今お付き合いしている彼がいますか?

そして、その彼と結婚する事を意識しているでしょうか?

「いつかは結婚したい」と思っている女性は多いはず。

しかし「結婚する」という事だけでなく「どんな人と結婚するのか」という事も大切ですよね。

誰もが幸せになれる結婚をしたい筈です。

そんな幸せな結婚をするためには相性の良いパートナー選びが欠かせません。

今お付き合いしている彼や、今後出会う男性との結婚の相性を見極めるためのチェックポイントをご紹介します。

結婚を考えた時に「本当にこの人と結婚して大丈夫?」と心配になってしまったら是非とも参考にしてみて下さいね。

結婚には相性が大切

結婚とは、全く別の家庭で育った他人と家族になる事でもあります。

相手の育ってきたこれまでの習慣や出来上がっていった人間性など、様々な部分を受け入れ、また相手に自分の事を受け入れて貰う必要があるのです。

その中でも「ここだけは相性が良く無いと大変」という部分っもいくつか存在します。

実際、結婚してみないと分からない事というのは多いですが、それでも付き合っている段階で相手との相性をしっかりと確認する事は、一生に一度の「結婚」という契約をする上でとても大切な事なのです。

▼【関連記事】彼氏と結婚したい人は、相性と本気度判をこちらの記事を先にチェック!
彼氏と結婚したい時に、本気度と結婚後の相性を見極める11個の方法

結婚後に相性が悪いとわかると離婚に…

現在、日本の離婚率は急上昇しており、

「好きだから」という理由だけで恋に盲目になって結婚をしたものの、新婚生活を過ごす内に相手との相性の悪さを実感して、結婚3年未満で離婚してしまう夫婦はとても多いのです。

そうならないためにも、事前に相手との相性をしっかりと確認して冷静に慎重に結婚を考えましょう。

離婚するのは大変

昔に比べて離婚のハードルが下がっているのは確かだと言えます。

夫婦共働きの家庭も多く、離婚後の生活も安定している事や核家族化によって籍を入れ家族となる事の認識が薄い事などもその理由の1つと言えます。

その為「結婚しても上手くいかなければ離婚すれば良い」と結婚を軽く考える人が少なくないのです。

しかし、いざ離婚を考えるとなると、お互いの意見がスムーズに一致する確率はとても低いのです。

離婚する事への意見の一致、離婚後の生活、財産分与や子供がいれば養育費の有無など泥沼になる要素ばかりなのです。

結婚を軽く考える事なく、生涯共に生活していけるパートナーをしっかりと選ぶ事が大切です。

付き合っている時は相手に合わせている可能性も

「付き合っている時はこんな人じゃなかった」というのは、離婚をした夫婦や離婚を考えている夫婦によくある話です。

お付き合いの段階では、いつ「結婚」という大きな制約と違って簡単に別れる事ができる為に相手に嫌われないように、好かれるようにと恋人好みの自分を演出する人も少なくありません。

そんな表の顔ばかり見て「この人と私は相性抜群だ」と思って結婚をしてしまうと、結婚し簡単に別れを選択出来ない状況になって隠していた本性が滲み出て来てしまう事もあるでしょう。

表面的な事で判断しない

特に、お互い実家で暮らしていたりして、デートの時間が短めな場合などは相手の事を表面的な行動で判断してしまわないように注意が必要です。

数時間や数日であれば、相手に合わせて取り繕う事は簡単ですが24時間365日となると話は別ですよね。

自分の本性を上手く隠している人でも、些細な部分に必ず本性は滲み出てきます。

そんな些細なポイントを見逃さないようにしましょう。

同棲してみるのもおすすめ

結婚をしてしまう前に、同棲してみるのもおすすめです。

籍を入れていないだけで家族と変らない形をとって生活していく中で、相手の本性や自分との相性をしっかりと観察する事ができます。

しかし、ズルズルと同棲を続けてしまうと「結婚しなくてもいいか」と責任も制約も無い現状に満足してしまう人も少なくありません。

事前に期限を決めて同棲を始めるなど注意が必要ですね。

相性を見極める11個のチェックポイントとは!?

結婚を考えた時に「この相性だけは、ピッタリな人を選ぶべき!」というチェックぽいんんとをご紹介します。

しっかりと相手との相性を見極めましょう。

価値観が一緒か


価値観とは、自分が何に対して価値を感じるのか?または感じないのか?

というこれまで自分が生きてきた中で積み重ねてきた一番変える事が難しい部分であると言えます。

その為、価値観の違う人と結婚してしまうと、お互いに大変なストレスを感じやすくなってしまう事でしょう。

他人と価値観がピッタリ合うという事はまずあり得ません。

その中で相手の価値観を自分が受け入れられるか?

また、相手が自分の価値観を受け入れてくれるか?

という点を重視して相手との相性を見極めましょう。

お金に対する価値観

お金に関する価値観は、独身の時と結婚してからでは環境や責任が大きく変わってくるためにどんな人でも変化が見られるものです。

付き合っている時点で、お金に関する価値観が多少違っていてもそこまで大きな問題ではないでしょう。

しかし、借金や浪費癖などお金にルーズな面に関しては注意が必要です。

仕事に対する価値観

仕事に対する価値観は、そもそも男女で大きく違う場合が少なくありません。

将来的に家庭を持って子どもを産み育てるとなると家族というチームとして分担する事もあるでしょう。

その中で「専業主婦に対する考え方」「兼業主婦に対する考え方」は必ず一致しておいた方が良いと言えます。

現代は共働き家庭が大半を占めているし男性も女性に共働きを求める事が多いのが現状です。

その中で、家事や育児を労働として考えるのか?という点で価値観が違う事から離婚する夫婦はとても多いのです。

仕事も、家事も、育児もと全てを求められては女性も大変ですよね。

共働き夫婦になりたいなら家事や育児を分担する気はあるのか?

など働く事に対する価値観は、事前にある程度お互いの意見を理解しておく事が必要であると言えるでしょう。

他人に対する価値観

意外と見落としがちで重要なのが家族に対する価値観です。

今まで、最も信頼して過ごしてきた家族や親友、友人など…それらをどこまで優先するのか?という価値観は、夫婦で一致していなければ大変なストレスの原因になってしまいます。

新しい家族を築いたものの実家に甘えてばかりだったり、友達と飲み歩いてばかりだとお互いに不満がでてしまいますよね。

相手がこれまで築いてきた人間関係の中での事だからこそ、いくらパートナーと言えど口出しをしにくい部分です。

結婚前に、家族や友人に対する価値観が合うのかどうか確認しておく事はとても大切ですよ。

好きなものが一緒

夫婦として24時間365日一緒に生活していく上で、好きなものが一緒なのかどうかはとても大切な事です。

どちらかが一方的に相手の好みに合わせ続ける生活は長続きしません。

これに関しては付き合っている時に分かる部分が多いので、なるべく好きなものが一緒である部分の多い相手を選ぶのが良いでしょう。

食の好みが一緒

毎日欠かせないからこそ、食の好みは大切です。

使う食材や料理の味付けなど、食の好みが一緒だと毎日の食卓が楽しくなります。

朝食はパン派?ご飯派?肉料理と魚料理どっちが好きか?

など大まかな部分で一緒であれば特に大きな問題は無いでしょう。

ただし、絶対に一致していなければ危険なのが「手作りかどうか」に拘るという部分です。

食事は外食か手作りのみしか認めないという人は、冷凍食品やお惣菜に強い拒否感を示す事が少なくありません。

ここだけは食の好みに関して「完全一致」でありたい部分と言えます。

趣味が同じ

円満な夫婦に共通するのが「趣味が同じ」という事です。

自分の趣味にどれだけの時間やお金をつけるのか?

という点で、趣味が同じであれば相手の理解を簡単に得る事ができ充実した趣味生活を送る事ができる為です。

特に、近頃では自分の趣味に対する考え方も大きく変わり「趣味を制限される位なら結婚しなくて良い」という人も少なくありません。

趣味が同じパートナーならば、そんな心配はありません。

テレビで同じところで笑う

長年夫婦として連れ添っていると全くの他人の筈なのにも関らず顔立ちが似て来ると言われます。

その理由は、同じ感覚で笑い同じ感覚で怒るからこそ顔の同じ部分に皺が出来て顔が似て来るんだそうです。

テレビを見たり話しをする中で、同じところで笑ったり怒ったり泣いたりできるという事はとても幸せな関係を築けるポイントでもあります。

匂いが好き

意外と見落としがちなのが、相手の匂いです。

特に女性は香りで恋をすると言われる位、男性に比べて匂いに敏感です。

彼と触れ合った時や近付いた時に香水などでは無い彼自身の匂いが好きかどうかは、円満な夫婦生活の重要なポイントと言えるでしょう。

改善する事もできる

ただし、匂いに関しては食生活や生活習慣などで変えていく事も可能です。

相手の体臭が好みで無い場合は、相手は「変れるタイプの人かどうか?」を重視してチェックしましょう。

体臭は改善できるものの、習慣を変えるのは中々大変です。

それでも円満な関係を築いていく為に習慣を変える努力をできるのかどうかが、ここではとても大切な見極めポイントなのです。

苦手なものが一緒

好きなものが一緒であるのと同様に、苦手なものが一緒であると夫婦として生活していく上で心地よい関係を続けていきやすいと言えます。

自分が生理的に受け付けないような物を、パートナーが大好きであると我慢はするもの見た目や匂いなどで不快感を感じてしまう事もあるでしょう。

ペットに関する事は要注意

苦手なものが違って一番大きなトラブルに発展しやすいのがペットに関する問題です。

犬や猫、その他の生き物などペットとして飼育している本人は、家族と同然のように愛しているかもしれません。

しかし、パートナーがその動物が苦手な場合一緒に生活していくのが難しい場合があります。

特に、昆虫類や爬虫類などの生き物を飼育している場合はパートナーの理解を得にくい場合もあります。

パートナーか、愛するペット、そんな究極の選択を迫られる事のないように事前に苦手なものについて相手との相性も確認しておきたいですね。

相手を尊敬できる

結婚相手としてこれから一緒に生活していく中で、相手を尊敬できるか?

敬う事ができるかという事は実はとても大切な事です。

尊敬できるというと大げさに聞こえるかもしれませんが、要は思いやりを持って接して行けるような人物なのかどうか?

また、自分の事も思いやってくれるのか?という事です。

他人同士が1つの家族となる訳ですから、お互いの事を尊敬し合い思いやれる関係性を持てないと長く夫婦として生活していく事は難しいでしょう。

完璧じゃなくて良い

相手も人間ですから、尊敬できる部分があれば「だらしないな」「もっとどうにかできないのかな?」といった一面も持っている事でしょう。

他人に「完璧」を求めてしまうと、全てにおいて尊敬できる人なんて存在しません。

相手の尊敬できない部分に関しては「自分がフォローできるのか?」「尊敬できない部分も受け入れられるのか?」という点をチェックしてみると良いでしょう。

居心地がいい


これから結婚して夫婦となると24時間365日一緒に過ごしていく事になります。

その為、一緒に居て居心地の良い相手なのかどうかはとても重要なポイントとなるでしょう。

相手と居る事で緊張したり恐縮したりしてしまうと、夫婦として生活していく事は難しいかもしれません。

どんな自分でも受け入れてくれる相手であり、自分自身も相手のどんな部分でも受け入れられるかどうかはとても大切な事です。

付き合っている時には分かりにくい

付き合っている時には、デートといっても数時間から数日しか一緒に過ごす時間がありません。

その間「相手に好かれる自分で居たい」と無意識に無理をしてしまっていたり、恋に盲目になって相手のどんな仕草も素敵に見えたりしてしまうものです。

それが一緒に生活していく内に自分の素を出せない事にストレスを感じたり、相手の素の姿にガッカリしてしまう事もあるかもしれません。

自分や相手が神経質であったり細かい事を気にしやすい性格であると思うなら結婚前に長期旅行に行ったり、同棲したりと一緒に過ごしてみてどう感じるのかを確認してみた方が良いでしょう。

波長が合う

「波長」と聞くと曖昧な表現に聞こえるかもしれませんが、楽しいと感じる事、悲しいと感じる事、フとした時に考える事が同じなど考え方や感じ方が似て居た相手と居ると、心地よく楽しいと感じやすいでしょう。

考え方が同じだとやり取りがスムーズ

波長が合うという事は、感性や考え方が似ているという事でもあります。

感性や考え方が似ていると、何か夫婦として決め事をしたり選択する時にでもやりとりがスムーズでお互いの納得いく答えに最短距離で辿り着く事ができると言えます。

金銭感覚が同じ

夫婦として1つの家庭を作っていく中で金銭的な問題はとても重要です。

何にどれだけのお金をかけるのか?という金銭感覚が違っていると後々大きな問題になってくる事でしょう。

金銭感覚については、付き合っている時にでも見えてくる部分はあるので結婚前にしっかりと観察したり話し合いをするべきであると言えます。

貯金に対する考え方も重要

結婚をすると、2人で生計を立てていく事になりますので収入や出費、貯蓄においても夫婦2人でやりくりしていく事になります。

将来に向けてしっかりと貯蓄をする派なのか?

出費をする分、しっかりと稼いでいくという考え方なのか?

投資信託や積立貯金、保険を利用した貯蓄方法を選ぶのかなど意外と貯金に対する考え方は様々です。

これらの考え方は擦り合わせておいた方が良いかもしれませんね。

喧嘩しても許せる

他人同士が1つ屋根の下で暮らしていくのですから、全く衝突せずに暮らしていくなんて不可能っであると言えるでしょう。

付き合っている時には一度も喧嘩をした事の無いカップルでも結婚生活の中では別です。

そんな時に、相手を許せるのかどうか?仲直りできるのかどうか?というのは重要です。

喧嘩をした時にお互いが意地を張り続けるのではなく、どちらかが折れて喧嘩を終わらせる事ができる関係の方が円満な家庭を築いていける事でしょう。

将来像が同じ

思い描く将来像が違うと、結婚生活の中で歪が出て来てしまいます。

将来的に、どこでどんな生活をしていきたいのか?など先の話をできる関係である事は夫婦によって大切です。

特に「将来は脱サラして家業を継ぎたい」「田舎で暮らしたい」など家族も巻き込む事になるような事についてはしっかりと事前に話し合っておく必要があります。

子どもの有無についての希望は大切

将来像を話し合う中で「将来的に子どもを設けるのかどうか?」というのはとても大切な事です。

子どもを産んで育てるには長い月日と莫大な費用が必要となりますし、自由な時間も激減する事でしょう。

しかしそれに代えがたい家族を手に入れる事となります。

子どもを設けるのかどうかで人生は大きく変わってくるので、将来的に子どもを設けたいのかどうかという意見が一致しているのかどうかは結婚を考える上で避けられない問題です。

長く一緒にいてもストレスを感じない

長く一緒にいてもストレスを感じないという事は、結婚相手に最低限必要な要素であると言えるでしょう。

夫婦になると、家で毎日顔を合わせますし休日は朝から晩まで一緒に居る事もあるでしょう。

それこそ何年も一緒にいる事を考えると一緒にいて安らぎを感じられる相手であないと結婚生活は長く続かない事になります。

結婚に向いていない人とはどんな人か?

中にはどうしても結婚には向かないという人も存在します。

相手自身が結婚に向かない場合もあるし、自分のパートナーとして相性が悪く向かないという場合があります。

結婚相手選びに失敗しないように、結婚に向いていない人の特徴も合わせてチェックしていきましょう。

誰かと一緒にいるのが苦手

常に1人が好きで、誰かと一緒にいるのが苦手な人はあまり結婚には向いていないかもしれません。

家族と言えどもプライバシーは必要ですが、度を越して1人を好む人の場合そもそも他人との共同生活が難しいかもしれません。

「個室を持てば大丈夫」などと思っていてもドア一枚隔てて感じる他人の気配や生活音など、夫婦として結婚生活を送る以上完全な「1人の時間」というのは極わずかなものになります。

付き合っている段階から「毎週1日だけでも良いから1人で過ごす時間が必要」などと明言している恋人の場合は特に注意が必要です。

相手を尊敬できない

人間的に尊敬できない相手との結婚生活はとても苦労が絶えないものとなります。

相手に尊敬できる部分が無いと、どうしても相手を見下した考え方に偏ってしまいがちです。

夫婦として支え合う事も出来ないので、大きな負担となってしまう事でしょう。

自由が好き

「自由人」なんて言葉がありますが、自由を感じるというのは人間にとって大切な事です。

しかし、それも度を超えてしまっていると共同生活や結婚には向かないマイナスな要素となってしまいます。

結婚相手の自由度が許せる範囲なのかどうかの見極めはとても大切であると言えます。

縛られたくない

パートナーを束縛するのは良い事であるとは言い難いでしょう。

しかし「会社に縛られたくない」「家族に縛られたくない」など結婚する以上、夫としての義務を「縛り」と考えて拒絶してしまう極端な人は結婚には向いていません。

転職を繰り返している人や、浮気をする人は自分のポジションに縛られる事を嫌う傾向にあるので注意しましょう。

お金を自分の為に使いたい

自分の稼いだお金を全て自分の為だけに使いたいと思うのは、ある意味で当たり前の事かもしれません。

しかし夫婦として家族を作っていく以上、お金に対してある程度の制限が出て来てしまいます。

それらを我慢できない人と結婚するとお金の事で揉めてしまう事が多く出て来てしまう事でしょう。

付き合っている時に、絶対に割り勘をしたりプレゼント等にお金をかけたがらない人はそんな性質を持っているかもしれません。

仕事の為に生きたい

仕事に対して熱意を持つのは良い事ですが、何よりも仕事を優先して生きて行きたいと思っている人は結婚生活には向かないかもしれません。

結婚すると相手に対して「夫として求める事」や子供が産まれれば「父親として求める事」等が出てきます。

仕事を優先させるあまりそれらの要求に応えられない事も多く出て来るでしょう。

このタイプの人に対しては自分がどれだけ相手に合わせていけるのか?という事が大きな問題となってきます。

落ち着きたくない

結婚すると独身の時ほど自由に飲み歩いたり遊びに行ったり出来なくなります。

また、恋愛においては不倫となってしまうのでご法度です。

結婚して籍を入れるという事は、どうしても様々な制約が出てきて独身時代よりも落ち着く事になるでしょう。

それらを嫌がり「落ち着きたくないからまだ結婚はいいかな」等と言っている人は、何歳になっても同じ事を言い続ける場合が少なくありません。

無理に結婚を促すと、責任感の無い夫になったり不倫をしたりする可能性もあるので「落ち着きたくない」というワードを使う男性には注意した方が良いでしょう。

相手を見下す

恋人や家族以外でも他人に対して見下した対応や考え方を持つ人は結婚生活には向いていないと言えます。

結婚はお互いの関係が変わるだけではなく、家族や親族も巻き込んで2つの家庭を繋ぐ事にもなります。

相手を見下すという人間性は、生まれ育った環境が大きく関係していると考えても良いでしょう。

その為、相手の親族も似た性質を持っている恐れがあります。

そういった性質を持った家系に嫁ぐと苦労に絶えない事になりかねません。

相手に興味を持てない

相手、つまり自分に対して結婚相手が興味を持ってくれない状態での結婚はとても辛いものです。

夫婦となれば、変わるかもしれないと期待をしても元から興味を持てない相手に環境が変わったからといって考え方が変わるとは思えません。

最初は「それでも構わない」と思っていても一緒に生活をしたり円満な夫婦を見ていると虚しくなってしまうものです。

心の通じ合わない仮面夫婦になってしまう恐れがあります。

結婚に憧れがない

そもそも男性には結婚に憧れがない人も少なくありません。

寧ろ、家庭に入る事に束縛感を感じる人も居るのです。

そのような考え方の人と勢いだけで結婚してしまうとお互いに「こんな筈じゃなかった」と結婚生活が上手くいかなくなってしまう可能性があります。

結婚を決める前に、しっかりと結婚する事への覚悟を持てるのかどうか腹を割って話し合う必要があります。

結婚に向いているのはこんな人

結婚に向かない人がいるなら、勿論結婚に向いている人もいます。

自分との相性も去る事ながら、結婚相手候補がこんなタイプの人なら幸せな結婚に向いている相手であるのかもしれませんので、チェックしてみましょう。

相手の立場になって考えられる

結婚とは常にお互いを思い遣る事こそが、一番の円満の秘訣です。

長い人生ですから良い事ばかりではありません。

辛く苦しい時がやってきた時に、お互いに想い合い支え合えるかどうかが重要なのでしい。

その為にも相手の立場になって考えられる視野の広さはとても大切です。

付き合っている時にでも、対する人の事を考えて行動できているかどうかを良く見てみるのが良いですね。

自分の家族まで大事にしてくれる

結婚とは家族と家族が新たに繋がる事でもあります。

義理とはいえお互いの両親とも親子になるという事です。

自分の家族の誕生日を覚えていてくれたり、親身になって家族の事を考えてくれる人はとても結婚に向いているといえるでしょう。

妥協することができる

自分の理想が100%叶う事というのは、人生の中でどれ位あるでしょうか?

ほとんどは100%理想通りにならない事の方が多いと言えるでしょう。

今の状況や環境の中で、どれだけ妥協をして満足度を上げられるのか?

というのも幸せに生きて行く中では必要なスキルと言えます。

理想を持ちつつも、現状を見て妥協しその中で最高の結果を出す事ができる人こそ結婚に向いていると言えるでしょう。

思いやりがある

長く一緒に居る事になる相手ですから、思いやりのあり自分を労ってくれる人と一緒になれるならそれに越した事はありません。

大げさな事は必要ありませんが、些細な所で相手を思い遣った行動が出来る人と夫婦になれば幸せな結婚生活を送る事ができるでしょう。

金銭感覚がしっかりしている

結婚生活の中で、一番揉め事になりやすいのが金銭感覚についてです。

お金の使い方についてルーズな人と結婚してしまうと、苦労してしまう事でしょう。

金銭感覚がしっかりとして計画的にお金を遣う事のできる人となら、そのような苦労をする確率も少なくなるのではないでしょうか?

特に、自分がお金にルーズだという自覚がある人はパートナーに金銭感覚のしっかりしている人を選ぶべきなのかもしれません。

責任感のある人

結婚には、大きな責任が伴います。

籍を入れる事で夫婦としての責任が発生しますし、子供が産まれれば親としての責任も背負う事になるでしょう。

付き合っている時から、自分の行動や発言に責任をしっかりと持っている人は結婚後も様々な責任をしっかりと
果たしてくれるのではないでしょうか。

正直な人

長く夫婦として過ごす為に信頼関係はとても大切です。

自分では些細だと思っているような嘘でも相手を深く傷付けて信頼を無くしてしまう事もあるでしょう。

自分に都合の悪い事も正直に告白して謝れる誠意のある人こそが結婚に向いている人であると言えます。

一途

結婚生活の中で、相手に対して最も不安を感じてしまうのが不倫や浮気などの不貞行為ではないでしょうか?

結婚したのにも関わらず、他の相手に心を寄せてしまわれると肉体的にも心理的にも深く傷付けられてしまう事でしょう。

そのような事にならない為にも、結婚相手に求める事は「一途である事」という人も少なくありません。

普段から浮つく事なく一途に自分の事を想ってくれる相手と結婚できれば心の平穏を得る事ができます。

一緒にいることで相性を見極めよう

結婚は紙一枚に判子を押すだけで出来るものです。

しかし、その意味はそんな簡単なものでも軽いものでもなくお互いがお互いの人生を背負うという事なのです。

人生のパートナー選びを恋愛だけの勢いで考えてしまう事なく、一緒に過ごす中で「この人をパートナーに選んでいいのか?」としっかりと相手と自分との相性を見極めるようにしましょう。