女性のみなさんで、妙齢の方がそろそろ結婚したいなと考えている人もいるかもしれませんね。

著者も結婚してもう10年以上経ちますが、家族も増え、ひとりでいることよりたくさん良いこともあります。

責任も増えますし、確かに大変なことあります。

ですが家族の笑いの絶えない毎日を送るほどの幸せなことはありません。

女性のみなさんもそう考えてるかもしれませんね。

では、彼に結婚したいと思わせるにはどうしたら良いのでしょうか?

そのためにも結婚したい男性の特徴や、結婚を考えるときにこんなところにいるということなどいろいろなことを見ていきましょう。

結婚の決め手を知ることで、もしかしたら彼に結婚したいなと思わせることができるかもしれません。

そして、この女性とは結婚を考えられないと言うような特徴も共に見ていきましょう。

結婚をしたい男性は多い?

最近、40代以上の男性が独身でいることも増えてきたので、結婚したいと思う男性が減ってきたのではないかと思われがちです。

ですが、必ずしもそうではなく、結婚したいと思っている人も結構います。

そもそも、独身で長い人は結婚をしたいけれどなかなかご縁がない人もいるのかも知れませんが、大抵は自分が稼いだお金を好きに使いたいというように敢えて独身であることが多いです。

そして、男性が結婚したいかどうかは、その人個人の問題と思われがちですが、同一人物であってもただ時期の問題である可能性もあります。

ですので、もしかしたら20代そこそこではまだ結婚したいと思ってなくても30代で結婚したいと思うこともあるようです。

若い時から結婚をする人も多い

最近男性も婚活のところに行くと、40代の位の方も結構いるそうですね。

ですがたいていは、20代30代で結婚を決める人が多いです。

やはり、それぐらいに家庭を持って落ち着きたいと思う人がいるのかもしれなせんね。

いろいろな人がいるので一概には言えませんが、どちらかと言うと男は30代前後に結婚したいと思う人が多いようです。

20代前半位だと最近は大学に行く人が大半であるため、22歳位までは学生が多いです。

そしてそこから、就職をしてキャリアを積んでいく経緯があると、どうしてもすぐに30代位には行きますよね。

著者の身の回りで、子ども会に属しているといろいろな親御さんに会う機会があります。

そんな時、妻は今30代後半で小学高学年の子がいるのですが、それぐらいのこの年代で30代だとかなり若い部類に入ると言われています。

それに対し、下の子が低学年なのですが、この子の学年に行くと、妻も大分歳上の部類に入るそうです。

もちろん、ただ住んでいる地域がそうなだけかもしれませんが、女性も最近は大学進学をする人も多く、そこから就職をし、キャリア積んでいく過程でどうしても結婚が30台位なる電車が多いです。

そこから出産となるので、小学高学年の子が入るような各年代年代だと、もう40代に入っている人も珍しくありません。

女性でもそうなので、男性だとなおのことその傾向にあります。

20代~30代の間で結婚をする割合が多い

大体、結婚する割合としては、やはり20代から30代が多いですね。

特に最近は、20代の後半位で結婚する人が多いように思います。

妻は20代半ばぐらいに結婚をしましたが、それでも結構早い方だと言われたようです。

それぐらい大学を付けをしてからわずか数年しか経っていないと言うことで、周りから見ると早いと驚かれたようです。

そして、あくまで著者の身の回りではあるものの、やはり女性は、30代になる前に挙式をしたいと言うことで、それぐらいに結婚した人が多いように思います。

男性は、女性と違ってやはり経済力がものを言うところがあるので、どうしても20代後半位からになるところがあるように思います。

ごくまれに、20代前半位で年上の女性と結婚する人もいるのようですが、大半そのような人が大学を出ておらず高卒であることも多いです。

身の回り見ていても思いますが、やはり大卒より高卒の人の方が結婚が早いように思います。

交際をしている人と結婚したいという気持ちが強い

昔はお見合いなども主流でした。

昔は、近所の世話焼きのおばさんが身の回りに男女をお見合いさせて、そのようなお付き合いのお世話をするような人もいたようです。

ですが、最近はそのようなこともなくなってきました。

そもそも若い人たちがそのようなスタイルを望まず、交際した人と結婚したいと思う人も増えてきています。

そのような世話焼きのおばさんがいなくなったことで、なかなか出会いがない人は婚活をするようになってきていますが、そのような婚活をするところに行くのにもなかなか勇気がいると嫌がる人も一定数います。

色々な掲示板を見ていても思いますが、やはり、そのようなところに頼らずに自然とした出会いがあり自然とお付き合いできて、結婚に結びついたらいいなという願いを捨てきれない方がある程度います。

ですので、若いうちからあっさりと婚活に行くよりは、どうにかしてそのようなお付き合いする人を探すことを目指す方も多いです。

結婚を前提に付き合う

若い時はそうでもなくても、やはり結婚するような年代に近くなったら結婚を前提に付き合いたいと思うところがあります。

もちろん男性もそうなのですが、特に女性の方がその傾向が顕著なのではないかと思われます。

やはり、見ていて思うのは、今科学的な技術が進歩しているとは言え、子供が産める年代というのはある程度限りがあります。

女性だと10代後半ぐらいから、40代位まででそこから自然妊娠をするのは大変難しいところがあります。

ですので若い頃は色々と気楽に異性と付き合っていても、20代後半位から30代前半となると、結婚できるかできないかに大変シビアになる方が多いですね。

それに比べ男性は、40代過ぎても子供を持つ事は不可能ではありません。

芸能人とか見ても50代で第一子をもうけた話もよく聞きます。

ただその一方で、科学的にも遅い年代での出産は男女問わず、障害を持った子が生まれてしまう確率が高くなる事は非常によく知られていることです。

それに男性もあまりにもお子さん誕生が遅い年齢だと言うことになると、ご自身が定年退職を迎えてもまだまだ成人しない子が出てくる可能性が高いです。

子どもはこれから大学進学をする時に非常にお金がかかります。

そんな時に定年退職で収入が減るのは大きな痛手です。

もちろん事前にためておくことも不可能ではありません。

ですが、やはり人間は40代からだんだんと病気のリスクが出てきます。

ですので、そんなリスクも高くなってくるので、男性であっても比較的若いうちから結婚前提に真面目にと考えている男性も多いです。

▼【関連記事】彼氏が結婚を意識しているかどうか知りたいならこちらの記事を先にチェック!
彼氏が結婚を意識している時の12個の行動・言動

男性が女性を見るところは?男性はこんなところを見ています!

では、男性は結婚を前提に考えている女性をどんなところを見ているのでしょうか?

その特徴を一つ一つ抑えていきましょう。

一緒にいて楽しいかどうか?


やはり1番は一緒にいて楽しいかどうかということです。

例えばですが、仕事から帰ってきたらずっと愚痴を言い続ける女性が待っている家庭だと、だんだんと心が暗くなってくるところがあります。

ですが、明るく元気な奥さんが待っているとなると家路につくのも楽しみになりますね。

このように、一緒にいて楽しいのかどうかはいろいろな面においても重要なことではないかと思われます。

ですので、なるべく明るい気持ちでいることを大切にしましょう。

ただ、もちろん男性といってもいろいろな人がいるので、無理に明るくしないとと思う必要はありません。

一見暗いように見える人でも、見る人が見たら「落ち着いていていいな。

こういう感じの人が好きだ」と言う人もいます。

ですので無理に明るくなろうとしなくても良いのですが、気持ちを明るくすると言う方向性にもっていくことを心がけるだけでも大分違います。

愚痴っぽいのは良くないという話をしましたが、もしどうしても愚痴が言いたくなったとしたら、似たような立場の人と愚痴を言った方が良いです。

例えば、著者は本社勤務ですがいろいろな営業所に出向きますが、営業所には事務員と営業の人とかいます。

事務員の愚痴は営業の人に言ってもなかなか通じないところがあり、他の支店の事務員として愚痴ると非常に話が盛り上がるのだそうです。

著者は、趣味で色々と掲示板を見ますが、最近女性の投稿で目立つのは母親が嫌いとか母親が重いといった相談が多く見受けられます。

これは、親とうまくいっている人だと、「育ててくれたお母さんになんてこと言うんだろう」と言うような感想を持たれるらしく、そのような批判のコメントも一定数あります。

ですが、母親とうまくいっていない人にはそれが大変傷つくようですね。

そこで、最近は母親を嫌いな人集めて、愚痴を言うというトピックを立ち上げている人が目立ちます。

愚痴を言うのは似たような立場の人とを心がけ、異性の前では楽しい自分でいるようにした方が良いでしょう。

どんな事よりも1番重要!

やはり楽しいことは何より一番大切なことです。

やはりいがみあったり、罵りあうような関係よりかは、楽しく過ごせた方がいいの良いのは言うまでもありません。

楽しさを共有できるかどうか?

始めは夫婦だけですが、子供も生まれてどんどんと家族が増えてきます。

そんな時、楽しさを共有して過ごせるのは家族の良さです。

ですので、そこができるかどうかも結構男性は見るところがありますね。

それは女性も同じなのではないのでしょうか?

無理な事をしていないか?

あと気になるのは、楽しいことを心がけるのは悪いことでは無いのですが、それも無理をしていては意味がありません。

その他にも、無理をしているところがあるとだんだんとしんどくなってくるところがあります。

例えば男性でだとしたら、自分の稼ぎ以上に、女性におごることがあるとだんだんとそれが難しくなってくるというところがあるのではないかと思われます。

そんな時に、割り勘にしてほしいということを素直に言えるかどうかが大変重要です。

やはり結婚生活においては、無理なことも多いです。

それをはっきり言わないと、なぜ察して遠慮してくれないのかとイライラしてしまうところがあります。

それは女性も同じところがあります。

例えば、明らかに料理が苦手なのに、料理が上手い女性だということをアピールするために、料理で無理をしているとだんだんとそれがストレスになってきます。

そこで、「今日もお弁当楽しみにしているよ。」なんて言われたら、さらに無理をしないといけないと思い、心理的な負担になってくるのではないのでしょうか?

やはり長い生活において、気を使うことが必要かもしれませんが、あまりにもそれは無理があるとだんだんとお互いに辛くなってきます。

気を使っていないかどうか?

確かに結婚生活を送れるのにあたって、全く気を使えないわけにはいかないのもまた事実です。

著者の若い頃に上司から聞いたことありますが、やはり結婚はそこそこに気をつかっていることも重要なのだそうです。

ですので、恋愛結婚で結婚したカップルよりかは見合い結婚したカップルほうがうまくいくと言うような話を聞いたこともあります。

ですが、その気遣いが過剰になってくるとだんだんとしんどくなってきます。

そこそこの気遣いは必要だけれど、地球使いすぎてしんどくならないかどうかと言うのは非常に結婚生活において大切なことです結婚生活は、基本的に一生涯続きます。

ですので、元の数年で少々無理をしたところで息切れがしてくると意味がなくなってきます。

スタイル


確かに、結婚生活を送っていくためには性格重視で行かないといけないのは言うまでもありません。

でもやっぱり、男は見た目などにもこだわってしまうんですよね。

ですので、スタイルの良い人と結婚したけれど性格がキツすぎて離婚したいなんて話もよく聞きます。

やはり、なんだかんだで見た目にこだわってしまうのも男の特徴です。

どうしても男性は体型も見てしまう

このようなことを言うと女性は男は馬鹿だなと思うかもしれません。

ですが、やはり本能ですので避けられない部分もあります。

少し言い訳的になりますが、女性はウエストがくびれていたほうが良いなんて言われますよね。

それは理由があります。

妻などの女性に聞いた話よると、出産するとウェストサイズが少々増えてくるところがあるようですね。

確かに、妻が妊娠したときのお腹を見たことがありますが、とてつもなく大きくなるので、ウェストが緩み大きくなるのは納得がいきます。

ですので、ウエストがくびれていることは若く出産可能な女性と言うようなイメージが与えられるところがあるのではないかと思います。

そこで、男性はそのようなくびれのある女性を好むというのがところがあると言われています。

今ではぽっちゃり系女子も人気?

最近は、ぽっちゃり系の女子と言うのもポジティブに見られるようになりました。

ただ、ぽっちゃりと言っていっても限度がありますのでそこは気をつけましょう。

女性が「ぽっちゃり」と言うと、渡辺直美さん的な感じのかなり重量的な人をイメージするかもしれません。

ですが男性がさすぽっちゃり系と言うと、深田恭子さんみたいな感じです。

彼女は、確かに少々ぽっちゃりとしているところがあるかもしれないけど決してデブではありません。

(とはいっても彼女最近痩せましたよね。)

性格

このように、ついついスタイルを見てしまうところもあるけれど、なんだかんだ言って1番大切なのは性格です。

見た目は、決して若い時と同じようにとはいきません。

やはりよほど気をつけて体を鍛えていない限りスタイルが崩れるものです。

何よりも顔の老化も避けられません。

とは言っても、大体の性格というのは維持されます。

もちろん例外もあって、脳の病気のによる脳の欠損で性格が変わる事はあります。

例えば怒りっぽくなるとか脳の欠損により感情失禁なるものもあるようです。

この場合は性格が変わることもありますが、大体の性格はよほどのことがない限り維持されますので、そこを重視するの人多いでしょう。

基本的に、素直であったり優しい人が好まれるところがあります。

確かに、常にイライラして起こりっぽいとか愚痴っぽいと言うことになると、一緒にいて楽しいと思えないところがあるからです。

どの様な性格なのかで決まってしまうことも

やはり、結婚するにあたってはどのような性格の人なのかによって、結婚生活が決まってくるところがあります。

時折、テレビの撮影なので、一般の夫婦の方撮影などが見られることがありますよね。

「このような話をしたときに、夫あるいは妻はどのような反応するか?」と言うような感じの番組ですね。

やはり、そこで、ある程度2人のキャラクターによって雰囲気が変わってくるところがあります。

男性が「この人だ!」と結婚を決意をする7個の特徴やその瞬間!

やはり結婚するのであれば、男性にこの人だと選んでもらいたいですね。

では、選んでもらうにはどのようにしたらいいのかというのを見ていきましょう。

1.気を使わなくていい人と分かった時

基本的に、全く気付かないことができなくても、無理をすると続きません。

ですので、無理なく一緒にいることができる人ということがわかれば、この人と結婚したいと思えるものです。

自分の全てを見てくれる

やはり人間ですので当然欠点もあります。

完璧な人間なんていません。

ですが、そこも含めて見てくれるっていうことがわかると、この人と一生共にしようと思います。

それはお互いにそう思える関係性こそが大切なのではないのでしょうか?

相手もこちらに気を使わない関係性が重要

やはり、一方が気を遣って一方が全く気を使わない関係性も持ちません。

それは、気を使う側が爆発してしまうこともあるのです。

ですので、相手に気を使わせないような関係でいられるというのも結婚生活においては非常に重要なのです。

2.家庭的である

今時、女性に家庭的なことを求めるのか?などと言われることもあるかもしれませんが、やはり男性がそのようなところを重視するところがあります。

やはり、男女平等の世の中とは言え、男女が全く同じと言うわけにはいきません。

ですので、女性に家庭的なところ求める人が多くいます。

将来子供ができても安心できる

著者も、子育てに関わりながらも思いますが、男(父親)はやっぱり母親にはかないません。

下の子の相手をしていても、「ママは?」と聞かれることも多く、母親には勝てないなと思うこともあります。

そんな時、女性が家庭的で子供ができても大丈夫そうだと思ったら、この人と結婚してもいいと思えるようになります。

母性本能が高い人は結婚をする確率が高い?

家庭的であれば、必ず結婚生活がうまくいくかというと少々難しいところがあるかもしれません。

ただ、どうしても女性には子供のお世話など、母性本能が求められるところがあります。

ですので、母性本能が高いほうがうまくいく可能性が高いと言われています。

が、それも諸説ありです。

母性本能が悪い方に行くこともあるのでその点は注意をする必要があります。

いわゆる、「ダメンズ」と言われるだめな男性に尽くしすぎるところがあるようです。

もし、そのような人を夫にもつと、結婚生活はかなり難航します。

3.一緒にいて楽しいと思う時

やはり、人生においてパートナーとは楽しく過ごしたいものです。

ですので、一緒に過ごして楽しいことこそが結婚の決め手になります。

デートではいつも笑いが絶えない

デートは基本的に楽しい時間を過ごすものです。

ですので、デートの時に笑いが絶えないような楽しいパートナーだと結婚生活も前向きに考えられるところはあるでしょう。

4.お互いが将来のことを考えている時

やはり、どんなに楽しくても将来を思い描けないような人だと、結婚生活には結びつかないところがあります。

例えば、笑いの絶えない楽しい家庭を築けそうだけど、その一方で散財をするようなタイプで、お金が貯まらなさそうと思ったら、結婚を躊躇する第一の原因になるのではないのでしょうか?

長い付き合いだからこそ結婚をすると考えられる

基本的に付き合いが長くなればなるほどに結婚を意識するところがあります。

ですので、長い付き合いを通して長所短所を見てその短所を乗り越えるような長所があると、結婚に結びつくのではないかと思われます。

5.性格やスタイルが好みだった時

それが、アホだと言われればまぁそれまでなのですが、やはりスタイルが好みというのも男には意外と結婚にまで結びつく原因の1つになります。

もちろん性格が好みなのもありますよね。

結婚は生活していくことですので、性格は非常に重要になってきますので、性格を重視するのは女性もわかっていただけるでしょう。

ただ、スタイルが好みと言う例もありますので、もしスタイルに自信がないと言うことであれば、ダイエットや筋トレをしてみることをお勧めします。

外見や性格を重視する男性も

性格重視するのはわかるけれど、外見まで重視するのかと女性は驚かれるかもしれません。

ですが、やはり連れて歩くときに、きれいだったり可愛い人だといいなと言う思いはあるのもまた事実です。

よく、美女と野獣カップルを見る事はありませんか?

やはり、男が美女を求めてしまうところがあります。

そして、美女に関しては、そのいわゆる野獣のような感じの男性であっても、経済的な成功を収めているなどの特徴があれば、そこに魅力を見出すことがあります。

決してお金が好きと言うわけでは無いとは思いますが、やはり男はそのように成功を収めて、結果的に経済的な成功を収めることで、ついてきてくれるところがあるとは思います。

6.趣味の共有ができた時

友達においても、趣味が同じであれば話が非常に合います。

結婚においてもそれは同じなのではないのでしょうか?

逆に、結婚生活が長い夫婦に、趣味が合わない人の話を聞くと話す共通項がなくあまり話が弾まないということを聞いたことがあります。

結婚をしてもその趣味を続けることができる

結婚は、生活ですのでもし生活を脅かすような趣味だと、続けられなくなる可能性があります。

ですので、趣味に関しては配偶者の理解が求められるところがあります。

ですが、夫婦揃って同じような趣味と言うことであれば、結婚しても趣味を続けることができる可能性は上がります。

もちろん、お金のかかる趣味で、経済的に苦しいとなれば夫婦ともにその趣味を止めないといけない事はあるかもしれません。

ですがそのような事情がない限りは、好きなことを続けられる可能性が高いと言うのも良い点ですね。

7.お互いのことを理解し合える人だった時

やはり、お互いのことを理解しあえるかどうかというのも結婚生活において大事です。

お互い否定し合うような関係だと、相手と自分が苦しくなってきます。

プライベートの時間を確保し合える関係

確かに、夫婦は1番近い関係ではありますが、それと同時に他人でもあります。

ですので、あまりに入り込みすぎるときついところがあります。

例えば女性が、「旦那のことが決して嫌いなわけではない。だけど、正直仕事に行って1人になる時間があるとほっとする。」と言うようなこと言う人がいます。

それは、実は男も一緒です。

どんなに近い関係でも、ときには1人になってゆっくりとしたいと思う時間があるのは納得のいくところです。

逆に、そのような離れて時間を作ることによって、お互い新鮮な気持ちで向き合うことができるのではないかと思われます。

ストレスを感じないような生活を望む関係

やはり大事な事は、お互いにストレスを感じない関係にすることです。

プライベートに踏み込みすぎたりすることでだんだんとストレスを感じるようになってしまうこともあります。

例えば夫婦でしたら、浮気の心配するがあまりに束縛してしまうこともあるかもしれません。

ですが、その束縛を受ける方は大きなストレスを感じます。

たとえやましいことがなくても、スマホや携帯電話を勝手に見られるのもあまり良い気持ちはしないでしょう。

ですので、このようにストレスを感じない生活ができるかどうかも夫婦がうまくいくコツでもあります。

こんな彼女とは「結婚をしない」と決めてしまう特徴

逆に、彼が女性に対して結構躊躇してしまうような理由もあります。

その特徴を捉えて改善することによって結婚したい女性に近づくこともできます。

では、その結婚しないと決めてしまう彼女の特徴はどのようなところでしょうか?

自分勝手

やはり気を使わない関係性が重要とは言えど、自分勝手であるのは良くありません。

いろいろな身の回りの人や不特定多数の人が書き込みができる掲示板を見ていると、自分勝手な人というのは大体結婚を彼にしても離婚の方向性に向かうことが多いです。

例えばですが、いろいろな掲示板見ていると、健康状態も問題なく特に働くことが不可能である特別な事情がないのに、経済的に苦しく働いてほしいと言っているのにずっと専業主婦に甘んじているような女性だと、その主婦を養っている方は離婚を考えることがあるようです。

もちろん、病気とか働けない事情があると言うのであれば仕方がないところがありますが、そうではなく、働きたくないだけでずっとそのような状態でいることであれば離婚に向かって進んでいくのはよくあります。

もちろん専業主婦のことばかりではなく、いろいろな場面であまりにも自分勝手だと、結婚前であれば結婚を見送ると言う事態もよくあります。

趣味を否定する

こちらはいろいろなケースがあるので難しいところがありますが、やはり趣味を否定されるのは良い気持ちではありません。

好きなことの否定と言うのは良くないですね。

ただ先ほどいろいろなケースがあるので難しいと言いましたが、それはお金のかかる趣味だと、なかなか趣味を肯定できないのではないかと思われる部分はあります。

もし、これから結婚生活をし子供を産み育てるにあたってその弊害になることにお金のかかる趣味だと女性が否定するのもわからなくはありません。

とはいっても、男性がその趣味が絶対と言うことであれば、お互いのために結婚を見送ったほうがいいってこともあるかもしれませんね。

結婚をしても趣味を続けたい男性が多い

結婚しても、趣味を続けたいと思っている男性が多いです。

ですので、この男性としか結婚考えられないと思うのであれば、お金が異常なまでにかかるとか、反社会的だと言うことでなければなるべく肯定をした方が良いでしょう。

むしろ、同じ趣味にしてしまうというのもアリかもしれませんよ。

独占欲が強い

独占欲が強いのも、それが生活を脅かすような感じであったり、プライベートを犯すような感じだと考えものです。

ちょっとした嫉妬なら可愛いかもしれませんが、あまりにも嫉妬をしすぎてスマホを勝手に見るとか、行動を束縛するとなるとだんだんと息苦しくなってきます。

交際をしているのに関わりが少ない

確かに、束縛をするような感じで距離が近すぎるのも嫌なものですが、距離が空きすぎなのも非常に考えものです。

だんだんと、付き合ってるという自覚がなくなってしまうのではないかと思われます。

浮気の可能性が高いから

束縛がなさすぎるのはともすれば、浮気するチャンスはいくらでもある状態になります。

ですので、気がついたら他に彼氏がいて自然消滅になっていたという可能性もなきにしもあらずです。

仮に結婚したとしても、そこから浮気に発展しても気が付かなさそうな位に距離があるのも大変考えものです。

【男性が結婚したくない彼女の特徴は、こちらの記事もチェック!】

結婚をしたいと思われるような人になろう!

もちろん結婚が全てではありませんがある異性と縁があり、結婚生活を送るのは非常に良いことです。

ですので、この人と結婚したいと思う人がいるのであれば、結婚したい人と思われるようになるように努力しましょう。