CoCoSiA(ココシア)

文系男子・文系女子それぞれの8個の特徴と恋愛傾向


国語や英語を得意とする人間を文系、数学や科学を得意とする人間を理系という言い方をします。

それぞれの得意とする分野で、性格は結構大きな違いが出てくるのが面白いですよね。

女性の場合圧倒的に多いのは文系とされています。

どちらかと言えば男性は理系が多いようです。

文系の方に恋しているあなた、どういう恋愛傾向があるのか見ていきましょう!

文系か理系かで恋愛傾向が違う!

文系と理系との違いは大きい差があります。

まず文系は本を読むことが好き、覚える事が好きな人間です。

芥川賞を受賞されたピースの又吉直樹先生がまさしく文系の人間ですよね。

男女共に違いはでるかもしれませんが、文系は落ち着いた恋愛を好みます。

対して理系は考える事が好きな人間と言っても過言ではないでしょう。

人は考える事を嫌いとするため、理系を苦手とする方も少なくないのです。

恋愛傾向どころか人間的にぶっとんだ方も多いので、理系はある意味アインシュタインのような方と言っても間違いではないかもしれません。

文系男子の特徴と恋愛傾向


文系男子は今現在でいう所の草食系男子に通ずるものがあります。

性欲がないという訳ではないのですが、おおらかで優しい人間と言っても良いでしょう。

刺激さは少ないかもしれませんが落ち着いているため、一緒にいて気は楽かもしれませんね。

大人しそうに見えて空気はしっかり読める人間でもあるので、喧嘩もほとんどしません。

女性がよく口にする事が多い、優しい人間にあてはまりますよ。

空気が読める

文系男子は大人しめな方が多いので、空気を読む事が可能です。

普通の男性とは異なり、とても冷静で非常に穏やかなタイプなので、あまり自分の主張が強い訳ではありません。

良い言い方をすれば優しい、悪い言い方をすれば自己主張があまりにも少ないという言い方が正しいでしょう。

空気を読める分、結構遠慮してしまう事が多いです。

そのため自己主張の強い女性や自分の意志を持っている女性との相性はとても良いのですが、自分と同じようなタイプの女性とは合わないですね。

お互い空気を読みすぎて遠慮してしまい、しんどくなってしまうのが目に見えてしまうからです。

空気が読める事は良い事ではあるのですが、それが時々重荷になってしまう事も少なくはないでしょう。

女性の機嫌が悪いことも察することが出来る

空気が読めるため、女性の機嫌が悪い事も簡単に察する事が出来ます。

これは男性にとっては結構有利な特技ではありますね。

何せ女性の機嫌というのは、人によっては分かりにくいものもあるからです。

表面上に出しているのであればよいのですが、機嫌が悪い時に黙っている女性もいます。

空気が読めるという点では良いのですが、問題はその後ですね。

ただ相手の機嫌が治るまで黙っているだけなので、ご機嫌取りや何もする訳ではありません。

空気は読めても何故相手が機嫌が悪いのかを読み取る事が出来ないので、ある意味ではとても中途半端と言っても良いでしょう。

別に機嫌をとってほしい訳ではありませんが、ちょっと構ってほしい時もあるものです。

流されやすい

流されやすい人間っていませんか?

良く言えば空気が読める、悪く言えば自分の無い意志の人間であるという事です。

基本的に人間は他者の意見に左右されやすい生き物ではあります。

自分に自信のない云々、自分の意見を持っていたとしても、人の意見に流されておけば楽なのでそれに従うという人も少なくはないんですよ。

あまり自分を主張しないような文系男子には、そういう傾向が強く見られます。

流されやすい人間のメリットとしては、押しに弱いため言うことを聞いてくれるという強みがあるのです。

文系男子に片思いしている女子は押せばいけるかも!

基本的に流されやすい人間は、押しに弱いです。

押しに弱い分、アタックし続ければ付き合ってくれる可能性は高いですよ。

男性目線で言うと、やはり可愛い女性にアタックされると弱いですからね。

このような言い方だとブスは厳しいという言い方に聞こえるかもしれませんが、あえて言いますがその通りです。

そこそこ可愛ければ特に問題はありませんが、よほどのブサイクと一緒に付き合おうとは思わないでしょう?