結びつけていくのに有効なのです。