「いい彼女」と聞くとどんな女性を想像しますか?清楚で可愛くて女の子らしくて…。

誰もがうらやむ美貌の持ち主。

性格も良くて、パーフェクトな女性を思い描く女性が多いのではないでしょうか。

大好きな彼氏のために「いい彼女」でありたいと思う女性は多いはず。

でも、現実はすぐすねてしまったり、喧嘩をしてしまったり、わがままを言ってしまったり…と理想とはほど遠い彼女となってしまっている方も多いのではないでしょうか?

大好きな彼氏と長くお付き合いするためには、「いい彼女」でいることは大切。

実際に「いい彼女」というイメージがある人は、周りの人から魅力的な人だなと思われる女性が多いと言えます。

そして、魅力的な女性とは離れたくないと思うのは男性としての性。

可愛くて、癒やされて、一緒にいると安心する自慢の彼女であれば、ずっと一緒にいたいと思うのは当たり前ですよね。

今回のテーマは「いい彼女」について。

いい彼女になるためには、いい彼女がどんな立ち振る舞いをしているのか知る必要があります。

いい彼女は、あなたが想像しているよりも、ずっと魅力的な女性。

いい彼女を目指すことで、あなたの魅力を最大限に高めましょう♡

いい彼女って離れたくなくなる!

男性は、女性の扱いに関して、多かれ少なかれ差をつけています。

大事にしたいと思う大好きな子であれば、大切に扱いますし、都合の良い女性だと思えば、雑な扱いをするようになります。

いい彼女であれば離れたくないと思うのが男性の心境。

逆に、最近彼が冷たかったり、なかなか会ってくれなかったり、連絡も少なくなった…という場合は、あなたに対していい彼女だと感じていない証拠。

あなたに対して不満を抱いていたり、関心がなくなっていたり、他に気になる女性がいたりなど、お付き合いに危険信号が出ているといえます。

女性であれば、男性に大切にされたいと思うのは当たり前。

しかし、大切にされていると感じられないからと、彼に詰めよってしまったり、喧嘩をふっかけるようでは逆効果です。

彼に大切にされるためには、いい彼女になることが必須!では、男性が思う「いい彼女」というはのどのような女性なのでしょうか?

男性が思う「いい彼女」の14個の条件とは?


男性が思う「いい彼女」と女性が思う「いい彼女」には、差があります。

女性は外見的な魅力がいい彼女になるためには必要だと感じているケースが多いですが、男性は外見的な魅力はもちろんですが、内面的な魅力を重要視する傾向があります。

いくら美人で可愛くても、わがままだったり、性格が悪いようでは、男性は一緒にいても辛くなってしまうもの。

彼女には、癒やしであったり、居心地の良さを求めるケースが多く、

明るい

いい彼女であるために必須であるのは明るい性格であること。

仕事で疲れて帰って来たときや、嫌なことがあったときに明るい彼女に会って、彼女の笑顔をみて癒やされる男子は多くいます。

特に彼女の笑顔というのは、男性にとっては、元気の源になります。

そのため、笑顔というのは女性にとって大切な武器になるといえるでしょう。

逆に暗い彼女ですと、一緒にいる時間が癒やされず、苦痛な時間となってしまいます。

発言がマイナス思考であったり、否定から入る癖がある人は要注意。

あなたの発言に、彼がゲンナリしていることも…。

彼が最近冷たいなと感じるのであれば、まずはあなたの日頃の発言や態度を見直してみ留必要があるといえます。

きっと、反省をしなければいけない言動や行いがあるはずですよ。

理解力がある

いい彼女でいるためには、理解力があることも大切。

男性と女性は、根本的に考え方に違いがあります。

そのため、男性の気持ちを理解することができる女子力というのは非常に大切です。

女子からして見ると、彼は仕事や友達関係ばかり優先をして構ってくれないと感じたり、彼女を優先してくれないと感じることも多々多いはず。

でも、男性からしてみると、彼女という存在が安心できる場所だからこそ、仕事が頑張れたり、よりよい人間関係を構築しようと頑張れるのです。

しかし女性側は彼女のことを優先してくれない彼氏に対して不満を抱いてしまい、彼にその不満をぶつけてしまいます。

結果、彼は「彼女のために頑張っていたのに、なんでだろう。」という疑問を抱き、そしてよく分からない不満をぶつけてくる彼女に対して不満を感じるようになっていきます。

いい彼女というのは、男女の考えの違いをきちんと理解した上で、彼氏ときちんと接しています。

そのためいい彼女になるためには、この考えの違いを理解することが大切。

では、男女の考え方の違いについて、具体的にお伝えしていきましょう。

男心

男女の違いで理解しておかなくてはいけないところは、男心。

女性は仕事の時間も、彼氏のことを考えたり、次のデートのことを考えたりして、やる気を引き起こす事ができます。

つまり、複数のことを同じタイミングで考えられる生き物といえます。

しかし男性は、仕事をしているときは、仕事のみに集中をしており、彼女のことはすっかり忘れている状態。

そして、仕事がひと段落したら、初めて彼女のことを思い出し、彼女に癒しを求めるようになるのです。

そのため、仕事が繁忙期になり、夜遅い時間まで働いていたり、休日出勤が相次いでしまうと、仕事に集中する時間が増えるため、彼女のことを忘れてしまう傾向にあります。

結果、彼女への連絡を無視してしまったり、何日間も連絡せずになってしまったりという状態に陥ってしまいます。

そして、女性はこの状態に陥っている彼氏に対して「私のことなんてどうでもいい。」と思いがち。

結果、不満をぶつけてしまい喧嘩になってしまい、別れに繋がってしまうことも。

男性は複数のことは考えられない生き物。

まず仕事に集中しているときは、仕事に専念させてあげるという寛容さが必要です。

そして、仕事が落ち着いたときに思いっきり甘えることが大切。

彼も放置してしまったことは悪いと感じています。

だからこそ、「寂しかった。」という気持ちは伝えてもいいですが、待たされたことに対しての怒りを伝えては絶対にダメ。

その怒りは、彼に対して甘える時間に転換するようにしましょう。

仕事を理解している


「私と仕事、どっちが大切なの?」この台詞はダメな彼女が言いがちな台詞です。

そもそも、仕事をしなければ、お金を稼ぐことも出来ず、生活をすることが出来なくなってしまいます。

彼女を幸せにするために、仕事を頑張っているのにも関わらず、この台詞を浴びせてしまっては、よりよい恋人関係を築けるはずがありません。

そもそも恋人と仕事が比較対象になるはずがなく、その質問の意図すらも不明です。

仕事が忙しく、なかなか会えない彼氏に対して不満をぶつけてしまっているのでしょうが、その発言こそが、女子力を下げています。

いい彼女でいるためには、仕事を頑張っている彼氏を褒めて、応援することができる気遣いが大切です。

そのためには、彼氏の仕事を理解することが大切。

今は大切な時期だから、忙しい彼をフォロー出来る自分になろうという理解力が大切です。

仕事が忙しい彼に対して、自分優先に考えてしまい、会えない不満をぶつけてしまってはいけません。

彼女の応援があれば、仕事をもっと頑張ろうという気持ちになりますし、仕事が落ち着いた時は、彼女との時間を一番に作ろうという気持ちになります。

忙しい彼をサポートできる彼女になりましょう。

人付き合い

男同士の人付き合いというのは、年齢を重ねると、昔ながらの仲良い友達との付き合いもあれば、仕事関係上の付き合い、人間関係上の付き合い等出てきます。

特に、仕事上の付き合いというのは、なかなか厄介なもので、ゴルフや急な飲み会等の時間に費やされたりすることも…。

会う約束をしていたのに、「ごめん、急に飲み会が入った。」と断られる事が増えてくると、嫌みのひとつも言いたくなってしまう女性も多いはず。

しかし、これは彼が仕事で出世をするために頑張っていること。

仕事の延長上のお付き合いともいえます。

そのため、彼女にすねられてしまっても、彼自身はどうすることも出来ず、結果彼女の対応に困ってしまいますし、理解してくれない彼女に対していらだちを感じてしまうこともあるでしょう。

年齢を重ねてからの人付き合いというのは、どうしても彼女を優先できないことが出てきます。

そのことが理解出来ず、無理に彼に会いたいとわがままを言うと、ただの鬱陶しい彼女になってしまうので注意が必要です。

真面目

いい彼女でいるためには真面目であることも大切。

夜遊びばかりしていたり、飲み会ばかり行っている彼女では、不安になってしまいますし、遊んでばかりの彼女に対して不満を感じてしまうはずです。

また、連絡がつかなくなってしまったり、酔っ払っていることが多かったりですと、「他の男性と遊んでいるのではないだろうか。」と疑惑の目を向けてしまうこともあるでしょう。

そもそも男性は、真面目な彼女と遊び人の彼女、どちらが魅力的かというと問いに、10人中10人が真面目な彼女と答えるのではないでしょうか。

遊び人の彼女は、都合のいい遊び相手にはなれるかもしれませんが、本命の彼女…ましてや一生寄り添う相手として選ぶ男性はいないはずです。

男性が求める女性というのは、家庭的であり、清楚であり、誠実で、遊んでいない真面目な女性。

いい彼女であるためには、真面目な性格というのは欠かせないといえるでしょう。

信頼できる

付き合っていく上で大切なことは、お互いに信頼できる関係がかどうかということ。

あなたが彼氏に対して、「浮気しているのではないか。」「私のことを好きではないのではないか。」と疑惑の目を向けており、それを彼にぶつけているようであれば、残念ながら2人の中に「信頼」という文字は存在していません。

信頼できる彼女だなと思ってもらうためには、まずあなたが彼氏を信頼すること。

何があっても、決定的なことがない限りは彼のことを信じるという姿勢を貫きましょう。

結果、彼も同じようにあなたを信頼することができ、唯一無二の存在になれるはずです。

癒してくれる

癒やしてくれる彼女というのは、男性にとって非常に重要です。

男性は女性以上に、仕事上での出世や成功を収めたいと考えているもの。

そのため、ストレスも女性以上に感じている傾向にあります。

嫌なことがあったときに、一瞬で癒やしてくれる存在が彼女であれば、仕事終わりも一目散に家に帰ってくるでしょうし、彼女のことを一番に大切に思ってくれるはずです。

一緒にいて楽

癒しを与えるというのは、具体的に一緒にいて楽だなと感じさせること。

ドキドキさせることももちろん大切ですが、それ以上に彼に安らぎを与えられる存在になることが大切です。

彼女の前では無理せずにいられる。

弱音も吐ける。

すべてを受け止めてくれる。

そう彼が感じているのであれば、あなたに対して癒しを感じている証拠です。

実は男性はプライドが高く、周囲に弱みを見せられない生き物。

女性は辛いときに、家族や友達に話をしたりしますが、男性は、家族に対しても、友達に対しても話すことはなく、自分の中で消化しようとします。

そのため、男性が辛いときに気づいてあげられる彼女になること。

そして、彼氏に「どうしたの?大丈夫?話聞こうか?」と優しく聞ける彼女になることが大切です。

彼女の前でだけ、弱い自分を見せられるとなれば、彼はあなたを手放せなくなるはずですよ。

聞き上手

女性はおしゃべりな事が多く、またその大抵はオチがない話であることが多いといえます。

女性同士であればその話は成立しますが、男性からしてみると、オチがない話をだらだら聞かせられるのは苦痛でしかありません。

男性が求めているのは、聞き上手な彼女。

彼の話に興味を持ってくれたり、楽しそうに笑顔で聞いてくれる女性に対して、「この子は話しやすいな。」とか「居心地が良いな。」と感じる傾向にあります。

一方で、一緒にいるときに女性が話している時間が多いと、「この子は一緒にいると疲れる子だなぁ。」と感じてしまうことが多く、一緒にいる時間を避けるようになります。

いい彼女は必ずと言って良いほど聞き上手。

そして、彼氏が彼女との時間を楽しんでいる傾向にあります。

自分がよく話すほうだと感じてる人は、自分の会話を見直して、質問の回数を増やすようにすること。

そして彼から会話を引き出せる彼女になる努力をしましょう。

謙虚

いい女というのは必ずと言っても謙虚です。

でしゃばったりしませんし、図々しさもなく、謙虚で一歩引いた姿勢を男性に対してだけではなく、周囲に対してとることができます。

その謙虚な姿勢が周囲から評判がよく、「女性らしい子」「清楚な子」という印象を与えているというケースが多いといえるでしょう。

逆に図々しい女性というのは、男性から見ると魅力を感じない女性の代名詞。

いつも自分のことを第一優先に考えており、周囲への配慮を行わないと女性は、評価がどんどん下がっていきます。

悪口を言わない

女性は空気のように他人の悪口をいう人が多くいます。

それは上司や同僚など仕事上の付き合いのある人かもしれませんし、友達関係、はたまた家族の場合もあると思います。

特に彼氏に対しては、心を許す相手だからこそ悪口を話すこともあるのかもしれませんが、男性からしてみると、好きな女性から悪口をあまり聞きたくないもの。

あなたが悪口をいうたびに、あなたの評価が下がっている状態だと陥っています。

逆によく人を褒めることができる女性は「この子は良い子だなぁ。」という印象を与えられることができます。

人の良いところに気づくというのは、なかなか大変なこと。

どうしても嫌な面が目についてしまうことが多いはずです。

だからこそ、人の良いところを見つけて褒める習慣をつけること。

結果、あなたの評価もグッと上がるはずですよ。

男を立てることができる

男を立てることができる女性は、モテます。

何か人に褒められたときに「彼のおかげで…。」とさらりと伝えて、彼の株を上げることができたり、一歩下がって女性らしくついてくることが出来る彼女は、やはり大事にしたいと思うはずです。

彼氏にかっこよくいて欲しいと願う気持ちはもちろん大事ですが、彼氏をかっこよく仕立てるのも彼女の仕事。

そのためには男を立てるというのはとても大切なことだといえるでしょう。

女磨きを忘れない

いい彼女でいるには、女磨きを忘れないことが大切。

付き合っている期間が長くなってくると、どうしても女磨きがおろそかになりがち。

彼の前で、女を捨てている状態になっていると、彼もあなたを女性として扱わなくなってきてしまいますので注意が必要ですよ。

いい彼女であるためには、綺麗な女性であるために努力を欠かさないことが大切です。

もちろん、年齢を重ねれば、シミやしわなど衰えも出てきますし、太りやすい体質になってきます。

しかし、それをしょうがないと思うのではなく、自分の努力で美しさをキープしようとする心意気が大切だといえるでしょう。

いい彼女というのは、ジムにいったり、ホットヨガにいったり、ランニングやウォーキングをしたり、食べ物に気を遣ったりなど、努力をしています。

その努力をしている姿をみて、彼も「いい彼女だな。」と感じるのではないでしょうか。

メイクや髪型に手を抜かない

彼の前でノーメイクでいることが増えたり、ぼさぼさの髪型でいることが増えている人は要注意。

あなたに対して、女性としての魅力を感じなくなっている可能性あります。

彼氏だからこそ、いつでも可愛い自分を見せたいという心意気は忘れないことが大切です。

また、メイクや髪型に手を抜かないためには、彼氏の好みのメイクや髪型を知っておくことも大切。

イメチェンをして、彼氏の好みとは違う方向に進んでは意味がありません。

ロングが好きな彼であれば、できるだけロングでいる方が良いですし、黒が実が好きなのであれば黒髪をキープし続けるのも大切ですよ♪

感情的にならない

女性はどうしても感情的になりやすい生き物。

何かあったときに、彼をすぐに責めてしまったり、怒ってしまったり…という女性は多いのではないでしょうか。

しかし、感情的になっている彼女を見て、「愛おしい。」と感じる男性はいません。

むしろ感情的になっている彼女を見て、愛情が冷めてしまうという男性はたくさんいるので要注意ですよ。

彼に対して不満を感じたときは、すぐに感情を口に出さず、ひと呼吸して冷静になることが大切。

頑張り屋

男性はやはり頑張り屋の女性には弱いもの。

目標に向かって頑張っている女性をみて、愛おしいと感じる男性は多いはずです。

例えば仕事などを頑張っている彼女を見て、「俺も頑張ろう。」という気持ちになる男性は多いはずですし、彼女の仕事に対する姿勢に対して尊敬する気持ちも生まれてくるはずです。

逆に仕事に対してもやる気がなく、何の目的もなくダラダラ生きている彼女を見て、好きになる気持ちが高まるという彼氏はいません。

彼氏に好きでいてもらうためには、努力し続ける姿勢を見せるのも大切だといえるでしょう。

料理上手

男性が彼女に求めるのは「料理上手」であること。

胃袋を掴むというのはとても大事なこと。

家でおいしいお料理が食べられれば、外食をすることも少なくなりますし、彼女の手料理を求めて家に帰ってきてくれるようになります。

食事というのは人生の楽しみの一つ。

おいしい料理を食べている時間は、とても幸せなもの。

料理上手は恋愛を制すといっても過言ではないでしょう。

料理ができないと思う人は、今からでも料理の勉強をすること。

本やインターネットで学ぶのもよいですが、基本すらも分からない人は、料理教室に通って、基礎からきちんと学ぶのをおすすめします。

お金はかかりますが、学んだ知識は一生もの。

いい彼女になるための投資だと思って、基礎からしっかり学びましょう。

また、彼の好みの料理を知ることも大切。

一懸命料理を振る舞っても、彼の嫌いなものを作ってばかりいては本末転倒です。

料理を振る舞う時は、彼の好きな料理を必ず一品は入れること。

また、おかず一品で終わるのではなく、野菜や肉、魚などもバランス良く使い、栄養バランスにも気を遣うことができるのが良い彼女ですよ。

逆に料理が下手な彼女の場合は、外食が増える分コストもかかりますし、家でご飯を食べたいと思わなくなるため、家で遊ぶことも減り、結果会う時間も減ってしまいます。

料理は学べば上手になるもの。

自分が料理ができないと感じるのであれば、すぐに料理の勉強を始めるべきでしょう。

自分を信じてくれる

いい彼女は、彼氏のことを信じることが出来る女性。

決定的な事がない限りは彼のことを疑わないという姿勢が、いい彼女でいるための秘訣です。

彼氏に対して疑いのまなざしを向けてばかりいる彼女ですと、「なぜ彼女は信じてくれないのだろう。」と彼も疑心暗鬼になってきます。

好きになった人なのだからこそ、信じることが大切ですよ。

「いい彼女」になるには

いい彼女になりたい。

でもいい彼女になるためにはどうしたらいいのだろうという疑問を感じている女性も多いはず。

大抵の女性は、頑張っているのに、なかなか彼氏から大切にされないと嘆いているのではないでしょうか?
実は、いい彼女は、あなたの心がけ次第でなれます。

彼氏があなたを大切にしてくれないということに対しての不満というのが募っている状態は、態度にでてしまいます。

結果、彼からも愛されない悪循環にハマっていってしまい、いい彼女からほど遠い存在になってしまうはず。

今の状況を打破するためには、いい彼女になるための努力をすることが大切。

こちらでは具体的にいい彼女である方法についてお伝えしていきましょう。

いつでも笑顔でいる

いい彼女でいるためには、いつでも笑顔でいる必要があります。

女性の笑顔が嫌いという男性はいません。

むしろ、彼女の笑顔を見るだけでやる気になったり、元気を与えられたりという男性が多いはず。

いい彼女でいるためには、彼に対して満面の笑みを見せられることが大切ですよ!

甘える

甘え上手は恋愛を制すといっても過言ではありません。

男性は、彼女に可愛く甘えられるのは弱い生き物。

甘えてくる彼女にドキドキしてしまうし、もっと可愛がりたい、この甘えてくる彼女を独り占めしたいと思う生き物だということを心得ておきましょう♡

とはいえ、世の中には甘え方を知らないという女性もたくさんいます。

上手な甘え方というのは、適度に彼に頼ることができること。

重い荷物を持ってもらったり、ペットボトルのふたを開けてもらったり等、か弱い一面を見せることで彼をキュンとさせること。

そして、彼がしてくれた事に対して感謝の気持ちをきちんと伝えるとともに、「さすが、○○君!」と褒めることも大切です。

褒めれば育つではないですが、褒められることで彼も「こういう事をしてあげると喜んでくれるんだな。」と気づくことができます。

甘えつつ、あなたがして欲しいことをしっかり伝えることが大切ですよ♪

【甘え上手テクニックは、こちらの記事もチェック!】

しっかり意見を伝える

いい彼女というのは、しっかり意見を伝えることができる人。

彼に対して遠慮していて、自分の気持ちを伝えることができない女性は、いい彼女ではなく、都合のいい彼女になってしまいます。

そのため、自分の意見をしっかりと持って、彼に伝えられる彼女になりましょう。

「何を食べたい?」「どこに行きたい?」という質問に対して、「何でも。」と答えてしまう女性が多くいます。

彼が連れて行ってくれるところなら、どこでも大丈夫という意味合いなのでしょうが、彼からしてみると、(せっかく彼女が喜ぶ場所に連れて行きたいと思っているのに、自分の意見を何で言ってくれないんだろう。)という疑問を感じてしまいます。

彼の質問に対しては自分の意見をしっかりと伝えることが大切。

具体的な意見がなかったとしても、「油っぽい物は嫌だな。」とか「和食がいいな。」と自分の意思を伝えることが大切です。

我慢しない

彼氏に対して、自分の本心を押し殺してしまい、彼氏の言うことに従ってばかりの彼女がいます。

しかし、我慢をしてばかりでは、あなたの気持ちは彼に伝わることはありません。

付き合いを深めるために大切なのは意思疎通ができるようこと。

そのためには、自分の意思をしっかりと伝えられる彼女でいることが大切だといえるでしょう。

感謝の気持ち伝える

「ありがとう。」と感謝の気持ちを伝えることできる。

当たり前のことなのですが、なかなか出来ない彼女が多くいます。

付き合いが長くなると、彼氏の好意が当たり前となってきて、彼氏に対して感謝の気持ちが薄れてくることも。

彼氏からしてみると「せっかくやっているのに。」という気持ちになってしまい、その傲慢な態度にゲンナリしてしまうことも。

いつまでたっても、感謝の気持ちを忘れない彼女でいることはとても大切ですよ♪

彼を信頼する

彼を信頼することができる彼女というのは、彼氏からいい彼女だと思われるといえます。

大半の女性が、「彼に裏切られたらどうしよう。」「フラれたらどうしよう。」という不安を抱えて生きています。

そのため信頼をするというのは、覚悟がいることであるといえます。

だからこそ、大好きな彼氏であれば信頼するということが大切。

彼からしてみても、「こんなに自分のことを信頼してくれる彼女だからこそ、大切にしたい。」と感じるはずですよ。

適度に嫉妬する

彼氏のことを信頼することは大切ですが、適度な嫉妬も大切です。

嫉妬ばかりではもちろんダメですが、嫉妬をしてくれない彼女に対して、男性は不安を感じてしまう生き物。

だからこそ、適度な嫉妬は大切だといえるでしょう。

そして、大切なのは嫉妬の仕方。

彼のことを責めるような嫉妬の仕方では、彼氏のあなたに対する好きという気持ちをぐんぐん下げていってしまいます。

大切なのは甘えるような嫉妬をすること。

「あのとき少し嫉妬しちゃった。」と可愛く伝えたり、「あれはもうしないでね。」と少しすねたような態度を見せることが、彼に好かれるコツであると言えます。

彼も、「辛い思いをさせていたんだな。」と気づくはずですよ♪

いい彼女は見た目ではなく内面を変えればすぐなれます♪

いい彼女でいるためには、見た目ではなく内面を変えることが大切♪

彼氏があなたとお付き合いしているということは、少なからずあなたの見た目も好きであるということ。

今以上に見た目に力を入れることも大切ですが、それ以上に内面を鍛えることで、彼の心をグッと引き寄せることが大切です。

美人は三日で飽きるではないですが、見た目というのは一緒にいるうちに慣れてきてしまいます。

いい彼女だと思ってもらうためには、中身を磨いていくことがとても大切。

一緒にいて居心地がよかったり、癒やしを与えてくれて、彼氏の一番の理解者である彼女であることが大切だといえるでしょう。

自分のことを一番に理解してくれる彼女であれば、彼は手放したくなくなるはずです。

大抵の女性が自分の感情をぶつけてしまい、彼氏と仲違いしてしまい、彼女に大切にされなくなってしまっています。

自分の感情をぶつける前に、彼のことを理解することに努めること。

そして、より良い関係を築きあげていくことが、彼氏と長続きをするコツだといえるでしょう。

彼氏から「いい彼女」だと思ってもらうためには、あなたの努力は必要不可欠!内面を磨いて、彼氏から大切にされる素敵な彼女になっちゃいましょう♪