暑くて長い夏が終わって、涼しくなってくるとがぜん食欲が湧いてきます。

夏場に弱っていた体力を回復させようという気持ちから「食欲の秋」と言い始めたようです。

しかも、秋と言うとたくさんの食材が揃うのです。

秋には新米が出回ります。

スーパーには各地の米どころの新米が店頭に並びます。

脂ののった旬のサンマは、栄養も豊富で庶民の代表的な秋の食材として好まれています。

戦後には、夕食に各家庭でサンマを焼いて食べることが多かったので、サンマを焼く煙がご近所に漂ったものです。

サンマは「秋刀魚」と書きますが、秋という漢字と刀(かたな)という感じが合わさった、秋に出て来る刀のような魚ということでしょうか。

サンマは「青刀魚」とも書きます。

魚類では「鯖(さば)、青刀魚(さんま)、鰯(いわし)」は青魚とも呼ばれ、代表的な秋のお魚なのです。

秋の代表的な食べ物としては、「松茸」があります。

人口で栽培できない松茸は、貴重な秋の味覚と言われ、現在では高級食材として重宝されているのです。

その他では、栗や銀杏(ぎんなん)、カボチャにサツマイモなど、書ききれません。

さらには、「秋ナス」「鮭」など、書いているだけでも食欲が湧いてくるのです。

しかし、魚類はみんな漁獲量が年々減少していき、秋刀魚と言えども高級魚となってきた感があるのです。

お魚には、DHAやEPAという栄養素が豊富に含まれていて、高齢者には有益な食材としての認識が広まり、需要が増しているのです。

最近のTVのニュースでも、鯖の缶詰が人気になって在庫が少なくなっているとのことでした。

毎年恒例の「目黒のさんま祭り」では無料で岩手県産の秋刀魚が振る舞われますが、秋刀魚の収穫が異常に減少した年には規模も縮小せざるを得なかったそうです。

それだけ、魚全体の収穫量が減っているようです。

秋刀魚の話はこれぐらいにして、秋はこのような旬の美味しい食材が揃う時期なのです。

だから、つい食べ過ぎてしまい「食欲の秋」となってしまうのです。

そして、食べ過ぎるとどうなるかというと、少々身体を動かしても体重が増えてしまうのです。

毎日こそっと体重計に乗って自分の体重を確認すると、「え~っ」とため息をついてしまうのです。

食欲が出てくると、少しぐらいの我慢では対応できないのです。

つい美味しそうな食べ物を前にして、「我慢するのは、明日からにしよう」などと変な理屈を並べて自分に言い聞かせて食べてしまうのです。

友人から、「あなた最近ちょっと肥えたのでは?」などと仲の良い友人に指摘されて、初めて現実に気が付くのです。

そういえば、スカートのホックが止めにくいので、お腹を凹ませてからホックを止めるようにしていたのを思い出しました。

こんな状態で、彼から嫌われるのではと心配になって、ダイエットということに気を遣うのです。

この記事では、彼女が太ったら冷めてしまうのか、男性の本音について紹介していきたいと思います。

やばい!太った!太ったら彼氏に冷められる!?

夏から秋にかけて、洋服の衣替えの時期になります。

秋物の洋服を出してきて、いざスカートを履こうとすると、ちょっとお腹が窮屈になっています。

今度のデートにはこのスカートで行こうと思っていたけれども、これでは何かお腹が目立ってしまうような気がして来るのです。

太ったことが彼に分かってしまうと、そんなスタイルでは一緒に歩けないと敬遠されてしまうかも知れません。

少なくとも、嫌味のひと言ぐらいは言われそうです。

では、どんな時に男性は彼女が太ったと感じるのでしょうか?それは、彼女の顔が丸みを感じるようになった時です。

どう見ても、以前より顔が丸くなった、これまでの彼女の写真の顔と比べるとすぐに分かるようです。

ビフォーアフターのような感じですね。

次に、以前と同じ服を着てきた時に、以前は少しゆったりとしていたけれど、今回はピチピチになっていると感じた時です。

また、デートをして並んで歩く時に腰に手を回したり、腕を組んだりした時にも、肉付きの変化を敏感に感じ取るようです。

さらには、一緒に食事に出かけて好物のメニューを食べた時に、以前はやっとのことで食べ切っていたけれど、今回は余裕で食べてしまった時とか、彼は「えっ!簡単に食べ切ってしまった」と心の中で思っていたりするものです。

こんなことから、彼女は間違いなく太っていると判断してしまいます。

もしも、彼女が太ってしまったら嫌いになって別れたいと思うのでしょうか?

男性にアンケート調査をして聞いてみると、意外にも別れたいと思う男性の割合は約29%だったそうです。

残りの71%の男性は別れないということなので、少しは安心したかも知れません。

彼女が太ることに抵抗を持っている男性の理由とは、友達や周囲の人の目が気になるそうです。

友達に彼女を紹介する時に、太っていることに抵抗があるようなのです。

また、自己管理ができないというだらしなさが嫌なようです。

まあ、男性の好みもあることなので一概には言えませんが、太ったら彼氏もそれに気が付いていて、冷めてしまうことは間違いありません。

彼女が太った時の男性の14個の本音とは?

彼女が太った時に男性はどのように感じているのでしょうか?男性の気持ちをまとめてみました。

正直気付かない


男性の中にも、何事にも無関心な人もいます。

私の友人の彼女のいうことには、ロングの髪をショートにカットしてデートをしたのですが、「髪を切ったの」と告白するまで彼氏は気が付かなかったというのです。

「そんなことはないはずだよ。

失恋したときによく髪を切る女性がいるので、彼は気付いていたが言い出しにくかったのでは?」と返事をすると、「別れると私が急に言うかも知れないと思い、怖くて言い出せなかったかも」と笑っていましたが、鈍感な男性は案外気付かないこともあります。

だから、少々太ったくらいでは、男性は敏感には感じないと思います。

いつもふたりで抱き合ったりしている仲だと、彼女を引き寄せた時の感じが違ってくるので、さすがに気付くのではないでしょうか。

だから、スキンシップをしない二人の場合には、正直気付かないと思われます。

触り心地がいい

太っている女性が好きという男性も結構多いようです。

太っているという表現よりは、ぽっちゃり女性と言うようです。

TVによく出演する人気の女性タレントでも、ぽっちゃりタイプが増えてきています。

中には、ぽっちゃりを通り越して太っていてグラマーな女性タレントもいるようです。

痩せてスリムな体型の女性と太っている女性とどちらが好きかという質問に、太っている女性の方が触り心地がいいので好きだという人も多いのです。

腕を組んで歩いても、柔らかい腕が気持ちいいいのだそうです。

痩せている女性は、骨や筋肉が当たってごつごつとして落ち着かないとのことです。

また、太っている人は大らかな人が多いようで、ポジティブで明るく会話も弾むので楽しいようです。

優しく自分を包んでくれるような母親のような感覚で、安心できるところもあるようです。

一緒に食事をしても、好き嫌いもほとんどなく、楽しく食事ができることも特徴なのです。

ぽっちゃりしてても可愛い

一般的な男性は、モデルのような体型をした女性には興味がありますが、いざ自分の彼女にはどうかと言うと、そんな女性は敬遠するそうなのです。

普通の男性は、自分自身がそれほど背も高くないしイケメンでもなく、モテる男性ではないという自覚をしているために釣り合いが取れないだろうと感じているからです。

男性がモデル体型で、みんなから格好いいと言われているぐらいなら自信もあるでしょうが、普通の女性が一番モテるようです。

普通と言っても、ぽっちゃりしている場合が多く、しっかりとメイクをして笑顔を絶やさなければ男子も可愛いいと感じるようです。

ぽっちゃりしていても男性達に人気がある女性も多く、恋愛を謳歌している人も少なくありません。

男性にモテるかモテないかは、体型だけで決まることではないようです。

ただし、ぽっちゃりが進み過ぎて、単なるデブになってしまうとこれは論外になってしまいます。

ちょっとぽっちゃりタイプが理想的なのです。

細すぎるよりはいい


日本の女性は、痩せている方が美しいと思っているようです。

だから、どう見ても痩せていると思われる女性が、「趣味はダイエットです。

毎日取り組んでいるの」などと言うと、驚いてしまいます。

でも、女性の間では絶えず痩せたいという気持ちがあるようです。

でも実際は、痩せて細くなってしまうと見た目も貧相になってしまうことや不健康になってしまうのです。

美しいというよりは健康的でないと思われてしまうのです。

事実、痩せすぎると子供を産むときにも心配になってしまいますので、それよりはぽっちゃりタイプの女性の方が安心できるようです。

太っている方がポジティブな人が多く、細すぎるよりはいいと思えるのです。

これ以上太らないならギリOK

太った女性の魅力というものもたくさんあります。

世の中の男性は、なにも細い女性ばかりが好きではありません。

ムチムチの女性が大好きという男性も多いのです。

キャバレーや風俗のお店でも、太った女性を揃えた専門店も大人気なのです。

そこには、痩せた女性には見向きもしない男性が集まるのです。

ぽっちゃりしたマシュマロ女子がたまらないそうです。

なぜぽっちゃりの女性が良いのかというと、抱き付いた時の感触が素晴らしいことと、胸が大きいことや包容力がたまらないそうです。

日頃からストレスを感じている人にとっては、ぽっちゃりマシュマロ女子は、心から癒してくれるので気持ちが落ち着くそうです。

母親のような包容力に包まれる時が最高なのです。

しかし、彼女が段々太っていくと男性の方も心配になってしまいます。

どこまで太るんだと思うようです。

そして、これ以上太らないならギリOKということになるのです。

心配になる

彼女が太ってくると心配になってきます。

最初のうちはちょっとふくよかになってきたかな?と思っていたのですが、会うたびに太ってきていると感じると心配になります。

私たちの間に何か問題があるのかな?とか、仕事か恋愛で何かストレスが溜まっているのかな?などと、自分にも責任があるのではと心配になるのです。

あるいは、何か体調でも悪くて病気になっているのかとも疑ってしまうのです。

特に、激太りになってくると、思い当たることを真剣に考えてしまいます。

恋人が見つかって幸せに感じたら、いわゆる幸せ太りはあるものです。

それ以外に、失恋を経験したり思い描いていたことが外れてしまった時に、そのストレス発散のために大食いすることがあるからです。

身近な人で太り続ける人がいたら、みんなは気になって原因を探るようになります。

そして、何があったのかと注目を浴びることにもなります。

するとまたストレスで食べてしまうことにもなって、悪循環に陥ります。

特に問題がなかったとしても、太ってくると心配になるのです。

仕事でストレスがある?

一般的には、太る時にはやけ食いが原因の場合が多く、その理由は人間関係によるところが多いようです。

仕事が上手く行かなかったり、自分のせいで失敗して会社に損害を与えたりしたことで悩んでいることもあります。

仕事仲間との折り合いが上手く行かない時に、辞めてしまいたいと悩むこともあるようです。

愚痴を聞いてくれる親しい友人もいないと、悩みをひとりで抱えてしまうことになり、やけ食いしてしまうのです。

何かの病気?

もしも、食べ過ぎが原因でないのに、また食べる量も変わらないのに太るとなると、何か病気なのかも知れません。

太るということは、俗に言う皮下脂肪や内臓脂肪が溜まって来る場合がありますが、身体の中に水分が溜まって太るときもあるからです。

仕事が忙しくて休む暇も無くなってくると、ストレスが蓄積してきます。

ストレスを強く感じると、女性の場合は過食傾向が見られます。

食事の時だけでなく、自宅でTVを見ながらスナック菓子や甘いものを間食することが多くなってきます。

生活習慣が乱れてくると、暴飲暴食をしてしまいます。

そして、糖尿病のような内臓疾患、卵巣の異常から起こるホルモン異常や婦人科系疾患の可能性もあります。

肝硬変を発症すると、お腹の中に水が溜まり腹水となってお腹がポッコリと膨れてカエルのような太り方をするのです。

放置していると、肝臓ガンになることもあります。

単なる過食症でなければ、病気の可能性もあるので医師の診断を受けるべきです。

見た目で好きになったわけじゃないからいい

彼女のことを好きになった理由は、人さまざまなはずです。

グラビアを飾るような容姿や顔が良い好みの女性を探して、見た目を判断基準にする人もいますが、そんな単純なことだけで恋愛が成立することはありません。

街を歩くと、様々なカップルが歩いています。

大柄な女性と小柄で華奢な男性の組み合わせや、高齢の男性と20歳前後と思われる女性のカップルなど、振り返ってしまう様な組み合わせも多いのです。

往年のタレントや俳優の下に、若い女性が嫁ぐなんてことも良く見受けられて話題にもなります。

このように、見た目だけで彼女のことが好きになったわけでもない人もいます。

そんな時には、多少太ろうと大きくなろうと関係はないのです。

自分の特殊な趣味と合致する女性の場合や、料理が得意な女性、包容力があって優しい女性など、見た目以外の理由で好きになってしまえば、少々容姿が変化しようが問題ないのです。

一緒にダイエットしたいと思う

男性の方も太っていれば、一緒に付き合いながらジムなどで共同でダイエットにチャレンジすることも可能です。

ダイエットは、誰かと一緒に行いながらお互いを励まし合って進める方法が上手く行くようです。

お互いを信頼し合って、目標を決めて共に努力をするのです。

このように、協力して将来を切り開くことができれば、やがて結婚して家庭を持つようになっても、信頼の絆は切れることはありません。

一緒にダイエットなどを行うことで、ふたりの絆はもっと太く強くなるはずです。

自己管理がなっていないと思う

彼女がドンドン太っていくことになれば、まずはタイミングを見計らって彼女に「最近、太ってきたようだが大丈夫か?」などと、暗にもうこれ以上太るなと警告するはずです。

あなたのことが好きならば、彼女としても本気でダイエットに取り組むはずです。

しかし、相変わらず太ったままだとか、まだ太っていくように見える時には、男性は失望してしまうのです。

自分のためにもダイエットに取り組んでくれなかったこと、そしてダイエットを進めるにあたって自己管理もできないという管理能力の無さにショックを受けるのです。

「あいつは、まったく自己管理ができないやつだ」と考え、このまま彼女と結婚しても、家庭を満足に守ることが出来ないのでは、家庭もお金も管理できないようだと想像してしまうのです。

このことは、もう一つ何か新たな問題が見つかると、彼女と別れるという考えも浮かんで来るのです。

何かの簡単な目標も達成できない、大人になり切っていない女性と思われてしまいます。

思わずスタイルの良い女性を目で追ってしまう

男性は、つい「ないものねだり」をしてしまうようです。

もしも彼女が太っていたら、容姿で彼女を選んだ訳ではありませんが、彼女がもう少し細かったらどのように見えるのだろうとか、こんなことやあんなこともやり易いのではと想像してしまいます。

もちろん、現実には今の素敵な彼女がいるのですが、その彼女がもう少し痩せていたらなあと考える時もあるのです。

そんな想像を働かせていると、目の前を通り過ぎるスタイルの良い女性を思わず目で追ってしまうこともあるのです。

あえて、そんな細い女性を彼女にして、今の彼女とは別れるという様なことは絶対にしないのですが、ついスタイルの良い女性に憧れてしまう時もあるのです。

正直、少し冷める

正直なところ、始めのうちはぽっちゃりタイプが好きだと思っていたのですが、ぽっちゃりの状態がずっと続いて、以前のような体型に戻らないと分かってくると、ちょっとは自分でも努力はしてほしいと思うようになります。

そして男性に満足を与えて欲しいと思い詰めるようになってきます。

自分の男友達が、痩せた彼女と付き合っていると分かると、なおさら少しはダイエットを頑張ってほしいと願うのです。

しかし、そんな願いもかなわずにますます太ってくると、正直少々熱も冷めてくるのです。

別れないけど、痩せてほしいとお願いする

彼女に対する熱が少し冷めてくると、冷静にふたりの関係を考えることが増えてきます。

もう二度と痩せた彼女と腕を組んで歩くことはできないかもと悟ってしまうと、彼女にもう少し痩せて欲しいとお願いすることにもなります。

そこで、「あなたが言うなら、本気で頑張ってみるわ」などと努力するのであれば納得するのですが、はなから出来ないかもと断言するようであれば、ガッカリしてしまいます。

今のところ別れる気はないけれども、彼女の行動を観察することになるのです。

嫌いになる

性格的に好きな部分がなくなると、太ってきたことで彼女のことが嫌いになってくることもあります。

単なる容姿だけのことではなく、包容力があって優しくて、自分のことを第一に考えてくれて支えてくれるようなところが感じられなくなると、太っていること自体が嫌になってくるのです。

嫌悪感を感じることになるようです。

そうなると、簡単には修復ができなくなってしまい、本当に別れを頭に置いておくことになるのです。

好きになった当初のスタイルが恋しい

最初に彼女と出会った頃のことを思い出すと、非常に懐かしく感じます。

スマホやデジカメに残っている初めてのデートのときの写真を眺めて、当時の彼女の雰囲気を思い出します。

そういえば彼女もスラッとしていて、半袖の下に見える二の腕も細く写っていました。

腕を組んで歩いたら、折れそうなくらいだったことも覚えています。

それが、お付き合いしているうちに段々と太くなっていったのですが、友人は「幸せ太りだから喜べよ」なんて声をかけてきます。

しかし、好きになった当初のスタイルがものすごく恋しいと感じるようになったのです。

今の彼女に不満はあるかと言うとそうでもないのですが、もう少し痩せると好きになった当時のスタイルになれるのにと心の中で秘めた思いを巡らせるのです。

男性が求める理想の体型とは?

男性が求める理想の体型は、女性自身が考えている体型とは少し違う様な気がします。

そのことを年頃の男性に尋ねると、「男女で理想の体型は違うと思うか」との問いかけに、「はい」と回答したのは81%もあったのです。

では、男性としてはどのような体型を「理想の女性の体型」と考えているのでしょうか?

実は痩せ体型よりもムチっとしたぽちゃぐらいが人気

男性と女性の間で、太るという状態の認識が違うということでしょう。

例えば、「ぽっちゃり」という表現では、基本は「やせ型」であって、ちょっと胸や腕、脚が太いというレベルだと思われます。

明らかに骨が浮き出ているような腕よりも、もう少し脂肪や筋肉がついて掴むと柔らかさが感じる程度に太っている状態だと思います。

子に状態で、筋肉質な女性だとムチムチ感が出てくるのです。

男性はワガママな動物で、痩せていてもバストはCかEぐらいの大きい人を好むのです。

そんなタレントや女優を見て羨ましがるのです。

自分の彼女もそんな体型だったらいいのになあと思うものです。

夏場には、短パンを履いて生足が見える時には、やはりスラッとした脚を好むものです。

自分の体型はさておいて、彼女にだけは厳しい要求を突き付けるものです。

それはともかく、健康的で明るく、メリハリの利いたぽっちゃり体型が理想のようです。

TVのコマーシャルでも、ムチッとした女性タレントが活躍しています。

ムチッとしていたりポチャッとしている方が好まれる時代になってきたのです。

モデル体型は求めてない

一般的な男性は、一部の人を除いて彼女に対してモデル体型を求めている訳ではありません。

モデルのようなスタイルになるには、生まれつきの遺伝子と大変な努力が必要だと分かっているからです。

どのような女性でも、頑張ればモデル体型になれるとは思っていないからです。

それよりも、今の身長でバランスの取れたスタイルであれば、文句を言うこともしないのです。

ウエストが太すぎて既成のパンツが履けないという様な状態でなければ、後は洋服やメイクのセンスで十分魅力的な女性に見えるからです。

男性は、決してモデル体型を目指せとは言わないのです。

少しぐらいぽっちゃりしているのがいいのです。

でも、だらしない体はNG

少しは太っていてもいいとは言いますが、それも限度はあります。

男性が理想とするのは、太っていてもメリハリがある体型です。

バストとウエスト、ヒップが一体となってずん胴タイプになってしまうと、男性は嫌がるものです。

夏場には、水着を着る機会が多いのですが、これでは海にもプールにも誘ってもらえないでしょう。

二の腕や太ももにも、極端に余分な脂肪がつき過ぎているのも敬遠されます。

個々の部分も少し運動と食事でカバーしておくことが必要です。

だらしない体型はNGなのです。

引き締めるところは引き締める!

もっとも目立つのは、男も女もたるんだお腹です。

TVでも、大手のダイエット関連の業者が人気のタレントを起用してのビフォーアフターの体型を映し出しています。

ダイエットすることで、お腹が引き締まってるところを視聴者に見せているのです。

引き締めるところは引き締めるのです。

ウエスト・太もも・お尻

ウエストと太もも、お尻は、バランスの取れた体型を作るには大事なパーツです。

ネットで検索しても、新聞・雑誌の広告でも、これらのパーツを痩せさせるための方法について紹介されています。

それだけ悩んでいる女性が多いということです。

有名なタレントでも、体型を維持するために相当な努力をしています。

簡単に言うと、食事制限と有酸素運動のようですね。

目標を持ってダイエットしても、なかなか上手く行かないのが現状ですが、余分な脂肪を付けてしまわないように、管理する気持ちを持つことは必要です。

げ!太った!と女性が感じる瞬間

「しまった、太っちゃった!」と、体重計に乗ってから反省する人も多いはずです。

年末年始やイベントがある時期には、つい羽目を外して飲み食いしてしまうようです。

これは仕方がないことでもあります。

しかし、こんな時に「げ!太っちゃった!」と感じるようです。

チャックが閉まらない

ひとりでラクラク閉めていたワンピースの背中のチャックですが、明らかに手が回らなくなってしまったのです。

上半身に余分な肉がついてしまったためです。

誰かに手伝ってもらわなければ閉められないと気付いた時、太ったと実感します。

昔の服がキツい

久しぶりに、タンスにしまい込んでいたお気に入りの洋服ですが、着てみると身体にピッタリとしています。

服に余裕がないのです。

身体をねじると窮屈です。

昔の服がきついと感じると太ったと思うのです。

妊婦に間違われる

妊婦に間違われると最悪です。

たまたま電車に乗り合わせたおばあさんが、私の方を見て微笑んで「もうすぐですか?」と意味深なことを囁きました。

意味がよく分からなかったのですが、「ええ」とこちらも愛想笑いでごまかしたが、家に帰ってからよくよく考えると、私が妊婦さんに見えたようだと気付きました。

失礼なと思いながらも、自分の体型がそう見えたんだろうと反省したのです。

妊婦に間違われるなんて恥ずかしく感じました。

下着に肉が乗る

下着を着てから鏡を見ると、下着が身体にピッタリと重なって、下着に肉が乗っているところがしっかりと見えました。

余分な肉が丸見えの状態で、自分の身体に失望したのでした。

久々に会った友達に気付いてもらえない

最寄りの駅で電車に乗ろうとしたら、向こうから友人がやってきました。

私はすぐにあいつだと分かったのですが、彼の方は私に気付かずに通り過ぎようとしたので、「久しぶりね!元気?」と声をかけると、ぎょっとした感じでこちらを振り返り「あっ、お前だったのか、気が付かなかった。

お前太ったなあ!」とひとこと言うと行ってしまった。

久々に会った友達が見間違うほどに体型が変わっているということなのでしょう。

自分のイメージが変わってしまってたことは、大いに反省するべきです。

脚が組みにくくなった

時間が余ったので、近くのカフェでコーヒータイムとした。

通りを眺めるカフェテラスに腰を掛けて、格好良く脚を組もうとしたところ、片方の脚が上手く上がらない。

尻から脚にかけて肉がついてしまったのか、モデルのようにキレイに脚が組めなくなってしまった。

腰を落として座ってやっと脚を組んだが、なんだか様にならないように感じて組むのを止めてしまった。

確かに、自分の足を見るとぽっちゃりとしていて、これではキレイに脚が組めないと分かったのです。

友達に太った?と聞かれる

久々に友人と会う機会があると、何人もの友人から一様に「ちょっと太ったようね!」などと言われることに気が付きました。

表現は違っても、太ったと言われるのです。

みんなの目は正しいと自覚して、痩せようと反省したのです。

親戚で法事があって、久々に親戚の人と会うことになったのですが、ここでもみんなから「ちょっと太ったようだ」とのご指摘がありました。

地味なブレザーの前のボタンも、ちぎれそうなくらいに張りつめているのですから、やっぱり太ったと自覚してしまいます。

痩せすぎもNG!美しい体型をGETして彼氏をメロメロにしよう!

自分なりにメリハリのある体型を維持したいものです。

胸もほどほどに大きくて、ウエストがクビレてヒップも小振りでパンツが上手く履ける体型が理想です。

無理をして食事制限をしながらダイエットをすると、健康への悪影響も出てきます。

痩せすぎも良くないことは分かっています。

そこで、男性はどのような体型を求めているのかと言うと、胸がある程度大きいこと、クビレが感じられること、脚がスラッとしていることがポイントのようです。

すべてにおいて理想通りになっていなくても、このような体型を目指して努力して、彼氏をメロメロにすることを目標にしてください。

好きな彼氏がいると、もっと美しい体型になれるはずです。