CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

単身赴任で寂しい…夫がいない毎日を乗り越える12個の方法


夫の単身赴任が決まっとき、「1人は寂しい…」「心細い…」と感じるものだと思います。

「夫の転勤についていけば良いのでは?」と言っても、何かしらの事情で夫について行けない場合もあるでしょう。

残された奥さんの課題は、「夫のいない寂しい日々をどうやって乗り越えるか」になるかもしれませんね。

そこで今回は、“単身赴任で寂しい時、夫がいない毎日を乗り越える12個の方法”をご紹介したいと思います!

夫が単身赴任になった・・・。どうやって乗り越えよう・・・。

夫が単身赴任になったとき、奥さんとしては色々と不安だと思います。

まず一番の問題は「夫のいない寂しさをどうやって乗り越えよう」ということでしょう。

これは遠距離恋愛と同じで、夫の事ばかり考えてしまうと「寂しい」とか「会いたい」という気持ちが余計に大きくなり、他の事が手につかなくなってしまう恐れがあるでしょう…。

つまり、それ以上寂しい思いをしない様に、他のことで気を紛らわせる必要がある訳です。

その方法は後で詳しくしますね。

そもそも何で単身赴任になったの?その理由は?

冒頭でも「夫について行きたくても事情があって無理」という話をしましたが、単身赴任になってしまう理由とは何なのでしょうか…?

単身赴任になる理由を以下にまとめてみました。

1.自分にも仕事がある

夫婦共働きの家庭は少なくありません。

その場合、夫の転勤についていくとなると、奥さんは今の仕事を辞める必要があります。

しかし、特に正社員として会社勤めをしていると、当人の気持ちや状況によっては、退職を決断するのが難しい場合もあるでしょう。

今は、結婚して子供ができても産休や育休を使って“復職”という形で仕事を続ける女性も多い時代です。

それに、夫の転勤先で新しい仕事を探すと言っても、今の職場が気に入っているのなら、転職するのもあまり気が進まないと思います。

奥さんが仕事が生きがいのバリバリのキャリアウーマンタイプだったり、現在の職場で重要な役職に就いていたりしても、そう簡単に「仕事を辞める」という選択肢は出ないかもしれませんね…。

2.子供の事を考えて

子供が学校に通っている年齢なら、引っ越しと同時に新しい学校へ転校することになりますよね?

ただ、転校先でのいじめや学校が変わることによる学力低下が心配で、今の学校に通わせ続ける為に単身赴任を選ぶ家庭も多い様です。

単身赴任なら父親とは離れてしまうけど、周りの友達とは離れなくて済むので、子供としては複雑ながらも嬉しいかもしれませんね。

(父親とは全く会えないという訳ではないでしょうし)

また、受験直前だったり志望校が既に決まっている場合も、子供の為に単身赴任を選択する場合が多いみたいです。

3.家を買ってしまった

マイホーム購入後にタイミング悪く夫の転勤が決まってしまったというケースもあるでしょう。

誰か代わりに家を管理してくれる様な人がいるなら別ですが、夫の転勤について行って、せっかくのマイホームを空き家にする訳にも行きませんよね…?

会社の方針にもよりますが、期間が設定されていない転勤の場合、いつマイホームに戻って来られるかも分かりません。

そもそも元の場所に戻れるかすら分からない(さらに別の場所に転勤を命じられる可能性もあり)ので、単身赴任を選択せざるを得ない訳ですね。

4.単身赴任の期間が短い

5年や10年となると長いですが、短い場合は半年から1年で戻って来られるケースもあるそうです。

それなら、単身赴任の方が色々と都合が良いかもしれませんね。

そういう短い期間での転勤は、問題解決の為に臨時で転勤先へ向かうといった場合が多く、その問題が片付けば予定よりも早く帰って来れるパターンもあるみたいです。

ちなみに、「転勤先での平均的な期間は3年程度」などとよく言われます。

しかし、これは会社によっても状況によってもまちまちなので、あまり参考にならないかもしれませんね。

5.介護をしている家族がいる

身内に介護が必要な人がいると、引っ越しはなかなか難しいかもしれませんね。

状況は様々だと思うのではっきりしたことは言えませんが、介護が必要な人も一緒に連れて行くとなると、様々な事を一から考え直す必要もあって色々と大変だと思います。

もし近所の施設にお世話になっていて通っている当人がそこを気に入っていたり、転勤先に現在通っているところよりも好条件な施設がなかったりした場合は、単身赴任を取るのが無難かもしれませんね。

それに、(転勤先にもよりますが)環境の急激な変化は少なからずストレスになることも覚えておいた方が良いでしょう。

6.慣れ親しんだ土地から離れたくない

「一度も地元を離れたことがない…」という人にとって、新しい土地に移り住むことは不安でしかないと思います。

引っ越しや一人暮らしで地元を離れた経験がある人ならその気持ちも分かるでしょう。

単に「離れたくない」というだけでなく、他にも“地元を離れられない理由”が存在する場合もあるかもしれません。

郷土愛が強い人にとっては慣れ親しんだ土地を離れる辛さよりも、単身赴任の寂しさの方がまだ耐えられるのかもしれませんね。

結局のところ、単身赴任になる理由は人それぞれと言えるでしょう。

夫がいない毎日を乗り越える12個の方法

ページトップ