CoCoSiA(ココシア)

人間関係で苦労する人の特徴と対処法


人間は社会的な生活を営む生き物ですから、生きている以上は常に他人同士で関わり合っていかなければなりません。

人間関係においては、親しい人と過ごす時には楽しいことも多いですが、一方で誤解を受けたり他人を気遣ったりと、苦労することも多いでしょう。

人間関係に疲れてしまいやすい人にはどのような特徴があるのか、また人間関係で疲れてしまう人の対処法についてご紹介していきます。

適度な人間関係を保って、自身のストレスを減らしましょう!

この記事の目次

人間関係に疲れてしまう人は多い?なぜ苦労をする?

人間関係に疲れてしまう人は多いです。

見るからに気力を失くして他人と接している人もいれば、一見とても楽しそうに人とコミュニケーションをとっていても、本音の部分では疲れ切ってしまっている人もいます。

人は自分のことだけしか深くまで理解することはできません。

だから接している相手の本心を予想したり探ったりすることはできても、それを心底から理解して把握することは不可能でしょう。

それでも人間関係を円滑にしていくためには、ある程度他人のことを気遣いながら接する必要があります。

その気遣いをし過ぎてしまったり、相手が自分の予想とは大きく反する言動ばかりをしたりすると、気持ちの面でついていけずに疲れてしまうことがあるでしょう。

他人のことを理解できないからこそ疲れますし、また苦労も多いです。

そうした気苦労が自身の疲労やストレスに繋がっている人は世の中にたくさんいるでしょう。

さまざまなところで人間関係の問題がある

人間関係の問題は、毎日さまざまなところで起きています。

家や学校、職場などの社会的な場所では当たり前に起こりますし、友達や恋人、夫婦間でも日常的に起こります。

お互いの価値観の違いでトラブルになったり、直接的な喧嘩にはならなくても、陰口を叩き合ったりして、人間関係に少なからず波紋を広げることはよくあることでしょう。

一人ひとり個性がありますので、相性のいい相手もいれば、悪い相手もいます。

相性の悪い相手とはお互いに険悪な関係になることもありますが、ハッキリとお互いに自己主張がし合えるのであればまだマシでしょう。

中には他人を気遣いすぎて自分が疲れてしまったり、言いたいことが言えずにストレスを溜め込んでしまったりする人もいます。

人間関係は、自分は所属する社会の中において実にさまざまですので、人間関係の問題もまた、一筋縄ではいかないものが多いです。

▼【関連記事】人間関係がうまくいかない原因は何?こちらを先にチェック!
人間関係がうまくいかない15個の原因とそんな時にやるべきこと →

人間関係に疲れてしまう人の6個の特徴!考えすぎもよくありませんよ?

人間関係に疲れてしまう人には、人付き合いに関して深く考え過ぎるという共通点があります。

ある物事に関して、他の人はさして深く考えることはないのに、その人だけはかなり深読みをしてあれこれと考え込んでしまいます。

慎重といえば聞こえはいいですが、あまり深く考え過ぎてしまうと余計なことまで悩んでしまい、結局は自分自身が疲れてしまうことになります。

適度に肩の力を抜けない人は、しばしば人間関係で疲れてしまうことがあるでしょう。

人間関係に疲れてしまいやすい人には、他にどのような特徴があるのでしょうか?以下に挙げていきます

1.ネガティブ思考


ネガティブ思考な人は、何でも悪い方へと考えてしまいがちです。

例えば職場で挨拶をしたのに、相手に無視をされてしまった時、ポジティブ思考の人は「聞こえなかったのかな」と思い、もう一度挨拶をします。

一方でネガティブ思考の人は、自分が「無視された」と思い、相手に対して不満を覚えたり、または不安になったりします。

こちらの挨拶に気付かなかったという可能性を最初から考えずに、「自分のことが嫌いだから無視をしたのか」と考えたり、「自分が何かしてしまい、それで怒っているのかも」と思い込んだりします。

するとどんどん相手に対して接し辛くなってしまい、相手からすれば「よく分からないが一方的に距離をとられている」状況になってしまうこともよくあります。

ネガティブ思考の人は、そうした一方的な思い込みや誤解を感じやすいため、それだけ人間関係では疲れてしまうことが多いです。

相手と接しても良いのか分からなくなる

ネガティブ思考が働いて、相手に嫌われていると感じると、その相手に対してどう接していいのか分からなくなってしまいます。

自分が声をかけてもいいかどうか、嫌な顔をされてしまったらどうしようかなど、あれこれと深読みをし過ぎてしまい、その結果相手と接しても良いのか分からなくなって、一方的に相手を避けてしまうこともあるでしょう。

極端なように思えますが、ネガティブ思考の人は実際にそれだけのことを考えながら毎日生活をしています。

たまたま機嫌が悪い人と会話をした時には、その不機嫌の原因が自分ではないかと疑ってしまいますし、LINEを既読無視されたら、自分が嫌われているのではないかと勘繰ってしまったりします。

それが日常茶飯事ですので、人間関係に疲れてしまうのも無理はないでしょう。

相手に申し訳ない気持ちで一杯になる

ネガティブ思考の人は、何かトラブルがあればそれを自分のせいだと思い込み、他人に対して酷く恐縮してしまったり、申し訳ない気持ちで一杯になってしまったりすることがよくあります。

自分のミスで他人に迷惑をかけてしまったのなら、相手に申し訳ない気持ちを抱くのは普通のことでしょう。

ただし、ネガティブ思考の人はその「申し訳ない」という気持ちが異常に強いため、いつまで経っても相手に対して腰が低くなってしまいます。

その場で謝罪をし、休憩時間に謝罪をし、帰りにもまた謝罪をします。

そして翌朝には、「昨日はごめんね」と挨拶代わりにまた謝罪をするため、相手からすれば反対に鬱陶しく思えてしまうことでしょう。