あなたには「親友」と呼べる友達がいますか?

わざわざ親友だと言い合わなくても、「この人となら何でも本音で話し合える」と思える友達がいれば、その友達は自分にとってとても大切な存在でしょう。

お互いに大切に思っていれば、生涯を通して長く友達関係を続けることができます。

そんなふうに、ずっと友達でいられる人の特徴や、友達を増やす秘訣などをご紹介していきます!

この子とはずっと友達でいたい!そう思う人いませんか?

たくさんの人と出会い、友達関係を築く中で、「一生の友達でいたい」と思える人に出会える確率はどの程度でしょうか?

自分がもしも、「この子とはずっと友達でいたい!」と思える人に出会えたら、きっとその友達のことを心から大切にすることでしょう。

学生時代に仲の良かった友人とも、社会人になると次第に疎遠になったり、会ったりする頻度は減ってくるものです。

しかし、自分がこの先もずっと友達同士でいたいと思う相手に対しては、自分から定期的に連絡を取ったり、関係を保ち続けようとしたりするでしょう。

自分からそうした執着心を抱くほどに、自分にとって大切だと思える友達の存在は、たくさんいる友達の中でもほんの数人程度であることが多いです。

だからこそ余計に、その友達のことは大事にしようとするでしょう。

ずっと友達でいられる人の14個の特徴とは


ずっと友達でいられる人には、どのような特徴があるのでしょうか?

大前提として、お互いに「いい友達」であると思い合っていることが重要です。

その上で、「これからも友達として仲良くやっていきたい」とお互いに考えているのなら、その相手とはどれだけ時間が経っても仲の良い友達関係を築き続けることができるでしょう。

お互いに「ずっと友達でいたい」という気持ちがあることの他に、どのような特徴を持つ人がずっと友達でいられる人なのでしょうか?

以下にずっと友達関係を保っていられる人の特徴を挙げていきます。

信頼できる

信頼できる人とは、いつまで経っても親しい友達関係を築きたいと誰もが思うでしょう。

信頼できる人には何でも心の内を話せますし、他の人には容易に話せないことでも、「この人ならばあちこちに言いふらさないでいてくれる」という安心感がありますので、平気で内緒話もできるでしょう。

また、自分が心から信頼できる友達とは、例え何年も会っていない期間があったとしても、その信頼が揺らぐことはありません。

10年越しの再会でも、相手が変わっていなければ、以前と同じような信頼を相手に感じることでしょう。

信頼できる友達とは、年月に関係なく、いつまでもいい関係を築きたいと思うものです。

そのため、人から信頼されることの多い人は、それだけ周りの友達からも大事にされ、尊重されることが多いでしょう。

感覚が似ている

「類友」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。

「類は友を呼ぶ」という言葉を略したものですが、要するに似た価値観や好み、共通の趣味などを持った人同士が自然と集まることを言います。

人は自分と似たような価値観や好みを持った人と親しくなりやすいため、感覚が似ている人と友達関係になることが多いです。

また、自分と感覚が似ている友達とは、何時間一緒にいたところで苦痛に感じることはなく、むしろ「自分と同じ」という安心感があって居心地が良く感じられることもあるでしょう。

お互いに何年、何十年と交流を続けているのなら、例えそれぞれに別の人生を歩んでいたとしても、感覚が似ている部分は残っていますので、いつまでも親しい関係でい続けることができるでしょう。

一方で、卒業や就職を機に疎遠になり、お互いに長年会うことがなくなると、次に再会した時には感覚が大きく変わってしまっていることもあります。

しかし、お互いに似た感覚をそのまま持っていれば、例え長年会っていなくても思い出話をすればすぐにその感覚を思い出すことでしょう。

ダメな自分もさらけ出せる

本当に仲のいい友達に対しては、ダメな自分の姿もさらけ出させるものです。

上辺だけの付き合いの友達に対しては、相手を心から信用していないため、自分の本心を話すことも、ダメな部分を見せて弱みを握られるようなこともしたくないと考えてしまうでしょう。

また、友達に嫌われることを極端に恐れている人も、嫌われたくなくて常に自分の本音を出せずに相手に合わせてしまっています。

そのためダメ自分の姿など、とてもさらけ出すことはできないでしょう。

しかし、自分の本音が話せて、いつでもありのままの自分の姿で付き合うことのできる友達であれば、ダメな自分をさらけ出しても友達関係にひびが入ることはないでしょう。

「本音で向き合える」「どんな自分の姿も見せられる」友達とは、年月に関係なくずっと友達同士でいたいと思う人は多いです。

一緒にいると笑っていられる


一緒にいると暗い気持ちになるよりも、一緒にいると明るく元気な気持ちになれる友達の方が、いつも一緒にいたいと思うものですよね。

いつも明るかったり、溌剌としていたり、笑顔が多かったりする人は、一度友達になれば長く関係が続くことが多いです。

自分1人の力だけでは笑顔になることはできなくても、友達と一緒にいることで自然と笑うことができる人もいるでしょう。

友達とは一緒に過ごす時間が多い分、友達の性格に自分も影響されることはよくあります。

例えば陰湿で、いつも愚痴や悪口ばかり言っている友達と過ごしていると、いつの間にか自分まで愚痴っぽくなったり、陰湿な性格になったりしてしまうことがあります。

その一方で、いつも明るく笑顔の友達と一緒に過ごしていると、自然と自分も笑顔で過ごすことが増えて、明るく前向きな気持ちでいることができるでしょう。

友達と一緒にいることで、その友達の性格が自分にも移るとしたら、誰もが暗い気持ちになるよりは、明るく笑っていられるような友達と一緒にいたいと思うことでしょう。

育ってきた環境が似ている

育ってきた環境が似ている人は、価値観やものの考え方も似ていることが多いため、自然と仲良くなって友達同士になることが多いです。

例えば家庭環境が厳しくて、早寝早起きの生活をしていた人と、好きな時間に寝て起きるというだらけた生活をしていた人とでは、友達関係になっても互いの過ごし方がまったく違っていますので、遅かれ早かれその違いによりお互いに「合わないなぁ」と感じる部分が出てくるでしょう。

しかし、お互いに早寝早起き、または遅寝遅起きの家庭環境で育ってきたのなら、生活サイクルが似ていますので、一緒に過ごしていても自然と気が合うことが多いでしょう。

また、例えばお小遣いをたくさんもらって育ってきた人と、お小遣いをろくにもらえずに、自分でアルバイトをしてお金を稼いできた人とでは、お金に対する考え方や価値観も大きく違っていますので、やはり友達になっても合わないと感じる部分はあるでしょう。

どんな人とずっと友達でいられるかは、それぞれの育ってきた環境によって決まることは多いです。

何かあったら話し合える

ずっと友達でいられるような、強い絆で結ばれた者同士であれば、例え大喧嘩になっても話し合いを重ねることで、また仲良くなることはできます。

友達と喧嘩別れをしてしまうことはよくありますが、気持ちが冷静になった時に「もう一度仲良くなりたい」「また友達に戻りたい」と後悔して自分で反省できる相手であれば、少し時間を置けばお互いに話し合うことで関係を修復することはできるでしょう。

一時は喧嘩で疎遠になっても、また自分が友達でいたいと思えるような相手は、自分にとっては大切な友達である場合が多いです。

喧嘩をしても、そのまま疎遠になってしまいたくないとお互いに思えるのなら、どちらかが歩み寄って話し合いの機会を作れば、自然と互いに謝罪をして元の友達関係に戻れるでしょう。

お互いの長所も短所も知っている

「自分の友達はこうでなくてはいけない」「友達にはこうであってほしい」などの気持ちが強い人は、その友達が自分の思う通りでなかった時には、それを短所に感じて相手を嫌いになってしまうことがあります。

また、都合よく相手の長所だけを認めて短所を受け入れようとしないのも、上辺の友達付き合いだけの特徴でしょう。

相手の長所も短所も、すべて知った上でさらにそれらを自分が受け入れているのなら、自分もその友達には長所も短所も見せて、心からの付き合いをしようと思えるでしょう。

年月に関わらず、ずっと友達でいられるような相手の場合、相手の長所も短所もすべて知っていて、その上で親しい付き合いをしていることが多いです。

友達の長所はもちろん好きだと思えますし、短所であっても友達だからこそ「仕方がない」と笑って受け入れたり、時には全力で指摘したりして、相手の悪いところを改善してほしいと伝えることがあるでしょう。

お互いに大事な友達だと思っているのなら、お互いの短所について喧嘩になることがあっても、必ず仲直りができるでしょう。

好きな男性のタイプが異なる

どんなに仲の良い友達同士であっても、お互いに好きな男性のタイプが一緒だと、いずれは男女の恋愛をきっかけにしてその仲が壊れてしまうことがあるでしょう。

どんなに大事な友達でも、自分の恋愛に関しては誰もが別物だと考えています。

そのため、「あの子よりも早く好きな人を手に入れたい」という気持ちから、抜け駆けして男性にアプローチをしたり、友達の悪い噂を流して印象を悪くさせたりと、あらゆる卑怯な手をお互いに使ってしまうこともあります。

すべては意中の人を手に入れたいという一途な思いからですが、友達を裏切る行動はお互いに酷く傷つきますので、ショックが怒りや嫉妬、憎しみの感情に変わることもあるでしょう。

そうなったら最後、それまでの友情は粉々に壊れてしまい、二度と友達に戻れることはなくなってしまいます。

しかし一方で、元々好きな異性のタイプがお互いにまったく違っていたら、男女関係で揉めることは一切ありません。

どちらかが恋をしたと言えば友達として応援できますし、もしカップルになった後で、友達が彼氏と喧嘩をしても、そこに自分が割って入ろうと思うこともないでしょう。

そうしたことからも、好きな男性のタイプが異なる人同士は、いつまでも友達関係を保てることが多いです。

一緒にいて楽

一緒にいて楽だと思える相手とは、ずっと友達でいられます。

一緒にいていちいち緊張してしまうような相手や、気を張ってしまう相手、気を遣って本音が話せないような相手とは、長時間一緒にいると自分が疲れてしまうでしょう。

そのため、毎日一緒にいたいとも、この先何年も友達関係を続けたいとも思えなくなってしまいます。

しかし一緒にいる時に気を遣わず、いつでも本音で話せて楽な相手とは、どれだけ長い時間一緒に過ごしていても居心地が良く感じます。

そんな友達とは、自然と「この先もずっと友達でいたい」と思えますし、実際に友達でい続けたいと思うからこそ、相手のことを大切にするでしょう。

一緒にいて楽でも、自分勝手な人は友達をないがしろにしてしまいますので、自分が例えこの先も友達でいたいと思っても、相手の方が離れていってしまいます。

しかし自分が相手を大切にするのなら、相手もそれに応えてずっと友達でいてくれることでしょう。

笑いのツボが同じ

笑いのツボが同じ人とも、長く友達付き合いをしていくことができます。

一時だけのブームではなく、常にあらゆることで笑いのツボが同じですので、それだけ楽しい時間や笑いを仲良く共有することができます。

笑いのツボが同じ人は、感性も近いものがあるため、自然と気は合い、話も合うことが多いでしょう。

初対面でちょっと話してみたら、驚くほど楽しく話が盛り上がる人の場合、相手が非常にコミュニケーション上手でもない限りは、笑いのツボや感性が似ているのでしょう。

そんな人とは、第一印象から「この人とは仲良くなれそうだ」というインスピレーションを受けることが多いです。

いつでも味方でいてくれる

友達との仲が本当の意味でいいのなら、その友達はいつでも自分の味方でいてくれることでしょう。

ピンチの時には惜しみなく力を注いで助けてくれて、ダメなところがあれば怒ってくれる、そうした自分のいい部分のみでなく、ダメな部分にもきちんと向き合ってくれる友達とは、ずっと友達でい続けたいと思うことでしょう。

自分の都合の時にだけ関係を持つような友達とは、上辺の付き合いはできても、心の底からお互いに信用し合うことはできません。

また、何かあった時には自分を見捨てるかもしれませんし、自分との友達関係を適当に思っているからこそ、自分のダメな部分を指摘してくることはないでしょう。

日頃は自分に口うるさくダメ出しをしてくるような友達でも、ピンチの時には全力で助けてくれようとするのなら、その友達はあなたのことを本当の友達だと考えているはずです。

いつでも自分と本気で向き合ってくれる友達とは、いつまでも友情を育んでいきたいと誰もが思うことでしょう。

話しを最後まで聞いてくれる

友達に対して思い遣りの気持ちを持っている人は、相手の話を最後までしっかりと聞こうとします。

そして、相手の話を最後まで聞いた上で、自分の意見を言ったり、アドバイスをしたりします。

どんなに友達の数が多くても、いつも相手の話を聞こうとせずに自分の話ばかりをする人や、自分の都合で相手の話を遮るような人は、周りから「浅く広い付き合いの友人」と思われることはあっても、「心から信頼できる友人」とは思ってもらえないでしょう。

心から信頼し合える関係の友達を作るためには、自分も相手を思い遣り、きちんと相手の話を最後まで聞いたり、相手に自分の本音を見せたりしなければなりません。

いつもそうして友達に振舞っている人は、長い付き合いの友達を得ることができますし、周りの人からも長く深い付き合いを求められることが多いでしょう。

しばらく会わない期間があっても気まずくならない

お互いに心から信頼し合っている友達同士であれば、しばらく会わない期間があっても、気まずくなることはないでしょう。

何年ぶりかの再会でも、まるでつい昨日のことのように話があったり、いきなり会話が盛り上がったりできますし、例え気まずくてもそれはほんの一瞬だけで終わることが多いです。

元々仲が良い関係であれば、お互いの良い部分も悪い部分もよく知っていますので、久しぶりの再会でも最初から自分の本心をさらけ出して会話を楽しむことができます。

そうした時間に関係なく、距離感を感じさせない友達は、1人でもいれば自分が孤独を感じることはないでしょう。

ポジティブ思考で一緒にいて明るくなれる

ポジティブ思考の人とは、一緒にいると自分まで不思議と明るくなれます。

いつでも明るく前向きな姿勢は、見ていると「自分も前向きに頑張ろう」という気持ちがわいてきますし、元気をもらえるためいろいろな物事に対しても積極的になることができます。

一緒にいるだけで自分も明るくなれる人とは、ずっと友達でいたいと思いますし、自分から大切にしようと思えますよね。

例え自分が相手に何かをしてあげられるわけではなくても、自分が相手を大切に思って友達として接していれば、相手もこちらの気持ちを感じ取って、同じように大事な友達として接してくれることでしょう。

友達が多い人ってどんな人!?

あなたの周りに友達が多い人はいますか?友達は多いから良くて、少ないから悪いというわけではありません。

けれども少数の友達としか関わりを持たない人よりも、たくさんの友達に囲まれている人の方が、社交性もあってピンチの時には周りが助けてくれることも多いでしょう。

そんな友達が多い人とは、どのような人なのでしょうか?友達が多い人によく見られる特徴を以下に挙げていきます。

相手の良いところを見れる

相手の良いところをきちんと見つけることができる人は、どんな相手でも良い部分を探すことができるため、嫌いな相手をあまり作ることがありません。

周りから嫌われている相手であっても、周りの噂に振り回されることなく、その相手の良い部分をきちんと見つけてあげることができます。

そして相手の良い部分を認めたり、褒めたりできるため、相手からは「この人なら自分のことを分かってくれる」と思われやすいです。

誰に対してもそうして振舞っているため、結果的に自分を認めてもらいたい人や、自分のことを分かってくれていると思った人たちが周りには集まってきて、その人たちと関係を続ける内に、自然と友達の数も増えていくということが多いです。

何をしても楽しそう

友達が多い人は、いつもたくさんの友達に囲まれて楽しそうに過ごしています。

しかしそれは、友達に囲まれているから楽しそうというわけではなく、元々楽しそうに振舞っているところへ、自然と人が集まってきた結果、たくさんの友達に囲まれているという場合があります。

何をしても楽しそうな人のところへは、「自分も楽しみたい」「明るい気持ちになりたい」と思う人たちが自然と寄ってきます。

そして一緒になって楽しむことで、その場の皆が楽しい時間を過ごせますので、自分の気持ちを明るくしてくれる人の周りには、いつもたくさんの友達が集まってきます。

その友達関係は、浅かったり広かったりとさまざまです。

けれどもその中に、少なからず深い仲の友達もいることでしょう。

誰とでも仲良くなれる

人懐っこく、誰に対しても気さくに話しかけていける人は、それだけ誰とでも仲良くなれるという長所があります。

浅い付き合いから深い付き合いまで、相手に合わせて関係を築くことができるため、たくさんの友達に恵まれることが多いです。

友達が多い人にも、もちろん性格のこだわりや好き嫌いがありますので、中にはどうしても仲良くなれない人もいるでしょう。

しかし、他の人よりは好き嫌いが激しくなく、相手の性格がどうであれ、ある程度合わせることはできるため、無難な友達関係を築くことができるでしょう。

とにかく明るい

特別に優れた能力を持っていたり、頭が良かったりするわけではないのに、とにかく明るいというだけでも友達に恵まれている人はいます。

明るい人とは一緒にいるだけで自分も明るくなれますし、楽しい気持ちになれますので、明るいというただそれだけの理由から、たくさんの人に好かれている人もいます。

どんなに優れた能力を持っていても、他人とのコミュニケーション能力が低かったり、人を思い遣ったりすることのできない人とは、積極的に友達になりたいと思う人はあまりいないでしょう。

その一方で、とにかくいつも元気で明るい人は、「ちょっと知り合ってみたいな」と見知らぬ人の気持ちを駆り立てることがよくありますので、話してみた結果親しい友達関係になるということもよくあるでしょう。

友達を増やす秘訣!

友達を今よりも増やしたいと思ったら、今まで以上に自分が努力をしたり、コミュニケーションを取る時にちょっとした工夫をしたりしなければなりません。

友達とは、黙っていても向こうから寄ってくるものではなく、基本的には自分から相手に関わりを持ち、その上で親しくなれれば友達の関係になれます。

また、ある程度浅く広い付き合いができるように、相手に合わせたり、気遣ったりする思い遣りの気持ちを持つことが大切です。

そうした友達を増やす秘訣について具体的にご紹介していきます。

飲み会に参加する

飲み会に参加することで、新しい出会いを得ることができます。

飲み会では男女の出会いはもちろん、飲み会での時間を通して新しい友達を作ることもできます。

最初から合コンのような、出会い目的の場では、同性の友達を作ることは難しいかもしれません。

しかし皆でわいわい楽しむ飲み会の場では、新しく同性の友達を作ることも可能でしょう。

普段は人とのコミュニケーションをとるのが苦手な人でも、お酒を飲めば気持ちが緩みやすくなって、積極的に会話を楽しむことができます。

また、お酒が入ることで最初から自分の本音をさらけ出すこともあるため、その上で仲良くなれた人であれば、その後も友達関係をく築くことは十分にできるでしょう。

フットワークを軽くする

フットワークを軽くして、自分の行動範囲を広げることで、自ら出会いのチャンスを捕まえることができるでしょう。

例えば普段は周りの飲み会やイベントなどに参加していない人は、その分気疲れすることもありませんが、新しい友達を得る機会をみすみす逃してしまっています。

しかしそうした1つひとつのイベントごとに積極的に参加するようになれば、自然と新しい出会いが増えて友達を増やすきっかけを作ることができるでしょう。

これまでよりもフットワークを軽くすることを意識して、イベントや飲み会などがあれば積極的に参加していきましょう。

趣味をつくる

趣味がたくさんある人ほど、それぞれに共通の趣味を持つ友達を作りやすくなります。

もちろん1つの趣味を極めるのもいいことですが、視野を広げて自分の好きなことを増やした方が、共通の話題で盛り上がれる友達を増やすことができるでしょう。

例えばキャンプや登山といったアウトドアの趣味がある人は、同じような趣味を持つ人がいれば、自然と話題が合って仲良くなりやすくなります。

そして休日には一緒にアウトドアをして過ごすことで、友達の関係を深めていくことができるでしょう。

また、元々趣味がある人は、新しいジャンルにも挑戦することで、これまでとは違った系統の友達を作るきっかけにもなります。

例え浅く広くの付き合いでも、友達を増やすことができれば、たくさんの人と仲良くなることができるでしょう。

【オススメの趣味は、こちらの記事もチェック!】

SNSを活用する

SNSは世界中の人と簡単に繋がれますので、海外の人と友達になりたいと思えば、自分から積極的に相手に連絡を取ることで、友達関係を築くことも可能でしょう。

国外の人とも簡単に繋がれるくらいですから、同じ日本国内の友達を増やすことなど、やり方次第で造作もないことでしょう。

今はTwitterやInstagram、アプリなどのさまざまなコミュニケーションツールがありますので、それらを利用して共通の趣味を持つ人や、自分が仲良くなりたいと思う相手と連絡を取り合って、友達関係を築くことができます。

出会いがネット上の場合は、直接本人同士で会うのは、最初は緊張するでしょう。

けれども会話の内容を、いつもネットで話しているようなものにすれば、自然と会話も盛り上がり楽しい時間を過ごせるようになるでしょう。

【友達アプリで友達を増やすコツは、こちらの記事もチェック!】

受け身でいるのを止める

受け身でいると、友達の数が今よりも増えることはありません。

最初の内は、黙っていても社交的な人の方から声をかけてくれて、友達になることはできたかもしれません。

しかし、そこから自分が友達を増やしたいと思ったら、今度は自分から相手に声をかけていくことが必要になります。

特別に優れた能力を持ち、周りから称賛されるような人物でもない限りは、受け身でいても友達を増やすことはできません。

今よりも友達をたくさん作りたいと思うのなら、受け身でいるのを止めて、積極的に自分から友達を作るように行動していきましょう。

褒め上手になる

自分を褒めてくれる人のことを嫌いになる人はいませんよね。

自分を褒めてくれると、自分のことを認めてくれているようで、思わず嬉しくなる人の方が多いことでしょう。

そうした「人を褒める」という行為を活用することで、今よりも友達の数を増やすことができます。

わざとらしく相手を褒めたところで、相手は「おべっかを使われている」と感じてしまいます。

ですから、できるだけ自然に相手を褒められるように、「褒め上手」を目指しましょう。

自分が友達になりたいと思う相手のことをよく観察し、相手の変化に気付いたら、そこをさりげなく褒めるようにしましょう。

前髪を切ったなら「印象が明るくなったね」と褒め、身に付けているものが変わったなら「あなたの雰囲気に合っている」と具体的な感想を込めて褒めることで、相手は嬉しい気持ちになり、こちらに対して好意的な態度になってくれるでしょう。

相手を褒めることができれば、そこから親しくなって友情を育むことは難しいことではありません。

友達を増やしたいのなら、褒め上手になるのを目指しましょう。

一生の友達はいつの間にかできているもの

自分の友達を大事にしていれば、一生の友達はいつの間にか自然にできているものです。

自分が友達を大切にすることで、友達もまた同じように自分を大切にしてくれますので、どんなに会わない期間があってもその友情が壊れることはないでしょう。

友達は、自分が大切にすればそれだけ相手も応えてくれます。

お互いに大切にし合っているのなら、住む環境が変わっても、どんなに時間が経っても、変わらずにずっと友達でい続けることができるでしょう。