国語や英語を得意とする人間を文系、数学や科学を得意とする人間を理系という言い方をします。

それぞれの得意とする分野で、性格は結構大きな違いが出てくるのが面白いですよね。

女性の場合圧倒的に多いのは文系とされています。

どちらかと言えば男性は理系が多いようです。

文系の方に恋しているあなた、どういう恋愛傾向があるのか見ていきましょう!

文系か理系かで恋愛傾向が違う!

文系と理系との違いは大きい差があります。

まず文系は本を読むことが好き、覚える事が好きな人間です。

芥川賞を受賞されたピースの又吉直樹先生がまさしく文系の人間ですよね。

男女共に違いはでるかもしれませんが、文系は落ち着いた恋愛を好みます。

対して理系は考える事が好きな人間と言っても過言ではないでしょう。

人は考える事を嫌いとするため、理系を苦手とする方も少なくないのです。

恋愛傾向どころか人間的にぶっとんだ方も多いので、理系はある意味アインシュタインのような方と言っても間違いではないかもしれません。

文系男子の特徴と恋愛傾向


文系男子は今現在でいう所の草食系男子に通ずるものがあります。

性欲がないという訳ではないのですが、おおらかで優しい人間と言っても良いでしょう。

刺激さは少ないかもしれませんが落ち着いているため、一緒にいて気は楽かもしれませんね。

大人しそうに見えて空気はしっかり読める人間でもあるので、喧嘩もほとんどしません。

女性がよく口にする事が多い、優しい人間にあてはまりますよ。

空気が読める

文系男子は大人しめな方が多いので、空気を読む事が可能です。

普通の男性とは異なり、とても冷静で非常に穏やかなタイプなので、あまり自分の主張が強い訳ではありません。

良い言い方をすれば優しい、悪い言い方をすれば自己主張があまりにも少ないという言い方が正しいでしょう。

空気を読める分、結構遠慮してしまう事が多いです。

そのため自己主張の強い女性や自分の意志を持っている女性との相性はとても良いのですが、自分と同じようなタイプの女性とは合わないですね。

お互い空気を読みすぎて遠慮してしまい、しんどくなってしまうのが目に見えてしまうからです。

空気が読める事は良い事ではあるのですが、それが時々重荷になってしまう事も少なくはないでしょう。

女性の機嫌が悪いことも察することが出来る

空気が読めるため、女性の機嫌が悪い事も簡単に察する事が出来ます。

これは男性にとっては結構有利な特技ではありますね。

何せ女性の機嫌というのは、人によっては分かりにくいものもあるからです。

表面上に出しているのであればよいのですが、機嫌が悪い時に黙っている女性もいます。

空気が読めるという点では良いのですが、問題はその後ですね。

ただ相手の機嫌が治るまで黙っているだけなので、ご機嫌取りや何もする訳ではありません。

空気は読めても何故相手が機嫌が悪いのかを読み取る事が出来ないので、ある意味ではとても中途半端と言っても良いでしょう。

別に機嫌をとってほしい訳ではありませんが、ちょっと構ってほしい時もあるものです。

流されやすい

流されやすい人間っていませんか?

良く言えば空気が読める、悪く言えば自分の無い意志の人間であるという事です。

基本的に人間は他者の意見に左右されやすい生き物ではあります。

自分に自信のない云々、自分の意見を持っていたとしても、人の意見に流されておけば楽なのでそれに従うという人も少なくはないんですよ。

あまり自分を主張しないような文系男子には、そういう傾向が強く見られます。

流されやすい人間のメリットとしては、押しに弱いため言うことを聞いてくれるという強みがあるのです。

文系男子に片思いしている女子は押せばいけるかも!

基本的に流されやすい人間は、押しに弱いです。

押しに弱い分、アタックし続ければ付き合ってくれる可能性は高いですよ。

男性目線で言うと、やはり可愛い女性にアタックされると弱いですからね。

このような言い方だとブスは厳しいという言い方に聞こえるかもしれませんが、あえて言いますがその通りです。

そこそこ可愛ければ特に問題はありませんが、よほどのブサイクと一緒に付き合おうとは思わないでしょう?

文系男子に片思いしている女性は自分磨きをしっかりすれば、いとも簡単に落とせます。

実は文系男子というのは、自分からアタックするのが得意ではないのです。

男性漫画を見られた方は何となくお気づきかもしれませんが、結構ありえないシチュエーションで女性から言い寄られる男性いませんか?

男性はガツガツ行くものだと思い込んでいる方、すべての方には当てはまりません。

大半は女性側からアタックしてくれればと考えている人もいるのです。

流されやすい分、可愛い子がいたら良いなと思っているので、ものすごくたやすいですよ。

反対に浮気の心配もあり

残念ながら流されやすい人間というのは、自分の意志を簡単に変える事が出来ます。

同じ流されやすい人間でも性別が違えば、大きく異なる事があるのです。

それは浮気の心配があるという事ですね。

男性は浮気をするものだと思っている方は多いでしょうが、実際はそうでもありません。

浮気の定義は人それぞれによって異なるかもしれませんが、基本的に浮気は他の女性と性的関係にある事を指します。

実は浮気というのは男性からすれば面倒くさいものなのです。

若い方であれば浮気は考えられるでしょうが、浮気は体力が必要なのである程度年齢がいくとそうでもないんですよ。

男性の浮気の原因はパートナーに魅力を感じない、刺激がほしい、相手に強引に迫られたなどが考えられます。

文系男子は流されやすく押しに弱いため、強引に迫られたらそのままズルズル行ってしまう可能性があると思って下さいませ。

優しい性格であるため、通常の理由で浮気をする事はないですね。

浮気の心配をなくす方法はありますよ。

それは浮気を絶対にするなと厳しく注意しておく事です。

嫌な言い方ですが、恐怖を植え付けておくのがてっとり早いでしょう。

感受性が豊か

感受性が豊かな人間ほど空気を読むのがうまいです。

ちなみに感受性とは何か?ということですが、外部からの影響を受けやすい体質の事を指します。

外部からの影響を受けやすいという事は、柔軟性のある考え方が出来て他者の良い部分を自分のものとして吸収する事ができるのです。

しかしその反面、他者の影響は良い部分も悪い部分も見境なく吸収してしまうため、精神的に安定している訳ではありません。

感受性が豊かな分繊細な部分が強く見られます。

文学や美術関係に明るい方は、感受性がとても豊かですね。

ムードや雰囲気を大切にする

感受性が豊かである分、ムードや雰囲気は大切にしています。

これは他者を喜ばせようと懸命に努力しているからです。

感受性が豊かな事は悪い事ではないのですが、子供の頃から影響を受けやすいため、他者と交わる事が辛く孤独な少年時代を過ごしていた可能性があります。

それ故大人になってからはある程度制御できるようになり、ムードや雰囲気を壊さないように気を使ってくれるようになっているのです。

そのため結構気を使ってしまうので、精神的に疲れやすくはなります。

そういう部分に気を使って接していくと、彼の好感を得られやすくなるでしょう。

おおらか


感受性が豊かで繊細ではありますが、そこは女性とは異なり大らかな性格ですね。

男性的ないい部分として見ていくと良いでしょう。

大らかであるという事は、そこまで気にする人間ではないという事です。

幼い頃感受性が豊かだった経験もあり、そこから動じる事はなくなったといういい例でもあります。

基本的に男性は理論的な本能を持っているため、よほどの事がない限り動じるような事はありません。

繊細と神経質は違いますので、細かい事に気にしないという点でも良いですね。

女性がよくいう男性の好みは優しい人と言いますが、本来当てはまるのであれば大らかが正しいような気がします。

細かいことはあまり気にしない

本当によほどの事がない限り動じる事はないです。

細かい事を気にしても仕方がないと思っているため、空気は読める分あえて無視している事もあります。

そういう部分はスッキリしていて、男性としても魅力は高いですね。

細かい事を気にしない分、結構ズボラな面も見え隠れするので注意しましょう。

こういう人物は付き合うにはとても良いですよ。

何故なら自分は完璧でないと思っている人物にこそふさわしいのです。

細かい事を気にするような人物であれば、男性の場合は極端にうるさいので本当に嫌になります。

女性から見ればそれで良いの?と思うことでも、文系男子は気にしません。

そのくらい心が広いのですよ。

細かい事はあまり気にしにない人間というのは、心が広い事を示します。

コンプレックスを持っている女性でも、気にするような事はありませんので大丈夫です。

少しおっちょこちょいな女子も許せる

世の中にはとんでもなくおっちょこちょいな女性も中には居るものです。

おっちょこちょいというと可愛い言い方かもしれませんが、そんなに生易しいものではないんですよ。

私自身がかなりおっちょこちょいな人間なのですが、大半人を巻き込むレベルのおっちょこちょいなので、状況によっては周りから嫌がられてしまう事も少なくありません。

またおっちょこちょいな人間全員に当てはまるか微妙ですが、忘れっぽく注意不足なので、何か重要な事を忘れていたりする事もあるのです。

最悪なケースだと食事の予約を忘れてどえらい失態をしてしまった、その他にもひどいミスをしてしまい相手を怒らせてしまった経験はないでしょうか?

人間はミスをする生き物です。

ミスをしない人間の方が珍しいですね。

しかし注意不足は自覚しているものの、些細なミスでもキレるような男性というのはどうでしょうか?
付き合いたいと思いませんよね。

一緒にいて自分のミスを全く許してくれないような男性と一緒にいてもしんどいだけです。

もちろんおっちょこちょいな人間も自分の悪い部分を把握しつつ、気をつけなければなりません。

基本的におっちょこちょいな人間というのは、何かにつけ一生懸命にやろうとしているので、男性的には好感を持つ方も多いのです。

しかしそれは付き合う前までの話で、付き合ったらどんくささが苛立つという心の狭い男性も中にはいます。

これはごくごく当たり前のことですが、人のミスを許すというのは人によって出来ない人間もいると覚悟しておいて下さいませ。

傲慢な人間だと人のミスを嫌味的に責めまくるので、それを考えたらどんな人間でも許せるという広い心を持った男性の方が良いでしょう。

文系男子を落とす方法

文系男子を落とす方法はそんなに難しくはないです。

NG行動としては怒らない、急かさないことくらいではないでしょうか。

基本的に男性は怒る女性の事を好みません。

NG行動さえしなければ、普通に落とせるでしょう。

共通の話題をたくさん話したり、カップルでしかいけない場所に行くだけで良いのです。

特にあれやこれやと気合いを入れる必要はありません。

共通の話題をたくさん話す

文系男子は広い心は持っています。

しかし女性と話す事には慣れている訳ではありません。

共通の話題というのは持っている方が有利ですね。

文系男子に限った訳ではないですが、色んな事を経験しておくと良いでしょう。

共通の話題というのは人それぞれ違うものです。

ゲームや漫画が好きでも、お互いの内容が好きではないとそこまで盛り上がらないという人もいます。

共通の話題というのは仕事の仲間や、同じ学校であれば共感できる部分も多いので良いかもしれません。

どんな事に共通しているのかどうか、それは相手と話して探って見る事が重要です。

会話の仕方によって、話題なんていくらでもできるのですよ。

一緒に盛り上がれることをたくさんしましょう

共通の話題があれば、一緒に盛り上がれる事が出来ます。

ゲームや漫画、読書などなんでもありです。

全く同じ共通するものでは構いません。

お互いの好きな本を交換して読む、知識を共有するなども楽しいですね。

知らなかった世界が増えていく事ができるので、たくさん盛り上がれますよ。

こういうのは誰にでも当てはまるものですが、自分とは違うからと言って頭から拒否してはいけません。

お互い興味のある事は積極的に行ったりやったりしても良いのです。

カップルが多いところにデートに行く

気持ちを盛り上げるようにするにはカップルが多い所にデートにいきましょう。

簡単な話、気持ちを盛り上げるには現実とは少々かけ離れた世界を楽しむのが一番なのです。

カップルが多い所というのは、水族館や夜景が見えるスポット、遊園地などですね。

別に友達同士でも来れるのは来れるでしょうが、出来れば彼女と行きたいという気持ちの方が強い場所でしょう。

人が多い所だと自然に気持ちも明るくなるので楽しめますよ。

ただし感受性の強い男性であれば、人混みが激しいような場所は避けて下さいませ。

感受性の強い人物は、他者の影響を受けやすいのです。

この他者というのは近くにいる人間だけではなく、周囲に居る人間そのものを指します。

そのため行楽シーズンに一番人が多い場所に行くと、彼は体力だけではなく精神的にも疲れやすくなってしまうのでデートどころではなくなってしまいますよ。

基本的にカップルが多い所となると、人混みが多い場所ばかりです。

人混みを避ける場合であれば、シーズンオフや人が少ない時間帯を狙いましょう。

雰囲気で彼のテンションをあげましょう

人が少なすぎるよりもできる限り人がそこそこいる場所であれば、彼のテンションも上がりやすくなります。

雰囲気でテンションを上げる場合であれば、コンサートなど他者の良い影響が受けるような場所が良いですね。

コンサートなどのような場所は観客全員が盛り上がる事が出来、また一体感となっていい気持ちで楽しめるので嫌だという人はいないでしょう。

遊園地も同様にイベントだと雰囲気が盛り上がる事ができるので、テンションは簡単に上がりやすいです。

なるべくイベントを狙って行くほうが良いですね。

日本のみ四季というものが存在しているので、どこに行っても大体はイベントをやっています。

これだけは忘れないでほしいのですが、彼だけではなく自分も楽しみそしてテンションを上げれるようにしていきましょう。

文系女子の特徴と恋愛傾向

文系男子と違って文系女子の場合は、大きく異なります。

男性が理論的な本能を持っている分、女性は感情的な本能をもっているため、明確に違いが出てきますよ。

妄想が好きなので、ある意味女らしい女と言っても良いかもしれません。

コミュニケーション能力が高い所は褒めれる箇所ですね。

しかし感情的な部分が強いため、気分屋ととられてしまう可能性があります。

感情的なのは別に良いと思うのですが、総合的に見ると落ち着きは一切ないです。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力は地味に高いですね。

おとなしい文系男子とは対照的に、コミュニケーション能力は高いですよ。

オタク系っぽい女性が多いです。

明るく天真爛漫なタイプなので、面白い方というのも特徴の1つといえるでしょう。

誰とでも分け隔てなく話が出来るので、色んな方と友達になれるでしょう。

人当たりもよく好かれるタイプと言えます。

誰とでも仲良くなれる

誰とでも話すことが出来、男女関係なく話す事が出来るので凄いですよ。

基本的に感情の起伏は激しいですが、人に対して悪口や負の感情を持っている事はないです。

争いを好みはしませんが、多少自分の我を通すため、わがままに見られる事もしばしばあります。

人見知りが一切ないので、そういう面では本当に誰とでも話しやすいでしょう。

一番好感を持てる所が、仲良くなりたいというポジティブな感情を持っているというのが強いですね。

同じようなタイプの人間には物凄く好かれやすかったりします。

男友達が多い

意外と男友達は多い方ではあります。

コミュニケーション能力が高いというのが大きいですね。

ただ男友達というのは、恋人未満ではありません。

ここは男女の違いがかなり出てくる所ではあるのですが、女性は気になる異性にしか興味がないため、それ以外は全て友達として割り切る事が可能なのです。

反対に男性は全ての女性に対して女性だと意識はしています。

よくいう男女の友情がありかなしかという議論がされてはいますが、文系女子に関しては男女の友情はありと答えるでしょうね。

学校の友達ならともかく、社会人でも普通にはあり得る話です。

妄想しがち

女性は基本的に妄想に走る生き物です。

好きな人が出来れば妄想、空想の世界に入りがちですね。

文系女子の最大の欠点は妄想する所と申します言えます。

何故なら現実をちゃんと直視していないからです。

妄想するのは勝手ですが、あくまでも妄想は妄想で終わって下さい。

現実的に考えて自分の妄想通りに行ける訳ではないんですよ。

一番なにで妄想するのかと言いますと、好きな人や気になる異性に関しての妄想があまりにも酷いですね。

好きな人が出来たらまず妄想

自分が少女だった頃って結構妄想しませんか?

少女漫画のような素敵な恋をしてみたいと憧れる女性はとても多いです。

妄想するのは別に構わないのですが、厄介なのは妄想の元ネタですね。

自分個人で考え出したものではなく、漫画やゲームなどメディアから取り入れている可能性があります。

漫画やゲームなどに憧れる女性は多いですが、実際現実的に実現できるかどうかと言われると、正直な話微妙でしょうね。

私の友達に文学系女子がいるのですが、その子はゲームシチュエーションを彼氏が出来た時に実現したそうです。

当然相手側はノリノリな訳ではなく、しょっぱい顔をしていたと話していました。

壁ドンとかはあんなものイケメンにやってもらうからこそ良いのであって、現実的にやったらただのパワーハラスメントになります。

共感力が高い

女性は共感する生き物といわれていますが、文系女子は特別共感力が高いですね。

コミュニケーション能力が高いほど、相手の気持ちを共感したいと考えています。

そのため、弱っている男の子を見ると優しくしてしまいますよ。

厄介なのは弱っている男性に弱いという部分です。

この弱っているというのは肉体的だけではなく、精神的に部分も指します。

ヤンデレやツンデレなど精神的に安定していないような人物でもOKなのです。

とにかく自分が共感出来れば問題はないため、そこを刺激していくのが良いですね。

本音や本性を見せているのは文系女子だけというのも有りです。

感情重視

文系女子の一番欠点はここですね。

感情重視をしてしまう所です。

基本的に女性というのは感情的な本能を持っているのですが、その中でも一番酷いのは文系女子とも言えるでしょう。

感覚や感情を重視しているため、物事の真理を深くまで理解しようとはいていません。

感情重視で動いてしまっては何故だめか?

女性は生理などによって精神的なバランスが安定してはいません。

こういうタイプは簡単に情緒不安的に陥りやすいんですよ。

学生なら行動力の源となって良いのですが大人になってこの状態では頭がおかしい人物と思われるでしょう。

まだまだ大人になっても感情的な人物は多いですからね。

嫌な言い方をしてしまうと、損をするタイプとも言えますよ。

好きや嫌いは自分の感覚で決める

自分の感覚で好き嫌いを決めるというのは、愚かな偏見だと思いませんか?

相手を深くまで見ていないため、感情的な人物は行動範囲を自ら狭めていると言っても良いでしょう。

確かに好き嫌いを自覚する事は大切な事ではあります。

しかし全て好き嫌いで判断していくと、精神的に辛くなってくるものです。

好きはともかく、人や物を嫌いとばかり言っていると、周りから良い感情を持たれる事はないでしょう。

感情的な人物というのは根が素直なんですよ。

根が素直な分、感情的になるのはダメだと理解が出来れば、良い要素を残す事が出来ます。

感覚で決めるというのは本当にどうしたら良いか分からない時だけですね。

それ以外は考えて決める事をしなければ、男性と長続きは出来ません。

気持ちだけで動いてしまうところがあるので熱しやすく冷めやすいところも

気持ちだけで動いてしまうのは、未熟者である証拠とも言えます。

自分の気持ちというのは、常に一定しているわけではありません。

そのため熱しやすく冷めやすいため、酷ければ他者への対応が疎かな時もある程です。

気持ちだけで動いてしまった場合、大人だと即首にさせられてしまうでしょう。

文系女子を落とす方法

文系女子を落とす方法なんて、物凄くイージーであると考えて下さい。

何故なら彼女が喜ぶ事をすれば良いだけのことです。

感情を揺さぶり、ときめかせてしまえばオッケーとも言えます。

女性は妄想する人間が多いのですが、特に文系女子は妄想が強いので物語に憧れを持っているのです。

現実的にあり得ないような壁ドンや甘い台詞などをめちゃくちゃ好みます。

シチュエーションの差はあると思いますが、どんな本が好きかで理解できるでしょう。

男性のみなさんはある程度覚悟をしておいて下さいませ。

彼女が喜ぶことを把握する

単純で素直なので、簡単に相手を喜ばせる事が可能です。

何が喜ぶかは相手の反応を見ている限り、物凄く分かりやすいですよ。

良くも悪くも裏表がないので、どれがどうか簡単に把握出来ます。

基本的な部分としては女性の好みそうなものであれば、そうそう外す事はないでしょう。

女性の多くは遠慮して言わないか、もしくはその時になってみなければ分からないのですが、文系女子に共通するものは、お姫様扱いをしてもらう事ですね。

女性というものはいくつになってもお姫様扱いをされたいと思っているのです。

このお姫様扱いというのは特に難しいものではありません。

荷物を持ってあげるとか、ドアを引いてあげるとかそういう気配りが出来れば完璧ですね!

「嬉しい」から「好き」の感情を持ってもらう

相手に喜んでもらえると、好きという気持ちを持ってもらえる事が出来ます。

相手に自分が好きなのか?という素振りを見せると簡単に落とせます。

結構鈍いので分かりにくい優しさよりも、モロに分かりやすい好意を見せると、相手もあなたの事を好きになってくれるでしょう。

感情を揺さぶれば上手くいきますよ。

相談する

頼りにされたいという気持ちが強いのも事実です。

根は良い人間なので、相談されるとその人の力になりたいと強く思います。

おだてや頼りにされると弱いため、結構簡単に落ちやすいですよ。

相談内容は仕事でも恋愛でも関係ありません。

客観的に相談してくれたりはしますが、残念ながらほとんど自分の好き嫌いで判断しているため、解決策としては当てにならないと考えて下さい。

特に困った悩みがないという方であれば、女性にモテないという相談でも良いでしょう。

謙虚な姿勢で相談すると、文系女子の気持ちが揺れ動きますよ。

守ってあげなきゃ!という気持ちを駆り立てましょう

女性ではあまり好みのタイプとして当てはまらない年下男性や弱々しい男性でも、文系女子からすればストライクに当たります。

自分ではその自覚がなくても、ちょっと可哀想な男性の方が安心するようです。

ある意味一番文系女子は女らしいですからね。

母性の本能が強いためどちらかというと女性というよりかは、母親的な気持ちになるのでしょう。

本人の好みに当てはまらなければ問題はないのですが、この場合はヒモになってしまう可能性が高いので注意して下さいませ。

ほとんどの女性は男性から守られたいという本能を持っています。

反対に守ってあげたいという本能が強いと、どの男性でも良いわけではなくなってしまうのです。

守ってあげなきゃと思う人間ほど、簡単に騙されやすい傾向もあるので、悪用しないように気をつけて下さい。

まとめ

文系は激しさを好まないタイプではあるので、男子の場合は癖はありません。

優しさがほしいと望む方であれば合うでしょう。

しかし女性の場合は反対に妄想が凄いので、ものすごくアグレッシブな人間に育つ可能性もあります。

思っている以上に文系の女性は口やかましいので、よほど好きではないとやっていけないでしょう。

結構文系は癖がないように見えて癖のある人物が多いです。

男性はともかく、女性は特にその傾向が強いですね。

そのため落とすのは一筋縄ではいかなさそうに思えるかもしれませんが、コツさえ覚えてしまえばそんなに難しい事もないです。